アフィリエイトのキーワードが決まったらアソシエイトをやってみよう

アフィリエイトのキーワードが決まったらアソシエイトをやってみよう

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトでメインキーワードを選定したら、サイトを作っていきます。

 

初心者にとって「早く成果を上げたいな」という感情はつきものです。

 

アフィリエイトの初心者でも取り組みやすいのがAmazonアソシエイトです。

 

 

Amazonアソシエイトの基本

Amazonアソシエイトの基本

 

Amazonのアソシエイトとは、Amazonの商品をアフィリエイトできる仕組みです。

 

もちろん無料で始めることができて、アフィリエイトの初心者が成果を上げるにはおすすめの方法の一つです。

 

Amazonには豊富な商品があるので、記事の内容に合わせて広告を貼ると良いでしょう。

 

アソシエイトとは

 

大手のECサイトとして世界的に有名なAmazonの商品をアフィリエイトできるサービスです。

 

Amazonのアカウントを作ればすぐに始められます。

 

仕組みとしては、あなたの広告から商品が売れた場合に【紹介利率】×【売上金額】の報酬が発生します。

 

アソシエイトの紹介利率

 

アソシエイトの紹介利率とは、商品の価格に対しての報酬の割合です。

 

カテゴリーごとに決められていて最大10%の紹介利率が付いています。

 

Amazonビデオ(レンタル・購入)などは紹介利率が高いので、おすすめのカテゴリーです。

 

アソシエイトのプログラム紹介料率表

 

アソシエイトの審査について

 

アソシエイトを行う手順としては、まずご自身がアフィリエイトをする媒体が必要です。

 

サイトを用意するのが一般的です。Twitterでも申請できます。

 

アソシエイトにはたくさんのカテゴリーがあり商品のラインアップは豊富ですが、検索エンジンからのアクセスアップを考えるとサイトのテーマやメインキーワードは特定のカテゴリーを考えておくと良いです。

 

アソシエイトの申込みの作業は数分で終わるくらいかんたんです。申請後に審査をしてもらい、結果が数日でメールで返ってきます。

 

審査に通るために、サイトの記事を最低でも10記事程度は用意しておきましょう。

サイトはwordpressで作ったほうが審査にとおりやすいです。これは無料ブログだと、無料ブログ側でアフィリエイトが禁止されていることがあるためです。

 

また普段から買い物をしているAmazonのアカウントがあれば、そのアカウントでアソシエイトの申請をしたほうが審査にとおりやすい例があるようです。

 

サイトのジャンルが過激なジャンルだと規約違反ですので、Amazonの商品を広告できるようなジャンルやキーワードを設定しましょう。

 

また、他のASPのサービスがサイトに貼られていると、審査に通らないことがあるようですので審査を受ける前にチェックをしてください。

 

紹介の報酬を受け取るには

 

アソシエイトで発生した報酬は、銀行振込でもらうか、Amazonギフト券でもらうかを選べます。

 

Amazonギフト券の場合は500円以上の紹介料がたまると取り換えてもらえます。

 

銀行振込の場合は5,000円以上の紹介料がたまると振り込んでもらえます。

 

支払い方法の変更は、アソシエイトのログイン後「アカウントの管理」→「お支払い/米国税務情報を変更」から行えます。

 

初心者におすすめ

 

Amazonには豊富な商品があるため、基本的に記事に合った商品を記事の中で紹介すれば売上が出るチャンスがあります。

 

商品が豊富な分、プログラムを探しやすいというのは初心者にとって取り組みやすいでしょう。

 

しかし、より成約率を高めるためにもサイトのテーマや上位表示を狙うキーワードはしっかり選定をしたほうが良いです。

 

 

アソシエイトのやり方

アソシエイトのやり方

 

アソシエイトの申請がとおれば、そこからはかんたんです。

 

アソシエイト側でやるべきことは、アソシエイトにログインしてキーワードなどで商品を検索し、広告を取り出してメディアに貼るだけです。

 

あとは運営しているサイトについてはキーワード選定をしながら記事を増やしていけばOKです。

 

キーワードからプログラムを検索する

 

アソシエイトにログインすると検索バーがあるので、そこにキーワードなどを入力することでプログラム(商品)を検索できます。

 

たとえば「マーケティング」に関する書籍を探したければ、アソシエイトの検索バーに「マーケティング」というキーワードを入れて検索をすると該当する商品が出てきます。

 

書籍だけでなく、たとえば「冷蔵庫」と検索をすればAmazonにある冷蔵庫が見つかります。

 

商品リンク

 

アソシエイトでキーワードを入れて検索をすると商品が見つかります。

 

商品の横に「リンク作成」というボタンがありますので、そこをクリックするとあなたのサイトなどに貼り付けるリンクが取り出せます。

 

商品リンクの種類も「テキストと画像」「テキストのみ」「画像のみ」「ウィジェットに追加」と豊富に用意されています。

 

アソシエイト・ツールバー

 

アソシエイト・ツールバーは、Amazonのページから直接アソシエイトリンクをつくれるツールです。

 

Amazonのページを見ながら、素早くFacebookやTwitterにシェアできますので、初心者さんにとっても便利です。

 

アソシエイト・ツールバーは、アソシエイトにログインして「ツール」→「アソシエイト・ツールバー」→「アソシエイト・ツールバーの設定」のページから設定できます。

 

 

最後に

 

この記事では、初心者さんにもおすすめなアフィリエイトの仕組みとしてアソシエイトをご紹介しました。

 

しっかり報酬を出すために、何となくサイトやSNSに広告を貼るだけでなく、「どんなキーワードを調べたユーザーのアクセスを集めるのか」などを意識しながらメディアを育てましょう。

 

ターゲットは絞り込んで情報発信をしたほうが成約率が高いので、意識してみてくださいね。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのテーマやキーワードは日常生活の中から考えられる

アフィリエイトのテーマやキーワードは日常生活の中から考えられる

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

自分らしく成功するためには、自分が得意なことをビジネスのテーマに設定したほうが良いでしょう。

 

アフィリエイトをする場合にも、自分らしいテーマに合わせたサイトを作って、上位表示を狙ったキーワードからアクセスを集めて成功してほしいと思っています。

 

日常生活の中からアフィリエイトのテーマや、上位表示を狙うキーワードを考えるコツを教えます。

 

 

アフィリエイトはまだ稼げるのか

アフィリエイトはまだ稼げるのか

 

矢野経済研究所の記事でも、アフィリエイトの市場規模はまだ伸びていることがわかります。

 

体感としてもアフィリエイトで稼いでいる人を数多く知っているのでまだまだアフィリエイトで稼げるといえるでしょう。

 

ただし、Googleの検索アルゴリズムのアップデートなどに代表されるように、時代に合わせた戦略を取り入れることが大切です。

 

アフィリエイトとアドセンス

 

アフィリエイトとよく比較をされるのがアドセンスです。

 

アフィリエイトが成果報酬型の広告であるのに対し、アドセンスはクリック報酬型の広告です。

 

考え方としてはまずASPに登録をして、自分が紹介したいプログラムを探してみます。もしもASPから紹介したいプログラムがどうしても見つからない場合にはアドセンスからの収益を考えると良いでしょう。

 

 

アフィリエイトで月100万を稼ぐ日常

アフィリエイトで月100万稼ぐ日常

 

アフィリエイトで月100万円を稼いでいる人は、あなたが思っているよりも多いと思います。

 

あなたはアフィリエイトで月100万円を稼いでいる人の日常ってどんなものだと思いますか?

 

短期間ではなく、長く収益を得られる人はアフィリエイトという仕事にやりがいを感じて継続して情報発信を続ける人が多いです。

 

最初は収入がうれしい

 

私も最初はアフィリエイト報酬が稼げることが楽しかったです。

 

最初の報酬は700円でしたが、その日のことを今でも覚えています。

 

そこから、月10万円、20万円、50万円、70万円と報酬が伸びていくのは最初は楽しいものです。

 

お金のモチベーションは続かない

 

「ハーズバーグの動機づけ・衛生理論」でも提唱されていることですが、人間はお金の満足度だけでは決して高い次元の喜びは得られません。

 

人間が仕事において高い次元の喜びを感じるのは「充実感」「達成感」などの精神的な満足感であって、お金のモチベーションは実は長くは続かないのです。

 

実際に私自身もそうでしたが、多くの成功者が収入が増えること自体の喜びはある時からなくなるということを言っています。

 

長く稼げる人の日常

 

やはり長く稼げる人の共通点は、仕事にやりがいを感じているということです。

 

生きるためではなく、楽しいから続けられるという感じです。

 

アフィリエイトという仕事においても、情報発信をして人の役に立てることにやりがいを感じていれば、稼いだ報酬に関係なく高いモチベーションを持ち続けられるので作業を継続できて、結果的に長い期間稼ぐことができるのです。

 

自分を成長させることが日常

 

また、長く稼げる人は自分を成長させることにやりがいを感じている人が多いです。

 

インターネットマーケティングは時代に合わせてやり方がどんどん変わりますし、一時期の実績に関係なく勉強を続けることが必要です。

 

ですから、常に自分を成長させていこうというモチベーションを持てたほうが長く成功できるのです。

 

喜ばせることが大切

 

アフィリエイトという仕事はパソコンと向き合って黙々とやるという感じなので、あまり「お客様」という存在を意識しない人が多いです。

 

しかし、アフィリエイトの本質はインターネットで情報発信をして、読者さんや視聴者さんに価値を提供した結果、アクセスが集まり報酬になるわけです。

 

ですから、日常的に「お客様を喜ばせるための仕事」という意識を持つことが大切です。

 

 

アフィリエイトで月100万を目指すなら

アフィリエイトで月100万を目指すなら

 

コンサルティングをしていても、「月100万円を稼げるようになりたいです」ということをよく言われます。

 

もちろん、月100万円という収入の目標は良い目標だと思います。

 

月100万円を目指すなら、健全な理解と気持ちを持って、ひたむきに情報発信を続けることが大切です。

 

「らくして」を間違えないこと

 

アフィリエイトやインターネットビジネスの業界では「らくして稼げますよ」という言葉をよく目にすると思います。

 

しかし、それはあくまで結果論です。

 

