アフィリエイトの記事に使うキーワードを工夫してクリック率を高める

アフィリエイトの記事に使うキーワードを工夫してクリック率を高める

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトやインターネット集客をやっていて、「検索上位を取れているのにアクセスが来ないな」とか「アクセスがあるのに成約(CV=コンバージョン)が取れないな」と思ったことはありませんか?

 

こうした問題をかかえているのなら、記事や記事タイトルに使うキーワードを工夫してクリック率(CTR)を高めましょう。

 

コツは思っているよりもかんたんです。

 

 

クリック率(CTR)が低いなと思ったときは

クリック率(CTR)が低いなと思ったときは

 

検索上位を取れているのに思ったほどアクセスが伸びないときは検索結果からあなたの記事が選ばれるクリック率(CTR)が低いかもしれません。

 

あるいは、記事にアクセスが来ているのに成約(CV=コンバージョン)が取れない場合には、記事の書き方やキーワード選定に改善のポイントがあります。

 

キーワード選定や言葉の使い方を見直せば、同じアクセス数でもクリック率が伸びて売上が上がることがあります。

 

クリック率が低いのには理由がある

 

クリック率が低いのには理由があります。

 

たとえばサイトの記事であれば、狙っているキーワードに対してユーザーの検索意図に答えられているかどうかでクリック率が上下します。

 

記事タイトルであれば、具体的な数字や続きが気になるキーワードを使うことでクリック率が上がります。

 

検索意図に答えているか

 

検索意図とは、検索キーワードについて「ユーザーはなぜそのキーワードで検索をするのか」という部分です。

 

検索エンジンは、この検索意図の答えとなるコンテンツを検索結果で表示しますから、記事を書く前にはこの検索意図を十分に考える必要があります。

 

また、仮に上位表示できていても検索意図に合わない記事内容では、ユーザーのニーズを満たせないので記事中のリンクのクリック率は低いままなのです。

 

キーワード選定とツール

 

検索意図により正確に答えていくためには、きちんとキーワード選定をしましょう。

 

キーワード選定に便利なツールやインターネットの機能を使えば、たくさんのキーワードの候補が集まります。

 

集まったキーワードについて1つずつていねいに記事を作ります。

 

情報は最新か

 

サイトの記事の情報が最新かどうかはとても大切です。

 

まず、情報が古いコンテンツは検索エンジンからの評価も下がります。

 

あるいはユーザーから見ても、情報が古ければそのコンテンツを見るのをやめてライバルの記事に行ってしまうのです。

 

ロングテールをしっかり狙おう

 

ロングテールとは2つ以上の単語で構成された複合キーワードのことです。

 

たとえば「インターネット 集客 SEO」という感じです。

 

実はロングテールを狙ったほうがユーザーの検索意図を満たす記事が作りやすいので、クリック率も上がる傾向です。

 

記事タイトルは工夫しているか

 

サイトの記事の場合は30文字前後でまとめる記事タイトル。

 

この短い言葉に工夫があるかどうかで、検索結果からのクリック率が決まります。

 

ユーザーは特定のキーワードで検索をして、検索結果から読みたい記事をクリックするので、検索結果に表示される記事タイトルはとても大切です。

 

 

ロングテールキーワードを狙う

ロングテールキーワードを狙う

 

先ほど書いたように、ロングテールキーワードを狙ったほうがクリック率は上がります。

 

クリック率だけでなく、記事を読んだあとのCVR(成約率)の平均値も上がるでしょう。

 

ロングテールキーワードは、よりユーザーをしぼりこんだキーワードなので検索意図に答えやすいのです。

 

ロングテールとは

 

たとえば、「英語 学習 方法」など、いくつかの単語で構成された検索キーワードのことをロングテールと言います。

 

ニッチキーワードとか、複合キーワードとも言います。

 

ロングテールのほうが、一つだけの単語のキーワードよりもライバルが少なかったり弱いことがあります。

 

