アフィリエイトのキーワードや記事内容で表現してはいけないルール

アフィリエイトのキーワードや記事内容で表現してはいけないルール

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐために、商品が欲しくなるキーワードや記事内容をどんどん狙っていこうとがんばっている人もいるでしょう。

 

しかし、表現によっては使ってはいけないルールになっていることがあります。

 

こうしたルールを守らないと、アクセスが来なかったり、報酬を取り消されたり、法律違反と判断されることがあります。

 

 

アフィリエイトにおけるキーワードとは

アフィリエイトにおけるキーワードとは

 

アフィリエイトにおけるキーワードとは、「ユーザーがあなたのメディアにたどりつく前に検索バーに入力した検索キーワードのこと」です。

 

どういうキーワードからアクセスを集めるかでアフィリエイトの売上も変わります。

 

また、リスティング広告(PPC)を中心に、ASPのプログラムの詳細欄にて「このキーワードは使わないでね」というルールが決まっているものもありますので注意してください。

 

ロングテールキーワードとは

 

いくつかの単語を組み合わせたキーワードのことを「ロングテールキーワード」と言います。

 

たとえば「アフィリエイト」という単語だけでなく、「アフィリエイト キーワード 選び方」といったように、いくつかの単語の組み合わせてできたキーワードがロングテールキーワードです。

 

ニッチキーワードや複合キーワードとも言います。

 

商品名をキーワードにしても良いのか

 

アフィリエイトで稼げるキーワードの代表例として「商品名をキーワードにする」という考え方があります。

 

商品名で検索をする人はすでに商品に興味があるので、成約率が高いことが考えられます。

 

しかし、リスティング広告(PPC)などを中心にプログラムによっては広告主から「商品名や商標をキーワードにするのはNG」とルールが定められていることがあります。

 

そのためプログラムを選ぶときにしっかりASPの詳細欄をチェックする必要があります。

 

集客用のキーワード

 

アフィリエイトの場合、紹介したい商品についてしっかり説明をして訴求したページを作って、そのページにアクセスを集めて売上を出します。

 

そのページにアクセスを集めるためにも「集客用のキーワード」を選定します。

 

集客用のキーワードは、「その商品を購入するユーザーはどんなキーワードで検索をしていそうか」ということから考えます。

 

集客用のキーワードから売上を作る方法

 

集客用のキーワードについて書いた記事は、あくまでそのキーワードで調べるユーザーに役に立つ内容であって商品の説明は少ないはずです。

 

しかし、そうしたユーザーの役に立つ記事の中に「もっと詳しい解決策はこちら」「おすすめの商品はこちら」という感じで商品について訴求したページに対してのリンクがあればアクセスを流せます。

 

ですから構造としては「集客用の記事」→「売るための記事」という仕組みを作ると良いです。

 

 

キーワードを決めたら記事を書こう

キーワードを決めたら記事を書こう

 

アフィリエイトの記事の書き方の基本は構成から決めることです。

 

その記事で上位表示を狙っているキーワードで、記事を書く前に実際に検索をしてみます。

 

少なくとも1位から10位までのライバル記事については見出し構成をチェックします。

 

そして、そのキーワードで調べるユーザーにより役に立つ内容にするには、ライバルの構成のどこを直せば良さそうかを考えながら自分の記事の構成を決めて、記事を書きます。

 

 

アフィリエイトでやってはいけない表現

アフィリエイトでやってはいけない表現

 

もちろんあなたも、アフィリエイトで収益を上げたいと思っているでしょう。

 

しかし、収益のためならどんなことでも書いて良いわけではありません。

 

広告主によってルールが決まっていたり、法律で定められていることもあるので注意しましょう。

 

ASPに書いてあるルールを読もう

 

ASPによってはプログラムごとに成果が発生する条件や、非承認となる条件、表現してはいけないキーワードについてのルールが書かれています。

 

特に、「やってはいけないこと」「表現してはいけないキーワード」についてはしっかり目を通しましょう。

 

あなたが意識していなくてもあとで大きな問題に発展することも考えられます。

 

誇張・誇大表現

 

アフィリエイト報酬を得たいから、ついつい大げさなことを書いてしまいたい気持ちがあるかもしれません。

 

大げさな表現をしたほうが買ってもらえそうだと考える人もいるかもしれません。

 

しかし、商品についての誇張表現や誇大表現は景品表示法という法律で禁止されています。

 

「基本的な表現は自由ですが、実際よりもかけ離れてよく見えるような誤解のある表現はダメだよ」と決まっているのです。

 

不正確な表現

 

こちらも景品表示法に当てはまるかもしれませんが、不正確な表現も気をつけたほうが良いです。

 

法律だけでなく、検索エンジンなども根拠の乏しい表現が多いコンテンツは評価をしません。

 

基本的に「うそを書いたらダメ」という当たり前のことを守れば問題はないのです。

 

広告主のブランドを下げる表現

 

インターネットには昔から「ネットハイエナ」と言って、販売者に対してネガティブなキーワードで上位表示をして、その販売者の商品ではなく、自分が推薦する商品を買わせようとする人がいます。これはとても残念です。

 

もちろん悪質に販売者や広告主のブランドを下げれば訴訟などに発展します。

 

事実ではないデタラメや言いがかりを表現して「販売者名+詐欺」「商品名+被害」というキーワードで記事を作り、「この人は最低な人ですが、私の推薦する商品はおすすめです」という流れで記事を書く手法を「ネットハイエナ」と言いますが、これは大問題に発展するので注意が必要です。

 

著作権は守ろう

 

基本的にインターネット上のコンテンツには著作権があります。

 

文章、画像などはすべて著作権があると考えてください。

 

著作権フリーのサイトなどでなければ、他人のコンテンツを勝手に使うことは許されません。

 

こちらも後に訴訟などに発展するケースがあるので決して行わないでください。

 

フェイク広告

 

たとえば芸能人の写真と商品の写真を合成して、いかにもその人が愛用しているように見せかけた広告などをフェイク広告と言います。

 

これもはっきり言って、話にならないです。

 

当然、大きな問題として発展しますので絶対に行わないでください。

 

薬機法(薬事法)を守ろう

 

健康、ダイエット、美容などのジャンルでサイトを運営している人は、表現についてのルールが法律で決まっています。

 

この法律を薬機法(昔は薬事法)と言います。

 

健康、ダイエット、美容などはアフィリエイトで稼ぎやすいジャンルですが、取り組むときには薬機法(薬事法)の勉強をしっかりとしましょう。

 

 

最後に

 

この記事ではアフィリエイトで使うキーワードや記事内容について、表現するときの注意点を説明しました。

 

少し怖くなった人もいるかもしれませんが、基本はルールをしっかり守れば何も怖くありません。

 

ルールや法律を破ったり、あきらかに悪質なことをせず、健全にビジネスをしている人には怖い内容ではないのです。

 

正しく活動して、明るく成功してほしいなと思っています。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトやインターネット集客でキーワード選定が重要な理由

アフィリエイトやインターネット集客でキーワード選定が重要な理由

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトやインターネット集客において、キーワード選定はとても重要です。

 

キーワード選定しだいで、あなたのビジネスの成約率や売上が決まると言っても良いです。

 

キーワード選定とは「どんなお客様を集めるのか」に直結する作業ですから、ポイントをしっかり学びましょう。

 

 

キーワードの基本と重要性

キーワードの基本と重要性

 

キーワードとは、一般的には「手がかりとなる重要な言葉」という意味ですが、インターネットの中では「検索ワード」のことを言います。

 

ユーザーが検索エンジンに打ち込んで検索をかける言葉のことを「キーワード」というのです。

 

ご自身のサイトの記事をどんなキーワードで検索結果において上位表示させるかによって、アフィリエイトやインターネット集客の成果が変わります。

 

キーワードとは

 

キーワードとは検索キーワードのことです。

 

検索エンジンのユーザーは検索をするときに、検索バーにキーワードを入力します。

 

自分のサイトに来てほしい人が検索しそうなキーワードで、検索結果で上位表示できれば理想的なアクセスが集まります。

 

キーワード選定とは

 

このキーワードを選ぶ作業をキーワード選定と言います。

 

サイトにアクセスを集めるためには、キーワード選定がとても重要です。

 

なんとなく記事を書くのではなく、「どんなキーワードで上位表示させたい記事なのか」を意識して記事を書くことが重要です。

 

集客用の記事と成約を取る記事

 

サイトの場合は、サイトにアクセスを集める記事と売上を出す記事をわけて考えます。

 

キーワードを意識して書く記事はアクセスを集める記事です。

 

検索エンジンから集客用の記事にアクセスを集め、その記事から商品を紹介しているページへ誘導をします。

 

キーワードずらしとは

 

キーワードによっては、ライバルとなるサイトに大手企業のサイトが目立つことがあります。

 

その場合は「キーワードずらし」という考え方を使います。

 

たとえば、「英会話」という単語で検索をしても大手の英会話スクールのサイトばかり目立つのに対して「英会話 40代 サラリーマン」などと他の単語を入れてみるとライバルが減ることがあるのです。

 

売上の8割が決まるほど重要

 

インターネット集客やアフィリエイトの世界では、サイトの売上の8割はキーワード選定で決まると言われるくらいです。

 

それほど、キーワード選定は重要な作業です。

 

「どんな検索キーワードで調べた人がアクセスしてくるのか」しだいで、理想のターゲットが集まるかどうかが決まるからです。

 

狙うのは購買につながるキーワード

 

あなたが自分のサイトで上位表示を狙うべきキーワードは、あなたがアフィリエイトをしている商品や提案したい商品の見込み客が検索しそうなキーワードです。

 

たとえばダイエット用品をアフィリエイトしたい場合、「ダイエット 自宅 用具」というキーワードなら、購買につながりそうです。

 

一方で、「ダイエット 無理 言い訳」というキーワードで調べる人は、ダイエット用品を買わなそうですよね。

 

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

 

それでは、キーワードの見つけ方についてポイントを挙げます。

 

流れとしては、まず軸となるメインキーワードを決め、その関連キーワードをピックアップします。

 

そして複合キーワードから優先してライバルチェックをしながら記事を書くのです。

 

まずは取り組むジャンルを決めよう

 

これからビジネスを始める人は、まず取り組むジャンルを決めましょう。

 

ジャンルはできるだけ自分がやりたいジャンルが良いでしょう。

 

今後の人生で取り組んでいけそうなやりがいを感じるジャンルを選びます。

 

今までの経験や知識、好きなこと、趣味などから連想しても良いです。

 

メインキーワードを決める

 

メインキーワードを決める段階では、まだライバルのことを気にしなくて良いです。

 

実際に上位表示を狙うのは、最初のうちはメインキーワードの関連キーワードなので、メインキーワード自体に強いライバルがいても構いません。

 

したがって、メインキーワードはご自身が取り組むジャンルやアフィリエイトをしたい商品からシンプルに連想して構いません。

 

関連キーワードをピックアップ

 

メインキーワードが決まったら、その関連キーワードをピックアップします。

 

検索エンジンの検索結果の下にある「関連キーワード」やサジェストキーワードから集めても良いですが、ツールを使ったほうがかんたんです。

 

関連キーワードの中でも購買につながりそうなキーワードを選びます。

 

検索意図は何か

 

集めたキーワードに対して記事を書くときには、いきなり文章を書くのではなく、まずは「ユーザーの検索意図」を考えることが重要です。

 

