Catch the Facebook広告でネット集客法を学ぶ

Catch the Facebook広告で学ぶ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

インターネット集客には2つの方法があります。

 

1つは無料の集客方法です。

 

もう1つが広告を使った集客方法です。

 

広告を使った集客方法のうち、Facebook広告を使った集客方法はとても効果があります。

 

そこでこの記事では、Facebook広告のノウハウが学べる「Catch the Facebook広告」を紹介しながら、Facebook広告の基本的な情報や広告を使った集客方法についてまとめます。

 

Catch the Facebook広告はこちら

 

目次

 

インターネット集客の基本

インターネット集客の基本

 

インターネット集客の基本はアクセスを集めることです。

 

アクセスの集め方としては大きく分けて2種類あります。

 

1つは、SEOのようにコストをかけずにアクセスを集める方法です。

 

もう1つが、広告を使って一気にアクセスを集める方法です。

 

 

広告を使った集客

広告を使った集客

 

広告を使った集客のポイントは、無料の集客法とは違って一気にアクセスを集められることです。

 

もしすでに商品を売る仕組みがあって、広告の予算もあるのでしたら、広告を使ってアクセスを集めたほうが結果が出るのは圧倒的に早いです。

 

売る仕組みとは、たとえばホームページがあったり、ステップメールとランディングページがあるなどです。

 

アフィリエイトの場合でも、高額な案件を扱っていれば広告を使っても採算が取れることがあります。

 

広告の種類

 

インターネットの広告にはたくさんの種類があります。

 

有名なものだと、リスティング広告やAdWords、バナー広告やメルマガの広告などがあります。

 

また最近は、SNSの広告も効果があります。

 

Facebook広告、Twitter広告、Instagramの広告、YouTubeの広告など、見込み客が集まる広告の種類です。

 

Facebook広告のノウハウはこちら

 

広告を使うメリット

 

広告を使うメリットは一気にアクセスを集められることです。

 

無料の集客法は、コストがかからない代わりに時間と労力がかかります。

 

ですから、広告を使っても利益が出る仕組みがあるのなら広告を使ったほうが圧倒的に早く稼げるのです。

 

広告費よりも売上が高いのなら、その広告を回している限りお金が増えるわけです。

 

クリエイティブとは

 

広告を使うための簡単な知識を説明します。

 

まずはクリエイティブという言葉を覚えてください。

 

クリエイティブとは、広告として掲載される素材のことです。

 

まさに顧客が広告として見るバナーや動画、テキスト、文章などをクリエイティブと言います。

 

ランディングページとは

 

ランディングページのランディングとは、着陸ということに由来しています。

 

つまり、顧客が広告をクリックするなどして最初にたどり着くページのことです。

 

広告をクリックして表示されるページには大きく分けて2種類あります。

 

1つは商品を売るページで、もう1つはいきなり商品は売らずにメールアドレスなどを登録してもらうページです。

 

ステップメールとは

 

広告からランディングページにアクセスを集め、ランディングページで顧客のメールアドレスを取得した場合には、その後にステップメールというものを用意しておくと効果的です。

 

ステップメールとはメルマガのようなものですが、普通のメルマガとの違いは、ステップメールは読者が登録した日から起算して、あらかじめ設定したメールをあらかじめ設定したタイミングで自動的に配信できるということです。

 

このステップメールを用意しておくことで、広告から顧客のメールアドレスを集めて、自動的にステップメールを使ってセールスができるわけです。

 

つまり、「クリエイティブ」「ランディングページ」「ステップメール」この3つを用意することが広告を使って集客するために大切ということです。

 

 

Facebook広告の効果

Facebook広告の効果

 

Facebook広告は、見込み客リストを集めるのに特に適した広告です。

 

Catch the Facebook広告でも、19日間で6,386人の見込み客リストを集め3500万円の売上を出した方法が学べます。

 

Facebookには幅広いユーザーがいるので、どんな業種でも集客ができます。

 

また、「類似オーディエンス」という機能を使うことで、もともと見込み客と思われる人たちだけに広告を表示できるので、とても費用対効果が高い広告です。

 

Catch the Facebook広告はこちら

 

どんな業種に合っているか

 

実際、Facebook広告には、さまざまな業種の広告が掲載されています。

 

