アフィリエイトの記事に使うキーワードを工夫してクリック率を高める

アフィリエイトの記事に使うキーワードを工夫してクリック率を高める

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトやインターネット集客をやっていて、「検索上位を取れているのにアクセスが来ないな」とか「アクセスがあるのに成約(CV=コンバージョン)が取れないな」と思ったことはありませんか?

 

こうした問題をかかえているのなら、記事や記事タイトルに使うキーワードを工夫してクリック率(CTR)を高めましょう。

 

コツは思っているよりもかんたんです。

 

 

クリック率(CTR)が低いなと思ったときは

クリック率(CTR)が低いなと思ったときは

 

検索上位を取れているのに思ったほどアクセスが伸びないときは検索結果からあなたの記事が選ばれるクリック率(CTR)が低いかもしれません。

 

あるいは、記事にアクセスが来ているのに成約(CV=コンバージョン)が取れない場合には、記事の書き方やキーワード選定に改善のポイントがあります。

 

キーワード選定や言葉の使い方を見直せば、同じアクセス数でもクリック率が伸びて売上が上がることがあります。

 

クリック率が低いのには理由がある

 

クリック率が低いのには理由があります。

 

たとえばサイトの記事であれば、狙っているキーワードに対してユーザーの検索意図に答えられているかどうかでクリック率が上下します。

 

記事タイトルであれば、具体的な数字や続きが気になるキーワードを使うことでクリック率が上がります。

 

検索意図に答えているか

 

検索意図とは、検索キーワードについて「ユーザーはなぜそのキーワードで検索をするのか」という部分です。

 

検索エンジンは、この検索意図の答えとなるコンテンツを検索結果で表示しますから、記事を書く前にはこの検索意図を十分に考える必要があります。

 

また、仮に上位表示できていても検索意図に合わない記事内容では、ユーザーのニーズを満たせないので記事中のリンクのクリック率は低いままなのです。

 

キーワード選定とツール

 

検索意図により正確に答えていくためには、きちんとキーワード選定をしましょう。

 

キーワード選定に便利なツールやインターネットの機能を使えば、たくさんのキーワードの候補が集まります。

 

集まったキーワードについて1つずつていねいに記事を作ります。

 

情報は最新か

 

サイトの記事の情報が最新かどうかはとても大切です。

 

まず、情報が古いコンテンツは検索エンジンからの評価も下がります。

 

あるいはユーザーから見ても、情報が古ければそのコンテンツを見るのをやめてライバルの記事に行ってしまうのです。

 

ロングテールをしっかり狙おう

 

ロングテールとは2つ以上の単語で構成された複合キーワードのことです。

 

たとえば「インターネット 集客 SEO」という感じです。

 

実はロングテールを狙ったほうがユーザーの検索意図を満たす記事が作りやすいので、クリック率も上がる傾向です。

 

記事タイトルは工夫しているか

 

サイトの記事の場合は30文字前後でまとめる記事タイトル。

 

この短い言葉に工夫があるかどうかで、検索結果からのクリック率が決まります。

 

ユーザーは特定のキーワードで検索をして、検索結果から読みたい記事をクリックするので、検索結果に表示される記事タイトルはとても大切です。

 

 

ロングテールキーワードを狙う

ロングテールキーワードを狙う

 

先ほど書いたように、ロングテールキーワードを狙ったほうがクリック率は上がります。

 

クリック率だけでなく、記事を読んだあとのCVR(成約率)の平均値も上がるでしょう。

 

ロングテールキーワードは、よりユーザーをしぼりこんだキーワードなので検索意図に答えやすいのです。

 

ロングテールとは

 

たとえば、「英語 学習 方法」など、いくつかの単語で構成された検索キーワードのことをロングテールと言います。

 

ニッチキーワードとか、複合キーワードとも言います。

 

ロングテールのほうが、一つだけの単語のキーワードよりもライバルが少なかったり弱いことがあります。

 

ユーザーの悩みがわかれる

 

ロングテールキーワードを選定するポイントは、メインキーワードを決めてその関連キーワードをピックアップすることです。

 

たとえば「英語」というメインキーワードに対しても、「英語 学習 中学生」というキーワードと「英語 社会人 TOEIC」というキーワードでは、ターゲットも検索意図やユーザーの悩みも違いますよね。

 

ロングテールキーワードを設定すれば、よりユーザーごとの悩みにアプローチできます。

 

より具体的な記事が書ける

 

ロングテールキーワードを設定したほうが、よりターゲットや検索意図が具体的です。

 

つまり、記事の内容もそれに合わせてユーザーに合ったものが書けます。

 

ユーザーのニーズに合った記事は記事中のリンクのクリック率も高いのです。

 

ユーザーに合った記事が完成する

 

ロングテールキーワードを設定して、そのキーワードの検索意図を考え記事を書くと、ユーザーに合った記事が完成します。

 

記事のクリック率を高めるために必要なことは「精読率を上げること」です。

 

当然、ユーザーから見たときに「自分が知りたい情報だ」と思える記事は精読率が高く、そしてクリック率も高いのです。

 

ロングテールのほうがCVRが高い

 

CVRとはコンバージョン率・成約率のことです。

 

ここまでに説明したようにロングテールキーワードは、よりターゲットをしぼったキーワードです。

 

つまりそのターゲットが商品の見込み客として合っているのなら、アクセスに対しての成約率(CVR)も上がるのです。

 

 

記事タイトルに入れるキーワードを工夫

記事タイトルに入れるキーワードを工夫

 

次に記事の本文だけでなく、タイトルについても見直してみましょう。

 

記事タイトルで大切なのは、検索結果の中からあなたの記事を選んでクリックしてもらえるようなキーワードを使うことです。

 

記事タイトルは全角で32文字以内に調整します。

 

数字を入れる

 

たとえば、「アフィリエイトで稼ぐ方法」と「アフィリエイトで月100万円を稼ぐ方法」なら、どちらのほうがクリックをしたくなりますか?