検索意図とは「どうしてそのキーワードで検索をするのか」というユーザーの心理のことです。

 

検索エンジンはこうした検索意図の答えにふさわしいコンテンツを上位表示しますので、記事を書く前にキーワードの検索意図を考えることはとても重要なのです。

 

キーワードリストを作る

 

自分が記事で狙ったキーワード、その記事のURL、その記事で紹介した案件などはスプレッドシートなどに記録しましょう。

 

このようなキーワードリストを作っておくと、あとでメンテナンスをするときに役立ちます。

 

アクセス解析などをしてメンテナンスをしたほうが良い記事が見つかったとき、その記事で狙ったキーワードなどがわからないと補強できないからです。

 

自分でキーワードを選ぶ方法

自分でキーワードを選ぶ方法

 

検索エンジンの機能を利用して、自分でキーワードを見つける探し方もあります。

 

上の図のように、検索エンジンでメインキーワードを検索すると、検索結果の下部には関連キーワードが出現します。

 

関連キーワードで検索をし直すと、その関連キーワードも出てくるので、掘り下げることが可能です。

 

ツールでキーワードを選ぶ方法

 

自分でキーワードを選ぶのはかなり骨が折れる作業です。

 

そこで、キーワードの候補を見つける作業はツールにまかせることをおすすめします。

 

コンテンツスカウターZというツールなら、関連キーワードやライバルサイトの情報を自動的に集めてくれます。

 

複合キーワードから記事を書こう

 

集めたキーワードの中でも、最初に優先するべきなのは複合キーワードです。

 

複合キーワードとは「サイト 記事 書き方」といったようにいくつかの単語で構成されたキーワードのことです。

 

複合キーワードのほうがライバルが弱いことが多く、ターゲットもしぼれていてユーザーに役立つ記事が書きやすいです。

 

記事を書くコツ

 

記事を書く前には、必ずキーワードの検索意図を書き出しましょう。

 

また、狙っているキーワードで検索をしてライバルの見出し構成をチェックし、より検索意図に合った構成を考え、それから記事を書きます。

 

1記事は平均して4000文字くらいが良いと言われています。

 

キーワードを使うメリットとデメリット

 

狙っているキーワードは、記事タイトルと、記事の文中に最低1回ずつ使います。

 

キーワードを使って記事を書くメリットは、そのキーワードで上位表示できる可能性が上がることです。

 

デメリットはあまりありませんが、キーワードを意識しすぎて不自然な文章にならないように注意しましょう。

 

 

最後に

 

この記事は、アフィリエイトやインターネット集客を始める人にキーワード選定の重要性を理解してもらうために書きました。

 

まずは、キーワード選定はサボってはいけない作業だということを理解してください。

 

その上で、この記事にまとめたポイントを生かしてキーワード選定を行い、記事を書いてみましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトの記事に使うキーワードを工夫してクリック率を高める

アフィリエイトの記事に使うキーワードを工夫してクリック率を高める

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトやインターネット集客をやっていて、「検索上位を取れているのにアクセスが来ないな」とか「アクセスがあるのに成約(CV=コンバージョン)が取れないな」と思ったことはありませんか?

 

こうした問題をかかえているのなら、記事や記事タイトルに使うキーワードを工夫してクリック率(CTR)を高めましょう。

 

コツは思っているよりもかんたんです。

 

 

クリック率(CTR)が低いなと思ったときは

クリック率(CTR)が低いなと思ったときは

 

検索上位を取れているのに思ったほどアクセスが伸びないときは検索結果からあなたの記事が選ばれるクリック率(CTR)が低いかもしれません。

 

あるいは、記事にアクセスが来ているのに成約(CV=コンバージョン)が取れない場合には、記事の書き方やキーワード選定に改善のポイントがあります。

 

キーワード選定や言葉の使い方を見直せば、同じアクセス数でもクリック率が伸びて売上が上がることがあります。

 

クリック率が低いのには理由がある

 

クリック率が低いのには理由があります。

 

たとえばサイトの記事であれば、狙っているキーワードに対してユーザーの検索意図に答えられているかどうかでクリック率が上下します。

 

記事タイトルであれば、具体的な数字や続きが気になるキーワードを使うことでクリック率が上がります。

 

検索意図に答えているか

 

検索意図とは、検索キーワードについて「ユーザーはなぜそのキーワードで検索をするのか」という部分です。

 

検索エンジンは、この検索意図の答えとなるコンテンツを検索結果で表示しますから、記事を書く前にはこの検索意図を十分に考える必要があります。

 

また、仮に上位表示できていても検索意図に合わない記事内容では、ユーザーのニーズを満たせないので記事中のリンクのクリック率は低いままなのです。

 

キーワード選定とツール

 

検索意図により正確に答えていくためには、きちんとキーワード選定をしましょう。

 

キーワード選定に便利なツールやインターネットの機能を使えば、たくさんのキーワードの候補が集まります。

 

集まったキーワードについて1つずつていねいに記事を作ります。

 

情報は最新か

 

サイトの記事の情報が最新かどうかはとても大切です。

 

まず、情報が古いコンテンツは検索エンジンからの評価も下がります。

 

あるいはユーザーから見ても、情報が古ければそのコンテンツを見るのをやめてライバルの記事に行ってしまうのです。

 

ロングテールをしっかり狙おう

 

ロングテールとは2つ以上の単語で構成された複合キーワードのことです。

 

たとえば「インターネット 集客 SEO」という感じです。

 

実はロングテールを狙ったほうがユーザーの検索意図を満たす記事が作りやすいので、クリック率も上がる傾向です。

 

記事タイトルは工夫しているか

 

サイトの記事の場合は30文字前後でまとめる記事タイトル。

 

この短い言葉に工夫があるかどうかで、検索結果からのクリック率が決まります。

 

ユーザーは特定のキーワードで検索をして、検索結果から読みたい記事をクリックするので、検索結果に表示される記事タイトルはとても大切です。

 

 

ロングテールキーワードを狙う

ロングテールキーワードを狙う

 

先ほど書いたように、ロングテールキーワードを狙ったほうがクリック率は上がります。

 

クリック率だけでなく、記事を読んだあとのCVR(成約率)の平均値も上がるでしょう。

 

ロングテールキーワードは、よりユーザーをしぼりこんだキーワードなので検索意図に答えやすいのです。

 

ロングテールとは

 

たとえば、「英語 学習 方法」など、いくつかの単語で構成された検索キーワードのことをロングテールと言います。

 

ニッチキーワードとか、複合キーワードとも言います。

 

ロングテールのほうが、一つだけの単語のキーワードよりもライバルが少なかったり弱いことがあります。

 

ユーザーの悩みがわかれる

 

ロングテールキーワードを選定するポイントは、メインキーワードを決めてその関連キーワードをピックアップすることです。

 

たとえば「英語」というメインキーワードに対しても、「英語 学習 中学生」というキーワードと「英語 社会人 TOEIC」というキーワードでは、ターゲットも検索意図やユーザーの悩みも違いますよね。

 

ロングテールキーワードを設定すれば、よりユーザーごとの悩みにアプローチできます。

 

より具体的な記事が書ける

 

ロングテールキーワードを設定したほうが、よりターゲットや検索意図が具体的です。

 

つまり、記事の内容もそれに合わせてユーザーに合ったものが書けます。

 

ユーザーのニーズに合った記事は記事中のリンクのクリック率も高いのです。

 

ユーザーに合った記事が完成する

 

ロングテールキーワードを設定して、そのキーワードの検索意図を考え記事を書くと、ユーザーに合った記事が完成します。

 

記事のクリック率を高めるために必要なことは「精読率を上げること」です。

 

当然、ユーザーから見たときに「自分が知りたい情報だ」と思える記事は精読率が高く、そしてクリック率も高いのです。

 

ロングテールのほうがCVRが高い

 

CVRとはコンバージョン率・成約率のことです。

 

ここまでに説明したようにロングテールキーワードは、よりターゲットをしぼったキーワードです。

 

つまりそのターゲットが商品の見込み客として合っているのなら、アクセスに対しての成約率(CVR)も上がるのです。

 

 

記事タイトルに入れるキーワードを工夫

記事タイトルに入れるキーワードを工夫

 

次に記事の本文だけでなく、タイトルについても見直してみましょう。

 

記事タイトルで大切なのは、検索結果の中からあなたの記事を選んでクリックしてもらえるようなキーワードを使うことです。

 

記事タイトルは全角で32文字以内に調整します。

 

数字を入れる

 

たとえば、「アフィリエイトで稼ぐ方法」と「アフィリエイトで月100万円を稼ぐ方法」なら、どちらのほうがクリックをしたくなりますか?

 

多くの場合、数字が入っていたほうが注目されます。

 

もちろん金額的な数字だけでなく、「1カ月で達成できる方法」「10キロやせた方法」「1日10分の努力で」など、入れられる数字はたくさんあります。

 

続きが気になるキーワード

 

記事タイトルの場合は、「タイトルで問いを投げて、本文で答えを出す。」という役割だと思ってください。

 

ですから「~とは」とか「~のポイント」とか、その内容が気になるキーワードを使うとクリック率が上がります。

 

たとえば「アフィリエイトで月収100万円を稼いだ3つのポイントとは」という感じです。

 

わかりやすい言葉

 

これは例を見比べるとわかりやすいと思います。

 

たとえば「PV数を上げずCVRを上げて売上前年比率を120%にした施策」というタイトルと「同じアクセスでも売上が1.2倍になったヒミツ」というタイトル、どっちのほうが読んでみようと思いますか?

 

この2つはほとんど同じことを書いていますが、伝わりやすい方がクリックしたくなりますよね。

 

読者の知らない価値観

 

ユーザーにとって「あたりまえ」のことを書いても、それをクリックして読んでみようと思われません。

 

ですから、予想とは少し違う言い回しやキーワードを使うと効果的です。

 

たとえば「食べて良いダイエット」とか「アクセスを増やさず売上アップ」とか「顧客数を減らして売上アップ」とか。

 

自然な流れに整える

 

記事タイトルでとても大切なのは、ここまでに紹介したようなテクニックを使いながらも、自然な流れに整えるということです。

 

「売上2倍。ヒミツ。何もせずに。」みたいに、あまりにぎこちないタイトルを付けるのは逆効果でクリック率が下がります。

 

あくまで自然な流れで全角32文字以内に整えてください。数字や記号は半角を使いましょう。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトやインターネット集客をするためにクリック率を上げる工夫として、記事やキーワードやタイトルのポイントを解説しました。

 

インターネット集客の場合は、アクセスを伸ばすよりもクリック率(CTR)や成約率(CVR)を伸ばすほうがかんたんです。

 

これらはかんたんな工夫で2倍、3倍と上がりますので、この記事に書いたポイントを取り入れてみてください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワード選定とインターネットの情報発信のコツ

 

アフィリエイトのキーワード選定とインターネットの情報発信のコツ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトをはじめ、インターネットで稼ぐ方法はたくさんあります。

 

ただ、「実際に稼いでいる人はいるのか」という基本的な情報や、「何をすれば良いのか」という基礎知識を知らない人もいるでしょう。

 

アフィリエイトやアドセンスやコンテンツビジネスで稼いだり、インターネット集客を行うには、SEO(検索エンジン対策)やキーワード選定や情報発信のコツを覚えることから始めましょう。

 

 

