アフィリエイトのキーワード選定に役立つツールや便利な機能を紹介

アフィリエイトのキーワード選定に役立つツールや便利な機能を紹介

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐためには、キーワード選定がとても大切です。

 

キーワード選定は、自分でコツコツとやることもできますが、インターネットの便利な機能やツールにまかせたほうがより多く、正確なデータが集まります。

 

キーワード選定に役に立つ無料で使える便利な機能もインターネットにはたくさんあるので、この記事でご紹介します。

 

 

キーワード選定が重要な理由と基本

キーワード選定が重要な理由と基本

 

アフィリエイトで稼ぐには、自分のメディアにアクセスをたくさん集める必要があります。

 

検索エンジンからアクセスを集めるためには、検索結果で上位に自分のサイトが表示されることが大切です。

 

そのためには、「どのキーワードで検索をしたときに自分の記事を上位表示したいのか」を狙って記事を書く必要があります。

 

検索数が多ければ良いのか

 

そもそも狙ったキーワードが検索エンジンでどれくらい検索されるのかを示した値を検索数と言います。

 

たくさんアクセスを集めるのなら、検索数の多いキーワードを狙って記事を書いたほうが良さそうですよね。

 

しかし、検索数の多いキーワードはライバルも強く、かんたんには上位表示ができないので、まずはスモールキーワードで上位表示を狙うのがセオリーです。

 

ライバルチェックが大切な理由

 

上位表示を狙うキーワードがあれば、まずはそのキーワードで実際に検索をしてみると良いです。

 

すると、検索結果にはすでにそのキーワードで上位表示ができているライバルの記事が表示されます。

 

最低でも検索結果の1位~10位のライバルの記事はチェックをしましょう。

 

ライバルの記事を見れば、どんな構成で記事を書けばそのキーワードで上位表示ができそうかという大まかな流れがわかります。

 

検索エンジンの機能をうまく使って、記事の内容や流れを事前にある程度決めることがコツです。

 

 

アフィリエイトのお宝キーワードを探す

アフィリエイトのお宝キーワードを探す

 

自分がアフィリエイトをしている商品を買うユーザーが検索をしそうなキーワードの中で、ライバルが少ないか弱いキーワードは狙い目です。

 

そうしたキーワードのことを「お宝キーワード」と言います。

 

お宝キーワードを探すには、まずは軸となるメインキーワードを決めることから始めます。

 

まずはメインキーワードを決める

 

先ほど書いたように、実際に一つずつの記事で狙うキーワードは、最初はスモールキーワードです。

 

スモールキーワードはニッチキーワードとも呼ばれ、2語以上の複数の単語で構成されたキーワードです。

 

しかし、たとえば「英語 学習 自宅」「英語 勉強 上達」などのように英語なら英語という軸となるメインキーワードが必要です。

 

関連キーワードを抜き出す

 

メインキーワードが決まれば、その関連キーワードを抜き出します。

 

関連キーワードのピックアップは、ツールを使うのがかんたんな上に取得できる量も多いのでおすすめです。

 

あるいは、検索エンジンの機能を使って自分で関連キーワードを探す方法もあります。

 

稼げそうなキーワードをピックアップ

 

ピックアップしたキーワードの中でも、稼げそうなキーワードを狙って記事を書きます。

 

「稼げそうなキーワード」とは、そのキーワードで検索するユーザーの検索意図から判断をします。

 

たとえば英語に関する教材をアフィリエイトしたい場合、「英語 上達 しなくて良い」というキーワードと「英語 上達 方法」というキーワードなら「英語 上達 方法」というキーワードのほうが購買につながりそうですね。

 

ASPの概要欄もチェックしよう

 

ASPにある案件ごとの概要欄には、「こんなキーワードはNGだよ」とか「こんな内容の記事は書かないで」という条件が書かれていることがあります。

 

ASPに書かれた規約を守っていない場合は、報酬が発生しても取り消しになるので注意をしてください。

 

またASPの概要欄でよく見かける「リスティング」というのは検索エンジンの広告のことなので、広告を使わない場合には気にしなくて良いです。

 

複合キーワードを優先する理由

 

最初に書いたように、本来は検索数の多いビッグキーワードで上位表示をできたほうがより多くのアクセスを見込めます。

 

しかし、ビッグキーワードで上位表示をするためには検索エンジンから強力な評価を受けている必要があります。

 

そのためにもまず、スモールキーワード(=複合キーワード)で上位表示をコツコツと取って、それからビッグキーワードを狙うようにしましょう。

 

 

キーワード選定に役立つツールと機能

キーワード選定に役立つツールと機能

 

インターネットの便利な機能を使えば、アフィリエイトサイトで狙うべきキーワードの候補を見つけられます。

 

有料のツールを使うのがおすすめですが、無料ツールから得られる情報にもヒントがあります。

 

検索エンジンやGoogleのサービスをうまく使いましょう。

 

Googleサジェスト

 

Googleサジェストとは、Googleの検索エンジンの検索バーに検索キーワードを打ち込むときにキーワードの候補が出てくる機能です。

 

この機能で出てくるキーワードは、ニーズが大きいことが考えられます。

 

一度、サジェストの機能で出てきたキーワードをピックアップし、一つずつ実際に検索をしてみて、ライバルサイトの強さから記事を書くかどうか判断をすると良いでしょう。

 

Search Console

 

弊社でも大変お世話になっているGoogleのアクセス解析ツールがSearch Console(サーチコンソール)です。

 

Googleのアカウントがあれば無料で使えます。

 

Search Consoleをサイトに入れておくと、どんなキーワードからどのくらいアクセスが来ているかというデータや、キーワードごとの平均検索順位が抜き出せるので、キーワードを考えるときにとても役に立ちます。

 

コンテンツスカウターZ

 

こちらのコンテンツスカウターZも弊社で実際に使っているツールです。

 

関連キーワードのピックアップや、ライバルサイトのチェックを自動的にやってくれるすごいツールです。

 

ライバルサイトの強さを判断するためのデータや、ライバルの記事の見出し構成なども抜き出せます。

 

ヤフー知恵袋

 

ヤフー知恵袋とは、ユーザーの質問とそれに対する別のユーザーからの答えがまとまっている、いわゆるQ&Aの情報がまとまった機能が高いサイトです。

 

ヤフー知恵袋を見れば、自分がアフィリエイトをしたいジャンルのユーザーの悩みがリアルにわかります。

 

また、質問者の文章に注目をしてみれば、実際の見込み客がどんなキーワードを使いながらインターネットで検索をしているのかがわかるので、キーワード選定のヒントとして大きいですね。

 

 

最後に

 

特に検索エンジンからアクセスを集める方法は、この記事で紹介したようにインターネットの機能を使いながらコツコツとユーザーのニーズと検索キーワードを集めて、それに対して記事を増やしていく作業が中心です。

 

継続的な取り組みは必要ですが、検索ユーザーのアクセスが集められるのはとても強いです。

 

検索ユーザーは自らの悩みや欲求を自覚した上で検索をしているので購買につながりやすいため、検索エンジンからのアクセスをしっかりと狙っていきましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワード選定や記事を作るときに役立つシステム

アフィリエイトのキーワード選定や記事を作るときに役立つシステム

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトにおいてキーワード選定はとても大切ですが、あなたはキーワード選定に時間がかかりすぎて悩んでいませんか?

 

あるいは、狙い目のキーワードをどうやって見つければ良いのか、悩んでいませんか?

 

狙い目のキーワードを見つける作業を自動的にやってくれるシステムがあります。

 

この記事では、アフィリエイトのキーワード選定や記事の構成を考えるときに役に立つシステムをご紹介しながら、そのポイントもまとめます。

 

 

アフィリエイトで成功するために

アフィリエイトで成功するために

 

アフィリエイトで成功するために、やるべきことは大きくわけて3つです。

 

1つは、アフィリエイトをする商品を決めることです。

 

2つ目が、メディアを立ち上げてユーザーに検索してほしいメインキーワードを決めることです。

 

3つ目が、各記事で上位表示を狙うキーワードを一つの記事ごとに決めて、記事を作ることです。

 

キーワードとは

 

そもそも、キーワードとはどういう意味でしょうか。

 

アフィリエイトやインターネット集客におけるキーワードとは、あなたのメディアを見つけてもらうときにユーザーが検索をする「検索キーワード」のことです。

 

特定のキーワードで検索をしたときに、検索結果で上位表示ができていればそこからアクセスが来ます。

 

アフィリエイトをする商品を決めよう

 

まずは、あなたのメディアでアフィリエイトをする商品を決めましょう。

 

ASPに登録をして、そこから自分が紹介をしたい案件を探します。

 

長くメディアを運営できるように、できれば自分が興味を持てるジャンルを選ぶと良いでしょう。

 

メインキーワードを決める

 

アフィリエイトをする商品が決まれば、そのジャンルや商品の強みに合わせて、メインのキーワードを考えます。

 

実際に集客をするキーワードは、メインキーワードの関連キーワードなので、メインキーワードのライバルの強さなどは気にしなくても良いです。

 

自分のメディアに集客するキーワードの軸となるメインキーワードを一つに決めます。

 

集客するキーワードを選定する

 