 

多くの場合、数字が入っていたほうが注目されます。

 

もちろん金額的な数字だけでなく、「1カ月で達成できる方法」「10キロやせた方法」「1日10分の努力で」など、入れられる数字はたくさんあります。

 

続きが気になるキーワード

 

記事タイトルの場合は、「タイトルで問いを投げて、本文で答えを出す。」という役割だと思ってください。

 

ですから「~とは」とか「~のポイント」とか、その内容が気になるキーワードを使うとクリック率が上がります。

 

たとえば「アフィリエイトで月収100万円を稼いだ3つのポイントとは」という感じです。

 

わかりやすい言葉

 

これは例を見比べるとわかりやすいと思います。

 

たとえば「PV数を上げずCVRを上げて売上前年比率を120%にした施策」というタイトルと「同じアクセスでも売上が1.2倍になったヒミツ」というタイトル、どっちのほうが読んでみようと思いますか?

 

この2つはほとんど同じことを書いていますが、伝わりやすい方がクリックしたくなりますよね。

 

読者の知らない価値観

 

ユーザーにとって「あたりまえ」のことを書いても、それをクリックして読んでみようと思われません。

 

ですから、予想とは少し違う言い回しやキーワードを使うと効果的です。

 

たとえば「食べて良いダイエット」とか「アクセスを増やさず売上アップ」とか「顧客数を減らして売上アップ」とか。

 

自然な流れに整える

 

記事タイトルでとても大切なのは、ここまでに紹介したようなテクニックを使いながらも、自然な流れに整えるということです。

 

「売上2倍。ヒミツ。何もせずに。」みたいに、あまりにぎこちないタイトルを付けるのは逆効果でクリック率が下がります。

 

あくまで自然な流れで全角32文字以内に整えてください。数字や記号は半角を使いましょう。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトやインターネット集客をするためにクリック率を上げる工夫として、記事やキーワードやタイトルのポイントを解説しました。

 

インターネット集客の場合は、アクセスを伸ばすよりもクリック率(CTR)や成約率(CVR)を伸ばすほうがかんたんです。

 

これらはかんたんな工夫で2倍、3倍と上がりますので、この記事に書いたポイントを取り入れてみてください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

マーケティング心理の極意を学んで取り組むと商品が飛ぶように売れる

マーケティング心理の極意を学ぶと商品が飛ぶように売れる

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトでもビジネスでも、もっと売上を上げたいと思っているのであれば潜在意識に訴えかけるマーケティング心理の極意を学ぶと良いです。

 

実は購買の決定は、97%の自覚していない潜在意識によってなされているという考えがあります。

 

この97%の潜在意識にアプローチする方法を学べば、商品が飛ぶように売れるのです。

 

この記事では、マーケティング心理のポイントについて解説します。

 

マーケティング心理の極意はこちら

 

 

マーケティングとは

マーケティングとは

 

そもそもマーケティングとは、ニーズや市場の調査から商品の選定をしたり商品を作ったりして実際に集客して販売するところまで、ビジネスの全体的な戦略や活動のことを言います。

 

ビジネスにおいて、末端の業務のやり方を変えて売上を上げようとする人は多いですが、実際にはマーケティングを改善することこそ、売上のアップにつながります。

 

全体的な戦略が改善されれば、大きな流れが変わり結果も大きく改善できるというわけです。

 

マーケティングについてもっと知りたい人はこちら

 

 

良い商品を世の中に広めたい人が使う

マーケティング心理の極意について考える人

 

マーケティングについて詳しくない人の中には「マーケティング」と聞くだけで、なんだか人をだますテクニックのようなイメージを持つ人もいるかもしれません。

 

ですがマーケティングとは本来、お客様に最適な商品を提案するためのテクニックであり、商品が役に立つお客様に気持ちよく購入をしてもらうための考え方なのです。

 

ですからこの記事でも、悪用するようなことは推奨いたしません。

 

良い商品をもっと世の中に広めたい人に読んでいただきたいのです。

 

悪用するようなテクニックではない

 

よく、「商品は大したことはないのですが、マーケティングの力で売ってくれませんか」という依頼が来ますが、マーケティングはそのような場合に使うテクニックではありません。

 

弊社でも、商品が良くないものであれば商品の改善から提案をします。

 

マーケティングとは、お客様のお役に立てる商品を広めるためのテクニックなのです。

 

 

マーケティングと心理学の関係

マーケティングと心理学の関係

 

マーケティングとセールスを同じものだと考えている人もいますが、正しくはセールスはマーケティングの一部であり、マーケティングとは市場をリサーチして商品を作るところから集客して販売してリピーターを増やすまでの全体的な取り組みのことです。

 