仕組みを作れば働いていない瞬間も売上が出るのはインターネットマーケティングの事実ではありますが、その仕組みを作ったり維持するための作業は必要なのです。

 

成功事例は常に調べる

 

インターネットマーケティングは「時代に関係なく共通する原理原則」と「時代に合わせて変えるべきやり方」の2つで成り立っています。

 

たとえば一年間で考えても、多くのやり方を変更することは日常的です。

 

そのため、常に最新の成功事例を調べたり学んだりするひたむきさは必要だといえます。

 

アフィリエイトだけがビジネスではない

 

月100万円を安定して稼ぎたいのであれば、アフィリエイトだけに焦点をしぼらなくても良いでしょう。

 

最初はアフィリエイトでも良いかもしれませんが、ご自分のサービスを作って販売できるようになれば収益のチャンスはさらに拡大します。

 

無理にアフィリエイトに固執するのではなく、さまざまな可能性を考えて活動をしましょう。

 

日常的にビジネスを楽しもう

 

当たり前ですが、アフィリエイトも仕事なので今後の人生で継続して取り組んだほうが成果が伸びます。

 

そのためにもアフィリエイトというビジネスを好きになっていただく必要があります。

 

ここまでに書いたように、ご自分の活動に対して「やりがい」「達成感」を感じられるようにテーマを選んだり、日常的に記録をつけたりするようにしましょう。

 

情報発信を楽しもう

 

インターネットの情報発信は、やればやるほどおもしろいです。

 

というのも、SEO(検索エンジン対策)もSNSもYouTubeも、最初はなかなかアクセスやフォロワー数や視聴数が増えないのですが、継続して情報発信をやっていると少しずつアクセスが増えていきます。

 

アクセスが伸び始めてからは、急速にメディアが育つことも多いので、初期のアクセスが少ない時期に挫折せずに継続して情報発信をすることが大切です。

 

疲れたら

 

もしもアフィリエイトというビジネスや情報発信の作業に疲れてしまったら、自分の理念を確認しましょう。

 

そのためにも「自分は、どんな人のどんな悩みを解決するためにビジネスをするのか」という理念を作っておきましょう。

 

モチベーションの根本がお金の目標だけだとどうしても挫折してしまうので、理念を作っておくことはとても大切なのです。

 

まずGoogleで検索をしてみよう

 

わからないことがあれば、まずはGoogleで調べてみましょう。

 

「成功例」や「やり方」などのキーワードで検索をする習慣を日常的につけていきましょう。

 

あなたに合った1対1のアドバイスは検索では得られませんが、だいたいの成功事例やツールの使い方などは検索エンジンでかなり調べることができます。

 

 

情報発信の基本

情報発信の基本

 

アフィリエイトで稼ぐために情報発信は欠かせません。

 

というより、アフィリエイトの本質は情報発信をしてアクセスを集めることです。

 

最初は慣れないと思いますが、やりながら成長すればOKです。ユーザーの役に立つ情報をコツコツと発信しましょう。

 

ユーザーが知りたいことを発信する

 

メディアのジャンルを決めたら、そのジャンルにおいてユーザーが知りたいことを発信することがポイントです。

 

情報発信の初心者はついつい自分の視点で記事を書いてしまいますが、本当に書くべき内容はユーザーが知りたいことです。

 

ライバルをチェックしたり、読者さんの反応をチェックしたり、アンケートを取ったりしながら、ユーザーに役立つ情報を発信しましょう。

 

サイトはwordpressで作ろう

 

アフィリエイトサイトはwordpressで作ることをおすすめします。

 

wordpressは世界中で使われているブログシステムです。

 

自分で契約をしたレンタルサーバーと独自ドメインで運営するので、広告が勝手に挿入される心配やアカウントが消される心配がありません。

 

メルマガやLINE公式アカウントも使おう

 

情報発信において、サイトやSNSのように「ユーザーがアクセスしてくるのを待つ媒体」のことを「プル型の媒体」と言います。

 

これに対してメルマガやLINE公式アカウントのように、こちらから読者さんに発信ができる媒体のことを「プッシュ型の媒体」と言います。

 

情報発信をより強化するためにもメルマガやLINE公式アカウント(旧LINE@)も取り入れていくと良いです。

 

情報発信しながら文章を書く練習を積む

 

はじめは文章を書くことに苦労する場合もあります。

 

そうしたとき、文章の訓練を積んでから情報発信を始めようと思うと時間がかかりすぎるので、情報発信をしながら文章を書く練習を積むことを意識してください。

 

はじめのうちは文章が下手でも構わないので、とにかく継続して発信をすることが大切だと覚えておきましょう。

 

 

サイトのテーマの決め方

サイトのテーマの決め方

 

アフィリエイトにおいてサイトは中心的な存在です。

 

アフィリエイトリンクのあるサイトにアクセスを増やすことでアフィリエイト報酬を稼げます。

 

まずはサイトのテーマをしっかり決めて、そのテーマの中でユーザーの役に立つ情報発信を日常的に行いましょう。

 

特定のテーマに特化した方が良い理由

 

サイトのアクセスは多くの場合、検索エンジンから集まります。

 

つまり検索エンジンで特定のキーワードで検索をしたときに、あなたのサイトが検索結果で上位表示されていればその分だけアクセスが集まりやすいです。

 

検索エンジンは「何のサイトなのか」というのが明確な方が評価をする傾向ですので、サイトのテーマをしっかり決めることが大切です。

 

自分の日常から決める

 

ここまでに説明したように、長く稼ぎたいのであれば情報発信を継続する必要があります。

 

そのためにも自分の日常から考えて、好きなことや得意なこと、説明できること、調べていてつらくないことなどをテーマに選ぶと良いです。

 

日常生活の中で、自分がどんなことに興味を持っているか、一度確認してみると良いでしょう。

 

得意なことは何か

 

今までのお仕事の経験や、人から「ありがとう」と言われた経験から考えて、自分が得意なことを探してみるのも良いです。

 

得意なことは続けやすいです。

 

また得意なことは仕事にすると成果が出る確率も高いので、得意なことからサイトのテーマを決めても良いでしょう。

 

ASPに登録をしよう

 

サイトのテーマが決まったら、ASPに登録をしてみましょう。

 

ASPとは「アフィリエイト・サービス・プロバイダー」の略で、かんたんに言うとアフィリエイトのプログラム(広告)を探したり取り出せるサービスのことです。

 

無料で登録ができて、報酬もASPから支払われます。

 

メインキーワードを考える

 

ASPから自分が紹介をしたいプログラムが決まったら、そのプログラムがどんな人の役に立つ商品なのかを考えてみてください。

 

そこから「そういうユーザーはどんな検索キーワードで検索をするか」ということを考えて書き出してみましょう。

 

サイトにアクセスを集めるには、何かのキーワードで上位表示をする必要がありますので、そのキーワードを考えるのです。

 

記事で狙うのは関連キーワード

 

メインキーワードが決まったら、その関連キーワードをピックアップしましょう。

 

1つずつの記事で上位表示を狙うのは、関連キーワードです。

 

たとえば「英会話」というメインキーワードに対して、「英会話 初心者」「英会話 上達」という関連キーワードがあるなら、それぞれの関連キーワードに対して1記事ずつ記事を書くのです。

 

関連キーワードを見つけるツール

 

関連キーワードを見つけたり、その関連キーワードに対してどういう記事を書くべきなのかを調べられるキーワード調査のシステムがあります。

 

SEOツールや、サジェストキーワードはうまく使いこなしましょう。

 

関連キーワードのピックアップは、自分の力でやるよりもシステムにまかせたほうが早い上に正確です。

 

 

日常から判断できるトレンドキーワード

日常から判断できるトレンドキーワード

 

トレンドキーワードとは、一時的にアクセスの増加が見込めるタイムリーなキーワードのことです。

 

たとえばニュースなどで話題になっているキーワードは検索数が急上昇します。

 

こうしたトレンドキーワードを見つけるために、日常的にキーワードを意識しながらテレビやニュースを見ると良いかもしれません。

 

多くの人が興味を持っていること

 

たとえばオリンピックやワールドカップなど、多くの人が興味を持っていることに関するキーワードはアクセスが急上昇する可能性もあります。

 

あるいは、クリスマスや夏休み、新生活、ハロウィンなど、毎年あるイベントも、定期的にアクセスが増える見込みがあります。

 

こうした多くの人が興味を持っていることや、それに関する検索キーワードを日常的にメモをしておくと良いです。

 

ニュースで話題になっているキーワード

 

芸能ニュースなどで話題になっているキーワードも検索数が上がります。

 

芸能ニュースだけでなく、災害などのキーワードも考えられるし、表彰された人や映画などに関するキーワードも考えられます。

 

日常生活の中で、「今、何が話題かな」ということは注目をすると良いです。

 

知名度があるキーワード

 

すでに知名度があるキーワードは、日常的に検索需要があるし、話題になればさらに急上昇します。

 

もし扱うプログラムの商品名がもともと知名度があるのなら、商品名をキーワードにして記事を書くと良いでしょう。

 

商品名をすでに知っている人は商品に興味を持っているので成約率が高い傾向です。

 

長期的に検索の需要はあるか

 

トレンドキーワードはアクセスが急上昇する可能性があるものの、ブームが過ぎてしまえばアクセスが減ることもあるというのがデメリットです。

 

ですから、トレンドキーワードの中でも長期的に検索の需要があったり、定期的に検索の需要が高まる見込みのあるものを狙うと良いです。

 

たとえば毎年あるイベントだったり、定期的に発生する話題であれば、次回以降に話題のときもアクセスを集めやすいでしょう。

 

ライバルの強さもチェックしよう

 

トレンドキーワードはメリットもありますが、大手のサイトもそうしたキーワードを狙っています。

 

ご自分が「このキーワードで記事を書こうかな」と思ったときには、必ずそのキーワードで一度検索をしてみてください。

 

検索結果に大手企業のサイトなどが多ければ、キーワードをずらして考えます。

 

たとえば「サッカー ワールドカップ」というキーワードでは大手のサイトが多いとしても、「サッカー ワールドカップ ルール 基本」というキーワードなら個人のブログでも上位が取れているということがあります。

 

これが「キーワードずらし」です。

 

トレンドキーワードはスピード勝負

 

