アフィリエイトのキーワードを俯瞰して考えるやり方と成約率との関係

アフィリエイトでキーワードを俯瞰して考える

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトでキーワード選定をしたり、良い記事を書く時には「俯瞰(ふかん)して考える」ことがポイントです。

 

俯瞰して考えるというのは、例えるならばより上空からながめて考えるということで、つまり抽象度を上げて広い視点に立って見つめるということです。

 

自分で設定したキーワードにかえって束縛されている人は、この記事でお伝えする俯瞰した考え方を取り入れてみてください。

 

 

売れるキーワードとは

売れるキーワードとは

 

そもそもアフィリエイトにおいて売れるキーワードとはどういったものでしょうか。

 

アフィリエイトの場合は、紹介したい商品の見込み客にアクセスしてほしいわけです。

 

ですから、見込み客が検索するキーワードが「売れるキーワード」ということです。

 

アフィリエイトで報酬を出すコツ

 

アフィリエイトで報酬を出すコツはアクセスを集めることです。

 

ただし、どんなアクセスでも良いわけではありません。

 

あなたがサイトで紹介している商品やサービスを購入する見込みのあるアクセスを集めなければいけません。

 

つまり「見込み客はどんなキーワードで検索をするか」を考えて、それらのキーワードについてしっかり検索結果で上位表示をすることがアフィリエイトで報酬を出すコツです。

 

キーワード選定のポイント

 

「見込み客はどんなキーワードで検索をするか」を考えることがキーワード選定のポイントです。

 

まずはアフィリエイトをする商品を決定し、そのジャンルからメインキーワードを決めます。

 

そのメインキーワードの関連キーワードをピックアップすることがキーワード選定の基本です。

 

商品選定をするときにASPの使い方がわからない人はこちら

 

ライバルサイトにヒントが転がっている

 

「どのような記事を書けば良いのか」「どんな言葉を使えば上位表示ができそうか」というのは実はライバルサイトにたくさんヒントがあります。

 

キーワード選定をしたら、そのキーワードで実際に検索をしてみましょう。

 

すでに上位にいるライバルサイトは検索エンジンに評価を受けているからこそ上位に表示されています。

 

ライバルサイトを見ることで、どのような記事を作れば上位表示ができそうか見えてくるのです。

 

キーワード選定のコツはこちら

 

 

キーワードの「俯瞰」とは

キーワードの俯瞰とは

 

キーワードといっても、一つの単語だけで成り立つキーワードもあれば、「アフィリエイト キーワード 考え方」のようにいくつかの言葉で成り立つキーワードもあります。

 

2つ以上の単語で成り立つキーワードを複合キーワードと言います。

 

複合キーワードのほうが、一つの単語だけのキーワードに比べて、よりターゲットがしぼりこまれていますよね。

 

最終的に売りたい商品を考えたときに「この商品が役に立つ人はどんなことについて悩んでいるのか」などと考えると、キーワードを俯瞰して考えることにつながります。

 

「俯瞰」の考え方

 

俯瞰するとは、本来は「見下ろす」という意味です。つまり、より広い視点で考えるということです。

 

商品から俯瞰して考えるなら、ターゲットの悩みや属性を考えます。すると、キーワードの候補の中からターゲットが検索しそうなものをしぼりこめます。

 

キーワードから俯瞰して考える場合は、「そのキーワードで検索する人は、具体的には何が知りたいのか」を考えます。すると、複合キーワードがいくつも連想できるわけです。

 

コンバージョン率の高い記事が書ける

 

アクセスに対して商品が売れる確率のことをコンバージョン率(CVRや成約率ともいう)と言います。

 

キーワードや商品のポイントを俯瞰して考えるということは、ターゲットについてより細かい選択肢をいくつも連想するということです。

 

これは記事を書く時やLPを作るときにも効果があります。ターゲットについて、具体的な属性をたくさん考えることでメッセージも具体的になりコンバージョン率の高い記事が書けるのです。

 

 

キーワードを俯瞰して考える例

キーワードを俯瞰して考える例

 

それでは、どのように考えることがキーワードを俯瞰して考えるということなのかを説明します。

 

キーワードを俯瞰して考えるということは、「キーワード」という言葉から少し離れて、「ターゲットについて考える」という視点に立つとわかりやすいです。

 

ターゲットがどんな人なのかを考えることで、その人たちが調べるキーワードが思い浮かぶわけです。

 

ターゲットの悩みは何か

 

まず、すごく大切な考え方は「ターゲットの悩み」を考えることです。

 

たとえば「アフィリエイト」と調べる人の悩みとして想定できるのは、「やり方がわからない」「稼げるのかどうかわからない」「始め方を知りたい」などでしょう。

 

これだけでも「アフィリエイト 始め方」「アフィリエイト やり方 初心者」「アフィリエイト 稼げる」などのキーワードが連想できます。

 

ターゲットの興味は何か

 

次に、「ターゲットの興味は何か」について考えることです。先程の「悩み」に比べるともう少しポジティブな連想です。

 

たとえば「アフィリエイト」と調べる人の興味は何かを考えると、「いくら稼げるのか」「どんな生活ができるのか」などが連想できます。

 

これだけでも「アフィリエイト 年収」「アフィリエイト 稼げる人 生活」「アフィリエイト お金 儲かる」などのキーワードが浮かびます。

 

ターゲットが他に興味のあることは何か

 

さらに「ターゲットが他に興味のあることは何か」を考えるのも良いでしょう。

 

たとえば「アフィリエイト」で検索する人が他に興味のありそうなこととしては「副業をしたい」「お金持ちになりたい」「会社をやめたい」などがあると連想します。

 

すると、「アフィリエイト 副業 できる」とか「アフィリエイト お金持ち」とか「アフィリエイト 脱サラ」などのキーワードが連想できますよね。

 

商品から考える

 

ここまではキーワードをベースに俯瞰して考える例を出しましたが、他にも商品から俯瞰して考えることも可能です。

 

たとえば弊社ではアフィリエイトを教えるコンサルティングを提供しています。

 

その場合も同じで「アフィリエイトで稼ぎたい人って、そもそも何で稼ぎたいんだろう」というように抽象度を上げて考えます。

 

すると、「自分の力で稼いでみたい」「自宅にいながら稼いでみたい」「時間や場所の自由がある仕事がしたい」など、たとえばこうした連想ができて、「アフィリエイト 稼ぐ」「アフィリエイト 自宅 できる」「アフィリエイト 作業 場所」などのキーワードが思い浮かぶわけです。

 

 

「俯瞰」と「キーワードずらし」

俯瞰とキーワードずらし

 

俯瞰して考えることは、そのまま「キーワードずらし」にも使えます。

 

キーワードずらしとは、同じジャンルのキーワードでもよりライバルの少ないキーワードや、関連するキーワードに変えるという考え方です。

 

キーワードずらしの基本は複合キーワードを考えることです。複合キーワードを連想するときには、ここまでで説明したような俯瞰した視点に立つことが役立ちます。

 

「キーワードずらし」が必要な理由

 

たとえば、「仕事」というキーワードで検索すると、求人や転職のサイトなど、たくさんの手ごわいライバルサイトが上位に出てきます。

 

でも、「バイト探し おすすめ 大学生」などのキーワードでは、大手のサイトだけではなく個人のブログなども上位に出てきます。

 

このように同じジャンルのキーワードでも「ずらす」ということをするとライバルが一気に減るので上位を獲りやすいのです。

 

「キーワードずらし」の基本

 

今の例からもわかるように、キーワードずらしの基本は複合キーワードを考えることです。

 

複合キーワードのほうが、そもそもの検索数は少ないのですが、その分だけライバルも減るので検索エンジンから小さな評価を受けやすいです。こうした小さな評価を受けた記事を増やすと、サイト全体の評価(ドメイン評価)が上がります。

 

複合キーワードは、よりターゲットが明確なキーワードです。俯瞰して連想することで、こうした「ずらしキーワード」が見つかります。

 

アフィリエイトのキーワードの検索数の考え方はこちら

 

ニッチキーワードがおすすめな理由

 

複合キーワードのことを「ニッチキーワード」と言ったりします。

 

ニッチキーワードは月間の検索数が少ないので、上位表示をしてもそこまで爆発的なアクセス数は期待できません。

 

ただし、そうしたニッチキーワードでいくつも上位表示をすることでサイト全体としては大きなアクセスアップが実現できます。

 

ニッチキーワードとビッグキーワードの考え方はこちら

 

ニッチの方がコンバージョン率が高い

 

「ニッチキーワードだと上位表示をしてもアクセスがそこまで伸びないから商品が売れないのでは」と考える人もいるでしょう。

 

ただし、よく思い出してください。ニッチキーワードというのは、メインキーワードだけでなくいくつかの単語を組み合わせた複合キーワードですよね。単語を組み合わせるほどターゲットが明確です。ターゲットが明確なほど、商品は売れやすいです。

 

ニッチキーワードのほうが少ないアクセスだとしても、コンバージョン率(商品が売れる確率)は高いことがあるのです。

 

たとえば、コピーライティングに関する教材を売りたい場合、「コピーライティング」というビッグキーワードよりも「コピーライティング 教材 おすすめ」というニッチキーワードのほうが、より購買につながるキーワードですよね。

 

ですから、ニッチキーワードだから稼げないというのは間違いです。

 

ニッチキーワードとビッグキーワード

 

そうは言っても、ビッグキーワードでも上位を獲りたいものですよね。

 

そこで検索エンジンから評価を受ける流れを知ってほしいのですが、検索エンジンからいきなりビッグキーワードで評価を受けるというのは個人や中小企業の場合はほとんどあり得ないです。

 

まず、小さなキーワードで評価され始めて、そうした評価を受けて上位表示できている記事をたくさん増やしていくと、やがてビッグキーワードでも上位表示を獲ることができるのです。

 

トレンドアフィリエイトにも使える

 

さて、ここまでに説明した「俯瞰して考える」「ニッチキーワードを連想する」「キーワードずらし」というやり方は、トレンドアフィリエイトなどにも使えます。

 

トレンドアフィリエイトでは、時事ネタなどの注目されるキーワードを狙って記事を書くわけですが、その場合にも「そのキーワードで検索する人は何を知りたい人かな」という俯瞰した考え方からキーワードを連想してずらすと、穴場のお宝キーワードが見つかりやすいです。

 

トレンドアフィリエイトでも、ビッグキーワードを狙うと大手のメディアに負けてしまうので、この記事で教えた俯瞰した考え方からキーワードをずらしてみてください。

 

 

キーワードが決まったら記事を書く

キーワードが決まったら記事を書く

 

今回は「キーワード選定」のための俯瞰した考え方を説明しましたが、アフィリエイトはキーワード選定だけやれば稼げるわけではありません。

 

アフィリエイトで大切な作業は記事を書くことです。

 

選定したキーワードに対して、そのキーワードで調べるユーザーさんが知りたい情報をしっかりと記事にします。

 

記事を書くときにも「俯瞰」がポイント

 

記事を書くときにも「俯瞰して考える」ということをしましょう。

 

「そのキーワードで検索する人は何が知りたくて検索しているのかな」

「そのキーワードで検索する人はどんな悩みがあるから検索するのかな」

ということを、記事を書く前に書き出しておくのです。

 

検索エンジンは「検索ユーザーの検索の意図の答えとなる情報を検索結果で表示する」ということをやっているので、ここでも選定したキーワードから俯瞰してユーザーの属性を考えることがポイントなのです。

 

コピーライティングを学ぼう

 

記事を書いたり、特に「売れる文章」を書きたい場合にはコピーライティングを学ぶと良いです。

 

また、コピーライティングの本質は「ターゲットを考えること」なので、この記事でお伝えした俯瞰してターゲットを具体的にするやり方と似た部分があります。

 

俯瞰して考えること、コピーライティング、マーケティングの本質はすべて「ターゲットを明確にすること」なのです。

 

おすすめの本

 

アフィリエイトで成功するために、すごく早いのはコンサルティングなどを受けることです。

 

弊社でもコンサルティングをやっているので、よかったらご検討ください。

 

あるいは、基本的な知識や概要なら書籍でも学べます。

 

アフィリエイトに役に立つ本はこちらにまとめました

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードを考えるときに役に立つ「俯瞰して連想する」というやり方を説明しました。

 

読んでいただいてわかったとおり、本質はターゲットを明確にすることです。

 

これはマーケティングの本質でもあるのでとても大切な考え方です。ぜひ覚えていただき、あなたのビジネスにお役立てください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトの「キーワードずらし」の考え方とポイントを解説

アフィリエイトのキーワードずらしのコツ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトのキーワード選定において「キーワードずらし」という言葉があります。

 

アフィリエイトでアクセスを集めるためには、記事ごとにキーワードを選定して、それに対して記事を書くことをしますが、ビッグキーワードにはライバルが多くいます。

 

ニッチキーワードとビッグキーワードについてはこちら

 

そこで、ライバルが少ないキーワードに少しだけずらすという考え方が大切です。

 

この記事では「キーワードずらし」の考え方とポイントを解説します。

 

 

アフィリエイトで稼げない人のパターン

アフィリエイトで稼げない人のパターン

 

キーワード選定について詳しくない人は、アフィリエイトで苦戦している人が多いでしょう。

 

アフィリエイトで稼げない人には大きく分けて2つのタイプがあります。

 

1つは記事をしっかり書けていない人で、もう1つは記事は書いているけれども記事ごとに狙うキーワードを考えていない人です。

 

アフィリエイトのキーワード選定についてはこちら

 

記事をしっかり書いていない

 

アフィリエイトという仕事でとても大切な作業の一つが「記事を書く」ということです。

 

サイトアフィリエイトならサイトの記事、メルマガアフィリエイトであればメルマガの記事、SNSからの集客ならSNSに投稿するコンテンツという感じで、記事やコンテンツの更新はアフィリエイトに欠かせない作業です。

 

はじめのうちは「気が引けて更新できない」と思う人もいますが、記事やコンテンツを公開しないことにはアクセスが集まらないので、しっかり更新するようにしましょう。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

キーワード選定をしていない

 

記事を書く前には、その記事が「どんなキーワードで上位表示をしたいのか」について考えなくてはいけません。

 

記事を更新するのは、検索ユーザーを集めるためだからです。

 

つまり、どんなキーワードで検索したユーザーに向けての記事なのかということを、記事を書く前に明らかにすることで検索ユーザーのためになる記事が作れて、それが検索エンジンに評価されて上位表示につながるという流れです。

 

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツとしては3ステップで考えます。

 

第一段階は、メインとするキーワードを決めることです。

 

第二段階は、メインとするキーワードの関連キーワードをピックアップすることです。

 

第三段階は、ピックアップした関連キーワードの中から、自分が売りたい商品の購買につながるキーワードを選定することです。

 

キーワード選定についてはこちら

 

そもそも「キーワード」とは

 

そもそも「キーワード」とは、検索キーワードのことです。

 

ふだん、検索エンジンを使うときには、検索バーに言葉を入れて検索をかけますよね。

 

その言葉のことを「キーワード」と言います。

 

ですから、自分がこれから書く記事が「どんなキーワードで検索した人に向けての記事なのか」を意識して書くことが、そのキーワードで上位表示を獲るポイントなのです。

 

サイトで狙うキーワードとは

 

では、どんなキーワードを狙うべきかということですが、これはサイトの目的をよく考えればわかります。

 

あなたがサイトを作って記事を書く目的は何でしょうか。

 

この記事を読んでいる人の多くは、アフィリエイトで稼ぐために記事を書くのだと思います。

 

それなら、最終的に紹介したい商品の見込み客が検索するキーワードを狙うことがポイントなわけです。

 

売る記事とアクセスを集める記事

 

サイトの戦略として、「商品を紹介する記事」と「アクセスを集める記事」は別に考えると良いです。

 

商品を紹介する記事の場合、商品名(商標)をキーワードにするため、商品をすでに知っている見込み客が直接集まるメリットもあります。

 

しかし、商品の見込み客というのは商品の名前をすでに知っている人だけでなく、むしろまだ知らない人のほうが多いわけです。

 

ですから、商品に関して紹介する記事のほかに、その商品の見込み客が検索するキーワードについて解説した記事も用意して、そうしたアクセスを集める記事から商品を紹介する記事へとアクセスを誘導することで、アフィリエイトの収益が発生する確率を上げられます。

 

「ずらし」とは

 

キーワードといっても、ライバルが多いキーワードもあればライバルが少ないキーワードもあります。

 

そこで大切な考え方が「キーワードずらし」です。

 

たとえば、「副業」というキーワードはライバルが多いかもしれませんが、「副業 アフィリエイト 初心者」というキーワードにすればライバルは一気に減ります。

 

あるいは、「副業」というキーワードよりも「メルマガアフィリエイト」などのキーワードのほうがライバルが減ります。

 

このように、よりアクセスを集められる可能性があるキーワードに、ジャンルを変えずに変更する考え方を「キーワードずらし」と言います。

 

検索エンジンに評価されるためには

 

そもそも、アクセスを集めるためには狙ったキーワードで検索エンジンの検索結果で上位表示を獲らなければいけません。

 

上位表示を獲るためには、検索エンジンに評価される必要があります。

 

検索エンジンは、「検索ユーザーの検索の意図に対する答えとして、より適切な情報を検索結果として返す」ことをやっています。

 

つまり、キーワードを選定して記事を書くときには、「検索ユーザーの検索の意図」をしっかり想定して、その答えとなる記事を書けば良いわけです。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

複合キーワードを狙おう

 

キーワードずらしの第一の方法は「複合キーワード(ロングテール)」を狙うということです。

 

複合キーワードとは「副業 アフィリエイト 稼ぎ方」といったように、いくつかの単語で構成されたキーワードのことです。

 

単語一つのキーワードよりも、複合キーワードのほうがターゲットがしぼられていますよね。その分だけライバルも少なく、また記事の内容もターゲットに対して具体的に書けるので検索エンジンに評価されやすいです。

 

キーワード選定のコツはこちら

 

メインキーワードのずらし

 