インターネットで月100万円は稼げるのか

インターネットで月100万円は稼げるのか

 

インターネットを使ってビジネスをして月100万円以上稼いでいる人は、あなたが思っているよりもはるかに多いでしょう。

 

インターネットビジネスをしている人のうち9割は稼げていないという話もありますが、そのほとんどは「途中で諦めた人」です。

 

しっかりと半年、1年と取り組んでいる人の多くは成果を上げています。

 

 

実際に稼いでいる人はいるのか

実際に稼いでいる人はいるのか

 

弊社ではコンサルティングをやっていますので、成功事例がどんどん集まってきます。

 

また、長年のキャリアの中で多くの成功者を存じ上げています。

 

アフィリエイトだけに限定をしても、月100万円は決してめずらしくはないし、月500万円以上売り上げている例もあります。

 

 

稼げる人は何をしているのか

稼げる人は何をしているのか

 

もちろん、人によってやっているビジネスが違いますし、「インターネットを使っている」というレベルでいえばオフラインのビジネスにインターネットから集客するのも当たり前の時代です。

 

ただし、完全にインターネットだけでできる稼ぎ方としては3つあると思います。

 

広告収入を得る「アフィリエイト」や「アドセンス」、そして自分のオンラインサービスを販売する「コンテンツビジネス」です。

 

アフィリエイト

 

インターネットビジネスの中でも特に有名なのがアフィリエイトでしょう。

 

アフィリエイトは成果報酬型の広告と言いまして、自分のインターネット上のメディアに掲載をした広告をクリックした人が、実際にその商品やサービスを購入した場合などに成果が支払われる仕組みです。

 

アフィリエイトをする商品やサービスによっては、1件あたりに獲得できる報酬の単価も高く、まとまった金額を稼ぎやすいモデルです。

 

アドセンス

 

アフィリエイトと似たビジネスモデルに「アドセンス」があります。

 

アドセンスはGoogleの広告を自分のメディアに掲載し、その広告がクリックされたら報酬が発生するビジネスです。

 

アフィリエイトに比べて報酬の単価は低いですが、広告の内容は自動的に最適化されるため、メディアにアクセスを集めることに集中をすれば成果が出ます。

 

コンテンツビジネス

 

大きな成果を上げる人が取り組んでいるのがコンテンツビジネスです。

 

たとえば「英語が上達するレッスン」や「ゴルフの初心者向け講座」や「きれいな写真の撮り方の講座」など、ご自身が持っているノウハウや情報を提供するビジネスです。

 

ユーザーのニーズを集めながら、サービスや商品の内容を最適化していけば、単価の高いビジネスモデルで成功できます。

 

 

アフィリエイトで稼げない人の理由

アフィリエイトで稼げない人の理由

 

インターネットビジネスやインターネット集客でうまくいかない人にはある程度の共通点があります。

 

弊社で多くご相談を受けてきて特に多い問題点を挙げます。

 

例として、アフィリエイトでうまくいかない人の共通点を書きますが、実際には多くのインターネットビジネスに当てはまる項目です。

 

ジャンルを決めていない

 

まず、どんなビジネスをやるにせよ、最初の段階でアクセスを集めるには「●●の人」や「●●のサイト」といった特定のジャンルに特化することがポイントです。

 

キャラクタービジネスをやるにしても、最初はジャンルが決まっていたほうが良いです。

 

特にアフィリエイトの場合は、アフィリエイトをする商品やジャンルを決めなければ、どんなメディアを育てるのかが決まらないので先に進みません。

 

記事数が足りていない

 

検索エンジン対策(SEO)も、SNSやYouTubeからのアクセスも、ある程度コンテンツの数が必要です。

 

インターネット集客は、一定の割合で順調に伸びるというよりは、あるところまでは成果が感じらないけど継続していくと突然アクセスやフォロワーが伸びるという感じです。

 

サイトの場合は最初は100記事を目標にすることを多くの成功者が共通して言っています。

 

使うべきツールを使っていない

 

これもかなり大切なことなのですが、インターネットビジネスをやる上でツールを使ったほうが確実に良いこともあります。

 

ツールといっても「稼がせてあげますよ」という変なツールではなく、たとえば検索エンジン対策(SEO)で狙ったほうが良いキーワードを見つけることに役立つツールなど、データを集めたり分析をする作業はツールにまかせたほうが賢明です。

 

「らくをして稼ぐ」というのは間違いですが、ツールがやったほうが正確な作業はツールにまかせましょう。

 

基本的なマインドセット

 

先ほど少し書きましたが「らくをして」というのを最初から追いかけるのは間違いです。

 

結論から言いますが、インターネットビジネスは魔法のように稼げるビジネスではありません。

 

単純に「インターネットという畑を使う」ということであって、もちろん効果的な方法はたくさんあるのですが、それを使っていく努力は必要です。

 

「かんたんに稼ぐ」は間違い

 

かんたんに稼げるのは事実ですが、もっと正確に言うと「将来的にはかんたんに稼げます」ということです。

 

かんたんに稼ぐための仕組みは努力して作ることが大切だし、あなたが思っている以上に普通の仕事として考えないと失敗します。

 

ただし、しっかりと取り組むつもりがあるのなら、インターネットだからこそ他のビジネスではできないような結果や効果を得られます。

 

基本的なSEOの仕組みを知らない

 

インターネット集客の中で中心的な存在なのがSEOです。

 

SEOとは検索エンジン対策をしてアクセスを集めることですが、検索ユーザーのアクセスはインターネットの中でも特に購買意欲が高いです。

 

そのため、アフィリエイトやインターネットビジネスで成果を上げたいのなら、SEOについてはしっかりと勉強をしましょう。

 

無料ブログの問題点

 

無料ブログも、もちろん集客できる媒体の一つです。

 

弊社でも実際にアメブロもやっています。

 

ただし、無料ブログはサービス側の広告が勝手に挿入されてしまったり、アカウントが突然消されるリスクがあるので、長期的に無料ブログ一つに頼るのはリスクが大きいです。

 

収入がゴールだと続かない

 

マズローの5段階欲求説や、ハーズバーグの衛生要因・動機づけ要因でも言われていますが、収入のモチベーションは人間の欲求の中で高い次元ではありません。

 

実際に弊社のコンサルティングでも、売上目標のほかに「そのビジネスをやる喜びは何か」という理念を作ってもらいます。

 

これをやることで挫折も防ぎやすいし、売上目標が達成されたあとも楽しく継続ができるので、長く成功ができます。

 

 

アフィリエイトで稼ぐには

アフィリエイトで稼ぐには

 

アフィリエイトで稼ぐためには「メディアを育てる」という感覚を持ってください。

 

サイトやSNSやYouTubeチャンネルが育っていくことを最初のモチベーションにします。

 

メディアを育てつつ、マーケティングを学んで見込み客にアプローチする方法を改善すれば結果は自然と出ます。

 

 

SEOの基本

SEOの基本

 

それでは、インターネットのメディアの中でももっとも基本的なサイトの育て方について説明をします。

 

サイトの成長は「検索エンジンにどれくらい評価されているか」で決まります。

 

検索エンジンに評価をされるための対策のことをSEOと言います。

 

SEOとは

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で日本語では「検索エンジン最適化」と言います。

 

そのコツをかんたんに説明するなら、「ユーザーの知りたい情報がちゃんとまとまった優良な記事を増やす」ということです。

 

そのために、キーワード選定という作業を覚えましょう。

 

キーワード選定とは

 

まず、インターネットの中でいわれる「キーワード」というのは「検索キーワード」のことです。

 

ユーザーが検索エンジンで検索をするときに打ち込む検索ワードのことをインターネットでは「キーワード」と言います。

 

そして、あなたがサイトの記事を書くときに、「今から書く記事はどんなキーワードで検索をするユーザーに向けた記事なのか」を考える作業をキーワード選定と言います。

 

ライバルチェックの意味

 

サイトの記事を書くときに「どんな記事の内容にすれば良いのだろう」と悩んだことはありませんか?

 

サイトの記事を書くときには、ライバルサイトの構成をチェックします。

 

記事で狙うキーワードで検索をして、実際に上位表示されている1位~10位のライバルの記事を見れば、そのキーワードではどんな流れで記事を書くと上位表示ができそうか判断ができます。

 

キーワードずらしとは

 

また、キーワードによってはそもそもライバルが大手企業のホームページばかりだったりと、勝てる見込みがうすそうなときもあります。

 

そんなときに覚えておくと良いのが「キーワードずらし」という考え方です。

 

たとえば「英会話」と検索をしても大手企業のサイトがほとんどだとしましょう。しかし「英会話 自分で コツコツ」など、いくつかの単語をあわせた複合キーワードにずらせばライバルが減ることがあるのです。

 

キーワードは日々生まれる

 

人が検索エンジンを使っているかぎり、キーワードは新しいものが生まれています。

 

また検索エンジンも進化をしているので、ユーザーの検索の仕方も変わっています。

 

ですから、キーワードがなくなるということはほぼありません。

 

キーワードを探すためのツール

 

日々生まれるキーワードですが、それを自分で見つけるのはかなり大変です。

 

そこでキーワードを探す作業はツールにまかせることをおすすめします。

 

SEOはキーワード選定とライバルサイトの構成のチェックができれば、あとの作業はかんたんです。

 

そのためにキーワード選定とライバルサイトの構成のチェックができるこちらのツールを使ってみてください。

 

 

インターネットで稼ぐ基本

インターネットで稼ぐ基本

 

最後にもう少し広い視点で、アフィリエイトだけでなくインターネット集客全体に目を向けましょう。

 

インターネットの基本は情報発信です。

 

特に今はSEOやSNSやYouTubeなど、さまざまな媒体で情報発信が可能です。そのための心構えを覚えてください。

 

メディアは育てるもの

 

インターネットのメディアは短期間で完成させるものではありません。

 

そもそも、人が見る情報なので「完成」という概念はないのです。

 

大切な城をじっくりと作り上げる感覚が必要です。

 

最初はなかなかアクセスやフォロワーが集まらないと思いますが、それを乗り越えて続けていくとある時から視聴者が増えるのがインターネットのセオリーです。

 

ユーザーの役に立つ情報発信

 

メディアを育てる基本は、どの媒体でもユーザーの役に立つ情報発信をすることです。

 

「自分がおもしろいもの」ではなく、「求められているもの」を提供しましょう。

 

そのために、アクセス解析やユーザーの反応をちゃんとチェックしましょう。

 

まずは取り組むジャンルを決めること

 

弊社のコンサルティングでは、「稼げれば良い」というゴールではなく、「その人らしい成功」を応援しています。

 

実際に、あなたにとってやりたいビジネスに取り組んだほうが成功する確率は高いです。

 

アフィリエイトにしてもコンテンツビジネスにしても、まずは取り組むジャンルをしっかり決めてから作業に入ります。

 

 

最後に

 

弊社ではコンサルティングをとおして、自由で明るい成功を応援させていただいております。

 

私自身、まったくのゼロからのスタートでした。

 

この記事を読んだ方が、前向きな気持ちをもって楽しく取り組み、喜ばれるビジネスで成功することを願っています。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードや記事に大切なユーザーの検索意図とは

アフィリエイトのキーワードや記事に大切なユーザーの検索意図とは

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐためには、自分の広告を掲載しているサイトにアクセスを集める必要があります。

 