セールスや販売はこのマーケティングの一部にすぎません。

 

また、集客をするときや販売をするときには人の心理がどう動くかを知っておくと効果的です。

 

したがって、マーケティングと心理学にはとても深い関係があります。

 

 

購買意欲が高まるとき

購買意欲が高まるとき

 

人は商品そのものを購入しているわけではありません。

 

人が商品を購入するのは、その商品やサービスに価値を感じたときです。

 

逆を言えば、マーケティングにおいて人に価値を伝えることが大切であり、そのためにはイメージで潜在意識に価値や信頼を訴えかけることも大切です。

 

たとえば、白衣を来ていればお医者さんだと思うのも、きれいな窓口があれば銀行というお金を管理するサービスに信頼感がわくのも、スーツを来ている営業マンが印象が良いのも、修理をしてくれる人なら普段着よりも作業着の方が信頼できるのも、こうしたイメージや潜在意識にアプローチするマーケティング心理の極意を使ったテクニックの一つです。

 

 

マーケティング心理を学ぶメリット

マーケティング心理の極意を学ぶ

 

すごく悪く聞こえるかもしれませんが、証明できる書類を見せてもらったわけでもないのに白衣を来ている人を医者だと信頼して自分の健康をまかせるように、人の潜在意識にアプローチすれば自然と商品が売れる例はとても多いです。

 

ミネラルウォーターのパッケージの色が、爽やかな色のものが多いのもマーケティング心理を使ったテクニックです。

 

人は無意識のうちに、セールストークや文章ではないほかの情報をたくさん受け取っています。

 

こうした潜在意識の割合はなんと97%だと言われています。

 

この97%の潜在意識にアプローチできれば商品が飛ぶように売れるのです。

 

マーケティング心理の極意はこちら

 

商品が飛ぶように売れる

 

商品が売れるためには、価値を十分に理解してもらえることと信頼を獲得していることが大切です。

 

そこで先程の例からもわかるように、実際に顧客にアプローチしているトークや文章のほかに、さり気なく訴えているポイントがとても大切なのです。

 

マーケティング心理を学ぶと、たとえばイメージカラーや背景や服装などすべてに意図を持ってビジネスができますし、トークや文章の言葉の中にもさり気なく潜在意識にアプローチできるフレーズを使うこともできます。

 

したがって、商品が飛ぶように売れるのです。

 

 

マーケティング心理を学ぶデメリット

マーケティング心理の極意を学ぶ

 

マーケティング心理について学ぶデメリットはないと言えるでしょう。

 

ビジネスをしているのなら、必ず役に立ちます。

 

ただし、悪い商品を強引に売ってしまいたいなどと考えている人や、顧客が喜んでいなくても関係ないと考えるような人には学んでほしくないテクニックです。

 

マーケティング心理の極意はこちら

 

 

心理学は統計学

心理学は統計学

 

私は2007年~2011年まで、立正大学心理学部臨床心理学科(当時の学部名と学科名)で心理学を学びました。

 

心理学に詳しくない人にはよく「催眠術でしょ」とか「洗脳みたいなやつですか」と言われますが、心理学という学問は統計学にもとづく分析の分野です。

 

心の仕組みや働きについて仮説を立て、実験や調査をして統計を取り分析をする学問なので、ビジネスにおいても「どのようなアプローチをすると、どういう効果があるケースが多いのか」といったように役立つことが多いのです。

 

 

70億円を売り上げたマーケティング心理

マーケティング心理の極意

 

マーケティング心理の極意」という教材があります。

 

これはインターネットマーケティングのプロであるCatch the Webグループが70億円を売り上げたマーケティング心理の極意が学べる教材です。

 

実際に見てみましたが、コピーライティングにもホームページにもサイトにもSNSのプロフィールにもセールストークにも使えることが多く、本当に学んで良かったと思える教材でした。

 

 

セールスやコピーライティングに応用

セールスやコピーライティングに応用

 

マーケティング心理の極意では、37個のマーケティング心理の極意が学べますが、その中には概念的なものではなく実際のセールスやコピーライティングの現場で使える具体的なアドバイスもたくさんありました。

 

実際に弊社のマーケティングにも、マーケティング心理の極意で学んだテクニックを使っています。

 

その結果、成約率が高くなり顧客からの信頼もとても厚くなりました。

 

 

ビジネスのほかにも使いみちがある

マーケティング心理の極意はビジネスのほかにも使える

 

マーケティングや心理学はビジネスだけでなく、そのほかの場面でも役に立ちます。

 

もともと心理学は人の心の働きや仕組みを理解するための分野であり、それは対人関係などにも役に立つことがわかっています。

 

したがって、マーケティング心理の極意の内容も、ビジネスだけでなく恋愛、家族関係、友人との関係などプライベートなシチュエーションでも役に立ちます。

 

 

マーケティング心理の極意を学べる機会

マーケティング心理の極意を学べる機会

 

なかなかビジネスの側面からマーケティング心理の極意を学べる機会はありません。

 

マーケティングの講座となると、ビジネスに寄りすぎてしまいますし、心理学だけとなるとビジネスとは離れていきます。

 

ですが、「マーケティング心理の極意」という教材は、このちょうど間くらいで潜在意識にアプローチする心理的なテクニックをどうマーケティングに使うのかがわかるめずらしい教材です。

 

マーケティング心理の極意はこちら

 