ユーザーの悩みがわかれる

 

ロングテールキーワードを選定するポイントは、メインキーワードを決めてその関連キーワードをピックアップすることです。

 

たとえば「英語」というメインキーワードに対しても、「英語 学習 中学生」というキーワードと「英語 社会人 TOEIC」というキーワードでは、ターゲットも検索意図やユーザーの悩みも違いますよね。

 

ロングテールキーワードを設定すれば、よりユーザーごとの悩みにアプローチできます。

 

より具体的な記事が書ける

 

ロングテールキーワードを設定したほうが、よりターゲットや検索意図が具体的です。

 

つまり、記事の内容もそれに合わせてユーザーに合ったものが書けます。

 

ユーザーのニーズに合った記事は記事中のリンクのクリック率も高いのです。

 

ユーザーに合った記事が完成する

 

ロングテールキーワードを設定して、そのキーワードの検索意図を考え記事を書くと、ユーザーに合った記事が完成します。

 

記事のクリック率を高めるために必要なことは「精読率を上げること」です。

 

当然、ユーザーから見たときに「自分が知りたい情報だ」と思える記事は精読率が高く、そしてクリック率も高いのです。

 

ロングテールのほうがCVRが高い

 

CVRとはコンバージョン率・成約率のことです。

 

ここまでに説明したようにロングテールキーワードは、よりターゲットをしぼったキーワードです。

 

つまりそのターゲットが商品の見込み客として合っているのなら、アクセスに対しての成約率(CVR)も上がるのです。

 

 

記事タイトルに入れるキーワードを工夫

記事タイトルに入れるキーワードを工夫

 

次に記事の本文だけでなく、タイトルについても見直してみましょう。

 

記事タイトルで大切なのは、検索結果の中からあなたの記事を選んでクリックしてもらえるようなキーワードを使うことです。

 

記事タイトルは全角で32文字以内に調整します。

 

数字を入れる

 

たとえば、「アフィリエイトで稼ぐ方法」と「アフィリエイトで月100万円を稼ぐ方法」なら、どちらのほうがクリックをしたくなりますか?

 

多くの場合、数字が入っていたほうが注目されます。

 

もちろん金額的な数字だけでなく、「1カ月で達成できる方法」「10キロやせた方法」「1日10分の努力で」など、入れられる数字はたくさんあります。

 

続きが気になるキーワード

 

記事タイトルの場合は、「タイトルで問いを投げて、本文で答えを出す。」という役割だと思ってください。

 

ですから「~とは」とか「~のポイント」とか、その内容が気になるキーワードを使うとクリック率が上がります。

 

たとえば「アフィリエイトで月収100万円を稼いだ3つのポイントとは」という感じです。

 

わかりやすい言葉

 

これは例を見比べるとわかりやすいと思います。

 

たとえば「PV数を上げずCVRを上げて売上前年比率を120%にした施策」というタイトルと「同じアクセスでも売上が1.2倍になったヒミツ」というタイトル、どっちのほうが読んでみようと思いますか?

 

この2つはほとんど同じことを書いていますが、伝わりやすい方がクリックしたくなりますよね。

 

読者の知らない価値観

 

ユーザーにとって「あたりまえ」のことを書いても、それをクリックして読んでみようと思われません。

 

ですから、予想とは少し違う言い回しやキーワードを使うと効果的です。

 

たとえば「食べて良いダイエット」とか「アクセスを増やさず売上アップ」とか「顧客数を減らして売上アップ」とか。

 

自然な流れに整える

 

記事タイトルでとても大切なのは、ここまでに紹介したようなテクニックを使いながらも、自然な流れに整えるということです。

 

「売上2倍。ヒミツ。何もせずに。」みたいに、あまりにぎこちないタイトルを付けるのは逆効果でクリック率が下がります。

 