ですので、この業種しか向いていないという限定は考えなくても良いでしょう。

 

物販や通販からコーチやコンサルティングまで、旅行からエンターテインメントまで、弁護士や税理士からクレジットカードまで、本当に幅広く広告が出ています。

 

また最近は、商品を売ったり顧客リストの取得をするランディングページにいきなり飛ばすのではなく、サイトやホームページに広告からアクセスを集めて、認知度を広げてファンを増やす広告も見受けられます。

 

どんな広告を出すと良いか

 

低価格な商品やターゲットの広い商品を扱っている場合は、ランディングページでいきなり商品を売っても良いかもしれません。

 

ただし、Facebook広告は顧客リストを獲得することにとても向いているので、高額なサービスを売っている場合は特に、一度ステップメールやメールマガジン、LINE@などに登録してもらって、そこから商品を販売すると良いでしょう。

 

したがって、まずはランディングページの目的を考えると良いです。

 

商品をいきなり売るのか、一度ステップメールやメルマガやLINE@に登録させるのかを考えましょう。

 

アフィリエイトの場合

 

自分が運営しているサイトに、Facebook広告からアクセスを集めている人もいます。

 

アフィリエイトサイトなどに広告からアクセスを集めることで、サイトのリピーターやファンが増える狙いです。

 

サイトの価値や認知度を高めたい場合には、そのような使い方も良いです。

 

広告に使える予算があり、サイトをもっと知ってもらいたい場合にはおもしろいでしょう。

 

アフィリエイトの場合は広告ではなく、情報発信も効果的です

 

 

なぜFacebook広告が良いのか

Facebook広告を使ったマーケティング

 

Facebookは2800万人が利用しているサービスと言われています。

 

そもそもFacebookとは、画像や動画、文章などの投稿をとおして、近況や自分の意見を発信できるSNSです。

 

老若男女を問わず、幅広いユーザーがいます。

 

最近はFacebookでニュースを調べたり、知りたい情報を検索する人もいるため、ビジネスの集客にはとても向いているSNSなのです。

 

Facebook広告を使った集客方法がこちら

 

Facebookのユーザー層について

 

あまり詳しくない人からすれば、Facebookは若い人が使っているSNSというイメージを持っているかもしれません。

 

実は私もはじめはそのように考えていました。

 

ですが、実際には40代以上の「可処分所得の高い層」、つまりお金に余裕のある人たちの層もとても厚く、集客するにはとても効果のあるSNSなのです。

 

ですので、若い人をターゲットにしたビジネスだけでなく、中高年層をターゲットにした商品や高額なサービスの見込み客も集められます。

 

 

Facebook広告を行うために必要なもの

Facebook広告を使ったマーケティング

 

Facebook広告で注目するべきなのは、「クリエイティブ」「ランディングページ」「ステップメール」です。

 

この中で、広告を出す前に用意しておくものは「ランディングページ」と「ステップメール」です。

 

Catch the Facebook広告の中でも詳しく学べますが、この3つの精度を上げることで、売上をアップできます。

 

特にランディングページの成約率は大切です。

 

Catch the Facebook広告はこちら

 

ランディングページを先に作ろう

 

Facebook広告を出す前に、ランディングページは先に作りましょう。

 

そうでないと、広告を設定するときに「広告をクリックして飛ぶページ」が設定できないからです。

 

ランディングページを作る場合には、できるだけ成約率の高いランディングページにできるよう心がけます。

 

ヒートマップというツールなどを使うと、ページのどこで離脱されているかが測定できるのでおすすめです。

 

ステップメールを先に作ろう

 

同様に、ステップメールもFacebook広告を出す前に作っておきましょう。

 

そうでないと、クリエイティブとランディングページを設定しても、ランディングページからメールアドレスを登録した人に何もメールが流れない、ということになってしまうからです。

 

それでは意味がありません。

 

ステップメールも成約率の高いステップメールにする必要があります。

 

 

Facebook広告のメリット

Facebook広告のメリット

 

Facebook広告のメリットは大きく分けて2つあります。

 

1つは、広告費が少ない金額からテストできるということです。

 

最初は1万円くらいでもテストができます。

 