メインキーワードが決まったら、まずはその関連キーワードをたくさんピックアップしていきます。

 

関連キーワードの探し方は2つあります。

 

1つは自分の力でコツコツと探す方法で、もう1つはシステムにまかせて自動的に集める方法です。

 

まずは複合キーワードから

 

たとえば「アフィリエイト キーワード 探し方」といったように、いくつかの単語で構成されたキーワードを複合キーワードと言います。

 

ニッチキーワードといったり、ロングテールということもあります。

 

単語だけのキーワードだとライバルが多すぎるので、まずは複合キーワードを狙って記事を書きます。

 

ユーザーの悩みに関するキーワード

 

メインキーワードの関連キーワードの中で、複合キーワードを中心に記事を書くわけですが、その中でもアフィリエイトをしたい商品が役に立つユーザーが悩んでいることに関するキーワードを選びます。

 

商品が売れるときというのは、ユーザーがその商品を利用して自分の悩みを解決できると感じたときや理想が手に入ると思ったときです。

 

したがって、ユーザーの悩みやニーズにマッチするキーワードを選ぶと成約率が高まるのです。

 

キーワードリストを作ろう

 

記事をたくさん書いていくと、過去に書いた記事を管理しているかどうかでやりやすさに違いが出ます。

 

エクセルやスプレッドシートなどに、「記事で狙ったキーワード」「記事のURL」「記事で紹介をした案件」などを記録していくと便利です。

 

スプレッドシートは、Googleのアプリでも無料で使えるものがありますので、コストはかかりません。

 

見出し構成を考えてから記事を書く

 

「では、さっそく記事を書こう」と気合いを入れる前に、準備をしてほしいことがあります。

 

まずはじめに、記事の見出し構成を先に決めておくのです。

 

見出し構成を先に決めておくことで、趣旨にブレがない良い記事を作れます。

 

まずは100記事書こう

 

SEO(検索エンジンで上位表示をするための対策)で効果を上げるために、最初の目標は優良な記事を100記事にすることです。

 

今から始める人にとっては途方もない数字に見えるかもしれませんが、仮に1日1記事を書けば3カ月ちょっとで到達できる数字です。

 

SEOで成功してアフィリエイトや集客の効果を上げている人の多くが、「100記事を書いたあたりからアクセスが一気に増えた」と証言することが多いです。

 

 

キーワードと構成に役立つシステム

キーワードと構成に役立つシステム

 

キーワードを選んだり、記事の構成のヒントを得るには、システムを使ったほうが早いです。

 

おすすめのシステムはコンテンツスカウターZです。

 

弊社でも実際にこのシステムを使ってSEOの作業を行っています。費用も安いのでぜひ使ってみてください。

 

コンテンツスカウターZとは

 

コンテンツスカウターZは、Catch the Web Asiaが提供しているSEOツールです。

 

月間100万PVを集めるプロが監修したシステムだけあって、SEOを行う上でとても役立つデータが集まります。

 

関連キーワードのピックアップやライバルサイトのチェックは、自分でやろうとすると時間も労力もかかりすぎるわけですが、コンテンツスカウターZを使えば、自動的にそうしたデータを集めてくれます。

 

関連キーワードのピックアップ

 

実際に使ってみて、特に気に入っている機能の一つが関連キーワードのピックアップをしてくれる機能です。

 

自分で探していては、集めることが難しい量の関連キーワードをこのシステムは自動的に抜き出してくれます。

 

その中から、購買につながるキーワードやライバルが弱いキーワードを選ぶだけで良いのです。

 

ライバルのSEOの強さを判断できる

 

コンテンツスカウターZというシステムを使えば、各キーワードのライバルの強さをデータをもとに判断できます。

 

allintitle(キーワードのすべてが記事タイトルに入っている状態)とintitle(キーワードの一部が記事タイトルに入っている状態)のライバルの数を自動的に集めてくれたり、ライバルの広告タグについてのデータなども集めてくれます。

 

また、コンテンツスカウターZを購入した人には、SEO(検索エンジン対策)の講座も特典で付いてくるので、システムと合わせて使えばSEOで成果を上げられます。

 

ライバルの見出し構成を抜き出せる

 

このシステムの機能で、私がもう一つ気に入っている機能があります。

 

それは、コンテンツスカウターZを使えば、ライバルの見出し構成も抜き出せるという機能です。

 

実際に上位表示ができているライバルの見出し構成を自動的に抜き出してくれるので、それを参考に自分の記事の見出し構成を考えれば上位表示ができる可能性がグンと上がります。

 

低価格

 

コンテンツスカウターZは月額2,980円で利用できます。

 

月額制なので、必要に応じてアップデート版をダウンロードして使うことができます。

 

検索エンジンの仕様変更があっても、対応してくれるので安心です。

 

また、使用に関する回数制限などはないので使いまくって良いです。

 

外注に依頼をするときにも使える

 

このシステムを使えば、見出し構成をライバルのデータをもとに考えられるのでとても効率的です。

 

記事を作る作業を外注に依頼するときでも、見出し構成だけ決めて依頼をすれば良い記事に仕上がります。

 

またライバルの共起語なども、このシステムで抜き出せるので、「こういう単語を使って記事を書いてください」という依頼もできます。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトの作業を行うときに時間を取られがちなキーワード選定などを効率化するためのシステムとして、コンテンツスカウターZをご紹介しました。

 

このシステムは弊社でも実際に長い期間利用をしているので本当におすすめです。

 

アフィリエイターにとって大切なのはキーワード選定と記事を書く作業ですが、キーワード選定と記事の構成のヒントを得る作業はシステムにまかせた方が正確な上に早いです。

 

ぜひあなたも、このシステムを使って効率化をしてみてください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードの探し方についてのシンプルなまとめ

アフィリエイトのキーワードの探し方についてのシンプルなまとめ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

このサイトでは、キーワード選定のコツをたくさん解説してきました。

 

キーワードの探し方は覚えてしまえばかんたんです。

 

ですが、アフィリエイトで稼ぐためにはキーワード選定はとても大切な作業です。

 

そこでこの記事では、キーワードの探し方をシンプルにまとめたいと思います。

 

 

そもそもキーワードとは

そもそもキーワードとは

 

キーワードとは「検索キーワード」のことです。

 

あなたも、検索エンジンを使うときには検索バーにキーワードを入れて調べますよね。

 

ですから、あなたが検索エンジン対策(SEO)をするときも、「どんなキーワードで上位表示を狙うのか」を考えて記事を書く必要があります。

 

 

アフィリエイトのキーワードの探し方

アフィリエイトのキーワードの探し方

 

アフィリエイトでキーワードを探すことはとても大切な作業です。

 

キーワードの探し方がしっかりできていると、少ないアクセスのうちから成果が出ることもあります。

 

キーワードの探し方には、「自分で探す方法」と「ツールを使って探す方法」があります。

 

まず、メインキーワードを決める

 

キーワードを探す前に、まずはメインキーワードを決めましょう。

 

実際に記事を書くときに設定するキーワードは、メインキーワードの関連キーワードです。

 

アフィリエイトの場合は、ASPに登録をしてサイトで紹介したい案件を先に見つけるとメインキーワードが考えやすいです。

 

検索エンジンを使った探し方

検索エンジンを使った探し方

 

検索エンジンを使って、キーワードの候補を見つける探し方があります。

 

それはとてもかんたんで、メインキーワードで実際に検索をしてみると、検索結果の下部に上の図のように関連キーワードが出るので、その中から探すというやり方です。

 

あなたがアフィリエイトをする商品の見込み客が検索しそうなキーワードを探してください。

 

ツールを使った探し方

 

先程の検索エンジンを使って自分でキーワードを見つける探し方のデメリットは、時間と手間がかかるということです。

 

これはツールを使ってしまえば、一気に効率化できます。

 

ツールを使えば、あなたは労力をかけずにキーワードの候補を手に入れ、その中から購買につながるキーワードを探すだけで良いです。

 

商品名

 

探し方とは少し違う視点ですが、商品名をそのままキーワードに設定しても良いです。

 

ただし、これでは商品名を知っている人しか集客できないので、やはりメインキーワードの関連キーワードをピックアップする方法も行いましょう。

 

商品のレビューをする記事については商品名をそのままキーワードに設定しても良いでしょう。

 

 

稼げるキーワードの探し方

稼げるキーワードの探し方

 

キーワードの探し方の基本はここまでにお伝えしたとおりですが、その中でも稼げるキーワードに的を絞りましょう。

 

アフィリエイトで大切なのは「商品を買ってくれる可能性が高いアクセスを集めること」です。

 

そうしたアクセスを集めれば、少ないアクセス数でも商品が売れる確率(コンバージョン率)を上げられます。

 

商品のターゲットから考える

 

まず、ASPからあなたがアフィリエイトをする商品を決めます。

 

そのときに、商品のLPを見てください。つまり販売サイトのことです。

 

LPを見ると、その商品がどんな人に向けたものかがわかりやすいので、それをもとにここまでお伝えした関連キーワードの中からターゲットに当てはまるキーワードを探すのです。

 

関連キーワードをていねいに集める

 

したがって、前提としてはメインキーワードの関連キーワードをていねいに集めておくことです。

 