Catch the Webグループとは

 

Catch the Webグループと言えばインターネットで70億円を売り上げたマーケティングのプロとして有名な会社です。

 

70億円も売り上げた企業のマーケティング心理の極意が学べる機会はなかなかありません。

 

Catch the Webグループの商品はとても良く、満足度もとても高いので、そんな企業のマーケティング心理の極意はぜひ学ぶべきだと言えるでしょう。

 

「マーケティング心理の極意」とは

 

マーケティング心理の極意とは、Catch the Webグループが提供している人を購買へと駆り立てる科学的な心理テクニックを学べる教材です。

 

顧客に「どうしても欲しくてたまらない」と感じてもらうための37個のテクニックが学べます。

 

かなりマニアックなテクニックの名前が出てきますが名前は覚えなくて良いので、それをどう使うかという解説の部分を学んでください。

 

37個のマーケティング心理の極意

 

マーケティング心理の極意では、37個のマーケティング心理の極意が紹介されています。

 

それぞれに対して、どんなテクニックで、実際に使うならどんな使い方が良いのかという説明がされています。

 

心理学というと難しそうですが、実際にはとてもわかりやすく今まで見てきた教材の中でも特におすすめできる内容でした。

 

 

ホームページやSNSのプロフィールにも

マーケティング心理の極意を張り巡らせる

 

マーケティング心理の極意は、人の潜在意識にアプローチするテクニックです。

 

このテクニックは、集客用のランディングページや商品の販売ページなどのホームページのコピーライティングやデザインにも使えます。

 

また、SNSのプロフィールでどんな表現で何を訴えるべきかなどにも応用ができ、弊社でも実際に使っています。

 

 

「マーケティング心理の極意」が役立つ

マーケティング心理の極意が役立つ人をチェック

 

「マーケティング心理の極意」を学んで役に立つ人としては、ビジネスの売上をもっと上げたいと思っている人が挙げられます。

 

ただし、本当に効果のある方法なので、良い商品を健全に広めたいと思っている人が学んでください。

 

最初に書いたように、悪用するための方法ではありません。

 

マーケティング心理の極意はこちら

 

 

「マーケティング心理の極意」の価格

マーケティング心理の極意

 

マーケティング心理の極意は9,800円で販売されています。

 

なかなか心理学をマーケティングにおいてどう使うかということを中心に学べる教材はないので、本当におすすめです。

 

私もはじめは「難しい教材かな」と思って見てみたのですが、内容はとてもわかりやすく、具体的な使い方もたっぷり学べるのでビジネスで売上をアップしたい人には本当におすすめの教材です。

 

マーケティング心理の極意はこちら

 

とても安い価格である

 

9,800円という価格は、「マーケティング心理の極意」の内容から考えるととても安いと思います。

 

私は「マーケティング心理の極意」を見たあと、10万円以上を支払っても学ぶべき内容だったと思いました。

 

このサイトを見ているあなたにとっては、ビジネスを改善する大きなチャンスだと言えます。

 

90日間の満足保証

 

「マーケティング心理の極意」には90日間の満足保証が付いています。

 

内容は言うまでもなくすばらしい内容ですが、もしも「役に立たなかった」と思ったなら購入から90日以内はメールか問い合わせフォームから問い合わせると、全額を返金してもらえます。

 

これで安心して購入できますね。

 

マーケティング心理の極意はこちら

 

 

「マーケティング心理の極意」の特典

マーケティング心理の極意の特典

 

マーケティング心理の極意」には本編の動画のほかにも役に立つ特典が付いています。

 

マーケティング心理の極意の本編の内容は心理テクニックですが、特典として集客方法などの解説動画やもっとビジネス寄りのマーケティングがわかる動画講座も付いているので、具体的な内容も学べます。

 

また本編の内容を復習する時に役に立つレバレッジメモなどもおすすめの特典です。

 

プラシーボ効果を活用する方法

 

プラシーボ効果とはもともと、本当は何も治療の効果がない乳糖のようなものであっても患者に「これは本当に良くなる薬ですよ」と言って服用させると実際に病気が治ることがあるものを指す言葉です。

 

これを応用すると、人との関係も良くなることがわかっています。

 

「マーケティング心理の極意」の特典ではこのプラシーボ効果を使って人との関係の悩みを改善するテクニックが学べます。

 

レバレッジメモ

 

レバレッジメモとは、要点をまとめたメモのことです。

 

私がおすすめの使い方としては、まずは本編の映像をしっかり見て学び、そして復習する時にこのレバレッジメモを使うと良いでしょう。

 

特に「マーケティング心理の極意」の内容はレバレッジメモで復習しやすいのでおすすめです。

 

マインドセット集

 

ビジネスをする上でマインドセットはノウハウよりも大切です。

 

ノウハウ2割、マインドセット8割と言っている人も多いです。

 

マインドセットが整っていれば、ビジネスを前向きに力強く進められます。

 

「マーケティング心理の極意」の特典で、マインドセット集が付いているのでこちらもぜひ見てください。

 

名言集

 

成功者の名言には多くのヒントが隠されています。

 

私も、ビジネスで悩んだときには名言を調べることがあります。

 

またビジネス書を読んでいても、名言をもとに解説されているものも多いです。

 

「マーケティング心理の極意」の特典には名言集が付いているので、ビジネスの悩みにぶつかったときには見てみると良いでしょう。

 

