アフィリエイトのキーワードや記事内容で表現してはいけないルール

アフィリエイトのキーワードや記事内容で表現してはいけないルール

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐために、商品が欲しくなるキーワードや記事内容をどんどん狙っていこうとがんばっている人もいるでしょう。

 

しかし、表現によっては使ってはいけないルールになっていることがあります。

 

こうしたルールを守らないと、アクセスが来なかったり、報酬を取り消されたり、法律違反と判断されることがあります。

 

 

アフィリエイトにおけるキーワードとは

アフィリエイトにおけるキーワードとは

 

アフィリエイトにおけるキーワードとは、「ユーザーがあなたのメディアにたどりつく前に検索バーに入力した検索キーワードのこと」です。

 

どういうキーワードからアクセスを集めるかでアフィリエイトの売上も変わります。

 

また、リスティング広告(PPC)を中心に、ASPのプログラムの詳細欄にて「このキーワードは使わないでね」というルールが決まっているものもありますので注意してください。

 

ロングテールキーワードとは

 

いくつかの単語を組み合わせたキーワードのことを「ロングテールキーワード」と言います。

 

たとえば「アフィリエイト」という単語だけでなく、「アフィリエイト キーワード 選び方」といったように、いくつかの単語の組み合わせてできたキーワードがロングテールキーワードです。

 

ニッチキーワードや複合キーワードとも言います。

 

商品名をキーワードにしても良いのか

 

アフィリエイトで稼げるキーワードの代表例として「商品名をキーワードにする」という考え方があります。

 

商品名で検索をする人はすでに商品に興味があるので、成約率が高いことが考えられます。

 

しかし、リスティング広告(PPC)などを中心にプログラムによっては広告主から「商品名や商標をキーワードにするのはNG」とルールが定められていることがあります。

 

そのためプログラムを選ぶときにしっかりASPの詳細欄をチェックする必要があります。

 

集客用のキーワード

 

アフィリエイトの場合、紹介したい商品についてしっかり説明をして訴求したページを作って、そのページにアクセスを集めて売上を出します。

 

そのページにアクセスを集めるためにも「集客用のキーワード」を選定します。

 

集客用のキーワードは、「その商品を購入するユーザーはどんなキーワードで検索をしていそうか」ということから考えます。

 

集客用のキーワードから売上を作る方法

 

集客用のキーワードについて書いた記事は、あくまでそのキーワードで調べるユーザーに役に立つ内容であって商品の説明は少ないはずです。

 

しかし、そうしたユーザーの役に立つ記事の中に「もっと詳しい解決策はこちら」「おすすめの商品はこちら」という感じで商品について訴求したページに対してのリンクがあればアクセスを流せます。

 

ですから構造としては「集客用の記事」→「売るための記事」という仕組みを作ると良いです。

 

 

キーワードを決めたら記事を書こう

キーワードを決めたら記事を書こう

 

アフィリエイトの記事の書き方の基本は構成から決めることです。

 

その記事で上位表示を狙っているキーワードで、記事を書く前に実際に検索をしてみます。

 

少なくとも1位から10位までのライバル記事については見出し構成をチェックします。

 

そして、そのキーワードで調べるユーザーにより役に立つ内容にするには、ライバルの構成のどこを直せば良さそうかを考えながら自分の記事の構成を決めて、記事を書きます。

 

 

アフィリエイトでやってはいけない表現

アフィリエイトでやってはいけない表現

 

もちろんあなたも、アフィリエイトで収益を上げたいと思っているでしょう。

 

しかし、収益のためならどんなことでも書いて良いわけではありません。

 

広告主によってルールが決まっていたり、法律で定められていることもあるので注意しましょう。

 

ASPに書いてあるルールを読もう

 

ASPによってはプログラムごとに成果が発生する条件や、非承認となる条件、表現してはいけないキーワードについてのルールが書かれています。

 

特に、「やってはいけないこと」「表現してはいけないキーワード」についてはしっかり目を通しましょう。

 

あなたが意識していなくてもあとで大きな問題に発展することも考えられます。

 

誇張・誇大表現

 

アフィリエイト報酬を得たいから、ついつい大げさなことを書いてしまいたい気持ちがあるかもしれません。

 

大げさな表現をしたほうが買ってもらえそうだと考える人もいるかもしれません。

 

しかし、商品についての誇張表現や誇大表現は景品表示法という法律で禁止されています。

 

「基本的な表現は自由ですが、実際よりもかけ離れてよく見えるような誤解のある表現はダメだよ」と決まっているのです。

 

不正確な表現

 

こちらも景品表示法に当てはまるかもしれませんが、不正確な表現も気をつけたほうが良いです。

 

法律だけでなく、検索エンジンなども根拠の乏しい表現が多いコンテンツは評価をしません。

 

基本的に「うそを書いたらダメ」という当たり前のことを守れば問題はないのです。

 

広告主のブランドを下げる表現

 

インターネットには昔から「ネットハイエナ」と言って、販売者に対してネガティブなキーワードで上位表示をして、その販売者の商品ではなく、自分が推薦する商品を買わせようとする人がいます。これはとても残念です。

 

もちろん悪質に販売者や広告主のブランドを下げれば訴訟などに発展します。

 

事実ではないデタラメや言いがかりを表現して「販売者名+詐欺」「商品名+被害」というキーワードで記事を作り、「この人は最低な人ですが、私の推薦する商品はおすすめです」という流れで記事を書く手法を「ネットハイエナ」と言いますが、これは大問題に発展するので注意が必要です。

 

著作権は守ろう

 

基本的にインターネット上のコンテンツには著作権があります。

 

文章、画像などはすべて著作権があると考えてください。

 

著作権フリーのサイトなどでなければ、他人のコンテンツを勝手に使うことは許されません。

 

こちらも後に訴訟などに発展するケースがあるので決して行わないでください。

 

フェイク広告

 

たとえば芸能人の写真と商品の写真を合成して、いかにもその人が愛用しているように見せかけた広告などをフェイク広告と言います。

 

これもはっきり言って、話にならないです。

 

当然、大きな問題として発展しますので絶対に行わないでください。

 

薬機法(薬事法)を守ろう

 

健康、ダイエット、美容などのジャンルでサイトを運営している人は、表現についてのルールが法律で決まっています。

 

この法律を薬機法(昔は薬事法)と言います。

 

健康、ダイエット、美容などはアフィリエイトで稼ぎやすいジャンルですが、取り組むときには薬機法(薬事法)の勉強をしっかりとしましょう。

 

 

最後に

 

この記事ではアフィリエイトで使うキーワードや記事内容について、表現するときの注意点を説明しました。

 

少し怖くなった人もいるかもしれませんが、基本はルールをしっかり守れば何も怖くありません。

 

ルールや法律を破ったり、あきらかに悪質なことをせず、健全にビジネスをしている人には怖い内容ではないのです。

 

正しく活動して、明るく成功してほしいなと思っています。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのテーマやキーワードは日常生活の中から考えられる

アフィリエイトのテーマやキーワードは日常生活の中から考えられる

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

自分らしく成功するためには、自分が得意なことをビジネスのテーマに設定したほうが良いでしょう。

 

アフィリエイトをする場合にも、自分らしいテーマに合わせたサイトを作って、上位表示を狙ったキーワードからアクセスを集めて成功してほしいと思っています。

 

日常生活の中からアフィリエイトのテーマや、上位表示を狙うキーワードを考えるコツを教えます。

 

 

アフィリエイトはまだ稼げるのか

アフィリエイトはまだ稼げるのか

 

矢野経済研究所の記事でも、アフィリエイトの市場規模はまだ伸びていることがわかります。

 

体感としてもアフィリエイトで稼いでいる人を数多く知っているのでまだまだアフィリエイトで稼げるといえるでしょう。

 

ただし、Googleの検索アルゴリズムのアップデートなどに代表されるように、時代に合わせた戦略を取り入れることが大切です。

 

アフィリエイトとアドセンス

 

アフィリエイトとよく比較をされるのがアドセンスです。

 

アフィリエイトが成果報酬型の広告であるのに対し、アドセンスはクリック報酬型の広告です。

 

考え方としてはまずASPに登録をして、自分が紹介したいプログラムを探してみます。もしもASPから紹介したいプログラムがどうしても見つからない場合にはアドセンスからの収益を考えると良いでしょう。

 

 

アフィリエイトで月100万を稼ぐ日常

アフィリエイトで月100万稼ぐ日常

 

アフィリエイトで月100万円を稼いでいる人は、あなたが思っているよりも多いと思います。

 

あなたはアフィリエイトで月100万円を稼いでいる人の日常ってどんなものだと思いますか?

 

短期間ではなく、長く収益を得られる人はアフィリエイトという仕事にやりがいを感じて継続して情報発信を続ける人が多いです。

 

最初は収入がうれしい

 

私も最初はアフィリエイト報酬が稼げることが楽しかったです。

 

最初の報酬は700円でしたが、その日のことを今でも覚えています。

 

そこから、月10万円、20万円、50万円、70万円と報酬が伸びていくのは最初は楽しいものです。

 

お金のモチベーションは続かない

 

「ハーズバーグの動機づけ・衛生理論」でも提唱されていることですが、人間はお金の満足度だけでは決して高い次元の喜びは得られません。

 

人間が仕事において高い次元の喜びを感じるのは「充実感」「達成感」などの精神的な満足感であって、お金のモチベーションは実は長くは続かないのです。

 

実際に私自身もそうでしたが、多くの成功者が収入が増えること自体の喜びはある時からなくなるということを言っています。

 

長く稼げる人の日常

 

やはり長く稼げる人の共通点は、仕事にやりがいを感じているということです。

 

生きるためではなく、楽しいから続けられるという感じです。

 

アフィリエイトという仕事においても、情報発信をして人の役に立てることにやりがいを感じていれば、稼いだ報酬に関係なく高いモチベーションを持ち続けられるので作業を継続できて、結果的に長い期間稼ぐことができるのです。

 

自分を成長させることが日常

 

また、長く稼げる人は自分を成長させることにやりがいを感じている人が多いです。

 

インターネットマーケティングは時代に合わせてやり方がどんどん変わりますし、一時期の実績に関係なく勉強を続けることが必要です。

 

ですから、常に自分を成長させていこうというモチベーションを持てたほうが長く成功できるのです。

 

喜ばせることが大切

 

アフィリエイトという仕事はパソコンと向き合って黙々とやるという感じなので、あまり「お客様」という存在を意識しない人が多いです。

 

しかし、アフィリエイトの本質はインターネットで情報発信をして、読者さんや視聴者さんに価値を提供した結果、アクセスが集まり報酬になるわけです。

 

ですから、日常的に「お客様を喜ばせるための仕事」という意識を持つことが大切です。

 

 

アフィリエイトで月100万を目指すなら

アフィリエイトで月100万を目指すなら

 

コンサルティングをしていても、「月100万円を稼げるようになりたいです」ということをよく言われます。

 

もちろん、月100万円という収入の目標は良い目標だと思います。

 

月100万円を目指すなら、健全な理解と気持ちを持って、ひたむきに情報発信を続けることが大切です。

 

「らくして」を間違えないこと

 

アフィリエイトやインターネットビジネスの業界では「らくして稼げますよ」という言葉をよく目にすると思います。

 

しかし、それはあくまで結果論です。

 

仕組みを作れば働いていない瞬間も売上が出るのはインターネットマーケティングの事実ではありますが、その仕組みを作ったり維持するための作業は必要なのです。

 

成功事例は常に調べる

 

インターネットマーケティングは「時代に関係なく共通する原理原則」と「時代に合わせて変えるべきやり方」の2つで成り立っています。

 

たとえば一年間で考えても、多くのやり方を変更することは日常的です。

 

そのため、常に最新の成功事例を調べたり学んだりするひたむきさは必要だといえます。

 

アフィリエイトだけがビジネスではない

 

月100万円を安定して稼ぎたいのであれば、アフィリエイトだけに焦点をしぼらなくても良いでしょう。

 

最初はアフィリエイトでも良いかもしれませんが、ご自分のサービスを作って販売できるようになれば収益のチャンスはさらに拡大します。

 

無理にアフィリエイトに固執するのではなく、さまざまな可能性を考えて活動をしましょう。

 

日常的にビジネスを楽しもう

 

当たり前ですが、アフィリエイトも仕事なので今後の人生で継続して取り組んだほうが成果が伸びます。

 