あくまで自然な流れで全角32文字以内に整えてください。数字や記号は半角を使いましょう。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトやインターネット集客をするためにクリック率を上げる工夫として、記事やキーワードやタイトルのポイントを解説しました。

 

インターネット集客の場合は、アクセスを伸ばすよりもクリック率(CTR)や成約率(CVR)を伸ばすほうがかんたんです。

 

これらはかんたんな工夫で2倍、3倍と上がりますので、この記事に書いたポイントを取り入れてみてください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのCVR(コンバージョン率・成約率)の平均や高め方

アフィリエイトでコンバージョン率の高い記事を書く

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトやビジネスでもっと報酬を稼ぎたいと思っているのなら、LPやレビューページのCVRを改善することを心がけると良いです。

 

CVRとはコンバージョンレートの略で、成約率のことです。成約率とは商品が売れる確率のことです。購入率とも言います。

たとえば100アクセスに対して1件アフィリエイトの成約が出るのなら、CVR=成約率は1%です。

 

また、CVRとよく似た言葉でCTRという言葉もあります。CTRとは、平均クリック率のことです。

 

CVR(成約率)やCTR(クリック率)を改善すれば、同じアクセス数でも多くの商品が売れます。

 

この記事では、アフィリエイトのCVR(成約率)やCTR(クリック率)を改善するポイントや平均について解説をします。

 

 

CVRとは

CVRとは

 

CVRとは、商品が売れる確率である「成約率」や「購入率」を指す言葉です。

 

コンバージョンレートの略で、アフィリエイトの場合はアクセス数に対して商品がどのくらい売れたかということから計算ができます。

 

アフィリエイトの売上は、【アクセス数】×【CVR(成約率)】×【報酬の単価】で表せます。したがって、「より多くのアクセスを集めること」と「CVR(成約率)を高めること」が売上アップにつながるのです。

 

アクセスも成約率も1カ月ごとの平均を測定してチェックをしましょう。

 

成約率が大切な理由

 

アフィリエイトの報酬をもっと稼ぎたいのなら、アクセスを増やすよりもCVR(成約率)を上げる工夫をした方がかんたんなことがあります。

 

CVR(成約率)の平均が上がれば、同じアクセス数だとしても今までよりも高い確率で商品が売れる(コンバージョンを得られる)わけなので、より多くの報酬を手にできます。

 

たとえば今まで100アクセスに対して1件の割合で商品が売れたところ、成約率を上げる工夫をして100アクセスで2件の割合で商品が売れればアクセス数を増やさなくても売上は2倍に増えるのです。

 

アクセスを増やすよりかんたん

 

アクセスを増やすためには記事をたくさん書いたりしないといけませんが、CVR(成約率)はリンクの工夫やコピーライティングのちょっとした改善で上がることがあります。

 

もしすでにサイトを運営しているのなら、アクセスを増やすよりもCVR(成約率・コンバージョン率)を上げるほうがかんたんなことがあります。

 

CVRとCTR

 

CVRとはコンバージョンレートの略で、商品が売れる確率である「成約率」を指す言葉です。

 

CTRとは、クリックスルーレートの略で、アクセスに対してどのくらいクリックしてもらえたかを指す「クリック率」のことを言います。

 

アフィリエイトの報酬を上げるために、アクセスを増やすことも大切ですが、CVRを高めることはもっと大切です。

 

CVRが低いページにアクセスを集めても、それは穴の空いたバケツに水を入れるようなものなのです。

 

 

CVR(成約率)が下がる理由

CVRが下がる理由を考える

 

まずは、CVRが下がる理由について考えてみましょう。

 

もし、次の問題点に該当する心当たりがあるのなら、すぐに改善をしてみると良いでしょう。

 

CVR(成約率)やCTR(クリック率)の平均値は、本当に少しの工夫で上がることもありますので、改善する価値があります。

 

季節の問題

 

もし、あなたのサイトが特定の季節に合わせた内容なら、季節によってはCVR(成約率)が著しく下がります。

 