ポイントは、検索エンジンに評価をされて狙ったキーワードで上位表示をすることと、広告をしている商品の見込み客となるアクセスを集めることです。

 

そのためには、ユーザーの心理状態をしっかり考えた上で活動をすることが大切です。

 

 

アフィリエイトで成功するサイト

アフィリエイトで成功するサイト

 

アフィリエイトで成功するためには、自分のサイトにたくさんアクセスを集める必要があります。

 

ただし、どんなアクセスでも良いわけではなく、自分のサイトでアフィリエイトをしている商品の見込み客となるアクセスを集めます。

 

そのためには、商品を選んだときや記事を書く前などに、自分が集めるべきユーザーについてしっかりと考えるようにしましょう。

 

SEOで勝利するためには

 

アフィリエイトで最短で成功するために、知っておいてほしいことがあります。

 

それは「近道こそ遠回り」ということです。

 

サイトにアクセスを集めるための検索エンジン対策のことをSEOと言いますが、SEOの基本は「ユーザーのためになる記事を作ること」です。

 

コピーされた記事や、内容の薄い記事はユーザーのためにならないので、検索エンジンからも評価をされず、結局は遠回りなのです。

 

ユーザーが知りたいことを教えてあげる

 

アフィリエイトサイトの目的は2つあります。

 

1つは、アフィリエイトをしている商品を売ることですが、それだけではありません。

 

本質は、検索してきたユーザーが知りたいことを記事でしっかり教えてあげることです。そうやって満足度を高めるからこそ、メディアの広告効果が高まるのです。

 

商品のユーザーについて書き出そう

 

アフィリエイトをやり始めたら、まずはアフィリエイトをする商品をASPから探しましょう。

 

商品を探したら、その販売ページなどを見てみて、商品の見込み客がどんな人なのかを書いておきましょう。

 

同じジャンルだとしても、商品によって強みやターゲットが違うので、集めるべきユーザーが変わります。

 

記事を書く前にユーザーを想定する

 

また、一つずつの記事を書く前にもしっかりとユーザーを想定します。

 

記事を書く前には、「今から書く記事はどんなキーワードで検索したときに上位表示を狙うのか」を考えてキーワードを選定します。

 

そして、そのキーワードで検索をするユーザーは「どんな悩みがあって検索をするのか」という検索意図を書き出してから記事を作ります。

 

ペルソナとは

 

マーケティングにおけるペルソナとは、売りたい商品やサービスのユーザーの理想像のことを言います。

 

コピーライティングやマーケティングでは、このペルソナをかなり明確に決めます。

 

それこそ、一枚の履歴書が書けるくらいに明確にして、「そのユーザー(ペルソナ)」に向かってメッセージを書くのです。

 

 

ユーザーの検索意図とは

ユーザーの検索意図とは

 

人は検索をする時に、なにかしらの意図があります。

 

あなたも検索エンジンで検索をするときには、「何かを知りたい」「何かを解決したい」「何かの情報が欲しい」などの意図があるでしょう。

 

そのような検索の意図のことを検索意図と言います。

 

ユーザーの悩みを考えよう

 

このようなユーザーの検索意図を考えることはとても大切です。

 

なぜなら、検索エンジンはユーザーの検索意図の答えとなるコンテンツを検索結果で表示するので、検索意図をしっかり考えてから作った記事は検索エンジンからの評価を受けやすいです。

 

当然、ユーザーにとっても知りたい情報がまとまっている記事ですから、満足度も高まります。

 

 

キーワード選定にも大切な考え方

キーワード選定にも大切な考え方

 

ユーザーの検索意図を考えることは、そもそも記事で狙うキーワードを探すときにも役に立ちます。

 

アフィリエイトで、サイトに集めなければいけないアクセスというのは、アフィリエイトをしている商品の見込み客のアクセスです。

 

ですから、キーワードを選ぶ時にユーザーの検索意図を考えることで、その意図が購買につながりそうかどうかを判断すると良いでしょう。

 

キーワード選定が大切な理由

 

アフィリエイトにおいてキーワード選定はとても大切です。

 

アフィリエイトで稼げるかどうかはキーワード選定しだいと言っても良いでしょう。

 

なぜなら先ほど説明をしたように、選ぶキーワードによってアフィリエイトをしている商品を買ってくれるユーザーが集まるか、そうでないかがわかれるからです。

 

収益になるのかを判断する

 

キーワード選定のコツは、まずメインとするキーワードを決めた上で、その関連キーワードをピックアップすることから始めます。

 

集めた関連キーワードについてユーザーの検索意図を考えていくと、自分がアフィリエイトをしたい商品の購買につながりそうかどうかがわかります。

 

たとえば、英語の教材をアフィリエイトしているとして、「英語 学習 おすすめ」というキーワードなら検索意図として「英語のおすすめの学習方法を探している」ということが想定できるので、購買につながりそうです。これはこの例でいえば狙って良いキーワードですね。

 

一方で「英語 学習 意味ない」というキーワードは、「英語を学習しても意味がないという意見を見てみたい」など、後ろ向きな検索意図が想定できます。ですから、今回の例でいくとこのようなキーワードではアクセスしてくるユーザーが商品を買う確率は低いと考えられるので、このキーワードは後回しでも良さそうですよね。

 

解決したい意欲の強いキーワード

 

キーワードについて、ユーザーの検索意図を考えていくと、購買につながりそうなキーワードの中でもさらに解決したい意欲が強いキーワードが見つかります。

 

当然、そうしたキーワードを優先的に選んで記事を書きます。

 

すぐに解決したいというユーザーの意図が強いほど、購買意欲が高まると判断できるからです。

 

一つの記事で一つのキーワード

 

ユーザーの意図を考えて、ユーザーの悩みを解決するための情報発信を始めると、その仕事はすごく楽しいです。

 

少し慣れてくると、一つの記事でたくさんの悩みを解決してあげたいと思うかもしれません。

 

しかし、SEO(検索エンジン対策)においては、一つの記事で上位表示を狙うキーワードは一つにします。

 

結果的にいくつかのキーワードで上位を取れることはありますが、記事を書く時点で狙うキーワードは一つの記事に対して一つです。

 

まずは複合キーワードから

 

「アフィリエイト キーワード 考え方」などのようにいくつかの単語で構成されたキーワードのことを「複合キーワード」と言います。

 

ニッチキーワードと呼ぶこともあります。

 

一つの単語のキーワードの方が検索数は多いのですが、複合キーワードの方がターゲットが絞れていて、なおかつライバルが少ないため、そのキーワードで検索をするユーザーの意図が購買につながりそうな場合には大きなチャンスなのです。

 

検索ボリュームとの関係

 

アクセスの数だけを考えると、いわゆるビッグキーワードと呼ばれる検索数の多いキーワードで上位表示を狙ったほうが賢明に思えます。

 

しかし、ビッグキーワードで上位を取るためにはそもそもスモールキーワードやミドルキーワードで上位表示を取らなければ難しいことと、ビッグキーワードよりもスモールキーワードの方がライバルが少ないことを見逃してはいけません。

 

さらに、スモールキーワードとは複合キーワードであることが多いので、ユーザーの検索意図が購買につながるスモールキーワードであれば少ないアクセスでもアフィリエイト報酬が発生することはあるのです。

 

 

キーワード選定に役に立つツール

キーワード選定に役に立つツール

 

実際にSEOを2011年からやってきて、実感をしていることがあります。

 

それはSEOやキーワード選定のための「データ集め」はツールにやらせたほうが絶対に早いし、正確だということです。

 

キーワードについてのデータが集まると、自分のサイトに訪れているユーザーのニーズも把握できます。

 

コンテンツスカウターZ

 

まず、弊社で実際に使っているツールを紹介します。

 

コンテンツスカウターZというツールなのですが、これはとてもおすすめです。

 

関連キーワードのピックアップやライバルサイトのチェックをやってくれるので、キーワード選定やユーザーの検索意図を判断するために役に立ちます。

 

Search Console

 

次に、Googleが公式で提供している無料のアクセス解析ツールとして「Search Console」があります。

 

これはGoogleのアカウントがあれば使えるので、ぜひサイトに入れておきましょう。

 

どんなキーワードでアクセスが来ているのかなどがわかるので、便利です。

 

 

アフィリエイトの広告の入れ方

アフィリエイトの広告の入れ方

 

せっかくユーザーの意図を考えるという趣旨でこの記事を読んでもらっているので、広告の入れ方についてもアドバイスをします。

 

広告の入れ方によって成約率(CVR)が変わるのでポイントを覚えてください。

 

大切なことは、ユーザーの妨げにならない広告の入れ方を心がけるということです。

 

ユーザーの妨げにならないように

 

検索エンジンは何よりもユーザーが使いやすいコンテンツを評価します。

 

したがって、広告が閲覧を邪魔するようなコンテンツは評価をされません。

 

テレビとかでも、CMの方が番組よりも長いってことはないですよね?

 

それと同じように、あくまでユーザーにとってのメインは情報であり、広告はサブなのです。

 

記事の最後じゃなくても良い

 

では、広告をしない方が良いのかという話になると、広告を入れなければアフィリエイトで成果は出ないのでちゃんと広告を入れます。

 

王道のパターンとしては、記事の最後に広告を掲載する方法です。

 

しかしそれだけでなく、流れの中で自然な配置であれば文中でも広告を掲載して効果が上がることがあります。この辺はテストをくり返します。

 

画像かテキストか

 

アフィリエイトの広告には、バナー広告とテキスト広告の両方を素材として用意してくれている案件もあります。

 

その場合ですが、どちらを使えば良いのかという判断も、あくまでユーザーの視点に立ってください。

 

自分がユーザーの視点で見た時に、「バナーがあっても別に邪魔ではないな」と思えばバナー広告を使って良いし、「文字の方が自然だな」と思えばテキスト広告を使います。

 

一概にどっちが良いという話ではないので、自分のメディアで使うシチュエーションごとにユーザー目線で判断をします。

 

なぜクリックする必要があるのか

 

アフィリエイトの場合は、アドセンスとは違って広告の内容は自分で選んできた内容で固定されるので、「広告に誘導する」ということが可能です。

 

たとえば、ゴルフのサイトを運営していて、ゴルフレッスンの広告を掲載しているとします。

 

その場合、何も訴求せずに広告を出しているだけよりも、「もしゴルフのスコアを短期間で上げたければこちらをご覧ください」という感じで、その広告をクリックする理由をちゃんと教えてあげるとCTR(クリック率)が上がります。

 

 

最後に

 

この記事では、ユーザーの視点に立ったキーワード選定や記事を書く作業を行うコツを説明しました。

 

インターネットの進化はすさまじく、昔に比べて「ユーザーのためになるコンテンツが勝つ」という概念が高い精度で実現できています。

 

ですから、妙な近道を考えるのではなく、きちんとユーザーの心理を考えてコンテンツ(記事など)を作っていきましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトにおけるキーワードの意味や選定のコツを教えます

アフィリエイトにおけるキーワードの意味や選定のコツを教えます

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

今回は初心者さん向けの記事です。

 

アフィリエイトにおける「キーワード」という言葉や、SEO(検索エンジン対策)を行う上でのさまざまな作業の意味を解説します。

 

しっかりとした知識を身につければアフィリエイトで成果を出せますので、この記事で基本的な知識を学んでください。

 

 

キーワードとは

キーワードとは

 

キーワードとは、そのままの意味としては「手がかりとなるような重要な言葉」のことです。

 