複合キーワードを考えるときには、まずメインキーワードを決めてその関連キーワードから複合キーワードを決定します。

 

メインキーワードの関連キーワードの中から商品の購買につながりそうなキーワードについてひととおり記事を書けたら、メインキーワードをずらします。

 

これは、複合キーワードの第二キーワードなどから選ぶと良いです。たとえば「副業」というキーワードに対して「副業 アフィリエイト おすすめ」という関連キーワードがあるなら、メインキーワードをずらすときは「副業」から「アフィリエイト」に変えると良いわけです。

 

キーワードずらしの例

 

ここに並べるのはあくまで例ですが、だいたいこんな感じだよということで見てください。

 

まず、ビッグキーワードから複合キーワードにずらす例としては次のような感じです。

「副業」→「副業 アフィリエイト おすすめ」

「アフィリエイト」→「アフィリエイト キーワード選定 コツ」

「SEO」→「SEO とは」

「マーケティング」→「マーケティング 初心者 何から」

「メルマガ」→「メルマガ アフィリエイト やり方」

 

次に、メインキーワードをずらす例としてはこんな感じです。

「副業」→「FX」

「FX」→「投資」

「投資」→「資産」

「資産」→「お金持ち」

「お金持ち」→「ビジネス」

 

メインキーワードをずらすときにも、複合キーワードにずらすときにも、自分が最終的に売りたい商品のジャンルと合うようにしましょう。

 

 

キーワード選定に役に立つツール

キーワード選定に役に立つツール

 

このサイトの別の記事でもたくさん紹介していますが、キーワード選定をするときには関連キーワードをたくさんピックアップしたり、各キーワードのライバルサイトの調査をすることがポイントです。

 

そのためのデータ集めは、手動でもできますがかなり大変です。

 

そこでこうした作業はツールにまかせてしまったほうがらくです。

 

おすすめのツールはこちら

 

キーワード選定でツールを使う理由

 

たとえば、手動で関連キーワードをピックアップする方法として、メインキーワードを決めて実際に検索をして、検索結果の下に表示される関連するキーワードからピックアップするというやり方もできますが、これを手動で調べて記録して、、、とくり返すのはかなり大変です。

 

ツールならこれを自動的にやってくれます。

 

またそうして集めた関連キーワード一つずつに対してのライバルサイトの調査もするとなると、手動でやるのは相当大変なわけです。

 

 

アフィリエイトで稼ぐためのテクニック

アフィリエイトで稼ぐためのテクニック

 

この記事では、アフィリエイトで稼ぐためのテクニックの一つとして「キーワードずらし」について解説をしました。

 

アフィリエイトは一度稼ぐ仕組みを作れば、かんたんな作業だけでほとんど勝手に収益を発生させることもできます。

 

ただし、そこに至るまでにある程度のテクニックを覚える必要はあります。

 

コピーライティングを学ぶこと

 

特に学ぶと良いスキルとしては「コピーライティング」です。

 

コピーライティングとは、文章の力で読み手に行動を起こしてもらう技術のことです。

 

キーワード選定も大切なのですが、キーワードを選んだあとは記事を書く作業なので、そのときにコピーライティングがわかっていると効果のある文章が書けます。

 

アフィリエイトでおすすめの本などはこちら

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワード選定に役に立つ「キーワードずらし」の考え方やポイントを解説しました。

 

いきなりライバルが強いキーワードを選んで戦うのは難しいので、最初はニッチキーワードを選ぶと良いでしょう。

 

小さな評価を受けていくと、やがてビッグキーワードでも上位表示ができます。

 

ぜひコツコツとがんばりましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトでニッチキーワードがビッグキーワードより大切な理由

アフィリエイトでニッチキーワードがおすすめな理由

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトのキーワード選定は、報酬を上げるためにとても大切な作業です。

 

キーワード選定をするときに、まずはニッチキーワードを狙うと良いです。

 

ニッチキーワードの多くは複合キーワードです。ビッグキーワードに比べると見込めるアクセス数は少ないですが、まずニッチキーワードで検索エンジンからの評価を得ると、ビッグキーワードでも上がりやすいです。

 

 

ニッチキーワードとは

ニッチキーワードとは

 

ニッチというのは「すきま」という意味で、ニッチキーワードとはライバルの少ないキーワードのことです。

 

ライバルが少ないということは検索結果で上位表示をしやすいということを意味します。

 

ライバルが少ない分だけ、そもそもの検索数も少ないのですが、まずニッチキーワードで記事を書いて検索エンジンからの評価を受けていくと、しだいにビッグキーワードでも上位表示ができます。

 

 

ニッチキーワードの基本

ニッチキーワードの基本

 

ニッチキーワードかどうかというのは、ライバルの多さで決まります。

 

具体的にライバルサイトがいくつ以下だとニッチキーワードと言えるという数字はありませんが、主に複合キーワードなどをニッチキーワードと考えることが多いです。

 

ニッチキーワードにはメリットとデメリットがありますので、ポイントを覚えましょう。

 

ニッチキーワードのメリット

 

ニッチキーワードのメリットはライバルが少ない分だけ、ビッグキーワードに比べて上位表示がしやすいということです。

 

ビッグキーワードは大手のサイトもライバルの対象であることが多いですが、ニッチキーワードなら個人のブログでも上位表示ができるものも多く、しっかりSEO(検索エンジン対策)を意識して記事を書けば、すんなり上位が取れることもあります。

 

特にサイトが検索エンジンに評価を受けていないときにはニッチキーワードの方は圧倒的に上位が取れるので、まずはニッチキーワードを中心に記事を増やすことがおすすめです。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

ニッチキーワードのデメリット

 

実は大きなデメリットはありません。

 

ただし、目先の話をすると、ビッグキーワードに比べてニッチキーワードは「そもそもの検索数」が少ないので、上位表示ができても大量のアクセス数は獲得できません。

 

でもニッチキーワードにも価値はあります。ニッチキーワードで上位表示できる記事が増えればサイト全体としてはアクセスが増えますし、検索エンジンからの評価も上がるため、ビッグキーワードも狙えるまでに成長します。

 

 

ニッチキーワードを探すポイント

ニッチキーワードを探すポイント

 

ニッチキーワードを探すポイントはいくつかあります。

 

ニッチキーワードのほとんどは複合キーワード(ロングテール)です。たとえば、検索結果の下部にある「関連するキーワード」から考えても良いでしょう。

 

ただし、ライバルの強さや多さによっては複合キーワードだとしてもニッチではないこともあるので、ツールで調べたほうが良いです。

 

おすすめのツールはこちら

 

複合キーワード(ロングテール)が中心

 

ニッチキーワードのほとんどは複合キーワードです。複合キーワードのことをロングテールキーワードとも言います。

 

複合キーワードとは「アフィリエイト サイト つくり方」といったようにいくつかの単語で構成されたキーワードのことです。

 

複合キーワードのほうが、ターゲットが絞られているので、ライバルも減ります。

 

ジャンルから考える

 

サイトのジャンルによっては、そのジャンルそのものがニッチと言える場合もあります。

 

たとえば珍しいスポーツだったり、珍しい趣味だったり、ジャンルは珍しくなくても提案している方法が珍しかったり。あまり知られていないジャンルであれば、その時点でライバルも少ないのでニッチと言えます。

 

この場合も、知らない人が多いためその名称をキーワードにしても最初は多くのアクセスは見込めませんが、ニッチキーワードで先に評価を受けてから、少しずつビッグキーワードにチャレンジをしましょう。

 

トレンドキーワードから考える

 

トレンドキーワードとは、その時に瞬間的にアクセスが増えるキーワードのことです。

 

たとえば「オリンピック」「ワールドカップ」「芸能ニュース」「時事ネタ」など、世間で話題のキーワードは検索エンジンでも瞬間的にアクセスが増えます。

 

こうしたトレンドキーワードの中で、今もっとも話題のキーワードから少しずらして「気になっている人は検索する」というものを選ぶとニッチなトレンドキーワードが見つかります。

 

購買につながるキーワードを選ぶこと

 

ニッチキーワードから記事を増やすことは私のおすすめのSEOの方法でもあります。

 

ただし、ニッチキーワードならどんなキーワードでも良いわけではありません。

 

アフィリエイトの場合はサイトの訪問者が提案している商品を購入してくれるのが目的ですから、サイトで提案しているアフィリエイトの案件に対して、その見込み客が検索するキーワードに当てはまるものを選びましょう。

 

おすすめのツール

 

ニッチキーワードを見つけるには、単純に複合キーワードをピックアップするだけでなく、ライバルサイトの細かいデータもチェックすると良いでしょう。

 

どんなキーワードだとしても基本的にはライバルがいますが、その中にはSEO(検索エンジン対策)をあまり意識していなくても上位表示できてしまっているものもありますし、ライバルといってもアフィリエイトやアドセンスをやっていないサイトばかりということもあります。

 

このように、上位表示の難易度やビジネスとしてやっているかどうかをチェックするためにはツールを使うのが良いでしょう。

 

おすすめのツールはこちらです

 

 

キーワード選定のコツ

キーワード選定のコツ

 

キーワード選定を正しく行うために、サイトのジャンルをしっかり決めて、サイトのメインのターゲットはどんな人かを決めます。

 

そのためにも、サイトのジャンルを決めるときに、アフィリエイトをする商品もしっかりと選定しましょう。

 

商品とサイトのターゲットが決まればキーワードも選びやすいですよ。

 

キーワード選定についてはこちらにまとめました

 

サイトのターゲットは誰か

 

まず、あなたはどんなビジネスをしたいですか?

 

「アフィリエイト」というだけでなく、「どんなジャンルのアフィリエイトをしたいのか」をはっきりさせましょう。

 

サイトも、ジャンルがごちゃ混ぜのサイトではなく、特定のジャンルに絞ったサイトのほうが検索エンジンからのアクセスを獲得できます。

 

ジャンルについての考え方はこちら

 

アフィリエイトをする商品のターゲット

 

アフィリエイトサイトのジャンルを決めるときに、ASPもチェックしながらサイトでアフィリエイトをする商品も決めましょう。

 

アフィリエイトサイトの目的は、サイトを訪問してくれた人にアフィリエイトをしている商品を買ってもらうことです。

 

したがって、アフィリエイトをしたい商品のターゲットを、この時点で明確にしておくとキーワード選定もやりやすいです。

 

 

キーワードはどこに使うのか

キーワードを使う場所

 

キーワードを選んだら、そのキーワードを使って記事を作ります。

 

記事のタイトル、記事の説明文(ディスクリプション)、本文、見出し、内部リンクを貼るテキストなどにキーワードを使っていきます。

 

無理に連発すると逆効果ですが、それぞれの場所で最低1回は使いましょう。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

記事のタイトル

 

サイトの記事のタイトルは全角で32文字以内に整えましょう。

 

これは検索結果で表示される文字数が32文字程度だと言われているからです。

 

記事のタイトルにも、狙っているキーワードをしっかり使いましょう。

 

複合キーワードの場合、すべての単語をタイトルに使いましょう。たとえば「アフィリエイト 記事 書き方」という複合キーワードを狙っているのなら「アフィリエイトの記事の書き方を解説します」などのようにタイトルを考えます。

 

ディスクリプション

 

記事の説明文(ディスクリプション)を設定できるCMSやプラグインを使っている場合には、ディスクリプションにもキーワードを使いましょう。

 

ただし、検索結果で記事のディスクリプションが必ず表示されるとは限りません。

 

検索エンジンはユーザーにできるだけわかりやすい情報を出すので、最近は記事のディスクリプションが検索結果で出ないこともあります。

 

それでも、ディスクリプションにはキーワードを入れておくほうが良いです。

 

本文

 

もちろん本文にも狙っているキーワードを使いましょう。

 

そのキーワードについて解説する記事を作っているのに、一度もそのキーワードが出てこないというのは逆に不自然ですよね。

 

無理に何度も使わなくても良いのですが、自然な形で最低でも1回はキーワードを出現させてください。

 

見出し

 

上の「見出し」という部分が、まさに見出しです。

 

このような見出しにも狙っているキーワードを入れましょう。

 

もちろんすべての見出しにキーワードを入れていたら不自然ですが、話の構成として自然な形で見出しにもキーワードを使うと効果的です。

 

内部リンクのテキスト

 

内部リンクとは、同じサイトの別の記事へ誘導するリンクのことです。

 

このリンクをテキスト(文字)にかけている場合には、そのテキストにはリンク先のページで狙っているキーワードを入れると良いです。

 

そのリンクがどんなテキストにかけられているかも検索エンジンはチェックしています。

 

 

ニッチキーワードがおすすめの理由

SEO

 

この記事の最初にも書いたように、サイトを作って特に初めのうちはニッチキーワードを中心に狙って記事を増やすと良いです。

 

というのも検索エンジンからの評価はいきなり上がるのではなく、少しずつ評価されることがほとんどだからです。

 

ライバルだらけのビッグキーワードをいきなり狙っても、その1記事だけでは評価を受けづらいので、ニッチなスモールキーワードから少しずつ上位を取って、サイトを育てましょう。

 

ビッグキーワードとニッチキーワード

 

検索エンジンからのアクセスアップを考えている人にとってはビッグキーワードで上位表示することは大きな目標であり、絶対に実現したいことでもあるでしょう。

 

ビッグキーワードで上位表示ができれば、その一つのキーワードからだけでもかなりのアクセス数が見込めます。

 

ただし、ビッグキーワードで上位表示ができるためにもまずはニッチキーワードでたくさん上位表示を取ることが大切なのです。

 

 

メディアとブログの違い

メディアとブログの違い

 

ブログとは、自分のキャラクターを出して自分の日常や考えを中心に更新するサイトのことです。

 

メディアとは、ひと言でいえば情報サイトです。自分の考えというよりは客観的な知識が中心です。

 

ブログは、キーワードをそこまで意識しているわけでも、特定のジャンルに絞っているわけでもないことが多いですが、そのようなブログ型のwebサイトはだんだんとSEOで上がりづらくなっているのでメディア(情報サイト)とは分けて考えましょう。

 

ブログとサイトの違い

 

キーワードを意識しているかどうか

 

たとえばアメブロのように、ブログサービスを使って更新する場合には、ブログはSNSと考えたほうが良いです。

 

つまり検索エンジンからのアクセスアップではなく、そのブログサービス内からのアクセスだと考えましょう。

 

ですから、このパターンでは逆にキーワードなどを意識する必要はありません。

 

ブログはSNSの一つと考える

 

アメブロのようなブログサービスは、そのサービスを使っている他のユーザーがつながりやすいSNSのような仕組みがあります。

 

逆に独自ドメインではないため、SEO(検索エンジン対策)としてはアクセスが集まりづらいです。もちろん、認知度やジャンルや、それこそニッチの度合いによっては上がりますが、新規参入をしてSEOでアクセスを集めるのはブログとしては難しいでしょう。

 

SEOでアクセスを集めたいのならメディア(独自ドメインで用意した自社サイト)、SNSのようにユーザーを集めたいのならブログ、というように分けて考えてください。

 

独自ドメインでワードプレスを始めるやり方

 

ブログもメディアもメンテナンスが必要

 

ブログ型もメディア(情報サイト型)もどちらもポイントがあります。

 

それは一度書いた記事でもたまにチェックをしてメンテナンスをするということです。

 

特にメディアの場合はアクセス解析をしてさらに上位表示できないかをチェックしましょう。

 

アフィリエイトのアクセス解析についてはこちら

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトサイトを育てるコツの一つとしてニッチキーワードから記事を増やしましょうというアドバイスをしました。

 

もちろん、ニッチキーワードといっても、あなたのサイトでオファーしているアフィリエイトの案件の見込み客が検索するキーワードにしぼってください。

 

キーワード選定はアフィリエイトの作業の中でも売上に直結する作業なので、めんどうくさがらずにしっかり取り組みましょう。

 

キーワード選定におすすめのツールはこちら

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトでキーワードや構成をマインドマップにすると便利

アフィリエイトでキーワードや構成をマインドマップにすると便利

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトでキーワードを生かした記事の構成などを考えるときにはマインドマップを作ってまとめるとわかりやすいです。

 

マインドマップとは、頭の中にある考えや発想を表したシートです。

 

アフィリエイトサイトの構成や、一つずつの記事の構成をマインドマップにすることで、全体像をはっきりさせて効果的にサイトや記事を作れます。

 

マインドマップを作るソフトはこちら

 

 

マインドマップとは

マインドマップとは

 

マインドマップとは、頭の中にあるアイディアや思考を形にしたシートのことです。

 

自分の考えを形にしていくときにとても役に立つツールであり、ビジネスでは多く使われます。

 

アフィリエイトのサイトを作るにあたっても、マインドマップを使うことでサイト全体の構成も、一つずつの記事の構成も明確にできます。

 

自分の頭の中のイメージを「見える化」

 

私たちの脳は、アイディアを生み出したり情報をインプットして記憶できます。

 

しかし、記憶は時間や感情の影響で、どうしても変わってしまうものです。

 

ですからすべてを頭の中で整理するのではなく、「見える化」することによって考えていることを形にして実現していくことができるのです。

 

キーワードや構成は頭で管理しない

 

たとえばアフィリエイトの記事を一つとってみても、なかなかうまく書けない人というのはアイディアや構成を頭で何となく思い浮かべているだけです。

 

記事がうまく書ける人は、事前に構成を書き出していたりします。

 

たとえば、その記事で狙うキーワードを中心に、そのキーワードで検索する人の意図にこたえるために、どのような解説をするべきかをマインドマップにまとめると自然と良い記事の構成が完成します。

 

やるべきことが明確になる

 

この記事では、アフィリエイトサイトを作るにあたってマインドマップをどう使うかを解説していきますが、マインドマップはアフィリエイトサイトを作るほかにも役に立ちます。

 

ビジネスの構想そのものもマインドマップにまとめていくとやるべきことがはっきりします。

 

一つのゴールに向かって、どんな要素が必要なのかをまとめられるのがマインドマップの良いところなので、自分の中で考えがまとまらないときはぜひマインドマップを作ってみてください。

 

ユーザーのためになる記事が作れる

 