たとえば、水着のアフィリエイトをしているのなら、夏はCVRが高く冬はCVRが低いことが考えられます。

 

この場合は、CVRが下がる季節に対してその季節に合った記事を用意しておくか、あるいは別のサイトとして他の季節に合わせたサイトを作るという対策が考えられます。

 

ターゲットが定まっていない

 

サイトのターゲットや、アフィリエイトをしている商品のターゲットがしっかり定まっていないとCVR(成約率)の平均が思うように上がりません。

 

アフィリエイトの場合は、どんなアクセスでも良いわけではなく、自分がアフィリエイトをしている商品の見込み客のアクセスを集めないとCVRが上がらないのです。

 

たとえば水着のアフィリエイトをしているとしても、男性用なのか女性用なのか、あるいは年代はどうかなど、ターゲットをしっかり考えて集客したほうがCVRの平均が上がります。

 

他社のサイトの方が魅力的

 

たとえば他社のサイトの方が、商品について魅力をしっかり伝えていたり、他の商品との比較がわかりやすかったりすれば、あなたのサイトのCVRは下がり、他社のサイトのCVRが上がります。

 

あなたのサイトで狙っているキーワードについてライバルサイトもしっかりチェックをしましょう。

 

ライバルにアフィリエイトサイトが多い

 

あなたが狙っているキーワードで実際に検索をしたとき、検索結果で上位に表示されているライバルサイトの多くがアフィリエイトサイトなら、ライバルサイトもCVRを上げるための工夫をたくさんしているでしょう。

 

一方で、狙っているキーワードで検索をしても、ライバルサイトがアフィリエイトサイトではないものに関しては、ライバルサイトは商品を提案していないものが多いわけですし、そうしたキーワードではCVRが自然と高くなると考えられます。

 

「売ろう」としすぎ

 

セールスが強すぎる記事はCVRが下がります。そもそもアフィリエイトリンクに対するCTR(クリック率)も下がってしまいます。

 

人は価値を感じれば自然と商品を購入しますので、「売り込もう」と考えるのではなく、しっかりと情報と価値を提供して顧客が商品を利用したほうが良い理由を書いてあげましょう。

 

どんなキーワードから集めているか

 

アクセスを集めるキーワードによっては、CVRが上がったり下がったりします。

 

たとえば「水着 おすすめ メンズ」というキーワードと「水着 男子 ダサい」というキーワードなら、「水着 おすすめ メンズ」というキーワードの方が、そもそも商品の購入につながりそうなキーワードなのでCVRが高まります。

 

このように、どのようなキーワードから集客するかによってCVRは変わります

 

売れる商品かどうか

 

アフィリエイトで本当に大切なことなのですが、そもそも売れる商品を扱っているかどうかという問題もあります。

 

アフィリエイトでは販売ページや商品そのものは販売者が管理しているので、あなたが扱っている案件の販売ページ(LP)や商品そのものがCVRの高いものであるかどうかは、よく考えたほうが良いポイントです。

 

 

コンバージョン率の高い記事を書く

コンバージョン率の高い記事を書く

 

CVR(成約率)やCTR(クリック率)を高める工夫を学ぶことは、より多くのアフィリエイト報酬を稼ぐことにつながります。

 

どんな工夫をすればCVRやCTRが高くなるのかを書きますので、ぜひ取り組んでみましょう。

 

サイトのジャンルを決めること

 

今の検索エンジンは、「何について書かれているサイトなのか」ということをしっかり見ています。

 

ジャンルが決まっていないサイトよりも、しっかりジャンルを決めて記事を書いているサイトの方がアクセスが集まりますし、サイトのジャンルとアフィリエイトのジャンルを同じものにすることでCVRも高くなるのです。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

購買意欲が高そうなキーワードは何か

 

記事を書くときには「どんなキーワードで上位を狙うのか」というキーワード選定をしっかりやります。

 