その中から商品のターゲットに当てはまるキーワードを探します。

 

先程書いたように、関連キーワードのピックアップはツールにまかせた方が早いです。

 

キーワードのリストを作ろう

 

ターゲットに当てはまるキーワードが探せたら、そのキーワードをスプレッドシートなどにまとめましょう。

 

一列目には「キーワード」、二列目に「記事のURL」、三列目に「記事で紹介している案件」を書いておくとあとで便利です。

 

アフィリエイトの場合は案件を取り替えたり、記事の補強をすることがあるので、「どの記事だっけ」というのが探せるようにしましょう。

 

 

まずはスモールキーワードを探す

まずはスモールキーワードを探す

 

そのキーワードが検索エンジンでどのくらい検索されているのかを示す数を「検索数」と言います。

 

検索数の多いキーワードをビッグキーワード、少ないキーワードをスモールキーワードと言います。

 

もちろんビッグキーワードで上位を獲れば大きなアクセスを見込めますが、ビッグキーワードで上位を獲るためにもまずはスモールキーワードで上位を獲っていき検索エンジンからの小さな評価を積み上げましょう。

 

検索数が少なくても稼げる理由

 

検索数が少ないスモールキーワードでも、実は稼げます。むしろ、そのほうが稼ぎやすいこともあります。

 

これは少し考え方のコツがあり、検索数が少ないキーワードだとしてもそのキーワードが「購買につながるキーワード」でしたらコンバージョン率(商品が売れる確率)は高いわけです。

 

ですから、検索数だけで判断をするのではなく、「ターゲットが検索しそうなキーワードを選ぶこと」がキーワードの探し方のコツなのです。

 

 

キーワードを探すためのツール

キーワードを探すためのツール

 

キーワードの探し方としてはツールを使ったほうが良いという話はここまでにもしました。

 

関連キーワードのピックアップやライバルサイトのチェックをするなら「コンテンツスカウターZ」というツールがかなりおすすめです。

 

すでに書いた記事がどんなキーワードで評価を受けているのかを探すなら、Search Consoleというツールがおすすめです。

 

コンテンツスカウターZ

 

コンテンツスカウターZは、SEO(検索エンジン対策)をするためにとても役に立つツールです。

 

関連キーワードを一気に抜き出してくれたり、各キーワードのライバルサイトのチェックまでやってくれます。

 

キーワードを探すためにも使えるし、そのあとに記事を書くときにも「どんな構成でどんな言葉を使えば良いのか」などもコンテンツスカウターZが集めてくれるデータを見るとわかります。

 

Search Console

 

Search ConsoleはGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。

 

弊社も使いまくっています。Googleのアカウントがあれば無料で使えます。

 

Search Consoleを入れると、「インデックス(検索結果に出ること)されている記事が、どんなキーワードで何位くらいにいるのか」がわかります。特に11位から20位にいるキーワードで上がっている記事は、補強をすると順位がさらに上がりやすいです。

 

 

自分がやりたいジャンルで稼ごう

自分がやりたいジャンルで稼ぐ

 

弊社のコンサルティングでは、「自分らしい成功をする人を育てること」を大切にしています。

 

今はASPにも幅広いジャンルの案件があるので、あなたがやりたいジャンルで活動をすることが良いです。

 

興味のないジャンルに取り組むのはつらいですが、興味ややりがいを持てるジャンルなら楽しみながら成功に向かえます。

 

 

最後に

 

この記事は、アフィリエイトのキーワードの探し方についてシンプルにまとめた記事です。

 

記事の書き方などは、別の詳しい記事を用意しています。

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

稼げるキーワードを探して、記事を増やすことでアフィリエイトは成果が出るので、コツコツと進めていきましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトでライバルが弱いキーワードを検索するコツとツール

アフィリエイトでライバルが弱いキーワードを検索するコツとツール

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐために、ライバルが弱いキーワードを選んで記事を書く必要があります。

 

このようなキーワードを選ぶ作業を「キーワード選定」と言います。

 

これから記事で狙うキーワードや、すでにある記事で補強を行うキーワードを検索するための考え方と便利なツールをご紹介します。

 

 

キーワードとは

キーワードとは

 

キーワードとは「検索キーワード」のことです。

 

ユーザーがあなたのサイトに訪問する前には、何かのキーワードで検索をかけているでしょう。

 

アフィリエイトでは「どのようなキーワードで上位表示をするのか」を事前に決めてから記事を書きます。

 

キーワード選定で売上が決まる

 

アフィリエイトをやっている人の中ではよく「キーワード選定で売上の8割が決まる」なんて言われます。

 

私の実感としても、これは正しいと思います。

 

どんなキーワードで上位を獲るかによって売上はかなり変わります。

 

キーワードの種類

 

ひと言で「キーワード」と言っても、もう少し細かい分け方もあります。

 

たとえば「副業」といったように単語だけのキーワードもあれば、「副業 アフィリエイト やり方」のようにいくつかの単語の組み合わせでできたキーワードもあります。

 

複数の単語の組み合わせでできたキーワードを「複合キーワード」や「ロングテール」と言います。

 

また、複合キーワードやロングテールのことをスモールキーワードやニッチキーワードとも言います。逆に、単語だけのキーワードは「ビッグキーワード」と呼ぶことが多いです。

 

スモールキーワード(ニッチキーワード)か、ビッグキーワードかは検索ボリュームで考えるのが正しいのですが、結果的には複合キーワードがスモールキーワードに当てはまることがほとんどです。

 

最初はスモールキーワード

 

キーワード選定の知識がないと、「検索ボリュームが多い方が稼げる」と考えるでしょう。

 

しかし、検索ボリュームの多いビッグキーワードは、その分だけライバルも多いです。ライバルが多いということはかんたんには上位表示を獲ることが難しいことでもあります。

 

ビッグキーワードで上位を獲るためにも、まずはスモールキーワードで確実に上位を獲っていきましょう。

 

キーワードを選ぶ基準

 

検索数を基準に考えるよりも「購買につながるキーワードかどうか」を考えましょう。

 

たとえば、あなたがクレジットカードのアフィリエイトをやっているとした場合、「クレジットカード ポイント おすすめ」というキーワードは明らかに購買につながりそうですよね。

 

たとえそれが検索数の小さいキーワードだったとしても、購買につながるキーワードなら少ないアクセスでもコンバージョン率(商品が売れる確率)は高いのです。

 

 

アフィリエイトのキーワードを選ぶコツ

アフィリエイトのキーワードを選ぶコツ

 

購買につながるキーワードにはいくつか種類があります。

 

この種類を覚えておけば、あなたが取り組むジャンルのキーワードに対しても「どんなキーワードを選べば良いのか」がわかるでしょう。

 

一つは「情報を調べるユーザーが検索するキーワード」、次に「やり方を調べるユーザーが検索するキーワード」、そして「商品名」です。

 

情報

 

たとえば、「副業 おすすめ」「仕事 年収 ランキング」「お金持ち 仕事 種類」など、そのジャンルの情報を調べるユーザーが検索しそうなキーワードは購買につながります。

 

情報を調べているということは、そのジャンルについてニーズを持っているということですからね。

 

ただ、「副業 失敗 理由」とか「仕事 やめる人 掲示板」とか「お金持ち 一般人 無理」とか、あきらかに商品のターゲットとは違うネガティブな情報を調べる意図のあるキーワードは購買にはつながりません。

 

やり方

 

「副業 始め方」「仕事 転職 手続き」「お金持ち 資産 つくり方」など、やり方を調べるユーザーが検索しそうなキーワードも購買につながります。

 

情報に関するキーワードと同じように、興味があるからやり方を調べていたり、自分に問題意識があるから調べていると考えられるからです。

 

商品というのはお客様の悩みを解決するためのものなので、あなたがアフィリエイトをしたい商品がどんな悩みを解決する商品なのかを書き出しておくと、キーワード選定もやりやすいですよ。

 

商品名

 

商品名をそのままキーワードにしても良いでしょう。

 

この場合は、商品名をキーワードに設定する記事はいわゆるレビュー記事です。商品を紹介するためのページですね。

 

商品名で検索する人はすでに商品を知っていて興味があるため、購買につながります。

 

 

商品からメインキーワードを考える

商品からメインキーワードを考える

 

実際にキーワード選定をするために、まずはサイトでアフィリエイトをする商品を決めましょう。

 

商品はASPから探します。

 

また、自分がアフィリエイトをしたい商品が見つかったら、その商品の販売ページを読んで、どんなターゲットに向けた商品なのかを書き出します。

 

そこから、メインキーワードを決めましょう。実際に一つずつの記事で狙うキーワードは、このメインキーワードの関連キーワードです。

 

 

キーワードを検索する方法

キーワードを検索する方法

 

選定するキーワードの候補を検索する方法は2つあります。

 

一つはツールにまかせてしまう方法です。これがおすすめです。

 

もう一つ、検索エンジンの検索結果の下などに出る関連キーワードを自分で抜き出す方法もあります。

 

ツールにまかせるのがおすすめ

 

ただ、キーワードの候補を自分の力で抜き出すのはかなり大変です。

 

