トレンドアフィリエイトのキーワードの具体例と探し方やずらし方

トレンドアフィリエイトのキーワードの具体例と探し方やずらし方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

今回は、トレンドアフィリエイトで稼ぎたい人に向けた記事です。

 

トレンドアフィリエイトでは、注目されているキーワードで上位表示をしてアクセスの急上昇を狙います。

 

ポイントはキーワードの選び方や、ライバルを回避する「キーワードずらし」にあります。

 

 

トレンドアフィリエイトのキーワード

トレンドアフィリエイトのキーワード

 

トレンドアフィリエイトは、芸能やスポーツなど、そのときに検索数が急上昇する注目されているキーワードを狙って記事を書き、アクセスを増やしてアフィリエイトで稼ぐ方法です。

 

一時的なアクセスなら、ちょっとした記事でもヒットすることがありますが、長期的に収益が出るサイトにしたいのなら、しっかりとユーザーの役に立つコンテンツを作りましょう。

 

トレンドアフィリエイトは「手軽にできる」ことを期待して取り組む人がいますが、ライバルサイトのリライトは注意が必要です。

 

キーワードの種類

 

トレンドアフィリエイトの場合は、瞬間的にアクセスが増えるキーワードを狙います。

 

ですから、ニュースなどで話題になるキーワードを狙うことが多いです。

 

芸能やスポーツやイベントなどのキーワードを狙うことが多いです。

 

キーワードずらしの意味

 

しかし、そうした話題のキーワードは、大手のニュースサイトが上位表示をしていて、なかなか個人のサイトがそれを抜かすことは難しい場合があります。

 

そんなときに役に立つのが「キーワードずらし」という考え方です。

 

たとえば、ある芸能人の名前をキーワードにしたい場合、その単語で検索をしたときにライバルに大手サイトが多かったとしても、「芸能人の名前+経歴」とか「芸能人の名前+年収+全盛期」など、いくつかの単語を組み合わせるとライバルが減ったり弱くなるケースがあります。

 

これが「キーワードずらし」です。

 

役に立つコンテンツにしよう

 

見ていると、トレンドアフィリエイトをやる人のコンテンツ(記事)は、雑な場合が多いです。

 

たしかに、当たればすぐに大量のアクセスが狙える方法ですが、最近のSEO(検索エンジン対策)は、コンテンツの内容をとてもチェックされます。

 

ユーザーが「どうしてそのキーワードで検索をするのか」「何が知りたいのか」をしっかり理解した上で、そのニーズに応える記事を作りましょう。

 

リライトではいけない

 

「お手軽さ」に魅力を感じて取り組む人が多いトレンドアフィリエイトですが、大切なことがあります。

 

いくらお手軽にやりたいからといっても、他人の記事をコピーしたり、ほとんど一緒という状態は検索エンジンに嫌われます。

 

トレンドキーワードは、どうしても内容が似てしまう場合がありますが、それでも「そのキーワードで調べるユーザーは何が知りたいのか」というユーザーの検索意図をちゃんと考えて、オリジナルの記事を書きましょう。

 

 

トレンドキーワードの例

トレンドキーワードの例

 

それでは、トレンドキーワードの具体的な例を挙げます。

 

まずはここに、代表的なものを挙げますので、これらに注目して普段からニュースなどを見てください。

 

「話題になりそうだ」と思うものは、前もって記事を仕込んでおくことがトレンドアフィリエイトで成功するコツです。

 

芸能

 

あなたも、芸能人のニュースなどを見て、インターネットでその人のことを検索したことがあるでしょう。

 

国内だけでなく、海外のスターの情報も話題になれば検索数が上がります。

 

ゴシップ、結婚、離婚、騒動、不祥事、番組、活動、など、話題のネタは尽きません。

 

スポーツ

 

オリンピック、ワールドカップ、世界大会など、スポーツについても特定のキーワードの検索数が急上昇することが多いです。

 

あなたも一度は調べたことがあると思います。

 

注目の選手、対戦相手、対戦の組み合わせ、速報、チケットの情報など、ユーザーが知りたいことと、そのときに調べるキーワードを考えます。

 

季節

 

たとえば、「夏休み キャンプ おすすめ」など、その季節だからこそ調べるキーワードがあると思います。

 

そうした季節ごとのキーワードは、半年前くらいから記事を用意しましょう。

 

1年分の記事を用意できていても、これからの季節の記事の情報が最新かどうかを常にチェックします。

 

イベント

 

お祭りやテーマパークなど、イベントに関するキーワードもタイミングしだいで検索数が急上昇します。

 

イベントのキーワードに関する記事は、最新情報を用意することが大切です。

 

年や地域などのキーワードと組み合わせるとうまくキーワードずらしができるでしょう。

 

作品

 

映画や音楽など、作品に関するキーワードもトレンドアフィリエイトでは狙い目です。

 

最近では動画の配信サービスなどのアフィリエイトもできるので、映画などの専門サイトを作ってトレンドキーワードを狙うとおもしろいかもしれません。

 

ちなみに、新作の情報はもちろんですが、旧作が注目されることもあるので、自分でもよくニュースなどを見たほうが良いですよ。

 

アーティスト

 

アーティストに関するキーワードもトレンドアフィリエイトでは王道です。

 

人気のアーティストの最新情報はもちろん、不祥事などが話題になったタイミングでも検索数が急上昇します。

 

あとは年末の歌番組などの出演情報などはおさえたいところです。

 

政治

 

当然、政治について調べる人はとても多いです。

 

また政治のニュースは一年をとおして尽きることがないので、話題にも困りませんし、キーワードもたくさんあります。

 

ただし、間違った情報を掲載すると大変なので、私見というよりは客観的な事実や知識をまとめると良いです。

 

 

トレンドキーワードの探し方とずらし方

トレンドキーワードの探し方とずらし方

 

トレンドキーワードの大体のジャンルがわかったところで、具体的なトレンドキーワードの探し方を説明します。

 

トレンドキーワードを見つけために、日頃から努力することは「テレビや雑誌でニュースをチェックすること」です。

 

「これは話題になるな」というものをノートなどにまとめると良いですよ。

 

テレビ

 

トレンドアフィリエイトの基本中の基本なのですが、テレビやトレンドキーワードの宝庫です。

 

今、話題のニュースだけでなく、先取り情報もテレビを見ればわかるので、前もって記事を書いておくのです。

 

タイミングとしては、2シーズン先の仕込みをしておいて良いくらいです。

 

雑誌

 

雑誌に掲載されたことがきっかけで、テレビで話題になる場合もあります。

 

つまり、雑誌のほうが情報が早いことがあるので、トレンドアフィリエイトをやるのなら雑誌もチェックしましょう。

 

特に、雑誌の表紙や見出しはキーワードの宝庫なので立ち読みでもキーワードを集められます。

 

関連キーワードを探す

 

どうしても一つの単語だけだと、ライバルに大手サイトなどの強豪が増えてしまうので、できれば関連キーワードを含めたニッチキーワードを狙って記事を用意しておきましょう。

 

テレビや雑誌からも関連キーワードのヒントは得られます。

 

あるいはGoogleの検索結果の下に出る関連キーワードなどからヒントを得ても良いです。

 

サジェストキーワードとは

 

サジェストキーワードとは、検索エンジンの検索バーに出てくるキーワードの候補のことです。

 

サジェストキーワードには、まさにトレンドキーワードが含まれていることがあります。

 

サジェストキーワードは複数出てきますので、しっかりメモをしておきましょう。

 

複合キーワードを狙う

 

たとえば、「芸能人 年収 ランキング」などのように、いくつかの単語で構成された検索キーワードのことを複合キーワードと言います。

 

先ほど説明したように、一つの単語だけで検索をするとライバルが強いことが多いので、複合キーワードを狙って記事を用意しましょう。

 

複合キーワードの方が、ユーザーの検索意図が明確なので、記事も作りやすいです。

 

 

トレンドアフィリエイトとSEO

トレンドアフィリエイトとSEO

 

アフィリエイトをやっていると、SEOという言葉をたくさん見ると思います。

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、かんたんに言うと「検索エンジンに評価をされて上位表示をするための対策」のことです。

 

トレンドアフィリエイトでも、このSEOをしっかり意識して記事を作ることがコツです。

 

タイトルとSEO

 

まず、記事タイトルがSEOにすごく関連があります。

 

狙っているキーワードを、そのまま記事タイトルに全て入れましょう。

 

たとえば「芸能人 年収 高い」というキーワードを狙っているのなら「芸能人の年収が高い理由」など、狙っているキーワードを語尾などを変えずにそのまま記事タイトルに使います。

 

タイトルと文字数

 

SEOを意識する場合は、記事タイトルは全角で32文字以内が良いです。

 

これは検索結果で表示される文字数がそのくらいだからです。

 

記事タイトルに狙っているキーワードをそのまま使いつつ、全部で32文字以内になるように調整をします。

 

本文の構成

 

本文を書き始める前に、まずは見出し構成を決めます。

 

「見出し」とは、上の「本文の構成」のように記事中に表示する小さなタイトルのようなものです。

 

主に、hタグというタグを使って表記します。

 

検索エンジンも、こうした見出しの構成が整っている記事を評価する傾向です。

 

ライバルをチェックしてから

 

記事の見出し構成は、すでにそのキーワードで上位表示ができているライバルサイトをチェックしながら考えます。

 

そのキーワードで検索をするユーザーの意図を考えつつ、ライバルよりもその意図に対してわかりやすい構成にすれば、あなたの書く記事が上位表示できる可能性が上がります。

 

トレンドキーワードの場合は、ライバルがまだ記事を用意していないこともありますが、それでも必ずライバルチェックをしてから記事を書く癖をつけましょう。

 

記事を読むターゲットは誰なのか

 

見出し構成まで決まったら、その記事を読むターゲットについて書き出しておきましょう。

 

たとえば、「どんなことが知りたいのか」「何に興味があるのか」などを書いておけば、より具体的にユーザーのためになる役立つ記事が完成します。

 

検索エンジンは、ユーザーの知りたい情報をより正確に掲載しているコンテンツを検索結果で上位に表示するので、このような準備の作業はとても大切です。

 

 

最後に

 

トレンドアフィリエイトは、アフィリエイトの手法の中でも人気があるやり方です。

 

ただし、途中で書いたように、初心者が思うほど甘くない一面もあります。

 

手を抜ける方法ではなく、「ユーザーのためになるメディアを作る」ということは通常のアフィリエイトと変わらないポイントです。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードやIDの管理方法と忘れたときの対処法

アフィリエイトのキーワードやIDの管理方法と忘れたときの対処法

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトをやっていると、さまざまな情報を管理する必要があります。

 

たとえば、記事のキーワードやURLなどの数もどんどん増えますし、ASPなどのログインに使うIDやパスワードの情報もかなりの数あります。

 

そうした情報はスプレッドシートにまとめたり、ツールを使って管理すると良いでしょう。

 

 

アフィリエイトで管理したほうが良いこと

アフィリエイトで管理したほうが良いこと

 

インターネットマーケティングを2011年からやってきている人間として、インターネットについてしっかりと情報を管理したほうが良いと思うことが2つあります。

 