この選定するキーワードが、できれば購買意欲が高そうなキーワードであることが望ましいです。

 

キーワード選定に役に立つツールがこちら

 

タイトルの工夫

 

記事のタイトルもかなり大切です。

 

ポイントとしては、「価値を感じる」「結果がわかる」「どんな内容かわかる」タイトルだと検索結果からのCTR(クリック率)が高くなるでしょう。

 

ジャンルによるCVRの違い

 

商品のジャンルや価格によって、CVRは違います。

 

たとえば日用品や価格の安い商品や消耗品は、基本的にCVRは高いです。

 

逆に、車や旅行、不動産などはそもそも何度も購入するものではないのでCVRは低いですが、その分だけ報酬は高いです。

 

商品名をキーワードにしてCVRを上げる

 

商品名をキーワードにして記事を書けば、CVRが高くなることが多いです。

 

商品名で検索する人はすでに商品を知っていて興味を持っているので、買ってくれる確率は高いのです。

 

コピーライティングを学ぶ

 

CVRの平均を上げる、もっとも具体的な対策はコピーライティングを学ぶことです。

 

コピーライティングを学ぶと、商品の魅力をしっかり顧客に伝えられるのでCVRが上がるわけです。

 

コピーライティングを学ぶなら

 

インターネットの向こう側にいるお客様

 

アフィリエイトでどんな教材や書籍でも説明されることですが、インターネットの向こう側にはあなたの紹介から商品を買うお客様がいます。

 

アフィリエイトの作業はパソコンとにらめっこをすることが多いですが、お客様のことを意識して魅力を伝える記事を書くことで高い平均のCVRを維持できます。

 

結論を出だしで述べる

 

大切なポイントの一つが、記事の出だしで結論をしっかり書くことです。

 

その記事が何について書かれた記事で、何が言いたいのかを先に書くことで、最後まで読んでもらえるわけです。

 

購入する理由はなにか

 

お客様は商品そのものを買っているのではなく、商品の価値に投資をしていると言えます。

 

車という鉄やアルミでできた装置がほしいのではなく、その車を購入してどんな楽しみや生活があるのかということに価値を感じるから買うわけです。

 

このように、商品の内容や機能だけではなく、その商品を手に入れる価値をしっかり伝えることでCVRが上がります。

 

読者に有益な情報を書く

 

アフィリエイトで何よりも大切なのは、読者にとって役に立つ記事を書くことです。

 

どれほど商品について書いていても、その記事がそもそも読者に役に立たないのならCVRの平均は低いままです。

 

狙っているキーワードで検索するユーザーにとって役に立つ情報をしっかりと書きましょう。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

必要ない情報は書かない

 

たくさん情報を書けば良い記事と言えるわけではありません。

 

狙っているキーワードで検索するユーザーが知りたいであろう情報を書き、そのほかの情報は別の記事でまとめるなどの工夫もアフィリエイトで成功するためのポイントです。

 

キーワードについての考え方はこちら

 

売り込む記事にしない

 

アフィリエイトは広告をとおして商品を売ることがほとんどなので、もちろん「売るための行為」はするわけですが、あまりに強いセールスは逆効果です。

 

「買ってください」ということを伝えるのではなく、商品がどんなものでどんな人に役に立ち、何が他の商品と違うのかをしっかりとまとめることがCVRの平均を高めるコツです。

 

クリックしやすいリンクを用意

 

アフィリエイトサイトにはアフィリエイトリンクを貼るわけですが、そのリンクがクリックしやすいように工夫をしましょう。

 

基本的にはテキストにリンクを入れる場合は色は青で、アンダーラインなどがあると目立ってCTR(クリック率)が上がります。

 

バナーとテキストはどちらが良いか

 

ASPで用意されているバナーによっては高いCVRが期待できるバナーもあります。

 

一方でサイトに不自然なバナーやクリックしたい魅力が伝わってこないバナーは使わずに、テキストリンクも合わせて使いましょう。

 