記事を作るときに、書き始める前に構成をマインドマップでまとめてみてください。

 

記事の内容をマインドマップにまとめようとすると、必ず要点や構成を考えるわけです。

 

それをまとめてから記事を書くと、ユーザーが知りたい情報を正しく示した記事が作れます。

 

記事の構成が自然と完成する

 

マインドマップというのは、一つの項目から派生して枝葉のように関連項目がわかれていきます。

 

たとえば、今から書く記事で狙うキーワードを中心に、それを説明するためにどんな項目を解説するべきかを作っていき、その項目を解説するための細かい項目もそれぞれ派生させていきます。

 

このような作業は、記事の構成を考える作業そのものなのです。

 

キーワードや共起語を意識できる

 

記事を作るときにマインドマップを書くのなら、その中に記事で狙うキーワードを入れていきましょう。

 

キーワードだけでなく、共起語も意識すると良いでしょう。

 

共起語というのは、キーワードに関連して出現する別の言葉のことです。

 

これらを意識することでSEOにも効果のある記事の構成が完成します。

 

 

マインドマップのつくり方

マインドマップの作り方

 

マインドマップを作るときには必ず大きな項目から考えます。

 

まず当然、中心となる要素を決め、それより一つ下の段階の要素を書いていきます。

 

さらに、それらよりも一つ下の段階を作る・・・というように大きな項目から小さな項目へと派生させていくのです。

 

マインドマップを作るソフトはこちら

 

マインドマップを作るルール

 

マインドマップを作るときには、そのマインドマップを作る目的を明確にしましょう。

 

たとえば記事の構成やプレゼンテーションの流れを考えるためなのでしたら、「どのような説明をすれば、よりわかりやすいのか」という視点で掘り下げることが大切です。

 

あるいはビジネスやマーケティングの全体像をマインドマップにまとめるのなら、「それをやるためには、何が必要か」という考えのもとに項目を掘り下げていきます。

 

大項目から決めていく

 

ものごとは大きなことから決めていくべきです。

 

大きな流れができていなければ、小さな項目が乱雑に並ぶだけだからです。記事の構成、プレゼンテーションの流れ、マーケティングフローなど、何でも同じです。

 

マインドマップは大きな流れから小さな項目を生むための最適なツールです。

 

一つずつの項目を掘り下げる

 

マインドマップは枝葉のように項目がわかれていきますので、その項目に対してより細かい要素を付け加えていきます。

 

記事を書くときには「この話を解説するために、何を説明するべきかな」という視点で項目を掘り下げます。

 

特にSEOでは、ユーザーがそれ以上検索をする必要がない記事が評価されますので、マインドマップで構成を作ることはとても効果があるのです。

 

全体を見直して整える

 

マインドマップが完成したら、一度全体を見直してみましょう。

 

すると「これは必要ないな」ということがあったり、逆に付け加えるべきことがあったり、場所を入れ替えるべき項目が見つかることもあります。

 

サイトの記事の構成をマインドマップにまとめている場合にはキーワードがうまく入れられないかなども注意して見直すと良いでしょう。

 

 

アフィリエイトサイトのマインドマップ

アフィリエイトサイトのマインドマップ

 

アフィリエイトサイトの構成をマインドマップにまとめると、やるべきことが明確で非常に便利です。

 

大きく分けて「サイトの全体の構成」と「記事ごとの構成」の2つ、種類があると考えましょう。

 

サイトの全体の構成とは「そのジャンルについて、どんな記事が必要か」という着眼点でまとめたもので、記事ごとの構成とは一つずつの記事の文章の構成をまとめたものです。

 

マインドマップを書くと全体像が明確

 

「アフィリエイトの記事がうまく書けない」とか「キーワードをうまく使えない」という人は、記事の全体像がはっきりしていないことが原因です。

 

記事を作れない人ほど、いきなり文章を書こうとしてしまっています。

 

そうではなく、まず構成などの全体像を先に決めるのです。マインドマップは全体像を作り上げるためにとても役に立ちます。

 

サイト全体の構成を書く

 

「ジャンルは決まったのですが、どんな記事を書けば良いのかという考えがまとまりません」という人もマインドマップを作ってみましょう。

 

サイトのジャンルを中心に、それをお客様に説明するときにはどんな事柄について解説をするべきかをまとめましょう。

 

これは自分のアイディアでも構わないし、調べてみても良いでしょう。

 

サイトのジャンルの決め方はこちら

 

記事ごとのマインドマップを書く

 

記事ごとのマインドマップを書くときには、まずはその記事で狙うキーワードを決めます。

 

そのキーワードを中心にマインドマップを書くわけですが、ポイントは「そのキーワードで検索をする人は何が知りたくて検索をしているのか」という意図を考えて、その要素を作っていくことです。

 

記事とは、自分のために書くのではなく、記事に訪問するユーザーのために書くわけですから、キーワードに対しての検索の意図を考えた上で、必要な項目をマインドマップに足していくのです。

 

キーワードの考え方はこちら

 

 

まずはアフィリエイトサイトを作ろう

アフィリエイトサイトを作ろう

 

マインドマップを書いただけでは意味がありません。

 

当然、アフィリエイトをするためのサイトが必要です。

 

アフィリエイトサイトはwordpressで作ることがおすすめです。

 

サイトの立ち上げまでやってしまい、それから「サイトの全体の構成をまとめたマインドマップ」と「記事ごとのマインドマップ」を作っていきましょう。

 

wordpress(ワードプレス)の始め方はこちら

 

 

記事ごとのマインドマップの書き方

記事ごとのマインドマップの書き方

 

記事ごとのマインドマップを書くことは、記事の構成を考える作業そのものです。

 

そしてSEO(検索エンジン対策)では、記事の構成はとても大切です。

 

そこで、もう少し詳しく一つずつの記事の構成を考えるときのマインドマップのつくり方についてアドバイスをします。

 

記事で狙うキーワードを決める

 

記事ごとのマインドマップを作るときにはマインドマップの中心に来るのは、その記事で狙うキーワードにするべきです。

 

そのキーワードで検索する意図は何かを考えながらマインドマップを作りましょう。

 

SEOでは、一つずつの記事が検索結果に表示されるため、記事ごとにキーワードをしっかり選定することが大きなポイントです。

 

キーワードの考え方はこちら

 

ライバルサイトの見出し構成をチェック

 

記事ごとのマインドマップを作るときに、ライバルサイトの見出し構成をチェックしながら考えると良いです。

 

実際に、その記事で狙うキーワードで検索をしてみて、上位10位の見出し構成は特にチェックしましょう。

 

なぜなら、今10位以内にいる記事は、キーワードに対して適切な情報を出しているからこそ上位にいるわけなので、その構成をもとにしてさらにわかりやすい構成を考えればあなたの記事も上位に表示される可能性が高いのです。

 

便利なツール

 

ライバルサイトの見出し構成や、共起語などの調査は、自分の力でやろうとするとかなり骨の折れる作業です。

 

こうしたデータ集めの作業はツールにまかせた方が早いですし、得られるデータも多いです。

 

そこでおすすめなのが「コンテンツスカウターZ」というツールです。

 

コンテンツスカウターZはこちら

 

検索意図はなにか

 

「検索意図」とは、ユーザーがなぜそのキーワードで検索をしているのかという部分です。

 

検索エンジンとしては、この検索をするときの意図に最も適切な情報を検索結果で返したいわけです。

 

ですから、ライバルサイトの見出し構成をチェックしながらユーザーの意図によりわかりやすくこたえる要素をマインドマップにまとめましょう。

 

検索意図にこたえるための情報量

 

昔はサイトの記事はボリュームがあるほど良いという考えもありました。

 

ですが、今はインターネットでよりシンプルにわかりやすく情報を取り出せるので、サイトの記事もボリュームが多ければ良いとは限りません。

 

ユーザーの検索の意図に対して、正しくこたえるための適切な情報量が求められています。

 

完成したら全体をチェック

 

マインドマップをひととおり書き終えたら、一度全体をチェックしてみてください。

 

検索意図と照らし合わせながら、必要ない項目があればカットし、もう少し足したほうが良い項目があれば足すようにしましょう。

 

あるいは、項目の場所を入れ替えたほうがわかりやすいものはないかもチェックするべきです。

 

 

サイト全体のマインドマップも作る

サイト全体のマインドマップも作る

 

一つずつの記事だけでなく、サイトの全体に対してのマインドマップも作ると良いでしょう。

 

これは「どんな記事を用意するべきか」ということを考えたり、各記事ごとの内部リンクの構成を考えることに役に立ちます。

 

サイトの全体の構成がしっかりしていると検索エンジンからの評価も得られます。

 

各記事の結びつきや構成を明確にする

 

サイトの全体のマインドマップを作るときには、中心に考えるのは「サイトのジャンル」「サイトで伝えたいメッセージ」「サイトでアフィリエイトをしている案件」などです。

 

それらに対して、どんな情報をお客様に見せるべきかをマインドマップにまとめていきます。

 

すると、カテゴリーが決まったり、どんな記事を書くべきかということを明確にできます。

 

内部リンクやカテゴリーを正しくできる

 

マインドマップを使って、サイトの全体の構成を考えることで、記事のカテゴリーを正しくまとめることができます。

 

あるいは、記事から記事へ送る内部リンクも適切な構成ができるでしょう。

 

記事を作る順番なども、マインドマップを書いておけばわかりやすいかもしれません。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトをする上でキーワードや構成を考えるときに役に立つマインドマップの使い方について解説をしました。

 

その本質はアフィリエイトのやり方や記事の書き方そのものです。

 

ただし、頭で認識するだけでなく、マインドマップなどを使って「見える化」することはビジネスをしっかり作り上げるために重要なポイントです。

 

マインドマップを作れば、サイトや記事の構成がはっきりしてアクセスが集まって喜ばれながら売上を出せるサイトができるので、ぜひこの記事でご紹介した内容にも取り組んでみてください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

 

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードやアクセス解析のポイントと無料のツール

アフィリエイトのキーワードやアクセス解析で100万PV達成

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで売上をあげるためには、サイトにアクセスを増やさないといけません。

 

そのためにキーワード選定や、記事ごとのメンテナンスが必要です。

 

そこでアクセス解析やキーワードについての考え方をまとめ、役に立つツールもご紹介いたします。

 

 

アフィリエイトで稼ぐためには

アフィリエイトで稼ぐには

 

アフィリエイトで稼ぐためには、サイトにアクセスを集めることが大切です。

 

しかし、どんなアクセスでも良いわけではありません。

 

あなたがアフィリエイトをしたい商品の見込み客のアクセスを集めると、アクセスに対しての成約率(CVR)が高くなり、より大きなアフィリエイトの報酬が発生するのです。

 

アクセスを増やすこと

 

アクセスを増やすために、もっとも大切なことは「コンテンツSEO」という方法を覚えることです。

 

コンテンツSEOとは、優良な記事を増やすことでGoogleに評価を受け、検索結果で上位表示をする方法です。

 

優良な記事を書くためには、記事ごとにどのようなキーワードで検索したユーザーに向けての記事なのかを明確にしてから記事を書くことがポイントです。

 

見込み客が検索するキーワードを増やす

 

しかし、キーワードといっても何でも良いわけではありません。

 

アフィリエイトで大切なことは、アフィリエイトをしている商品の見込み客をサイトに集めることです。

 

したがって、キーワードについても見込み客に検索してほしいキーワードで上位表示を狙う必要があります。

 

キーワード選定についてはこちら

 

 

アフィリエイトで目指すアクセス数

アフィリエイトで目指すアクセス数

 

サイトの閲覧数のことをPVと言います。

 

上位表示しているキーワードとサイトで提案しているアフィリエイトの案件の属性がどれくらいマッチしているかにもよりますが、たとえば月収30万円くらいだと月間10万~30万PVが指標です。

 

月収100万円以上の人は月間100万PVを達成している人が多いです。

 

ただし、これらは決して難しい数字ではありません。

 

月間100万PV

 

先程ご紹介したコンテンツSEOという方法をコツコツやると、月間100万PVは達成できます。

 

たしかにコツコツとやる必要はありますし、基本的に1年くらいかけて取り組むつもりが必要だとは思います。

 

しかし、月間100万PVを集めればサイトからの売上は考えられないほど大きくなりますし、メルマガの読者を集めたりすることもかんたんにできます。しかもSEOはサーバー代とドメイン代くらいしか費用がかからないため月に数千円のコストで毎月100万円以上の収益を上げられるのです。

 

11位から20位のキーワードはテコ入れ

 

コンテンツSEOをやっていくにあたり、ポイントとなるのがメンテナンスです。

 

記事は一度書いたら放置するのではなく、定期的にメンテナンスをします。

 

あとでご紹介しますが、サーチコンソールというツールを使ってアクセス解析をしたとき、特定のキーワードで11位から20位に順位がある記事は、少しメンテナンスを入れると検索結果の1ページ目に表示されることがあるのでアクセスが増えやすいです。

 

 

アフィリエイトのアクセス解析のコツ

アフィリエイトのアクセス解析のコツ

 

アフィリエイトのアクセス解析のポイントとしては、「記事ごとのアクセス数」を調べることと「どんなキーワードでアクセスが来ているか」を調べることが挙げられます。

 

また、いわゆる商品の紹介をしているアフィリエイト用の記事と、SEOでアクセスを集めるための記事は分けて考えることも多いので、その場合にはアフィリエイトをしている収益を発生させるための記事にアクセスがどれくらい来ているかも調べます。

 

アフィリエイトをして収益を発生させるためのレビュー記事の場合、ヒートマップというツールを入れておくとページのどこで離脱が多いかが正確にわかります。

 

キーワードごとのアクセス解析

 

どんなキーワードで検索したユーザーがサイトにアクセスしているかを調べることは大切な作業です。

 

もともと狙っていたキーワードで上位表示ができている場合もあれば、それに関連するキーワードからアクセスが来ている場合もあります。

 

自分が意識していなかったキーワードからアクセスが増えているのなら、その記事をアクセスが来ているキーワードをより意識した形で直してみると良いでしょう。

 

キーワードを解析する理由

 

さきほども書きましたが、キーワードを解析するとどの記事をメンテナンスした方が良いのかがわかります。

 

たとえば、11位から20位に検索順位をつけているキーワードがあれば、そのキーワードで上がっている記事については少し内容を強化したり編集してわかりやすくすれば検索結果で1ページ目(1位から10位)に上がることもあります。

 

検索結果で1ページ目と2ページ目はアクセス数にかなり差があるので、キーワードごとのアクセス解析をしてメンテナンスを入れることは大切なのです。

 

ページごとのアクセス解析

 

キーワードだけでなく、ページごとのアクセス数も見てみましょう。

 

サイト内の別の記事からアクセスが来ていたり、SNSなどからアクセスが来ている場合もあるので、どのページが特にアクセスが増えているのかをチェックしておくことは記事を見直す良いきっかけです。

 

アフィリエイトの場合は、商品のレビューをしてアフィリエイトを仕掛けている記事にアクセスが増えるようにサイト内の構造を変えていくと良いでしょう。

 

収益を出す記事のアクセス解析

 

ページごとのアクセス解析をして、もし収益を出すための記事にあまりアクセスが来ていなければ対策が必要です。

 

いくらサイトにアクセスが増えていても、収益を出すための記事(アフィリエイトをしている記事)にアクセスが増えていなければ本末転倒だからです。

 

その場合は、アフィリエイトをしている記事に、そのほかの記事からの内部リンクを増やしたり、キーワードを見直すなどの作業を行うと良いです。

 

 

アクセス解析に役立つ無料ツール

アクセス解析に役立つ無料ツール

 

PVを調べるにはGoogleアナリティクスという無料ツールが良いでしょう。

 

キーワードからのアクセス解析をしたりサイト内のエラーを通達してもらうにはサーチコンソールという無料ツールがおすすめです。

 

どちらもGoogleの公式ツールであり同時に使えますので、ぜひ入れておきましょう。

 

Googleアナリティクス

 

Googleアナリティクスを使えば、PVやユーザーの行動パターンなどを解析できます。

 

無料で使える高機能なアクセス解析のツールです。

 

Googleのアカウントを取得し、アナリティクスの申込みをするとトラッキングコードが取得できるので<head>タグの直後に貼れば完了です。

 

wordpressの場合はプラグインなどからもっとかんたんに設定もできます。

 

サーチコンソール(Google)

 

サーチコンソールは、Googleでの検索結果に関する自分のサイトの情報をチェックできるアクセス解析のツールです。

 

アナリティクスと合わせて入れておきましょう。

 

またサイトに重要なエラーが出た場合などにはサーチコンソール経由でお知らせしてもらえます。

 

広告が強制的に表示されたりしないので安心

 

無料のアクセス解析のツールの中には、サイトにアクセス解析を入れると勝手に広告が表示されるものもあります。

 

もちろん、無料ツールですからそれは仕方のないことです。

 

ですが、GoogleアナリティクスやサーチコンソールはGoogleのサービスなので、広告が勝手に表示されることはありません。

 

Googleはサイトの運営者がいることで検索エンジンを運営しているので、サイトの運営者が望むツールを提供してくれています。

 

基本的な設定の流れ

 

アナリティクスもサーチコンソールも、Googleのアカウントを取得して使います。

 

そして、アナリティクスやサーチコンソール側の設定を済ませたらコードをheadタグの直後などに入れれば完了です。

 

また、wordpressの場合はAll in One SEO Packというプラグインを使ってサイトに設置することも可能です。

 

 

ページの管理をしよう

SEO

 

アフィリエイトサイトを運営するときに、ページの管理をすることはかなり大切だと言えるでしょう。

 

たとえば、どの記事でどんなキーワードを狙っていて、記事の中でアフィリエイトをした場合にはその案件は何か、などとまとめておけば記事のメンテナンスをするときや案件を取り換えるときなどにすぐに調べられます。

 

また、アクセスや順位についても合わせて記録をつけておくとわかりやすいです。

 

エクセルやスプレッドシートで管理

 

サイトの記事の管理は、エクセルやスプレッドシートを使うと便利です。

 

いわゆる表計算のアプリですが、Googleのスプレッドシートが使いやすくて良いと思います。

 

書いておきたい項目は、「記事のURL」「記事で意識しているキーワード」「アフィリエイトしている商品」などです。

 

アクセスや順位を記録しよう

 

合わせてアクセスや順位を記録しましょう。

 

これも先程のスプレッドシートに記録をつけると良いです。

 

アナリティクスやサーチコンソールでも数字は見られますが、記事ごとの数字の推移はスプレッドシートに記録をつけておくとわかりやすくて便利です。

 

 

アクセス解析やキーワードのまとめ

アクセス解析やキーワードの考え方

 

ここまで、アクセス解析やキーワードについての考え方を書いてきました。

 

最後におさらいと、補足を行います。

 

アフィリエイトの作業は、記事のメンテナンスと新規の記事を作ることのバランスが大切です。

 

新規の記事を増やしつつ、メンテナンスを入れたほうが良い記事についてはしっかりと強化をしていきましょう。

 

サーチコンソールでチェック

 

サイトを作ったらGoogleのサーチコンソールに登録をして、定期的にクエリを確認します。

 

11位から20位に検索順位をつけているキーワードがあれば、該当する記事をメンテナンスすれば検索結果の1ページ目にいける可能性があります。

 

細かい作業ですが、コツコツとチェックをしましょう。

 

11位から20位の記事はメンテナンス

 

サーチコンソールを使ってどのキーワードで11位から20位なのかを調べます。

 

そのキーワードでユーザーが検索する意図に対して、わかりやすい構成になっていますか?