そのためにもアフィリエイトというビジネスを好きになっていただく必要があります。

 

ここまでに書いたように、ご自分の活動に対して「やりがい」「達成感」を感じられるようにテーマを選んだり、日常的に記録をつけたりするようにしましょう。

 

情報発信を楽しもう

 

インターネットの情報発信は、やればやるほどおもしろいです。

 

というのも、SEO(検索エンジン対策)もSNSもYouTubeも、最初はなかなかアクセスやフォロワー数や視聴数が増えないのですが、継続して情報発信をやっていると少しずつアクセスが増えていきます。

 

アクセスが伸び始めてからは、急速にメディアが育つことも多いので、初期のアクセスが少ない時期に挫折せずに継続して情報発信をすることが大切です。

 

疲れたら

 

もしもアフィリエイトというビジネスや情報発信の作業に疲れてしまったら、自分の理念を確認しましょう。

 

そのためにも「自分は、どんな人のどんな悩みを解決するためにビジネスをするのか」という理念を作っておきましょう。

 

モチベーションの根本がお金の目標だけだとどうしても挫折してしまうので、理念を作っておくことはとても大切なのです。

 

まずGoogleで検索をしてみよう

 

わからないことがあれば、まずはGoogleで調べてみましょう。

 

「成功例」や「やり方」などのキーワードで検索をする習慣を日常的につけていきましょう。

 

あなたに合った1対1のアドバイスは検索では得られませんが、だいたいの成功事例やツールの使い方などは検索エンジンでかなり調べることができます。

 

 

情報発信の基本

情報発信の基本

 

アフィリエイトで稼ぐために情報発信は欠かせません。

 

というより、アフィリエイトの本質は情報発信をしてアクセスを集めることです。

 

最初は慣れないと思いますが、やりながら成長すればOKです。ユーザーの役に立つ情報をコツコツと発信しましょう。

 

ユーザーが知りたいことを発信する

 

メディアのジャンルを決めたら、そのジャンルにおいてユーザーが知りたいことを発信することがポイントです。

 

情報発信の初心者はついつい自分の視点で記事を書いてしまいますが、本当に書くべき内容はユーザーが知りたいことです。

 

ライバルをチェックしたり、読者さんの反応をチェックしたり、アンケートを取ったりしながら、ユーザーに役立つ情報を発信しましょう。

 

サイトはwordpressで作ろう

 

アフィリエイトサイトはwordpressで作ることをおすすめします。

 

wordpressは世界中で使われているブログシステムです。

 

自分で契約をしたレンタルサーバーと独自ドメインで運営するので、広告が勝手に挿入される心配やアカウントが消される心配がありません。

 

メルマガやLINE公式アカウントも使おう

 

情報発信において、サイトやSNSのように「ユーザーがアクセスしてくるのを待つ媒体」のことを「プル型の媒体」と言います。

 

これに対してメルマガやLINE公式アカウントのように、こちらから読者さんに発信ができる媒体のことを「プッシュ型の媒体」と言います。

 

情報発信をより強化するためにもメルマガやLINE公式アカウント(旧LINE@)も取り入れていくと良いです。

 

情報発信しながら文章を書く練習を積む

 

はじめは文章を書くことに苦労する場合もあります。

 

そうしたとき、文章の訓練を積んでから情報発信を始めようと思うと時間がかかりすぎるので、情報発信をしながら文章を書く練習を積むことを意識してください。

 

はじめのうちは文章が下手でも構わないので、とにかく継続して発信をすることが大切だと覚えておきましょう。

 

 

サイトのテーマの決め方

サイトのテーマの決め方

 

アフィリエイトにおいてサイトは中心的な存在です。

 

アフィリエイトリンクのあるサイトにアクセスを増やすことでアフィリエイト報酬を稼げます。

 

まずはサイトのテーマをしっかり決めて、そのテーマの中でユーザーの役に立つ情報発信を日常的に行いましょう。

 

特定のテーマに特化した方が良い理由

 

サイトのアクセスは多くの場合、検索エンジンから集まります。

 

つまり検索エンジンで特定のキーワードで検索をしたときに、あなたのサイトが検索結果で上位表示されていればその分だけアクセスが集まりやすいです。

 

検索エンジンは「何のサイトなのか」というのが明確な方が評価をする傾向ですので、サイトのテーマをしっかり決めることが大切です。

 

自分の日常から決める

 

ここまでに説明したように、長く稼ぎたいのであれば情報発信を継続する必要があります。

 

そのためにも自分の日常から考えて、好きなことや得意なこと、説明できること、調べていてつらくないことなどをテーマに選ぶと良いです。

 

日常生活の中で、自分がどんなことに興味を持っているか、一度確認してみると良いでしょう。

 

得意なことは何か

 

今までのお仕事の経験や、人から「ありがとう」と言われた経験から考えて、自分が得意なことを探してみるのも良いです。

 

得意なことは続けやすいです。

 

また得意なことは仕事にすると成果が出る確率も高いので、得意なことからサイトのテーマを決めても良いでしょう。

 

ASPに登録をしよう

 

サイトのテーマが決まったら、ASPに登録をしてみましょう。

 

ASPとは「アフィリエイト・サービス・プロバイダー」の略で、かんたんに言うとアフィリエイトのプログラム(広告)を探したり取り出せるサービスのことです。

 

無料で登録ができて、報酬もASPから支払われます。

 

メインキーワードを考える

 

ASPから自分が紹介をしたいプログラムが決まったら、そのプログラムがどんな人の役に立つ商品なのかを考えてみてください。

 

そこから「そういうユーザーはどんな検索キーワードで検索をするか」ということを考えて書き出してみましょう。

 

サイトにアクセスを集めるには、何かのキーワードで上位表示をする必要がありますので、そのキーワードを考えるのです。

 

記事で狙うのは関連キーワード

 

メインキーワードが決まったら、その関連キーワードをピックアップしましょう。

 

1つずつの記事で上位表示を狙うのは、関連キーワードです。

 

たとえば「英会話」というメインキーワードに対して、「英会話 初心者」「英会話 上達」という関連キーワードがあるなら、それぞれの関連キーワードに対して1記事ずつ記事を書くのです。

 

関連キーワードを見つけるツール

 

関連キーワードを見つけたり、その関連キーワードに対してどういう記事を書くべきなのかを調べられるキーワード調査のシステムがあります。

 

SEOツールや、サジェストキーワードはうまく使いこなしましょう。

 

関連キーワードのピックアップは、自分の力でやるよりもシステムにまかせたほうが早い上に正確です。

 

 

日常から判断できるトレンドキーワード

日常から判断できるトレンドキーワード

 

トレンドキーワードとは、一時的にアクセスの増加が見込めるタイムリーなキーワードのことです。

 

たとえばニュースなどで話題になっているキーワードは検索数が急上昇します。

 

こうしたトレンドキーワードを見つけるために、日常的にキーワードを意識しながらテレビやニュースを見ると良いかもしれません。

 

多くの人が興味を持っていること

 

たとえばオリンピックやワールドカップなど、多くの人が興味を持っていることに関するキーワードはアクセスが急上昇する可能性もあります。

 

あるいは、クリスマスや夏休み、新生活、ハロウィンなど、毎年あるイベントも、定期的にアクセスが増える見込みがあります。

 

こうした多くの人が興味を持っていることや、それに関する検索キーワードを日常的にメモをしておくと良いです。

 

ニュースで話題になっているキーワード

 

芸能ニュースなどで話題になっているキーワードも検索数が上がります。

 

芸能ニュースだけでなく、災害などのキーワードも考えられるし、表彰された人や映画などに関するキーワードも考えられます。

 

日常生活の中で、「今、何が話題かな」ということは注目をすると良いです。

 

知名度があるキーワード

 

すでに知名度があるキーワードは、日常的に検索需要があるし、話題になればさらに急上昇します。

 

もし扱うプログラムの商品名がもともと知名度があるのなら、商品名をキーワードにして記事を書くと良いでしょう。

 

商品名をすでに知っている人は商品に興味を持っているので成約率が高い傾向です。

 

長期的に検索の需要はあるか

 

トレンドキーワードはアクセスが急上昇する可能性があるものの、ブームが過ぎてしまえばアクセスが減ることもあるというのがデメリットです。

 

ですから、トレンドキーワードの中でも長期的に検索の需要があったり、定期的に検索の需要が高まる見込みのあるものを狙うと良いです。

 

たとえば毎年あるイベントだったり、定期的に発生する話題であれば、次回以降に話題のときもアクセスを集めやすいでしょう。

 

ライバルの強さもチェックしよう

 

トレンドキーワードはメリットもありますが、大手のサイトもそうしたキーワードを狙っています。

 

ご自分が「このキーワードで記事を書こうかな」と思ったときには、必ずそのキーワードで一度検索をしてみてください。

 

検索結果に大手企業のサイトなどが多ければ、キーワードをずらして考えます。

 

たとえば「サッカー ワールドカップ」というキーワードでは大手のサイトが多いとしても、「サッカー ワールドカップ ルール 基本」というキーワードなら個人のブログでも上位が取れているということがあります。

 

これが「キーワードずらし」です。

 

トレンドキーワードはスピード勝負

 

トレンドキーワードを狙う場合はスピード勝負です。

 

話題のうちに記事を書いて検索エンジンに評価を受けないと、話題が過ぎてしまうからです。

 

ですからトレンドキーワードを狙う場合には日常的に話題のキーワードに注目をしてすぐに記事を書く意識を持つことが大切です。

 

まとめサイトはおすすめできない

 

他の人が書いたコンテンツ(記事や投稿など)をまとめて自分のサイトに掲載したものをまとめサイトと言います。

 

大型のサイトですでに有名なものはまだしも、これからそうしたまとめサイトを個人で作ってアクセスを集める戦略はきびしいと言えます。

 

検索エンジンはオリジナルコンテンツを優先的に上位表示しますので、しっかり自分で書いた記事を公開しましょう。

 

 

収益を大きくするために

収益を大きくするために

 

より収益を大きくするために、いくつかのコツを覚えましょう。

 

まず大前提なのがここまでに説明したように、継続して取り組むことです。

 

仕組み化していくことがある程度は手を放していても稼げますが、定期的にメンテナンスをしたり情報発信をすることは大切です。

 

Googleの動向

 

より大きな収益を狙うのなら知っておきたいのがGoogleの動きです。

 

Googleは定期的に検索エンジンの仕組みをアップデートします。

 

全体的な動きとしては「検索キーワードの検索意図を理解した上で、その答えにふさわしいオリジナルのコンテンツを上位表示する」というものなので、このポイントを意識して記事を書くことが上位表示への近道です。

 

Search Consoleを使おう

 

Search ConsoleはGoogleが提供している無料のアクセス解析ツールです。

 

Search Consoleを使えば、どんな検索クエリ(キーワード)で順位がついているのかをチェックできます。

 

またサイトの構造に直すべきポイントが発生した場合にはSearch ConsoleをとおしてGoogleが知らせてくれます。

 

11位から20位はメンテナンスをする

 

Search Consoleでチェックをしたときに、11位から20位に位置しているキーワードに関しては、そのキーワードで書いた記事をメンテナンスしましょう。

 

11位から20位まで検索順位が上がっていれば、そのキーワードをもっと記事の中で使ったり、あるいは検索意図に対してより詳しい解説をすることで10位以内に入る可能性があります。

 

このようなメンテナンスをするためにも、記事で狙ったキーワードとその記事のURLをスプレッドシートなどにまとめておくと便利です。

 

意図していないキーワードを見つけたら

 

Search Consoleをチェックしていると「え、こんなキーワードで順位がついている」と思うことがあります。

 

そうした意図していないキーワードで順位がついていたら、そのキーワードで新規に記事を書くと良いです。

 

ようは、そのキーワードでもあなたのサイトは評価を受けているということなので、そのキーワードでしっかり記事を書けば上位表示が取れる可能性があります。

 

内部リンクを増やそう

 

内部リンクとは、サイトの中のあるページから同じサイトの中の別のページへ送ったリンクのことです。

 

キーワードを探すためのツールならこちら

 

上のようなものが内部リンクと言います。

 

内部リンクが多いほうが検索エンジンが評価してくれる傾向が強いので、自分のサイトの記事において関連する記事へは内部リンクを貼りましょう。

 