メインキーワードの関連キーワードをたくさん抜き出すほど狙い目のキーワードが選べます。

 

また狙い目のキーワードを選ぶためにも、関連キーワードそれぞれのライバルのデータも集めるべきなので、これはツールにやらせるのが正解です。

 

おすすめのツールはこちら

 

allintitleとintitleの数値を見る

 

上でご紹介したツールでキーワードを検索して解析すると、ライバルサイトに関するデータが集まります。

 

その中に「allintitle」という数値と「intitle」という数値があります。「allintitle」とはキーワードのすべてが記事タイトルに入っていることで、「intitle」とはキーワードの一部が記事タイトルに入っていることです。

 

先程のツールにおいては、これらのライバルサイトの数を抜き出せます。この数値の差が大きいということは、「キーワードを全部入れていないのに検索エンジンにそのキーワードで認識されているサイトが多い」ということです。

 

つまり、それは狙い目のキーワードなので、そうしたキーワードが購買につながりそうなら記事を書きましょう。

 

ライバルの見出し構成をチェック

 

記事を書く前に絶対に準備するべきことが2つあります。

 

一つは、その記事で上位表示を狙うキーワード。もう一つは「見出し構成」です。

 

見出し構成は自分の頭で考えるのではなく、実際に上位表示(1位から10位まで)を獲っているライバルサイトの見出し構成をヒントにすると良いです。その見出し構成は検索エンジンに評価を受けやすい構成だからです。

 

コツコツと記事を増やそう

 

こうしたキーワード選定と記事の準備をしてから記事を書くという作業をくり返します。

 

たしかに根気のいる作業ですが、この方法で一度アクセスが集まると安定してアフィリエイト報酬が発生するので、最初ががんばりどころです。

 

はじめのうちはアフィリエイト報酬を気にするよりも、自分が良い記事を書けていることを楽しみに続けると良いでしょう。

 

キーワードリストを作る

 

私の場合は、スプレッドシートに「キーワード」「記事のURL」「記事で紹介したアフィリエイト案件」をまとめています。

 

このようなキーワードリストを作っておくと、あとでサイトのメンテナンスがやりやすいです。

 

たとえば「このキーワードは、もう記事があるかな」と調べたり、「このキーワードの記事のURLはどれだろう」ということを調べるときに、今ご紹介したようなキーワードリストがあればすぐに検索ができますよね。

 

検索エンジンからキーワードを見つける

検索エンジンからキーワードを見つける

 

どうしてもツールが使えない人は、検索エンジンから関連キーワードを見つける方法もあります。

 

たとえばあなたのサイトのメインキーワードが「副業」である場合、上の図のように検索エンジンで検索をしてみると、下部に関連キーワードが表示されます。

 

またその関連キーワードで検索をしなおすと、そのまた関連キーワードも表示されるので、このやり方でピックアップすることも可能です。

 

検索ボリュームの考え方

 

理想のお宝キーワードというのは「ライバルが少なく、なおかつ検索ボリュームが多いキーワード」です。

 

たくさん検索されるキーワードなのに、上位表示が獲りやすいキーワードがあれば、それはもちろん狙い目です。

 

ただし、そうしたキーワードは決して多くありません。

 

一方で、検索ボリュームが少なくても、この記事で解説してきたように「購買につながるキーワード」なら少ないアクセスでも商品のコンバージョン率(売れる確率)は高いので、検索ボリュームが少ないキーワードを除外するのは間違いです。

 

 

記事を書く前にキーワードを選ぼう

記事を書く前にキーワードを選ぶ

 

キーワード選定をするタイミングは、記事を書く前です。

 

メインキーワードの関連キーワードの中から購買につながるキーワードを選定して、その一つずつに対して記事を増やします。

 

そのためにもメインキーワードの関連キーワードははじめにツールなどで検索をしておいたほうが良いです。

 

なぜキーワード選定が大切なのか

 

なぜここまでキーワード選定にこだわるかというと、理由は2つあります。

 

1つは、キーワード選定をせずに記事を書いてもアクセスが増えないからです。

 

もう1つは、キーワード選定をすることで記事の趣旨が明確にできることです。検索エンジンも「どういうターゲットに向けた情報なのか」がはっきりとした記事を評価します。

 

キーワード選定をすると記事が書ける

 

しっかりとキーワード選定をして、ライバルサイトをヒントに見出し構成まで決めておくと自然と良い記事が書けます。

 

記事が書けない人の多くは、キーワード選定やライバルチェックをせずに、何となく記事の文章を書こうとします。

 

しかしそれは間違いで、SEO(検索エンジン対策)の記事の書き方とは、文章を書く前の準備にコツがあるのです。

 

検索意図を考えよう

 

良い記事の書き方を知ってもらうために、もう一つ記事を書く前に準備してほしいことがあります。

 

それが「検索意図は何か」を書き出すことです。

 

検索意図とは「ユーザーはなぜ、そのキーワードで検索をするのか」という考え方で、検索エンジンはこの検索意図の答えとなる情報を検索結果で表示します。つまり、検索意図を明確にしてその答えとなる記事を作れば、検索エンジンに評価をされるのです。

 

 

補強するキーワードを検索する

 

補強するキーワードを検索する

 

一度書いた記事でも、少し時間がたったときに補強をするとさらに上位に表示されるチャンスがあります。

 

そのようなメンテナンスの対象となるキーワードを検索するためにおすすめのツールがあります。

 

Googleがサイトの運営者に向けて公式に出している「Search Console」というツールです。

 

Search Console

 

Search Consoleは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールの一つです。

 

どのようなキーワードからアクセスが来ているのか、またその平均の検索順位などを調べられます。

 

Search Consoleで11位から20位を獲っているキーワードは、その記事を補強するとさらに上位に上がる可能性が高いです。

 

Google Analytics

 

もう一つ、Google Analyticsというアクセス解析ツールも入れておくと良いでしょう。

 

Google Analyticsは、ユーザーの動向やPV数が測定できるツールです。

 

こちらもGoogleのアカウントがあれば無料で使えます。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトで稼ぐために、これから記事を書く場合のキーワードの候補や、補強する記事のキーワードの候補を検索する方法を解説しました。

 

Search Consoleなどの無料ツールはリスクがないため、ぜひお使いください。

 

新規の記事で狙うキーワードの候補を調べるときにもツールに検索させるのがおすすめです。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトを自動化して稼ぐ仕組みを作る無料でもできる戦略

アフィリエイトを自動化して売上アップ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐことを目指すなら、「できれば自動化して稼ぎたい」と思っている人も多いでしょう。

 

アフィリエイトを自動化することはある程度できます。

 

初めから完全に自動化はできませんが、仕組みを作ればある程度は放っておいても収益が発生します。

 

この記事では、アフィリエイトを自動化するための無料でできる方法やツールや仕組みづくりをご紹介します。

 

 

アフィリエイトを自動化して稼げるか

自動化の仕組み

 

アフィリエイトで稼ぎたいと思っている人は、パソコン一台で稼げればどれだけ自由な人生が手に入るのだろうと思っているでしょう。

 

実際、アフィリエイトはパソコンやスマホを使って、ネットだけで稼ぐことができます。

 

大切なことは、その「稼ぐ仕組み」を作れば、ある程度は自動化ができるということです。

 

たとえ、1日何もしていなくてもアフィリエイトの報酬が発生します。

 

自動化はある程度ならできる

 

初めから自動化することは不可能だと覚えておいてください。

 

というのも、自動化して稼ぐための仕組みは作る必要があるからです。

 

アフィリエイトで自動化して稼ぎたいです!と宣言しただけで自動的にお金が稼げるのなら、今すぐにすべての人がお金持ちです。

 

いきなりではなく、仕組みを作ればできるのです。

 

完全に放置して稼ぐことも一定期間ならできる

 

たとえば、アクセスが集まるブログを作ってしまえば、ある程度は放っておいてもアクセスが落ちることはありません。

 

そのブログでアフィリエイトの広告を掲載しておけば、放っておいても成果が出ます。

 

ただ、「一生放っておいても良いか」となると、そうはいきません。

 

たまに細かいメンテナンスをする必要はありますが、それでも働き続けるという感じにはなりません。

 

 

自動化したアフィリエイトの仕組み

アフィリエイトを自動化して自由な人生を手に入れる

 

では、アフィリエイトを自動化した仕組みとはどんなものでしょうか。

 

もっとも簡単なのは、ブログを立ち上げ、ブログにアフィリエイトの広告を掲載した上で、そのブログをアクセスの集まるブログに育てることです。

 

さらに、高い収益を自動化して稼ぎたいのなら、そのブログからメルマガの読者を集めましょう。

 

そして、メルマガに登録したら、ステップメールというメルマガを自動的に流す配信ができるようにしておくと、ブログもメルマガの配信もすべて自動化できるのです。

 

 

コンテンツSEOで無料で集客を自動化する

アフィリエイト

 

コンテンツSEOとは、簡単に言えば「人の役に立つ良い記事をたくさん作って、検索エンジンに正当に評価してもらうやり方」です。

 

コンテンツSEOは、長い間アクセスが安定します。

 

コンテンツSEOで成功すると、集客やアクセスアップを自動化できて、時間の自由がかなり効きます。

 