トレンドキーワードを狙う場合はスピード勝負です。

 

話題のうちに記事を書いて検索エンジンに評価を受けないと、話題が過ぎてしまうからです。

 

ですからトレンドキーワードを狙う場合には日常的に話題のキーワードに注目をしてすぐに記事を書く意識を持つことが大切です。

 

まとめサイトはおすすめできない

 

他の人が書いたコンテンツ(記事や投稿など)をまとめて自分のサイトに掲載したものをまとめサイトと言います。

 

大型のサイトですでに有名なものはまだしも、これからそうしたまとめサイトを個人で作ってアクセスを集める戦略はきびしいと言えます。

 

検索エンジンはオリジナルコンテンツを優先的に上位表示しますので、しっかり自分で書いた記事を公開しましょう。

 

 

収益を大きくするために

収益を大きくするために

 

より収益を大きくするために、いくつかのコツを覚えましょう。

 

まず大前提なのがここまでに説明したように、継続して取り組むことです。

 

仕組み化していくことがある程度は手を放していても稼げますが、定期的にメンテナンスをしたり情報発信をすることは大切です。

 

Googleの動向

 

より大きな収益を狙うのなら知っておきたいのがGoogleの動きです。

 

Googleは定期的に検索エンジンの仕組みをアップデートします。

 

全体的な動きとしては「検索キーワードの検索意図を理解した上で、その答えにふさわしいオリジナルのコンテンツを上位表示する」というものなので、このポイントを意識して記事を書くことが上位表示への近道です。

 

Search Consoleを使おう

 

Search ConsoleはGoogleが提供している無料のアクセス解析ツールです。

 

Search Consoleを使えば、どんな検索クエリ(キーワード)で順位がついているのかをチェックできます。

 

またサイトの構造に直すべきポイントが発生した場合にはSearch ConsoleをとおしてGoogleが知らせてくれます。

 

11位から20位はメンテナンスをする

 

Search Consoleでチェックをしたときに、11位から20位に位置しているキーワードに関しては、そのキーワードで書いた記事をメンテナンスしましょう。

 

11位から20位まで検索順位が上がっていれば、そのキーワードをもっと記事の中で使ったり、あるいは検索意図に対してより詳しい解説をすることで10位以内に入る可能性があります。

 

このようなメンテナンスをするためにも、記事で狙ったキーワードとその記事のURLをスプレッドシートなどにまとめておくと便利です。

 

意図していないキーワードを見つけたら

 

Search Consoleをチェックしていると「え、こんなキーワードで順位がついている」と思うことがあります。

 

そうした意図していないキーワードで順位がついていたら、そのキーワードで新規に記事を書くと良いです。

 

ようは、そのキーワードでもあなたのサイトは評価を受けているということなので、そのキーワードでしっかり記事を書けば上位表示が取れる可能性があります。

 

内部リンクを増やそう

 

内部リンクとは、サイトの中のあるページから同じサイトの中の別のページへ送ったリンクのことです。

 

キーワードを探すためのツールならこちら

 

上のようなものが内部リンクと言います。

 

内部リンクが多いほうが検索エンジンが評価してくれる傾向が強いので、自分のサイトの記事において関連する記事へは内部リンクを貼りましょう。

 

記事は網羅性も大切

 

記事の内容はユーザーが知りたいことをしっかり書くようにしましょう。

 

記事で狙っているキーワードについて、「ユーザーはなぜそのキーワードで検索をしているのか」を考え、その答えとなる記事を書くことでアクセスが集まります。

 

なぜなら、検索エンジンもユーザーの検索意図の答えとなるコンテンツを検索結果で返すからです。

 

検索意図をしっかり考えよう

 

したがって、記事を書く前にユーザーの検索意図をしっかり書き出すようにします。

 

どんな悩みを持ったユーザーがターゲットなのか、何が知りたいと思っているのかを書き出しておくのです。

 

そして、その答えとなる記事になるように構成から考えて、最後に文章を書くのです。

 

情報は最新にしよう

 

検索エンジンは情報が最新かどうかも検索結果の判断基準としています。

 

一度書いた記事についても、情報を最新にするべきものは変更をしましょう。

 

これも、先程説明したようなスプレッドシートに記事のURLや狙ったキーワードをまとめたものを保存しておくと便利です。

 

記事タイトルの考え方

 

サイトの場合はキーワードが入った記事タイトルを作りましょう。

 

その記事で上位表示を狙っているキーワードを記事タイトルにも使います。

 

文字数は全角なら32文字以内が検索結果に表示される文字数なので、32文字以内に整えます。

 

 

知っておくべき知識

知っておくべき知識

 

アフィリエイトをする上で知っておくべき知識がいくつかあります。

 

特にGoogleのアップデートについては基本を知っておきましょう。

 

Googleは検索エンジンの仕組みを繰り返しアップデートしていますので、そのたびに検索順位が多少変動します。

 

Googleのアップデートとは

 

Googleにはアルゴリズムという検索順位を決める基準となる仕組みがあります。

 

大きく分けて「パンダアップデート」という記事の質やサイトの構造などをチェックするサイトの内側に対してのアルゴリズムのアップデートと、「ペンギンアップデート」という外部サイトからの被リンクの質などをチェックするサイトの外側に対してのアルゴリズムのアップデートがあります。

 

どちらも、ずるいことをせずにしっかりと検索ユーザーのためになる記事を日常的に書いていれば怖くありません。

 

薬機法(薬事法)

 

薬機法とは、美容や健康に関わる商品に関して使って良い表現を定めた法律です。

 

昔は「薬事法」という名前でした。

 

法律なので守らないと罰則がありますし、検索エンジンもこの法律はかなりチェックしているので美容や健康といったジャンルのサイトを運営している人はチェックをしましょう。

 

薬機法(薬事法)を学ぶなら

 

YMYLとは

 

YMYLとは「Your Money Your Life」の略で、かんたんに言うとお金や健康や法律など、人生に影響が大きい内容のページを指す言葉です。

 

このYMYLに当てはまるジャンルについては、その他のジャンルよりも高い質の記事や内容の根拠や信頼性が問われます。

 

「金融」「医療」「法律」「公式情報」などが当てはまります。お金や健康や法律についてはYMYLに当てはまります。

 

 

最後に

 

この記事ではアフィリエイトで狙うキーワードについてのヒントや日常的に情報発信や作業をするポイントを説明しました。

 

普段の生活から、アフィリエイトという仕事を意識して過ごしてみましょう。

 

あなたが長く続けていて楽しいジャンルで成功してくれることを願っています。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトの記事中のキーワードにリンクを設定する方法のまとめ

アフィリエイトの記事中のキーワードにリンクを設定する方法のまとめ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトやインターネット集客を始めたての人は、他の人のサイトなどを見ていて「自分も記事の中のキーワードにリンクを入れたいな」と思うことがあるでしょう。

 

まだブログやwordpressの使い方に慣れていないと、やり方がわかりませんよね。

 

wordpressの場合は大きくわけて2つやり方があるのでご紹介します。

 

 

記事中のキーワードにリンクを設定する

記事中のキーワードにリンクを設定する

 

記事中のキーワードにリンクを設定するというのは下のような状態です。

 

wordpressについてはこちら

 

ブログを運営していると、上のように文字にリンクを設定したい場合があるでしょう。

 

やり方は覚えてしまえばとてもかんたんです。

 

wordpressの場合

 

wordpressだけでなく、多くのブログサービスではリンクボタンがあります。

 

手順としては、リンクを設定したいキーワードを範囲指定して、リンクボタンをクリックしてリンク先のURLを打ち込むだけです。

 

下の画像を見るとわかりやすいでしょう。

記事中のキーワードにリンクを設定する

 

自動リンクを設定できるプラグイン

 

wordpressの場合はプラグインというwordpress上のアプリのようなものを使って自分のサイトに機能を追加できます。

 

実は、「Internal Link Building」というプラグインを使えば、指定したキーワードに自動的にリンクを設定できます。

 

wordpressの左側のメニューから「プラグイン」→「新規追加」から「Internal Link Building」と検索すれば、このプラグインが出てきます。

 

手順は次のとおりです。

記事中のキーワードにリンクを設定するプラグイン

 

上のとおり、まずは「プラグイン」→「新規追加」と進みます。

 

そして、

記事中のキーワードにリンクを設定するプラグイン

 

プラグインの検索バーに「Internal Link Building」と入力すると、プラグインが出てくるので「今すぐインストール」をクリックしてインストールします。

 

このプラグインを使うと、特定のキーワードにあらかじめ設定したリンクを自動的に設定できます。

 

1記事あたりのリンクの数も「times」という欄から設定ができるのですが、どの位置のキーワードを対象にするかまでは設定ができないため、特定の位置のキーワードにリンクを設定したいのなら手動で管理した方がらくだと思います。

 

 

最後に

 

「記事中のキーワードにリンクをつけるにはどうしたら良いのですか」というご質問はたびたびいただきます。

 

インターネットの初心者さんには一つずつの作業のやり方がわからないでしょう。

 

しかし、この記事で説明したようにほとんどの作業はやり方を覚えてしまえばとてもかんたんです。

 

これからもこのサイトでは、多くのヒントを出していきますので学んでくださいね。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

トレンドアフィリエイトのキーワードの具体例と探し方やずらし方

トレンドアフィリエイトのキーワードの具体例と探し方やずらし方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

今回は、トレンドアフィリエイトで稼ぎたい人に向けた記事です。

 

トレンドアフィリエイトでは、注目されているキーワードで上位表示をしてアクセスの急上昇を狙います。

 

ポイントはキーワードの選び方や、ライバルを回避する「キーワードずらし」にあります。

 

 

トレンドアフィリエイトのキーワード

トレンドアフィリエイトのキーワード

 

トレンドアフィリエイトは、芸能やスポーツなど、そのときに検索数が急上昇する注目されているキーワードを狙って記事を書き、アクセスを増やしてアフィリエイトで稼ぐ方法です。

 

一時的なアクセスなら、ちょっとした記事でもヒットすることがありますが、長期的に収益が出るサイトにしたいのなら、しっかりとユーザーの役に立つコンテンツを作りましょう。

 

トレンドアフィリエイトは「手軽にできる」ことを期待して取り組む人がいますが、ライバルサイトのリライトは注意が必要です。

 