もう1つは、Facebook広告の設定で、初めから見込み客と思われる人たちだけに広告を表示できる点です。

 

 

Facebook広告のターゲティングの精度

Facebook広告のターゲティングの精度

 

「ターゲティング」とは、どんな見込み客を集めるかということですが、Facebook広告のターゲティングの精度はとても高いです。

 

設定の仕方のコツを覚えることで、初めから見込み客あるいはそれにかなり近い動きをしている人にだけ広告を表示できます。

 

これは広告費の費用対効果がとても高くなる仕組みです。

 

Catch the Facebook広告では、この見込み客に近い人に広告を表示するテクニックが具体的に学べます。

 

類似オーディエンスという機能

 

もし、すでに見込み客リストがある場合には「類似オーディエンス」というFacebook広告の機能を使うと良いです。

 

あなたの持っている見込み客リスト(顧客のメールアドレス)をFacebookに読み込ませると、それに近い動きをしている人をターゲットに設定できます。

 

これは本当にすごい仕組みです。

 

顧客リストがない場合でも少ない広告費でテストしながら集まった見込み客リストをもとに類似オーディエンスを作れます。

 

類似度

 

類似オーディエンスには「類似度」という設定があります。

 

つまり、Facebook広告に読み込ませたあなたの顧客リストに対して、どのくらい類似している人をターゲットにするかという設定が数字でできるわけです。

 

これも、Catch the Facebook広告の中で広告のプロが、具体的に何%くらいが良いのかという話をしているので、ぜひ勉強してください。

 

類似オーディエンスを作って、類似度を調整しながら広告をメンテナンスすると、費用対効果の高い広告が運用できます。

 

 

Catch the Facebook広告で学べること

Catch the Facebook広告で学べること

 

Catch the Facebook広告では、Facebook広告を使った集客方法が具体的に学べます。

 

私も実際にCatch the Facebook広告を見てからこの記事を書いていますが、Facebook広告についてまだ知識がない人でも大丈夫です。

 

Facebook広告の基本はメリット、注意点など、初歩的なことも学べるので、Facebook広告に興味があったり広告を使った集客方法に興味がある人にはおすすめです。

 

ランディングページやステップメールなどの仕組みがすでにある人には特におすすめです。

 

Catch the Facebook広告はこちら

 

Catch the Webグループ

 

Catch the Facebook広告は、Catch the Webが提供する教材です。

 

Catch the Webグループは、日本とマレーシアに拠点があるインターネット集客のプロです。

 

Catch the Webの教材は内容がとてもわかりやすいので安心して勉強ができます。

 

Catch the Webグループはインターネットを使って70億円を売り上げた実績があります。

 

19日間で6,386人の見込み客を集めた

 

Catch the Facebook広告は、19日間で6,386人の見込み客リストを集めたノウハウが具体的に学べる教材です。

 

19日間で6,386人の見込み客リストって、広告を使った集客をやったことがある人ならめちゃくちゃすごい数字だってわかるでしょう。

 

でも、Catch the Facebook広告の本編のセミナーを見てみると、ものすごく難しいことをしているというわけではなく、ちゃんとコツを覚えて丁寧にやればできるノウハウだということがわかります。

 

実際、Facebook広告はそこまで難しいテクニックはいらないので、ステップメールやプロダクトローンチをしている人はおすすめです。

 

Facebook広告の仕組み

 

Catch the Facebook広告は、セミナーの映像を見て学ぶ教材です。

 

内容はまず、Facebook広告の仕組みなど、基本的なことから始まります。

 

ですから、すでにFacebook広告を運用している人だけでなく、これからやってみたい人でも安心して勉強ができます。

 

すでにFacebook広告をやっている人も、最初の方の基本的な知識も大切ですので勉強しなおすことをおすすめします。

 

Facebook広告で効果を出すポイント

 

基本的な話から入って、だんだん具体的なテクニックの解説へと進みます。

 

すごく具体的なアドバイスをたくさんもらえるので、まずは動画を全部見て、そして取り組むときにもう一度見直すと良いでしょう。

 

私はメモを取りながら見ました。

 

この記事で説明した「クリエイティブ」「ランディングページ」「ステップメール」の話も詳しく聞けます。

 

Facebook広告の具体的な事例

 