アフィリエイト報酬も月500万円以上稼げるようになるなど、コンテンツSEOの効果はとても高いです。

 

コンテンツSEOに関してはこちら

 

アクセスが集まるブログとは

 

アクセスが集まるブログとは、どんなブログなのでしょうか。

 

アクセスが集まるブログのポイントは、役に立つ情報がしっかり掲載されているということです。

 

たとえば、「日記」だとしても、その日記が検索してきたユーザーに役立つ内容であれば、検索結果で上位に表示されアクセスが集まりますし、逆に役に立たない普通の日記であれば検索エンジンが評価せず、アクセスも集まりづらくなります。

 

特に、記事を書くときには検索キーワードを意識して、そのキーワードで調べた人が何を知りたいのかを考えて記事を書くことがコツです。

 

サーバーとは

 

ブログを立ち上げるには、サーバーが必要です。

 

サーバーとは、パソコンのデータをインターネットで見られるようにするためのコンピューターです。

 

アフィリエイトの活動なら、レンタルサーバーで十分です。

 

月額1,000円~2,000円程度と、コストはほとんど掛からないので安心です。

 

レンタルサーバーはこちら

 

ドメインとは

 

ドメインとは、いわゆるURLに該当する文字列で、インターネットの住所みたいなものです。

 

つまり、「このURLにアクセスすると、サーバーのこのデータを見られる」という感じで、サーバーと連動して動かします。

 

ドメインも、年間1,000円~3,000円程度で用意できますので、あまり大きなコストはかかりません。

 

ドメインとサーバーを用意することで、あなたのオリジナルのブログが立ち上げられます。

 

ワードプレスとは

 

ワードプレスとは、世界でもっとも使われていると言われるブログサービスです。

 

サーバーとドメインを用意すれば、自分のサーバーにインストールできます。

 

今見ていただいている、このサイトもワードプレスで作っています。

 

ワードプレスは、いろいろなカスタマイズができるので、ホームページにもブログにもランディングページにも使えます。

 

テンプレートの意味

 

ワードプレスを自分のサーバーにインストールしたら、サイトの完成まであと一歩です。

 

サイトにテンプレートというものをインストールしましょう。

 

テンプレートとは、ひな形のことですが、サイトのデザインや構成上のSEO対策や機能などの基本的な骨組みが完成されたひな形のことです。

 

テンプレートをインストールすることで、見た目も構成も、プロ仕様のサイトをいきなり持つことができます。

 

弊社で開発したテンプレートがこちら

 

キーワードの考え方

 

記事を書く前には、必ず「キーワード」を考えましょう。

 

キーワードとは検索キーワードのことです。

 

つまり、自分が今から書こうとする記事は、どんな検索キーワードで検索したときにヒットする記事にしたいのか、ということです。

 

キーワードは、サイトのテーマに合わせて、関連するキーワードをたくさんピックアップして、その1つずつに対して記事を作りましょう。

 

キーワードのピックアップはこちらをお使いください

 

記事タイトルの考え方

 

記事のタイトルには、上位表示を狙っているキーワードを必ず入れましょう。

 

できれば記事のタイトルの先頭の方にキーワードが出てくると良いと言われています。

 

たとえば、「英語 翻訳 アプリ」というキーワードであれば「英語の翻訳に役立つアプリで今すぐ使えるおすすめを公開!」みたいな感じです。

 

また記事タイトルは大体32文字くらいまでが検索結果で表示されるので、32文字以内の記事タイトルにそろえると良いです。

 

記事の書き方

 

記事を書くときに、いきなり「こんにちは」から書いてしまうと、かなり煮詰まるでしょう。

 

記事を書くときには、まず構成から考えます。

 

そのために、すでに上位表示されているライバルサイトの見出し構成をチェックすると良いです。

 

そのキーワードに対して、どんな流れで何をまとめれば検索エンジンに評価されるのかを調べて、構成を決めてから書き始めましょう。

 

ライバルサイトの見出し構成をチェックするときも、こちらが役に立ちます。

 

 

検索エンジン対策

検索エンジン対策

 

ここまで読んでお分かりの方もいるように、アフィリエイトで稼ぐことを自動化したいのなら、検索エンジンに評価されるサイトを作ることがおすすめです。

 

検索エンジンに評価され、アクセスが自動的に集まるサイトがあれば、サイトからの売上も、メルマガやLINE@の読者の集客も自動化できるからです。

 

また、検索エンジン対策は、ほとんど無料でできます。

 

サーバードメインSEOツールなどの費用はかかるにしても、広告費などは完全に無料です。

 

 

集客を自動化するために必要な記事数

記事

 

コンテンツSEOで成功すれば、集客を自動化できます。

 

毎日、検索エンジンから1万以上のアクセスを集めることができます。

 

コンテンツSEOの良いところは、サーバーやドメイン、最低限のツールのほかには、コストがかからずほとんど無料で集客を自動化できるということです。

 

アフィリエイトを自動化するコンテンツSEOで成功するには、大体100記事~150記事が目安です。

 

コンテンツSEOについてはこちらに無料講座があります

 

 

SEOのほかの集客

SEO

 

SEOのほかにも、インターネットの集客の方法はあります。

 

それは、広告です。

 

広告は無料でできる方法ではありませんが、ランディングページと売上を出すステップメールが用意できれば利益を上げることができます。

 

利益を上げるランディングページとステップメールがあれば、広告を回すほどお金が増える仕組みを作れます。

 

 

ランディングページを作ってメルマガの読者を集める

売上の出るランディングページ

 

ランディングページ(LP)とは、ランディング=着陸に由来しています。

 

広告やサイトから最初に着陸するページのことをランディングページと言います。

 

よく見られる使い方は、なにか無料のプレゼントをあげるのでメールアドレスを登録してください、という趣旨のランディングページです。

 

こうすることで、購買意欲の高いメルマガ読者を獲得できるのです。

 

ランディングページのテンプレートはこちら

 

 

ステップメールでアフィリエイトを自動化

メールで売上

 

ステップメールとは、メルマガに登録した日から起算して配信内容とタイミングをあらかじめ設定して自動的にメルマガを配信する仕組みです。

 

ステップメールを使えば、ブログからメルマガに登録してくれた読者さんに、自動的にメルマガを配信できます。

 

もし、そのステップメールの中でアフィリエイトを行えば、メルマガアフィリエイトに関しても自動化できるのです。

 

ステップメールが使えるメルマガ配信スタンドと、文面を用意すればすぐにステップメールをあなたのビジネスに組み込めます。

 

メルマガ配信スタンドはこちら

 

アフィリエイトを自動化する仕組み

 

ステップメールでアフィリエイトをするときには、いきなり宣伝をしないようにしましょう。

 

メルマガに登録していきなり「買ってください」という内容のメールが届いたら、読者さんはあなたのメールを読むのをやめるか、メルマガを解除してしまいます。

 

ステップメールでは、せっかく配信の内容をあらかじめ設定しておけるので、何日間かかけて読者さんに商品の販売につながる教育をしましょう。

 

先に価値を感じてもらい、それから売るという流れを作ると、ステップメールからの成約率が高まります。

 

シナリオの作り方

 

ブログ記事と同じで、いきなりメール文面を考えるのではなく、まず全体の流れを作りましょう。

 

思いのほか考えていない人が多いのが、「最終的に何を売るか」です。

 

ステップメールの中で、最後は何をアフィリエイトするのかを先に決め、そこに向けてのシナリオを作っていきます。

 

たとえば、1週間のステップメールなら、1週間の流れを先に決め、1つずつのメールで伝えたいメッセージを一言でまとめていき、まず全体像を作ることから始めると、効果的なステップメールが作れます。

 

 

アフィリエイトの自動化に役立つ無料ツール

役立つ無料ツールを教えます

 

アフィリエイトの自動化に役立つ無料のツールもたくさんあります。

 

私がインターネットビジネスを始めた頃よりも、今はさらにインターネットが発展しているのでGoogleの公式の無料ツールなどもかなり機能が高くておすすめです。

 

さらにSNSなども無料で使える集客ツールとして考えられるので、ぜひ使いましょう。

 

ブログは無料ブログはあまりおすすめしませんが、ブログやメルマガを支えるアクセスアップのためのツールなどは無料でもかなり良いものがあります。

 

Search Console

 

Search Consoleは、検索クエリや検索順位を解析してくれるGoogleの公式のツールです。

 

Search Consoleに登録しておくと、何かサイトに問題があった場合にもSearch Consoleを通してGoogleが通知をしてくれます。

 

Search Consoleで、自分のサイトがどんなキーワードで何位にいるかを見てみましょう。

 

もし、11位~20位にいる記事があれば、その記事は少し強化してあげると検索結果で1ページ目に上がる可能性があります。

 

Search Consoleの登録方法はこちらの記事で説明しています

 

Google Analytics

 

Google Analyticsは、PV数やスマホやパソコンの閲覧者の割合、滞在時間や直帰率などが分かる、Google公式のアクセス解析のツールです。

 

こちらもSearch Consoleと合わせて入れておくと良いです。

 

Googleのアカウントがあれば、使えます。

 