記事は網羅性も大切

 

記事の内容はユーザーが知りたいことをしっかり書くようにしましょう。

 

記事で狙っているキーワードについて、「ユーザーはなぜそのキーワードで検索をしているのか」を考え、その答えとなる記事を書くことでアクセスが集まります。

 

なぜなら、検索エンジンもユーザーの検索意図の答えとなるコンテンツを検索結果で返すからです。

 

検索意図をしっかり考えよう

 

したがって、記事を書く前にユーザーの検索意図をしっかり書き出すようにします。

 

どんな悩みを持ったユーザーがターゲットなのか、何が知りたいと思っているのかを書き出しておくのです。

 

そして、その答えとなる記事になるように構成から考えて、最後に文章を書くのです。

 

情報は最新にしよう

 

検索エンジンは情報が最新かどうかも検索結果の判断基準としています。

 

一度書いた記事についても、情報を最新にするべきものは変更をしましょう。

 

これも、先程説明したようなスプレッドシートに記事のURLや狙ったキーワードをまとめたものを保存しておくと便利です。

 

記事タイトルの考え方

 

サイトの場合はキーワードが入った記事タイトルを作りましょう。

 

その記事で上位表示を狙っているキーワードを記事タイトルにも使います。

 

文字数は全角なら32文字以内が検索結果に表示される文字数なので、32文字以内に整えます。

 

 

知っておくべき知識

知っておくべき知識

 

アフィリエイトをする上で知っておくべき知識がいくつかあります。

 

特にGoogleのアップデートについては基本を知っておきましょう。

 

Googleは検索エンジンの仕組みを繰り返しアップデートしていますので、そのたびに検索順位が多少変動します。

 

Googleのアップデートとは

 

Googleにはアルゴリズムという検索順位を決める基準となる仕組みがあります。

 

大きく分けて「パンダアップデート」という記事の質やサイトの構造などをチェックするサイトの内側に対してのアルゴリズムのアップデートと、「ペンギンアップデート」という外部サイトからの被リンクの質などをチェックするサイトの外側に対してのアルゴリズムのアップデートがあります。

 

どちらも、ずるいことをせずにしっかりと検索ユーザーのためになる記事を日常的に書いていれば怖くありません。

 

薬機法(薬事法)

 

薬機法とは、美容や健康に関わる商品に関して使って良い表現を定めた法律です。

 

昔は「薬事法」という名前でした。

 

法律なので守らないと罰則がありますし、検索エンジンもこの法律はかなりチェックしているので美容や健康といったジャンルのサイトを運営している人はチェックをしましょう。

 

薬機法(薬事法)を学ぶなら

 

YMYLとは

 

YMYLとは「Your Money Your Life」の略で、かんたんに言うとお金や健康や法律など、人生に影響が大きい内容のページを指す言葉です。

 

このYMYLに当てはまるジャンルについては、その他のジャンルよりも高い質の記事や内容の根拠や信頼性が問われます。

 

「金融」「医療」「法律」「公式情報」などが当てはまります。お金や健康や法律についてはYMYLに当てはまります。

 

 

最後に

 

この記事ではアフィリエイトで狙うキーワードについてのヒントや日常的に情報発信や作業をするポイントを説明しました。

 

普段の生活から、アフィリエイトという仕事を意識して過ごしてみましょう。

 

あなたが長く続けていて楽しいジャンルで成功してくれることを願っています。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトやインターネット集客でキーワード選定が重要な理由

アフィリエイトやインターネット集客でキーワード選定が重要な理由

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトやインターネット集客において、キーワード選定はとても重要です。

 

キーワード選定しだいで、あなたのビジネスの成約率や売上が決まると言っても良いです。

 

キーワード選定とは「どんなお客様を集めるのか」に直結する作業ですから、ポイントをしっかり学びましょう。

 

 

キーワードの基本と重要性

キーワードの基本と重要性

 

キーワードとは、一般的には「手がかりとなる重要な言葉」という意味ですが、インターネットの中では「検索ワード」のことを言います。

 

ユーザーが検索エンジンに打ち込んで検索をかける言葉のことを「キーワード」というのです。

 

ご自身のサイトの記事をどんなキーワードで検索結果において上位表示させるかによって、アフィリエイトやインターネット集客の成果が変わります。

 

キーワードとは

 

キーワードとは検索キーワードのことです。

 

検索エンジンのユーザーは検索をするときに、検索バーにキーワードを入力します。

 

自分のサイトに来てほしい人が検索しそうなキーワードで、検索結果で上位表示できれば理想的なアクセスが集まります。

 

キーワード選定とは

 

このキーワードを選ぶ作業をキーワード選定と言います。

 

サイトにアクセスを集めるためには、キーワード選定がとても重要です。

 

なんとなく記事を書くのではなく、「どんなキーワードで上位表示させたい記事なのか」を意識して記事を書くことが重要です。

 

集客用の記事と成約を取る記事

 

サイトの場合は、サイトにアクセスを集める記事と売上を出す記事をわけて考えます。

 

キーワードを意識して書く記事はアクセスを集める記事です。

 

検索エンジンから集客用の記事にアクセスを集め、その記事から商品を紹介しているページへ誘導をします。

 

キーワードずらしとは

 

キーワードによっては、ライバルとなるサイトに大手企業のサイトが目立つことがあります。

 

その場合は「キーワードずらし」という考え方を使います。

 

たとえば、「英会話」という単語で検索をしても大手の英会話スクールのサイトばかり目立つのに対して「英会話 40代 サラリーマン」などと他の単語を入れてみるとライバルが減ることがあるのです。

 

売上の8割が決まるほど重要

 

インターネット集客やアフィリエイトの世界では、サイトの売上の8割はキーワード選定で決まると言われるくらいです。

 

それほど、キーワード選定は重要な作業です。

 

「どんな検索キーワードで調べた人がアクセスしてくるのか」しだいで、理想のターゲットが集まるかどうかが決まるからです。

 

狙うのは購買につながるキーワード

 

あなたが自分のサイトで上位表示を狙うべきキーワードは、あなたがアフィリエイトをしている商品や提案したい商品の見込み客が検索しそうなキーワードです。

 

たとえばダイエット用品をアフィリエイトしたい場合、「ダイエット 自宅 用具」というキーワードなら、購買につながりそうです。

 

一方で、「ダイエット 無理 言い訳」というキーワードで調べる人は、ダイエット用品を買わなそうですよね。

 

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

 

それでは、キーワードの見つけ方についてポイントを挙げます。

 

流れとしては、まず軸となるメインキーワードを決め、その関連キーワードをピックアップします。

 

そして複合キーワードから優先してライバルチェックをしながら記事を書くのです。

 

まずは取り組むジャンルを決めよう

 

これからビジネスを始める人は、まず取り組むジャンルを決めましょう。

 

ジャンルはできるだけ自分がやりたいジャンルが良いでしょう。

 

今後の人生で取り組んでいけそうなやりがいを感じるジャンルを選びます。

 

今までの経験や知識、好きなこと、趣味などから連想しても良いです。

 

メインキーワードを決める

 

メインキーワードを決める段階では、まだライバルのことを気にしなくて良いです。

 

実際に上位表示を狙うのは、最初のうちはメインキーワードの関連キーワードなので、メインキーワード自体に強いライバルがいても構いません。

 

したがって、メインキーワードはご自身が取り組むジャンルやアフィリエイトをしたい商品からシンプルに連想して構いません。

 

関連キーワードをピックアップ

 

メインキーワードが決まったら、その関連キーワードをピックアップします。

 

検索エンジンの検索結果の下にある「関連キーワード」やサジェストキーワードから集めても良いですが、ツールを使ったほうがかんたんです。

 

関連キーワードの中でも購買につながりそうなキーワードを選びます。

 

検索意図は何か

 

集めたキーワードに対して記事を書くときには、いきなり文章を書くのではなく、まずは「ユーザーの検索意図」を考えることが重要です。

 

検索意図とは「どうしてそのキーワードで検索をするのか」というユーザーの心理のことです。

 

検索エンジンはこうした検索意図の答えにふさわしいコンテンツを上位表示しますので、記事を書く前にキーワードの検索意図を考えることはとても重要なのです。

 

キーワードリストを作る

 

自分が記事で狙ったキーワード、その記事のURL、その記事で紹介した案件などはスプレッドシートなどに記録しましょう。

 

このようなキーワードリストを作っておくと、あとでメンテナンスをするときに役立ちます。

 

アクセス解析などをしてメンテナンスをしたほうが良い記事が見つかったとき、その記事で狙ったキーワードなどがわからないと補強できないからです。

 

自分でキーワードを選ぶ方法

自分でキーワードを選ぶ方法

 

検索エンジンの機能を利用して、自分でキーワードを見つける探し方もあります。

 

上の図のように、検索エンジンでメインキーワードを検索すると、検索結果の下部には関連キーワードが出現します。

 

関連キーワードで検索をし直すと、その関連キーワードも出てくるので、掘り下げることが可能です。

 

ツールでキーワードを選ぶ方法

 

自分でキーワードを選ぶのはかなり骨が折れる作業です。

 

そこで、キーワードの候補を見つける作業はツールにまかせることをおすすめします。

 

コンテンツスカウターZというツールなら、関連キーワードやライバルサイトの情報を自動的に集めてくれます。

 

複合キーワードから記事を書こう

 

集めたキーワードの中でも、最初に優先するべきなのは複合キーワードです。

 

複合キーワードとは「サイト 記事 書き方」といったようにいくつかの単語で構成されたキーワードのことです。

 

複合キーワードのほうがライバルが弱いことが多く、ターゲットもしぼれていてユーザーに役立つ記事が書きやすいです。

 

記事を書くコツ

 

記事を書く前には、必ずキーワードの検索意図を書き出しましょう。

 

また、狙っているキーワードで検索をしてライバルの見出し構成をチェックし、より検索意図に合った構成を考え、それから記事を書きます。

 

1記事は平均して4000文字くらいが良いと言われています。

 

キーワードを使うメリットとデメリット

 

狙っているキーワードは、記事タイトルと、記事の文中に最低1回ずつ使います。

 

キーワードを使って記事を書くメリットは、そのキーワードで上位表示できる可能性が上がることです。

 

デメリットはあまりありませんが、キーワードを意識しすぎて不自然な文章にならないように注意しましょう。

 

 

最後に

 

この記事は、アフィリエイトやインターネット集客を始める人にキーワード選定の重要性を理解してもらうために書きました。

 

まずは、キーワード選定はサボってはいけない作業だということを理解してください。

 

その上で、この記事にまとめたポイントを生かしてキーワード選定を行い、記事を書いてみましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトで稼げるキーワードの探し方を覚えて報酬アップしよう

アフィリエイトで稼げるキーワードの探し方を覚えて報酬アップしよう

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトの基本はサイトを作って検索エンジンからアクセスを集めることです。

 

検索エンジンからのアクセスを集めるためにキーワード選定がとても大切です。

 

キーワードの探し方しだいで、アフィリエイト報酬を稼げるかどうかが決まります。

 

 

キーワードとは

キーワードとは

 

アフィリエイトにおけるキーワードとは、「検索キーワード」のことです。

 

検索エンジンで検索をするときには、検索バーに言葉を入れて検索をしますよね。

 

このように検索バーに入力する言葉のことを「キーワード」と言います。

 

キーワード選定をする意味

 

アフィリエイト報酬を稼ぐには、自分のサイトにより多くのアクセスを集める必要があります。

 

サイトにアクセスを集めるには、ユーザーが検索エンジンで特定のキーワードで検索をしたときに自分のサイトが検索結果で上位表示されている必要があります。

 

ですから、サイトの記事を作るときに「どんなキーワードで上位表示を狙うのか」を考える作業が必要です。

 

この作業をキーワード選定と言います。

 

 

良いキーワードの探し方

良いキーワードの探し方

 

良いキーワードとはずばり、アフィリエイト報酬につながるキーワードのことです。

 

つまり、自分がアフィリエイトをしている商品を買う人が検索をしそうなキーワードを狙うと良いのです。

 

そのためにはまず、サイトのジャンルを決めて、アフィリエイトをする商品をはっきりと決めておきましょう。

 

まずは自分のサイトのジャンルを決定

 

自分のサイトを何について情報をまとめるサイトにするのかを最初に決めます。

 

長期的に稼ぐことを考えるのなら、やっていて充実感を感じるジャンルを選ぶと良いです。

 

合わせてASPも確認しながら、そのジャンルで目標とする金額を稼げそうな案件があるかどうかも調べましょう。

 

アフィリエイトをする商品を決定

 

サイトのジャンルを決めることと合わせて、サイトでアフィリエイトをする商品もASPから探します。

 

報酬の条件などは、ASPの案件の概要欄に載っているのでしっかりとチェックをしましょう。

 

アフィリエイトは成果報酬型の広告なので、あまり単価が低い案件だとまとまった金額は稼げません。

 

アフィリエイトをする商品のターゲット

 

ASPからアフィリエイトをする商品を決めたら、その販売ページを実際に見てみましょう。

 

販売ページをしっかり読めば、その商品がどういうターゲットに向けたものなのかがわかります。

 

同じジャンルの商品でも、商品ごとにターゲットが違うため、サイトで狙うキーワードも変わります。

 

報酬につながるキーワードとは

 

たとえば「ビジネスを学ぶ教材をアフィリエイトしたい」と思ったとします。

 

そのときに「ビジネス 成功 初心者」というキーワードと、「ビジネス 初心者 無理」というキーワードなら、どちらのほうが提案する商品を買ってくれるユーザーが集まりそうですか?