Catch the Facebook広告では、Facebook広告の具体的な事例も紹介してもらえます。

 

これはかなり大切で、普通は広告の事例って外部に公開するものではないので、あまり具体的に見る機会はありません。

 

ましてやCatch the Facebook広告では、多額のコストをかけてテストした結果が学べるので、これはなかなかないチャンスです。

 

クリエイティブや類似オーディエンスの設定など、細かいコツやテストの考え方も学べます。

 

 

Catch the Facebook広告がおすすめの人

Catch the Facebook広告がおすすめの人

 

もしあなたが、広告を使ったインターネット集客に興味を持っているのなら、Catch the Facebook広告はかなりおすすめです。

 

広告を使った集客には、リスティング広告、AdWords、Facebook広告、YouTubeの広告、メルマガの広告、バナー広告などがありますが、この中でもFacebook広告はシンプルなポイントで管理できるのでおすすめです。

 

すでに売る商品やホームページがあり、ランディングページやサイトなどにアクセスを集めたい人はCatch the Facebook広告のノウハウはかなり役に立ちます。

 

広告のプロのノウハウなのでとても効果があるということと、一方でそこまで難しいものではないのですでに商品やランディングページなどの仕組みがある人はすぐに取り組めるノウハウと言えます。

 

商品の見込み客を集めたい人

 

Facebook広告は見込み客を集めるのにとても向いています。

 

ですから、売りたい商品があって、その見込み客を集めたい人にはCatch the Facebook広告はおすすめです。

 

ステップメールやLINEステップの読者を集めたい人にも向いています。

 

売りたい商品が決まっていない人は、Catch the Facebook広告で勉強する前に「何を売るために広告を使うのか」を考えることが先です。

 

広告の予算がある人

 

Facebook広告は「広告」なので、広告費がない人は取り組めません。

 

といっても、大きな金額は必要ありません。

 

まずは少ない広告費を使ってテストができます。

 

1万円、2万円といった金額でテストして、利益が出る仕組みだと判断できたら大きな金額を投入しましょう。

 

すでに仕組みがある人

 

Facebook広告に取り組むにあたって、「ランディングページ」「ステップメール」は最低でも必要です。

 

ですから、このような売上を出す仕組みがあって、そこにアクセスを集めたい人にCatch the Facebook広告はおすすめです。

 

Facebook広告を使ってランディングページにアクセスを集めることで、ランディングページの成約率を測定できて、ランディングページの改善もできます。

 

ステップメールも同様に、広告を使うことでより改善ができるので、広告を使って精度の高い仕組みを育てましょう。

 

 

Catch the Facebook広告の注意点

Catch the Facebook広告の注意点

 

「ランディングページってなんだろう」「ステップメールってなんだろう」という人には、Catch the Facebook広告は少し難しいと思います。

 

Catch the Facebook広告は、ランディングページなどの特定のページにアクセスを集める「広告の考え方やコツ」を学ぶ教材なので、ランディングページやステップメールが準備できていない人には、先にそちらを準備することをおすすめします。

 

ただし、今の時点でものすごく成約率が高いランディングページやステップメールが必要なわけではありません。

 

なぜなら、広告を使うことでランディングページやステップメールの成約率が測定できて、それをもとに改善することで効果が上がるからです。

 

ステップメールが作りたい人はこちらがおすすめです

 

 

Catch the Facebook広告の価格

Catch the Facebook広告の価格

 

Catch the Facebook広告の価格は9,800円です。

 

19日間で6,386人の見込み客リストを集めて、3500万円を売り上げたノウハウが9,800円で学べるのでとても安いです。

 

Facebook広告は大手の企業も使うほど注目されている広告で、個人でもすごい効果があります。

 

この価格でさまざまなテストをしたノウハウが学べる機会は他にないでしょう。

 

Catch the Facebook広告

 

9,800円はとてもお得である

 

そもそも、広告の検証データって社外に公開するものではないので、こうしたノウハウや事例が学べるだけですごい価値があります。

 

広告のプロにコンサルティングをお願いすると、年間100万円以上のコストがかかります。

 

広告やマーケティングがわかる社員や代理店と契約するとしても、何十万円というコストが必要です。

 