結果が出るインターネット集客法

 

「マーケティング心理の極意」の本編は心理テクニックについてです。

 

この心理テクニックだけでは売上を上げることはできないので、もっと具体的な集客法についても学ぶ必要があります。

 

そこで「マーケティング心理の極意」の特典として「結果が出るインターネット集客法」という動画講座もついているので、こちらもぜひ学んでください。

 

ビジネスで成功する動画講座

 

心理テクニックではなく、もっとビジネスにポイントを絞ったマーケティングの解説や経営のポイントについても特典で学べます。

 

この動画講座の特典の内容と、マーケティング心理の極意の本編の内容を合わせれば、とても成約率の高いビジネスができ上がるでしょう。

 

Catch the Webの経営方法は起業の神様と言われる「マイケル・E・ガーバー」の「ガーバー流仕組み経営」という書籍でも紹介されています。


 

実際に見た感想

マーケティング心理の極意を学んだ感想

 

この記事は「マーケティング心理の極意」を実際に見てから書いています。

 

37個のマーケティング心理の極意が紹介されながら、そのテクニックを実際にどのように使うかまで具体的に解説してくれる教材で、とてもわかりやすかったです。

 

テクニックの名前などは覚えなくて良いので、それをどう使うかという部分をメモを取りながら見ると、あなたのビジネスに生かせます。

 

マーケティング心理の極意はこちら

 

潜在意識をコントロールする力

 

購買を決めているのは、自覚していない97%の潜在意識によるものだと言われています。

 

この潜在意識にアプローチする方法がわかると、「欲しくてたまらない」と思ってもらえて商品の成約率が上がります。

 

「マーケティング心理の極意」では、思わず「なるほど」と思うような話がたくさん解説されていました。

 

潜在的に魅力が伝わるテクニック

 

人は商品そのものを買っているのではなく、商品の価値を感じてそこに投資をしています。

 

したがって、商品を売りたいのなら魅力や価値を相手に心にアピールすることが大切です。

 

こうしたテクニックを学べる機会はなかなかありませんが、「マーケティング心理の極意」ではセールスやコピーライティングにも使える心理テクニックがたっぷり学べます。

 

効果があることがまとまっている

 

何よりも大切なのは、「マーケティング心理の極意」で解説されているテクニックは、すべて効果があるという点です。

 

Catch the Webが70億円を売り上げてきたテクニックであり、解説を聞くと一般企業でも使われていることがわかります。

 

個人や中小企業でこうしたテクニックをビジネスに使っているケースは少ないので、ライバルに勝つための良い機会と言えます。

 

 

最後に

 

この記事では、マーケティングと心理学の基本についてまとめ、心理テクニックをビジネスに使う正しい考え方を知っていただきたく解説をしてきました。

 

マーケティングや心理学がわかると、ビジネスの効果はとても上がります。

 

売上をアップしたい人や、顧客に価値をしっかり伝えたい人、理想的なお客様を集めたい人は、ぜひ「マーケティング心理の極意」を手にしてください。

 

「マーケティング心理の極意」はこちら

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

Catch the Writingでコピーライティングを学ぶ理由

コピーライティングで成功

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトだけでなく、インターネットを使ってビジネスをするのなら、「コピーライティング」というスキルは必ず覚えるべきスキルです。

 

コピーライティングを学ぶことで、商品が売れる確率(=成約率)が高くなり、同じ見込み客の数でも売上が増えるのです。

 

コピーライティングとは、文章の力で顧客に魅力を伝え行動をしてもらうスキルのことです。

 

「行動」とは、具体的には商品の購入をしてもらうということです。

 

コピーライティングは書籍だとなかなか具体的なノウハウが学べないので、実績のある企業のセミナーなどで学ぶと良いです。

 

この記事では「Catch the Writing」というコピーライティングの教材を紹介しながら、コピーライティングの基本を解説します。

 

Catch the Writingについてはこちら

 

 

ライティングを学ぶべき理由とは

 

コピーライティングとは、文章の力で顧客に行動を起こしてもらうためのスキルです。

 

「行動」とは、商品を買ってもらうということです。

 

ビジネスをする上で、売れる文章が書けるというのは大切なスキルです。

 

特にインターネットの場合は文字で伝えることが大半なので、コピーライティングはとても大切なスキルなのです。

 

売上をアップするために、コピーライティングは学ばなければいけないスキルです。

 

伝える力がないとビジネスで成功しない

 

マーケティングには4つの壁があります。

 

顧客があなたについて「知らない」「読まない」「信じない」「行動しない」という壁があります。

 

顧客にあなたのことを知ってもらうためにも、サイトやSNSで情報発信をします。

 

そのときにもコピーライティングを使います。

 

また、文章を読んでもらったり、話を信じてもらったり、購入してもらうためにもコピーライティングを使うのです。

 

ビジネスを成功させるどのプロセスでも、コピーライティングを使うのです。

 

 

ライティングは教材で学ぶべき理由とは

コピーライティングの学習

 

コピーライティングを学ぶためには、書籍や教材やセミナーなどで学習する方法があります。

 

その中でも、教材やセミナーで学ぶのがおすすめです。

 

コピーライティングの解説は、どうしても理論的になりすぎたり、抽象的になってしまいます。

 

それは書籍だとなおさらです。

 