1つは、SEOにおける記事で狙ったキーワードとその記事のURLなどの情報です。

 

もう1つは、ASPなどのログインに使うIDやパスワードなどの情報です。

 

キーワードと記事のURL

 

SEOをやる人は、キーワードと記事のURLをしっかり管理しないと大変です。

 

記事の数が少ないうちは何となく頭で覚えていたり、記事をさかのぼれば調べられるかもしれませんが、記事の数が増えるとそれは難しいです。

 

たとえば、アクセス解析をしてみると上位を取れそうなキーワードがある。けど、そのキーワードのために書いた記事がどれだったか覚えていないしURLもわからない。というようでは調べるのはかなり大変。

 

ですから、記事やキーワードの情報は、記事を作ったタイミングでコツコツと記録をしたほうが良いです。

 

ASPのIDやパスワード

 

これはあなたも一度はあると思います。ログインに必要なIDやパスワードなどの大切な情報を忘れたという場合。ASPに入れなくなったという経験がある人もいるでしょう。

 

ちゃんとメモをしておかないと、とわかっていてもついついサボってしまうものですよね。

 

ただ、アフィリエイトやインターネットマーケティングでは、本当にたくさんのIDやパスワードを登録するのでちゃんと記録しないと頭で覚えるのは無理です。

 

 

管理するためのツール

管理するためのツール

 

IDやパスワードなどを頭で記憶するのは絶対にやめましょう。

 

「大丈夫」と誰だって思うのですが、管理をしておかないと急に困ってしまいます。

 

特に仕事でインターネットを使う場合には、そんなことで作業が遅れたり止まってしまうのは、大きな機会損失です。

 

スプレッドシート

 

スプレッドシートやエクセルなどの表計算のアプリを使って、情報を管理するのはすごくかんたんな方法です。

 

特にSEOに関してはキーワードリストを作りましょう。

 

私の場合は「記事で狙ったキーワード」「記事のURL」「記事で紹介したアフィリエイトの案件」などをスプレッドシートにまとめています。

 

ロボフォーム

 

パスワードを管理するのにすごく役に立つのがロボフォームというアプリです。

 

これを使えば、もうパスワードを覚えておかなくても大丈夫です。

 

インターネットビジネスのプロもロボフォームを使っている人は多いです。

 

Google Chrome

 

Google Chromeを使っていれば、パスワードを保存してくれます。

 

これもすごく便利ですね。

 

GoogleのアカウントでGoogle Chromeにログインしてパスワードを保存すれば、他のデバイスで同じGoogleのアカウントを使ってGoogle Chromeにログインをすれば保存したパスワードを他のデバイスでも取り出してくれます。

 

 

どうしても忘れた場合の確認方法

どうしても忘れた場合の確認方法

 

サービスによってもちろん違うはあるのですが、多くのインターネットのサービスでは、IDやパスワードを忘れた場合の対処方法があります。

 

一般的に多い対処方法をご紹介します。

 

どうしてもダメな場合もありますが、まずは以下の方法をお試しください。

 

メールアドレスや電話番号

 

ログイン画面の入力欄の下などに「IDを忘れた場合はこちら」とか「パスワードを忘れた方はこちら」などと記載されていることがよくあります。

 

ログイン情報を忘れても、登録したメールアドレスや電話番号を覚えていれば再設定できることもあります。

 

そのサービスからメールが届いているメールアドレスなどを調べれば、ご自身が登録したメールアドレスなどがわかるかもしれません。

 

再設定できるか

 

先ほどご紹介したように、メールアドレスや電話番号がわかれば、メールやSMSなどでIDやパスワードを再設定できることもあります。

 

あるいは、アプリなどの場合はアカウント名と秘密の質問の答えなどがわかれば、再設定できることもあります。

 

サービスによってやり方が違うので、「サービス名 アカウント 再設定」などと調べると良いでしょう。

 

問い合わせてみる

 

再設定の方法はわからないけど、問い合わせの窓口がわかる場合には問い合わせてみます。

 

ただ、問い合わせをしてみてもかんたんにログイン情報を教えてくれるわけではない(偽りの相談の可能性があるから)ので、基本的には対処方法があるかどうかの確認だと思ってください。

 

よく問い合わせに対応してくれた人とモメる人がいるみたいですが、気持ちはわかるのですが対応してくれる人のせいではないので気持ちよくお礼を述べてください。

 

アカウントの再取得

 

再設定もできないし、問い合わせてもダメという場合には、アカウントを再取得するしかありません。

 

この場合は前のアカウントの活動や履歴は引き継げないので、ゼロからのスタートです。

 

また再取得の場合は、前のアカウントで使ったIDやメールアドレスやパスワードが使えないことがあるので、ここで前のIDやメールアドレスが判明することもあります。

 

 

楽天アフィリエイトのIDの確認方法

楽天アフィリエイトのIDの確認方法

 

IDがわからないということでインターネットを検索する人について調べてみたら、「楽天アフィリエイトのIDの確認方法がわからない」という人が結構多いみたいです。

 

調べてみると、そこまで難しい確認方法ではないのですが、ちゃんと確認するためのリンクがあったので、ご紹介しておきます。

 

楽天アフィリエイトのID(ログインではなく、アフィリエイトID)の確認をしたい人は以下からログインをして確認ができます。

 

楽天アフィリエイトのIDの確認

 

 

最後に

 

アフィリエイトなどのインターネットを使う仕事をしていると、キーワードやサイトの情報、そしてログインに使うIDやパスワードなど、たくさんの情報を管理する必要があります。

 

ふだんは「大丈夫」と思っていることでも、困るときは突然にやってきます。

 

特に、ログインに使うIDやパスワードはちゃんと管理をしておかないと、今までの努力が無駄になるのでしっかりと管理をしましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードや記事に大切なユーザーの検索意図とは

アフィリエイトのキーワードや記事に大切なユーザーの検索意図とは

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐためには、自分の広告を掲載しているサイトにアクセスを集める必要があります。

 

ポイントは、検索エンジンに評価をされて狙ったキーワードで上位表示をすることと、広告をしている商品の見込み客となるアクセスを集めることです。

 

そのためには、ユーザーの心理状態をしっかり考えた上で活動をすることが大切です。

 

 

アフィリエイトで成功するサイト

アフィリエイトで成功するサイト

 

アフィリエイトで成功するためには、自分のサイトにたくさんアクセスを集める必要があります。

 

ただし、どんなアクセスでも良いわけではなく、自分のサイトでアフィリエイトをしている商品の見込み客となるアクセスを集めます。

 

そのためには、商品を選んだときや記事を書く前などに、自分が集めるべきユーザーについてしっかりと考えるようにしましょう。

 

SEOで勝利するためには

 

アフィリエイトで最短で成功するために、知っておいてほしいことがあります。

 

それは「近道こそ遠回り」ということです。

 

サイトにアクセスを集めるための検索エンジン対策のことをSEOと言いますが、SEOの基本は「ユーザーのためになる記事を作ること」です。

 

コピーされた記事や、内容の薄い記事はユーザーのためにならないので、検索エンジンからも評価をされず、結局は遠回りなのです。

 

ユーザーが知りたいことを教えてあげる

 

アフィリエイトサイトの目的は2つあります。

 

1つは、アフィリエイトをしている商品を売ることですが、それだけではありません。

 

本質は、検索してきたユーザーが知りたいことを記事でしっかり教えてあげることです。そうやって満足度を高めるからこそ、メディアの広告効果が高まるのです。

 

商品のユーザーについて書き出そう

 

アフィリエイトをやり始めたら、まずはアフィリエイトをする商品をASPから探しましょう。

 

商品を探したら、その販売ページなどを見てみて、商品の見込み客がどんな人なのかを書いておきましょう。

 

同じジャンルだとしても、商品によって強みやターゲットが違うので、集めるべきユーザーが変わります。

 

記事を書く前にユーザーを想定する

 

また、一つずつの記事を書く前にもしっかりとユーザーを想定します。

 

記事を書く前には、「今から書く記事はどんなキーワードで検索したときに上位表示を狙うのか」を考えてキーワードを選定します。

 

そして、そのキーワードで検索をするユーザーは「どんな悩みがあって検索をするのか」という検索意図を書き出してから記事を作ります。

 

ペルソナとは

 

マーケティングにおけるペルソナとは、売りたい商品やサービスのユーザーの理想像のことを言います。

 

コピーライティングやマーケティングでは、このペルソナをかなり明確に決めます。

 

それこそ、一枚の履歴書が書けるくらいに明確にして、「そのユーザー(ペルソナ)」に向かってメッセージを書くのです。

 

 

ユーザーの検索意図とは

ユーザーの検索意図とは

 

人は検索をする時に、なにかしらの意図があります。

 

あなたも検索エンジンで検索をするときには、「何かを知りたい」「何かを解決したい」「何かの情報が欲しい」などの意図があるでしょう。

 

そのような検索の意図のことを検索意図と言います。

 

ユーザーの悩みを考えよう

 

このようなユーザーの検索意図を考えることはとても大切です。

 

なぜなら、検索エンジンはユーザーの検索意図の答えとなるコンテンツを検索結果で表示するので、検索意図をしっかり考えてから作った記事は検索エンジンからの評価を受けやすいです。

 

当然、ユーザーにとっても知りたい情報がまとまっている記事ですから、満足度も高まります。

 

 

キーワード選定にも大切な考え方

キーワード選定にも大切な考え方

 

ユーザーの検索意図を考えることは、そもそも記事で狙うキーワードを探すときにも役に立ちます。

 

アフィリエイトで、サイトに集めなければいけないアクセスというのは、アフィリエイトをしている商品の見込み客のアクセスです。

 

ですから、キーワードを選ぶ時にユーザーの検索意図を考えることで、その意図が購買につながりそうかどうかを判断すると良いでしょう。

 

キーワード選定が大切な理由

 

アフィリエイトにおいてキーワード選定はとても大切です。

 

アフィリエイトで稼げるかどうかはキーワード選定しだいと言っても良いでしょう。

 

なぜなら先ほど説明をしたように、選ぶキーワードによってアフィリエイトをしている商品を買ってくれるユーザーが集まるか、そうでないかがわかれるからです。

 

収益になるのかを判断する

 

キーワード選定のコツは、まずメインとするキーワードを決めた上で、その関連キーワードをピックアップすることから始めます。

 

集めた関連キーワードについてユーザーの検索意図を考えていくと、自分がアフィリエイトをしたい商品の購買につながりそうかどうかがわかります。

 

たとえば、英語の教材をアフィリエイトしているとして、「英語 学習 おすすめ」というキーワードなら検索意図として「英語のおすすめの学習方法を探している」ということが想定できるので、購買につながりそうです。これはこの例でいえば狙って良いキーワードですね。

 

一方で「英語 学習 意味ない」というキーワードは、「英語を学習しても意味がないという意見を見てみたい」など、後ろ向きな検索意図が想定できます。ですから、今回の例でいくとこのようなキーワードではアクセスしてくるユーザーが商品を買う確率は低いと考えられるので、このキーワードは後回しでも良さそうですよね。

 

解決したい意欲の強いキーワード

 