最初のうちはあまりアクセスがありませんが、良い記事をしっかり作っていくとアクセスが伸びていく様子が分かります。

 

Google Analyticsの登録方法はこちら

 

アクセスアップをしてアフィリエイトで稼ぐ無料講座はこちら

 

ASP

 

ASPとは、アフィリエイト・サービス・プロバイダーの略で、簡単に言えば、アフィリエイトの案件や広告のタグを取り出すサービスであり、アフィリエイト報酬を振り込んでくれるサービスです。

 

アフィリエイトはASPに登録しないとできません。

 

ASPによっては、ブログが先にないと登録ができないところもあるので、ブログは先に立ち上げて少し記事を書いておくと良いでしょう。

 

ほとんどのASPは無料で登録できますので、登録しましょう。

 

ASPに関してはこちら

 

こちらの記事でもASPの一覧を書きました

 

Facebook

 

Facebookは日本でも2000万人以上が使っている巨大なSNSです。

 

いいね!やシェアといった機能があり、情報の拡散力があります。

 

Facebookで情報発信をすれば、ブログにアクセスを集めたり、メルマガやステップメール、LINE@の読者を集めるのに便利です。

 

登録は無料でできるので、使っておきたいツールです。

 

SNSのシェアボタンをワードプレスに設置するプラグインの情報はこちら

 

Twitter

 

Twitterは140文字以内の短い投稿(ツイート)で情報発信をするSNSです。

 

タイムリーな情報を発信するのがポイントでもあります。

 

Twitterも登録は無料でできます。

 

ブログの更新情報などをTwitterで発信して、アクセスを集めましょう。

 

お知らせだけでなく、少し役立つ発信なども行うとフォロワーが増えます。

 

SNSのシェアボタンをワードプレスに設置するプラグインの情報はこちら

 

YouTube

 

YouTubeはGoogleが提供している動画サービスです。

 

おそらく知らない人はいないでしょう。

 

YouTubeに、ブログやメルマガのテーマに合わせた動画をアップして、動画の説明欄からブログ記事やLPにアクセスをしてもらえば集客を自動化できます。

 

YouTubeも動画はコツコツと上げる必要がありますが、ピコ太郎などの例が分かりやすいように、何かの拍子に大量のユーザーが集まる可能性があるツールとしても考えられます。

 

 

記事の自動作成ツールは使えるのか

自動ツールで売上は上がるのか

 

アフィリエイトの仕事でもっとも大きい割合を占めるのは、記事の執筆です。

 

ブログ記事、ステップメールの内容、メルマガ記事、LINE@のメッセージなど、どんな方法でアフィリエイトを行うにせよ、記事を作る作業が関わります。

 

そこで、インターネット上では「記事の自動作成ツール」なども販売されています。

 

一見すると、記事の自動作成ツールはすごく便利そうですが、その前に覚えておいてほしいことがあるのでこの先を必ず読んでください。

 

オリジナルの記事には勝てない

 

結論から言って、自動作成ツールで作った記事は、オリジナルでがんばって書いた記事には勝てません。

 

その理由は2つあります。

 

1つ目は、そもそも検索エンジンもオリジナルの記事を評価するからです。

 

2つ目は、記事の質です。

 

記事の質が良いとうたっているツールもありますが、やはり自分で書いた記事ほどは効果を発揮しません。

 

記事のテーマやキーワードの発掘を自動化するツール

 

もし自動化するのであれば、記事を書く部分ではなく、記事のテーマやキーワードを発掘したりライバルサイトの調査をする作業をツールにまかせて自動化しましょう。

 

そうした調査に関する作業は、逆にツールのほうが正確な上に早いからです。

 

文章は、ツールに作らせてしまうと、どうしてもオリジナルの文章よりもクオリティも低く、ライバルと似た感じになってしまいますが、データを集める作業は人間よりもツールのほうが正確なデータを持ってきてくれるので、便利なのです。

 

インターネットと言えど、人がやる仕事なので、自動化する部分と手動でやった方が良い部分を間違えてはいけません。

 

キーワードの発掘やライバルサイトのチェックに役立つツールはこちら

 

 

アフィリエイトをほぼ無料で自動化して稼ぎたいなら

SEO

 

アフィリエイトをほとんど無料で、自動化したいのなら、SEOから始めると良いです。

 

サイトの運営は、月1万円以下のコストでできますし、広告費などは無料です。

 

アクセスが集まるサイトを作ることができれば、アフィリエイトの報酬を発生させることも、ステップメールやメルマガやLINE@の読者を集客することも、ほぼ無料で自動化できます。

 

サイトにアクセスが来るまで育てる期間や労力はある程度必要ですが、コストがほぼ無料に近い分、やる価値は大きいです。

 

SEOの手法を勉強したい人はこちらをお読みください

 

 

最後に

 

実は弊社も、インターネット上にたくさんの自動化の仕組みを作ってきました。

 

おかげで、たとえ何もしていなくても収益が発生するようになっています。

 

その中には無料でできている方法も、コストをかけている方法もあります。

 

あまり無料にこだわりすぎると自動化の仕組みは作れませんが、特にSEOなどは可能性が大きいやり方なので、できるだけ無料に近い形でアフィリエイトを自動化したいのであれば、SEOから学ぶことをおすすめします。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトをするときに便利なツールや道具の情報を大放出!

アフィリエイトのツール

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトは一人でもできるビジネスですし、パソコン一台あれば世界のどこでも仕事ができます。

 

そこで、アフィリエイトの仕事を効率化してくれる便利なツールがあると、とても役に立ちます。

 

この記事では、アフィリエイトをするときに使える便利なツールをご紹介します。

 

 

アフィリエイトで稼ぐために教材やツールは必要か

アフィリエイトのための道具

 

アフィリエイトで稼ぐのなら、そのノウハウを学ぶ教材が必要です。

 

独学は一番失敗するやり方です。

 

また、ブログを作ったり、アクセスを集めたりする上でもツールが必要です。

 

アフィリエイトのはじめ方

 

インターネット回線とパソコンを用意したら、アフィリエイトを始められます。

 

その後に必要なものは、ノウハウを学ぶ教材と、ブログ、ASPなどです。

 

これらがあれば、どなたでもアフィリエイトを始められます。

 

おすすめの教材

 

アフィリエイトを学ぶのでしたら、稼いでいる人がいる実績のある教材で学ぶのがベストです。

 

もしあなたが、まだアフィリエイト報酬で月収30万円に達していないのなら、「アフィリエイト革命」という教材がおすすめです。

 

月収30万円が593人以上、月収100万円が174人以上、月収1000万円が17人以上という、すごい実績があります。

 

アフィリエイト革命の詳細はこちらの記事で

 

 

インターネット回線

インターネット

 

アフィリエイトをする上で、インターネット回線は必ず使います。

 

使う場面は大きく分けて2つで、「自宅で使う場合」と「外出先で使う場合」です。

 

この2つを想定して準備しておけば、どこでもアフィリエイトができます。

 

自宅なら光回線

 

自宅でアフィリエイトの作業をする人は多いと思いますが、その場合は光回線で固定で引いてしまった方が安定します。

 

アフィリエイトは、ファイルをサーバーにアップロードするときに、いわゆる「上り」の通信をすることがあるので、光回線なら速度も速く、困らずに作業ができます。

 

外出用にポケットWi-Fi「WiMAX」

 

外出用には携帯電話やスマートフォンのテザリングを使うこともできますが、WiMAXを持っているとすごく便利です。

 

アフィリエイトの仕事をする上でも、打ち合わせやセミナーに参加する時など、外でインターネット回線が必要になることがあります。

 

また、外出用のポケットWi-Fiを持っていれば、カフェや移動中などにもアフィリエイトの作業を進めることができます。

キャッシュバックでおトクに!【DTI WiMAX 2+ × Eクーポン】

 

アフィリエイトで成功するための日常ツール

日常で使うツール

 

アフィリエイターとしての人生が始まったら、普段からアフィリエイトをしやすい環境を自分で作っておくと、本当に便利です。

 

日頃から使うと良いツールや、ブックマークしておくと便利なサイトがあるのでご紹介します。

 

グーグルカレンダー

 

グーグルカレンダーを使って、パソコンとスマートフォンで予定を同期しておきましょう。

 

案件のスケジュールや、作業のタスクなどを同期しておけば、どこでも予定が確認できるので作業が後手に回ってしまうことを防げます。

 

アフィリエイトは一人でもできるビジネスなので、ついつい「明日で良いや!」となってしまいがちですが、しっかりスケジュールを管理すれば、しんちょくが遅れるのを防ぐことができます。

 

Google Chrome

 

Google ChromeはGoogleが提供しているインターネットブラウザーです。

 

これもパソコンとスマートフォンで同期できます。

 

Googleのアカウントで同期しておけば、ブックマークなども常にパソコンとスマートフォンで同一のものを利用できます。

 

文字数カウント「なんもじ」

 

ブログ記事を書くときなどに、文字数をチェックしたくなることがあります。

 

そんな時に、簡単に文字数をカウントしてくれるツールがあります。

 

こちらのサイトに文字をコピーするだけでカウントできるので、すごく便利です。

 

「なんもじ」

 

ChatWork

 