教材やセミナーの方が具体的なテクニックを学べます。

 

コピーライティングは具体的なノウハウを学んだ方がすぐに結果につながります。

 

書籍では抽象的なことしか学べない

 

書籍はどうしても、具体的な内容については解説をしづらい媒体です。

 

そのため、コピーライティングの基本や、概念的な話は学べても、具体的な手順や考え方については分かりづらいことが多いです。

 

しかし、教材やセミナーでは、実例や経験をもとに具体的なテクニックが学べます。

 

コピーライティングは、学んだ後に実際に文章を書いてこそ意味がある分野です。

 

したがって、具体的なノウハウが学べる教材やセミナーで学ぶのがおすすめです。

 

Catch the Writingはおすすめのコピーライティングの教材です。

 

 

こんな人はすぐにライティングを学ぼう

コピーライティングでお金を稼ぐ

 

もしあなたがビジネスをしているのなら、コピーライティングをすぐに学ぶべきです。

 

これからビジネスをするつもりという場合でも、コピーライティングは早めに学ぶべきスキルです。

 

特にインターネットビジネスの場合は、文章が書けない悩みを持っている人はとても多く、これが挫折の大きな理由でもあります。

 

コピーライティングというスキルは、時代に関係なくずっと使えるスキルなので、ビジネスで売上をアップしたいのならすぐに学びましょう。

 

コピーライティングを学ぶ場合はこちら

アフィリエイトのノウハウはこちら

 

ネットビジネスをしているのなら必ず

 

インターネットは文字でメッセージを伝える世界です。

 

最近は動画や画像で伝える技術もありますが、動画や画像を見てもらうための文章も必要です。

 

また、画像に書き込むキャッチコピーはコピーライティングのテクニックがないと魅力的なものにならないし、動画の構成などはコピーライティングの構成のテクニックを同じです。

 

つまり、あなたがビジネスをしているのならコピーライティングはあらゆる場面で使えるテクニックだということです。

 

ビジネスでは情報発信が大切

 

インターネットが発達している今は、集客がとても簡単にできます。

 

インターネットを使えば、世界中から見込み客を集められます。

 

そのときに大切なのは「情報発信をすること」です。

 

サイトやSNS、YouTubeなどで情報発信をするのです。

 

そして、情報発信をするためにもやはりコピーライティングのスキルが必要です。

 

魅力的な文章が書けると、アクセスを集めたりSNSで見込み客を集めたりできるのです。

 

 

コピーライティングで売上は10倍になる

売上をチェック

 

コピーライティングのスキルが上達すると、「成約率」が変わります。

 

成約率とは、商品が売れる確率のことです。

 

たとえば、100アクセス(100人の見込み客)に対してセールスをしたときに、商品が1つ売れるのなら成約率は1%です。

 

コピーライティングを学ぶと、この成約率が高くなります。

 

たとえ、今までと同じ顧客の数やアクセス数でも、成約率が高くなれば売上は2倍にも10倍にも増えるのです。

 

 

コピーライティングの可能性

コピーライティングで売上アップ

 

今、インターネットはちゃんとした情報を発信している人が生き残れるようになっています。

 

怪しい情報は検索エンジンからも除外されていますし、広告も出稿ができないようになっています。

 

したがって、正しい知識をもったコピーライターは今とても求められています。

 

しかし、実際にはコピーライティングができる人はまだまだ少ないのが現実です。

 

つまり、あなたがここでコピーライティングを学べば、大きなチャンスを手にできます。

 

 

コピーライティングを上達させるコツ

コピーライティングを上達させるコツ

 

コピーライティングも、アフィリエイトと同じで「正しいノウハウを学び、取り組むこと」が大切です。

 

コピーライティングにおける正しいノウハウというのは「実績がある人の解説」と「考え方」です。

 

すでに有名なコピーライティングの考え方はあるのですが、それをかみ砕いて「どう使うか」を解説してくれる人を見つけることが大切です。

 

そして、学ぶだけではなく、実際に文章を書いてみましょう。

 

コピーライティングを学ぶならこちら

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

スワイプファイルとは

 

Catch the Writingの中でも解説してもらえますが、コピーライティングをするために大切なのが「スワイプファイル」です。

 

スワイプファイルとは、コピーライティングの参考にするお手本のことです。

 

これは、日頃の意識を変えれば簡単に集めることができます。

 

思わず見てしまった「メール」「チラシ」「広告」「ネット通販のページ」「記事」などをどんどんストックしましょう。

 

それがスワイプファイルです。

 

 

Catch the Writingとは

Catch the Writing

 

Catch the Writingは、コピーライティングが学べるセミナー動画の教材です。

 

インターネットで50億円を売ったCatch the Webのコピーライティングのノウハウが学べます。

 

私も見ましたが、難しいコピーライティングの話を、すごくわかりやすく解説してくれています。

 

実績のある会社のノウハウなので、すぐに取り組める内容が多く、すでにLPやセールスページ、サイトやメルマガをやっている人なら早い段階で効果があるでしょう。

 

Catch the Writingはこちら

 

Catch the Writingの内容

 

Catch the Writingは、文章だけで人を動かすコピーライティングのノウハウが学べる教材です。

 

魅力を伝え、興味をもってもらい、商品を買ってもらうために、どのようなことに気をつけながら文章を書くべきかがわかります。

 