キーワードについて、ユーザーの検索意図を考えていくと、購買につながりそうなキーワードの中でもさらに解決したい意欲が強いキーワードが見つかります。

 

当然、そうしたキーワードを優先的に選んで記事を書きます。

 

すぐに解決したいというユーザーの意図が強いほど、購買意欲が高まると判断できるからです。

 

一つの記事で一つのキーワード

 

ユーザーの意図を考えて、ユーザーの悩みを解決するための情報発信を始めると、その仕事はすごく楽しいです。

 

少し慣れてくると、一つの記事でたくさんの悩みを解決してあげたいと思うかもしれません。

 

しかし、SEO(検索エンジン対策)においては、一つの記事で上位表示を狙うキーワードは一つにします。

 

結果的にいくつかのキーワードで上位を取れることはありますが、記事を書く時点で狙うキーワードは一つの記事に対して一つです。

 

まずは複合キーワードから

 

「アフィリエイト キーワード 考え方」などのようにいくつかの単語で構成されたキーワードのことを「複合キーワード」と言います。

 

ニッチキーワードと呼ぶこともあります。

 

一つの単語のキーワードの方が検索数は多いのですが、複合キーワードの方がターゲットが絞れていて、なおかつライバルが少ないため、そのキーワードで検索をするユーザーの意図が購買につながりそうな場合には大きなチャンスなのです。

 

検索ボリュームとの関係

 

アクセスの数だけを考えると、いわゆるビッグキーワードと呼ばれる検索数の多いキーワードで上位表示を狙ったほうが賢明に思えます。

 

しかし、ビッグキーワードで上位を取るためにはそもそもスモールキーワードやミドルキーワードで上位表示を取らなければ難しいことと、ビッグキーワードよりもスモールキーワードの方がライバルが少ないことを見逃してはいけません。

 

さらに、スモールキーワードとは複合キーワードであることが多いので、ユーザーの検索意図が購買につながるスモールキーワードであれば少ないアクセスでもアフィリエイト報酬が発生することはあるのです。

 

 

キーワード選定に役に立つツール

キーワード選定に役に立つツール

 

実際にSEOを2011年からやってきて、実感をしていることがあります。

 

それはSEOやキーワード選定のための「データ集め」はツールにやらせたほうが絶対に早いし、正確だということです。

 

キーワードについてのデータが集まると、自分のサイトに訪れているユーザーのニーズも把握できます。

 

コンテンツスカウターZ

 

まず、弊社で実際に使っているツールを紹介します。

 

コンテンツスカウターZというツールなのですが、これはとてもおすすめです。

 

関連キーワードのピックアップやライバルサイトのチェックをやってくれるので、キーワード選定やユーザーの検索意図を判断するために役に立ちます。

 

Search Console

 

次に、Googleが公式で提供している無料のアクセス解析ツールとして「Search Console」があります。

 

これはGoogleのアカウントがあれば使えるので、ぜひサイトに入れておきましょう。

 

どんなキーワードでアクセスが来ているのかなどがわかるので、便利です。

 

 

アフィリエイトの広告の入れ方

アフィリエイトの広告の入れ方

 

せっかくユーザーの意図を考えるという趣旨でこの記事を読んでもらっているので、広告の入れ方についてもアドバイスをします。

 

広告の入れ方によって成約率(CVR)が変わるのでポイントを覚えてください。

 

大切なことは、ユーザーの妨げにならない広告の入れ方を心がけるということです。

 

ユーザーの妨げにならないように

 

検索エンジンは何よりもユーザーが使いやすいコンテンツを評価します。

 

したがって、広告が閲覧を邪魔するようなコンテンツは評価をされません。

 

テレビとかでも、CMの方が番組よりも長いってことはないですよね?

 

それと同じように、あくまでユーザーにとってのメインは情報であり、広告はサブなのです。

 

記事の最後じゃなくても良い

 

では、広告をしない方が良いのかという話になると、広告を入れなければアフィリエイトで成果は出ないのでちゃんと広告を入れます。

 

王道のパターンとしては、記事の最後に広告を掲載する方法です。

 

しかしそれだけでなく、流れの中で自然な配置であれば文中でも広告を掲載して効果が上がることがあります。この辺はテストをくり返します。

 

画像かテキストか

 

アフィリエイトの広告には、バナー広告とテキスト広告の両方を素材として用意してくれている案件もあります。

 

その場合ですが、どちらを使えば良いのかという判断も、あくまでユーザーの視点に立ってください。

 

自分がユーザーの視点で見た時に、「バナーがあっても別に邪魔ではないな」と思えばバナー広告を使って良いし、「文字の方が自然だな」と思えばテキスト広告を使います。

 

一概にどっちが良いという話ではないので、自分のメディアで使うシチュエーションごとにユーザー目線で判断をします。

 

なぜクリックする必要があるのか

 

アフィリエイトの場合は、アドセンスとは違って広告の内容は自分で選んできた内容で固定されるので、「広告に誘導する」ということが可能です。

 

たとえば、ゴルフのサイトを運営していて、ゴルフレッスンの広告を掲載しているとします。

 

その場合、何も訴求せずに広告を出しているだけよりも、「もしゴルフのスコアを短期間で上げたければこちらをご覧ください」という感じで、その広告をクリックする理由をちゃんと教えてあげるとCTR(クリック率)が上がります。

 

 

最後に

 

この記事では、ユーザーの視点に立ったキーワード選定や記事を書く作業を行うコツを説明しました。

 

インターネットの進化はすさまじく、昔に比べて「ユーザーのためになるコンテンツが勝つ」という概念が高い精度で実現できています。

 

ですから、妙な近道を考えるのではなく、きちんとユーザーの心理を考えてコンテンツ(記事など)を作っていきましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトにおけるキーワードの意味や選定のコツを教えます

アフィリエイトにおけるキーワードの意味や選定のコツを教えます

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

今回は初心者さん向けの記事です。

 

アフィリエイトにおける「キーワード」という言葉や、SEO(検索エンジン対策)を行う上でのさまざまな作業の意味を解説します。

 

しっかりとした知識を身につければアフィリエイトで成果を出せますので、この記事で基本的な知識を学んでください。

 

 

キーワードとは

キーワードとは

 

キーワードとは、そのままの意味としては「手がかりとなるような重要な言葉」のことです。

 

ただし、アフィリエイトやインターネットマーケティングにおいては、キーワードは「検索キーワード」のことを意味します。

 

ユーザーがあなたのメディアを検索する際に打ち込む検索キーワードのことです。

 

アフィリエイトのキーワードの意味

 

アフィリエイトで稼ぐためには、アクセスを集める必要があります。

 

アクセスを集める方法の代表的なものが検索エンジンからの集客です。

 

検索エンジンからアクセスを集めるためには、特定のキーワードで検索をしたときにあなたのサイトが上位に表示をされる必要があります。

 

キーワード選定の意味

 

あなたのサイトにアクセスを呼び込むキーワードを選ぶ作業を、「キーワード選定」と言います。

 

特にサイトアフィリエイトでは、キーワード選定が売上の8割を決めるとも言われます。

 

購買につながるキーワードからアクセスを集められれば、成果が出ます。

 

アフィリエイトで商品が売れるからくり

 

アフィリエイトで商品が売れる仕組みは、あなたのメディアのコンテンツを読んだお客さまが、商品の価値を感じて詳細を知りたいと思ったときにアフィリエイトリンクをクリックして、商品が売れるというものです。

 

もちろん商品の説明も大切なのですが、それ以上に「そもそも商品に対して興味を持ちそうなアクセスを集めること」が大切です。

 

そのためキーワード選定では、購買につながるキーワードを選ぶことがコツです。

 

結局、アフィリエイトで大切なこと

 

少し極端なことを言えば、アフィリエイトにおいては商品の説明は販売ページがやってくれます。

 

アフィリエイトにおいてとても大切なのは、「その商品の詳しい情報を見たい」と思ってもらってアフィリエイトリンクをクリックしてもらうことです。

 

ですから、そもそも商品に興味を持ちそうな人が検索するキーワードを選定してアクセスを集めることが近道なのです。

 

ライバルの少ないキーワードを狙う

 

購買につながるキーワードの中でも、ライバルの少ないキーワードを選ぶことは大切です。

 

ここでいう「ライバル」という言葉の意味は、実際にそのキーワードで上位(1位~10位)を取っている他の人のサイトということです。

 

「ライバルが少ない」という言葉の意味は、「強いライバルが少ない」ということです。

 

SEO(検索エンジン対策)があまりされていないライバルが上位に多いキーワードは狙い目です。

 

キーワードの検索意図の意味

 

キーワードを選んで記事を書くときには、「検索意図」というものを考えます。

 

検索意図とは、「どうしてそのキーワードで検索をするのか」というユーザーの意図を意味します。

 

この検索意図の答えとなる記事を検索エンジンは評価をします。

 

ターゲットを明確にする意味

 

良い記事を書くためには、先程説明をした「検索意図」と「ターゲット」を明確にします。

 

今から書く記事が「どんなことを知りたい人に向けての記事なのか」を明確にしておくことで趣旨のはっきりとした記事ができます。

 

ターゲットが知りたい情報をしっかりと伝え、不必要な情報は書かないことがコツです。

 

関連キーワードをピックアップする意味

 

記事で狙うキーワードは、関連キーワードから考えます。

 

たとえばあなたのサイトで「温泉旅行」をアフィリエイトしている場合、温泉旅行の関連キーワードについてそれぞれ記事を書いていきます

 

関連キーワードについて記事を増やしていくと、そのジャンルの多くのニーズを網羅できるので検索エンジンからの評価が高まるのです。

 

複合キーワード(ロングテール)の意味

 

たとえば「温泉旅行 夫婦 おすすめ」など、いくつかの単語で構成されたキーワードのことを「複合キーワード」と言います。

 

またはロングテールとも言います。

 

こうした複合キーワード(ロングテール)は、一つの単語だけのキーワードよりもライバルが少なかったり弱かったりするので、最初は複合キーワードを中心に狙っていきます。

 

キーワードずらしの意味

 

SEO(検索エンジン対策)の方法の中に「キーワードずらし」という言葉があります。

 

この意味は、同じようなキーワードだとしてもキーワードを少しだけ変えるとライバルが減ったり弱くなったりするということです。

 

たとえば「温泉旅行」というキーワードだと、大手の旅行サイトばかりがライバルに出てくるけど、「温泉旅行 岐阜県 夫婦 週末」などのキーワードならライバルが減る、といった感じです。

 

キーワードリストを作る意味

 

私の場合はキーワードリストというものを作っています。

 

たとえば「記事で狙ったキーワード」「その記事のURL」「その記事で紹介をした案件」をスプレッドシートなどにまとめておくのです。

 

この意味は、あとでメンテナンスをしやすいことがあります。たとえば「このキーワードで書いた記事はどれだっけ」ということをすぐに探せるのです。

 

メインキーワードの意味

 

「サイトを作ったらまずはメインキーワードを考えましょう」とよく言われます。

 

メインキーワードとは、先程お伝えした複合キーワード(ロングテール)の軸となるキーワードです。

 

ここまでに書いた例でいくなら「温泉旅行」がメインキーワードです。

 

 