ですから、Catch the Facebook広告の9,800円という金額はとてもお得であるというのはまちがいないです。

 

テストされた広告のノウハウの価値

 

当然、広告のテストをするのに、とてつもないコストがかかっています。

 

これを9,800円で学べる機会はありません。

 

もしノウハウを学ばずに自分でイチからテストするとなると、間違ったやり方にも広告のコストをかけてしまいます。

 

時間もコストも削減して、正しいやり方を学べるのでCatch the Facebook広告はとてもおすすめなのです。

 

 

Catch the Facebook広告の特典

Catch the Facebook広告の特典

 

Catch the Facebook広告には本編の動画のほかにいくつかの特典がついています。

 

広告を使うときに便利なクレジットカードの紹介や、CBAという会員制のコミュニティのお試し権利など、どれも本編と同じくらい価値のある特典です。

 

また、Catch the Facebook広告で学んだことに取り組むときに役に立つ「ワークシート」や「レバレッジメモ」も付いています。

 

インターネット集客法の動画などもとても役に立ちます。

 

もっと詳しい内容はこちら

 

限度が無制限のクレジットカードの紹介

 

Facebook広告に取り組むときに、クレジットカードの限度額がネックになることがあります。

 

もし、広告を打てば確実に利益が出る仕組みができたときには、早く広告を回したほうが良いわけなので、限度額がある場合はかなり痛いです。

 

そこで、限度額に関係なくFacebook広告を使えるクレジットカードが特典で紹介されています。

 

ちなみにマイルもたまるので一石二鳥ですね。

 

CBAを30日間お試しできる権利

 

CBAとは、Catch the Business Academyという会員制のコミュニティです。

 

さまざまなビジネスのテクニックや原理原則が学べます。

 

このCBAを30日間お試しできる権利が特典で付いています。

 

まだCBAに入っていない人は、この特典も使ってみてください。

 

ワークシート

 

Catch the Facebook広告は、学ぶだけでなく取り組んではじめて効果があります。

 

広告のノウハウなので当たり前ですね。

 

そこで、取り組むときにこのワークシートという特典がとても役に立ちます。

 

Catch the Facebook広告で学んだことをより深く理解するためにも使ってください。

 

レバレッジメモ

 

レバレッジメモは、本編の内容の要点をまとめた資料です。

 

復習をするときにも使えます。

 

まずはじめは本編の映像をしっかり見てください。

 

その上で、レバレッジメモで復習すればFacebook広告に関する知識が定着します。

 

名言集とマインドセット集

 

Catch the Facebook広告には「名言集」と「マインドセット集」という特典が付いています。

 

Catch the Facebook広告を実際に見るとわかりますが、広告の検証は地道なものです。

 

地道な作業を繰り返すには、マインドセットが必要です。

 

また、成功者の名言はやる気や勇気をもらえるだけでなく、多くのヒントが隠されています。

 

インターネット集客法の動画

 

Facebook広告に興味を持っている人は、インターネット集客に興味を持っているでしょう。

 

そこで、Catch the Facebook広告の特典である「インターネット集客法の動画」が役に立ちます。

 

Facebook広告だけでなく、もっと幅広いインターネット集客の勉強ができます。

 

本編のノウハウと合わせて学ぶと、より理解が深まります。

 

ビジネスで成功するための動画

 

集客だけでなく、マーケティングや経営について勉強したい人は「ビジネスで成功して理想のライフスタイルを実現する方法」という動画が特典で付いているのでそちらを見ることをおすすめします。

 

本編のFacebook広告のノウハウを使って、より売上を大きくするためにもマーケティングはとても大切です。

 

また広告を使って成功すると、本当に大きな収入を手にしますが、その先の話もこの動画を見ておくとわかるでしょう。

 

ビジネスの初心者にも、この動画はおすすめです。

 

90日間の満足保証

 

すでにビジネスの仕組みがあって、アクセスを広告で集めたい人にとってはCatch the Facebook広告はとても役に立ちます。

 

集客をする方法を探しているのなら、役に立たないことはないと言っても良いくらいです。

 

ですが万が一、「役に立たなかった」と感じたら購入から90日間は返金保証が付いています。

 

メールか問い合わせフォームからその旨を連絡すれば90日以内でしたら全額を返金してもらえます。

 