 

よりわかりやすい解説ができれば検索順位が上がる可能性がありますので、そうした視点で記事を直していきます。

 

関連キーワードで新規の記事を増やす

 

サイトを作ったら、そのサイトでメインで狙うキーワードを決めます。

 

新規の記事は、そのキーワードの関連キーワードについて記事を増やしていきます。

 

関連キーワードの中でも最初は3語や4語の複合キーワードから狙うと良いでしょう。

 

キーワードの考え方はこちらで詳しく説明しています

 

購買につながるキーワードを選ぶ

 

アフィリエイトの場合は関連キーワードなら何でも良いわけではなく、その中でも自分がサイトで掲載しているアフィリエイト案件に対して購買につながるキーワードを選びます。

 

たとえばダイエットに関するトレーニングの商品をアフィリエイトしているとしましょう。

 

その場合、ダイエットに関するキーワードだとしても「ダイエット 無理」とか「ダイエット 挫折」などのキーワードは購買につながらない可能性があるので後回しにします。

 

キーワード選定をするなら

 

関連キーワードをピックアップしたり、ライバルサイトの調査をするために必要なデータを集めてくれる便利なツールがあります。

 

弊社でも実際に使用しているツールです。

 

キーワード選定のためのデータ集めはツールにまかせた方が、たくさんのデータを速く多く集めてくれます。

 

おすすめのツールはこちらです

 

SSL化はやっておきましょう

 

SSL化とはインターネット上のデータ通信を暗号化してセキュリティを強化する仕組みです。

 

使っているサーバーによって設定のやり方がありますので、お使いのサーバーのマニュアルに従ってください。

 

SSL化していないと検索順位にも影響することがあるので、早めに済ませておきましょう。

 

内部リンクを増やそう

 

内部リンクとは、同じサイトの中にある別のページに送られたリンクのことです。

 

これを増やすと検索エンジンにも評価を受けやすいです。サイトに訪れたユーザーが回遊しやすいと評価を受けるためです。

 

内部リンクを増やす方法は大きく分けて2つです。

 

一つはSEOに強いテンプレートやCMSを使うことです。これで基本的に内部リンクが増える構造は完成します。

 

あとは記事中で関連する記事へはリンクを送っておくことです。

 

実際にユーザーから見ても、関連する記事へのリンクが文中にあるのは親切です。

 

 

最後に

 

この記事ではアフィリエイトで稼ぐために必要なアクセスアップのためのアクセス解析やキーワードの考え方について解説をしました。

 

また記事のメンテナンス方法についても説明をしました。

 

サーチコンソールやGoogleアナリティクスはしっかり取り入れて、アクセス解析をするようにしましょう。

 

アフィリエイトのキーワード選定についてはこちらにまとめています

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツと手順:シンプルなまとめ版

アフィリエイトのキーワード選定に関するまとめ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

このサイトでは、アフィリエイトのキーワード選定に関する記事をたくさん書いてきました。

 

そこで、シンプルにキーワード選定のコツや手順をまとめたいと思います。

 

アフィリエイトの売上アップにはキーワード選定が欠かせないので、ぜひコツを覚えてください。

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツを詳しく知りたい人はこちら

 

 

アフィリエイトのキーワード選定の基本

アフィリエイトのキーワード選定

 

アフィリエイトで稼ぐためには、できるだけ多くのアクセスをアフィリエイトリンクに集める必要があります。

 

その代表的なやり方が「SEO」です。SEOとは自分のサイトを検索エンジンに評価してもらって検索結果の上位に表示させるための対策のことです。

 

このSEOの作業の中でとても大切なものが「キーワード選定」です。

 

なぜキーワード選定が必要か

 

自分のサイトにアクセスを集めたいのなら、そのアクセスがどこからやってくるのかを考えましょう。

 

サイトのアクセスは主に3つの場所から集まっています。1つ目は検索エンジンから。2つ目がSNSや動画サイトから。3つ目が広告からです。

 

このうち、サイトを作ったらぜひ進めたい対策は検索エンジンからアクセスを集める対策です。そのためには「どんな検索キーワードで検索したときに自分のサイトの記事を上位表示したいのか」を考えて一つずつの記事を作ることが大切です。

 

検索順位が大切な理由

 

インターネット集客に詳しくない人からすれば、検索順位などあまり気にしないかもしれませんが、検索順位によって獲得できるアクセス数が大きく違います。

 

いわゆる「検索結果の1ページめ」と言われる1位~10位に表示されている場合と、11位より下(つまり検索結果の2ページめ以上)ではアクセスに10倍以上の差がある場合が多いです。

 

ですから、記事を書いたらその記事が狙ったキーワードで1位~10位に表示されることをしっかり考えなくてはいけません。いきなり上位を取れるわけではありませんが、関連記事を増やしたり書いた記事をたまにメンテナスをすることで検索順位が上がっていきます。

 

情報に関するキーワード

 

キーワードの種類としてまず1つ目は、情報を調べるときに使うキーワードです。このように「どんな理由でそのキーワードで調べるのか」ということを常に意識して記事を作りましょう。そうすることで検索エンジンが上位に表示したい情報を記事として作れるからです。

 

たとえば「神奈川県 コンサルタント」というキーワードであれば、神奈川県のコンサルタントについての情報を調べたくて検索する意図が想像できますよね。

 

このように情報を調べたくて打ち込んでいるキーワードはたくさんあります。それらに対して「どんなことを知りたいのか」「なぜそれを知りたいと思ったのか」と検索の意図を具体的に考えると良い記事が作れます。

 

手順ややり方を知りたいキーワード

 

たとえば私は先日、友人の結婚式に出席するために革靴を新調しました。しかし、そのときに思ったのが「あれ、革靴の靴ひもってどうやって結べば良いんだろう」ということでした。そこで私は「靴ひも 結び方」などと検索エンジンで検索をしたのです。

 

この出来事からもわかるように、何かのやり方を調べたくて検索をする人もいます。

 

このサイトを見ている人の中にもアフィリエイトのキーワード選定の手順を知りたくてアクセスした人もいるはず。手順ややり方を調べる人がターゲットとなるキーワードに対しては、その答えをまとめた記事を用意しましょう。

 

商品名をキーワードにする

 

商品名をそのままキーワードとして狙うこともアフィリエイトの王道です。

 

商品名で検索している人はすでに商品に興味を持っている人なので成約も取りやすいでしょう。

 

一方で、商品名を知っているということはすでに購入した人という可能性もあることや商品名をキーワードにすることは販売者がまずやっていることなので1位を取りにくいというデメリットもあります。

 

ビッグキーワードとは何か

 

ビッグキーワードとは、月間検索数の多いキーワードのことを指す場合が多いです。月間検索数とは一カ月間でそのキーワードが検索エンジンで検索された回数のことです。

 

ビッグキーワード=単一キーワードと考えることも多いです。単一キーワードとは「アフィリエイト」のようにキーワードが一つの単語のみであるキーワードのことです。

 

ビッグキーワードで上位表示ができればアクセスがすごく集まりますが、いきなり上位表示をするのは難しいです。まずはスモールキーワードから狙いましょう。

 

スモールキーワードとは何か

 

スモールキーワードとは、月間検索数の少ないキーワードを指すことが多く、「アフィリエイト やり方 初心者」といったようにいくつかの単語で構成されたキーワード(これを複合キーワードという)であることが多いです。

 

検索数が少ない分だけライバルも少なく、そのライバルのSEO対策もビッグキーワードほど万全ではないことが多いので、ビッグキーワードよりもかんたんに上位表示ができることも多いです。

 

まずはこうしたスモールキーワードから確実に上位表示を狙います。そうしているうちに検索エンジンも少しずつあなたのドメイン(サイトのURL)を評価して、ビッグキーワードでも上位が取れるまでに育ちます。

 

お宝キーワードとは何か

 

お宝キーワードとは、理想的なキーワードのことだと思ってください。

 

つまり、ライバルが少なく、月間検索数が多く、ライバルのSEOが弱く、ライバルが広告などをサイトに貼っていないなど、あなたがしっかりとした記事を作ればかなりかんたんに上位表示ができて大量に商品の見込み客が集まるようなキーワードのことです。

 

ただし、当然これほど条件の良いお宝キーワードは少ないので、コツコツと記事を書いてサイトやドメイン評価を育てることが大切ということには変わりないです。

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツをもっと詳しく知りたい人はこちら

 

 

アフィリエイトのキーワード選定の手順

アフィリエイトのキーワード選定の手順

 

アフィリエイトのキーワード選定の手順は覚えてしまえば難しくありません。ぜひ書き出しましょう。

 

「メインキーワードの決定」→「関連キーワードの選定」

 

基本的にはこれだけです。ただし、関連キーワードの中からどんなキーワードを優先させるべきかはコツがあるので、次のとおりまとめます。

 

メインキーワードの決定

 

ここは難しく考えなくて良いです。

 

あなたがゴルフについてのサイトをやっていきたいならメインキーワードは「ゴルフ」です。サイトのジャンルと考えても良いです。

 

ジャンルについての考え方はこちら

 

このメインキーワードを軸にして、その関連キーワードをピックアップします。

 

関連キーワードの選定

 

メインキーワードを決めたら、そのメインキーワードを軸にしてその関連キーワードをピックアップします。

 

たとえば「ゴルフ」というメインキーワードがあるのなら、「ゴルフ 初心者」「ゴルフ 男性 スコア」など、関連するキーワードを集めるのです。

 

この方法は、検索エンジンの検索結果の下に表示される関連キーワードからピックアップする方法もありますが、ツールを使ったほうがはるかに多く、正確にデータが集まります。

 

おすすめのツールはこちらです

 

購買意欲の高いキーワードを選定する

 

関連キーワードをたくさん集めたら、その中でも優先して記事を書いたほうが良いキーワードを選定します。そのコツを教えます。

 

まず1つ目のコツは、「購買意欲の高いキーワード」です。あなたが集めなければいけないアクセスは、アフィリエイトをしている商品の見込み客となるアクセスです。

 

たとえば「ゴルフ 上達 方法」というキーワードと、「ゴルフ 初心者 無理」というキーワード、どちらがゴルフの関連商品が売れるでしょうか。こたえは「ゴルフ 上達 方法」ですよね。

 

このように購買につながるキーワードを優先させます。

 

三語、四語の複合キーワードを選定する

 

関連キーワードの中で、特に初めのうちは複合キーワードから記事を書きましょう。

 

「ゴルフ」という単一キーワードではあまりにライバルが強い上に多いので、なかなか上位表示ができません。しかし、「ゴルフ 初心者 男性 始め方」といったように複合キーワードならライバルも一気に減ります。

 

まずはこうしたスモールキーワードで確実に上位を取り、検索エンジンからの評価を少しずつ上げることがコツです。このように進めるうちにビッグキーワードでも上位が取れます。

 

ライバルが弱いキーワードを選定する

 

できればライバルが弱いキーワードを選定しましょう。ライバルが弱いとは「SEOの工夫が弱そう」ということです。

 

具体的には「実際にそこまでSEOをやっていないのに検索エンジンに評価されている」ことを調べたり「アフィリエイトやアドセンスの広告タグを入れているかどうか」を調べることで、ライバルの強さをおおよそ予想ができます。

 

これも自分の力だけで調べるのはかなり大変ですし、実際に無理と言って良いくらいですので、ツールを使うようにしましょう。

 

おすすめのツールはこちら

 

おすすめのツール

 

上でも触れましたが、ライバルのSEOの強さを判断したり、それを元にキーワード選定を行うために役に立つツールがあります。

 

弊社でも使用していますが、「コンテンツスカウターZ」というツールです。

 

キーワード選定において、ライバルサイトの調査は本当に大切で、ライバルの調査をせずに自分でキーワードを考えるのはキーワード選定とは言わないので必ずツールを使いましょう。

 

コンテンツスカウターZの詳細はこちら

 

 

キーワード選定をしたら

キーワード選定をしたら

 

キーワード選定だけをやっていればアフィリエイトで稼げるわけではありません。

 

アフィリエイトで本当に大切な作業は記事を書くことです。サイトの記事の場合は更新の頻度よりも記事の質を意識してください。良い記事をたくさん書くのです。

 

良い記事とは、検索ユーザーの知りたい情報をしっかりまとめた記事のことです。

 

記事を書く

 

キーワード選定ができたら記事を書きます。

 

記事は関連キーワード一つずつに対して書いていきます。たとえば「ゴルフ 初心者 スコア」というキーワードに対しての記事、「ゴルフ 初心者 レッスン」というキーワードに対しての記事という具合に、関連キーワードをそれぞれ狙った記事を増やすのです。

 

ちなみに、書いた記事のURLや狙っているキーワードなどはCSV形式で保存をしておくとあとで整理しやすくておすすめです。

 

検索意図とは何か

 

検索意図とは、ユーザーがなぜそのキーワードで検索をしているのかという理由のことです。

 

たとえば「アフィリエイト やり方」というキーワードの検索意図としては「アフィリエイトのやり方を知りたい」という検索意図が想像できます。

 

検索意図を考えることで、それに対してどのような記事を作ることが適切なのかを判断ができます。

 

更新頻度より質が大切

 

昔はどんな記事でも良いから、とにかく更新した方が検索エンジンに評価されるという時代がありました。ですが、今は違います。

 

もちろん更新頻度が高いのがベストですが、更新頻度を急ぎすぎて「どんな記事でも良い」という考え方になるのは間違っています。今の検索エンジンがもっとも大切に考えているのは「優良な記事であること」です。優良な記事とは検索意図の答えとなる記事のことで、その記事を読めばユーザーが検索を終えられる記事のことです。

 

ですから、記事を書くときには「キーワードを選定する」→「検索意図を書き出す」→「記事を書く」→「公開する」という手順で行います。弊社も実際にこの手順で記事を公開しています。

 

 

キーワードの検索順位を上げるために

キーワードの検索順位を上げるために

 

そのほかのポイントについても説明をします。

 

まず大切なのは、関連キーワードをたくさんピックアップして、その一つずつに対しての記事を増やすことです。

 

また、Search ConsoleというGoogleのツールに登録をして、すでに書いた記事も定期的にメンテナンスをしてください。

 

Search Consoleについてはこちらでも書いています

 

関連キーワードも選定する

 

キーワード選定のコツはここまでに書いたとおりです。

 

メインで狙っているキーワードだけを意識するのではなく、そのキーワードを軸とした関連キーワードをたくさん集めましょう。

 

関連キーワード一つずつに対して記事を増やせば、メインで狙っているビッグキーワードでも上位が取れます。

 

関連キーワードのピックアップもらくらく

 

関連キーワードについて記事を増やす

 

とにかく関連キーワードについて記事を増やしましょう。

 

サイトアフィリエイトですごい成果を出している人のほとんどが「50記事~100記事くらい書くと、ドメインが評価されてアクセスが来る」「100記事以上書くと、本当にアフィリエイト報酬が跳ね上がる」と言います。

 

狙っているキーワードが購買につながるものであればアクセスが少ないうちから報酬も出ますが、ぜひ150記事くらいまでは記事を増やすことをがんばってみてください。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちらで学べます

 

Search Consoleに登録をする

 

先程も少しご紹介しましたが、Search ConsoleというGoogleが公開している便利なツールがあります。

 

Search ConsoleはGoogleがサイトの運営者に無料で提供している解析ツールです。

 

Search Consoleを使うと、自分のサイトがどんなキーワードで何位くらいに掲載されていて、検索結果からどの程度クリックされているのかなどがわかります。

 

Search Consoleについてはこちらでも説明しています

 

11位から20位の記事をメンテナンスする

 

Search Consoleで11位から20位に順位を付けているキーワードがあれば、そのキーワードで実際に検索をしてみましょう。すると、どの記事がそのキーワードで評価をされているのかがわかります。

 

そのキーワードがもともと狙っていたキーワードということもありますし、ときには思っていなかったキーワードで評価されることもあります。

 

実際に評価を受けているキーワードで記事を補強したり記事タイトルを変えてみたり、あるいは情報の最適化や解説のわかりやすさなどをメンテナンスしましょう。

 

11位から20位まで順位が来ているということは、もう少し評価を上げれば検索結果で1ページめ(1位から10位)に上がります。検索結果で1ページめと2ページめではとても大きな違いがあるので、11位から20位に順位のある記事はメンテナンスをしましょう。

 

 

最後に

 

このサイトでは、アフィリエイトのキーワード選定について詳しい解説をした記事をいくつか用意してきました。

 

ですが、一度それらをまとめたシンプルな記事を作りたかったので、この記事にまとめました。

 