 

この場合は「ビジネス 成功 初心者」のほうがビジネスをやる意欲がありそうなので、購入につながりそうですよね。

 

アフィリエイトの場合は実際に商品が売れなければ報酬が発生しないので、報酬が発生するようなキーワードを狙う必要があります。

 

複合キーワードにも注目

 

たとえば「ビジネス」という単語だけのキーワードではなく、「ビジネス 初心者 成功例」など、いくつかの単語で構成されたキーワードのことを複合キーワードと言います。

 

一つの単語だけのキーワードだとターゲットが広いですが、複合キーワードにするとターゲットがしぼられます。

 

ターゲットをしぼったほうが、少ないアクセスでも報酬が発生することもあるので、複合キーワードにも注目をしましょう。

 

 

アフィリエイト報酬はキーワードしだい

 

アフィリエイト報酬はキーワードしだい

 

アフィリエイト報酬が発生するかどうかはキーワードの選び方で8割決まるとも言われます。

 

実際にここまでに説明したように、キーワードの選び方によっては少ないアクセスでも購買意欲の高いキーワードを集められて報酬が発生することもあります。

 

キーワード選定はアフィリエイトで報酬を稼ぐために、欠かせない作業なのです。

 

どんなアクセスが集まるか

 

アフィリエイトで報酬を稼ぐコツは、アクセスを集めることです。

 

しかし、それは「商品の購買につながるアクセス」を集めることを指しています。

 

ですから、そもそも商品のターゲットが検索しそうなキーワードを選ぶことが大切なのです。

 

次にコンテンツが大切

 

インターネットにおけるコンテンツとは、記事や画像や動画や音声などを指しています。

 

サイトの場合は記事のことをコンテンツと言います。

 

キーワードを選んだら、そのキーワードを記事タイトルや記事の本文に使用しながら記事を書きます

 

キーワードで上位表示を取るには

 

狙ったキーワードで上位表示を取るために、検索エンジンがどういう記事を評価しているのかを覚えましょう。

 

検索エンジンは、「ユーザーの検索意図に対して適切に情報をまとめているコンテンツを評価している」のです。

 

ですから、狙ったキーワードで上位表示を目指すために、「そのキーワードで調べる人はどんなことが知りたくて検索をしているのか」ということを記事を書く前に書き出しておきましょう。

 

 

報酬が発生しやすいキーワードとは

報酬が発生しやすいキーワードとは

 

大きくわければ、報酬が発生しやすいキーワードの種類は3つあります。

 

1つは、悩みに関するキーワード。もう1つはおすすめ情報に関するキーワードです。この2つはもともと購買意欲の高いキーワードです。

 

そして「商品名」をそのままキーワードにするのも報酬が発生しやすい例の一つです。

 

悩みを解決する

 

検索エンジンを使うユーザーの中でも、悩みを解決するために調べ物をしている人は、自分の問題や悩みを自覚していてそれを解決したい意欲があるから検索をしているわけです。

 

つまり、そういうキーワードで調べるユーザーに対して、解決策として「これをやると良いよ」と提案すると同時に、それを詳しく学んだり取り組むための商品やサービスをアフィリエイトすれば報酬が発生しやすいのです。

 

逆を言えば、ご自身がアフィリエイトをしている商品は「どんな悩みを持った人に向けた商品なのか」をピックアップしておくと、こうしたキーワードを見つけやすいでしょう。

 

商品名

 

商品名をそのままキーワードにすれば、すでに商品のことを知っているユーザーを集められます。

 

商品のことを知っているユーザーで、商品名で実際に検索をしているということは、購買意欲はとても高いと考えられます。

 

商品名をキーワードにする場合は、記事内容は商品の内容やメリット、それを利用して得られる未来について書くと良いです。

 

おすすめ情報

 

「英語 教材 おすすめ」とか「英語 レッスン お手頃」とか、何かのおすすめ情報を調べる人が検索しそうなキーワードも報酬が発生しやすいです。

 

なぜなら、おすすめ情報を調べているということは、何かのサービスを利用するつもりはあるということだからです。

 

おすすめ情報に関するキーワードは、キーワードによって「内容」「価格」「場所」「メリット」など、おすすめの基準となるポイントが違うので、それを比較してあげると良いかもしれません。

 

 

報酬を獲得するキーワードを選ぶなら

報酬を獲得するキーワードを選ぶなら

 

アフィリエイト報酬を稼ぐためにキーワードの選び方がとても大切なことはわかりましたよね。

 

報酬を獲得できるかどうかはキーワードの選び方しだいと言っても良いです。

 

ですから、キーワードの考え方はしっかりと教材で学ぶことをおすすめします。

 

キーワード革命

 

報酬につながるキーワード選定をマスターするためのオススメの教材として、「キーワード革命」があります。

 

まだサイトからのアフィリエイト報酬が月30万円に届いていない人は必ずチェックしてください。

 

セミナー動画形式の教材で、キーワード選定の本質とやり方を学ぶことができます。

 

オススメな人

 

キーワード革命がオススメな人は、まずアフィリエイトで月30万円ほどの報酬を稼いだことがない人です。

 

また、実績に関係なく「キーワードについて真剣に学んだことがない」という人にもオススメです。

 

あとは、キーワード選定の中でも「売れるキーワードの選び方」を知りたい人にも役立ちます。

 

特典

 

キーワード革命には、本編のセミナー動画のほかに豪華な特典もついています。

 

キーワードを選ぶツール(かなり便利)だったり、アフィリエイトを学ぶサービスへの参加権なども付いています。

 

wordpressのインストールマニュアルもあるので、これからアフィリエイトを始める人にも向いています。

 

 

最後に

 

アフィリエイト報酬を稼ぐためには、サイトにアクセスを集める必要があります。

 

アクセスを集めるために、検索エンジンに評価をされる必要があるのですが、「どんなキーワードで評価を受けるか」ということをしっかり決めることが大切です。

 

このキーワードの選び方しだいで、アフィリエイト報酬が稼げるかどうか決まりますので、ぜひキーワードの選び方はしっかりと学んでくださいね。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワード選定とインターネットの情報発信のコツ

 

アフィリエイトのキーワード選定とインターネットの情報発信のコツ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトをはじめ、インターネットで稼ぐ方法はたくさんあります。

 

ただ、「実際に稼いでいる人はいるのか」という基本的な情報や、「何をすれば良いのか」という基礎知識を知らない人もいるでしょう。

 

アフィリエイトやアドセンスやコンテンツビジネスで稼いだり、インターネット集客を行うには、SEO(検索エンジン対策)やキーワード選定や情報発信のコツを覚えることから始めましょう。

 

 

インターネットで月100万円は稼げるのか

インターネットで月100万円は稼げるのか

 

インターネットを使ってビジネスをして月100万円以上稼いでいる人は、あなたが思っているよりもはるかに多いでしょう。

 

インターネットビジネスをしている人のうち9割は稼げていないという話もありますが、そのほとんどは「途中で諦めた人」です。

 

しっかりと半年、1年と取り組んでいる人の多くは成果を上げています。

 

 

実際に稼いでいる人はいるのか

実際に稼いでいる人はいるのか

 

弊社ではコンサルティングをやっていますので、成功事例がどんどん集まってきます。

 

また、長年のキャリアの中で多くの成功者を存じ上げています。

 

アフィリエイトだけに限定をしても、月100万円は決してめずらしくはないし、月500万円以上売り上げている例もあります。

 

 

稼げる人は何をしているのか

稼げる人は何をしているのか

 

もちろん、人によってやっているビジネスが違いますし、「インターネットを使っている」というレベルでいえばオフラインのビジネスにインターネットから集客するのも当たり前の時代です。

 

ただし、完全にインターネットだけでできる稼ぎ方としては3つあると思います。

 

広告収入を得る「アフィリエイト」や「アドセンス」、そして自分のオンラインサービスを販売する「コンテンツビジネス」です。

 

アフィリエイト

 

インターネットビジネスの中でも特に有名なのがアフィリエイトでしょう。

 

アフィリエイトは成果報酬型の広告と言いまして、自分のインターネット上のメディアに掲載をした広告をクリックした人が、実際にその商品やサービスを購入した場合などに成果が支払われる仕組みです。

 

アフィリエイトをする商品やサービスによっては、1件あたりに獲得できる報酬の単価も高く、まとまった金額を稼ぎやすいモデルです。

 

アドセンス

 

アフィリエイトと似たビジネスモデルに「アドセンス」があります。

 

アドセンスはGoogleの広告を自分のメディアに掲載し、その広告がクリックされたら報酬が発生するビジネスです。

 

アフィリエイトに比べて報酬の単価は低いですが、広告の内容は自動的に最適化されるため、メディアにアクセスを集めることに集中をすれば成果が出ます。

 

コンテンツビジネス

 

大きな成果を上げる人が取り組んでいるのがコンテンツビジネスです。

 

たとえば「英語が上達するレッスン」や「ゴルフの初心者向け講座」や「きれいな写真の撮り方の講座」など、ご自身が持っているノウハウや情報を提供するビジネスです。

 

ユーザーのニーズを集めながら、サービスや商品の内容を最適化していけば、単価の高いビジネスモデルで成功できます。

 

 

アフィリエイトで稼げない人の理由

アフィリエイトで稼げない人の理由

 

インターネットビジネスやインターネット集客でうまくいかない人にはある程度の共通点があります。

 

弊社で多くご相談を受けてきて特に多い問題点を挙げます。

 

例として、アフィリエイトでうまくいかない人の共通点を書きますが、実際には多くのインターネットビジネスに当てはまる項目です。

 

ジャンルを決めていない

 

まず、どんなビジネスをやるにせよ、最初の段階でアクセスを集めるには「●●の人」や「●●のサイト」といった特定のジャンルに特化することがポイントです。

 

キャラクタービジネスをやるにしても、最初はジャンルが決まっていたほうが良いです。

 

特にアフィリエイトの場合は、アフィリエイトをする商品やジャンルを決めなければ、どんなメディアを育てるのかが決まらないので先に進みません。

 

記事数が足りていない

 

検索エンジン対策(SEO)も、SNSやYouTubeからのアクセスも、ある程度コンテンツの数が必要です。

 

インターネット集客は、一定の割合で順調に伸びるというよりは、あるところまでは成果が感じらないけど継続していくと突然アクセスやフォロワーが伸びるという感じです。

 

サイトの場合は最初は100記事を目標にすることを多くの成功者が共通して言っています。

 

使うべきツールを使っていない

 

これもかなり大切なことなのですが、インターネットビジネスをやる上でツールを使ったほうが確実に良いこともあります。

 

ツールといっても「稼がせてあげますよ」という変なツールではなく、たとえば検索エンジン対策(SEO)で狙ったほうが良いキーワードを見つけることに役立つツールなど、データを集めたり分析をする作業はツールにまかせたほうが賢明です。

 

「らくをして稼ぐ」というのは間違いですが、ツールがやったほうが正確な作業はツールにまかせましょう。

 

基本的なマインドセット

 

先ほど少し書きましたが「らくをして」というのを最初から追いかけるのは間違いです。

 