ChatWork(チャットワーク)は、チャット形式でコミュニケーションが取れる便利なツールです。

 

ファイルの共有やタスクの共有などもできるので、アフィリエイターの知り合いや外注さんへの業務連絡に使うと便利です。

 

 

スマートフォン

スマートフォン

 

スマートフォンは、もはやアフィリエイトをする上で必要なツールになりました。

 

ここまでに説明したようにパソコンと同期できる情報も多いですし、サイトがスマホで見やすいかどうかも検索順位を決める大切な要素なので、スマートフォンはアフィリエイトには必須のツールです。

 

携帯電話はスマホ

 

もし今、スマートフォンを持っていなくて、次に携帯電話を変えるタイミングが来たら、ぜひスマートフォンにしてください。

 

アフィリエイトをする上でスマートフォンは必須です。

 

特に自分のサイトがスマホで見やすいかどうかは、絶対にチェックするべきなので、そのためにもスマートフォンを使いましょう。

 

写真はスマホでも十分

 

レビュー系のサイトを運営している場合は、自分で写真を撮ってサイトに掲載することもあると思います。

 

実際、オリジナルの画像は検索エンジンからの評価も高くなる傾向です。

 

最近はスマホでもかなり画質の良い写真が撮れるので、写真もスマホで十分だと言えます。

 

ボイスレコーダーもスマホで十分

 

対談音声を録音したり、自分の音声を録音したり、あるいはセミナーや打ち合わせの際に録音するなど、ボイスレコーダーもかなり使う場面が多いです。

 

ボイスレコーダーも、専用で用意しなくても、スマートフォンのレコーディングの機能を使えばかなりきれいな音声が録れます。

 

Googleのアカウントで同期せよ

 

ここまでにも説明したように、スマートフォンを持っているのなら、Googleのアカウントでパソコンと同期できるものは同期しておきましょう。

 

カレンダー、ブラウザーなどは同期しておけば、パソコンと変わらない情報をスマートフォンで確認できます。

 

 

アフィリエイトに便利な銀行やクレジットカード

ネットバンク

 

アフィリエイトをする上で、ネット銀行を持っているとすごく便利です。

 

その都度ATMに行くのではなく、パソコンやスマホから振込などができると作業の時間が無駄になりません。

 

また、クレジットカードを事業用に持っておくと経費の計算もスムーズですし、マイルやポイントがたまるので節約にもなります。

 

ジャパンネット銀行

 

ネット銀行としてはかなり有名なジャパンネット銀行。

 

弊社でも使用していますが、とても便利です。

 

現金を引き出すときは提携しているATMから引き出せます。

 

楽天カード

 

楽天カードを事業用に持っておくと、経費をクレジットカードで支払えば、そのたびに楽天ポイントがたまります。

 

楽天で買えないものはないというくらいさまざまな商品を楽天で買えるので大変お得です。

楽天カードはこちら

 

 

アフィリエイトで使うASP

アフィリエイトする商品

 

ASPとは、アフィリエイト・サービス・プロバイダーの略で、簡単に言うとアフィリエイトをする商品を見つけ広告タグを取り出すためのサービスです。

 

アフィリエイト報酬もASPから振り込まれます。

 

ここでは、アフィリエイトでよく使うASPをご紹介します。

 

A8.net

 

案件がとても豊富で、アフィリエイトのASPとしてとても有名なA8.net。

 

使っていないアフィリエイターはいないと言えるほど有名なASPです。

 

使いやすく、満足度もとても高いASPなので登録しておきましょう。

A8.netはこちら

 

バリューコマース

 

日本で最大級のASPです。

 

案件もとても豊富で使いやすいです。

 

スマホにも対応したサービスなので、今のアフィリエイトにもとても向いています。

バリューコマースはこちら

 

afb

 

afbは、以前は「アフィリエイトB」という名前のASPでしたが、名前が変わりました。

 

高額な報酬を得ているアフィリエイターも、afbを使っている人は多いです。

 

2カ月先の振り込みが多いASPの中、afbは月末締めの翌月末に支払われるので、報酬をもらえるまでの時間も短いです。

afbはこちら

 

アクセストレード

 

会員サイトの数が約37万件と、昔から多くの方に使われているASPです。

 

振込手数料が0円なのは、アフィリエイターにとってはうれしいポイントです。

 

アクセストレードも歴史が長いASPなので、安心して使えます。

アクセストレードはこちら

 

もしもアフィリエイト

 

報酬が高い「もしもアフィリエイト」はかなりおすすめです。

 

成果を上げるための方法を教えてくれたり、初心者が使うにはうれしいポイントが多いです。

もしもアフィリエイト

 

アプリーチ

 

アプリーチはアプリを紹介するときに使うブログパーツをつくるのに便利なツールです。

 

ASP経由で広告のリンクを取得したら、アプリーチでブログパーツを作りましょう。

アプリーチ

 

 

アフィリエイトで使うブログ

ブログ

 

アフィリエイトを行うには、ブログが必要です。

 

ブログにアクセスを集めることで、ブログ上に掲載したアフィリエイトの広告リンクにもアクセスが増え、そこから商品を買う人がいればアフィリエイト報酬をもらうことができます。

 

WordPressテンプレート「FMテンプレート」

 

WordPressでブログを立ち上げたら、アフィリエイトサイトに向いているデザインに変更しましょう。

 

弊社が開発したFMテンプレートというWordPressテンプレートは、SEO対策済みでデザインが豊富なWordPressテンプレートです。

 

FMテンプレートの詳細はこちら

 

 

サーバーやドメイン

サーバー

 

サーバーとは、パソコン上のデータをインターネットで見られるようにするためのコンピューターです。

 

ドメインとは、インターネット上の住所のようなもので、いわゆるURLに該当する文字列です。

 

このサーバーとドメインを契約することで、「このURLにアクセスすると、このページが表示される」といったように、訪問者がページを閲覧できるのです。

 

レンタルサーバー「ジャストサーバー」

 

ジャストサーバーはアフィリエイター向けに作られたレンタルサーバーです。

 

WordPressが数クリックでインストールできるなど、使いやすいツールです。

 

ジャストサーバーについてはこちらに詳しく書いてあります。

 

独自ドメイン「バリュードメイン」

 

バリュードメインは、ドメイン登録の実績が500万件もあるサービスです。

 

すでに使っているドメインの管理会社がない場合は、バリュードメインがおすすめです。

バリュードメインはこちら

 

アップロードするときに便利「FFFTP」

 

FFFTPとは、パソコン上のファイルを自分のサーバーにアップロードする時に使うツールです。

 

ドラッグアンドドロップでアップロードできて、すごく便利です。

 

 

WordPressの便利なプラグイン

WordPressのプラグイン

 

WordPressにはプラグインという機能があります。

 

プラグインとは、簡単に言えばアプリのようなものです。

 

WordPressにプラグインをインストールすることで、自分のWordPressの機能を拡張できます。

 

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

 

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)は、スパムからブログを保護してくれるプラグインです。

 

ブログにスパムのコメントがたくさん来てしまうのを防いでくれます。

 

AddToAny Share Buttons (シェアボタン)

 

この記事にもありますが、FacebookやTwitter、Google+などへのシェアボタンを追加できるプラグインです。

 

ブログにシェアボタンを追加すれば、SNS上で記事が拡散されアクセスが増えることがあります。

 

SNS Count Cache

 

SNS Count Cacheは、シェア数を取得し、バックグラウンドでキャッシュをするプラグインです。

 

先程の、AddToAny Share Buttons (シェアボタン)と合わせて使うと良いでしょう。

 

Breadcrumb NavXT

 

「パンくずリスト」を追加するプラグインです。

 

パンくずリストとは、閲覧中のページがサイトのどの位置にあるかを示す表記で、これを設定しておくと内部リンクが増えて検索エンジンに評価してもらいやすいです。

 

BackWPup

 

WordPressのバックアッププラグインです。

 

WordPressはアップデートが定期的にありますが、手動でアップロードする際にはバックアップを取ってからアップデートするのが安全です。

 

Black Studio TinyMCE Widget

 

新しい「ビジュアルエディター」ウィジェットタイプを追加するプラグイン。

 

WordPressのウィジェットの編集がやりやすくなります。

 

Child Pages Shortcode

 

子ページを表示するショートコードが使えるプラグインです。

 

これもWordPressを使うことに少し慣れてきたら、入れておくと便利です。

 

Speech bubble (ふきだしプラグイン)

 

この記事にあるような、ふきだしが使えるプラグインです。

 

会話形式の記事を書きたいときなどに使えます。

 

ふきだしのバリエーションもいくつかあります。

 

 

SEOツールや解析ツール

解析ツール

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で検索エンジン最適化のことです。

 

簡単に言うと、自分のサイトが検索エンジンに評価されるための対策や活動のことです。

 

SEOを行うことでアクセスアップが見込めます。

 

そのために便利なツールをご紹介します。

 

なぜSEOツールや解析ツールが必要なのか

 

たとえば、関連するキーワードをピックアップしたり、自分のサイトがどんな検索キーワードでヒットしているのかを調べるときにツールがあると、すごく便利です。

 

これを手動でやるのは、不正確な上にかなりの時間と労力がかかってしまい、はっきり言って無駄です。

 