ただし、アフィリエイトやインターネットマーケティングにおいては、キーワードは「検索キーワード」のことを意味します。

 

ユーザーがあなたのメディアを検索する際に打ち込む検索キーワードのことです。

 

アフィリエイトのキーワードの意味

 

アフィリエイトで稼ぐためには、アクセスを集める必要があります。

 

アクセスを集める方法の代表的なものが検索エンジンからの集客です。

 

検索エンジンからアクセスを集めるためには、特定のキーワードで検索をしたときにあなたのサイトが上位に表示をされる必要があります。

 

キーワード選定の意味

 

あなたのサイトにアクセスを呼び込むキーワードを選ぶ作業を、「キーワード選定」と言います。

 

特にサイトアフィリエイトでは、キーワード選定が売上の8割を決めるとも言われます。

 

購買につながるキーワードからアクセスを集められれば、成果が出ます。

 

アフィリエイトで商品が売れるからくり

 

アフィリエイトで商品が売れる仕組みは、あなたのメディアのコンテンツを読んだお客さまが、商品の価値を感じて詳細を知りたいと思ったときにアフィリエイトリンクをクリックして、商品が売れるというものです。

 

もちろん商品の説明も大切なのですが、それ以上に「そもそも商品に対して興味を持ちそうなアクセスを集めること」が大切です。

 

そのためキーワード選定では、購買につながるキーワードを選ぶことがコツです。

 

結局、アフィリエイトで大切なこと

 

少し極端なことを言えば、アフィリエイトにおいては商品の説明は販売ページがやってくれます。

 

アフィリエイトにおいてとても大切なのは、「その商品の詳しい情報を見たい」と思ってもらってアフィリエイトリンクをクリックしてもらうことです。

 

ですから、そもそも商品に興味を持ちそうな人が検索するキーワードを選定してアクセスを集めることが近道なのです。

 

ライバルの少ないキーワードを狙う

 

購買につながるキーワードの中でも、ライバルの少ないキーワードを選ぶことは大切です。

 

ここでいう「ライバル」という言葉の意味は、実際にそのキーワードで上位(1位~10位)を取っている他の人のサイトということです。

 

「ライバルが少ない」という言葉の意味は、「強いライバルが少ない」ということです。

 

SEO(検索エンジン対策)があまりされていないライバルが上位に多いキーワードは狙い目です。

 

キーワードの検索意図の意味

 

キーワードを選んで記事を書くときには、「検索意図」というものを考えます。

 

検索意図とは、「どうしてそのキーワードで検索をするのか」というユーザーの意図を意味します。

 

この検索意図の答えとなる記事を検索エンジンは評価をします。

 

ターゲットを明確にする意味

 

良い記事を書くためには、先程説明をした「検索意図」と「ターゲット」を明確にします。

 

今から書く記事が「どんなことを知りたい人に向けての記事なのか」を明確にしておくことで趣旨のはっきりとした記事ができます。

 

ターゲットが知りたい情報をしっかりと伝え、不必要な情報は書かないことがコツです。

 

関連キーワードをピックアップする意味

 

記事で狙うキーワードは、関連キーワードから考えます。

 

たとえばあなたのサイトで「温泉旅行」をアフィリエイトしている場合、温泉旅行の関連キーワードについてそれぞれ記事を書いていきます

 

関連キーワードについて記事を増やしていくと、そのジャンルの多くのニーズを網羅できるので検索エンジンからの評価が高まるのです。

 

複合キーワード(ロングテール)の意味

 

たとえば「温泉旅行 夫婦 おすすめ」など、いくつかの単語で構成されたキーワードのことを「複合キーワード」と言います。

 

またはロングテールとも言います。

 

こうした複合キーワード(ロングテール)は、一つの単語だけのキーワードよりもライバルが少なかったり弱かったりするので、最初は複合キーワードを中心に狙っていきます。

 

キーワードずらしの意味

 

SEO(検索エンジン対策)の方法の中に「キーワードずらし」という言葉があります。

 

この意味は、同じようなキーワードだとしてもキーワードを少しだけ変えるとライバルが減ったり弱くなったりするということです。

 

たとえば「温泉旅行」というキーワードだと、大手の旅行サイトばかりがライバルに出てくるけど、「温泉旅行 岐阜県 夫婦 週末」などのキーワードならライバルが減る、といった感じです。

 

キーワードリストを作る意味

 

私の場合はキーワードリストというものを作っています。

 

たとえば「記事で狙ったキーワード」「その記事のURL」「その記事で紹介をした案件」をスプレッドシートなどにまとめておくのです。

 

この意味は、あとでメンテナンスをしやすいことがあります。たとえば「このキーワードで書いた記事はどれだっけ」ということをすぐに探せるのです。

 

メインキーワードの意味

 

「サイトを作ったらまずはメインキーワードを考えましょう」とよく言われます。

 

メインキーワードとは、先程お伝えした複合キーワード(ロングテール)の軸となるキーワードです。

 

ここまでに書いた例でいくなら「温泉旅行」がメインキーワードです。

 

 

キーワードの種類

キーワードの種類

 

商品の購買につながりやすいキーワードには大きくわけて3種類あると思います。

 

1つは、おすすめの情報を教えるキーワードです。

 

2つめは、やり方を教えるキーワードです。

 

3つめが、商品に関してのキーワードです。

 

おすすめの情報

 

おすすめの情報を検索する人が使いそうなキーワードは購買につながります。

 

そのキーワードについておすすめの情報を調べているのなら、商品を買うつもりもありそうですね。

 

はじめから購買意欲を持ったユーザーを集めることは、アフィリエイトで稼ぐ近道です。

 

やり方を教える

 

やり方を調べる人が検索しそうなキーワードは、ユーザーの悩みがはっきとしているので記事も書きやすいですし、ユーザーが悩みを自覚しているからこそ調べているので購買につながります。

 

商品というのは、ユーザーが解決したいことを助けるためにあるのです。

 

ですから、ユーザーが自分の解決するべき問題を把握しているようなキーワードは購買につながります。

 

商品に関するキーワード

 

当然、商品に関するキーワードは購買につながります。

 

特に、商品名で検索をするような人はすでにその商品のことを知っていて、その情報を調べているわけですからかなり購買意欲が高いです。

 

商品に関するキーワードの中でも、ネガティブなキーワードの場合は、不安要素を消してあげるような記事が書けると良いです。

 

 

記事の中でキーワードを使う意味

記事の中でキーワードを使う意味

 

キーワードを選んだら、記事の本文で最低1回はそのキーワードを使いましょう。

 

もちろん2回より多くても構いません。自然な形であればそのキーワードを使ったほうが良いです。

 

また、記事タイトルにもキーワードをすべて入れましょう。

 

何の記事なのか

 

そのキーワードについての記事なのに、その言葉が一度も出てこないのは不自然ですよね。

 

キーワードを意識して記事を書けば、何の記事なのかが明確です。

 

それはユーザーが読みやすい記事であり、そうした記事を検索エンジンも評価をします。

 

アクセスが増えない記事とは

 

逆に、記事の趣旨がない場合は検索エンジンに評価をしてもらえないことが多いです。

 

検索エンジンの評価を受けなければ、せっかく書いた記事にアクセスが来ません。

 

ですから、記事を書く前にはその記事で狙うキーワードをしっかり設定することが大切なのです。

 

 

キーワード選定に役立つ3つのツール

キーワード選定に役立つ3つのツール

 

最後に、キーワード選定に役立つツールやサイトを紹介します。

 

キーワード選定の作業はアフィリエイトでとても大切な意味がありますが、同時にとても時間がかかります。

 

そこで、データ集めなどの作業はツールに動いてもらったほうが早いのです。

 

サーチコンソール

 

まずはGoogleが提供している無料のアクセス解析ツールである、サーチコンソールを入れてみましょう。

 

Googleのアカウントがあれば使えます。

 

検索クエリや表示回数、平均検索順位などを調べられます。

 

サーチコンソールで得られたデータをもとに、新しいキーワードも選べますし、メンテナンスを入れる記事も決められます。

 

コンテンツスカウターZ

 

関連キーワードのピックアップや、ライバルサイトのチェックにとても役立つのがコンテンツスカウターZです。

 

弊社でも実際に長く使っています。

 

月額2,980円で使えますので、予算がある方はぜひ一度使ってみてください。

 

はてなキーワード

 

はてなキーワードを見ると、話題のキーワードを見つけられます。

 

通常のSEOと合わせて、話題のキーワードも入れながら記事を作れば、一気にアクセスアップをすることがあります。

 

はてなキーワードは無料で使えますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトにおけるキーワード選定やSEOについてのさまざまな意味を解説しました。

 

言葉も覚えながら、作業の意味もしっかり理解をしましょう。

 

その作業を何のためにやるのかがわかれば、やりがいを持って進められます。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトにおけるペラサイトの使い方とキーワードの考え方

アフィリエイトにおけるペラサイトの使い方とキーワードの考え方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトを勉強していると、「ペラサイト」という言葉を聞いたことがあると思います。

 

ペラサイトとは、他の記事などへのリンクがない、たった1ページのみのサイトのことです。

 

このペラサイトの考え方や使い方と、ペラサイトのキーワードについて解説をします。

 

 

ペラサイトとは

ペラサイトとは

 

ペラサイトとは、他の記事へのリンクなどを用意していない「たった1ページのみのサイト」です。

 

ランディングページとも言います。

 

他の記事へのリンクがないため、アクセスしてきた人の選択肢が「買うか買わないか」の二択になるため成約率(CVR)が高くなる狙いがあります。

 

1ページのみのサイト

 

あなたも、インターネットの通販などで縦に長いページを見たことがあるのではないでしょうか。

 

そうした1枚のページのみで作られたサイトをペラサイトと言います。

 

インターネットマーケティングとしてはランディングページと言うことが多いです。

 

成約率が高い

 

ペラサイトには、他の記事へのリンクがありません。

 

普通のホームページやブログやメディアの形式のサイトは、このサイトのように他の記事へのリンクも用意されています。

 

しかし、ペラサイトは他の記事へのリンクを用意しないことで、「商品を買うか買わないか」だけに焦点をしぼることができるので成約率(CVR)を高められるのです。

 

ポイントは構成

 

ペラサイトがSEO(検索結果で上位表示を取る対策)でも上位表示できることもありますが、基本的には難しい傾向にあります。

 

したがって、SEOサイトからペラサイトにアクセスを誘導する使い方が望ましいです。

 

ペラサイトにおいて大切なのはSEOでアクセスを集めるキーワード選定よりも、ペラサイトに書く文章の構成です。

 

 

ペラサイトだけで稼げるのか

ペラサイトだけで稼げるのか

 

結論から言うと、ペラサイトだけで稼ぎ続けるのは難しいです。

 

もちろん、成果を出すことは可能です。しかし、ペラサイトだけで収益を安定して伸ばすのは難しいと言えます。

 

ペラサイトそのものがアクセスを集めるのに適した形ではないので、SEOサイトからペラサイトにアクセスを送る戦略がおすすめです。

 

ペラサイトで稼ぐ方法

 

「たった1ページのみのサイトで稼ぐ方法」というと、とてもかんたんそうですが、実際にはペラサイトで稼ぐ方法というのはペラサイトを大量に量産する方法です。

 