キーワードの種類

キーワードの種類

 

商品の購買につながりやすいキーワードには大きくわけて3種類あると思います。

 

1つは、おすすめの情報を教えるキーワードです。

 

2つめは、やり方を教えるキーワードです。

 

3つめが、商品に関してのキーワードです。

 

おすすめの情報

 

おすすめの情報を検索する人が使いそうなキーワードは購買につながります。

 

そのキーワードについておすすめの情報を調べているのなら、商品を買うつもりもありそうですね。

 

はじめから購買意欲を持ったユーザーを集めることは、アフィリエイトで稼ぐ近道です。

 

やり方を教える

 

やり方を調べる人が検索しそうなキーワードは、ユーザーの悩みがはっきとしているので記事も書きやすいですし、ユーザーが悩みを自覚しているからこそ調べているので購買につながります。

 

商品というのは、ユーザーが解決したいことを助けるためにあるのです。

 

ですから、ユーザーが自分の解決するべき問題を把握しているようなキーワードは購買につながります。

 

商品に関するキーワード

 

当然、商品に関するキーワードは購買につながります。

 

特に、商品名で検索をするような人はすでにその商品のことを知っていて、その情報を調べているわけですからかなり購買意欲が高いです。

 

商品に関するキーワードの中でも、ネガティブなキーワードの場合は、不安要素を消してあげるような記事が書けると良いです。

 

 

記事の中でキーワードを使う意味

記事の中でキーワードを使う意味

 

キーワードを選んだら、記事の本文で最低1回はそのキーワードを使いましょう。

 

もちろん2回より多くても構いません。自然な形であればそのキーワードを使ったほうが良いです。

 

また、記事タイトルにもキーワードをすべて入れましょう。

 

何の記事なのか

 

そのキーワードについての記事なのに、その言葉が一度も出てこないのは不自然ですよね。

 

キーワードを意識して記事を書けば、何の記事なのかが明確です。

 

それはユーザーが読みやすい記事であり、そうした記事を検索エンジンも評価をします。

 

アクセスが増えない記事とは

 

逆に、記事の趣旨がない場合は検索エンジンに評価をしてもらえないことが多いです。

 

検索エンジンの評価を受けなければ、せっかく書いた記事にアクセスが来ません。

 

ですから、記事を書く前にはその記事で狙うキーワードをしっかり設定することが大切なのです。

 

 

キーワード選定に役立つ3つのツール

キーワード選定に役立つ3つのツール

 

最後に、キーワード選定に役立つツールやサイトを紹介します。

 

キーワード選定の作業はアフィリエイトでとても大切な意味がありますが、同時にとても時間がかかります。

 

そこで、データ集めなどの作業はツールに動いてもらったほうが早いのです。

 

サーチコンソール

 

まずはGoogleが提供している無料のアクセス解析ツールである、サーチコンソールを入れてみましょう。

 

Googleのアカウントがあれば使えます。

 

検索クエリや表示回数、平均検索順位などを調べられます。

 

サーチコンソールで得られたデータをもとに、新しいキーワードも選べますし、メンテナンスを入れる記事も決められます。

 

コンテンツスカウターZ

 

関連キーワードのピックアップや、ライバルサイトのチェックにとても役立つのがコンテンツスカウターZです。

 

弊社でも実際に長く使っています。

 

月額2,980円で使えますので、予算がある方はぜひ一度使ってみてください。

 

はてなキーワード

 

はてなキーワードを見ると、話題のキーワードを見つけられます。

 

通常のSEOと合わせて、話題のキーワードも入れながら記事を作れば、一気にアクセスアップをすることがあります。

 

はてなキーワードは無料で使えますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトにおけるキーワード選定やSEOについてのさまざまな意味を解説しました。

 

言葉も覚えながら、作業の意味もしっかり理解をしましょう。

 

その作業を何のためにやるのかがわかれば、やりがいを持って進められます。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトでアクセスを集めるキーワードを「はてな」から探す

アフィリエイトでアクセスを集めるキーワードを「はてな」から探す

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトのキーワード選定において「はてなキーワード」をうまく使えないかと思っている人に向けてアドバイスがあります。

 

はてなキーワードは、話題のキーワードなどを調べるのに役に立ちます。

 

通常のSEO用のキーワードとは違いますが、大量のアクセスアップを見込める場合もあります。

 

 

はてなキーワードとは

はてなキーワードとは

 

はてなキーワードは、話題のキーワードをユーザーが解説する無料のインターネットの百科事典のようなサービスです。

 

Wikipediaのような機能と考えてください。

 

このはてなキーワードを見ると、話題のキーワードを集められます。

 

話題のキーワードを見つけられる

 

話題のキーワードを選んでアクセスアップを行うアフィリエイトの手法を「トレンドアフィリエイト」と言います。

 

特にトレンドアフィリエイトをやっている人にとっては「はてなキーワード」は良いサービスだと思います。

 

話題のキーワードは、一時的にインターネットの検索数が増えるので、そのキーワードで記事を書けば爆発的なアクセスを獲得できることがあります。

 

大量のアクセスを集められる可能性

 

当然、話題のキーワードはその時に検索数が急上昇します。

 

そのキーワードで上位を取れれば、一気にアクセスが増えます。

 

「はてなキーワード」には音楽、映画、テレビ、アニメ、スポーツ、マンガ、ゲーム、社会など、さまざまなカテゴリーの話題のキーワードがあります。

 

SEOキーワードは別に見つける

 

話題のキーワードでアクセスが集まるのは、あくまで「話題の期間」です。

 

したがって、話題のキーワードだけを狙うのではなく、継続的にアクセスが集まる通常のキーワード選定を合わせて行うのがおすすめです。

 

一般的なSEOと、トレンド手法を合わせて使えば、多くのアクセスを獲得できます。

 

 

はてなキーワードを使ってサイトを作る

はてなキーワードを使ってサイトを作る

 

はてなキーワードから話題のキーワードを集めて、それについてサイトの記事を作りましょう。

 

はてなのサービスに「はてなブログ」もありますが、本格的にアフィリエイトを行うのならワードプレスのようなCMSでサイトを作ったほうが良いです。

 

無料ブログよりもワードプレスの方が安定して検索の上位を取れますし、ブログが削除されるリスクもありません。

 

サイトはワードプレスで

 

ワードプレスは世界でユーザー数が特に多いブログシステムです。

 

自分のサーバーとドメインで管理するブログなので、突然アカウントが消される心配などはありません。

 

検索エンジンとの相性も良く、検索上位を取りやすい傾向です。

 

ワードプレスがSEOに強い理由

 

ワードプレスは、自分で契約したサーバーと独自ドメインで管理をします。

 

したがって、他の人の影響を受けません。

 

ご自身でサイトを育てていけば、どんどんドメインに対しての検索エンジンからの評価が上がり、アクセスアップが実現できます。

 

はてなブログではダメなのか

 

もちろん、はてなブログを使う方法もあります。

 

ただし、規約違反と判断されてしまうと突然ブログごと消されてしまうリスクもあります。

 

また意図していないところにリンクが入るわずらわしさもあるので、長期的にアフィリエイトをやるならワードプレスを使うことをおすすめします。

 

 

話題のキーワードを狙うメリット

話題のキーワードを狙うメリット

 

もしも、検索数が急上昇している話題のキーワードで上位を取れた場合、その効果はすさまじいです。

 

一気に何万、何十万というPV(アクセス)が獲得できることもあり、SNSで拡散されてさらにアクセスが増えることもあります。

 

サイトにアクセスが増えれば、当然アフィリエイトやアドセンスなどの広告からの収益もアップします。

 

バズればすごい

 

インターネットで話題になってアクセスが急上昇することを「バズる」と言います。

 

もしも、話題のキーワードで上位を取れれば、一気にアクセスが増えてバズります。

 

この効果は本当にすごくて、バズればさらに話題が広がり一定期間はアクセスが増え続けます。

 

SNSで拡散される可能性も

 

バズっている記事は、SNSやニュースアプリなどでさらに拡散されることがあります。

 

どんどんアクセスが増えるわけですね。

 

もちろんそれは、そのキーワードが話題の期間に限定されますが、それでも話題のキーワードに対して記事を書くメリットは大きいです。

 

 

最後に

 

この記事では、話題のキーワードを狙って一時的に大量のアクセスを獲得するために「はてなキーワード」をご紹介しました。

 

もちろん継続的に稼ぐためには、話題のキーワードだけではなく、継続的にアクセスを集められる通常のSEOを行う必要がありますが、話題のキーワードも少し狙ってみると良いでしょう。

 

いきなりバズることは難しいですが、通常のSEOも行いつつ話題のキーワードも定期的に狙っていけば、そのうちヒットする可能性もあります。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトやアドセンスのキーワード選定はウェブ日記にも必要

アフィリエイトやアドセンスのキーワード選定はウェブ日記にも必要

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

最近はウェブサイトの中でも、特定の情報に集中した「メディア(キュレーションサイト)」や個人の意見を発信する「ブログ(ウェブ日記)」などをわけて考えます。

 

個人の意見や日記をまとめるブログ(ウェブ日記)でも、記事ごとにしっかりとキーワードを選ぶことがポイントです。

 

普通にジャンルを決めずにウェブ日記を書いていてもなかなか成果が出ないので、ウェブ日記で稼ぐポイントを解説します。

 

 

アフィリエイトで稼ぐまでの流れ

アフィリエイトで稼ぐまでの流れ

 

ウェブ日記で稼ぐとしても、まずはアフィリエイトで稼ぐための流れを覚えましょう。

 

アフィリエイトには正しいやり方があります。基本的な流れはサイトを作って記事を書いてアクセスを集めるというものです。

 

自己流で進めると成果が出ないので、正しい基本の知識を覚えてください。

 

アフィリエイトの基礎知識

 

アフィリエイトで稼ぐにはウェブ日記をまとめたブログや、特定のジャンルについて情報をまとめたサイトを作り、そこにアフィリエイト広告を貼ってアクセスを集めます。

 

ブログやサイトには、検索エンジンからアクセスを集めるのが基本です。

 

検索エンジンからアクセスを集めるためには記事を更新する必要があります。

 

サイトを作る

 

サイトはワードプレスなどのCMSで作ることがおすすめですが、ウェブ日記を書くのならアフィリエイトが許されている無料ブログでも可能です。

 

ただし、無料ブログは検索エンジンの順位が不安定なので、あまりおすすめしません。

 

ウェブ日記を書くとしても、ワードプレスを使ってサイトを作ることがおすすめです。

 

基本的な設定をする

 

ワードプレスでも無料ブログでも、まずはサイトの立ち上げと基本的な設定を済ませましょう。

 

ワードプレスの場合はwordpress用のテーマを使えば、見た目はきれいに整います。

 

無料ブログの場合も、サイトのデザインはきれいに整いますので、細かいデザインにはこだわらずに基本的な設定だけを済ませましょう。

 

記事を書く

 

アフィリエイトの作業でとても大切なのが記事を書く作業です。

 

まずは100記事を目指しましょう。

 

100記事を目指していくと、その前後からアクセスが増える事が多いです。そのくらい良い記事を書いた段階から検索エンジンの評価が始まるからです。

 