そのため、ツールがあると便利なのです。

 

Google Analytics

 

Google Analyticsは、PV数や訪問者の動向が分かるGoogleが提供している無料のツールです。

 

かなり精度が高いので、アフィリエイトサイトを運営する上では必ず使うと良い便利なツールです。

 

Google Analyticsの登録方法

 

Google AnalyticsはGoogleのアカウントがあれば使えます。

 

Google Analyticsに申し込むと「トラッキングコード」というものが発行されます。

 

これを</head>タグの上などに挿入すれば完了です。

 

Analyticsに反映されるまでに数日かかります。

 

Search Console

 

Search Consoleは、自分のサイトがどんなキーワードからどれくらいアクセスが来ているのか、あるいはその検索順位などを調べられるツールです。

 

Search Consoleで見た時に、11位~20位にいるような記事があれば、その記事は手直ししてあげれば検索結果の1ページ目に浮上する可能性があります。

 

このように、Search Consoleはサイトのメンテナンスを考えるときにも便利です。

 

Search Consoleの登録方法と使い方

 

Search ConsoleもGoogleのツールなので、Googleのアカウントが必要です。

 

Google Analyticsと同じで、登録するとHTMLタグなどが発行されるので、たとえばmetaタグであれば<head>タグの直後に挿入すれば設定完了です。

 

こちらも反映まで、数日のタイムラグがあります。

 

サイトの運営歴が浅かったり、まだ記事がない場合には情報が出てきませんが、記事を書いていくと検索クエリや順位などの情報が見られるようになるので、それを元に記事を改良して強化します。

 

コンテンツスカウターZ

 

コンテンツスカウターZは、関連するキーワードをピックアップしたり、ライバルの見出し構成をチェックするときに、かなり便利なツールです。

 

もはや、このツールがないと、SEOができないと言って良いくらい便利なツールです。

 

コンテンツスカウターZについてはこちらに書きました。

 

キーワードをピックアップ

 

検索エンジンからアクセスをたくさん集めるためには、検索で上位を狙うキーワードをたくさんピックアップすることが大切です。

 

その場合にも、先程のコンテンツスカウターZが便利です。

 

このツールを使えば、ツールが自動でキーワードをピックアップしてくれます。

 

コンテンツスカウターZの詳細はこちら

 

お宝キーワードを発掘

 

ピックアップしたキーワードの中でも、検索で上位を狙いやすいキーワードというものがあります。

 

たとえば、ライバルがあまりSEOを意識していないキーワードであるとか、アフィリエイトや広告のマーケティングが行われていないキーワードである場合です。

 

そうしたライバルがあまり強くないキーワードから狙って記事を書いていくと、アクセスを集めやすいです。

 

コンテンツスカウターZなら、お宝キーワードも簡単に見つかります

 

ライバルサイトの見出し構成をチェック

 

記事を書くときに、ライバルのサイトの見出し構成をチェックすると良いです。

 

なぜなら、すでに上位に表示されているライバルのサイトは、記事の内容が評価されているから上位にいるからです。

 

その見出し構成をチェックするときにも、コンテンツスカウターZを使うと自動的に見出し構成を抜き出してくれるので便利です。

 

コンテンツスカウターZはこちら

 

 

画像素材や編集ツール

きれいな画像

 

アフィリエイトサイトには、きれいな画像を入れて見栄えを良くしたいですよね?

 

画像はオリジナルで撮影するのが望ましいですが、著作権がフリーの画像素材を提供してくれる便利なサイトがあるのでご紹介します。

 

また編集ツールについてもご紹介します。

 

写真素材「写真AC」

 

写真ACは、無の写真素材を提供してくれる便利なサイトです。

 

画像もかなりきれいで、豊富な種類が用意されています。

 

サイズも選べるので、とても便利です。

写真AC

 

イラスト素材「アフィピク」

 

アフィピクは、アフィリエイト用の無料素材を提供してくれる便利なサービスです。

 

イラストの素材が多いです。

 

親近感がわくサイトにはイラストはかなり有効なので、使ってみてください。

アフィピクはこちら

 

編集ツール「Garaku」

 

Garakuは、短時間でプロ並みの画像を簡単につくれるツールです。

 

感覚的にサクサクと売れる画像が作れます。

 

知識がなくても簡単に魅力的な画像を作れるので、すごく便利です。

Garakuはこちら

 

キャプチャーソフト「Rapture」

 

パソコンの画面をキャプチャー(切り取り)したい場合には、私はよく「Rapture」というソフトを使っています。

 

無料で使えて、範囲指定するだけでキャプチャー画像が取れるのですごく便利です。

 

 

動画編集ツール

動画を編集する人

 

無料ツールでも、動画を編集できるソフトはいくつかありますが、より魅力的な動画を作るためのソフトをご紹介します。

 

動画によるレビューも増えてきているので、ぜひご活用ください。

 

カムタジアスタジオ

 

昔から私が愛用している動画編集のソフトです。

 

クイズを出したり、吹き出しをつけたり、字幕をつけることができます。

 

また場面を指定してズームしたり、マウスカーソルを目立たせることもできます。

 

 

外注に依頼するときに便利なサービス

外注に依頼

 

記事の執筆の依頼や、音声の書き起こしなど、外注さんに作業を依頼する場合に便利なサービスをご紹介します。

 

外注さんに依頼するときは、金銭面の合意だけでなく、ビジネスの目的や理念を伝えて共感してもらえる人と長く付き合うと良いですよ。

 

クラウドワークス

 

日本で最大級のクラウドソーシングです。

 

ユーザーは約200万人、仕事依頼数は約197万件と高い実績があります。

 

ウェブ制作やロゴマークをつくるなど、記事のライティングのほかにもお仕事を頼める人が見つかります。

クラウドワークス

 

 

記事の校正や日本語のチェックに便利なツール

記事の校正

 

記事を書いたあとに、日本語や校正をチェックするツールがあると便利です。

 

言葉は言い回し、表記が分かりづらいと検索エンジンの評価を下げてしまうことがあるからです。

 

日本語校正サポート

 

日本語の校正をチェックして指摘してくれる便利なサイトがあります。

 

原稿をコピーして貼り付けるだけで、自動的にチェックしてくれて、どのように直すべきかも提案してくれるので便利です。

日本語校正サポートはこちら

 

 

確定申告や税金、会社設立のときに便利なサービス

会社を設立して成功

 

アフィリエイトも、ある程度稼げてくると確定申告をしなくてはいけません。

 

経験上、この確定申告はプロも任せたほうが良いです。

 

それは会計の処理が分からないというのもありますが、節税の対策などはプロに前もって相談した方が、その依頼料を考えても得をすることが多いからです。

 

ベンチャーサポート税理士法人

 

弊社が依頼している税理士法人です。

 

相談しやすい雰囲気と、迅速で誠実な対応をしてくれる人ばかりで、とても信頼できます。

 

紹介してほしい方は以下の問い合わせフォームからお問い合わせいただくと、税理士よりお返事を差し上げます。

こちらからお問い合わせください

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

この記事では、アフィリエイトをするときに便利なツールやサービスをご紹介しました。

 

ひととおり目を通して知っておけば、いざという時に役に立つでしょう。

 

便利なツールやサービスを上手に使って、アフィリエイトビジネスを進めてくださいね。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

エーハチ・サーチ(A-HACHI Search)はアフィリエイトのお宝商品発掘ツール

エーハチサーチ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐために、「売れる商品を探す」ということが大切です。

 

売れる商品はASPから探します。

 

ASPの大手にA8.netというASPがあります。

 

A8.netにはたくさんの案件がありますが、案件が多すぎてどれが売れやすい商品なのか分からない方も多いでしょう。

 

そこで売れやすいお宝商品を自動でリストアップしてくれるトップアフィリエイターも使っているツールがありますので、ご紹介します。
→ こちらをご覧ください 

 

特に、A8.netさんで
アフィリエイト案件を使っているアフィリエイターさんには
かなり役立ちます。

 

というのも、
アフィリエイターにとって非常に重要なのは、

======================

【そもそも、売れる案件を扱っているかどうか】

======================

という事です。

 

うちの会社なんかでも
売れる案件をやっぱり扱っています。

 

だって、クソな商品を強引に売ってたら、
それは詐欺だし、

自分達のことを考えても
売上はやっぱり伸びないのです。

 

 

アフィリエイトを
誰にもバレないで、こっそりやる

そんな事を目指している方も多いと思いますが、

 

それなら尚更
「売れる商品」を知っておかないとダメです。

 

しかし、売れる商品を見つけるのって
実は相当大変で、

稼ぐことができない初心者さんのほとんどは、

案件選びが相当適当です。

 

あなたも、

「これは、売れる案件だ。

その理由は、このデータがあって・・・」

と説明できないなら

 

それは売れる案件を知らないのと同じです。

 

そこで非常に便利なのが
→ コチラ

 

 

見てみると、
私も知っているトップアフィリエイターの方も
愛用しているみたいです。

 

ぜひあなたにもコレは使って頂きたいです。
(SEO、PPC、メルマガ何をするにしても使えます)

メールマガジンの登録



*メールアドレス