何よりも、インターネットで50億円を売り上げたコピーライティングのテクニックがわかるので、すごく良い教材です。

 

集客をするにしても、販売をするにしても、コピーライティングは使う技術なのでビジネスで成果を上げたいのなら学ぶべきです。

 

コピーライティングに関するセミナー

 

Catch the Writingのメインはセミナー動画です。

 

セミナー形式で、売上をアップさせるコピーライティングのテクニックが学べます。

 

先ほど説明したように、コピーライティングを学ぶと、成約率が大きく変わります。

 

仮に1%から2%に変化しただけでも、売上は2倍になるのです。

 

集客を増やすのは大変ですが、成約率を上げるのはコピーライティングのほんのちょっとしたコツだけでもできるので、売上を増やすためにはコピーライティングを学ぶのは近道なのです。

 

マインドセット編

 

実際に、Catch the Writingを見た時、「なるほどな」と思ったのが、コピーライティングは考え方が8割ということです。

 

この記事もそうですが、弊社でもたくさんコピーライティングを使う場面があります。

 

2011年の創業以来、ずっとコピーライティングに取り組んできました。

 

これまで「テクニック」は学んだことがありましたが、「コピーライティングのマインド」について真剣に考えたことがなかったので、とても新鮮でした。

 

Catch the Writingはこちら

 

コンセプト編

 

これはすぐにでも取り組んでほしい内容です。

 

コピーライティングがよくわかっていない人は同時に「コンセプト」についても真剣に考えたことがないでしょう。

 

でも、コンセプトをしっかり決めると売上が本当に変わります。

 

弊社の商品も、販売ページのコピーライティングについてコンセプトを見直したら売上が3倍になりました。

 

本当にすごいノウハウです。

 

また、コンセプトを決めることで「必要な人にだけ売る」ということができ、無駄なセールスをしなくても済みます。

 

Catch the Writingはこちら

 

ライティングテクニック編

 

基本的に書籍などで学べるのは、このテクニックのところだけのことが多いです。

 

でも、このテクニックを十分に使うために、「マインドセット」と「コンセプト」が大切なのです。

 

逆に、マインドセットができていなければいくらテクニックを学んでも良い文章なんて書けないし、コンセプトが決まっていなければまとまりがなく顧客の心に響かない文章になってしまいます。

 

必ずマインドセットとコンセプトについて学んでから、テクニックを学びましょう。

 

Catch the Writingはこちら

 

コピーライティングの原理原則

 

ノウハウというのは、原理原則がとても大切です。

 

アフィリエイトのノウハウもそうなのですが、小手先のテクニックだけ学んでも原理原則がわかっていないと結局は使えません。

 

原理原則は、時代が進んでもずっと通用します。

 

Catch the Writingではもちろんライティングのテクニックも学べますが、何より原理原則から学べるのが大きなメリットと言えます。

 

原理原則といっても、Catch the Writingではとてもわかりやすく解説してくれるので安心です。

 

50億円を稼いだライティングのノウハウ

 

Catch the Writingの一番の魅力は「50億円を稼いだライティングのノウハウである」ということです。

 

これだけの実績があるコピーライティングのノウハウはなかなか学べません。

 

50億円というと、「金額が大きすぎてすごく難しい内容かも・・・」と思うかもしれませんが、Catch the Writingで見られるセミナーの内容は、とてもわかりやすくコピーライティングについて何も知らない人でも学習できる解説です。

 

また、具体的なアドバイスがいくつもあるので、すでにビジネスをしている人はすぐに改善できるポイントが見つかります。

 

Catch the Writingはこちら

 

注意点

 

コピーライティングのノウハウは基本的に「販売者のためのテクニック」を想定して解説されます。

 

ですので、アフィリエイターさんの場合は当てはまらない解説が少しあるかもしれません。

 

しかし、たとえばランディングページ(LP)はアフィリエイターでも使うし、販売ページはアフィリエイターにとってはレビューページに置き換えられます。

 

またコピーライティングのテクニックは、ブログやメルマガにも使えるので、応用すればアフィリエイターにも役立つノウハウです。

 

ただ、一応「販売者向けに解説されているところもある」ということは知っておいてください。

 

Catch the Writingがおすすめの人

 

もしあなたが、自分の商品をインターネットで売っているのならCatch the Writngはとても向いています。

 

もしアフィリエイトをしている場合は、レビューページやメルマガやSNSで情報発信をするときの文章のコツやキャッチコピーの作り方として見るのも良いでしょう。

 

とくに、「コンセプト」や「マインドセット」の部分は、どのビジネスをしていても使える知識です。

 

成約率を上げたい、売上をアップさせたい、文章が書けなくて悩んでいる、という人はCatch the Writingがおすすめです。

 

Catch the Writingの特典

 

Catch the Writingには本編のセミナーの動画のほかに特典がついています。

 

集客やビジネスのテクニックが学べる動画の講座や、メールライティングについての解説など、それぞれが単体で教材になっていてもまったくおかしくない特典です。

 

アフィリエイトをしている人でも、Catch the Writingの特典にある「メールライティング」や「ストーリーテリング」はかなり使えるテクニックです。

 

また、Catch the Web Asiaのコピーライティングのお仕事を紹介してもらえるという、とんでもない特典もあります。

 

結果が出るインターネット集客法の動画

 