アフィリエイトで稼ぐ上でキーワード選定は大切です。めんどうな作業ではありますが、収益に直結する作業ですので意識して取り組んでください。

 

もっと詳しいキーワード選定のコツはこちら

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトのキーワードを意識したタイトルや本文の考え方を解説

アフィリエイトのキーワードを意識したタイトルの考え方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトという仕事では、記事を書くことがたくさんあります。

 

その中でもSEO(検索エンジン対策)を意識した記事を書くときには、どんなキーワードで検索したときに上位表示をさせたいのかを決めてから記事を書きます。いわゆるキーワード選定です。

 

そうして決まったキーワードを、記事のタイトルや本文に使うことで検索エンジンにアピールができます。

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードを意識したタイトルや本文の考え方を解説します。

 

 

アフィリエイト記事の考え方

アフィリエイト記事の考え方

 

アフィリエイトの作業のほとんどが、記事を書くという仕事です。

 

サイトの記事だけでなく、SNSやメルマガで情報発信をする人も増えました。SNSやメルマガの記事にもコツはありますが、サイトの場合は特に検索エンジンに評価されることが大切なので知識があると良いでしょう。

 

ここでは、特にサイトの記事を書くときの基本的な考え方をまとめます。

 

SEOとは

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で日本語では「検索エンジン最適化」と言います。つまり、検索エンジンに評価されるための対策や活動のことです。

 

検索エンジンに評価をされることで、検索順位が上がりアクセスが増えます。

 

アフィリエイトの収益を上げるためにはアクセスアップは欠かせないので、SEOの知識が必要なのです。

 

書く前にキーワードを決める

 

SEOを意識した記事を書きたいのなら、記事を書き始める前の準備が大切です。

 

まずは記事を書く前に「キーワード」を決めましょう。キーワードとは検索キーワードのことです。今から書く記事はどんなキーワードで検索したときに上位に表示させたいのかということを初めに決めておくのです。

 

こうして決まったキーワードは後ほど記事タイトルや本文の中で使っていきます。

 

なぜキーワードが大切なのか

 

検索エンジンからアクセスを集めたいのなら、方法は2つです。

 

一つは広告を出してアクセスを買うことですが、こちらは当然お金がかかる分だけリスクもあります。もう一つの方法は検索結果に広告ではなく検索エンジンに評価されることで上位表示してもらい、アクセスを集める方法です。こちらは検索エンジンに評価してもらうために作業が必要ですが、お金がかからずリスクはありません。

 

検索結果には「広告」と明記されている表示もありますが、検索エンジンが評価して自然に上位に表示されているページもあります。このように広告ではなく、検索エンジンに評価されて上位に上がっている検索結果の表示範囲を「自然検索」と言います。

 

つまりキーワードを意識して記事を書くことでこの自然検索に上位表示され、コストをかけずにアクセスを集められるのです。

 

一記事あたりの文字数

 

よくいただくご質問で、「サイトの記事はどのくらいの文字数を書いたら良いですか」というものがあります。

 

文字数があまりに短いと検索エンジンも評価のしようがないのであまり上位表示されませんが、長ければ良いという問題ではありません。

 

たとえば「明日の天気」という検索キーワードに対して1万文字も情報が必要かというと、そんなことはないですよね。大切なのは、キーワードを決めたらそのキーワードで検索するユーザーの意図を考え、その意図の答えとなる情報をしっかりまとめてあげることです。したがって検索意図によって正しい文字数も違うのです。

 

 

なぜ記事タイトルが大切なのか

記事タイトルが大切な理由

 

検索結果では、あなたのサイトのトップページが表示されるよりも一つずつの記事が上位表示されることが多いです。

 

したがって、一つずつの記事こそどんなキーワードを意識しているのかを検索エンジンにアピールするべきなのです。

 

多くの人はサイト全体のタイトルにものすごくこだわりますが、そちらはむしろあまりSEOを意識しなくても良い場所なのです。

 

SEOのため

 

記事タイトルに狙っているキーワードを入れることで、検索エンジンが「どんなキーワードで上位表示をしようか」という判断をするためのヒントとしてアピールできます。

 

また、実際にそのキーワードで検索するユーザーのために情報をまとめた記事なら、記事タイトルにキーワードが入っていないのはむしろ不自然です。

 

正しく言うのであれば、上位表示がされれば必ずアクセスが来るのではなく、上位表示がされて検索結果の中からあなたの記事タイトルを見た人がクリックしたときにはじめてアクセスとしてカウントされます。ですから記事タイトルはとても大切なのです。

 

読まれるかどうかはタイトルしだい

 

あなたが検索をするときを思い出してください。

 

検索からサイトにたどり着く流れは、「キーワードを入れて検索をする」→「検索結果からアクセスしたいサイトや情報を選ぶ」→「アクセスする」ですよね。ですから、上位表示していれば必ずアクセスが来るわけではありません。

 

上位表示するためにキーワードをタイトルに入れることは大切ですが、なおかつユーザーが気になるタイトルになるように工夫が必要なのです。

 

 

サイトタイトルやブログタイトル

サイトタイトルやブログタイトル

 

弊社のクライアントでも、とても気合いが入っている人ほどサイトやブログの全体のタイトルをこだわりすぎてしまう人が多いのです。

 

気合いが入っているのは悪いことではないし、仕事をしっかりやろうと思っていることもすばらしいです。ただし、最初の時点で考えるべきなのはサイトにアクセスを増やすことであり、そのためにはサイト自体のタイトルよりも一つずつの記事タイトルの方が大切なのです。

 

むしろ、サイトタイトルはあとから変えられるので、最初の時点ではあまり気にしなくて良いです。

 

 

キーワードを使うべき場所

キーワードを使うべき場所

 

キーワードが選べたら、実際に記事を作りますが、キーワードを入れるべき場所があります。

 

キーワード選定に役立つツールはこちら

 

大きく分けて「記事タイトル」「見出しタグ」「本文」「画像のaltタグ」などにキーワードを入れると効果的です。

 

ただし、文章や言葉が不自然な入れ方は逆効果です。それでも記事タイトルにはキーワードのすべてを入れるべきです。検索結果から選ばれるような言葉で自然な形でキーワードを入れたタイトルを作りましょう。

 

記事タイトル

 

記事タイトルのできるだけ「左側」にキーワードを入れるというのが昔から言われるポイントです。

 

つまり、たとえば「アフィリエイト」というキーワードを狙っているのなら【アフィリエイトの稼ぎ方を徹底解説】というタイトルなら左側にキーワードが来ていますが、【お金を稼ぐならアフィリエイト】というタイトルなら左側には「お金」とか「稼ぐ」というキーワードが入っているので、アフィリエイトというキーワードでは強いアピールができていないと考えられるわけです。

 

もちろん、キーワードによってはライバルも対策が弱くて、ここまでしっかり準備をしなくても上位表示ができてしまうキーワードもあります。ただ、あとからライバルが対策してくる可能性もあるので、できるだけ記事タイトルの左側にキーワードを入れてみましょう。

 

見出しタグ

 

見出しとはまさに上の「見出しタグ」と少し大きく書いてある部分が見出しです。本で言うと「章」のような役割です。

 

見出しタグは「hタグ」と呼ばれるタグで設定します。

 

アフィリエイトのワードプレスの始め方はこちら

 

見出しにも狙っているキーワードの一部や(全部でも良い)関連キーワードを使いましょう。ただし不自然な使い方は逆効果なので、自然に入れられるところに使うという考え方が大切です。

 

本文

 

当然、本文にも狙っているキーワードを入れて書きましょう。そのキーワードについて記事を書いているのに本文で一度もキーワードが出ていないというのは逆に不自然ですよね。

 

狙っているキーワードは、本文のできるだけ最初のほうに使うと良いと言われています。これも、そのキーワードについてしっかり情報をまとめようと思えば自然とそうなるからです。

 

記事のはじめに、まず結論をまとめて伝えてあげる構成を心がけると自然とキーワードも使いやすいです。

 

画像のaltタグ

 

altタグとは画像の説明文のことです。

 

altタグは見落としている人が多いですが、検索エンジンはこうした裏側の情報までチェックしているのでaltタグもしっかり設定をしましょう。画像とあまりに違うのはダメですが、画像の説明として狙っているキーワードや関連キーワードを使うと効果的です。

 

ワードプレスの場合は、記事に追加した画像をクリックして編集ボタンを押して出てくる画面で「代替テキスト」という欄に説明文を入れればaltタグの設定は完了です。

 

ワードプレスの始め方はこちら

 

 

アフィリエイト記事のタイトルの文字数

アフィリエイト記事のタイトルの文字数

 

アフィリエイト記事のタイトルにはそれぞれ目安とすると良い文字数があります。

 

主に、SEO用の記事タイトルとメルマガの件名については文字数を考えると良いです。SNSはタイトルという考え方がないので、一行目の書き出しがタイトルの役割があります。

 

SEOでは検索結果で表示される文字数(32文字)、メルマガは受信ボックスで表示される文字数(15文字~20文字程度)が目安です。

 

SEO用の記事の場合

 

SEO用の記事(サイトの記事)では、検索結果に表示される文字数の範囲内でまとめることが大切です。これは32文字程度と言われています。

 

32文字のできるだけ先頭の方に狙っているキーワードを使いましょう。

 

また記事の説明文(ディスクリプション)にもキーワードを使うことを心がけましょう。

 

メルマガの場合

 

メルマガの件名(タイトル)の場合は受信ボックスで表示される文字数が目安です。最近はパソコンではなくスマホでメルマガを読んでいる人も多いので注意が必要です。スマホによって表示される件名の文字数は違うのですが、大体15文字~19文字程度なら表示されることが多いです。

 

また、最近のメールはあまり過激な表現やもうけ話のような言葉を使うと迷惑メールフォルダーに入りやすい傾向があります。

 

いわゆる「釣る」ということを狙いすぎず、健全に気になるタイトルを作れるように工夫しましょう。自分が好きなメルマガ発行者の件名の付け方などをヒントにしましょう。

 

 

アフィリエイト記事のタイトルの付け方

アフィリエイト記事のタイトルの付け方

 

アフィリエイト記事のタイトルを考えるとき、特にサイトの記事タイトルは付け方に工夫が必要です。

 

サイトの場合は検索エンジンからの集客をメインで考えます。検索エンジン対策のことをSEOと言います。

 

記事タイトルの付け方しだいでSEOの効果も変わることがありますので、ポイントを覚えましょう。

 

キーワードを意識したタイトル

 

前提となる考え方は、キーワードを意識した記事タイトルにすることです。

 

本や雑誌のようなおしゃれなタイトルにするのではなく、「記事タイトルを見ただけで何について書かれたものか理解できるもの」にすることがポイントです。

 

つまり、記事を書くときにはその記事で上位表示を狙うキーワードを決め、そのキーワードを記事タイトルにも入れるということです。

 

できるだけ左側に出す

 

記事タイトルの言葉の中でも、狙っているキーワードはできるだけ左側に出すことが望ましいとSEOの業界では昔から言われています。

 

左側に出すとはどういうことか、例を出します。たとえば「タイトル 付け方」というキーワードを狙っているとします。

 

「タイトルの付け方を変えるだけでブログのアクセス数を増やせる話」というタイトルなら、「タイトル 付け方」というキーワードができるだけ左側に入っています。

 

「ブログのアクセス数を増やしたいならタイトルの付け方を工夫しよう」というタイトルだと、「タイトル 付け方」というキーワードがかなり右側に出てしまいますよね。これだとSEO(検索エンジン対策)としては効果が低いと言われています。

 

クリックしたくなるタイトル

 

検索エンジンの検索結果で上位表示ができても、検索ユーザーにアクセスしてもらえるとは限りません。

 

なぜなら正しくは、検索結果の一覧に並んだ記事タイトルなどを見てユーザーが選んだコンテンツにアクセスが集まるからです。つまり、検索結果でライバル記事よりも魅力が伝わるタイトルであることが望ましいです。

 

魅力が伝わるというのは、「自分が調べたい情報が書いてありそうだ」ということが伝わるという意味です。

 

記事タイトルのメンテナンス

 

Search Consoleなどを入れていると、どんなキーワードで何位に自分の記事が上がっているのかがわかります。

 

Search Consoleについてはこちらでも解説しています

 

Search Consoleで11位~20位にいるようなキーワードがあれば、そのキーワードで検索してみて実際にどの記事が上がっているのかを調べましょう。

 

中には、メインで狙っているキーワードとは違うキーワードで上がっている場合もあります。そのような場合には、上がっているキーワードが記事タイトルに使われているかなどをチェックしてメンテナンスをしましょう。

 

記事ごとに狙っているキーワードや記事のURLなどをCSV形式などで保存しておくと良いです。

 

 

見出しも大切

wordpressの見出し

 

見出しというのは、この文章の上の「見出しも大切」とか、この文章の下の「見出し構成を作ると記事も書きやすい」といったものです。

 

記事の中の見出しは本でいうと「章」にあたる役割ですね。この見出しにもキーワードや関連する言葉を入れると良いです。

 

見出しはhタグというタグで挿入をします。検索エンジンは見出し構成もチェックしています。

 

見出し構成を作ると記事も書きやすい

 

よく、記事がなかなか書けないという人がいますが、これは見出し構成を先に考えることで解決できます。

 

記事の構成を考えずに「こんにちは」と書き出してしまうと、途中で「何の話をしているんだ」と方向性に迷うこともありますし、ネタが尽きることもあるでしょう。

 

しかし、「キーワードを決める」→「ライバルチェックをする」→「見出し構成を考える」→「記事を書く」という順番で作業をすることで、ユーザーが知りたい情報をしっかりまとめた記事が完成します。

 

ライバルチェックならこちら

 

 

本文でのキーワードの使い方

本文でのキーワードの使い方

 

記事の本文でも狙っているキーワードはしっかり使いましょう。実際、狙っているキーワードについてユーザーが知りたい情報をまとめているのに、そのキーワードが本文で一度も出てこないというのは不自然です。

 

最低でも本文で一度は狙っているキーワードを使いましょう。できるだけ書き出しはじめで出現させると良いです。

 

一度だけではなく、自然な形であれば本文で何度も使って構いません。ただし、検索エンジンにアピールしたいがために不自然に使うことは逆効果です。

 

 

キーワードやタイトルの注意点

キーワードやタイトルの注意点

 

ここまで、キーワードやタイトルの考え方についてのコツを説明してきました。

 

最後に、コツとは違って少し知っておくと良いことをまとめます。

 

検索エンジンはとても頭が良いので、狙っているキーワードをむりやりアピールせずに、自然な形で使うことがポイントです。自然な形でこれまでアドバイスした工夫を取り入れてみましょう。

 

自然なタイトルや見出しを考えよう

 

タイトルには狙っているキーワードのすべてを入れる。なおかつ、できるだけ左側に配置する。さらに、クリックしたくなるタイトルにする。など、たくさんアドバイスをしてきました。

 

ですが、それらを守っていればどんなタイトルでも良いわけではありません。

 

タイトルの言葉が自然な形であることが大前提です。コツを守っていればめちゃくちゃな言葉でも良いのではなく、自然で整った言葉にまとめることが大切な前提条件です。

 

検索結果に表示される言葉

 

検索結果に表示される言葉や、記事の説明文(ディスクリプション)は、ときどき記事に設定したものと違うことがあります。

 

最近の検索エンジンでは、記事の内容をしっかりチェックして検索結果にふさわしい部分を検索結果に表示します。ですから記事タイトルが検索結果にそのまま表示されない場合もあるようです。

 

ただし、この記事で説明してきたやり方は「コンテンツSEO」といって、ユーザーのためになる情報を更新するという意味で検索エンジンと同じ方向を目指す手法ですから、どんな形で検索結果に表示されようとコツはこの記事で説明してきたものと変わりません。

 

より詳しくキーワードについて学ぶなら

キーワードについて学ぶなら

 

より詳しくキーワードについて学ぶなら「キーワード革命」という教材をおすすめします。

 

キーワード革命はCatch the Webさんの商品です。Catch the Webさんと言えば、SEOにもとても詳しくて優良なノウハウを提供してくれることでも有名です。

 

キーワードはサイトの売上の8割を決めるとも言われますので、ぜひ学びましょう。

 

キーワード革命の詳細はこちら

 

 

キーワード選定に役に立つツール

キーワード選定に役に立つツール

 

キーワード選定にはライバルサイトについてのデータを集めることが大切です。

 

たとえば、ライバルサイトがどれくらいSEOに強い状態かということや、ライバルサイトがどれほど広告などのタグを埋め込んでいるかなど、ライバルサイトをチェックすることでそのキーワードの上位表示の難易度がわかるのです。

 

ですから、キーワード選定のデータはツールにやらせたほうが正確ですし、自分だけの力でやるのには限界があります。「コンテンツスカウターZ」というツールが本当におすすめなのでぜひ一度詳細を読んでください。

 

コンテンツスカウターZの詳細はこちら

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードとタイトルの考え方をまとめました。

 

キーワード選定もタイトルの付け方も、アフィリエイトで稼ぐために大切な作業です。

 

アフィリエイトはこうした細かい工夫の積み重ねで結果が大きく変わりますから、ぜひ一つずつ取り組んでみましょう。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトのキーワード選定の優先順位やツールなどのランキング

アフィリエイトのキーワード選定の役に立つランキング

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトにおいてキーワード選定はとても大切な作業です。

 

キーワード選定について、正しく理解して準備をすることで見込み客のアクセスを集めて稼げます。

 

この記事では、アフィリエイトのキーワード選定の基本と、優先するべきキーワードのランキングやおすすめのツールなどを紹介します。

 

 

アフィリエイトのキーワード選定

アフィリエイトのキーワードに関するランキング

 

アフィリエイトで稼ぎたい人は、キーワードについてしっかりと考えて準備をしましょう。

 

アフィリエイトの収益の8割はキーワード選定で決まると言われているほどです。

 

まずはアフィリエイトのキーワードの基本を覚えてください。

 

キーワードとは

 

キーワードとは「検索キーワード」のことで、検索エンジンで検索をするときに使う言葉のことです。

 