昔はペラサイトも上位表示が取りやすかったのですが、現在はコンテンツの数や質が整ったサイトが上位を占めているので、ペラサイトを量産する労力があるのなら、SEOサイトを育てて1枚のペラサイトにアクセスを誘導したほうが効率的です。

 

ペラサイトだからかんたんにできそうというのは間違った考え方です。

 

ペラサイトだけで稼ぐデメリット

 

運良くペラサイトで上位を取れることもあります。

 

すると、たった1枚のページから収益が出るので、そこだけを見るとお手軽に報酬を得ることができそうです。

 

しかし、今はコンテンツSEOの時代なので、良質な記事をたくさん用意しているサイトにペラサイトは負けやすいです。

 

SEOサイトを育てているのなら、まさにサイト全体を育てられますが、ペラサイトだけで稼ごうとすると順位を抜かされたときになかなか対策が取れません。

 

 

ペラサイトの作り方

ペラサイトの作り方

 

SEOサイトからペラサイトにアクセスを誘導する戦略を取ったほうが良いということはわかりましたよね。

 

その上で、ペラサイトを作るポイントについて解説をします。

 

ペラサイトの目的は「商品を買ってもらう」ということだけです。

 

売る商品を決めよう

 

ペラサイトの目的は商品を買ってもらうということだけです。

 

したがって、ペラサイトを作り始める前に、そのペラサイトでどの商品をオファーするのかを決めます。

 

ランキング形式のペラサイトもありますが、成約率を高めるのなら1つのペラサイトに対して1つの商品をオファーした方が良いです。

 

ドメインとサーバーを用意しよう

 

ペラサイトは、ランディングページ用のテンプレートなどを使えば作れます。

 

レンタルサーバー、独自ドメイン、ランディングページ用のテンプレートがあれば作れます。

 

テンプレートがあれば基本のデザインはきれいにできますので、サイトをつくる知識がない人でも安心です。

 

まずはライティングを準備しよう

 

ペラサイトを実際に作る前に、テキストベースで文章を先に考えてしまいましょう。

 

アフィリエイトの場合は、商品の販売ページをしっかり読めば訴求するべきポイントがわかります。

 

ただし、販売ページのコピーではなく、「購入者の立場で見たときに、なぜその商品が良いのか」ということを意識して文章を作ります。

 

問題提起と答え

 

ペラサイトの文章の基本は「問題提起と答え」です。

 

まずは問題提起をします。「こんな悩みはありませんか」とか「こんな人にぴったりです」という訴求をあなたも見たことがあるでしょう。

 

その問題提起に対して、見出し5個~7個くらいを使い「解決策」を提示していきます。

 

ファーストビューの訴求

 

ページにアクセスして一度もスクロールせずに見える部分をファーストビューと言います。

 

このファーストビューの訴求はとても大切です。

 

見込み客が「自分に必要な情報だ」と感じるようなキャッチコピーを考えましょう。

 

ページ全体の見やすさ

 

文章ができたら、実際にペラサイトを作っていきます。

 

一度作ってみたら、ページ全体をお客さまの視点でながめてみてください。

 

文字ばかりで読みづらくないか。色合いはイメージと合っているか。表示スピードは遅すぎないか。などをチェックします。

 

申し込みボタンは反対色で大きく

 

何度も言いますが、ペラサイトの目的は「商品を買ってもらうこと」ただ一つです。

 

申し込みボタン(アフィリエイトリンクに誘導するボタン)はページ全体のテーマカラーの反対色を使って目立たせます。赤、金、緑、青などが一般的です。

 

また「ここをクリックすれば詳細が見られるんだな」とわかりやすいように、ボタンのサイズは大きく表示をします。

 

スマホでもチェックをしよう

 

今はスマホユーザーがとても多いです。

 

したがって、スマホで見やすいサイトにすることは絶対的な条件とも言えます。

 

検索エンジンもスマホで見やすいサイトを評価しますので、完成したペラサイトをスマホでも必ずチェックしましょう。

 

 

ペラサイトの効果的な使い方

ペラサイトの効果的な使い方

 

ここまでに説明をしたように、ペラサイトだけで稼ぐ方法はあまりおすすめできません。

 

しかし、SEOサイトからペラサイトに誘導をして、ペラサイトで高い確率で商品を売る戦略は効果的です。

 

アクセスはSEOサイトで集め、報酬はペラサイトで出すということをイメージしましょう。

 

商品を売るための専用ページ

 

あとで少し工夫を書きますが、そこまでペラサイトでSEO(検索エンジン対策)を意識しなくて良いです。

 

ペラサイトへのアクセスはSEOを意識しているサイトから集めれば良いので、ペラサイトでは商品を売ることに集中をしましょう。

 

先程説明をしたようなコピーライティングを学ぶと、より成約率の高いページが完成します。

 

SEOサイトからリンクを送ろう

 

ペラサイトとは別に、SEOをしっかり行うサイトを作ります。

 

ペラサイトへのアクセスは、SEOからアクセスを集めているサイトから誘導します。

 

トップページやサイドバー、グローバルナビ、記事の巻末などからペラサイトにリンクを送りましょう。

 

 

ペラサイトのキーワードの考え方

ペラサイトのキーワードの考え方

 

ペラサイトに直接アクセスを集めることを意識しすぎる戦略はおすすめではないと書きました。

 

しかし、中にはペラサイトが検索エンジンでヒットすることもあります。

 

それに集中する戦略はおすすめしませんが、ペラサイトが検索エンジンでヒットする可能性が上がる工夫も書いておきます。

 

商品名が基本

 

ペラサイトは商品を売るためのサイトです。

 

したがって、メタタグなどには商品名をキーワードとして入れましょう。

 

ターゲットが明確な場合には、ターゲットの悩みに関するキーワードを設定しても良いです。

 

見出しにニッチキーワード

 

ペラサイトの中に使う見出しには、ニッチキーワードを入れます。

 

ニッチキーワードは、メインキーワードの関連キーワードから選ぶと良いです。

 

できるだけ商品の購買につながるキーワードや、悩みに関するキーワードを選びます。

 

悩みに関するキーワードを入れる

 

特に、問題提起や解決策を提示する文章には、悩みに関するキーワードを入れると良いです。

 

商品の内容を説明する文章の付近では、商品名を軸にキーワードを設定しますが、問題提起や解決策を提示する文章の付近ではターゲットの悩みに関するキーワードを設定すると良いです。

 

文中や見出しに、キーワードをしっかり入れましょう。

 

 

見出し構成やキーワードを選ぶために

見出し構成やキーワードを選ぶために

 

どんなキーワードを見出しや文中に使えばよいのか、どんな見出し構成が良いのかなどはツールを使って調べられます。

 

コンテンツスカウターZというツールを使えば、上位表示ができているライバルの見出し構成やキーワードを抜き出せます。

 

ペラサイトではないライバルの記事からも、見出し構成をヒントにするとペラサイトでも上位を取れることがあります。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトにおけるペラサイトの使い方とキーワードの考え方を解説しました。

 

ペラサイトでも上位表示できることも稼げることもありますが、基本はSEOを意識しているサイトからペラサイトにアクセスを送る構造がおすすめです。

 

ペラサイトだけで稼ごうと思っても、結局は量産をする手法なので、同じ労力ならSEOサイトの記事を増やしてアクセスを獲得し、そこからペラサイトにアクセスを誘導した方が良いですね。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワード選定におけるライバルの強さの考え方

 

アフィリエイトのキーワード選定におけるライバルの強さの考え方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐためにはキーワード選定がとても大切です。

 

キーワード選定について学ぶと、「ライバルの強さ」という言葉をよく見かけます。

 

ライバルサイトが弱いキーワードを選んで記事を書くと、上位表示がしやすいのです。

 

この記事では、アフィリエイトで稼ぐ人のためにキーワードとライバルサイトの考え方について解説をします。

 

 

アフィリエイトで稼ぐためのポイント

アフィリエイトで稼ぐためのポイント

 

アフィリエイトで稼ぐためにはまず、ASPから自分のメディアで広告を掲載する案件を見つけます。

 

そして、その商品を紹介するページを作り、広告タグを貼ります。

 

あとは、そのページにアクセスを集めれば一定の確率で商品が売れてアフィリエイト報酬が発生するのです。

 

まずは全体像を作ろう

 

まずはあなたのアフィリエイトの全体像を作ります。

 

標準的なものは、サイトを作ってそこにアクセスを集めるモデルです。

 

他にもSNSと連携をしたり、メルマガも合わせて行う方法があります。

 

もしあなたがこれからアフィリエイトを始めるのでしたら、まずはサイトを作りましょう

 

どこからアクセスを集めるか

 

実際に商品を紹介するページに対して、どこからアクセスを集めるかを考えます。

 

たとえば、サイトに商品を紹介しているページを作った場合、そこに対して検索エンジンからアクセスを集めたり、SNSからアクセスを集めたり、メルマガやLINEからアクセスを集める方法が考えられます。

 

検索エンジンからアクセスを集めるためには検索結果で上位に自分の記事を表示させる必要があります。

 

なぜSEOが大切なのか

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で日本語では「検索エンジン最適化」と言います。

 

検索エンジンからアクセスを集めるためには、自分のサイトを見込み客が検索するキーワードで検索したときに上位に表示をさせます。

 

そのための対策や活動のことをSEOと言います。

 

 

お宝キーワードの条件

お宝キーワードの条件

 

狙い目のキーワードのことを「お宝キーワード」と言います。

 

お宝キーワードの条件はいくつかあります。

 

たとえば、「購買につながるキーワード」であり「検索数がある程度ある」という条件に当てはまり、なおかつ「ライバルが弱いか少ない」という条件に当てはまるとお宝キーワードと言えます。

 

キーワードとは

 

そもそも「キーワード」とは何でしょうか。

 

キーワードとは検索キーワードのことです。

 

あなたも検索エンジンを使うときに、検索バーに言葉を入れて検索をしますよね。そのようにユーザーが検索バーに打ち込んで検索をかける言葉を「キーワード」と言います。

 

購買につながる

 

まず、第一の条件が購買につながるキーワードであることです。

 

アフィリエイトサイトにアクセスが来れば何でも良いわけではありません。

 

あなたが集めるべきアクセスとは、あなたがサイトで紹介している商品の見込み客のアクセスなのです。

 

検索数がある

 

次の条件が検索数があることです。

 

そもそも狙っているキーワードが検索エンジンで検索をされる回数が多いのなら、そのキーワードで上位表示ができたときに大きなアクセスアップが見込めます。

 

ただし、検索数が少ないからといって悲観する必要はありません。検索数が少ないとしても、そのキーワードが購買につながるキーワードであれば、少ないアクセスに対しての購入率は高いことが考えられるため報酬が発生します。

 

ライバルが弱いか少ない

 

とても大切なことなのですが、狙っているキーワードのライバルをしっかり調べてから記事を書くかどうかを判断しましょう。

 

ライバルがとても作り込まれたサイトだったり、大手企業のサイトだったりすれば、すぐに上位を取るのは難しいでしょう。

 

またそうした強いライバルが上位に多く存在するキーワードも避けたほうが良いです。

 

 

アフィリエイトのキーワードの考え方

アフィリエイトのキーワードの考え方

 

アフィリエイトのキーワードを選ぶコツとして、まずはサイトで紹介をする商品をASPからしっかり選ぶことです。

 

商品が決まっていれば、その商品のジャンルから考えてメインキーワードを一つに決めます。

 