コピーライティングと合わせて勉強してほしいのが「集客」です。

 

集客とコピーライティングを学べば、自然と商品が売れます。

 

集めた見込み客に対して、コピーライティングで商品の魅力を伝えられるからです。

 

Catch the Writingには、Catch the Webがインターネットで50億円を売ったインターネット集客のノウハウを解説した動画が特典でついています。

 

効果的な集客法について学べます。

 

理想のライフスタイルを実現する方法

 

ビジネスで成功するためのコツや考え方やマーケティングの話を学べる動画も特典でついています。

 

とくに、コピーライティングとマーケティングはかなり似た分野です。

 

「コピーライティング=文章」、「マーケティング=セールス」というのはすごく一部だけを切り取った解釈です。

 

コピーライティングもマーケティングもコツは同じで、ターゲットやコンセプトについての考え方も共通しています。

 

50億円を売り上げたメールライティング

 

弊社でも、昔からメールマガジンを発行しています。

 

メールはインターネットで売上をアップするために、とても効果的なツールの1つです。

 

メールにはメールのライティングがあります。

 

そこでCatch the Writingでは、メールライティングについても特典で説明してもらえます。

 

メールライティングは売上を急激にアップさせるテクニックなので、ぜひ使ってください。

 

メルマガの反応率を上げたいと悩んでいる人にとっても、すごく役に立つ特典です。

 

ストーリーテリングの4つの型

 

ストーリーテリングとは、物語の形式で文章を書くやり方です。

 

人はストーリーには自然にひき込まれるものです。

 

たとえばAppleの製品が好きな人にとっては、スティーブ・ジョブズの半生を物語のように記憶している人も多いでしょう。

 

同じように、ストーリーの形で文章を書くことで、人の心に残るライティングができるのです。

 

このストーリーテリングの4つの型を、特典で学べます。

 

「型」を教えてもらえるので、あなたなりにアレンジして使ってみましょう。

 

相手が納得する「問題解決」の伝え方

 

反応が取れるコピーライティングの王道は、「問題提起」と「解決策の提示」です。

 

ですが、単純に問題提起をして、解決策をドンと伝えれば良いわけではありません。

 

その伝え方がうまければ商品やサービスが売れるし、うまくないと結果が出ないのです。

 

大切なのは、相手が納得する形で解決策を提案することです。

 

そのためのテクニックも特典で学べるようになっています。

 

これは、本編のセミナーの動画を見てから勉強したほうがわかりやすいです。

 

コピーライティングに使う6つの心理学

 

コピーライティングの目的は、文章の力で顧客に行動をしてもらうことです。

 

そのためには、顧客の心に響く文章を作らないといけません。

 

したがって、コピーライティングに心理学を使うととても効果的です。

 

実は私は学生のときに心理学を専攻していました。

 

今、このような仕事をしていて、心理学を学んでおいてよかったと思うことはたくさんあります。

 

Catch the Writingの特典では、コピーライティングに役に立つ心理学も学べます。

 

Catch the Web Asiaの案件を提供

 

コピーライティングを学んで稼ぐ方法は2つです。

 

1つは、コピーライティングを自分のビジネスに使って、自分のビジネスで稼ぐ方法です。

 

そして、もう1つはコピーライターとしてライティングをする専門の仕事をすることです。

 

ちなみに私は両方やっていますが、この2つの方法で稼げるわけです。

 

そして、Catch the Writingのおどろきの特典がCatch the Web Asiaのコピーライティングの仕事を紹介してもらえるという特典です。

 

もし、コピーライターとして活動したいときには、この特典を使ってくださいね。

 

横山直宏さん

 

Catch the Writingのセミナー動画の講師は横山直宏さんという方です。

 

横山直宏さんは、Catch the Webグループの代表でインターネット集客やインターネットマーケティングのプロです。

 

実は私も縁あって横山さんと直接お会いしたことがあるのですが、すごく誠実でおもしろい人です。

 

ご自身でも「マーケティングのオタク」というくらい、マーケティングに詳しい人です。

 

そんな横山さんのコピーライティングのノウハウは本当に役に立つ内容でした。

 

参加者の声

 

Catch the Writingの公式ページには、実際の参加者の声が掲載されています。

 

それを見ると、「コピーライティングの教材は、もうこれだけで十分です」「やるべきことの整理ができました」という意見が寄せられています。

 

私も実際にCatch the Writingを見て学びましたが、具体的で詳しく解説されていてコピーライティングのすべてがわかると言っても良い内容でした。

 

それなのに、初心者さんでもわかりやすいように基本の基本から解説をしてくれているので、初めてコピーライティングの勉強をする人でもCatch the Writingはわかりやすい内容と言えます。

 

Catch the Writingの内容や参加者の声はこちら

 

 

最後に

 

コピーライティングはビジネスの売上を上げるとても効果のあるスキルです。

 

時代が変わっても、コピーライティングのノウハウはずっと変わらずに使えます。

 

また、インターネットが発展すればするほど「文字で伝える大切さ」は増すので、もしあなたがビジネスをして収入をアップしたいと思っているのなら、今すぐにコピーライティングの勉強をしましょう。

 

Catch the Writingはコピーライティングの教材の中でもかなりおすすめの教材です。

 

Catch the Writingはこちら

アフィリエイトのノウハウはこちら

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

メールマガジンの登録



*メールアドレス