 

実際に見た感想

Catch the Facebook広告を実際に見た感想

 

この記事はCatch the Facebook広告を実際に見てから書いています。

 

実際にCatch the Facebook広告を見て、ここまで具体的な広告のノウハウを学んだのは初めてだった、というのが感想です。

 

すごくわかりやすいです。

 

ランディングページなどをすでに持っている人で、広告を使った集客に興味があるのなら、学ばない理由はないでしょう。

 

 

こんな使い方がおすすめ

Catch the Facebook広告はこんな使い方がおすすめ

 

Facebook広告だけでなく、広告は「テストして育てる」ということが大切です。

 

広告費さえ投入すれば儲かるわけではありません。

 

広告を出して、アクセスを集めて、成約率を改善して、また広告を出してテストし、、ということを繰り返しましょう。

 

地道な作業ですが、これで利益を出せる仕組みが完成します。

 

最初はテストをしよう

 

Facebook広告は1万円、2万円くらいからテストできるので最初は少ない広告費でテストをしましょう。

 

テストというのは、「クリエイティブ」「ランディングページ」「ステップメール」の3つの成約率などを測定し、その広告と仕組みで利益が出るか試すということです。

 

このテストをせずにいきなり多額の広告費を投下してはいけません。

 

少しずつテストして、利益が出るとわかったら大きく広告を回せば良いのです。

 

詳しいノウハウはこちら

 

利益が出るのならアクセルを踏もう

 

Catch the Facebook広告の中でも、これは言われています。

 

少ない広告費でテストをして、利益が出るとわかったら一気に広告の規模を大きくします。

 

利益が出る広告からの仕組みが作れたら、しばらくはその広告を回せば回すほどお金が増えます。

 

特典の「クレジットカード」がここで生きますので、そちらもご覧くださいね。

 

常にメンテナンスをしよう

 

これは私自身の体験からも言えることなのですが、一度はうまくいった広告でも、時間が経てば効果が落ちます。

 

それはユーザーが見飽きてしまうなどの問題が起こるからです。

 

またもっと長い目で見れば、ユーザーの需要と提供している内容やコンテンツが違ってくることもあります。

 

したがって、一度利益が出る仕組みができても定期的にメンテナンスをすることを忘れないでください。

 

 

まだFacebookを利用していない人は

まだFacebookを利用していない人

 

Facebook広告は、Facebookを使っていない人にとってはさっぱりイメージがつかないものでしょう。

 

そこで最後に、今この時点でFacebookを使っていない人に少しだけアドバイスをします。

 

今、Facebookを使っていない人はいきなりFacebook広告を使わずに、まずはFacebookを使って情報発信をしてみると良いです。

 

SNSを使った情報発信は、広告とはまた違う効果があります。

 

Facebookを使った情報発信もおすすめ

 

Facebook広告ではなく、Facebookを普通に使った情報発信もおすすめです。

 

今、広告費がない人や、Facebookを使ったことがない人はそこから入ると良いでしょう。

 

Facebook広告では一気にアクセスを集められますが、Facebookを普通に使う情報発信ではじわじわと見込み客やファンを増やしていきます。

 

そこまで大変な作業ではないのでコツを覚えましょう。

 

Facebookを使った情報発信を学ぶならこちら

 

Instagramを使った集客もおすすめ

 

Facebookと合わせて、Instagramを使った集客もとてもおすすめです。

 

InstagramはFacebookと比べるとまだ新しいSNSです。

 

ですが、日本でも2000万人以上が利用していると言われています。

 

Instagramのビジネス用のノウハウはまだまだ少ないですが、こちらが本当におすすめの教材です。

インスタ集客の極意

 

 

最後に

 

この記事では、Facebook広告や広告を使った集客の基礎から、そのメリットや注意点を説明しました。

 

そして、Facebook広告のノウハウが学べる「Catch the Facebook広告」という教材も紹介しました。

 

Catch the Facebook広告は、テストをしてわかった効果のあるFacebook広告のノウハウが学べる他にない教材です。

 

90日間の返金保証もついているので、広告を使って一気に集客をしたい人は学ぶと良いでしょう。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

メールマガジンの登録



*メールアドレス