キーワードの種類

 

トレンドアフィリエイトの場合は、瞬間的にアクセスが増えるキーワードを狙います。

 

ですから、ニュースなどで話題になるキーワードを狙うことが多いです。

 

芸能やスポーツやイベントなどのキーワードを狙うことが多いです。

 

キーワードずらしの意味

 

しかし、そうした話題のキーワードは、大手のニュースサイトが上位表示をしていて、なかなか個人のサイトがそれを抜かすことは難しい場合があります。

 

そんなときに役に立つのが「キーワードずらし」という考え方です。

 

たとえば、ある芸能人の名前をキーワードにしたい場合、その単語で検索をしたときにライバルに大手サイトが多かったとしても、「芸能人の名前+経歴」とか「芸能人の名前+年収+全盛期」など、いくつかの単語を組み合わせるとライバルが減ったり弱くなるケースがあります。

 

これが「キーワードずらし」です。

 

役に立つコンテンツにしよう

 

見ていると、トレンドアフィリエイトをやる人のコンテンツ(記事)は、雑な場合が多いです。

 

たしかに、当たればすぐに大量のアクセスが狙える方法ですが、最近のSEO(検索エンジン対策)は、コンテンツの内容をとてもチェックされます。

 

ユーザーが「どうしてそのキーワードで検索をするのか」「何が知りたいのか」をしっかり理解した上で、そのニーズに応える記事を作りましょう。

 

リライトではいけない

 

「お手軽さ」に魅力を感じて取り組む人が多いトレンドアフィリエイトですが、大切なことがあります。

 

いくらお手軽にやりたいからといっても、他人の記事をコピーしたり、ほとんど一緒という状態は検索エンジンに嫌われます。

 

トレンドキーワードは、どうしても内容が似てしまう場合がありますが、それでも「そのキーワードで調べるユーザーは何が知りたいのか」というユーザーの検索意図をちゃんと考えて、オリジナルの記事を書きましょう。

 

 

トレンドキーワードの例

トレンドキーワードの例

 

それでは、トレンドキーワードの具体的な例を挙げます。

 

まずはここに、代表的なものを挙げますので、これらに注目して普段からニュースなどを見てください。

 

「話題になりそうだ」と思うものは、前もって記事を仕込んでおくことがトレンドアフィリエイトで成功するコツです。

 

芸能

 

あなたも、芸能人のニュースなどを見て、インターネットでその人のことを検索したことがあるでしょう。

 

国内だけでなく、海外のスターの情報も話題になれば検索数が上がります。

 

ゴシップ、結婚、離婚、騒動、不祥事、番組、活動、など、話題のネタは尽きません。

 

スポーツ

 

オリンピック、ワールドカップ、世界大会など、スポーツについても特定のキーワードの検索数が急上昇することが多いです。

 

あなたも一度は調べたことがあると思います。

 

注目の選手、対戦相手、対戦の組み合わせ、速報、チケットの情報など、ユーザーが知りたいことと、そのときに調べるキーワードを考えます。

 

季節

 

たとえば、「夏休み キャンプ おすすめ」など、その季節だからこそ調べるキーワードがあると思います。

 

そうした季節ごとのキーワードは、半年前くらいから記事を用意しましょう。

 

1年分の記事を用意できていても、これからの季節の記事の情報が最新かどうかを常にチェックします。

 

イベント

 

お祭りやテーマパークなど、イベントに関するキーワードもタイミングしだいで検索数が急上昇します。

 

イベントのキーワードに関する記事は、最新情報を用意することが大切です。

 

年や地域などのキーワードと組み合わせるとうまくキーワードずらしができるでしょう。

 

作品

 

映画や音楽など、作品に関するキーワードもトレンドアフィリエイトでは狙い目です。

 

最近では動画の配信サービスなどのアフィリエイトもできるので、映画などの専門サイトを作ってトレンドキーワードを狙うとおもしろいかもしれません。

 

ちなみに、新作の情報はもちろんですが、旧作が注目されることもあるので、自分でもよくニュースなどを見たほうが良いですよ。

 

アーティスト

 

アーティストに関するキーワードもトレンドアフィリエイトでは王道です。

 

人気のアーティストの最新情報はもちろん、不祥事などが話題になったタイミングでも検索数が急上昇します。

 

あとは年末の歌番組などの出演情報などはおさえたいところです。

 

政治

 

当然、政治について調べる人はとても多いです。

 

また政治のニュースは一年をとおして尽きることがないので、話題にも困りませんし、キーワードもたくさんあります。

 

ただし、間違った情報を掲載すると大変なので、私見というよりは客観的な事実や知識をまとめると良いです。

 

 

トレンドキーワードの探し方とずらし方

トレンドキーワードの探し方とずらし方

 

トレンドキーワードの大体のジャンルがわかったところで、具体的なトレンドキーワードの探し方を説明します。

 

トレンドキーワードを見つけために、日頃から努力することは「テレビや雑誌でニュースをチェックすること」です。

 

「これは話題になるな」というものをノートなどにまとめると良いですよ。

 

テレビ

 

トレンドアフィリエイトの基本中の基本なのですが、テレビやトレンドキーワードの宝庫です。

 

今、話題のニュースだけでなく、先取り情報もテレビを見ればわかるので、前もって記事を書いておくのです。

 

タイミングとしては、2シーズン先の仕込みをしておいて良いくらいです。

 

雑誌

 

雑誌に掲載されたことがきっかけで、テレビで話題になる場合もあります。

 

つまり、雑誌のほうが情報が早いことがあるので、トレンドアフィリエイトをやるのなら雑誌もチェックしましょう。

 

特に、雑誌の表紙や見出しはキーワードの宝庫なので立ち読みでもキーワードを集められます。

 

関連キーワードを探す

 

どうしても一つの単語だけだと、ライバルに大手サイトなどの強豪が増えてしまうので、できれば関連キーワードを含めたニッチキーワードを狙って記事を用意しておきましょう。

 

テレビや雑誌からも関連キーワードのヒントは得られます。

 

あるいはGoogleの検索結果の下に出る関連キーワードなどからヒントを得ても良いです。

 

サジェストキーワードとは

 

サジェストキーワードとは、検索エンジンの検索バーに出てくるキーワードの候補のことです。

 

サジェストキーワードには、まさにトレンドキーワードが含まれていることがあります。

 

サジェストキーワードは複数出てきますので、しっかりメモをしておきましょう。

 

複合キーワードを狙う

 

たとえば、「芸能人 年収 ランキング」などのように、いくつかの単語で構成された検索キーワードのことを複合キーワードと言います。

 

先ほど説明したように、一つの単語だけで検索をするとライバルが強いことが多いので、複合キーワードを狙って記事を用意しましょう。

 

複合キーワードの方が、ユーザーの検索意図が明確なので、記事も作りやすいです。

 

 

トレンドアフィリエイトとSEO

トレンドアフィリエイトとSEO

 

アフィリエイトをやっていると、SEOという言葉をたくさん見ると思います。

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、かんたんに言うと「検索エンジンに評価をされて上位表示をするための対策」のことです。

 

トレンドアフィリエイトでも、このSEOをしっかり意識して記事を作ることがコツです。

 

タイトルとSEO

 

まず、記事タイトルがSEOにすごく関連があります。

 

狙っているキーワードを、そのまま記事タイトルに全て入れましょう。

 

たとえば「芸能人 年収 高い」というキーワードを狙っているのなら「芸能人の年収が高い理由」など、狙っているキーワードを語尾などを変えずにそのまま記事タイトルに使います。

 

タイトルと文字数

 

SEOを意識する場合は、記事タイトルは全角で32文字以内が良いです。

 

これは検索結果で表示される文字数がそのくらいだからです。

 

記事タイトルに狙っているキーワードをそのまま使いつつ、全部で32文字以内になるように調整をします。

 

本文の構成

 

本文を書き始める前に、まずは見出し構成を決めます。

 

「見出し」とは、上の「本文の構成」のように記事中に表示する小さなタイトルのようなものです。

 

主に、hタグというタグを使って表記します。

 

検索エンジンも、こうした見出しの構成が整っている記事を評価する傾向です。

 

ライバルをチェックしてから

 

記事の見出し構成は、すでにそのキーワードで上位表示ができているライバルサイトをチェックしながら考えます。

 

そのキーワードで検索をするユーザーの意図を考えつつ、ライバルよりもその意図に対してわかりやすい構成にすれば、あなたの書く記事が上位表示できる可能性が上がります。

 

トレンドキーワードの場合は、ライバルがまだ記事を用意していないこともありますが、それでも必ずライバルチェックをしてから記事を書く癖をつけましょう。

 

記事を読むターゲットは誰なのか

 

見出し構成まで決まったら、その記事を読むターゲットについて書き出しておきましょう。

 

たとえば、「どんなことが知りたいのか」「何に興味があるのか」などを書いておけば、より具体的にユーザーのためになる役立つ記事が完成します。

 

検索エンジンは、ユーザーの知りたい情報をより正確に掲載しているコンテンツを検索結果で上位に表示するので、このような準備の作業はとても大切です。

 

 

最後に

 

トレンドアフィリエイトは、アフィリエイトの手法の中でも人気があるやり方です。

 

ただし、途中で書いたように、初心者が思うほど甘くない一面もあります。

 

手を抜ける方法ではなく、「ユーザーのためになるメディアを作る」ということは通常のアフィリエイトと変わらないポイントです。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトでアクセスを集めるキーワードを「はてな」から探す

アフィリエイトでアクセスを集めるキーワードを「はてな」から探す

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトのキーワード選定において「はてなキーワード」をうまく使えないかと思っている人に向けてアドバイスがあります。

 

はてなキーワードは、話題のキーワードなどを調べるのに役に立ちます。

 

通常のSEO用のキーワードとは違いますが、大量のアクセスアップを見込める場合もあります。

 

 

はてなキーワードとは

はてなキーワードとは

 

はてなキーワードは、話題のキーワードをユーザーが解説する無料のインターネットの百科事典のようなサービスです。

 

Wikipediaのような機能と考えてください。

 

このはてなキーワードを見ると、話題のキーワードを集められます。

 

話題のキーワードを見つけられる

 