アクセスを集める

 

コストをかけずに検索エンジンからアクセスを集めるのなら、「コンテンツSEO」という方法がおすすめです。

 

これは優良なコンテンツ(記事)を増やして検索エンジンから正当に評価をもらってアクセスを集めるやり方です。

 

コンテンツSEOで成功すれば月間100万PVも集められますので、コツコツとがんばりましょう。

 

なぜSEOが必要なのか

 

SEOとは検索エンジンに評価を受けるための対策のことです。

 

SEOを意識しなければ、いくら記事を書いてもアクセスが集まらずビジネスにはなりません。

 

ウェブ日記を書くとしても、ビジネスとして収益を上げたいのならSEOを意識した記事を書きます。

 

検索意図とは何か

 

コンテンツSEOでとても大切な考え方が「ユーザーの検索意図に答える記事を作る」ということです。

 

そのためには、記事を書く前にその記事で上位表示を狙うキーワードを決めて、そのキーワードの検索意図を考えます。

 

「そのキーワードで検索をする理由は何だろう」ということを考えれば、どのような記事がユーザーの役に立つのかがわかります。

 

 

ウェブ日記でも稼げるのか

ウェブ日記でも稼げるのか

 

ウェブ日記とは、個人的な日記をブログなどにまとめたものを言います。

 

ウェブ日記でも稼ぐことは可能です。ただし、単純に自分の日記を書いているだけだと稼げません。

 

ウェブ日記を書くにしても、ブログのジャンルを統一してキーワードを意識しながら記事を書きましょう。

 

ジャンルを統一しよう

 

検索エンジンとは、「何のジャンルのサイトなのか」ということを結構チェックしてきます。

 

ですから、ウェブ日記を書いていくにしても、ジャンルは統一したほうがアクセスを呼びやすいです。

 

そのジャンルに合わせた商品をブログでアフィリエイトするようにします。

 

ジャンルがないウェブ日記の問題点

 

普通にブログにウェブ日記を書くだけでは、ジャンルに統一性はありません。

 

それでは、検索エンジンからしてみれば「何のサイトなのか」ということがわからずに、検索結果で表示しようがありません。

 

また、自分の認知度を上げるためにウェブ日記を書くにしても最初は「●●の人」と思ってもらえるようにジャンルを統一したほうが効果的です。

 

1記事ごとのキーワードを選ぼう

 

ウェブ日記を書いて稼ぎたいのなら、ウェブ日記だとしても1記事ごとのキーワード選定をしっかりやりましょう。

 

キーワードを選ぶことで、ネタ切れも防げます。

 

また、キーワードを選ぶことで記事の趣旨もしっかりしますし、ユーザーに喜ばれ、そのキーワードで上位表示ができてアクセスも増えます。

 

自分の商品を売る

 

ウェブ日記からのマネタイズとして、まず考えられるのが自分の商品やサービスを売ることです。

 

ブログは自分の個性が出ますから、あなたのファンが増えます。

 

ですから、あなたの商品やサービスを売ることはとても効果的なのです。

 

アフィリエイトで稼ぐ

 

ウェブ日記からのマネタイズで次に考えられるのがアフィリエイトです。

 

ブログのジャンルに合わせた商品をアフィリエイトすれば成約が取れます。

 

できれば、アフィリエイトをする商品の購買につながりそうなキーワードを選んでウェブ日記を書きたいところです。

 

アドセンスで稼ぐ

 

アドセンスの場合は、商品の紹介などをしなくても良いので、単純にブログにアクセスが来れば成果が出ます。

 

ただし、アドセンスの審査を通過するためだったり、アクセスを呼ぶためには、やはりキーワード選定がポイントです。

 

SEOを意識していない普通のウェブ日記では、アクセスが増えないのでアドセンスの成果も上がらないです。

 

サーチコンソールを入れよう

 

サーチコンソールというGoogleのアクセス解析ツールを入れておけば、自分のブログがどういう検索キーワードからアクセスが来ているのかがわかります。

 

それをもとに、次の記事のキーワードを選んでも良いでしょう。

 

記事を増やすほど、サーチコンソールから得られるデータも増えるので進めやすいです。

 

 

キーワード選定の基本

キーワード選定の基本

 

キーワード選定の基本を覚えておけば、記事ごとに狙うキーワードが選べます。

 

キーワード選定さえできれば、あとはそのキーワードについて記事を書くだけなので、まずはキーワード選定の基本を覚えましょう。

 

キーワード選定の基本は、ライバルチェックです。

 

ライバルとは

 

キーワードのライバルとは、そのキーワードで検索をしたときに実際に上位(1位~10位)を取れている記事やサイトのことです。

 

そのライバルよりもキーワードの検索意図に対してわかりやすい記事を書けば順位を抜かすことができます。

 

いきなり抜かせなくても、そうした優良な記事を増やしていくといつの間にか順位が上がるのです。

 

キーワードは無限にある

 

心配をしなくても、キーワードは無限にあります。

 

たとえば「レシピ」というキーワードに対しても、「レシピ 考え方」「レシピ 考え方 弁当」「レシピ 考え方 朝食」「レシピ あり合せ」など、キーワードはいくつもあります。

 

人の検索の需要がある限り、キーワードは無限にありますので、「キーワードがない」ということはあり得ません。

 

ライバルの強さとは

 

ライバルの強さとは、ライバルがどの程度のSEO対策をしているかによって決まります。

 

これはシステムを使えば、データで見られる部分もあります。

 

また、大手の企業サイトは当然SEOがかなりやられていますし、アフィリエイトサイトや記事数の多いサイトもSEOが強いと考えられます。

 

ライバルをチェックする

 

ライバルチェックは2つのステップがあります。

 

1つはシステムを使ってデータを集めて判断することです。

 

そして、もう1つは実際にその検索キーワードで調べてみて上位のサイトを目視でチェックすることです。

 

特に「実際に見てみる」という作業はとても大切なので、忘れずに行いましょう。

 

キーワードを選ぶシステム

 

キーワードを選んだり、ライバルチェックをするためのシステムとしてコンテンツスカウターZというシステムがおすすめです。

 

関連キーワードをたくさんピックアップしてくれたり、ライバルサイトのSEOの強さを判断できるデータを自動的に集めてくれます。

 

SEOのプロが監修したシステムなので、ぜひ使ってみてください。

 

キーワードずらしとは

 

ライバルが強いキーワードのときには「キーワードずらし」という考え方を使います。

 

たとえば「料理」というキーワードだとライバルが強くても、「料理 レシピ 初心者 主婦」というキーワードなら無料ブログしか上位にいないということがあります。

 

このように、同じようなキーワードでも、複合キーワードにしてみたり関連キーワードにずらせばライバルが減る場合があります。

 

無料ブログは抜かしやすい

 

実際に狙ってみたいキーワードで検索をしたときに、上位に来ているサイトに無料ブログがあれば、それは狙い目のキーワードかもしれません。

 

基本的に無料ブログよりも自分のサーバーやドメインで管理しているサイトのほうが上位を取りやすいです。

 

無料ブログは比較的かんたんに順位を抜かせますのでチャンスです。

 

ポータルサイトは気にしない

 

ポータルサイトは2つの意味で気にしなくて良いです。

 

1つは、ポータルサイトの中にはかんたんに順位を抜かせるものもあるという点です。

 

もう1つは、ポータルサイトの情報ではなく「ブログから情報を集めたい」と思う人もいるので、ポータルサイトが上位に来ていても諦める必要はありません。

 

Yahoo知恵袋は抜かしやすい

 

Yahoo知恵袋も比較的かんたんに順位を抜かせます。

 

ですから、検索をしたときに上位にYahoo知恵袋の記事が来ていれば、そのキーワードは狙い目かもしれません。

 

もちろん、Yahoo知恵袋に書いてある内容よりも、そのキーワードの検索意図に対して親切な記事を用意しましょう。

 

内容の薄い記事も抜かせる

 

ライバルサイトの記事が、内容の薄い記事だったり、検索意図の答えとしてずれている記事なら、それも狙い目です。

 

あまり作り込まれていない記事でも上位を取れているキーワードなら、あなたが作り込んだ記事を用意すればそのキーワードで上位を取れます。

 

このような小さな評価を積み上げていくと、サイト全体の評価(ドメイン評価)が上がります。

 

 

記事を作るポイント

記事を作るポイント

 

ウェブ日記を書くとしても、アクセスが集まる記事の書き方を覚えましょう。

 

記事を書く前の準備や、記事の中での工夫しだいでアクセスが集まるかどうかが決まります。

 

特に、「ユーザーに役立つ記事とはどんな記事なのか」ということを意識することはとても大切です。

 

ユーザーのためになる記事とは

 

検索エンジンが評価をするのは「ユーザーのためになる記事」であり、「そうした優良な記事が多いサイト」です。

 

ユーザーのためになる記事というのは、キーワードの検索意図の答えとしてユーザーが知りたいことがしっかりと書いてある記事です。

 

もっというと、あなたの記事を読めば検索を終えることができる内容なのでしたら、検索エンジンに評価をされます。

 

見出し構成から決める

 

ウェブ日記の場合も、見出し構成をした方が検索エンジンから評価を受けやすいです。

 

思いつきで文章を書いてしまうのではなく、見出し構成を先に決めてしまいましょう。

 

どんな構成が良いのかは、ライバルサイトをヒントにして、よりわかりやすい構成を考えます。

 

内部リンクを増やす

 

内部リンクとは、サイト内の記事から同じサイト内の別の記事へ送ったリンクのことです。

 

この内部リンクは、関連性のある内部リンクであれば検索エンジンから評価を受けやすいです。

 

内部リンクが増えるwordpressのテーマを使ったり、記事中の言葉から関連する別の記事へリンクを送るなどの対策があります。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトで稼ぐためのキーワード選定のコツを、ウェブ日記を書きたい人向けに解説をしました。

 

ただし、この記事でアドバイスをした内容はほとんど「専門サイトを作る方法」と同じです。

 

この方法で記事を書けるのならウェブ日記ではなく、専門サイトを作ったほうがよりアクセスを集めやすいのでステップアップも視野に入れましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワード選定や記事を作るときに役立つシステム

アフィリエイトのキーワード選定や記事を作るときに役立つシステム

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトにおいてキーワード選定はとても大切ですが、あなたはキーワード選定に時間がかかりすぎて悩んでいませんか?

 

あるいは、狙い目のキーワードをどうやって見つければ良いのか、悩んでいませんか?