そして、実際に一つずつの記事で狙うキーワードは、そのメインキーワードの関連キーワードから選びます。

 

商品からキーワードを逆算する

 

サイトで紹介するメインの商品が決まれば、その商品を欲しいと思う人はどんなキーワードで検索をするのかを考えます。

 

あなたがサイトに集めるべきアクセスとは、紹介している商品を欲しいと思ってくれるアクセスなので、先に商品を決めてからキーワードを考える方が効率的です。

 

たとえば、会計用のソフトをアフィリエイトするのであれば、「確定申告」「記帳」「帳簿」などのキーワードが良いかもしれません。

 

記事ごとにキーワードを選定する

 

上のようにメインキーワードを決めたら、その関連キーワードをピックアップします。

 

関連キーワードの探し方については、2つの方法があります。1つは、自分でメインキーワードで検索し、検索結果の下部に表示される「関連キーワード」からピックアップする方法です。もう1つはツールを使って関連キーワードを自動的に集める方法です。

 

関連キーワードの中でも購買につながる見込みのあるキーワードを選んで記事を書きます。

 

「ライバルが強いキーワード」とは

 

ライバルが強いキーワードとは、そのキーワードで検索したときに上位に表示されるライバルサイトが検索エンジン対策(SEO)をガッツリやっているキーワードのことです。

 

特にサイトを作って間もないときには、いきなり強いライバルの検索順位を抜かすことは難しいでしょう。

 

具体的には、大手企業のサイトや記事の作り込みがしっかりとしたサイトがライバルに多い場合には、そのキーワードはとりあえず避けたほうが良いです。

 

ライバルが強い場合はキーワードずらし

 

ライバルが強い場合には「キーワードずらし」という考え方を使いましょう。

 

たとえば「副業」と検索したときにライバルが強くても、「副業 やり方 はじめて」というキーワードならライバルが一気に減るということがあります。

 

このように、同じようなキーワードでも少しだけずらしてみるとライバルのレベルが下がることがあります。

 

 

ライバルが弱いキーワードの条件

ライバルが弱いキーワードの条件

 

では逆に、ライバルが弱いキーワードの条件はどんなものがあるでしょうか。

 

考え方としてはSEO対策をあまりやっていないのに上位表示ができているライバルが多いなら、そのキーワードはライバルが弱いと判断できます。

 

たとえば、記事タイトルにキーワードが入っていないのに上位に来ていたり、あまり作り込んでいない記事が上位に来ているのなら、そのキーワードはライバルが弱いと判断できます。

 

allintitleとintitleについて

 

allintitleとは、キーワードのすべてが記事タイトルに入っている状態のことです。

 

intitleとは、キーワードの一部が記事タイトルに入っている状態のことです。

 

ツールなどで調べたときに、allintitleのライバル数とintitleのライバル数の差が大きいキーワードはライバルが弱い可能性があります。

 

明らかにサイトの作り込みが甘い

 

「このキーワードはどうかな」と思ったら、そのキーワードで実際に検索をして1位から10位のライバルサイトをチェックしてください。

 

ライバルサイトが弱いときには、パッと見て「あれ、こんなサイトでも上位を取れるのか」と思う場合があります。

 

記事数が少なかったり、記事そのものが簡素なのに上位を取れているライバルがいれば、そのキーワードはライバルが弱いと判断できます。

 

無料ブログが上位に来ている

 

基本的には無料ブログよりもwordpressのような自分のサーバーとドメインで管理しているサイトのほうが安定して上位を取れる傾向にあります。

 

したがって、検討しているキーワードで検索をしたときに無料ブログが上位に来ているのなら、そのキーワードはライバルが弱いと考えても良いです。

 

もちろん無料ブログでも上位表示できる場合もありますが、平均的に考えるとwordpressのような自分のサーバーとドメインで管理しているサイトのほうが上位表示をしやすいのです。

 

Q&Aサイトが上位に来ている

 

Q&Aサイトが上位に来ている場合も、ライバルが弱いと考えて良い場合が多いです。

 

これも100%ではありませんが、Q&Aサイトはしっかりとした記事を作れば比較的かんたんに順位を抜かせます。

 

もし狙っているキーワードで検索をしたときにQ&Aサイトが上位に来ていたら狙い目かもしれません。

 

 

避けたほうが良いライバルとは

避けたほうが良いライバルとは

 

大手企業のサイトが上位に並んでいたら、そのキーワードで上位を取るのは難しいです。

 

また、アフィリエイトやアドセンスをやっているサイトが上位に多い場合も、少し難しいことがあります。

 

大手企業のサイトや収益の仕組みがあるサイトは、SEOをしっかりとやっていることがほとんどなので、特にサイトを作りたての頃は、そうしたキーワードは避けたほうが良いでしょう。

 

 

ライバルチェックのやり方

ライバルチェックのやり方

 

ライバルチェックのやり方は2つありますが、2つともやるのが望ましいです。

 

1つは、ツールを使ってライバルサイトのデータを集めて判断をする方法です。

 

もう1つは、この記事で紹介したように実際に検索をして目視で判断をする方法です。

 

 

強いライバルから学ぶ記事の書き方

強いライバルから学ぶ記事の書き方

 

特に初めの頃は、どんなライバルも自分よりは強そうに見えると思います。

 

しかし、ライバルを見ると「どんな記事を書けばこのキーワードで上位が取れそうか」がわかります。

 

それはライバルの見出し構成を見ることです。上位に来ているライバルの記事の見出し構成は検索エンジンに評価をされているからこそ、上位に来ているわけです。

 

ですから、記事を書く前にはライバルの見出し構成を参考に、そのキーワードで調べる人の意図に、より答えられる記事を作るように心がけると上位表示を取りやすいです。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードにおけるライバルの考え方を解説しました。

 

どんなキーワードにもライバルはいます。

 

ただし、そのライバルの数やレベルはキーワードによって違うので、最初はライバルが弱いか少ないキーワードを選んで記事を書くと良いです。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードの見つけ方のコツとメンテナンスについて

アフィリエイトのキーワードの見つけ方のコツとメンテナンスについて

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐために、キーワードを見つけることがとても大切です。

 

稼げるキーワードとは、購買につながるキーワードでライバルが少なく検索ボリュームが多いキーワードです。

 

この記事ではキーワードに対しての基本的な考え方と見つけ方、そして記事を書いたり記事のメンテナンスをするときの注意点について解説をします。

 

 

アフィリエイトとキーワード

アフィリエイトの仕組み

 

アフィリエイトとは、インターネットを使って行う広告業です。

 

個人でもパソコンやスマホを使って取り組めるので、人気の副業です。

 

そのまま独立してプロとして食べていく人もいます。

 

正しいやり方を学んで、継続して取り組めば、アフィリエイトは結果を出せるビジネスです。

 

キーワードとは

 

アフィリエイトについて学ぶと、「キーワード」という言葉をよく見るでしょう。

 

キーワードとは検索キーワードのことです。

 

あなたがこれから書く記事が、どんなキーワードで検索をしたときに検索結果で上位表示させたいのかということを記事を書く前にしっかりと決めることがコツです。

 

ビッグキーワードとは

 

キーワードの中でも、検索数が多いキーワードをビッグキーワードと言います。

 

ビッグキーワードを狙うメリットは、もし上位表示ができればそれだけで多くのアクセスを見込めることです。

 

デメリットとしては、ライバルも強いことが多いため、かんたんには上位表示を獲れないことが挙げられます。

 

スモールキーワードとは

 

スモールキーワードとは、検索数の少ないキーワードのことです。

 

デメリットとしては、検索数が少ないので仮に上位表示ができても、それだけでは多くのアクセスを見込めないことです。

 

ただし、購買につながるキーワードであれば、少ないアクセスでもコンバージョン率は高いことがあります。

 

ビッグキーワードに比べるとライバルが少なかったり弱いことが多いのもメリットです。

 

どんな記事が上位表示をできるのか

 

検索エンジンは、検索ユーザーが知りたい情報を検索結果として返そうとしています。

 

すなわち、「そのキーワードで検索をする人は何が知りたくて検索をするのか」という視点に立ち、その答えとなる記事を作ることで上位表示が取れます。

 

サイトの記事数が少ないうちはなかなか上位表示をされませんが、優良な記事を増やしていくとそれまでに書いた記事も上位表示を取れるのです。

 

 

アフィリエイトのキーワードの見つけ方

アフィリエイトのキーワードの見つけ方

 

アフィリエイトで稼ぐためにキーワードの見つけ方をしっかりと覚えましょう。

 

まず、メインキーワードを決め、その関連キーワードをたくさんピックアップすることから始まります。

 

その中から購買につながるキーワードを見つけるのが原則です。

 

メインキーワードを見つける

 

メインキーワードはもっとも売りたい商品から判断をします。

 

たとえば、あなたのサイトでもっとも売りたい商品が「英会話の教材」なのでしたら、「英会話」や「英語学習」などがメインキーワードです。

 

メインキーワードはとりあえず一つに決めます。

 

集客用のキーワードとは

 

検索結果にはサイトのトップページではなく、一つずつの記事が表示されることが多いです。

 

したがって、メインキーワードの関連キーワードを見つけ、その関連キーワードに対して記事を増やします。

 

たとえば「英会話」というメインキーワードに対して「英会話 上達 方法」や「英会話 レッスン おすすめ」という関連キーワードがあるのなら、それぞれに対して記事を書くのです。

 

複合キーワードがおすすめ

 

最初は複合キーワードから狙いましょう。

 

複合キーワードとは2語や3語で構成されたキーワードです。ニッチキーワードと呼ぶ場合もあります。

 

複合キーワードの方がライバルが弱かったり少ない場合が多いので、最初は複合キーワードで着実に上位表示を取っていきます。

 

自分で探す

キーワードを自分で見つける

 

検索エンジンの検索結果の下には、関連キーワードが表示されています。

 

ここから自分でメインキーワードの関連キーワードを見つける方法もあります。

 

ただし、これはかなり時間と労力が必要なので、ツールを使ってキーワードを見つけるのがおすすめです。

 

ツールで探す

 

キーワードを見つけるツールを使ってしまえば、関連キーワードのピックアップもライバルサイトの情報も自動的に見つけてくれます。

 

毎月の予算が3,000円ほどあるのでしたら、ツールにキーワードの解析をさせたほうが良いでしょう。

 

ピックアップできる情報量も多いですし、ツールが動いている時間で別の作業もできます。

 

商品名

 

キーワードの見つけ方とは少し違いますが、アフィリエイトをする商品の商品名をそのままキーワードにするのも良いです。

 

ただし、メインキーワードにするのはおすすめではありません。

 

見込み客の中には商品名を知らないお客様の方が多いので、あくまで一つの記事のキーワードとして商品名をキーワードに設定すると考えてください。

 

ライバルが弱いキーワードの見つけ方

 

ライバルが弱いキーワードの見つけ方は、まさにライバルを見てしまうのが早いです。

 

たとえば、ライバルサイトがアフィリエイトをしているサイトが多かったり、大手の企業サイトが多かったら、ライバルは強いと判断ができます。

 

逆に、ライバルサイトが個人のブログやあまり作り込まれていないサイトが多ければライバルは弱いと判断ができます。

 

ツールならライバルの調査もデータにもとづいてできます。

 

商品を決めてキーワードを見つける

 