月に一度、CVRの平均を測定

 

最低でも月に一度は、CVRの平均を測定しましょう。

 

サイトのアクセス数に対してのCVRと、レビューページからのCVRが測定できると便利です。

 

Google Analyticsなどが便利です。

 

アフィリエイトに便利なツールはこちらにまとめました

 

アドセンスでCTRが高い広告の場所

 

アフィリエイトではなく、アドセンスの場合は広告をクリックしてもらうことが大切です。

 

アドセンスのCTRが高まる広告の位置としては、記事の出だしから最初の見出しの間(この記事でいうと目次の前後)、または記事の間にユーザーのさまたげにならない程度に入れることや、記事の文末や次のページへのリンクの上などが挙げられます。

 

 

ライバルサイトの調査ならこのツール

ライバルサイトの調査をしてCVRを上げる

 

アフィリエイトでCVRの平均を上げるなら、狙い目のキーワードを発見することと、ライバルサイトの調査がポイントです。

 

ライバルサイトがアフィリエイトをしていないサイトが多く、SEOも弱そうなキーワードならかなり狙い目です。

 

ライバルサイトの調査をするならこのツールがおすすめ

 

 

ジャンルや商品によってCVRの平均は違う

アフィリエイトのCVRの平均の違い

 

アフィリエイトのCVRはなかなか「コレ」という答えはありません。

 

というのも、商品の価格やジャンルによってはまるで違うからです。

 

より多くの報酬を稼ぎたいのなら、高額商品を扱ってアクセスを集めつつCVRを高める工夫をしていくことがおすすめです。

 

アフィリエイトで稼ぎたいのならこちら

 

 

ASPの情報もチェックしよう

ASPの情報もチェックしよう

 

ASPによっては、売れ筋の商品をランキングで出してくれていたり、それぞれの広告のデータを出しているところもあります。

 

より売れやすい広告(案件そのものがCVRが高い)を扱うことも、アフィリエイトで稼ぐためのポイントです。

 

ASPについてはこちらでまとめています

 

A8.net

 

A8.netは日本で最大級のASPです。

 

かなり有名なASPなので、アフィリエイトをしているのならまずは登録しておきましょう。

 

案件もかなり豊富でとても使いやすいです。

 

A8.netはこちら

 

afb

 

afb(アフィビー)は、昔はアフィリエイトBという名前のASPでした。

 

ユーザーの満足度がとても高いASPとして有名です。

 

登録はかんたんにできますので、もしアカウントを持っていなければ登録しましょう。

 

afbはこちら

 

アクセストレード

 

アクセストレードも、多くのアフィリエイターが利用しているASPです。

 

昔からあるASPで信頼できるサービスなので、ぜひ利用しましょう。

 

案件も多く、アフィリエイター向けのセミナーを開催してくれるのもポイントです。

 

アクセストレードはこちら

 

バリューコマース

 

バリューコマースも、豊富な広告を扱っているASPです。

 

機能も充実していて使いやすいですし、報酬の振り込みの手数料もかからないのはうれしい点です。

 

バリューコマースでも初心者に向けたセミナーなども開催されています。

 

バリューコマースはこちら

 

 

CVR(成約率)の平均

CVRの平均

 

アフィリエイトをする商品やジャンルによってCVRはずいぶん変わります。

 

高額商品ならCVRはどうしても下がりますが、その分だけ1回の報酬が大きいです。

 

なかなか「コレ」という数字を出しづらいのですが、目安としてのCVRの平均をまとめます。

 

キーワードによっては10%

 

購買意欲の高いキーワードを狙えば、CVRの平均が10%近くなることがあります。

 

10%ということは10アクセスにつき1件の報酬が発生するわけですが、これはかなり良い数字なので購買意欲の高いキーワードを狙ってアクセスを集めましょう。

 

狙い目のキーワードを見つけるなら

 