結論から言いますが、インターネットビジネスは魔法のように稼げるビジネスではありません。

 

単純に「インターネットという畑を使う」ということであって、もちろん効果的な方法はたくさんあるのですが、それを使っていく努力は必要です。

 

「かんたんに稼ぐ」は間違い

 

かんたんに稼げるのは事実ですが、もっと正確に言うと「将来的にはかんたんに稼げます」ということです。

 

かんたんに稼ぐための仕組みは努力して作ることが大切だし、あなたが思っている以上に普通の仕事として考えないと失敗します。

 

ただし、しっかりと取り組むつもりがあるのなら、インターネットだからこそ他のビジネスではできないような結果や効果を得られます。

 

基本的なSEOの仕組みを知らない

 

インターネット集客の中で中心的な存在なのがSEOです。

 

SEOとは検索エンジン対策をしてアクセスを集めることですが、検索ユーザーのアクセスはインターネットの中でも特に購買意欲が高いです。

 

そのため、アフィリエイトやインターネットビジネスで成果を上げたいのなら、SEOについてはしっかりと勉強をしましょう。

 

無料ブログの問題点

 

無料ブログも、もちろん集客できる媒体の一つです。

 

弊社でも実際にアメブロもやっています。

 

ただし、無料ブログはサービス側の広告が勝手に挿入されてしまったり、アカウントが突然消されるリスクがあるので、長期的に無料ブログ一つに頼るのはリスクが大きいです。

 

収入がゴールだと続かない

 

マズローの5段階欲求説や、ハーズバーグの衛生要因・動機づけ要因でも言われていますが、収入のモチベーションは人間の欲求の中で高い次元ではありません。

 

実際に弊社のコンサルティングでも、売上目標のほかに「そのビジネスをやる喜びは何か」という理念を作ってもらいます。

 

これをやることで挫折も防ぎやすいし、売上目標が達成されたあとも楽しく継続ができるので、長く成功ができます。

 

 

アフィリエイトで稼ぐには

アフィリエイトで稼ぐには

 

アフィリエイトで稼ぐためには「メディアを育てる」という感覚を持ってください。

 

サイトやSNSやYouTubeチャンネルが育っていくことを最初のモチベーションにします。

 

メディアを育てつつ、マーケティングを学んで見込み客にアプローチする方法を改善すれば結果は自然と出ます。

 

 

SEOの基本

SEOの基本

 

それでは、インターネットのメディアの中でももっとも基本的なサイトの育て方について説明をします。

 

サイトの成長は「検索エンジンにどれくらい評価されているか」で決まります。

 

検索エンジンに評価をされるための対策のことをSEOと言います。

 

SEOとは

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で日本語では「検索エンジン最適化」と言います。

 

そのコツをかんたんに説明するなら、「ユーザーの知りたい情報がちゃんとまとまった優良な記事を増やす」ということです。

 

そのために、キーワード選定という作業を覚えましょう。

 

キーワード選定とは

 

まず、インターネットの中でいわれる「キーワード」というのは「検索キーワード」のことです。

 

ユーザーが検索エンジンで検索をするときに打ち込む検索ワードのことをインターネットでは「キーワード」と言います。

 

そして、あなたがサイトの記事を書くときに、「今から書く記事はどんなキーワードで検索をするユーザーに向けた記事なのか」を考える作業をキーワード選定と言います。

 

ライバルチェックの意味

 

サイトの記事を書くときに「どんな記事の内容にすれば良いのだろう」と悩んだことはありませんか?

 

サイトの記事を書くときには、ライバルサイトの構成をチェックします。

 

記事で狙うキーワードで検索をして、実際に上位表示されている1位~10位のライバルの記事を見れば、そのキーワードではどんな流れで記事を書くと上位表示ができそうか判断ができます。

 

キーワードずらしとは

 

また、キーワードによってはそもそもライバルが大手企業のホームページばかりだったりと、勝てる見込みがうすそうなときもあります。

 

そんなときに覚えておくと良いのが「キーワードずらし」という考え方です。

 

たとえば「英会話」と検索をしても大手企業のサイトがほとんどだとしましょう。しかし「英会話 自分で コツコツ」など、いくつかの単語をあわせた複合キーワードにずらせばライバルが減ることがあるのです。

 

キーワードは日々生まれる

 

人が検索エンジンを使っているかぎり、キーワードは新しいものが生まれています。

 

また検索エンジンも進化をしているので、ユーザーの検索の仕方も変わっています。

 

ですから、キーワードがなくなるということはほぼありません。

 

キーワードを探すためのツール

 

日々生まれるキーワードですが、それを自分で見つけるのはかなり大変です。

 

そこでキーワードを探す作業はツールにまかせることをおすすめします。

 

SEOはキーワード選定とライバルサイトの構成のチェックができれば、あとの作業はかんたんです。

 

そのためにキーワード選定とライバルサイトの構成のチェックができるこちらのツールを使ってみてください。

 

 

インターネットで稼ぐ基本

インターネットで稼ぐ基本

 

最後にもう少し広い視点で、アフィリエイトだけでなくインターネット集客全体に目を向けましょう。

 

インターネットの基本は情報発信です。

 

特に今はSEOやSNSやYouTubeなど、さまざまな媒体で情報発信が可能です。そのための心構えを覚えてください。

 

メディアは育てるもの

 

インターネットのメディアは短期間で完成させるものではありません。

 

そもそも、人が見る情報なので「完成」という概念はないのです。

 

大切な城をじっくりと作り上げる感覚が必要です。

 

最初はなかなかアクセスやフォロワーが集まらないと思いますが、それを乗り越えて続けていくとある時から視聴者が増えるのがインターネットのセオリーです。

 

ユーザーの役に立つ情報発信

 

メディアを育てる基本は、どの媒体でもユーザーの役に立つ情報発信をすることです。

 

「自分がおもしろいもの」ではなく、「求められているもの」を提供しましょう。

 

そのために、アクセス解析やユーザーの反応をちゃんとチェックしましょう。

 

まずは取り組むジャンルを決めること

 

弊社のコンサルティングでは、「稼げれば良い」というゴールではなく、「その人らしい成功」を応援しています。

 

実際に、あなたにとってやりたいビジネスに取り組んだほうが成功する確率は高いです。

 

アフィリエイトにしてもコンテンツビジネスにしても、まずは取り組むジャンルをしっかり決めてから作業に入ります。

 

 

最後に

 

弊社ではコンサルティングをとおして、自由で明るい成功を応援させていただいております。

 

私自身、まったくのゼロからのスタートでした。

 

この記事を読んだ方が、前向きな気持ちをもって楽しく取り組み、喜ばれるビジネスで成功することを願っています。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワード選定に役立つツールや便利な機能を紹介

アフィリエイトのキーワード選定に役立つツールや便利な機能を紹介

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐためには、キーワード選定がとても大切です。

 

キーワード選定は、自分でコツコツとやることもできますが、インターネットの便利な機能やツールにまかせたほうがより多く、正確なデータが集まります。

 

キーワード選定に役に立つ無料で使える便利な機能もインターネットにはたくさんあるので、この記事でご紹介します。

 

 

キーワード選定が重要な理由と基本

キーワード選定が重要な理由と基本

 

アフィリエイトで稼ぐには、自分のメディアにアクセスをたくさん集める必要があります。

 

検索エンジンからアクセスを集めるためには、検索結果で上位に自分のサイトが表示されることが大切です。

 

そのためには、「どのキーワードで検索をしたときに自分の記事を上位表示したいのか」を狙って記事を書く必要があります。

 

検索数が多ければ良いのか

 

そもそも狙ったキーワードが検索エンジンでどれくらい検索されるのかを示した値を検索数と言います。

 

たくさんアクセスを集めるのなら、検索数の多いキーワードを狙って記事を書いたほうが良さそうですよね。

 

しかし、検索数の多いキーワードはライバルも強く、かんたんには上位表示ができないので、まずはスモールキーワードで上位表示を狙うのがセオリーです。

 

ライバルチェックが大切な理由

 

上位表示を狙うキーワードがあれば、まずはそのキーワードで実際に検索をしてみると良いです。

 

すると、検索結果にはすでにそのキーワードで上位表示ができているライバルの記事が表示されます。

 

最低でも検索結果の1位~10位のライバルの記事はチェックをしましょう。

 

ライバルの記事を見れば、どんな構成で記事を書けばそのキーワードで上位表示ができそうかという大まかな流れがわかります。

 

検索エンジンの機能をうまく使って、記事の内容や流れを事前にある程度決めることがコツです。

 

 

アフィリエイトのお宝キーワードを探す

アフィリエイトのお宝キーワードを探す

 

自分がアフィリエイトをしている商品を買うユーザーが検索をしそうなキーワードの中で、ライバルが少ないか弱いキーワードは狙い目です。

 

そうしたキーワードのことを「お宝キーワード」と言います。

 

お宝キーワードを探すには、まずは軸となるメインキーワードを決めることから始めます。

 

まずはメインキーワードを決める

 

先ほど書いたように、実際に一つずつの記事で狙うキーワードは、最初はスモールキーワードです。

 

スモールキーワードはニッチキーワードとも呼ばれ、2語以上の複数の単語で構成されたキーワードです。

 

しかし、たとえば「英語 学習 自宅」「英語 勉強 上達」などのように英語なら英語という軸となるメインキーワードが必要です。

 

関連キーワードを抜き出す

 

メインキーワードが決まれば、その関連キーワードを抜き出します。

 

関連キーワードのピックアップは、ツールを使うのがかんたんな上に取得できる量も多いのでおすすめです。

 

あるいは、検索エンジンの機能を使って自分で関連キーワードを探す方法もあります。

 

稼げそうなキーワードをピックアップ

 

ピックアップしたキーワードの中でも、稼げそうなキーワードを狙って記事を書きます。

 

「稼げそうなキーワード」とは、そのキーワードで検索するユーザーの検索意図から判断をします。

 

たとえば英語に関する教材をアフィリエイトしたい場合、「英語 上達 しなくて良い」というキーワードと「英語 上達 方法」というキーワードなら「英語 上達 方法」というキーワードのほうが購買につながりそうですね。

 

ASPの概要欄もチェックしよう

 

ASPにある案件ごとの概要欄には、「こんなキーワードはNGだよ」とか「こんな内容の記事は書かないで」という条件が書かれていることがあります。

 

ASPに書かれた規約を守っていない場合は、報酬が発生しても取り消しになるので注意をしてください。

 

またASPの概要欄でよく見かける「リスティング」というのは検索エンジンの広告のことなので、広告を使わない場合には気にしなくて良いです。

 

複合キーワードを優先する理由

 

最初に書いたように、本来は検索数の多いビッグキーワードで上位表示をできたほうがより多くのアクセスを見込めます。

 

しかし、ビッグキーワードで上位表示をするためには検索エンジンから強力な評価を受けている必要があります。

 

そのためにもまず、スモールキーワード(=複合キーワード)で上位表示をコツコツと取って、それからビッグキーワードを狙うようにしましょう。

 

 

キーワード選定に役立つツールと機能

キーワード選定に役立つツールと機能

 

インターネットの便利な機能を使えば、アフィリエイトサイトで狙うべきキーワードの候補を見つけられます。

 

有料のツールを使うのがおすすめですが、無料ツールから得られる情報にもヒントがあります。

 

検索エンジンやGoogleのサービスをうまく使いましょう。

 

Googleサジェスト

 

Googleサジェストとは、Googleの検索エンジンの検索バーに検索キーワードを打ち込むときにキーワードの候補が出てくる機能です。

 

この機能で出てくるキーワードは、ニーズが大きいことが考えられます。

 

一度、サジェストの機能で出てきたキーワードをピックアップし、一つずつ実際に検索をしてみて、ライバルサイトの強さから記事を書くかどうか判断をすると良いでしょう。

 

Search Console

 

弊社でも大変お世話になっているGoogleのアクセス解析ツールがSearch Console(サーチコンソール)です。

 

Googleのアカウントがあれば無料で使えます。

 

Search Consoleをサイトに入れておくと、どんなキーワードからどのくらいアクセスが来ているかというデータや、キーワードごとの平均検索順位が抜き出せるので、キーワードを考えるときにとても役に立ちます。

 

コンテンツスカウターZ

 

こちらのコンテンツスカウターZも弊社で実際に使っているツールです。

 