全体的な流れとしては、アフィリエイトをする商品を先に決めたほうがキーワードを見つけやすいです。

 

サイトでいくつかの商品をアフィリエイトするとしても、「もっとも売りたい商品はどれか」ということは決めておきましょう。

 

もっとも売りたい商品が決まっていれば、その属性からキーワードを見つける基準ができます。

 

キーワードのリストを作ろう

 

ピックアップした関連キーワードや、その記事のURLなどをスプレッドシートなどにまとめると管理が便利です。

 

たとえば、上位に表示されはじめたキーワードがあったときに、「どの記事だっけ」ということをすぐに調べられるようにしておくと管理が便利ですね。

 

私の場合は、「キーワード」「記事のURL」「記事で紹介した案件」をスプレッドシートで一覧にしています。

 

検索ボリュームの考え方

 

キーワードの見つけ方に対しての考えは人によって少し違うことがあります。

 

特に検索ボリュームについては意見のわかれるところです。

 

当然、検索ボリュームが多いほうが上位表示をしたときに多くのアクセスを見込めますが、検索ボリュームが少なくてもそのキーワードが購買につながるキーワードなのであればアクセスに対しての成約率は高いので報酬が発生します。

 

 

キーワードを見つけるためのツール

キーワードを見つけるためのツール

 

キーワードを見つけたり、そのキーワードのライバルのデータを集めるのに便利なツールがあります。

 

コンテンツスカウターZというツールです。

 

関連キーワードのピックアップやライバルサイトのSEOについてのデータを自動的に集めてくれます。

 

 

キーワードを見つけたらやること

キーワードを見つけたらやること

 

アフィリエイトの作業はキーワードを見つけることだけではありません。

 

キーワードを見つけたら記事を書きましょう。ここから記事の書き方についてもアドバイスをします。

 

記事を書く前に、そのキーワードの検索意図を考えて記事の構成を作ってしまうとらくです。

 

検索意図とは

 

ユーザーが検索をするときには、必ず意図があります。

 

たとえば「アフィリエイト 記事 書き方」と調べる人であれば「アフィリエイトの記事の書き方を知りたいな」という意図があるのです。

 

こうしたキーワードに対しての検索意図をしっかりと書き出しておくと、良い記事が書きやすいです。

 

ターゲットに対して記事を書く

 

検索意図をしっかり書き出すと、記事のターゲットが明確ですよね。

 

検索エンジンも「どんな悩みを解決できる情報なのか」ということをすごくチェックして順位を決めます。

 

ですから、検索意図を書き出し、記事のターゲットを明確にして、そのターゲットが知りたい情報をまとめましょう。

 

記事を書く

 

記事を書く前にもう1つ準備をしてほしいことがあります。

 

それが見出し構成です。

 

これから書く記事で狙うキーワードで実際に検索をして、ライバルの見出し構成を参考に、よりわかりやすい自分の記事の見出し構成を先に作りましょう。

 

構成が決まってしまえば、あとは文章を埋めるだけです。

 

次のキーワードもどんどん見つけよう

 

最初のうちは、1つ記事を書くとほっとすると思います。

 

しかし、アフィリエイトで大きな成果を上げるのであれば記事はどんどん書きましょう。

 

記事で狙うキーワードを見つける作業は、ある程度まとめてやっておくのがおすすめです。

 

記事はメンテナンスをしよう

 

一度書いた記事であっても、少し時間がたつと順位が変わることがあります。

 

サイトが育ってドメインの評価が上がったときや、Googleのアルゴリズムのアップデートがあったときには順位が変わりやすいです。

 

検索結果で11位~20位に来ている記事は、もう少しそのキーワードで補強をすると検索結果で10位以内に上がることがあります。

 

メンテナンスするときに役に立つツール

 

Search ConsoleというGoogleが提供している無料のアクセス解析ツールがあります。

 

Search Consoleを入れておくと、検索クエリや平均の検索順位がわかります。

 

どの記事をメンテナンスすれば良いのかを判断するときにとても役に立ちます。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードの見つけ方について基本的な考え方とポイントを解説しました。

 

また後半では、キーワードを見つけたあとの作業についてアドバイスをまとめました。

 

コツを覚えてしまえばアフィリエイトの作業はシンプルです。ぜひあなたも取り組んでみてください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードの探し方についてのシンプルなまとめ

アフィリエイトのキーワードの探し方についてのシンプルなまとめ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

このサイトでは、キーワード選定のコツをたくさん解説してきました。

 

キーワードの探し方は覚えてしまえばかんたんです。

 

ですが、アフィリエイトで稼ぐためにはキーワード選定はとても大切な作業です。

 

そこでこの記事では、キーワードの探し方をシンプルにまとめたいと思います。

 

 

そもそもキーワードとは

そもそもキーワードとは

 

キーワードとは「検索キーワード」のことです。

 

あなたも、検索エンジンを使うときには検索バーにキーワードを入れて調べますよね。

 

ですから、あなたが検索エンジン対策(SEO)をするときも、「どんなキーワードで上位表示を狙うのか」を考えて記事を書く必要があります。

 

 

アフィリエイトのキーワードの探し方

アフィリエイトのキーワードの探し方

 

アフィリエイトでキーワードを探すことはとても大切な作業です。

 

キーワードの探し方がしっかりできていると、少ないアクセスのうちから成果が出ることもあります。

 

キーワードの探し方には、「自分で探す方法」と「ツールを使って探す方法」があります。

 

まず、メインキーワードを決める

 

キーワードを探す前に、まずはメインキーワードを決めましょう。

 

実際に記事を書くときに設定するキーワードは、メインキーワードの関連キーワードです。

 

アフィリエイトの場合は、ASPに登録をしてサイトで紹介したい案件を先に見つけるとメインキーワードが考えやすいです。

 

検索エンジンを使った探し方

検索エンジンを使った探し方

 

検索エンジンを使って、キーワードの候補を見つける探し方があります。

 

それはとてもかんたんで、メインキーワードで実際に検索をしてみると、検索結果の下部に上の図のように関連キーワードが出るので、その中から探すというやり方です。

 

あなたがアフィリエイトをする商品の見込み客が検索しそうなキーワードを探してください。

 

ツールを使った探し方

 

先程の検索エンジンを使って自分でキーワードを見つける探し方のデメリットは、時間と手間がかかるということです。

 

これはツールを使ってしまえば、一気に効率化できます。

 

ツールを使えば、あなたは労力をかけずにキーワードの候補を手に入れ、その中から購買につながるキーワードを探すだけで良いです。

 

商品名

 

探し方とは少し違う視点ですが、商品名をそのままキーワードに設定しても良いです。

 

ただし、これでは商品名を知っている人しか集客できないので、やはりメインキーワードの関連キーワードをピックアップする方法も行いましょう。

 

商品のレビューをする記事については商品名をそのままキーワードに設定しても良いでしょう。

 

 

稼げるキーワードの探し方

稼げるキーワードの探し方

 

キーワードの探し方の基本はここまでにお伝えしたとおりですが、その中でも稼げるキーワードに的を絞りましょう。

 

アフィリエイトで大切なのは「商品を買ってくれる可能性が高いアクセスを集めること」です。

 

そうしたアクセスを集めれば、少ないアクセス数でも商品が売れる確率(コンバージョン率)を上げられます。

 

商品のターゲットから考える

 

まず、ASPからあなたがアフィリエイトをする商品を決めます。

 

そのときに、商品のLPを見てください。つまり販売サイトのことです。

 

LPを見ると、その商品がどんな人に向けたものかがわかりやすいので、それをもとにここまでお伝えした関連キーワードの中からターゲットに当てはまるキーワードを探すのです。

 

関連キーワードをていねいに集める

 

したがって、前提としてはメインキーワードの関連キーワードをていねいに集めておくことです。

 

その中から商品のターゲットに当てはまるキーワードを探します。

 

先程書いたように、関連キーワードのピックアップはツールにまかせた方が早いです。

 

キーワードのリストを作ろう

 

ターゲットに当てはまるキーワードが探せたら、そのキーワードをスプレッドシートなどにまとめましょう。

 

一列目には「キーワード」、二列目に「記事のURL」、三列目に「記事で紹介している案件」を書いておくとあとで便利です。

 

アフィリエイトの場合は案件を取り替えたり、記事の補強をすることがあるので、「どの記事だっけ」というのが探せるようにしましょう。

 

 

まずはスモールキーワードを探す

まずはスモールキーワードを探す

 

そのキーワードが検索エンジンでどのくらい検索されているのかを示す数を「検索数」と言います。

 

検索数の多いキーワードをビッグキーワード、少ないキーワードをスモールキーワードと言います。

 

もちろんビッグキーワードで上位を獲れば大きなアクセスを見込めますが、ビッグキーワードで上位を獲るためにもまずはスモールキーワードで上位を獲っていき検索エンジンからの小さな評価を積み上げましょう。

 

検索数が少なくても稼げる理由

 

検索数が少ないスモールキーワードでも、実は稼げます。むしろ、そのほうが稼ぎやすいこともあります。

 

これは少し考え方のコツがあり、検索数が少ないキーワードだとしてもそのキーワードが「購買につながるキーワード」でしたらコンバージョン率(商品が売れる確率)は高いわけです。

 

ですから、検索数だけで判断をするのではなく、「ターゲットが検索しそうなキーワードを選ぶこと」がキーワードの探し方のコツなのです。

 

 

キーワードを探すためのツール

キーワードを探すためのツール

 

キーワードの探し方としてはツールを使ったほうが良いという話はここまでにもしました。

 

関連キーワードのピックアップやライバルサイトのチェックをするなら「コンテンツスカウターZ」というツールがかなりおすすめです。

 

すでに書いた記事がどんなキーワードで評価を受けているのかを探すなら、Search Consoleというツールがおすすめです。

 

コンテンツスカウターZ

 

コンテンツスカウターZは、SEO(検索エンジン対策)をするためにとても役に立つツールです。

 

関連キーワードを一気に抜き出してくれたり、各キーワードのライバルサイトのチェックまでやってくれます。

 

キーワードを探すためにも使えるし、そのあとに記事を書くときにも「どんな構成でどんな言葉を使えば良いのか」などもコンテンツスカウターZが集めてくれるデータを見るとわかります。

 

Search Console

 

Search ConsoleはGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。

 

弊社も使いまくっています。Googleのアカウントがあれば無料で使えます。

 

Search Consoleを入れると、「インデックス(検索結果に出ること)されている記事が、どんなキーワードで何位くらいにいるのか」がわかります。特に11位から20位にいるキーワードで上がっている記事は、補強をすると順位がさらに上がりやすいです。

 

 

自分がやりたいジャンルで稼ごう

自分がやりたいジャンルで稼ぐ

 

弊社のコンサルティングでは、「自分らしい成功をする人を育てること」を大切にしています。

 

今はASPにも幅広いジャンルの案件があるので、あなたがやりたいジャンルで活動をすることが良いです。

 

興味のないジャンルに取り組むのはつらいですが、興味ややりがいを持てるジャンルなら楽しみながら成功に向かえます。

 

 

最後に

 

この記事は、アフィリエイトのキーワードの探し方についてシンプルにまとめた記事です。

 

記事の書き方などは、別の詳しい記事を用意しています。

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

稼げるキーワードを探して、記事を増やすことでアフィリエイトは成果が出るので、コツコツと進めていきましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

メールマガジンの登録



*メールアドレス