何かのキーワードで検索をしたときに、あなたの記事が検索結果で上位表示をされていればそこからアクセスが集まりアフィリエイトの収益が発生します。

 

ですからアフィリエイトのキーワードは、ご自身が紹介している(アフィリエイトをしている)商品の見込み客が検索しそうなキーワードを選ぶことがコツです。

 

なぜ必要なのか

 

検索エンジンは、検索キーワードに対してできる限り適切な情報を検索結果で返す役割を担っています。

 

ですから、サイトの運営者は記事を書くときに「この記事はどんなキーワードで検索した人に向けた記事なのか」を意識して書くことで、検索エンジンに評価され検索結果で上位表示ができるのです。

 

もし、キーワードを決めずに記事を書いてしまえば、検索エンジンからアクセスを集めることが難しくなるのです。

 

検索意図とは何か

 

検索エンジンはユーザーの検索意図に対して適切な情報を表示しようとしていると言われています。

 

検索意図とは「そのキーワードで検索をする理由」です。

 

たとえば、「Google アカウント 取り方」というキーワードであれば、「Googleのアカウントの取り方を知りたい」という検索意図があるわけです。

 

ビッグキーワードとは

 

ビッグキーワードとは、「Google」とか「検索エンジン」とか「アフィリエイト」などのように月間の検索数が多いキーワードのことです。

 

基本的に単語のキーワードを指すことが多いです。

 

ビッグキーワードは検索される回数も多いですが、その分だけライバルも強いので、ある程度サイトが育ってから狙うと良いでしょう。

 

スモールキーワードとは

 

スモールキーワードとは、月間の検索数がビッグキーワードほど多くなくその代りにライバルも少ないキーワードのことです。

 

基本的に「Google 検索エンジン 使い方 初心者」など、いくつかの単語で構成されたキーワード(複合キーワード)が該当することが多いです。

 

スモールキーワードは検索される回数は少ないですが、ターゲットが明確なキーワードであることも多くライバルも少ないため検索エンジンに評価されやすいです。ですから、サイトにアクセスが集まるまではスモールキーワードを中心に記事を書くことがコツです。

 

複合キーワードとは

 

たとえば、「メールの使い方」について検索をする時「Gメール」と検索することもありますが、「Gメール 使い方 初心者」などといくつかの単語を入れて検索することもあるでしょう。

 

このように複数の単語の組み合わせのキーワードのことを複合キーワードと言います。

 

複合キーワードはスモールキーワードにあたることが多いですが、ターゲットが明らかなので記事を書きやすく検索エンジンの評価を得られる可能性も高いです。

 

 

準備するキーワードのランキング

準備するキーワードのランキング

 

サイトを作ったら記事を書いていきますが、その優先順位について説明します。

 

まずは、アフィリエイトなどがサイトの目的の場合は商品が売れる仕組みがなければ意味がないので、商品を紹介する記事を書きます。

 

それから、その商品のジャンルに関する関連記事をたくさん作っていくのです。

 

サイトの作り方はこちら

 

商品名

 

まずは商品名をキーワードにして、記事を書きましょう。

 

記事を書くときには、ライバルサイトの構成などをチェックした上で、より検索意図の答えとなる記事の構成を考えてから文章を作ります。

 

構成を考えずに文章を書くよりも、構成を考えてから文章を書いたほうが書きやすいですよ。

 

関連キーワード

 

商品を紹介したり(アフィリエイトをしたり)、売るための記事ができたら、次にその商品のジャンルの関連キーワードをピックアップします。

そのときに便利なツールがこちら

 

そして、その関連キーワード一つずつに対して記事を作ります。

 

ちなみにたとえば、「アフィリエイト 関連キーワード 集め方」というキーワードと「アフィリエイト 関連キーワード 意味」というキーワードは別物です。途中まで同じ言葉であっても一部でも違えばSEOとしては違うキーワードと考えるので、関連キーワード一つずつに対してていねいに記事を作っていきます。

 

メインキーワードをずらす

 

関連キーワードのピックアップは、メインとなるキーワードを軸に考えます。たとえばあなたのサイトのジャンルがチョコレートについてのサイトなら「チョコレート」というメインキーワードを軸に関連キーワードを集めて記事を増やします。

 

たくさん記事を書いていくと、メインキーワードについてほとんど関連記事を作り終わったということもあるでしょう。

 

その場合にはメインキーワードを近いジャンルで少しずらしたり広げたりします。たとえば「チョコレート」から「お菓子」というようにずらして、また関連キーワードを集めて記事を書いていくのです。

 

 

最新のGoogleに好まれる基準ランキング

Googleに好まれる記事ランキング

 

Googleはサイトの構成や外部のサイトから送られているリンクの数なども評価の基準としていますが、何よりチェックしているのはコンテンツ(記事)の内容です。

 

良い記事をたくさん書けば、Googleに評価をされてサイト全体のアクセスが増えます。良い記事とは「検索意図の答えとなる記事」のことです。

 

いわゆるURLにあたる文字列のことをドメインと言います。このサイトならaffimark.netがドメインです。良い記事を増やすことで、あなたのドメインの評価が上がり各記事の検索順位が上がってアクセスが増えるのです。

 

1.コンテンツ(記事)の内容

 

とにかくチェックされているのはコンテンツの内容です。

 

ほかにどんな対策をしても、コンテンツの内容が悪ければ検索エンジンの評価が上がらず、アクセスが安定しません。

 

Googleは定期的に大幅な検索の基準のアップデートをしていますが、そのときに検索順位が大きく下がってしまう人はコンテンツの内容が悪いことが多いです。

 

2.ドメインの評価

 

良い記事をたくさん書いていると、あなたのドメインがGoogleに評価されていきます。

 

評価されているかは点数などを見ることはできませんが、アクセス数で判断ができます。

 

今までアクセスが来ていない記事ばかりでも、そのまま良い記事を作り続けているとある時から各記事のアクセスが増えます。このタイミングが検索エンジンがあなたのドメインを評価し始めたタイミングです。ここまで来ると、そのあとに書く記事についてもアクセスを集めやすくなるのです。

 

3.権威性

 

検索エンジンはとても頭が良いので、「誰が書いた記事なのか」ということもしっかりチェックをしています。

 

したがって、アフィリエイトの場合でもプロフィールはしっかりと書きましょう。プロフィールはあなたの自己紹介だけでなく、経歴や「なぜこのサイトをやっているのか」ということも書きます。

 

たとえば、ダイエットに関するサイトをやっているのなら「なぜ自分がダイエットのサイトを始めたのか」「自分はどんな経験があるのか」「サイトを見ている人にどうなってほしいのか」など、ビジネスの理念をしっかり書くことで権威性をアピールできます。

 

 

キーワード選定に使うツールランキング

キーワード選定に使うツールランキング

 

弊社でも年間に100記事以上の執筆やメンテナンスをやっています。

 

すでに書いた記事に関しても、定期的にメンテナンスを入れて最新の情報に更新をしています。そのたびにキーワードを見直すことも多いです。

 

そこで、キーワード選定に役に立つツールをご紹介いたします。

 

コンテンツスカウターZ

 

良い記事をたくさん書いて、Googleからアクセスを集めるやり方を「コンテンツSEO」と言いますが、良い記事を書くためにかなり便利なツールが「コンテンツスカウターZ」です。

 

Catch the Webという会社からリリースされているツールで、ライバルサイトの情報やキーワードに関する多くのデータを自動で集めてくれます。関連キーワードのピックアップも一気にやってくれるのでありがたいです。

 

キーワード選定は自分でやろうとするとなかなかデータが集まりませんが、ツールにまかせれば得られたデータをもとに狙い目のキーワードを見つけられるのです。

 

コンテンツスカウターZについてはこちら

 

Search Console

 

Search Console(サーチコンソール)はGoogleがサイトの運営者に向けて提供している無料のツールです。

 

Googleのアカウントがあれば使えます。

 

Search Consoleに登録をすると、あなたのサイトがどんなキーワードで何位くらいに表示されているのか、また検索結果からどのくらいクリックがされているのかをチェックできます。弊社では、Search Consoleで11位~20位をつけているキーワードで上がっている記事は、情報の更新や文章の補強などをしてメンテナンスを入れています。

 

Google Analytics

 

Google Analytics(グーグルアナリティクス)も、Googleが提供している無料の解析ツールです。

 

いわゆるアクセス解析というもので、自分のサイトのアクセスについてのデータを集められます。

 

アフィリエイトの場合だと、アクセス数がわかれば商品の成約率(CVR)も計算できるのでレビューページの改善などにも役立つでしょう。

 

検索エンジン

 

関連キーワードを集める作業はツールにまかせるのがおすすめです。

 

ですが、ご自身でやっていただくことも可能です。

 

検索エンジンの検索結果の下には、「関連キーワード」が表示されています。これらを集めていけばツールを使わなくても関連キーワードをピックアップできます。「関連キーワードの関連キーワード」といったようにどんどん掘り下げられるのでたくさん集められますね。

 

ただし、ツールでデータを集めることとの違いは、検索エンジンの検索結果から関連キーワードを集めることは「関連キーワードを集める」ということはできても、そのキーワードに対してのライバルサイトのデータなどは集まらないので、狙い目のキーワードなのかどうかという判断はどうしてもあいまいです。

 

 

キーワードの優先順位ランキング

キーワードの優先順位ランキング

 

キーワードには大きく分けて「単一キーワード(一つの単語のみのキーワード)」と「複合キーワード(2つ以上の単語がスペースで区切られているキーワード)」があります。

 

検索エンジンの評価を上げて、アクセスを増やすためにおすすめの優先順位があります。

 

検索エンジンは「どんなユーザーに向けて書いた記事なのか」を見ているので、それを意識した優先順位でキーワードを考えると良いです。ここではその優先順位を説明します。

 

1.三語・四語の複合キーワードから

 

まずは三語や四語の複合キーワードから記事を書くと良いでしょう。

 

たとえば「アフィリエイト キーワード 考え方 ランキング」は四語の複合キーワードです。

 

単語が多い分だけターゲットとその悩みが明確で、ユーザーが知りたい情報をよりまとめやすいでしょう。検索エンジンはそうした記事を評価するので、まずは三語や四語の複合キーワードから狙って記事を書くことがおすすめです。

 

2.二語の複合キーワード

 

メインキーワードを軸にして三語や四語のキーワードに対して記事を書けたら、次に二語のキーワードも狙っていきます。

 

当然、三語や四語のキーワードに比べるとビッグキーワードに近いです。ミドルキーワードと言って良いでしょう。

 

ですから、検索エンジンに何も評価されていないうちは二語のキーワードに対して記事を書いても上位表示は難しいですが、すでに三語や四語のキーワードで上位表示ができていればミドルキーワードも狙える段階なので二語の複合キーワードの記事も書いて良いです。

 

3.単一キーワード

 

単一キーワードとは「アフィリエイト」などのように一つの単語だけのキーワードのことです。いわゆるビッグキーワードです。

 

複合キーワードでそれぞれ上位表示が多くなっていれば、かなりあなたのドメインが検索エンジンに評価されている状態です。

 

その状態でビッグキーワードを狙えば、単語の検索でも上位が取れるかもしれません。

 

それぞれライバルが弱いキーワードから

 

ここまで優先順位のランキングとして「三語や四語のキーワード→二語のキーワード→単語のキーワード」という順番をおすすめしましたが、それぞれその条件なら何でも良いわけではありません。

 

たとえば複合キーワードであっても、その中でもライバルが強いキーワードもあれば弱いキーワードもあります。

 

ライバルの強さは、ライバルが検索エンジン対策(SEO)をどの程度考えているかということや、サイトの中に広告タグが入っているかどうかから判断ができます。これはツールでデータを取れるので、しっかりチェックすると良いです。

 

役に立つツールはこちら

 

そうしたライバルサイトのチェックに役に立つツールが、先程も紹介した「コンテンツスカウターZ」です。

 

ライバルに広告タグが入っているサイトが多ければ、そのキーワードはかなり対策をしているライバルが多いと考えられるので後回しで良いでしょう。

 

またライバルのSEOの強さは「allintitle」と「intitle」の数値の差から判断ができます。allintitleとはキーワードのすべてが記事タイトルに入っている状態のこと。intitleとはキーワードの一部が記事タイトルに入っている状態のことです。

 

コンテンツスカウターZを使うと、allintitleやintitleのライバルサイトの数値やライバルサイトの広告タグの有無もチェックできます。

 

 

キーワード選定の基準ランキング

キーワード選定の基準ランキング

 

では、もう少し細かくキーワード選定の基準をまとめましょう。

 

データだけでなく、そもそもアフィリエイトをしたい商品のジャンルと狙おうと思っているキーワードの検索意図が合っているかなども考える必要があります。

 

大切なのは「見込み客のアクセスを集めること」なので、これを忘れないようにしてください。

 

アフィリエイトのジャンルとの関係

 

本当に大切なことは、アフィリエイトをしている商品の見込み客を集めることです。

 

たとえばwordpressの作り方に関する教材をアフィリエイトしているとします。この場合、「wordpress 作り方」とか「ブログ 作る 自分で」などのキーワードは見込み客としてふさわしいでしょう。ですが、「ブログ 無理」とか「ブログ むずかしい 共感」などのキーワードはブログやwordpressをやろうと思っていない人が検索するキーワードだとも考えられるので見込み客とは離れていますね。

 

このように、自分が売りたい商品の見込み客が検索するキーワードを選ぶことがまず大切です。

 

購買につながるキーワードかどうか

 

同じように、商品の購入につながりそうなキーワードから優先させます。

 

たとえば「ラーメン 神奈川県 おすすめ」というキーワードと「ラーメン 神奈川 まずい」というキーワードなら、どっちがラーメン屋さんの購買につながるでしょうか。もちろん、「ラーメン 神奈川県 おすすめ」ですよね。

 

仮にツールなどで取得したデータとしては同じくらい検索上位が取れそうだと判断できても、購買につながらないキーワードについて記事を書くのは意味がありません。商品の見込み客が集まるキーワードを選びましょう。

 

複合キーワードから

 

「ビッグキーワードでもし上位表示できたら、一気にアクセスが集まる」と思って、ビッグキーワードから記事を書いてしまう人もいますが、実際にはそれは難しいです。

 

もし実際に検索してみてビッグキーワードなのにライバルに大手のサイトや作り込んだサイトがいなければ本当にチャンスですが、それはかなりレアです。

 

ですから、まずは複合キーワードから確実に記事を増やし、ドメインの評価を上げてからビッグキーワードを狙いましょう。

 

allintitleとintitleの数値の差

 

先ほど説明した「allintitle(キーワードのすべてが記事タイトルに入っている状態)」と「intitle(キーワードの一部が記事タイトルに入っている状態)」に関して、ライバルサイトのこれらの差が大きいものはチャンスです。

 

なぜなら、この数値の差が大きいということは「キーワードの一部しか記事タイトルに入っていないのに検索エンジンにインデックスされている(検索結果にある)」ということなので、そのキーワードはSEO(検索エンジン対策)があまり強くなくても上位表示が取れる可能性があるということなのです。

 

逆に、あなたが記事を書くときには必ずキーワードのすべてを記事タイトルに入れてください。たとえば「アフィリエイト 稼げる 中高年」というキーワードを狙っているなら、「アフィリエイトは稼げるビジネス:中高年向けのアドバイス」などと、キーワードのすべてを記事タイトルに入れるのです。

 

ライバルサイトのallintitleとintitleの数値をチェックするなら

 

ライバルサイトの広告タグの有無

 

ライバルサイトにアフィリエイトやグーグルアドセンスの広告タグが入っていれば、ライバルもSEOをしっかりやっているということが考えられます。

 

ですから、ライバルサイトに広告タグが入っているかどうかもキーワード選定の基準と考えて良いです。

 

複合キーワードの中にはライバルが広告をあまり使っていないキーワードも存在することがあり、もしそうしたキーワードが見つかれば狙い目です。

 

ライバルサイトの広告チェックもこちらが便利

 

 

ロングテールキーワードが大切

ロングテールキーワードが大切

 

この記事では「複合キーワードから優先させよう」と説明をしてきました。

 

複合キーワードの方が検索エンジンに評価をしてもらいやすいというものありますが、そのほかにも理由があります。

 

複合キーワードのことをロングテールキーワードとも言います。ロングテールを狙うことで、メインで意識しているキーワードのほかのキーワードからもアクセスが増えるので最終的にとてもアクセスを集めやすいのです。

 

関連キーワードからアクセスが増える

 

ロングテール(複合キーワード)を意識して記事を書くと、関連キーワードからのアクセスが増えていきます。

 

たとえば、「アクセスアップ」というキーワードをメインに考えていても複合キーワードを意識して関連記事をたくさん書くことで「SEO」とか「サイト」とか「ネット集客」などの関連キーワードからもアクセスが増えるのです。

 

ですから、初心者だから複合キーワードが良いよという意味ではなく、上級者でも複合キーワード(ロングテール)をしっかり意識したほうが最終的なサイトからの収益も大きくなるのです。もちろんアフィリエイトの場合も同じです。

 

関連キーワードの記事を増やす

 

ですから、手順としてはまずメインで意識しているキーワードの関連キーワードをたくさんピックアップします。ピックアップしたものはCSV形式で保存をしておくと良いです。

 

そして、関連キーワードの中でも、先程紹介したような判断基準をもとに狙い目のキーワードを優先させつつ記事を増やしていきます。

 

こうしていくうちに、あなたの見込み客が集まるサイトが育つのです。

 

 

書いた記事のキーワードをメンテナンス

書いた記事のキーワードをメンテナンス

 

一度書いた記事についても定期的にチェックをしましょう。

 

検索エンジンは検索意図の答えとなる情報を常に表示しているので、キーワードによっては古い情報だとだんだん検索順位が落ちることがあります。

 

最低でも月に一度は、Search Consoleなどで順位をチェックし、11位~20位に順位をつけているキーワードやそのキーワードで上がっている記事についてはメンテナンスをするべきです。

 

Search Consoleを使う

 