関連キーワードのピックアップや、ライバルサイトのチェックを自動的にやってくれるすごいツールです。

 

ライバルサイトの強さを判断するためのデータや、ライバルの記事の見出し構成なども抜き出せます。

 

ヤフー知恵袋

 

ヤフー知恵袋とは、ユーザーの質問とそれに対する別のユーザーからの答えがまとまっている、いわゆるQ&Aの情報がまとまった機能が高いサイトです。

 

ヤフー知恵袋を見れば、自分がアフィリエイトをしたいジャンルのユーザーの悩みがリアルにわかります。

 

また、質問者の文章に注目をしてみれば、実際の見込み客がどんなキーワードを使いながらインターネットで検索をしているのかがわかるので、キーワード選定のヒントとして大きいですね。

 

 

最後に

 

特に検索エンジンからアクセスを集める方法は、この記事で紹介したようにインターネットの機能を使いながらコツコツとユーザーのニーズと検索キーワードを集めて、それに対して記事を増やしていく作業が中心です。

 

継続的な取り組みは必要ですが、検索ユーザーのアクセスが集められるのはとても強いです。

 

検索ユーザーは自らの悩みや欲求を自覚した上で検索をしているので購買につながりやすいため、検索エンジンからのアクセスをしっかりと狙っていきましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

トレンドアフィリエイトのキーワードの具体例と探し方やずらし方

トレンドアフィリエイトのキーワードの具体例と探し方やずらし方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

今回は、トレンドアフィリエイトで稼ぎたい人に向けた記事です。

 

トレンドアフィリエイトでは、注目されているキーワードで上位表示をしてアクセスの急上昇を狙います。

 

ポイントはキーワードの選び方や、ライバルを回避する「キーワードずらし」にあります。

 

 

トレンドアフィリエイトのキーワード

トレンドアフィリエイトのキーワード

 

トレンドアフィリエイトは、芸能やスポーツなど、そのときに検索数が急上昇する注目されているキーワードを狙って記事を書き、アクセスを増やしてアフィリエイトで稼ぐ方法です。

 

一時的なアクセスなら、ちょっとした記事でもヒットすることがありますが、長期的に収益が出るサイトにしたいのなら、しっかりとユーザーの役に立つコンテンツを作りましょう。

 

トレンドアフィリエイトは「手軽にできる」ことを期待して取り組む人がいますが、ライバルサイトのリライトは注意が必要です。

 

キーワードの種類

 

トレンドアフィリエイトの場合は、瞬間的にアクセスが増えるキーワードを狙います。

 

ですから、ニュースなどで話題になるキーワードを狙うことが多いです。

 

芸能やスポーツやイベントなどのキーワードを狙うことが多いです。

 

キーワードずらしの意味

 

しかし、そうした話題のキーワードは、大手のニュースサイトが上位表示をしていて、なかなか個人のサイトがそれを抜かすことは難しい場合があります。

 

そんなときに役に立つのが「キーワードずらし」という考え方です。

 

たとえば、ある芸能人の名前をキーワードにしたい場合、その単語で検索をしたときにライバルに大手サイトが多かったとしても、「芸能人の名前+経歴」とか「芸能人の名前+年収+全盛期」など、いくつかの単語を組み合わせるとライバルが減ったり弱くなるケースがあります。

 

これが「キーワードずらし」です。

 

役に立つコンテンツにしよう

 

見ていると、トレンドアフィリエイトをやる人のコンテンツ(記事)は、雑な場合が多いです。

 

たしかに、当たればすぐに大量のアクセスが狙える方法ですが、最近のSEO(検索エンジン対策)は、コンテンツの内容をとてもチェックされます。

 

ユーザーが「どうしてそのキーワードで検索をするのか」「何が知りたいのか」をしっかり理解した上で、そのニーズに応える記事を作りましょう。

 

リライトではいけない

 

「お手軽さ」に魅力を感じて取り組む人が多いトレンドアフィリエイトですが、大切なことがあります。

 

いくらお手軽にやりたいからといっても、他人の記事をコピーしたり、ほとんど一緒という状態は検索エンジンに嫌われます。

 

トレンドキーワードは、どうしても内容が似てしまう場合がありますが、それでも「そのキーワードで調べるユーザーは何が知りたいのか」というユーザーの検索意図をちゃんと考えて、オリジナルの記事を書きましょう。

 

 

トレンドキーワードの例

トレンドキーワードの例

 

それでは、トレンドキーワードの具体的な例を挙げます。

 

まずはここに、代表的なものを挙げますので、これらに注目して普段からニュースなどを見てください。

 

「話題になりそうだ」と思うものは、前もって記事を仕込んでおくことがトレンドアフィリエイトで成功するコツです。

 

芸能

 

あなたも、芸能人のニュースなどを見て、インターネットでその人のことを検索したことがあるでしょう。

 

国内だけでなく、海外のスターの情報も話題になれば検索数が上がります。

 

ゴシップ、結婚、離婚、騒動、不祥事、番組、活動、など、話題のネタは尽きません。

 

スポーツ

 

オリンピック、ワールドカップ、世界大会など、スポーツについても特定のキーワードの検索数が急上昇することが多いです。

 

あなたも一度は調べたことがあると思います。

 

注目の選手、対戦相手、対戦の組み合わせ、速報、チケットの情報など、ユーザーが知りたいことと、そのときに調べるキーワードを考えます。

 

季節

 

たとえば、「夏休み キャンプ おすすめ」など、その季節だからこそ調べるキーワードがあると思います。

 

そうした季節ごとのキーワードは、半年前くらいから記事を用意しましょう。

 

1年分の記事を用意できていても、これからの季節の記事の情報が最新かどうかを常にチェックします。

 

イベント

 

お祭りやテーマパークなど、イベントに関するキーワードもタイミングしだいで検索数が急上昇します。

 

イベントのキーワードに関する記事は、最新情報を用意することが大切です。

 

年や地域などのキーワードと組み合わせるとうまくキーワードずらしができるでしょう。

 

作品

 

映画や音楽など、作品に関するキーワードもトレンドアフィリエイトでは狙い目です。

 

最近では動画の配信サービスなどのアフィリエイトもできるので、映画などの専門サイトを作ってトレンドキーワードを狙うとおもしろいかもしれません。

 

ちなみに、新作の情報はもちろんですが、旧作が注目されることもあるので、自分でもよくニュースなどを見たほうが良いですよ。

 

アーティスト

 

アーティストに関するキーワードもトレンドアフィリエイトでは王道です。

 

人気のアーティストの最新情報はもちろん、不祥事などが話題になったタイミングでも検索数が急上昇します。

 

あとは年末の歌番組などの出演情報などはおさえたいところです。

 

政治

 

当然、政治について調べる人はとても多いです。

 

また政治のニュースは一年をとおして尽きることがないので、話題にも困りませんし、キーワードもたくさんあります。

 

ただし、間違った情報を掲載すると大変なので、私見というよりは客観的な事実や知識をまとめると良いです。

 

 

トレンドキーワードの探し方とずらし方

トレンドキーワードの探し方とずらし方

 

トレンドキーワードの大体のジャンルがわかったところで、具体的なトレンドキーワードの探し方を説明します。

 

トレンドキーワードを見つけために、日頃から努力することは「テレビや雑誌でニュースをチェックすること」です。

 

「これは話題になるな」というものをノートなどにまとめると良いですよ。

 

テレビ

 

トレンドアフィリエイトの基本中の基本なのですが、テレビやトレンドキーワードの宝庫です。

 

今、話題のニュースだけでなく、先取り情報もテレビを見ればわかるので、前もって記事を書いておくのです。

 

タイミングとしては、2シーズン先の仕込みをしておいて良いくらいです。

 

雑誌

 

雑誌に掲載されたことがきっかけで、テレビで話題になる場合もあります。

 

つまり、雑誌のほうが情報が早いことがあるので、トレンドアフィリエイトをやるのなら雑誌もチェックしましょう。

 

特に、雑誌の表紙や見出しはキーワードの宝庫なので立ち読みでもキーワードを集められます。

 

関連キーワードを探す

 

どうしても一つの単語だけだと、ライバルに大手サイトなどの強豪が増えてしまうので、できれば関連キーワードを含めたニッチキーワードを狙って記事を用意しておきましょう。

 

テレビや雑誌からも関連キーワードのヒントは得られます。

 

あるいはGoogleの検索結果の下に出る関連キーワードなどからヒントを得ても良いです。

 

サジェストキーワードとは

 

サジェストキーワードとは、検索エンジンの検索バーに出てくるキーワードの候補のことです。

 

サジェストキーワードには、まさにトレンドキーワードが含まれていることがあります。

 

サジェストキーワードは複数出てきますので、しっかりメモをしておきましょう。

 

複合キーワードを狙う

 

たとえば、「芸能人 年収 ランキング」などのように、いくつかの単語で構成された検索キーワードのことを複合キーワードと言います。

 

先ほど説明したように、一つの単語だけで検索をするとライバルが強いことが多いので、複合キーワードを狙って記事を用意しましょう。

 

複合キーワードの方が、ユーザーの検索意図が明確なので、記事も作りやすいです。

 

 

トレンドアフィリエイトとSEO

トレンドアフィリエイトとSEO

 

アフィリエイトをやっていると、SEOという言葉をたくさん見ると思います。

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、かんたんに言うと「検索エンジンに評価をされて上位表示をするための対策」のことです。

 

トレンドアフィリエイトでも、このSEOをしっかり意識して記事を作ることがコツです。

 

タイトルとSEO

 

まず、記事タイトルがSEOにすごく関連があります。

 

狙っているキーワードを、そのまま記事タイトルに全て入れましょう。

 

たとえば「芸能人 年収 高い」というキーワードを狙っているのなら「芸能人の年収が高い理由」など、狙っているキーワードを語尾などを変えずにそのまま記事タイトルに使います。

 

タイトルと文字数

 

SEOを意識する場合は、記事タイトルは全角で32文字以内が良いです。

 

これは検索結果で表示される文字数がそのくらいだからです。

 

記事タイトルに狙っているキーワードをそのまま使いつつ、全部で32文字以内になるように調整をします。

 

本文の構成

 

本文を書き始める前に、まずは見出し構成を決めます。

 

「見出し」とは、上の「本文の構成」のように記事中に表示する小さなタイトルのようなものです。

 

主に、hタグというタグを使って表記します。

 

検索エンジンも、こうした見出しの構成が整っている記事を評価する傾向です。

 

ライバルをチェックしてから

 

記事の見出し構成は、すでにそのキーワードで上位表示ができているライバルサイトをチェックしながら考えます。

 

そのキーワードで検索をするユーザーの意図を考えつつ、ライバルよりもその意図に対してわかりやすい構成にすれば、あなたの書く記事が上位表示できる可能性が上がります。

 

トレンドキーワードの場合は、ライバルがまだ記事を用意していないこともありますが、それでも必ずライバルチェックをしてから記事を書く癖をつけましょう。

 

記事を読むターゲットは誰なのか

 

見出し構成まで決まったら、その記事を読むターゲットについて書き出しておきましょう。

 

たとえば、「どんなことが知りたいのか」「何に興味があるのか」などを書いておけば、より具体的にユーザーのためになる役立つ記事が完成します。

 

検索エンジンは、ユーザーの知りたい情報をより正確に掲載しているコンテンツを検索結果で上位に表示するので、このような準備の作業はとても大切です。

 

 

最後に

 

トレンドアフィリエイトは、アフィリエイトの手法の中でも人気があるやり方です。

 

ただし、途中で書いたように、初心者が思うほど甘くない一面もあります。

 

手を抜ける方法ではなく、「ユーザーのためになるメディアを作る」ということは通常のアフィリエイトと変わらないポイントです。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードや記事に大切なユーザーの検索意図とは

アフィリエイトのキーワードや記事に大切なユーザーの検索意図とは

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐためには、自分の広告を掲載しているサイトにアクセスを集める必要があります。

 

ポイントは、検索エンジンに評価をされて狙ったキーワードで上位表示をすることと、広告をしている商品の見込み客となるアクセスを集めることです。

 

そのためには、ユーザーの心理状態をしっかり考えた上で活動をすることが大切です。

 

 

アフィリエイトで成功するサイト

アフィリエイトで成功するサイト

 

アフィリエイトで成功するためには、自分のサイトにたくさんアクセスを集める必要があります。

 