 

狙い目のキーワードを見つける作業を自動的にやってくれるシステムがあります。

 

この記事では、アフィリエイトのキーワード選定や記事の構成を考えるときに役に立つシステムをご紹介しながら、そのポイントもまとめます。

 

 

アフィリエイトで成功するために

アフィリエイトで成功するために

 

アフィリエイトで成功するために、やるべきことは大きくわけて3つです。

 

1つは、アフィリエイトをする商品を決めることです。

 

2つ目が、メディアを立ち上げてユーザーに検索してほしいメインキーワードを決めることです。

 

3つ目が、各記事で上位表示を狙うキーワードを一つの記事ごとに決めて、記事を作ることです。

 

キーワードとは

 

そもそも、キーワードとはどういう意味でしょうか。

 

アフィリエイトやインターネット集客におけるキーワードとは、あなたのメディアを見つけてもらうときにユーザーが検索をする「検索キーワード」のことです。

 

特定のキーワードで検索をしたときに、検索結果で上位表示ができていればそこからアクセスが来ます。

 

アフィリエイトをする商品を決めよう

 

まずは、あなたのメディアでアフィリエイトをする商品を決めましょう。

 

ASPに登録をして、そこから自分が紹介をしたい案件を探します。

 

長くメディアを運営できるように、できれば自分が興味を持てるジャンルを選ぶと良いでしょう。

 

メインキーワードを決める

 

アフィリエイトをする商品が決まれば、そのジャンルや商品の強みに合わせて、メインのキーワードを考えます。

 

実際に集客をするキーワードは、メインキーワードの関連キーワードなので、メインキーワードのライバルの強さなどは気にしなくても良いです。

 

自分のメディアに集客するキーワードの軸となるメインキーワードを一つに決めます。

 

集客するキーワードを選定する

 

メインキーワードが決まったら、まずはその関連キーワードをたくさんピックアップしていきます。

 

関連キーワードの探し方は2つあります。

 

1つは自分の力でコツコツと探す方法で、もう1つはシステムにまかせて自動的に集める方法です。

 

まずは複合キーワードから

 

たとえば「アフィリエイト キーワード 探し方」といったように、いくつかの単語で構成されたキーワードを複合キーワードと言います。

 

ニッチキーワードといったり、ロングテールということもあります。

 

単語だけのキーワードだとライバルが多すぎるので、まずは複合キーワードを狙って記事を書きます。

 

ユーザーの悩みに関するキーワード

 

メインキーワードの関連キーワードの中で、複合キーワードを中心に記事を書くわけですが、その中でもアフィリエイトをしたい商品が役に立つユーザーが悩んでいることに関するキーワードを選びます。

 

商品が売れるときというのは、ユーザーがその商品を利用して自分の悩みを解決できると感じたときや理想が手に入ると思ったときです。

 

したがって、ユーザーの悩みやニーズにマッチするキーワードを選ぶと成約率が高まるのです。

 

キーワードリストを作ろう

 

記事をたくさん書いていくと、過去に書いた記事を管理しているかどうかでやりやすさに違いが出ます。

 

エクセルやスプレッドシートなどに、「記事で狙ったキーワード」「記事のURL」「記事で紹介をした案件」などを記録していくと便利です。

 

スプレッドシートは、Googleのアプリでも無料で使えるものがありますので、コストはかかりません。

 

見出し構成を考えてから記事を書く

 

「では、さっそく記事を書こう」と気合いを入れる前に、準備をしてほしいことがあります。

 

まずはじめに、記事の見出し構成を先に決めておくのです。

 

見出し構成を先に決めておくことで、趣旨にブレがない良い記事を作れます。

 

まずは100記事書こう

 

SEO(検索エンジンで上位表示をするための対策)で効果を上げるために、最初の目標は優良な記事を100記事にすることです。

 

今から始める人にとっては途方もない数字に見えるかもしれませんが、仮に1日1記事を書けば3カ月ちょっとで到達できる数字です。

 

SEOで成功してアフィリエイトや集客の効果を上げている人の多くが、「100記事を書いたあたりからアクセスが一気に増えた」と証言することが多いです。

 

 

キーワードと構成に役立つシステム

キーワードと構成に役立つシステム

 

キーワードを選んだり、記事の構成のヒントを得るには、システムを使ったほうが早いです。

 

おすすめのシステムはコンテンツスカウターZです。

 

弊社でも実際にこのシステムを使ってSEOの作業を行っています。費用も安いのでぜひ使ってみてください。

 

コンテンツスカウターZとは

 

コンテンツスカウターZは、Catch the Web Asiaが提供しているSEOツールです。

 

月間100万PVを集めるプロが監修したシステムだけあって、SEOを行う上でとても役立つデータが集まります。

 

関連キーワードのピックアップやライバルサイトのチェックは、自分でやろうとすると時間も労力もかかりすぎるわけですが、コンテンツスカウターZを使えば、自動的にそうしたデータを集めてくれます。

 

関連キーワードのピックアップ

 

実際に使ってみて、特に気に入っている機能の一つが関連キーワードのピックアップをしてくれる機能です。

 

自分で探していては、集めることが難しい量の関連キーワードをこのシステムは自動的に抜き出してくれます。

 

その中から、購買につながるキーワードやライバルが弱いキーワードを選ぶだけで良いのです。

 

ライバルのSEOの強さを判断できる

 

コンテンツスカウターZというシステムを使えば、各キーワードのライバルの強さをデータをもとに判断できます。

 

allintitle(キーワードのすべてが記事タイトルに入っている状態)とintitle(キーワードの一部が記事タイトルに入っている状態)のライバルの数を自動的に集めてくれたり、ライバルの広告タグについてのデータなども集めてくれます。

 

また、コンテンツスカウターZを購入した人には、SEO(検索エンジン対策)の講座も特典で付いてくるので、システムと合わせて使えばSEOで成果を上げられます。

 

ライバルの見出し構成を抜き出せる

 

このシステムの機能で、私がもう一つ気に入っている機能があります。

 

それは、コンテンツスカウターZを使えば、ライバルの見出し構成も抜き出せるという機能です。

 

実際に上位表示ができているライバルの見出し構成を自動的に抜き出してくれるので、それを参考に自分の記事の見出し構成を考えれば上位表示ができる可能性がグンと上がります。

 

低価格

 

コンテンツスカウターZは月額2,980円で利用できます。

 

月額制なので、必要に応じてアップデート版をダウンロードして使うことができます。

 

検索エンジンの仕様変更があっても、対応してくれるので安心です。

 

また、使用に関する回数制限などはないので使いまくって良いです。

 

外注に依頼をするときにも使える

 

このシステムを使えば、見出し構成をライバルのデータをもとに考えられるのでとても効率的です。

 

記事を作る作業を外注に依頼するときでも、見出し構成だけ決めて依頼をすれば良い記事に仕上がります。

 

またライバルの共起語なども、このシステムで抜き出せるので、「こういう単語を使って記事を書いてください」という依頼もできます。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトの作業を行うときに時間を取られがちなキーワード選定などを効率化するためのシステムとして、コンテンツスカウターZをご紹介しました。

 

このシステムは弊社でも実際に長い期間利用をしているので本当におすすめです。

 

アフィリエイターにとって大切なのはキーワード選定と記事を書く作業ですが、キーワード選定と記事の構成のヒントを得る作業はシステムにまかせた方が正確な上に早いです。

 

ぜひあなたも、このシステムを使って効率化をしてみてください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

保険のアフィリエイトが稼げる理由と案件やキーワードのおすすめ

保険のアフィリエイトが稼げる理由と案件やキーワードのおすすめ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

「保険」というジャンルはアフィリエイトの中でも稼ぎやすいジャンルです。

 

理由としては、保険の商品によって強みが違うのでターゲットやキーワードが豊富ということが挙げられます。

 

キーワードが豊富なので、その中からライバルがいないニッチなキーワードを狙って稼ぎましょう。

 

 

保険のアフィリエイトのコツ

保険のアフィリエイトのコツ

 

保険のアフィリエイトで稼ぐコツは大きくわけて2つあります。

 

1つは、選んだ保険の商品が訴求しているポイントを考えて、ターゲットを明確にすることです。

 

そしてもう1つは、そのターゲットが検索をするキーワードの中からライバルが少ないニッチなキーワードを選ぶことです。

 

訴求ポイントを見つける

 

まずは、ASPから商品を見つけましょう。

 

選んだ商品について、報酬額や成果が発生する条件を見ておくだけでなく、実際に販売のページをチェックして、その商品が訴求しているポイントを書き出しておきましょう。

 

保険は商品によって強みが違いますので、扱う案件がどういうターゲットに向けた商品なのかを明確にしておきます。

 

ニッチな保険のキーワードを探す

 

ターゲットを明確にできたら、そのターゲットが検索をしそうなキーワードを見つけます

 

キーワードの候補が浮かんだら、実際に検索をしてみましょう。

 

できるだけ、上位表示をしているサイトにアフィリエイトサイトや大手企業のサイトが少なく、個人のブログなどが上がっているキーワードを選びましょう。

 

 

保険のアフィリエイトのメリット

保険のアフィリエイトのメリット

 

保険のアフィリエイトはおすすめのジャンルです。

 

保険といっても、商品によって需要が違いますし、保険そのものが市場規模が大きいため報酬額も高いです。

 

一件の成約で、大きな金額をもらえますので、メディアを育てていけば高い収益を出せます。

 

需要がある

 

普段の生活を考えても、私たちの人生において保険というのは必要な商品ですよね。

 

ですから、この需要はなくなりづらいです。

 

需要がなくなりづらい商品は長期的に稼げますので、アフィリエイトのジャンルとしてもおすすめなのです。

 

報酬が高い

 

一人のお客さまが、一つの企業に対して一生涯に支払う金額のことをライフタイムバリューと言います。

 

保険は、一生の商品です。したがって、ライフタイムバリューが高い商品です。

 

ですから、保険のアフィリエイトにおいて、アフィリエイターに支払われる報酬額も普通の物販のアフィリエイトなどに比べるとかなり高く設定をされています。

 

商品によって強みが違う

 

「それだけ稼ぎやすいのならライバルも多いのでは?」と思うかもしれません。

 

たしかに、保険を扱うアフィリエイターは多いです。

 

しかし、保険の商品はたくさんありますし、商品によって強みが違いターゲットも違います。

 

したがって、保険に関するキーワードの候補もかなり豊富に考えられるので、その中からライバルが少ないか弱いキーワードを選んでアクセスを集めれば良いのです。

 

 

保険のアフィリエイトの種類

保険のアフィリエイトの種類

 

ASPでよく見かける保険の商品には大きくわけて2つの種類があります。

 

1つは自動車保険で、もう1つは生命保険です。

 

実際に、ご自身がおすすめをしやすいジャンルを選ぶと良いでしょう。

 

もし、ASPに出ている商品を実際に契約しているのなら、よりおすすめがしやすいですね。

 

自動車保険のアフィリエイト

 

まずは自動車保険のアフィリエイトです。

 

交通事故などを起こしたときの保険ですね。ドライバーなら知っている人がほとんどです。

 

新生活や、車の買い替えのタイミングで見直す人がいますので、訴求のポイントを明確にしましょう。

 

生命保険のアフィリエイト

 

生命保険は、入院や手術をするときや死亡したときなどにそなえる保険です。

 

将来に向けての不安を持っている人や、万が一のときにそなえる心構えがある人が対象となることが多いです。

 

また、生命保険を見直す人もいますので、扱う商品の強みをしっかり理解して訴求をしましょう。

 

 

成果の地点をしっかり見ておこう

成果の地点をしっかり見ておこう

 

アフィリエイトには、案件によって「成果が発生する条件」があります。

 

これはASPの案件の概要欄に記載されているため、そこもしっかりチェックをしておきましょう。

 