Search Consoleについてはこの記事でも説明をしました。

 

Search Consoleで11位~20位に順位があるキーワードは、そのキーワードで実際に検索してみてどの記事がそのキーワードで上がっているのかを見ます。

 

11位から20位にいるということは、もう少しがんばれば検索結果で1ページめ(つまり1位~10位)に上がるということなので、情報が最新で正しいものかどうかということや、補足したほうがわかりやすいことはないか、見やすさはどうかなどをチェックしてメンテナンスをしましょう。

 

定期的なメンテナンスをしよう

 

弊社でも月に一度はメンテナンスを入れて記事の内容をチェックしています。

 

やはりメンテナンスを入れた記事は順位が回復することが多く、アクセスも伸びます。

 

またそのように定期的にメンテナンスが入っているサイトは検索エンジンからのドメイン評価も上がり、アクセスが高い水準で安定する傾向にあります。

 

情報は最新か

 

一度作った記事でも、たまにチェックをしないとリンクが切れていたり埋め込んだ動画が見られなかったり、情報が古かったりするでしょう。

 

何度も言うように、検索エンジンは最適な情報でなければ上位表示をしません。

 

アクセスが伸びたあともメンテナンスを続けることが長く成功するサイトのコツです。

 

 

キーワード選定はユーザーのためになる

キーワード選定

 

何よりもアフィリエイトという仕事を好きになってほしいと思っています。私たちはあなたらしい成功をつかんでほしくてコンサルティングなども提供しています。

 

アフィリエイトという仕事はサイトやSNSやメルマガで情報発信をして、ユーザー様に適切な情報を届ける仕事でもあります。

 

キーワード選定という作業は、「どんな人にどんな情報を届けるか」を決める大切な仕事なので、人の役に立つ作業だということを忘れないでください。

 

ターゲットをしっかり決めよう

 

ですから、キーワードを決めたあとにすぐに記事を書くのではなく、「ターゲットの属性」「ターゲットの悩み」などを書き出してから記事を作ります。

 

私も必ずそのような準備をやってから記事の執筆に入っています。この記事を書く前にもお客様の属性や悩みを書き出しています。

 

ターゲットをしっかり決めることで、検索エンジンがやろうとしている「ユーザーのためになる情報を提示する」という方向性と一致するので、上位表示がしやすくなるのです。また、そのターゲットがあなたがアフィリエイトをしている商品の見込み客と合っているかどうかも考えてくださいね。

 

幅広く狙わない

 

ついつい「たくさんの人が興味を持つ内容を」と考えてしまうかもしれませんが、検索エンジンは「どんな人に向けての情報なのか」を大切にしているので、どちらかと言えばSEO(検索エンジン対策)を考えるならターゲットはしぼったほうが良いです。

 

一つの記事のターゲットを幅広く考えるのではなく、Aというターゲットに対しての記事、Bというターゲットに対しての記事という感じでターゲットごとに記事をわけたほうが良いでしょう。

 

「どんな悩みを持っている人に、どんなメッセージを伝えるのか」を意識して記事を書くと良い記事が書けます。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワード選定のコツをさまざまな角度からランキングという形でお届けしました。

 

まずはアフィリエイトサイトのジャンルを決めて、メインで狙うキーワードを決め、そのメインキーワードの関連キーワードをピックアップしましょう。

 

ピックアップしたキーワードの中でも複合キーワードから優先して記事を書いていくことがおすすめです。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトのキーワードの検索数の考え方と大切なコツを解説

アフィリエイトのキーワードの検索数の考え方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぎたい人は、キーワードの検索数(検索ボリューム)を調べて記事を書くかどうか判断する場合があるでしょう。

 

しかし、検索数よりも競合のリサーチや購買意欲が高いキーワードかどうかといった調査のほうが大切です。

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードの検索数の考え方とそのほかのコツについてまとめます。

 

キーワードの考え方はこちらで学べます

 

 

Googleが評価する記事とは

Googleが評価する記事とは

 

Googleは、検索ユーザーが「どういうことを知りたくてそのキーワードで検索しているのか」を判断し、その答えにできるだけ近い情報を検索結果で表示します。

 

アフィリエイトで大切なのは、キーワードを決めてそのキーワードで検索する人が知りたい情報をしっかり記事にすることです。

 

 

検索数よりも先に調べること

検索数よりも先に調べること

 

キーワードの検索数が高いか低いかよりも先に、アフィリエイトをしっかりやっていくために準備するべきことがあります。

 

まずはサイトのジャンルをしっかり決め、そのジャンルの関連キーワードを一気にピックアップしておくと良いです。

 

自分がやりたいジャンルを決める

 

アフィリエイトはコツコツと記事を書く作業が多いです。

 

そのため、自分があまり興味を持てないジャンルでアフィリエイトをするのはつらいので、自分がやりたいジャンルでサイトを作るようにします。

 

自分が好きなジャンルややりがいを感じるジャンルについて、ASPをチェックしてアフィリエイトができる案件があるかどうかを調べましょう。

 

ニーズがあるジャンルかどうか

 

また、自分が思いつくジャンルについて、実際にインターネットで検索をしてみてください。

 

インターネットで検索をすれば、そのジャンルにニーズがあるかどうかがわかります。

 

インターネットでニーズがあるジャンルでしたら、ニッチなジャンルでも稼ぐことができます。

 

そのジャンルのキーワードを抜き出す

 

ジャンルが決まったら、検索数はとりあえず気にしなくて良いのでそのジャンルの関連キーワードを一気に抜き出します。

 

この抜き出したキーワードの中から、狙い目のキーワードを考えていきます。

 

一つずつ判断するよりも、まずは関連キーワードを抜き出して一覧にしてから判断した方がスムーズです。

 

関連キーワードを抜き出すのはツールのほうがらくです

 

 

アフィリエイトのキーワードの考え方

アフィリエイトのキーワードの考え方

 

キーワードとは検索ユーザーが検索をするときに使う言葉のことで、アフィリエイトの記事を書くときにはこのキーワードを決めてから記事を書きます。

 

つまり、今から書く記事はどんなキーワードで検索したときに上位表示したいのかを考えて記事を書くということです。

 

アフィリエイトのキーワードとは

 

あなたも検索エンジンで検索をするときには、何か言葉を入れて検索をかけますよね。

 

たとえば「神奈川県 ラーメン おすすめ」といったように、検索をするときに入れる言葉のことを「キーワード」と言います。

 

キーワード選定が大切な理由

 

Googleは、「どんな人に向けてどんな内容が書かれているのか」をチェックして検索順位を決めています。

 

キーワードをしっかり決めることで、このGoogleの狙いと合った記事ができるのでキーワード選定はアフィリエイトで大切な作業なのです。

 

月間検索数(検索ボリューム)とは

 

月間検索数(検索ボリューム)とは、一カ月の間にそのキーワードが検索エンジンで検索された回数を示す言葉です。

 

基本的な考え方としては、月間検索数が多ければニーズも高いわけですがその分だけライバルも多く、月間検索数が少ないとニーズが少ない分だけライバルも少ないと考えられます。

 

キーワードについての考え方はこちら

 

検索数よりも大切なこと

 

検索数が高いからといって必ずライバルが強いわけでもないですし、検索数が少ないからといって狙い目というわけでもありません。

 

検索数よりも大切な考え方は、購買意欲が高いキーワードを狙うことや、ターゲットが明確になる複合キーワードから記事を書くことです。

 

アフィリエイトのブログのキーワードについてはこちら

 

SEOはお客様のためになる

 

SEOとは、検索エンジンに評価されるサイトにするための対策のことですが、SEOは検索エンジン対策としてだけでなく、お客様に役に立つサイトにする役割もあります。

 

あなたのサイトにアクセスしてくるお客様からしても、できるだけ自分の知りたい情報がしっかり掲載されているサイトが望ましいので、SEOは検索エンジン対策をしてあなたが稼ぐためだけでなくお客様のための活動でもあるのです。

 

allintitleとintitleの差は計算する

 

「allintitle」とは、キーワードのすべてが記事タイトルの中に入っているページのことです。

 

「intitle」とは、キーワードの一部が記事タイトルに入っているページのことです。

 

ツールを使うと、それぞれの条件に当てはまる数が取得できるのですが、この数字の差が大きいということは「キーワードの全部がタイトルに入っていなくても検索エンジンに認識されているページが多い」ということになるため、SEOで狙い目のキーワードと判断できるわけです。

 

allintitleやintitleの計算をするツールはこちら

 

 

見込み客の数が多いキーワード

見込み客の数が多いキーワード

 

アフィリエイトで大切なことはアクセスを集めることですが、どんなアクセスでも良い訳ではありません。

 

集めるべきアクセスは、あなたがアフィリエイトをしている商品の見込み客となるアクセスなので、それを意識することが大切です。

 

購買意欲が高いキーワードは何か

 

たとえば、「ラーメン まずい」というキーワードと「ラーメン おいしい」というキーワードはどちらのほうがラーメンの購買意欲が高そうでしょうか。

 

「ラーメン おいしい」のほうがラーメンを買ってくれる可能性が高そうですよね。

 

このように検索数が高いか低いかよりも、購買につながるキーワードかどうかを判断することのほうが大切なのです。

 

何を知りたくて検索するのか

 

たとえばあなたがカップラーメンの通販をしているとしましょう。

 

それなら「ラーメン 神奈川県 お店」と「ラーメン 自宅 おすすめ」というキーワードでは、どちらのキーワードがカップラーメンの見込み客となるでしょうか。

 

答えは「ラーメン 自宅 おすすめ」で、このキーワードで検索する人はお店ではなく自宅でラーメンを食べたくておすすめの商品を探している可能性が高いので、見込み客と考えられます。

 

このように、検索の意図を考えて、その意図が自分が提案する商品の見込み客として合っているかどうかを考えてキーワードを選ぶと良いです。

 

 

キーワードの検索数の考え方

キーワードの検索数の考え方

 

キーワードの検索数よりも大切な考え方があるとわかってもらったところで、検索数についても基本を教えます。

 

よくある考え方としては、検索数が多いほど上位表示が難しく、検索数が少ないほど上位表示がしやすいというものです。

 

キーワードについて学ぶなら

 

検索数が少ないとかんたん

 

キーワードの月間検索数が少なければ、基本的にはライバルも少なくて上位表示がかんたんなことが多いです。

 

ただし、キーワードの月間検索数が少なくても、自分のビジネスの見込み客が検索するキーワードではなければ記事を書く必要はないです。

 

検索数が少なくても記事を書くべき場合

 

キーワードの月間検索数が少なくても、自分がアフィリエイトをしている商品の見込み客が検索するキーワードと言えるものでしたら記事を書くべきです。

 

月間検索数が少なければたくさんのアクセスは見込めませんが、スモールキーワード(検索数が少ないキーワード)で上位を取ることで検索エンジンからのドメインへの評価が上がるので効果的です。

 

アフィリエイトのブログのキーワードの考え方はこちら

 

検索数が多いキーワードは難しいのか

 

検索数が多いキーワードは、上位表示が難しいというのが一般的な考え方です。

 

ただし、検索数が多くても上位表示ができることもあります。

 

検索数は多いのに、ライバルサイトがあまりSEOの対策をしていない(アフィリエイトやアドセンスの広告がないなど)場合なら、ビッグキーワード(検索数が多いキーワード)でも上位表示ができることがあります。

 

こうした大きなチャンスとなる狙い目のキーワードを「お宝キーワード」と言ったり「ブルーオーシャン」と言ったりします。

 

狙い目のキーワードを探すならこちら

 

狙い目のキーワードとは

 

理想としては、「検索数が多くてライバルが弱いキーワード」が狙い目です。

 

ただし、このようなキーワードだけを狙うのではなく、スモールキーワード(検索数が少ないキーワード)でも見込み客が検索するキーワードと言えるものは記事を書いて上位を取りましょう。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

複合キーワードから記事を書く

 

複合キーワードとは、「ラーメン 神奈川県 おすすめ」といったように、いくつかの単語の組み合わせでできているキーワードのことです。

 

複合キーワードになるほど検索数が減るのが基本ですが、複合キーワードから記事を書くほうが検索エンジンの評価を上げやすいです。

 

単語のキーワードはドメインが育ったら

 

まずは、三語や四語の複合キーワードから記事を書いていき、検索数の少ないスモールキーワードで少しずつ上位が取れるようになったら、あなたのサイトが検索エンジンに評価されてきたと言えます。

 

その状態で単語のビッグキーワードについて記事を書くと、ビッグキーワードでも上位が取れます。

 

購買意欲が高く競合が弱いキーワード

 

複合キーワードの中でも購買意欲が高いか自分がアフィリエイトをしている商品の見込み客が検索するにふさわしいキーワードで、さらにライバルが弱いキーワードを見つければ狙い目です。

 

このようなキーワードは手動で探すのは難しいので、ツールでデータを取ってしまうほうが早いですし正確です。

 

おすすめのツールはこちらです

 

 

キーワードの検索数を気にする問題点

キーワードの検索数を気にする問題点

 

アフィリエイトのキーワードを決めるときに、検索数だけで判断するのは正しいやり方とは言えません。

 

検索数が多ければ難しいわけでも、検索数が少なければ狙い目なわけでもないからです。

 

この記事で説明したようなコツが大切だと理解してください。

 

アフィリエイトの詳しいやり方を学ぶならこちら

 

見込み客が集まるとは限らない

 

たとえば検索数が少ないから狙い目なのかというと、それだけでは判断できません。

 

検索数が少なくてライバルが弱くても、そのキーワードがあなたがアフィリエイトをしている商品の見込み客が検索するキーワードとは限らないからです。

 

トレンドで変わることもある

 

サイトは、あなたの人生でずっと残る稼ぎの土台です。

 

なので、長い目で考えれば今の検索数がこのあともずっと続くわけではありません。

 

トレンドで増えることもあり、減ることもあるため、今の検索数だけでキーワードを決めるのは間違ったやり方と言えます。

 

 

キーワードの検索数より大切なこと

キーワードの検索数より大切なこと

 

それではここから、キーワードの検索数より大切なアフィリエイトのコツを説明します。

 

検索数が多くても少なくても、次に挙げるようなことを意識してアフィリエイトをすることが大切です。

 

手順としては、まずライバルサイトの調査をして記事を書き、定期的なメンテナンスやSNSでの情報発信もすることがポイントです。

 

初心者に向けたアフィリエイトのやり方はこちら

 

ライバルサイトの作り込み度合い

 

キーワードを決めたら、ライバルサイトもチェックしましょう。

 

特に、1位から10位に表示されているサイトは必ずチェックします。

 

ざっと見てみて、あまりにも作り込んだサイトが多ければ後回しにしても良いでしょう。

 

ライバルサイトの広告をチェック

 

ライバルサイトにアフィリエイトやアドセンスの広告があるかどうかも見ましょう。

 

今の時代、何かしらの広告収入を目的に作っているサイトは多いですが、もしライバルサイトが広告をやっていないサイトが多ければ狙い目のキーワードと言えるでしょう。

 

ライバルサイトの広告についてもこのツールで調査できます

 

ライバルサイトの運営者をチェック

 

今の検索エンジンは「誰のサイトなのか」というポイントもチェックしていると言われています。

 

企業のサイトよりも個人のサイトのほうが、あなたがのサイトが高い順位に表示される可能性が高いので、狙うキーワードのライバルが誰のサイトなのかについてもチェックをしましょう。

 

ライバルサイトの構成もチェック

 

ライバルサイトの構成をチェックすることはとても大切です。

 

今の時点で、あなたが狙っているキーワードで1位から10位にいるライバルサイトは、その記事の構成が検索エンジンに評価されているから上位にいるわけなので、その構成をチェックしてよりわかりやすい構成で記事を書けばあなたの記事も上位表示される可能性が上がります。

 

記事を書くこと

 

ライバルの調査が終わったら、実際に記事を書きましょう。

 

アフィリエイトで大切なのは記事を書いて、公開することです。

 

初めは難しいと思うかもしれませんが、コツコツとがんばるうちに慣れてきます。

 

また、あなたが作った記事を増やすことで、はじめはアクセスが来なかった記事もだんだんアクセスが増えていきます。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

良い記事を書こう

 

「めんどうくさい」と思っても、必ず良い記事を書くように心がけてください。

 

検索エンジンは、良い記事を評価しますので、時間がかかっても良い記事を増やすようにしましょう。

 

良い記事とは、そのキーワードで検索するユーザーが知りたい情報をまとめた記事のことです。

 

ターゲットを決めて記事を書く

 

記事を書く前にターゲットについてまとめると良い記事が書けます。

 

たとえば、そのキーワードで検索する人は何が知りたくて検索をするのか、何に悩んでいて検索しているのかについてまとめておくと良い記事ができます。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

関連記事をどんどん増やす

 

似たキーワードであっても、関連キーワードについてどんどん記事を増やしましょう。

 

たとえば、「ラーメン 自宅 おすすめ」と「ラーメン 自宅 おいしい」は、途中まで同じキーワードですが、三語の複合キーワードとしては別のキーワードなので、それぞれについて記事を書くようにします。

 

このように関連記事を増やすことで、検索エンジンから評価が高まりアクセスが増えます。

 

複合キーワードを優先する

 

関連キーワードについて記事を増やすときに、複合キーワードから優先して記事を書いてください。

 

複合キーワードの方が検索数は少ないですが、その分だけ「どんな人に向けた記事なのか」がはっきりするので、よりユーザーに合った情報が書けて、検索エンジンからの評価が上がるのです。

 

ロングテールキーワードの強さ

 

ロングテールキーワードとは、ここまでに説明した「複合キーワード」のことですが、複合キーワードについてたくさん記事を書くことで、メインで狙っているキーワードのほかのキーワードからもアクセスが集まります。

 

たとえば「ラーメン」というキーワードをメインで狙っていても、ロングテールキーワードについてたくさん記事を書けば「インスタント食品」とか「自宅料理」とか「ひとり飯」などのキーワードからもアクセスが増えるのです。

 

記事のメンテナンス

 

サイトを作ったら、Search Consoleに登録をしましょう。

 