話題のキーワードを選んでアクセスアップを行うアフィリエイトの手法を「トレンドアフィリエイト」と言います。

 

特にトレンドアフィリエイトをやっている人にとっては「はてなキーワード」は良いサービスだと思います。

 

話題のキーワードは、一時的にインターネットの検索数が増えるので、そのキーワードで記事を書けば爆発的なアクセスを獲得できることがあります。

 

大量のアクセスを集められる可能性

 

当然、話題のキーワードはその時に検索数が急上昇します。

 

そのキーワードで上位を取れれば、一気にアクセスが増えます。

 

「はてなキーワード」には音楽、映画、テレビ、アニメ、スポーツ、マンガ、ゲーム、社会など、さまざまなカテゴリーの話題のキーワードがあります。

 

SEOキーワードは別に見つける

 

話題のキーワードでアクセスが集まるのは、あくまで「話題の期間」です。

 

したがって、話題のキーワードだけを狙うのではなく、継続的にアクセスが集まる通常のキーワード選定を合わせて行うのがおすすめです。

 

一般的なSEOと、トレンド手法を合わせて使えば、多くのアクセスを獲得できます。

 

 

はてなキーワードを使ってサイトを作る

はてなキーワードを使ってサイトを作る

 

はてなキーワードから話題のキーワードを集めて、それについてサイトの記事を作りましょう。

 

はてなのサービスに「はてなブログ」もありますが、本格的にアフィリエイトを行うのならワードプレスのようなCMSでサイトを作ったほうが良いです。

 

無料ブログよりもワードプレスの方が安定して検索の上位を取れますし、ブログが削除されるリスクもありません。

 

サイトはワードプレスで

 

ワードプレスは世界でユーザー数が特に多いブログシステムです。

 

自分のサーバーとドメインで管理するブログなので、突然アカウントが消される心配などはありません。

 

検索エンジンとの相性も良く、検索上位を取りやすい傾向です。

 

ワードプレスがSEOに強い理由

 

ワードプレスは、自分で契約したサーバーと独自ドメインで管理をします。

 

したがって、他の人の影響を受けません。

 

ご自身でサイトを育てていけば、どんどんドメインに対しての検索エンジンからの評価が上がり、アクセスアップが実現できます。

 

はてなブログではダメなのか

 

もちろん、はてなブログを使う方法もあります。

 

ただし、規約違反と判断されてしまうと突然ブログごと消されてしまうリスクもあります。

 

また意図していないところにリンクが入るわずらわしさもあるので、長期的にアフィリエイトをやるならワードプレスを使うことをおすすめします。

 

 

話題のキーワードを狙うメリット

話題のキーワードを狙うメリット

 

もしも、検索数が急上昇している話題のキーワードで上位を取れた場合、その効果はすさまじいです。

 

一気に何万、何十万というPV(アクセス)が獲得できることもあり、SNSで拡散されてさらにアクセスが増えることもあります。

 

サイトにアクセスが増えれば、当然アフィリエイトやアドセンスなどの広告からの収益もアップします。

 

バズればすごい

 

インターネットで話題になってアクセスが急上昇することを「バズる」と言います。

 

もしも、話題のキーワードで上位を取れれば、一気にアクセスが増えてバズります。

 

この効果は本当にすごくて、バズればさらに話題が広がり一定期間はアクセスが増え続けます。

 

SNSで拡散される可能性も

 

バズっている記事は、SNSやニュースアプリなどでさらに拡散されることがあります。

 

どんどんアクセスが増えるわけですね。

 

もちろんそれは、そのキーワードが話題の期間に限定されますが、それでも話題のキーワードに対して記事を書くメリットは大きいです。

 

 

最後に

 

この記事では、話題のキーワードを狙って一時的に大量のアクセスを獲得するために「はてなキーワード」をご紹介しました。

 

もちろん継続的に稼ぐためには、話題のキーワードだけではなく、継続的にアクセスを集められる通常のSEOを行う必要がありますが、話題のキーワードも少し狙ってみると良いでしょう。

 

いきなりバズることは難しいですが、通常のSEOも行いつつ話題のキーワードも定期的に狙っていけば、そのうちヒットする可能性もあります。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトやアドセンスのキーワード選定はウェブ日記にも必要

アフィリエイトやアドセンスのキーワード選定はウェブ日記にも必要

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

最近はウェブサイトの中でも、特定の情報に集中した「メディア(キュレーションサイト)」や個人の意見を発信する「ブログ(ウェブ日記)」などをわけて考えます。

 

個人の意見や日記をまとめるブログ(ウェブ日記)でも、記事ごとにしっかりとキーワードを選ぶことがポイントです。

 

普通にジャンルを決めずにウェブ日記を書いていてもなかなか成果が出ないので、ウェブ日記で稼ぐポイントを解説します。

 

 

アフィリエイトで稼ぐまでの流れ

アフィリエイトで稼ぐまでの流れ

 

ウェブ日記で稼ぐとしても、まずはアフィリエイトで稼ぐための流れを覚えましょう。

 

アフィリエイトには正しいやり方があります。基本的な流れはサイトを作って記事を書いてアクセスを集めるというものです。

 

自己流で進めると成果が出ないので、正しい基本の知識を覚えてください。

 

アフィリエイトの基礎知識

 

アフィリエイトで稼ぐにはウェブ日記をまとめたブログや、特定のジャンルについて情報をまとめたサイトを作り、そこにアフィリエイト広告を貼ってアクセスを集めます。

 

ブログやサイトには、検索エンジンからアクセスを集めるのが基本です。

 

検索エンジンからアクセスを集めるためには記事を更新する必要があります。

 

サイトを作る

 

サイトはワードプレスなどのCMSで作ることがおすすめですが、ウェブ日記を書くのならアフィリエイトが許されている無料ブログでも可能です。

 

ただし、無料ブログは検索エンジンの順位が不安定なので、あまりおすすめしません。

 

ウェブ日記を書くとしても、ワードプレスを使ってサイトを作ることがおすすめです。

 

基本的な設定をする

 

ワードプレスでも無料ブログでも、まずはサイトの立ち上げと基本的な設定を済ませましょう。

 

ワードプレスの場合はwordpress用のテーマを使えば、見た目はきれいに整います。

 

無料ブログの場合も、サイトのデザインはきれいに整いますので、細かいデザインにはこだわらずに基本的な設定だけを済ませましょう。

 

記事を書く

 

アフィリエイトの作業でとても大切なのが記事を書く作業です。

 

まずは100記事を目指しましょう。

 

100記事を目指していくと、その前後からアクセスが増える事が多いです。そのくらい良い記事を書いた段階から検索エンジンの評価が始まるからです。

 

アクセスを集める

 

コストをかけずに検索エンジンからアクセスを集めるのなら、「コンテンツSEO」という方法がおすすめです。

 

これは優良なコンテンツ(記事)を増やして検索エンジンから正当に評価をもらってアクセスを集めるやり方です。

 

コンテンツSEOで成功すれば月間100万PVも集められますので、コツコツとがんばりましょう。

 

なぜSEOが必要なのか

 

SEOとは検索エンジンに評価を受けるための対策のことです。

 

SEOを意識しなければ、いくら記事を書いてもアクセスが集まらずビジネスにはなりません。

 

ウェブ日記を書くとしても、ビジネスとして収益を上げたいのならSEOを意識した記事を書きます。

 

検索意図とは何か

 

コンテンツSEOでとても大切な考え方が「ユーザーの検索意図に答える記事を作る」ということです。

 

そのためには、記事を書く前にその記事で上位表示を狙うキーワードを決めて、そのキーワードの検索意図を考えます。

 

「そのキーワードで検索をする理由は何だろう」ということを考えれば、どのような記事がユーザーの役に立つのかがわかります。

 

 

ウェブ日記でも稼げるのか

ウェブ日記でも稼げるのか

 

ウェブ日記とは、個人的な日記をブログなどにまとめたものを言います。

 

ウェブ日記でも稼ぐことは可能です。ただし、単純に自分の日記を書いているだけだと稼げません。

 

ウェブ日記を書くにしても、ブログのジャンルを統一してキーワードを意識しながら記事を書きましょう。

 

ジャンルを統一しよう

 

検索エンジンとは、「何のジャンルのサイトなのか」ということを結構チェックしてきます。

 

ですから、ウェブ日記を書いていくにしても、ジャンルは統一したほうがアクセスを呼びやすいです。

 

そのジャンルに合わせた商品をブログでアフィリエイトするようにします。

 

ジャンルがないウェブ日記の問題点

 

普通にブログにウェブ日記を書くだけでは、ジャンルに統一性はありません。

 

それでは、検索エンジンからしてみれば「何のサイトなのか」ということがわからずに、検索結果で表示しようがありません。

 

また、自分の認知度を上げるためにウェブ日記を書くにしても最初は「●●の人」と思ってもらえるようにジャンルを統一したほうが効果的です。

 

1記事ごとのキーワードを選ぼう

 

ウェブ日記を書いて稼ぎたいのなら、ウェブ日記だとしても1記事ごとのキーワード選定をしっかりやりましょう。

 

キーワードを選ぶことで、ネタ切れも防げます。

 

また、キーワードを選ぶことで記事の趣旨もしっかりしますし、ユーザーに喜ばれ、そのキーワードで上位表示ができてアクセスも増えます。

 

自分の商品を売る

 

ウェブ日記からのマネタイズとして、まず考えられるのが自分の商品やサービスを売ることです。

 

ブログは自分の個性が出ますから、あなたのファンが増えます。

 

ですから、あなたの商品やサービスを売ることはとても効果的なのです。

 

アフィリエイトで稼ぐ

 

ウェブ日記からのマネタイズで次に考えられるのがアフィリエイトです。

 

ブログのジャンルに合わせた商品をアフィリエイトすれば成約が取れます。

 

できれば、アフィリエイトをする商品の購買につながりそうなキーワードを選んでウェブ日記を書きたいところです。

 

アドセンスで稼ぐ

 

アドセンスの場合は、商品の紹介などをしなくても良いので、単純にブログにアクセスが来れば成果が出ます。

 

ただし、アドセンスの審査を通過するためだったり、アクセスを呼ぶためには、やはりキーワード選定がポイントです。

 