ただし、どんなアクセスでも良いわけではなく、自分のサイトでアフィリエイトをしている商品の見込み客となるアクセスを集めます。

 

そのためには、商品を選んだときや記事を書く前などに、自分が集めるべきユーザーについてしっかりと考えるようにしましょう。

 

SEOで勝利するためには

 

アフィリエイトで最短で成功するために、知っておいてほしいことがあります。

 

それは「近道こそ遠回り」ということです。

 

サイトにアクセスを集めるための検索エンジン対策のことをSEOと言いますが、SEOの基本は「ユーザーのためになる記事を作ること」です。

 

コピーされた記事や、内容の薄い記事はユーザーのためにならないので、検索エンジンからも評価をされず、結局は遠回りなのです。

 

ユーザーが知りたいことを教えてあげる

 

アフィリエイトサイトの目的は2つあります。

 

1つは、アフィリエイトをしている商品を売ることですが、それだけではありません。

 

本質は、検索してきたユーザーが知りたいことを記事でしっかり教えてあげることです。そうやって満足度を高めるからこそ、メディアの広告効果が高まるのです。

 

商品のユーザーについて書き出そう

 

アフィリエイトをやり始めたら、まずはアフィリエイトをする商品をASPから探しましょう。

 

商品を探したら、その販売ページなどを見てみて、商品の見込み客がどんな人なのかを書いておきましょう。

 

同じジャンルだとしても、商品によって強みやターゲットが違うので、集めるべきユーザーが変わります。

 

記事を書く前にユーザーを想定する

 

また、一つずつの記事を書く前にもしっかりとユーザーを想定します。

 

記事を書く前には、「今から書く記事はどんなキーワードで検索したときに上位表示を狙うのか」を考えてキーワードを選定します。

 

そして、そのキーワードで検索をするユーザーは「どんな悩みがあって検索をするのか」という検索意図を書き出してから記事を作ります。

 

ペルソナとは

 

マーケティングにおけるペルソナとは、売りたい商品やサービスのユーザーの理想像のことを言います。

 

コピーライティングやマーケティングでは、このペルソナをかなり明確に決めます。

 

それこそ、一枚の履歴書が書けるくらいに明確にして、「そのユーザー(ペルソナ)」に向かってメッセージを書くのです。

 

 

ユーザーの検索意図とは

ユーザーの検索意図とは

 

人は検索をする時に、なにかしらの意図があります。

 

あなたも検索エンジンで検索をするときには、「何かを知りたい」「何かを解決したい」「何かの情報が欲しい」などの意図があるでしょう。

 

そのような検索の意図のことを検索意図と言います。

 

ユーザーの悩みを考えよう

 

このようなユーザーの検索意図を考えることはとても大切です。

 

なぜなら、検索エンジンはユーザーの検索意図の答えとなるコンテンツを検索結果で表示するので、検索意図をしっかり考えてから作った記事は検索エンジンからの評価を受けやすいです。

 

当然、ユーザーにとっても知りたい情報がまとまっている記事ですから、満足度も高まります。

 

 

キーワード選定にも大切な考え方

キーワード選定にも大切な考え方

 

ユーザーの検索意図を考えることは、そもそも記事で狙うキーワードを探すときにも役に立ちます。

 

アフィリエイトで、サイトに集めなければいけないアクセスというのは、アフィリエイトをしている商品の見込み客のアクセスです。

 

ですから、キーワードを選ぶ時にユーザーの検索意図を考えることで、その意図が購買につながりそうかどうかを判断すると良いでしょう。

 

キーワード選定が大切な理由

 

アフィリエイトにおいてキーワード選定はとても大切です。

 

アフィリエイトで稼げるかどうかはキーワード選定しだいと言っても良いでしょう。

 

なぜなら先ほど説明をしたように、選ぶキーワードによってアフィリエイトをしている商品を買ってくれるユーザーが集まるか、そうでないかがわかれるからです。

 

収益になるのかを判断する

 

キーワード選定のコツは、まずメインとするキーワードを決めた上で、その関連キーワードをピックアップすることから始めます。

 

集めた関連キーワードについてユーザーの検索意図を考えていくと、自分がアフィリエイトをしたい商品の購買につながりそうかどうかがわかります。

 

たとえば、英語の教材をアフィリエイトしているとして、「英語 学習 おすすめ」というキーワードなら検索意図として「英語のおすすめの学習方法を探している」ということが想定できるので、購買につながりそうです。これはこの例でいえば狙って良いキーワードですね。

 

一方で「英語 学習 意味ない」というキーワードは、「英語を学習しても意味がないという意見を見てみたい」など、後ろ向きな検索意図が想定できます。ですから、今回の例でいくとこのようなキーワードではアクセスしてくるユーザーが商品を買う確率は低いと考えられるので、このキーワードは後回しでも良さそうですよね。

 

解決したい意欲の強いキーワード

 

キーワードについて、ユーザーの検索意図を考えていくと、購買につながりそうなキーワードの中でもさらに解決したい意欲が強いキーワードが見つかります。

 

当然、そうしたキーワードを優先的に選んで記事を書きます。

 

すぐに解決したいというユーザーの意図が強いほど、購買意欲が高まると判断できるからです。

 

一つの記事で一つのキーワード

 

ユーザーの意図を考えて、ユーザーの悩みを解決するための情報発信を始めると、その仕事はすごく楽しいです。

 

少し慣れてくると、一つの記事でたくさんの悩みを解決してあげたいと思うかもしれません。

 

しかし、SEO(検索エンジン対策)においては、一つの記事で上位表示を狙うキーワードは一つにします。

 

結果的にいくつかのキーワードで上位を取れることはありますが、記事を書く時点で狙うキーワードは一つの記事に対して一つです。

 

まずは複合キーワードから

 

「アフィリエイト キーワード 考え方」などのようにいくつかの単語で構成されたキーワードのことを「複合キーワード」と言います。

 

ニッチキーワードと呼ぶこともあります。

 

一つの単語のキーワードの方が検索数は多いのですが、複合キーワードの方がターゲットが絞れていて、なおかつライバルが少ないため、そのキーワードで検索をするユーザーの意図が購買につながりそうな場合には大きなチャンスなのです。

 

検索ボリュームとの関係

 

アクセスの数だけを考えると、いわゆるビッグキーワードと呼ばれる検索数の多いキーワードで上位表示を狙ったほうが賢明に思えます。

 

しかし、ビッグキーワードで上位を取るためにはそもそもスモールキーワードやミドルキーワードで上位表示を取らなければ難しいことと、ビッグキーワードよりもスモールキーワードの方がライバルが少ないことを見逃してはいけません。

 

さらに、スモールキーワードとは複合キーワードであることが多いので、ユーザーの検索意図が購買につながるスモールキーワードであれば少ないアクセスでもアフィリエイト報酬が発生することはあるのです。

 

 

キーワード選定に役に立つツール

キーワード選定に役に立つツール

 

実際にSEOを2011年からやってきて、実感をしていることがあります。

 

それはSEOやキーワード選定のための「データ集め」はツールにやらせたほうが絶対に早いし、正確だということです。

 

キーワードについてのデータが集まると、自分のサイトに訪れているユーザーのニーズも把握できます。

 

コンテンツスカウターZ

 

まず、弊社で実際に使っているツールを紹介します。

 

コンテンツスカウターZというツールなのですが、これはとてもおすすめです。

 

関連キーワードのピックアップやライバルサイトのチェックをやってくれるので、キーワード選定やユーザーの検索意図を判断するために役に立ちます。

 

Search Console

 

次に、Googleが公式で提供している無料のアクセス解析ツールとして「Search Console」があります。

 

これはGoogleのアカウントがあれば使えるので、ぜひサイトに入れておきましょう。

 

どんなキーワードでアクセスが来ているのかなどがわかるので、便利です。

 

 

アフィリエイトの広告の入れ方

アフィリエイトの広告の入れ方

 

せっかくユーザーの意図を考えるという趣旨でこの記事を読んでもらっているので、広告の入れ方についてもアドバイスをします。

 

広告の入れ方によって成約率(CVR)が変わるのでポイントを覚えてください。

 

大切なことは、ユーザーの妨げにならない広告の入れ方を心がけるということです。

 

ユーザーの妨げにならないように

 

検索エンジンは何よりもユーザーが使いやすいコンテンツを評価します。

 

したがって、広告が閲覧を邪魔するようなコンテンツは評価をされません。

 

テレビとかでも、CMの方が番組よりも長いってことはないですよね?

 

それと同じように、あくまでユーザーにとってのメインは情報であり、広告はサブなのです。

 

記事の最後じゃなくても良い

 

では、広告をしない方が良いのかという話になると、広告を入れなければアフィリエイトで成果は出ないのでちゃんと広告を入れます。

 

王道のパターンとしては、記事の最後に広告を掲載する方法です。

 

しかしそれだけでなく、流れの中で自然な配置であれば文中でも広告を掲載して効果が上がることがあります。この辺はテストをくり返します。

 

画像かテキストか

 

アフィリエイトの広告には、バナー広告とテキスト広告の両方を素材として用意してくれている案件もあります。

 

その場合ですが、どちらを使えば良いのかという判断も、あくまでユーザーの視点に立ってください。

 

自分がユーザーの視点で見た時に、「バナーがあっても別に邪魔ではないな」と思えばバナー広告を使って良いし、「文字の方が自然だな」と思えばテキスト広告を使います。

 

一概にどっちが良いという話ではないので、自分のメディアで使うシチュエーションごとにユーザー目線で判断をします。

 

なぜクリックする必要があるのか

 

アフィリエイトの場合は、アドセンスとは違って広告の内容は自分で選んできた内容で固定されるので、「広告に誘導する」ということが可能です。

 

たとえば、ゴルフのサイトを運営していて、ゴルフレッスンの広告を掲載しているとします。

 

その場合、何も訴求せずに広告を出しているだけよりも、「もしゴルフのスコアを短期間で上げたければこちらをご覧ください」という感じで、その広告をクリックする理由をちゃんと教えてあげるとCTR(クリック率)が上がります。

 

 

最後に

 

この記事では、ユーザーの視点に立ったキーワード選定や記事を書く作業を行うコツを説明しました。

 

インターネットの進化はすさまじく、昔に比べて「ユーザーのためになるコンテンツが勝つ」という概念が高い精度で実現できています。

 

ですから、妙な近道を考えるのではなく、きちんとユーザーの心理を考えてコンテンツ(記事など)を作っていきましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトにおけるキーワードの意味や選定のコツを教えます

アフィリエイトにおけるキーワードの意味や選定のコツを教えます

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

今回は初心者さん向けの記事です。

 

アフィリエイトにおける「キーワード」という言葉や、SEO(検索エンジン対策)を行う上でのさまざまな作業の意味を解説します。

 

しっかりとした知識を身につければアフィリエイトで成果を出せますので、この記事で基本的な知識を学んでください。

 

 

キーワードとは

キーワードとは

 

キーワードとは、そのままの意味としては「手がかりとなるような重要な言葉」のことです。

 

ただし、アフィリエイトやインターネットマーケティングにおいては、キーワードは「検索キーワード」のことを意味します。

 

ユーザーがあなたのメディアを検索する際に打ち込む検索キーワードのことです。

 

アフィリエイトのキーワードの意味

 

アフィリエイトで稼ぐためには、アクセスを集める必要があります。

 

アクセスを集める方法の代表的なものが検索エンジンからの集客です。

 

検索エンジンからアクセスを集めるためには、特定のキーワードで検索をしたときにあなたのサイトが上位に表示をされる必要があります。

 

キーワード選定の意味

 

あなたのサイトにアクセスを呼び込むキーワードを選ぶ作業を、「キーワード選定」と言います。

 

特にサイトアフィリエイトでは、キーワード選定が売上の8割を決めるとも言われます。

 

購買につながるキーワードからアクセスを集められれば、成果が出ます。

 

アフィリエイトで商品が売れるからくり

 

アフィリエイトで商品が売れる仕組みは、あなたのメディアのコンテンツを読んだお客さまが、商品の価値を感じて詳細を知りたいと思ったときにアフィリエイトリンクをクリックして、商品が売れるというものです。

 

もちろん商品の説明も大切なのですが、それ以上に「そもそも商品に対して興味を持ちそうなアクセスを集めること」が大切です。

 