Search ConsoleはGoogleが提供しているサイトの運営者のための無料の解析ツールです。

 

Search Consoleに登録すれば、自分のサイトがどんなキーワードで平均で何位くらいにいるのかがわかります。

 

Search Consoleで11位から20位にいるキーワードの記事は少しテコ入れをすることで上位を取れる可能性があります。

 

Search Consoleについてはこちらでも説明しています

 

アフィリエイトのスケジュールを管理

 

アフィリエイトは同じ作業の繰り返しなので、挫折しやすいとも言えます。

 

それを防ぐために、どのキーワードについての記事を、いつまでに書くのかをカレンダーなどに記載して管理すると良いでしょう。

 

弊社のコンサルティングのクライアントも作業のスケジュールを書き出すことで、実際に売上がアップした人もたくさんいます。

 

SNSでも情報発信をしよう

 

アフィリエイトサイトは検索エンジンからのアクセスが基本ですが、最近ではSNSからのアクセスも効果的です。

 

あなたのサイトのジャンルについての情報発信をSNSでもやり、SNSのプロフィールなどからサイトにアクセスを集めましょう。

 

SNSの情報発信はこちら

 

 

狙い目のキーワードを探すツール

狙い目のキーワードを探すツール

 

アフィリエイトのキーワード選定は自分でやるよりもツールにやらせたほうが正確だし早いです。

 

キーワードに関するデータを集めることは労力をかける部分ではなく、記事を作ることに労力をかけるべきなので、キーワードに関するデータを集める作業はツールを使いましょう。

 

コンテンツスカウターZ

 

弊社でも記事を書くときに使っているツールが「コンテンツスカウターZ」です。

 

関連キーワードのピックアップや、allintitleやintitleの数値、ライバルサイトの広告の情報や構成など、SEOを行うために必要な情報を自動的に抜き出してくれるツールです。

 

Search Console

 

Search Consoleは、Googleが提供しているサイトの運営者のための解析ツールです。

 

Googleのアカウントがあれば無料で使えます。

 

Search Consoleに登録しておくと、サイトの検索クエリや検索順位がわかったり、検索結果からクリックされた数も見られます。

 

Search Consoleについてはこちらでも解説しました

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードを決めるときに考えるべき検索数やそのほかの考え方について説明しました。

 

検索数だけをキーワード選定の基準にしている人がいるようなのですが、この記事で説明したことがポイントですので、あなたがアフィリエイトをしている商品の見込み客が集まるキーワードをしっかりと選びましょう。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトブログで大切なキーワードの基本と選び方を徹底解説

アフィリエイトブログのキーワードの考え方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトでブログにアクセスを集めたいのなら、キーワードについて理解を深めましょう。

 

どんなキーワードからアクセスを集めるのかをしっかり考えることで、ブログからアフィリエイト報酬が出やすくなるのです。

 

この記事では、アフィリエイトブログのキーワードの考え方の基本や選定の方法を説明します。

 

 

アフィリエイトでブログを書く仕事とは

アフィリエイトでブログを書く仕事とは

 

アフィリエイトの基本はブログやサイトを書くことです。

 

ブログにアクセスが集まれば、ブログに掲載しているアフィリエイト広告から報酬が発生します。

 

ブログにアクセスを集めるためにも「どんなキーワードで検索上位を狙うのか」を考えて記事を書くことです。

 

アフィリエイトの全体像

 

アフィリエイトとは、成果報酬型の広告と言って、自分のブログなどに掲載した広告から商品やサービスを購入する人がいた場合などに報酬が発生する広告業です。

 

弊社のように会社でやっている場合もありますが、個人でもブログを作ってかんたんに始められるので人気の仕事です。

 

ブログの訪問者はどこから来るのか

 

ブログの訪問者の多くは検索エンジンからやってきます。

 

検索エンジンで何かのキーワードで検索したときに、あなたのブログが検索結果で上位に表示されていれば検索ユーザーを集められるのです。

 

そのほか、最近ではSNSからアクセスを集める考え方もあります。

 

ブログのキーワードとは

 

あなたも検索エンジンで何かを検索するときには、言葉を決めて検索をかけるでしょう。

 

たとえば、神奈川県でラーメンを食べたいとき、「神奈川県 ラーメン おすすめ」などと調べるわけです。

 

このような検索に使う言葉を「検索キーワード(キーワード)」と言います。

 

なぜブログでキーワードが大切なのか

 

ブログの記事を書くときには、必ず「今から書く記事はどんなキーワードで検索した人に見てほしいのか」を意識して書きます。

 

そうすることで、実際にそのキーワードの検索ユーザーに役に立つ記事が作れますし、検索エンジンもそのようなブログを評価して上位に表示をします。

 

SEOとは

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で日本語では検索エンジン最適化と言います。

 

つまり、検索エンジンに評価されるブログにするための対策や活動のことなのですが、SEOの中でもキーワードを考えることは特に大切なのです。

 

ブログのドメインの評価を高める仕事

 

アフィリエイトブログはwordpress(ワードプレス)で作ることがおすすめです。

 

wordpressは自分で契約したサーバーとドメインで管理をしますが、良いブログを運営していると、あなたのドメインが検索エンジンに評価されて上位表示がやりやすくなるのです。

 

ワードプレスの始め方はこちら

 

 

アフィリエイトブログを作る準備

アフィリエイトブログを作る準備

 

まずはワードプレスを立ち上げましょう。

 

ワードプレスの始め方はこちら

 

ブログを立ち上げたら、そのブログからアフィリエイト報酬が発生する準備をします。

 

ブログのジャンルを決めて、キーワードをピックアップしておくとあとでスムーズです。

 

ブログのジャンルを決める

 

「ブログのジャンル=あなたがアフィリエイトをする商品のジャンル」です。

 

アフィリエイトブログの目的は、アフィリエイトをしている商品の見込み客を集めることですので、アフィリエイトをしている商品のジャンルとブログのジャンルは合わせるのがベストです。

 

アフィリエイトのおすすめのジャンルはこちら

 

関連キーワードをピックアップする

 

アフィリエイトブログの記事を書き始める前に、そのブログのジャンルの関連キーワードを前もってピックアップしておくと、あとでスムーズです。

 

これをやっておけば、ピックアップしたキーワード一つずつに対して記事を書けば良いので、「ネタがない」という問題が起こりません。

 

キーワードのピックアップに役に立つツールがこちら

 

狙い目のキーワードをピックアップする

 

たとえば、あなたのブログが「ゴルフ」についてのブログなら、ゴルフの関連キーワードをまずはたくさんピックアップします。

 

そこまで終わったら、その中でも特に狙い目のキーワードをさらに選んで、それらのキーワードから優先して記事を書くようにします。

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツはこちら

 

 

アフィリエイトブログのキーワード

アフィリエイトブログのキーワードを考える

 

アフィリエイトブログで狙うキーワードにはいくつかの種類があります。

 

狙い目のキーワードとしては、検索のニーズがありそうなキーワードの種類や購買意欲が高そうなキーワードがおすすめです。

 

自分で何となくキーワードを考えてしまうのではなく、しっかり狙いを持ってキーワードを決めることがコツです。

 

狙い目のキーワードを探すならこちら

 

おすすめの情報を教えるキーワード

 

たとえば、「ゴルフ 用品 おすすめ」とか「料理 レシピ おすすめ」など、おすすめの情報を教えるキーワードはアクセスが集まりやすいです。

 

またおすすめの情報を調べる人は、そのジャンルに興味があり商品の購入につながりやすいのでアフィリエイトのキーワードとして適切です。

 

手順を教えるキーワード

 

「ゴルフ スイング やり方」とか「靴ひも 結び方」など、何かのやり方や手順を教えるキーワードも良いでしょう。

 

こうしたキーワードは検索する人も多いですし、やはり商品の購入にもつながることが考えられるので、アフィリエイトのキーワードとして適切です。

 

商品名に関するキーワード

 

商標や商品名をそのままブログやブログ記事のキーワードにすることもあります。

 

商品名で検索している人は、すでにその商品に興味を持っている人なのでアフィリエイト報酬も発生しやすいでしょう。

 

商品名だけでなく、「商品名+内容」や「商品名+おすすめ」や「商品名+評価」などのキーワードは昔からアフィリエイトの基本となる考え方です。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

商品名に関するキーワードのデメリット

 

商品名や商標に関するキーワードのデメリットとしては、ライバルが多いということです。

 

商品名について記事を書いているアフィリエイターは他にもたくさんいるため、その記事だけでアフィリエイト報酬を稼ぐことは難しい場合があります。

 

商品名のキーワードでブログを書くコツ

 

商品名で検索をする人は、すでにその商品のことを知っているので、記事としては商品の魅力や価値や内容や価格をしっかりまとめてあげる記事にしましょう。

 

そして、商品名を含んでいないほかのキーワードについて書いた記事から、商品名について書いた記事へとリンクを送っておけば、おすすめ情報や手順について検索して記事を読んだユーザーが、商品に関しての記事を読んで購入するという流れができます。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

トレンドキーワードとトレンドブログ

 

トレンドキーワードとは、オリンピックやワールドカップや芸能ニュースなど、時期やタイミングから考えて瞬間的にアクセスが増えるキーワードのことを言います。

 

そして、そうしたトレンドキーワードを狙って作ったブログをトレンドブログと言います。

 

自分でキーワードを考えるデメリット

 

キーワード選定はかなりめんどうな作業の一つです。

 

ですから、初心者の中にはキーワードをあまり考えない人や、調べずに自分の思いつきで判断する人がいますが、これはアフィリエイトのやり方としては間違っています。

 

狙い目のキーワードを判断して、しっかりと見込み客を集める記事を増やすことがアフィリエイトの仕事です。

 

狙い目のキーワードを見つけるなら

 

 

狙い目のキーワードでブログを作る

狙い目のキーワードでブログを作りSEOをやる

 

アフィリエイトブログを運営するには、狙い目のキーワードをしっかり選んで記事を書くことが大切です。

 

これを意識している人としていない人ではまったく違う結果にわかれますので注意してください。

 

購買意欲が高そうでライバルが弱いキーワードを選び、その中でも「ゴルフ 初心者 練習」など、複数の単語が組み合わさった複合キーワードから記事を書くことがコツです。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

コンテンツスカウターZを使う

 

キーワードを考えたり、ライバルサイトのチェックをするときに弊社でも使っているツールが「コンテンツスカウターZ」です。

 

関連キーワードのピックアップも自動的にやってくれますし、ライバルサイトの情報や構成などもデータとして抜き出してくれます。

 

Search Consoleを使う

 

Search ConsoleはGoogleが提供しているサイトやブログの運営者に向けた解析ツールです。

 

ブログが、どんなキーワードで検索結果に表示されていて、どのくらいそこからユーザーが来ているのかを判断できます。

 

Search Consoleについてはこちらでも説明しています

 

関連キーワードでブログ記事を増やす

 

ブログ記事は、自分の日記などではなく、ブログのジャンルの関連キーワードについて一つずつ記事を書きましょう。

 

関連キーワード一つずつに対して記事を書いていくと、そのジャンルについてのかなり詳しいブログができます。

 

複合キーワードからブログ記事を増やす

 

複合キーワードとは、「ゴルフ 初心者 練習」といったように2つの単語以上の組み合わせでできているキーワードのことです。

 

複合キーワードのほうがライバルが弱いことが多く、またターゲットも内容も細かくなりやすいので検索エンジンからの評価も受けやすいです。

 

アフィリエイトの競合がないキーワード

 

ツールで調べるか自分で検索して上位のブログをチェックすると良いですが、狙っているキーワードですでに上位表示できているライバルがアフィリエイトブログなのかどうかもチェックしましょう。

 

ライバルがアフィリエイトブログばかりのキーワードは、すぐに上位を取るのは難しいので、ライバルにアフィリエイトブログが少ないキーワードを優先させると良いです。

 

ライバルサイトのチェックもこちらが便利です

 

 

ブログに関するキーワードのほかのコツ

ブログに関するキーワードのほかのコツ

 

アフィリエイトは、ブログのキーワードを考えるだけでなく、そのほかにもコツがあります。

 

特に、記事の書き方についてはコツを覚えていないとアクセスが集まらないのでしっかり学びましょう。

 

また、文章を書くのが苦手な人はコピーライティングを学ぶと良いです。

 

アフィリエイトで稼げるブログにする

 

たまに、ブログを作ってちゃんと記事を書いているけど、何もアフィリエイトをしていないという人がいます。

 

当たり前ですが、ASPからアフィリエイト広告を取り出しブログに掲載しないと報酬は出ません。

 

アクセスを集めるための記事を書く

 

逆に、商品をアフィリエイトするための記事をたくさん書いていて、アクセスを集めるための記事を書いていない人もいます。

 

商品の内容や魅力について書く記事と、アクセスを集めるための記事をバランスよく作りましょう。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

検索する意図を考える

 

アフィリエイトブログの記事を書くときに大切なのは、その記事で狙うキーワードについて「そのキーワードで検索する人の意図」を考えることです。

 

つまり、「何が知りたくて、どんな悩みがあって、そのキーワードで検索するのか」を考えることで、ユーザーのためになる記事ができあがるのです。

 

ターゲットをしっかり決める

 

検索する意図を考えれば、自然と記事のターゲットも決まります。

 

私は記事を書く前に、その記事がどんなターゲットに向けたものなのかを書き出してから記事を作っています。

 

ターゲットが必要とする情報をきちんと掲載しているブログを検索エンジンは評価します。

 

コピーライティングを学ぼう

 

アフィリエイトで稼ぎたいのなら、コピーライティングは必ず学ぶべきです。

 

コピーライティングとは魅力や価値を伝え商品を買ってもらうための文章の技術のことですが、コピーライティングを学ぶことで読みやすい記事が作れるだけでなく、商品をアフィリエイトしている記事の成約率も高くなるのです。

 

コピーライティングを学ぶならこちら

 

ロングテールキーワードとは

 

ロングテールキーワードとは、さきほど説明した「複合キーワード」のことを指します。

 

複合キーワードについてしっかり記事を書いていくと、メインで狙っているキーワードのほかのキーワードからもアクセスが増えるのです。

 

 

注意が必要なキーワード

注意が必要なキーワード

 

アフィリエイトで狙うキーワードやジャンルの中には、注意が必要なものもあります。

 

健康や美容やダイエットに関するキーワードやジャンルは稼ぎやすいと言われていますが、薬機法(薬事法)について学ぶ必要があります。

 

薬機法(薬事法)について学ぶならこちら

 

健康に関するキーワード

 

健康に関して検索エンジンで検索をする人も多いので、アフィリエイトのジャンルとしてはおすすめのジャンルです。

 

しかし、取り扱う商品やブログの内容によっては、薬機法(薬事法)の知識を学ぶべき場合があります。

 

美容に関するキーワード

 

女性を中心に、美容に関するキーワードはアクセスを集めやすく、ASPにも案件がたくさんあります。

 

最近は女性だけでなく、男性でも美容のニーズは増えています。

 

ただし、美容に関するジャンルは薬機法(薬事法)を必ず学ぶようにしてください。

 

ダイエットに関するキーワード

 

ダイエットもなくならないジャンルであり、ニーズも常にあるのでアフィリエイトのジャンルとしてはおすすめです。

 

ただし、こちらも商品や内容によっては薬機法(薬事法)を学ぶべき場合があります。

 

知らないと法律違反を犯してしまう場合があり、検索エンジンも薬機法(薬事法)が守られていないサイトは評価しないので注意してください。

 

 

稼ぎやすいキーワード

稼ぎやすいキーワード

 

今は、ASPにもたくさんのジャンルの商品が掲載されているので、基本的にどのようなジャンルでも稼ぐことはできます。

 

しかし、昔からインターネットで稼げると言われているジャンルがあるので、こちらで紹介をします。

 

お金に関するキーワード

 

稼ぐ、ビジネス、投資、マネー、ローン、融資、キャッシング、株、FX、仮想通貨など、お金に関するジャンルやキーワードは昔から稼げる種類として有名です。

 

こちらもASPにたくさん商品があり、高単価なものが多くておすすめです。

 

モテる、恋愛、アダルトなど

 

モテる、恋愛、アダルトなど、この種類のジャンルやキーワードもインターネットではニーズが大きいです。

 

インターネットという一人で調べられる世界だからこそ、こうしたニーズがなくならないと考えられます。

 

悩みに関するキーワード

 

これは少し広い意味ですが、悩みに関するキーワードはアフィリエイトで稼ぎやすいです。

 

悩みを持っている人でそれを調べている人は、解決したいという意欲があるので商品を買ってくれる可能性が高いのです。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

 

アフィリエイトのキーワードを学ぶなら

アフィリエイトのキーワードを学ぶなら

 

アフィリエイトのキーワードについて学びたいなら、キーワード革命という教材がおすすめです。

 

アフィリエイトの売上はキーワードの選び方によって8割が決まるとも言われますので、しっかり学びましょう。

 

 

アフィリエイトで稼ぎたいなら

アフィリエイトで稼ぎたいなら

 

キーワードだけでなく、アフィリエイトの稼ぎ方やアクセスの集まるブログの作り方を学びたいなら「コンテンツSEO(オウンドメディア)」のやり方を学ぶことをおすすめします。

 

ユーザーに喜ばれるしっかりとした記事を書き、検索エンジンに評価を受けて月間100万PV(アクセス)を集めて稼ぐ方法です。

 

コンテンツSEO(オウンドメディア)について学ぶなら

 

 

キーワード選定に役に立つツール

キーワード選定に役に立つツール

 

キーワード選定は、自分でやるよりもツールにまかせたほうが早いですし労力もかからずにすみます。

 

またツールのほうが多くの情報を正確に取得できるのでツールを使うことをおすすめします。

 

キーワード選定に役に立つツールはこちら

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトブログを作って稼ぐためのキーワードについての基本的な考え方と選び方について解説をしました。

 

キーワードをしっかり決めることは、アフィリエイトで稼ぐために本当に大切な作業なので、手を抜かずにしっかり行いましょう。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

メールマガジンの登録



*メールアドレス