SEOを意識していない普通のウェブ日記では、アクセスが増えないのでアドセンスの成果も上がらないです。

 

サーチコンソールを入れよう

 

サーチコンソールというGoogleのアクセス解析ツールを入れておけば、自分のブログがどういう検索キーワードからアクセスが来ているのかがわかります。

 

それをもとに、次の記事のキーワードを選んでも良いでしょう。

 

記事を増やすほど、サーチコンソールから得られるデータも増えるので進めやすいです。

 

 

キーワード選定の基本

キーワード選定の基本

 

キーワード選定の基本を覚えておけば、記事ごとに狙うキーワードが選べます。

 

キーワード選定さえできれば、あとはそのキーワードについて記事を書くだけなので、まずはキーワード選定の基本を覚えましょう。

 

キーワード選定の基本は、ライバルチェックです。

 

ライバルとは

 

キーワードのライバルとは、そのキーワードで検索をしたときに実際に上位(1位~10位)を取れている記事やサイトのことです。

 

そのライバルよりもキーワードの検索意図に対してわかりやすい記事を書けば順位を抜かすことができます。

 

いきなり抜かせなくても、そうした優良な記事を増やしていくといつの間にか順位が上がるのです。

 

キーワードは無限にある

 

心配をしなくても、キーワードは無限にあります。

 

たとえば「レシピ」というキーワードに対しても、「レシピ 考え方」「レシピ 考え方 弁当」「レシピ 考え方 朝食」「レシピ あり合せ」など、キーワードはいくつもあります。

 

人の検索の需要がある限り、キーワードは無限にありますので、「キーワードがない」ということはあり得ません。

 

ライバルの強さとは

 

ライバルの強さとは、ライバルがどの程度のSEO対策をしているかによって決まります。

 

これはシステムを使えば、データで見られる部分もあります。

 

また、大手の企業サイトは当然SEOがかなりやられていますし、アフィリエイトサイトや記事数の多いサイトもSEOが強いと考えられます。

 

ライバルをチェックする

 

ライバルチェックは2つのステップがあります。

 

1つはシステムを使ってデータを集めて判断することです。

 

そして、もう1つは実際にその検索キーワードで調べてみて上位のサイトを目視でチェックすることです。

 

特に「実際に見てみる」という作業はとても大切なので、忘れずに行いましょう。

 

キーワードを選ぶシステム

 

キーワードを選んだり、ライバルチェックをするためのシステムとしてコンテンツスカウターZというシステムがおすすめです。

 

関連キーワードをたくさんピックアップしてくれたり、ライバルサイトのSEOの強さを判断できるデータを自動的に集めてくれます。

 

SEOのプロが監修したシステムなので、ぜひ使ってみてください。

 

キーワードずらしとは

 

ライバルが強いキーワードのときには「キーワードずらし」という考え方を使います。

 

たとえば「料理」というキーワードだとライバルが強くても、「料理 レシピ 初心者 主婦」というキーワードなら無料ブログしか上位にいないということがあります。

 

このように、同じようなキーワードでも、複合キーワードにしてみたり関連キーワードにずらせばライバルが減る場合があります。

 

無料ブログは抜かしやすい

 

実際に狙ってみたいキーワードで検索をしたときに、上位に来ているサイトに無料ブログがあれば、それは狙い目のキーワードかもしれません。

 

基本的に無料ブログよりも自分のサーバーやドメインで管理しているサイトのほうが上位を取りやすいです。

 

無料ブログは比較的かんたんに順位を抜かせますのでチャンスです。

 

ポータルサイトは気にしない

 

ポータルサイトは2つの意味で気にしなくて良いです。

 

1つは、ポータルサイトの中にはかんたんに順位を抜かせるものもあるという点です。

 

もう1つは、ポータルサイトの情報ではなく「ブログから情報を集めたい」と思う人もいるので、ポータルサイトが上位に来ていても諦める必要はありません。

 

Yahoo知恵袋は抜かしやすい

 

Yahoo知恵袋も比較的かんたんに順位を抜かせます。

 

ですから、検索をしたときに上位にYahoo知恵袋の記事が来ていれば、そのキーワードは狙い目かもしれません。

 

もちろん、Yahoo知恵袋に書いてある内容よりも、そのキーワードの検索意図に対して親切な記事を用意しましょう。

 

内容の薄い記事も抜かせる

 

ライバルサイトの記事が、内容の薄い記事だったり、検索意図の答えとしてずれている記事なら、それも狙い目です。

 

あまり作り込まれていない記事でも上位を取れているキーワードなら、あなたが作り込んだ記事を用意すればそのキーワードで上位を取れます。

 

このような小さな評価を積み上げていくと、サイト全体の評価(ドメイン評価)が上がります。

 

 

記事を作るポイント

記事を作るポイント

 

ウェブ日記を書くとしても、アクセスが集まる記事の書き方を覚えましょう。

 

記事を書く前の準備や、記事の中での工夫しだいでアクセスが集まるかどうかが決まります。

 

特に、「ユーザーに役立つ記事とはどんな記事なのか」ということを意識することはとても大切です。

 

ユーザーのためになる記事とは

 

検索エンジンが評価をするのは「ユーザーのためになる記事」であり、「そうした優良な記事が多いサイト」です。

 

ユーザーのためになる記事というのは、キーワードの検索意図の答えとしてユーザーが知りたいことがしっかりと書いてある記事です。

 

もっというと、あなたの記事を読めば検索を終えることができる内容なのでしたら、検索エンジンに評価をされます。

 

見出し構成から決める

 

ウェブ日記の場合も、見出し構成をした方が検索エンジンから評価を受けやすいです。

 

思いつきで文章を書いてしまうのではなく、見出し構成を先に決めてしまいましょう。

 

どんな構成が良いのかは、ライバルサイトをヒントにして、よりわかりやすい構成を考えます。

 

内部リンクを増やす

 

内部リンクとは、サイト内の記事から同じサイト内の別の記事へ送ったリンクのことです。

 

この内部リンクは、関連性のある内部リンクであれば検索エンジンから評価を受けやすいです。

 

内部リンクが増えるwordpressのテーマを使ったり、記事中の言葉から関連する別の記事へリンクを送るなどの対策があります。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトで稼ぐためのキーワード選定のコツを、ウェブ日記を書きたい人向けに解説をしました。

 

ただし、この記事でアドバイスをした内容はほとんど「専門サイトを作る方法」と同じです。

 

この方法で記事を書けるのならウェブ日記ではなく、専門サイトを作ったほうがよりアクセスを集めやすいのでステップアップも視野に入れましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワード選定のコツと手順:シンプルなまとめ版

アフィリエイトのキーワード選定に関するまとめ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

このサイトでは、アフィリエイトのキーワード選定に関する記事をたくさん書いてきました。

 

そこで、シンプルにキーワード選定のコツや手順をまとめたいと思います。

 

アフィリエイトの売上アップにはキーワード選定が欠かせないので、ぜひコツを覚えてください。

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツを詳しく知りたい人はこちら

 

 

アフィリエイトのキーワード選定の基本

アフィリエイトのキーワード選定

 

アフィリエイトで稼ぐためには、できるだけ多くのアクセスをアフィリエイトリンクに集める必要があります。

 

その代表的なやり方が「SEO」です。SEOとは自分のサイトを検索エンジンに評価してもらって検索結果の上位に表示させるための対策のことです。

 

このSEOの作業の中でとても大切なものが「キーワード選定」です。

 

なぜキーワード選定が必要か

 

自分のサイトにアクセスを集めたいのなら、そのアクセスがどこからやってくるのかを考えましょう。

 

サイトのアクセスは主に3つの場所から集まっています。1つ目は検索エンジンから。2つ目がSNSや動画サイトから。3つ目が広告からです。

 

このうち、サイトを作ったらぜひ進めたい対策は検索エンジンからアクセスを集める対策です。そのためには「どんな検索キーワードで検索したときに自分のサイトの記事を上位表示したいのか」を考えて一つずつの記事を作ることが大切です。

 

検索順位が大切な理由

 

インターネット集客に詳しくない人からすれば、検索順位などあまり気にしないかもしれませんが、検索順位によって獲得できるアクセス数が大きく違います。

 

いわゆる「検索結果の1ページめ」と言われる1位~10位に表示されている場合と、11位より下(つまり検索結果の2ページめ以上)ではアクセスに10倍以上の差がある場合が多いです。

 

ですから、記事を書いたらその記事が狙ったキーワードで1位~10位に表示されることをしっかり考えなくてはいけません。いきなり上位を取れるわけではありませんが、関連記事を増やしたり書いた記事をたまにメンテナスをすることで検索順位が上がっていきます。

 

情報に関するキーワード

 

キーワードの種類としてまず1つ目は、情報を調べるときに使うキーワードです。このように「どんな理由でそのキーワードで調べるのか」ということを常に意識して記事を作りましょう。そうすることで検索エンジンが上位に表示したい情報を記事として作れるからです。

 

たとえば「神奈川県 コンサルタント」というキーワードであれば、神奈川県のコンサルタントについての情報を調べたくて検索する意図が想像できますよね。

 

このように情報を調べたくて打ち込んでいるキーワードはたくさんあります。それらに対して「どんなことを知りたいのか」「なぜそれを知りたいと思ったのか」と検索の意図を具体的に考えると良い記事が作れます。

 

手順ややり方を知りたいキーワード

 

たとえば私は先日、友人の結婚式に出席するために革靴を新調しました。しかし、そのときに思ったのが「あれ、革靴の靴ひもってどうやって結べば良いんだろう」ということでした。そこで私は「靴ひも 結び方」などと検索エンジンで検索をしたのです。

 

この出来事からもわかるように、何かのやり方を調べたくて検索をする人もいます。

 

このサイトを見ている人の中にもアフィリエイトのキーワード選定の手順を知りたくてアクセスした人もいるはず。手順ややり方を調べる人がターゲットとなるキーワードに対しては、その答えをまとめた記事を用意しましょう。

 

商品名をキーワードにする

 

商品名をそのままキーワードとして狙うこともアフィリエイトの王道です。

 

商品名で検索している人はすでに商品に興味を持っている人なので成約も取りやすいでしょう。

 

一方で、商品名を知っているということはすでに購入した人という可能性もあることや商品名をキーワードにすることは販売者がまずやっていることなので1位を取りにくいというデメリットもあります。