そのためキーワード選定では、購買につながるキーワードを選ぶことがコツです。

 

結局、アフィリエイトで大切なこと

 

少し極端なことを言えば、アフィリエイトにおいては商品の説明は販売ページがやってくれます。

 

アフィリエイトにおいてとても大切なのは、「その商品の詳しい情報を見たい」と思ってもらってアフィリエイトリンクをクリックしてもらうことです。

 

ですから、そもそも商品に興味を持ちそうな人が検索するキーワードを選定してアクセスを集めることが近道なのです。

 

ライバルの少ないキーワードを狙う

 

購買につながるキーワードの中でも、ライバルの少ないキーワードを選ぶことは大切です。

 

ここでいう「ライバル」という言葉の意味は、実際にそのキーワードで上位(1位~10位)を取っている他の人のサイトということです。

 

「ライバルが少ない」という言葉の意味は、「強いライバルが少ない」ということです。

 

SEO(検索エンジン対策)があまりされていないライバルが上位に多いキーワードは狙い目です。

 

キーワードの検索意図の意味

 

キーワードを選んで記事を書くときには、「検索意図」というものを考えます。

 

検索意図とは、「どうしてそのキーワードで検索をするのか」というユーザーの意図を意味します。

 

この検索意図の答えとなる記事を検索エンジンは評価をします。

 

ターゲットを明確にする意味

 

良い記事を書くためには、先程説明をした「検索意図」と「ターゲット」を明確にします。

 

今から書く記事が「どんなことを知りたい人に向けての記事なのか」を明確にしておくことで趣旨のはっきりとした記事ができます。

 

ターゲットが知りたい情報をしっかりと伝え、不必要な情報は書かないことがコツです。

 

関連キーワードをピックアップする意味

 

記事で狙うキーワードは、関連キーワードから考えます。

 

たとえばあなたのサイトで「温泉旅行」をアフィリエイトしている場合、温泉旅行の関連キーワードについてそれぞれ記事を書いていきます

 

関連キーワードについて記事を増やしていくと、そのジャンルの多くのニーズを網羅できるので検索エンジンからの評価が高まるのです。

 

複合キーワード(ロングテール)の意味

 

たとえば「温泉旅行 夫婦 おすすめ」など、いくつかの単語で構成されたキーワードのことを「複合キーワード」と言います。

 

またはロングテールとも言います。

 

こうした複合キーワード(ロングテール)は、一つの単語だけのキーワードよりもライバルが少なかったり弱かったりするので、最初は複合キーワードを中心に狙っていきます。

 

キーワードずらしの意味

 

SEO(検索エンジン対策)の方法の中に「キーワードずらし」という言葉があります。

 

この意味は、同じようなキーワードだとしてもキーワードを少しだけ変えるとライバルが減ったり弱くなったりするということです。

 

たとえば「温泉旅行」というキーワードだと、大手の旅行サイトばかりがライバルに出てくるけど、「温泉旅行 岐阜県 夫婦 週末」などのキーワードならライバルが減る、といった感じです。

 

キーワードリストを作る意味

 

私の場合はキーワードリストというものを作っています。

 

たとえば「記事で狙ったキーワード」「その記事のURL」「その記事で紹介をした案件」をスプレッドシートなどにまとめておくのです。

 

この意味は、あとでメンテナンスをしやすいことがあります。たとえば「このキーワードで書いた記事はどれだっけ」ということをすぐに探せるのです。

 

メインキーワードの意味

 

「サイトを作ったらまずはメインキーワードを考えましょう」とよく言われます。

 

メインキーワードとは、先程お伝えした複合キーワード(ロングテール)の軸となるキーワードです。

 

ここまでに書いた例でいくなら「温泉旅行」がメインキーワードです。

 

 

キーワードの種類

キーワードの種類

 

商品の購買につながりやすいキーワードには大きくわけて3種類あると思います。

 

1つは、おすすめの情報を教えるキーワードです。

 

2つめは、やり方を教えるキーワードです。

 

3つめが、商品に関してのキーワードです。

 

おすすめの情報

 

おすすめの情報を検索する人が使いそうなキーワードは購買につながります。

 

そのキーワードについておすすめの情報を調べているのなら、商品を買うつもりもありそうですね。

 

はじめから購買意欲を持ったユーザーを集めることは、アフィリエイトで稼ぐ近道です。

 

やり方を教える

 

やり方を調べる人が検索しそうなキーワードは、ユーザーの悩みがはっきとしているので記事も書きやすいですし、ユーザーが悩みを自覚しているからこそ調べているので購買につながります。

 

商品というのは、ユーザーが解決したいことを助けるためにあるのです。

 

ですから、ユーザーが自分の解決するべき問題を把握しているようなキーワードは購買につながります。

 

商品に関するキーワード

 

当然、商品に関するキーワードは購買につながります。

 

特に、商品名で検索をするような人はすでにその商品のことを知っていて、その情報を調べているわけですからかなり購買意欲が高いです。

 

商品に関するキーワードの中でも、ネガティブなキーワードの場合は、不安要素を消してあげるような記事が書けると良いです。

 

 

記事の中でキーワードを使う意味

記事の中でキーワードを使う意味

 

キーワードを選んだら、記事の本文で最低1回はそのキーワードを使いましょう。

 

もちろん2回より多くても構いません。自然な形であればそのキーワードを使ったほうが良いです。

 

また、記事タイトルにもキーワードをすべて入れましょう。

 

何の記事なのか

 

そのキーワードについての記事なのに、その言葉が一度も出てこないのは不自然ですよね。

 

キーワードを意識して記事を書けば、何の記事なのかが明確です。

 

それはユーザーが読みやすい記事であり、そうした記事を検索エンジンも評価をします。

 

アクセスが増えない記事とは

 

逆に、記事の趣旨がない場合は検索エンジンに評価をしてもらえないことが多いです。

 

検索エンジンの評価を受けなければ、せっかく書いた記事にアクセスが来ません。

 

ですから、記事を書く前にはその記事で狙うキーワードをしっかり設定することが大切なのです。

 

 

キーワード選定に役立つ3つのツール

キーワード選定に役立つ3つのツール

 

最後に、キーワード選定に役立つツールやサイトを紹介します。

 

キーワード選定の作業はアフィリエイトでとても大切な意味がありますが、同時にとても時間がかかります。

 

そこで、データ集めなどの作業はツールに動いてもらったほうが早いのです。

 

サーチコンソール

 

まずはGoogleが提供している無料のアクセス解析ツールである、サーチコンソールを入れてみましょう。

 

Googleのアカウントがあれば使えます。

 

検索クエリや表示回数、平均検索順位などを調べられます。

 

サーチコンソールで得られたデータをもとに、新しいキーワードも選べますし、メンテナンスを入れる記事も決められます。

 

コンテンツスカウターZ

 

関連キーワードのピックアップや、ライバルサイトのチェックにとても役立つのがコンテンツスカウターZです。

 

弊社でも実際に長く使っています。

 

月額2,980円で使えますので、予算がある方はぜひ一度使ってみてください。

 

はてなキーワード

 

はてなキーワードを見ると、話題のキーワードを見つけられます。

 

通常のSEOと合わせて、話題のキーワードも入れながら記事を作れば、一気にアクセスアップをすることがあります。

 

はてなキーワードは無料で使えますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトにおけるキーワード選定やSEOについてのさまざまな意味を解説しました。

 

言葉も覚えながら、作業の意味もしっかり理解をしましょう。

 

その作業を何のためにやるのかがわかれば、やりがいを持って進められます。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトでアクセスを集めるキーワードを「はてな」から探す

アフィリエイトでアクセスを集めるキーワードを「はてな」から探す

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトのキーワード選定において「はてなキーワード」をうまく使えないかと思っている人に向けてアドバイスがあります。

 

はてなキーワードは、話題のキーワードなどを調べるのに役に立ちます。

 

通常のSEO用のキーワードとは違いますが、大量のアクセスアップを見込める場合もあります。

 

 

はてなキーワードとは

はてなキーワードとは

 

はてなキーワードは、話題のキーワードをユーザーが解説する無料のインターネットの百科事典のようなサービスです。

 

Wikipediaのような機能と考えてください。

 

このはてなキーワードを見ると、話題のキーワードを集められます。

 

話題のキーワードを見つけられる

 

話題のキーワードを選んでアクセスアップを行うアフィリエイトの手法を「トレンドアフィリエイト」と言います。

 

特にトレンドアフィリエイトをやっている人にとっては「はてなキーワード」は良いサービスだと思います。

 

話題のキーワードは、一時的にインターネットの検索数が増えるので、そのキーワードで記事を書けば爆発的なアクセスを獲得できることがあります。

 

大量のアクセスを集められる可能性

 

当然、話題のキーワードはその時に検索数が急上昇します。

 

そのキーワードで上位を取れれば、一気にアクセスが増えます。

 

「はてなキーワード」には音楽、映画、テレビ、アニメ、スポーツ、マンガ、ゲーム、社会など、さまざまなカテゴリーの話題のキーワードがあります。

 

SEOキーワードは別に見つける

 

話題のキーワードでアクセスが集まるのは、あくまで「話題の期間」です。

 

したがって、話題のキーワードだけを狙うのではなく、継続的にアクセスが集まる通常のキーワード選定を合わせて行うのがおすすめです。

 

一般的なSEOと、トレンド手法を合わせて使えば、多くのアクセスを獲得できます。

 

 

はてなキーワードを使ってサイトを作る

はてなキーワードを使ってサイトを作る

 

はてなキーワードから話題のキーワードを集めて、それについてサイトの記事を作りましょう。

 

はてなのサービスに「はてなブログ」もありますが、本格的にアフィリエイトを行うのならワードプレスのようなCMSでサイトを作ったほうが良いです。

 

無料ブログよりもワードプレスの方が安定して検索の上位を取れますし、ブログが削除されるリスクもありません。

 

サイトはワードプレスで

 

ワードプレスは世界でユーザー数が特に多いブログシステムです。

 

自分のサーバーとドメインで管理するブログなので、突然アカウントが消される心配などはありません。

 

検索エンジンとの相性も良く、検索上位を取りやすい傾向です。

 

ワードプレスがSEOに強い理由

 

ワードプレスは、自分で契約したサーバーと独自ドメインで管理をします。

 

したがって、他の人の影響を受けません。

 

ご自身でサイトを育てていけば、どんどんドメインに対しての検索エンジンからの評価が上がり、アクセスアップが実現できます。

 

はてなブログではダメなのか

 

もちろん、はてなブログを使う方法もあります。

 

ただし、規約違反と判断されてしまうと突然ブログごと消されてしまうリスクもあります。

 

また意図していないところにリンクが入るわずらわしさもあるので、長期的にアフィリエイトをやるならワードプレスを使うことをおすすめします。

 

 

話題のキーワードを狙うメリット

話題のキーワードを狙うメリット

 

もしも、検索数が急上昇している話題のキーワードで上位を取れた場合、その効果はすさまじいです。

 

一気に何万、何十万というPV(アクセス)が獲得できることもあり、SNSで拡散されてさらにアクセスが増えることもあります。

 

サイトにアクセスが増えれば、当然アフィリエイトやアドセンスなどの広告からの収益もアップします。

 

バズればすごい

 

インターネットで話題になってアクセスが急上昇することを「バズる」と言います。

 

もしも、話題のキーワードで上位を取れれば、一気にアクセスが増えてバズります。

 

この効果は本当にすごくて、バズればさらに話題が広がり一定期間はアクセスが増え続けます。

 

SNSで拡散される可能性も

 

バズっている記事は、SNSやニュースアプリなどでさらに拡散されることがあります。

 

どんどんアクセスが増えるわけですね。

 

もちろんそれは、そのキーワードが話題の期間に限定されますが、それでも話題のキーワードに対して記事を書くメリットは大きいです。

 

 

最後に

 

この記事では、話題のキーワードを狙って一時的に大量のアクセスを獲得するために「はてなキーワード」をご紹介しました。

 

もちろん継続的に稼ぐためには、話題のキーワードだけではなく、継続的にアクセスを集められる通常のSEOを行う必要がありますが、話題のキーワードも少し狙ってみると良いでしょう。

 

いきなりバズることは難しいですが、通常のSEOも行いつつ話題のキーワードも定期的に狙っていけば、そのうちヒットする可能性もあります。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

メールマガジンの登録



*メールアドレス