サイトのPVからのCVRは1%から2%

 

あくまで目安ですが、サイト全体のPVから考えるとCVRの平均は2%くらい取れるのがまずは目標です。

 

商品をしっかりと紹介する記事(レビューページ)をしっかり作ることと、その記事にアクセスを集める記事からリンクを送ることがポイントです。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

LPは20%を目指そう

 

もし、メルマガを書いている人でメルマガに誘導するLPを作っている人は、LPの成約率は20%を目指しましょう。

 

何か無料登録に対しての特典を付けてあげるとメルマガ登録用のLPのCVRの平均が上がります。

 

レビューからの成約率はまずは2%が目標

 

価格の安い商品や消耗品などであれば、もっと高い平均でCVRが出ることがありますが、ある程度の高額な商品であればレビューページからの成約率もまずは2%を目指しましょう。

 

高額商品のアフィリエイトをする場合には、レビューページの文章も大切なのでコピーライティングについても学びましょう。

 

 

注意が必要なジャンル

注意が必要なジャンル

 

アフィリエイトをする商品のジャンルや内容によっては、法律の勉強をしておくべき場合があります。

 

主に、美容、健康、ダイエットなどの商品を扱うアフィリエイターは注意をしましょう。

 

美容、健康、ダイエットなど

 

美容、健康、ダイエットといったジャンルでは、薬機法(薬事法)に注意して記事を書きましょう。

 

使って良い表現と、使うことが禁止されている表現が法律でも定められていて、検索エンジンもこの点をチェックしています。

 

薬機法(薬事法)についてはこちら

 

 

アフィリエイトの稼ぎ方を学ぶなら

アフィリエイトの稼ぎ方を学ぶなら

 

アフィリエイトで稼ぎたいのなら、おすすめの方法は「コンテンツSEO(オウンドメディア)」のやり方を学ぶことです。

 

アクセスの集まるサイトを作る方法なのですが、アフィリエイトで大切なことはアクセスを集めることなのでまずはコンテンツSEOから始めることがおすすめです。

 

100万PVを集めて稼ぐ方法

 

コンテンツSEO(オウンドメディア)のやり方を覚えれば、月間100万PV(アクセス)も達成できます。

 

CVRを高めることも大切ですが、アクセスが来なければ意味がありませんので、アクセスを集める方法もしっかり学びましょう。

 

コンテンツSEO(オウンドメディア)を学ぶならこちら

 

 

アフィリエイトはコツコツとやる

アフィリエイトはコツコツとやる

 

アフィリエイトは初めかららくしてかんたんに稼げるビジネスではありませんし、そのようなビジネスは世の中にはありません。

 

仕組みを作れば自動化もできますが、まずはコツコツとやることが大切です。

 

 

CVRの平均を高めるためにも記事を書こう

CVRの平均を高めるための記事

 

CVRの平均を考えるためには、ある程度のアクセス数も必要です。

 

たとえば、10アクセスしか来ていないのにたまたま1件、アフィリエイトの成約が発生したとしても、それはあまり正確な数字ではありません。

 

それなりにアクセスが来ていないと、CVRの平均を正確に考えることができないので、特に初めは記事を書いてアクセスを集めることも大切な作業です。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

 

まずは100記事を書こう

アフィリエイトで稼ぐ記事

 

アフィリエイトの初心者の目標はまずは100記事を書くことです。

 

「100記事なんて、大変」と思うかもしれませんが、その途中で報酬が出始めることも多いです。

 

最初はアクセスが来なくても、良い記事を増やすとだんだんとアクセスが来ますので、その変化も楽しみながらサイトを育てましょう。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのCVRの考え方や平均や目安について説明しました。

 

アフィリエイトで稼ぐコツは、「アクセスを増やすこと」と「CVRを高めること」です。

 

ぜひあなたのビジネスに生かしてください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

メールマガジンの登録



*メールアドレス