 

ビッグキーワードとは何か

 

ビッグキーワードとは、月間検索数の多いキーワードのことを指す場合が多いです。月間検索数とは一カ月間でそのキーワードが検索エンジンで検索された回数のことです。

 

ビッグキーワード=単一キーワードと考えることも多いです。単一キーワードとは「アフィリエイト」のようにキーワードが一つの単語のみであるキーワードのことです。

 

ビッグキーワードで上位表示ができればアクセスがすごく集まりますが、いきなり上位表示をするのは難しいです。まずはスモールキーワードから狙いましょう。

 

スモールキーワードとは何か

 

スモールキーワードとは、月間検索数の少ないキーワードを指すことが多く、「アフィリエイト やり方 初心者」といったようにいくつかの単語で構成されたキーワード(これを複合キーワードという)であることが多いです。

 

検索数が少ない分だけライバルも少なく、そのライバルのSEO対策もビッグキーワードほど万全ではないことが多いので、ビッグキーワードよりもかんたんに上位表示ができることも多いです。

 

まずはこうしたスモールキーワードから確実に上位表示を狙います。そうしているうちに検索エンジンも少しずつあなたのドメイン(サイトのURL)を評価して、ビッグキーワードでも上位が取れるまでに育ちます。

 

お宝キーワードとは何か

 

お宝キーワードとは、理想的なキーワードのことだと思ってください。

 

つまり、ライバルが少なく、月間検索数が多く、ライバルのSEOが弱く、ライバルが広告などをサイトに貼っていないなど、あなたがしっかりとした記事を作ればかなりかんたんに上位表示ができて大量に商品の見込み客が集まるようなキーワードのことです。

 

ただし、当然これほど条件の良いお宝キーワードは少ないので、コツコツと記事を書いてサイトやドメイン評価を育てることが大切ということには変わりないです。

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツをもっと詳しく知りたい人はこちら

 

 

アフィリエイトのキーワード選定の手順

アフィリエイトのキーワード選定の手順

 

アフィリエイトのキーワード選定の手順は覚えてしまえば難しくありません。ぜひ書き出しましょう。

 

「メインキーワードの決定」→「関連キーワードの選定」

 

基本的にはこれだけです。ただし、関連キーワードの中からどんなキーワードを優先させるべきかはコツがあるので、次のとおりまとめます。

 

メインキーワードの決定

 

ここは難しく考えなくて良いです。

 

あなたがゴルフについてのサイトをやっていきたいならメインキーワードは「ゴルフ」です。サイトのジャンルと考えても良いです。

 

ジャンルについての考え方はこちら

 

このメインキーワードを軸にして、その関連キーワードをピックアップします。

 

関連キーワードの選定

 

メインキーワードを決めたら、そのメインキーワードを軸にしてその関連キーワードをピックアップします。

 

たとえば「ゴルフ」というメインキーワードがあるのなら、「ゴルフ 初心者」「ゴルフ 男性 スコア」など、関連するキーワードを集めるのです。

 

この方法は、検索エンジンの検索結果の下に表示される関連キーワードからピックアップする方法もありますが、ツールを使ったほうがはるかに多く、正確にデータが集まります。

 

おすすめのツールはこちらです

 

購買意欲の高いキーワードを選定する

 

関連キーワードをたくさん集めたら、その中でも優先して記事を書いたほうが良いキーワードを選定します。そのコツを教えます。

 

まず1つ目のコツは、「購買意欲の高いキーワード」です。あなたが集めなければいけないアクセスは、アフィリエイトをしている商品の見込み客となるアクセスです。

 

たとえば「ゴルフ 上達 方法」というキーワードと、「ゴルフ 初心者 無理」というキーワード、どちらがゴルフの関連商品が売れるでしょうか。こたえは「ゴルフ 上達 方法」ですよね。

 

このように購買につながるキーワードを優先させます。

 

三語、四語の複合キーワードを選定する

 

関連キーワードの中で、特に初めのうちは複合キーワードから記事を書きましょう。

 

「ゴルフ」という単一キーワードではあまりにライバルが強い上に多いので、なかなか上位表示ができません。しかし、「ゴルフ 初心者 男性 始め方」といったように複合キーワードならライバルも一気に減ります。

 

まずはこうしたスモールキーワードで確実に上位を取り、検索エンジンからの評価を少しずつ上げることがコツです。このように進めるうちにビッグキーワードでも上位が取れます。

 

ライバルが弱いキーワードを選定する

 

できればライバルが弱いキーワードを選定しましょう。ライバルが弱いとは「SEOの工夫が弱そう」ということです。

 

具体的には「実際にそこまでSEOをやっていないのに検索エンジンに評価されている」ことを調べたり「アフィリエイトやアドセンスの広告タグを入れているかどうか」を調べることで、ライバルの強さをおおよそ予想ができます。

 

これも自分の力だけで調べるのはかなり大変ですし、実際に無理と言って良いくらいですので、ツールを使うようにしましょう。

 

おすすめのツールはこちら

 

おすすめのツール

 

上でも触れましたが、ライバルのSEOの強さを判断したり、それを元にキーワード選定を行うために役に立つツールがあります。

 

弊社でも使用していますが、「コンテンツスカウターZ」というツールです。

 

キーワード選定において、ライバルサイトの調査は本当に大切で、ライバルの調査をせずに自分でキーワードを考えるのはキーワード選定とは言わないので必ずツールを使いましょう。

 

コンテンツスカウターZの詳細はこちら

 

 

キーワード選定をしたら

キーワード選定をしたら

 

キーワード選定だけをやっていればアフィリエイトで稼げるわけではありません。

 

アフィリエイトで本当に大切な作業は記事を書くことです。サイトの記事の場合は更新の頻度よりも記事の質を意識してください。良い記事をたくさん書くのです。

 

良い記事とは、検索ユーザーの知りたい情報をしっかりまとめた記事のことです。

 

記事を書く

 

キーワード選定ができたら記事を書きます。

 

記事は関連キーワード一つずつに対して書いていきます。たとえば「ゴルフ 初心者 スコア」というキーワードに対しての記事、「ゴルフ 初心者 レッスン」というキーワードに対しての記事という具合に、関連キーワードをそれぞれ狙った記事を増やすのです。

 

ちなみに、書いた記事のURLや狙っているキーワードなどはCSV形式で保存をしておくとあとで整理しやすくておすすめです。

 

検索意図とは何か

 

検索意図とは、ユーザーがなぜそのキーワードで検索をしているのかという理由のことです。

 

たとえば「アフィリエイト やり方」というキーワードの検索意図としては「アフィリエイトのやり方を知りたい」という検索意図が想像できます。

 

検索意図を考えることで、それに対してどのような記事を作ることが適切なのかを判断ができます。

 

更新頻度より質が大切

 

昔はどんな記事でも良いから、とにかく更新した方が検索エンジンに評価されるという時代がありました。ですが、今は違います。

 

もちろん更新頻度が高いのがベストですが、更新頻度を急ぎすぎて「どんな記事でも良い」という考え方になるのは間違っています。今の検索エンジンがもっとも大切に考えているのは「優良な記事であること」です。優良な記事とは検索意図の答えとなる記事のことで、その記事を読めばユーザーが検索を終えられる記事のことです。

 

ですから、記事を書くときには「キーワードを選定する」→「検索意図を書き出す」→「記事を書く」→「公開する」という手順で行います。弊社も実際にこの手順で記事を公開しています。

 

 

キーワードの検索順位を上げるために

キーワードの検索順位を上げるために

 

そのほかのポイントについても説明をします。

 

まず大切なのは、関連キーワードをたくさんピックアップして、その一つずつに対しての記事を増やすことです。

 

また、Search ConsoleというGoogleのツールに登録をして、すでに書いた記事も定期的にメンテナンスをしてください。

 

Search Consoleについてはこちらでも書いています

 

関連キーワードも選定する

 

キーワード選定のコツはここまでに書いたとおりです。

 

メインで狙っているキーワードだけを意識するのではなく、そのキーワードを軸とした関連キーワードをたくさん集めましょう。

 

関連キーワード一つずつに対して記事を増やせば、メインで狙っているビッグキーワードでも上位が取れます。

 

関連キーワードのピックアップもらくらく

 

関連キーワードについて記事を増やす

 

とにかく関連キーワードについて記事を増やしましょう。

 

サイトアフィリエイトですごい成果を出している人のほとんどが「50記事~100記事くらい書くと、ドメインが評価されてアクセスが来る」「100記事以上書くと、本当にアフィリエイト報酬が跳ね上がる」と言います。

 

狙っているキーワードが購買につながるものであればアクセスが少ないうちから報酬も出ますが、ぜひ150記事くらいまでは記事を増やすことをがんばってみてください。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちらで学べます

 

Search Consoleに登録をする

 

先程も少しご紹介しましたが、Search ConsoleというGoogleが公開している便利なツールがあります。

 

Search ConsoleはGoogleがサイトの運営者に無料で提供している解析ツールです。

 

Search Consoleを使うと、自分のサイトがどんなキーワードで何位くらいに掲載されていて、検索結果からどの程度クリックされているのかなどがわかります。

 

Search Consoleについてはこちらでも説明しています

 

11位から20位の記事をメンテナンスする

 

Search Consoleで11位から20位に順位を付けているキーワードがあれば、そのキーワードで実際に検索をしてみましょう。すると、どの記事がそのキーワードで評価をされているのかがわかります。

 

そのキーワードがもともと狙っていたキーワードということもありますし、ときには思っていなかったキーワードで評価されることもあります。

 

実際に評価を受けているキーワードで記事を補強したり記事タイトルを変えてみたり、あるいは情報の最適化や解説のわかりやすさなどをメンテナンスしましょう。

 

11位から20位まで順位が来ているということは、もう少し評価を上げれば検索結果で1ページめ(1位から10位)に上がります。検索結果で1ページめと2ページめではとても大きな違いがあるので、11位から20位に順位のある記事はメンテナンスをしましょう。

 

 

最後に

 

このサイトでは、アフィリエイトのキーワード選定について詳しい解説をした記事をいくつか用意してきました。

 

ですが、一度それらをまとめたシンプルな記事を作りたかったので、この記事にまとめました。

 