たとえば見積もりを取った時点で報酬が発生するものもあれば、実際に契約になったときに報酬が発生するものもあります。

 

 

オススメはネットで見積もりの案件

オススメはネットで見積もりの案件

 

インターネットで保険の見積もりができるサービスがあり、それを紹介するアフィリエイトの案件もあります。

 

インターネットを使えば手軽に見積もりが取れるので、そうしたサービスを利用する人は多いです。

 

ネットで見積もりを取る案件は、保険の案件の中でも稼ぎやすいので、その保険の強みを考えてターゲットとキーワードを選んで記事を書きましょう。

 

 

大手のASPに登録をしておこう

大手のASPに登録をしておこう

 

保険のアフィリエイトをするにあたって、登録をしておくべきASPをご紹介します。

 

基本的には大手のASPに登録をしておけば案件が見つかります。

 

ASPの登録には費用などはかからないので安心してください。

 

実際に保険に関するサイトを立ち上げて5記事~10記事ほど書いてから案件の提携の申請をすると良いです。

 

A8.net(エーハチ)

 

A8.net(エーハチ)は、アフィリエイターなら必ず登録しておくべきASP。

 

まず、登録しておいて良いです。

 

案件も豊富なので、保険についてもこの記事で紹介したジャンルのほかにも見つかると思います。

 

afb(アフィビー)

 

afb(アフィビー)も、とても使いやすい大型のASPです。

 

この記事を書くときに調べた感じでは、保険の相談に関する案件もすごく条件の良いものがいくつも見つかりました。

 

こちらも登録をしておきましょう。ASPとしても使いやすいです。

 

ValueCommerce(バリューコマース)

 

ValueCommerce(バリューコマース)は、日本で最初にアフィリエイトサービスを始めた歴史の長いASPです。

 

使っているアフィリエイターも多く、信頼性があります。

 

保険の案件も多く掲載されていますので、登録をしておきましょう。

 

アクセストレード

 

アクセストレードでも、保険の見直しや相談の案件が見つかりました。この記事で書いていない保険のジャンルもありました。

 

報酬額も1万円以上のものがあります。

 

ASPとしてもユーザー数も実績も多いので、使いやすく信頼できるASPです。

 

 

最後に

 

この記事では保険のアフィリエイトの基本的な知識とポイントを解説しました。

 

保険は切れることがないニーズを持っているので、メディアを育てれば長い期間収益を生み出してくれます。

 

特に最近は、「比較」や「相談」などの案件が多いので、訴求のポイントをしっかりと書き出してから記事を書きましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトにおけるペラサイトの使い方とキーワードの考え方

アフィリエイトにおけるペラサイトの使い方とキーワードの考え方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトを勉強していると、「ペラサイト」という言葉を聞いたことがあると思います。

 

ペラサイトとは、他の記事などへのリンクがない、たった1ページのみのサイトのことです。

 

このペラサイトの考え方や使い方と、ペラサイトのキーワードについて解説をします。

 

 

ペラサイトとは

ペラサイトとは

 

ペラサイトとは、他の記事へのリンクなどを用意していない「たった1ページのみのサイト」です。

 

ランディングページとも言います。

 

他の記事へのリンクがないため、アクセスしてきた人の選択肢が「買うか買わないか」の二択になるため成約率(CVR)が高くなる狙いがあります。

 

1ページのみのサイト

 

あなたも、インターネットの通販などで縦に長いページを見たことがあるのではないでしょうか。

 

そうした1枚のページのみで作られたサイトをペラサイトと言います。

 

インターネットマーケティングとしてはランディングページと言うことが多いです。

 

成約率が高い

 

ペラサイトには、他の記事へのリンクがありません。

 

普通のホームページやブログやメディアの形式のサイトは、このサイトのように他の記事へのリンクも用意されています。

 

しかし、ペラサイトは他の記事へのリンクを用意しないことで、「商品を買うか買わないか」だけに焦点をしぼることができるので成約率(CVR)を高められるのです。

 

ポイントは構成

 

ペラサイトがSEO(検索結果で上位表示を取る対策)でも上位表示できることもありますが、基本的には難しい傾向にあります。

 

したがって、SEOサイトからペラサイトにアクセスを誘導する使い方が望ましいです。

 

ペラサイトにおいて大切なのはSEOでアクセスを集めるキーワード選定よりも、ペラサイトに書く文章の構成です。

 

 

ペラサイトだけで稼げるのか

ペラサイトだけで稼げるのか

 

結論から言うと、ペラサイトだけで稼ぎ続けるのは難しいです。

 

もちろん、成果を出すことは可能です。しかし、ペラサイトだけで収益を安定して伸ばすのは難しいと言えます。

 

ペラサイトそのものがアクセスを集めるのに適した形ではないので、SEOサイトからペラサイトにアクセスを送る戦略がおすすめです。

 

ペラサイトで稼ぐ方法

 

「たった1ページのみのサイトで稼ぐ方法」というと、とてもかんたんそうですが、実際にはペラサイトで稼ぐ方法というのはペラサイトを大量に量産する方法です。

 

昔はペラサイトも上位表示が取りやすかったのですが、現在はコンテンツの数や質が整ったサイトが上位を占めているので、ペラサイトを量産する労力があるのなら、SEOサイトを育てて1枚のペラサイトにアクセスを誘導したほうが効率的です。

 

ペラサイトだからかんたんにできそうというのは間違った考え方です。

 

ペラサイトだけで稼ぐデメリット

 

運良くペラサイトで上位を取れることもあります。

 

すると、たった1枚のページから収益が出るので、そこだけを見るとお手軽に報酬を得ることができそうです。

 

しかし、今はコンテンツSEOの時代なので、良質な記事をたくさん用意しているサイトにペラサイトは負けやすいです。

 

SEOサイトを育てているのなら、まさにサイト全体を育てられますが、ペラサイトだけで稼ごうとすると順位を抜かされたときになかなか対策が取れません。

 

 

ペラサイトの作り方

ペラサイトの作り方

 

SEOサイトからペラサイトにアクセスを誘導する戦略を取ったほうが良いということはわかりましたよね。

 

その上で、ペラサイトを作るポイントについて解説をします。

 

ペラサイトの目的は「商品を買ってもらう」ということだけです。

 

売る商品を決めよう

 

ペラサイトの目的は商品を買ってもらうということだけです。

 

したがって、ペラサイトを作り始める前に、そのペラサイトでどの商品をオファーするのかを決めます。

 

ランキング形式のペラサイトもありますが、成約率を高めるのなら1つのペラサイトに対して1つの商品をオファーした方が良いです。

 

ドメインとサーバーを用意しよう

 

ペラサイトは、ランディングページ用のテンプレートなどを使えば作れます。

 

レンタルサーバー、独自ドメイン、ランディングページ用のテンプレートがあれば作れます。

 

テンプレートがあれば基本のデザインはきれいにできますので、サイトをつくる知識がない人でも安心です。

 

まずはライティングを準備しよう

 

ペラサイトを実際に作る前に、テキストベースで文章を先に考えてしまいましょう。

 

アフィリエイトの場合は、商品の販売ページをしっかり読めば訴求するべきポイントがわかります。

 

ただし、販売ページのコピーではなく、「購入者の立場で見たときに、なぜその商品が良いのか」ということを意識して文章を作ります。

 

問題提起と答え

 

ペラサイトの文章の基本は「問題提起と答え」です。

 

まずは問題提起をします。「こんな悩みはありませんか」とか「こんな人にぴったりです」という訴求をあなたも見たことがあるでしょう。

 

その問題提起に対して、見出し5個~7個くらいを使い「解決策」を提示していきます。

 

ファーストビューの訴求

 

ページにアクセスして一度もスクロールせずに見える部分をファーストビューと言います。

 

このファーストビューの訴求はとても大切です。

 

見込み客が「自分に必要な情報だ」と感じるようなキャッチコピーを考えましょう。

 

ページ全体の見やすさ

 

文章ができたら、実際にペラサイトを作っていきます。

 

一度作ってみたら、ページ全体をお客さまの視点でながめてみてください。

 

文字ばかりで読みづらくないか。色合いはイメージと合っているか。表示スピードは遅すぎないか。などをチェックします。

 

申し込みボタンは反対色で大きく

 

何度も言いますが、ペラサイトの目的は「商品を買ってもらうこと」ただ一つです。

 

申し込みボタン(アフィリエイトリンクに誘導するボタン)はページ全体のテーマカラーの反対色を使って目立たせます。赤、金、緑、青などが一般的です。

 

また「ここをクリックすれば詳細が見られるんだな」とわかりやすいように、ボタンのサイズは大きく表示をします。

 

スマホでもチェックをしよう

 

今はスマホユーザーがとても多いです。

 

したがって、スマホで見やすいサイトにすることは絶対的な条件とも言えます。

 

検索エンジンもスマホで見やすいサイトを評価しますので、完成したペラサイトをスマホでも必ずチェックしましょう。

 

 

ペラサイトの効果的な使い方

ペラサイトの効果的な使い方

 

ここまでに説明をしたように、ペラサイトだけで稼ぐ方法はあまりおすすめできません。

 

しかし、SEOサイトからペラサイトに誘導をして、ペラサイトで高い確率で商品を売る戦略は効果的です。

 

アクセスはSEOサイトで集め、報酬はペラサイトで出すということをイメージしましょう。

 

商品を売るための専用ページ

 

あとで少し工夫を書きますが、そこまでペラサイトでSEO(検索エンジン対策)を意識しなくて良いです。

 

ペラサイトへのアクセスはSEOを意識しているサイトから集めれば良いので、ペラサイトでは商品を売ることに集中をしましょう。

 

先程説明をしたようなコピーライティングを学ぶと、より成約率の高いページが完成します。

 

SEOサイトからリンクを送ろう

 

ペラサイトとは別に、SEOをしっかり行うサイトを作ります。

 

ペラサイトへのアクセスは、SEOからアクセスを集めているサイトから誘導します。

 

トップページやサイドバー、グローバルナビ、記事の巻末などからペラサイトにリンクを送りましょう。

 

 

ペラサイトのキーワードの考え方

ペラサイトのキーワードの考え方

 

ペラサイトに直接アクセスを集めることを意識しすぎる戦略はおすすめではないと書きました。

 

しかし、中にはペラサイトが検索エンジンでヒットすることもあります。

 

それに集中する戦略はおすすめしませんが、ペラサイトが検索エンジンでヒットする可能性が上がる工夫も書いておきます。

 

商品名が基本

 

ペラサイトは商品を売るためのサイトです。

 

したがって、メタタグなどには商品名をキーワードとして入れましょう。

 

ターゲットが明確な場合には、ターゲットの悩みに関するキーワードを設定しても良いです。

 

見出しにニッチキーワード

 

ペラサイトの中に使う見出しには、ニッチキーワードを入れます。

 

ニッチキーワードは、メインキーワードの関連キーワードから選ぶと良いです。

 

できるだけ商品の購買につながるキーワードや、悩みに関するキーワードを選びます。

 

悩みに関するキーワードを入れる

 

特に、問題提起や解決策を提示する文章には、悩みに関するキーワードを入れると良いです。

 

商品の内容を説明する文章の付近では、商品名を軸にキーワードを設定しますが、問題提起や解決策を提示する文章の付近ではターゲットの悩みに関するキーワードを設定すると良いです。

 

文中や見出しに、キーワードをしっかり入れましょう。

 

 

見出し構成やキーワードを選ぶために

見出し構成やキーワードを選ぶために

 

どんなキーワードを見出しや文中に使えばよいのか、どんな見出し構成が良いのかなどはツールを使って調べられます。

 

コンテンツスカウターZというツールを使えば、上位表示ができているライバルの見出し構成やキーワードを抜き出せます。

 

ペラサイトではないライバルの記事からも、見出し構成をヒントにするとペラサイトでも上位を取れることがあります。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトにおけるペラサイトの使い方とキーワードの考え方を解説しました。

 

ペラサイトでも上位表示できることも稼げることもありますが、基本はSEOを意識しているサイトからペラサイトにアクセスを送る構造がおすすめです。

 

ペラサイトだけで稼ごうと思っても、結局は量産をする手法なので、同じ労力ならSEOサイトの記事を増やしてアクセスを獲得し、そこからペラサイトにアクセスを誘導した方が良いですね。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

ダイエットのアフィリエイトでチェックをするべきキーワード25選

ダイエットのアフィリエイトでチェックをするべきキーワード25選

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

ダイエットに関するジャンルは、アフィリエイトでも稼げるジャンルとして昔から有名です。

 

ダイエットに関するジャンルを扱うときには、薬機法に注意をしましょう。

 

ダイエットと言っても、キーワードの候補はいくつも考えられますので、この記事で具体的にご紹介をします。

 

 

ダイエットのキーワードを扱う注意点

ダイエットのキーワードを扱う注意点

 

ダイエットに関するジャンルはアフィリエイトの中でも稼ぎやすいジャンルの一つです。

 

もし、ダイエットのジャンルに参入するときには、薬機法について勉強をしておきましょう。

 

記事の中で使って良い表現と、使ってはいけない表現が法律で決まっています。

 

 

ダイエットのキーワードの例

ダイエットのキーワードの例

 

それでは、ダイエットに関するキーワードの例をピックアップしましょう。

 

ダイエットと言っても、商品によって強みや狙いが違います。

 

ご自身がASPで選んだ商品が、次に挙げるどのようなキーワードに当てはまるのかチェックしてみてください。

 

食事

 

まず、食事に関するキーワードが挙げられます。

 

ダイエットと言っても、運動ではなく食事改善を中心にした方法を調べている人もいます。

 

ご自身で選んでいる商品が、食事改善に当てはまるのなら、選定するキーワードも食事に関するキーワードに合わせましょう。

 

レシピ

 

食事の中でも、レシピに関するキーワードにしぼるとさらにライバルが減るかもしれません。

 

ダイエットに効果のあるレシピを調べている人は多くいます。

 

できれば、「誰が」レシピを調べているのかということを明確にしておくと良いです。

 

朝ごはん

 

ダイエットに関して、朝食というのは昔から話題になりやすいです。

 

朝食をしっかり取って、昼や夜の食事を減らすという方法は有名です。

 

そのため、ダイエット中の朝ごはんについて調べている人も多くいます。

 

ご自身の経験をふまえて記事を書いても良いでしょう。

 

弁当

 

特に平日のお昼ごはんなどは、ダイエット中はお弁当を用意する人もいます。

 

どのようなお弁当がダイエットに効果があるのかを調べる人もいます。

 

ダイエットに効果のあるお弁当のレシピや作り方の工夫などをまとめると喜ばれます。

 

ドリンク

 

ドリンクについてはいくつかの考え方があります。

 

たとえば、ダイエットに効くサプリメントとしてドリンクタイプの商品を紹介する場合もありますし、もっとシンプルに「水分の考え方」や「ダイエット中の飲み物について」などをまとめる場合もあります。

 

ご自身が扱っている案件に合わせて考えましょう。

 

断食

 

断食も、ダイエットのジャンルではたびたび話題にのぼります。

 

テレビなどで扱われることもあるため、記事を書いておくとアクセスが増えることもあるでしょう。

 

できれば、ご自身も経験してみて体験談を書けると良いですね。

 

サプリ

 

扱っている案件がサプリの場合には、サプリに関するキーワードを多めに設定します。

 

ただし、サプリやドリンクのように口から入れるものに関しての記事は薬機法をしっかり学んで、使って良い表現を選びましょう。

 

サプリを使うメリットやデメリットなども書けると良いです。

 

運動

 

ダイエットに関して、食事と合わせてもっとも検索数の多いキーワードが「運動」に関するキーワードではないでしょうか。

 

運動の中にも、筋力トレーニングと有酸素運動があるので、それぞれの効果を書けると良いです。

 

おすすめのトレーニング方法などをまとめると喜ばれます。

 

エクササイズ

 

具体的なエクササイズの方法を調べる人もたくさんいます。

 

エクササイズについてですが、ジムなどに通って行うものと、自宅や近所などでお金をかけずにできるものがあると思います。

 

ご自身が扱っているアフィリエイトの案件に合わせて、工夫をしましょう。

 

外国のやり方

 

最近は外国のトレーニングの方法を調べる人も増えています。

 

トレーニングジムなどでも外国のやり方を取り入れていることが話題になったり、テレビなどでも話題になることがあります。

 

話題になったキーワードを選んで記事を書くということも大切です。

 

ヨガ

 

ヨガもとてもはやっているエクササイズの一つです。

 

女性だけではなく、男性にも人気が増えています。

 

「ヨガってどんなことをするのか」ということや、その効果などをまとめると良いかもしれません。

 

ヨガに関するアフィリエイトの案件をASPで調べてみても良いでしょう。

 

アプリ

 

最近はスマホでヘルスケアをする人も増えています。

 

エクササイズの内容を自動的に選んでくれるアプリもあります。

 

ダイエットをする人におすすめのアプリなどを紹介できると喜ばれますし、ASPの中にはアプリを紹介する案件があるものも存在しますので、アフィリエイトの案件としても良いかもしれません。

 

ビキニ

 

ダイエットは夏に向けてやる人が多いです。夏は海やプールで水着になるからですね。

 

そこで、ダイエットとは少しずれますが、「水着」や「ビキニ」に関してのキーワードにずらして狙ってみるのも良いでしょう。

 

アフィリエイトの案件もありますので、合わせて紹介もしておきたいところです。

 

ダイエット中の話

 

「食事」と「運動」と同じくらい検索数が見込めるのがダイエット中の体験談などです。

 

ダイエットは気持ちとの戦いが誰にだってあるものです。

 

そこでダイエットを乗り切った経験やコツなどを書けるとアクセスが増えて喜ばれます。

 

チャンネル

 

動画サービスなどでダイエットに関するチャンネルなどがあれば、その動画サービスをアフィリエイトできることもあります。

 

またYouTubeチャンネルでダイエットに関するチャンネルを紹介してあげても良いでしょう。

 

ダイエットについて調べている人は「どうやって進めようか」ということを考えていることが多いので、動画などを紹介してあげると喜ばれますよ。

 

映画

 

モチベーションアップのために、ダイエット中に映画を見る人も多いです。

 

スポーツに関する映画や、ボクシングなどの減量がある映画、あるいはスタイルの良い俳優が出ている映画などはダイエット中の人のモチベーションアップにつながります。

 

Huluなどの映画が見られる動画サービスのアフィリエイトはたくさんありますので、紹介しても良いでしょう。

 

エステ

 

エステの中にはダイエットをしている人に向けたサービスもあります。

 

エステの紹介をする案件はASPにも多いので、その中から探してみても良いでしょう。

 

サービス内容をしっかり見て、どんなターゲットに向けてのサービスなのかを明確にしておくと、より細かいキーワードも探せます

 

腹筋

 

ダイエットをしている人にとって引き締まった腹筋や割れた腹筋は憧れです。

 

そのため、腹筋の鍛え方を調べる人はとても多いです。

 

こちらも、お金をかけずにできるトレーニング方法と、腹筋マシンなどの紹介と、合わせてできると良いでしょう。

 

太もも

 

「ダイエットをするからには、足を細くしたい」「足を細くしたいからダイエットをする」という人も多いです。

 

腹筋と同じように、ピンポイントで太ももを引き締める方法を調べる人もいます。

 

そうした人に鍛え方を説明する記事を作れば、アクセスアップが期待できます。

 

合宿

 

ダイエットプログラムを紹介するのも王道です。

 

プログラムの中には合宿タイプもあります。

 

調べる人の意図としては、「合宿に参加したい」という人も「合宿ってどんなことをするのか不安」という人もいますので、それぞれ記事を書くと良いですね。

 

グッズ

 

ダイエットに関するグッズはたくさんあります。

 

トレーニングウエアや、シューズ、トレーニングマシン、ジム、タオル、かばんなど。

 

ダイエットをするにあたって「どんなダイエットに対して、どんなグッズが必要か」ということをまとめると喜ばれるでしょう。

 

方法

 

食事や運動と合わせて、「そもそもどんな方法でダイエットをやろうか」ということを調べる人もとても多いです。

 

たとえば、食事についてもカロリーを制限するのか糖質を制限するのかなど、いろいろな考え方があります。

 

運動にも、有酸素運動を中心にしたものもあれば、筋力トレーニングが中心の方法もあります。

 

どんな人に、どんなダイエットが向いているのかをまとめると良いでしょう。

 

1カ月

 

ダイエットをしている人にとっては、成果が気になるところです。

 

「一カ月でどのくらい痩せられるものなのか」という基準を知りたい人もいるでしょう。

 

また、一カ月ごとの目標の立て方などをまとめてあげるのも良いです。

 

一週間

 

さらに細かく、一週間のダイエットのスケジュールなどを例として作ってあげると喜ばれます。

 

これも「サラリーマンの人向け」とか「主婦向け」とか「学生向け」といったように、ターゲットに合わせて作ってあげると良いです。

 

ダイエットについて調べる人は、方法や取り組み方を調べる人が多いので、スケジュールの例を書いてあげるのは喜ばれます。

 

かんたん

 

「ダイエットって大変ですよ」ということばかり書いていると、訪問者のやる気を落としてしまいます。

 

もちろん大変なこともあると思いますが、目標を決めてそれを目指してがんばる楽しさや、目標を達成したときの喜びについても書きましょう。

 

また、ダイエットの基本は「運動と食事の改善」なので、考え方はかんたんであることも書いてあげましょう。

 

 

キーワードを選ぶのに役立つツール

キーワードを選ぶのに役立つツール

 

この記事では、ダイエットに関するキーワードの種類を25種類にわけて紹介しました。

 

それぞれのキーワードについて、さらに細かいニッチキーワードを選べると良いです。

 

キーワードを選ぶためには、ツールを使ってしまうのがおすすめです。

 

キーワード選定に役に立つツールはこちら

 

 

最後に

 

このような形でキーワードの候補を具体的に挙げてもらうと、考えやすいですよね。

 

なかなかそのような情報が少ないのかなと思って、この記事を書きました。

 

ダイエットに関してはご自身の経験をもとに案件やキーワードを選ぶのが取り組みやすいと思います。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

メールマガジンの登録



*メールアドレス