アフィリエイトで稼ぐ上でキーワード選定は大切です。めんどうな作業ではありますが、収益に直結する作業ですので意識して取り組んでください。

 

もっと詳しいキーワード選定のコツはこちら

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトのキーワードを意識したタイトルや本文の考え方を解説

アフィリエイトのキーワードを意識したタイトルの考え方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトという仕事では、記事を書くことがたくさんあります。

 

その中でもSEO(検索エンジン対策)を意識した記事を書くときには、どんなキーワードで検索したときに上位表示をさせたいのかを決めてから記事を書きます。いわゆるキーワード選定です。

 

そうして決まったキーワードを、記事のタイトルや本文に使うことで検索エンジンにアピールができます。

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードを意識したタイトルや本文の考え方を解説します。

 

 

アフィリエイト記事の考え方

アフィリエイト記事の考え方

 

アフィリエイトの作業のほとんどが、記事を書くという仕事です。

 

サイトの記事だけでなく、SNSやメルマガで情報発信をする人も増えました。SNSやメルマガの記事にもコツはありますが、サイトの場合は特に検索エンジンに評価されることが大切なので知識があると良いでしょう。

 

ここでは、特にサイトの記事を書くときの基本的な考え方をまとめます。

 

SEOとは

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で日本語では「検索エンジン最適化」と言います。つまり、検索エンジンに評価されるための対策や活動のことです。

 

検索エンジンに評価をされることで、検索順位が上がりアクセスが増えます。

 

アフィリエイトの収益を上げるためにはアクセスアップは欠かせないので、SEOの知識が必要なのです。

 

書く前にキーワードを決める

 

SEOを意識した記事を書きたいのなら、記事を書き始める前の準備が大切です。

 

まずは記事を書く前に「キーワード」を決めましょう。キーワードとは検索キーワードのことです。今から書く記事はどんなキーワードで検索したときに上位に表示させたいのかということを初めに決めておくのです。

 

こうして決まったキーワードは後ほど記事タイトルや本文の中で使っていきます。

 

なぜキーワードが大切なのか

 

検索エンジンからアクセスを集めたいのなら、方法は2つです。

 

一つは広告を出してアクセスを買うことですが、こちらは当然お金がかかる分だけリスクもあります。もう一つの方法は検索結果に広告ではなく検索エンジンに評価されることで上位表示してもらい、アクセスを集める方法です。こちらは検索エンジンに評価してもらうために作業が必要ですが、お金がかからずリスクはありません。

 

検索結果には「広告」と明記されている表示もありますが、検索エンジンが評価して自然に上位に表示されているページもあります。このように広告ではなく、検索エンジンに評価されて上位に上がっている検索結果の表示範囲を「自然検索」と言います。

 

つまりキーワードを意識して記事を書くことでこの自然検索に上位表示され、コストをかけずにアクセスを集められるのです。

 

一記事あたりの文字数

 

よくいただくご質問で、「サイトの記事はどのくらいの文字数を書いたら良いですか」というものがあります。

 

文字数があまりに短いと検索エンジンも評価のしようがないのであまり上位表示されませんが、長ければ良いという問題ではありません。

 

たとえば「明日の天気」という検索キーワードに対して1万文字も情報が必要かというと、そんなことはないですよね。大切なのは、キーワードを決めたらそのキーワードで検索するユーザーの意図を考え、その意図の答えとなる情報をしっかりまとめてあげることです。したがって検索意図によって正しい文字数も違うのです。

 

 

なぜ記事タイトルが大切なのか

記事タイトルが大切な理由

 

検索結果では、あなたのサイトのトップページが表示されるよりも一つずつの記事が上位表示されることが多いです。

 

したがって、一つずつの記事こそどんなキーワードを意識しているのかを検索エンジンにアピールするべきなのです。

 

多くの人はサイト全体のタイトルにものすごくこだわりますが、そちらはむしろあまりSEOを意識しなくても良い場所なのです。

 

SEOのため

 

記事タイトルに狙っているキーワードを入れることで、検索エンジンが「どんなキーワードで上位表示をしようか」という判断をするためのヒントとしてアピールできます。

 

また、実際にそのキーワードで検索するユーザーのために情報をまとめた記事なら、記事タイトルにキーワードが入っていないのはむしろ不自然です。

 

正しく言うのであれば、上位表示がされれば必ずアクセスが来るのではなく、上位表示がされて検索結果の中からあなたの記事タイトルを見た人がクリックしたときにはじめてアクセスとしてカウントされます。ですから記事タイトルはとても大切なのです。

 

読まれるかどうかはタイトルしだい

 

あなたが検索をするときを思い出してください。

 

検索からサイトにたどり着く流れは、「キーワードを入れて検索をする」→「検索結果からアクセスしたいサイトや情報を選ぶ」→「アクセスする」ですよね。ですから、上位表示していれば必ずアクセスが来るわけではありません。

 

上位表示するためにキーワードをタイトルに入れることは大切ですが、なおかつユーザーが気になるタイトルになるように工夫が必要なのです。

 

 

サイトタイトルやブログタイトル

サイトタイトルやブログタイトル

 

弊社のクライアントでも、とても気合いが入っている人ほどサイトやブログの全体のタイトルをこだわりすぎてしまう人が多いのです。

 

気合いが入っているのは悪いことではないし、仕事をしっかりやろうと思っていることもすばらしいです。ただし、最初の時点で考えるべきなのはサイトにアクセスを増やすことであり、そのためにはサイト自体のタイトルよりも一つずつの記事タイトルの方が大切なのです。

 

むしろ、サイトタイトルはあとから変えられるので、最初の時点ではあまり気にしなくて良いです。

 

 

キーワードを使うべき場所

キーワードを使うべき場所

 

キーワードが選べたら、実際に記事を作りますが、キーワードを入れるべき場所があります。

 

キーワード選定に役立つツールはこちら

 

大きく分けて「記事タイトル」「見出しタグ」「本文」「画像のaltタグ」などにキーワードを入れると効果的です。

 

ただし、文章や言葉が不自然な入れ方は逆効果です。それでも記事タイトルにはキーワードのすべてを入れるべきです。検索結果から選ばれるような言葉で自然な形でキーワードを入れたタイトルを作りましょう。

 

記事タイトル

 

記事タイトルのできるだけ「左側」にキーワードを入れるというのが昔から言われるポイントです。

 

つまり、たとえば「アフィリエイト」というキーワードを狙っているのなら【アフィリエイトの稼ぎ方を徹底解説】というタイトルなら左側にキーワードが来ていますが、【お金を稼ぐならアフィリエイト】というタイトルなら左側には「お金」とか「稼ぐ」というキーワードが入っているので、アフィリエイトというキーワードでは強いアピールができていないと考えられるわけです。

 

もちろん、キーワードによってはライバルも対策が弱くて、ここまでしっかり準備をしなくても上位表示ができてしまうキーワードもあります。ただ、あとからライバルが対策してくる可能性もあるので、できるだけ記事タイトルの左側にキーワードを入れてみましょう。

 

見出しタグ

 

見出しとはまさに上の「見出しタグ」と少し大きく書いてある部分が見出しです。本で言うと「章」のような役割です。

 

見出しタグは「hタグ」と呼ばれるタグで設定します。

 

アフィリエイトのワードプレスの始め方はこちら

 

見出しにも狙っているキーワードの一部や(全部でも良い)関連キーワードを使いましょう。ただし不自然な使い方は逆効果なので、自然に入れられるところに使うという考え方が大切です。

 

本文

 

当然、本文にも狙っているキーワードを入れて書きましょう。そのキーワードについて記事を書いているのに本文で一度もキーワードが出ていないというのは逆に不自然ですよね。

 

狙っているキーワードは、本文のできるだけ最初のほうに使うと良いと言われています。これも、そのキーワードについてしっかり情報をまとめようと思えば自然とそうなるからです。

 

記事のはじめに、まず結論をまとめて伝えてあげる構成を心がけると自然とキーワードも使いやすいです。

 

画像のaltタグ

 

altタグとは画像の説明文のことです。

 

altタグは見落としている人が多いですが、検索エンジンはこうした裏側の情報までチェックしているのでaltタグもしっかり設定をしましょう。画像とあまりに違うのはダメですが、画像の説明として狙っているキーワードや関連キーワードを使うと効果的です。

 

ワードプレスの場合は、記事に追加した画像をクリックして編集ボタンを押して出てくる画面で「代替テキスト」という欄に説明文を入れればaltタグの設定は完了です。

 

ワードプレスの始め方はこちら

 

 

アフィリエイト記事のタイトルの文字数

アフィリエイト記事のタイトルの文字数

 

アフィリエイト記事のタイトルにはそれぞれ目安とすると良い文字数があります。

 

主に、SEO用の記事タイトルとメルマガの件名については文字数を考えると良いです。SNSはタイトルという考え方がないので、一行目の書き出しがタイトルの役割があります。

 

SEOでは検索結果で表示される文字数(32文字)、メルマガは受信ボックスで表示される文字数(15文字~20文字程度)が目安です。

 

SEO用の記事の場合

 

SEO用の記事(サイトの記事)では、検索結果に表示される文字数の範囲内でまとめることが大切です。これは32文字程度と言われています。

 

32文字のできるだけ先頭の方に狙っているキーワードを使いましょう。

 

また記事の説明文(ディスクリプション)にもキーワードを使うことを心がけましょう。

 

メルマガの場合

 

メルマガの件名(タイトル)の場合は受信ボックスで表示される文字数が目安です。最近はパソコンではなくスマホでメルマガを読んでいる人も多いので注意が必要です。スマホによって表示される件名の文字数は違うのですが、大体15文字~19文字程度なら表示されることが多いです。

 

また、最近のメールはあまり過激な表現やもうけ話のような言葉を使うと迷惑メールフォルダーに入りやすい傾向があります。

 

いわゆる「釣る」ということを狙いすぎず、健全に気になるタイトルを作れるように工夫しましょう。自分が好きなメルマガ発行者の件名の付け方などをヒントにしましょう。

 

 

アフィリエイト記事のタイトルの付け方

アフィリエイト記事のタイトルの付け方

 

アフィリエイト記事のタイトルを考えるとき、特にサイトの記事タイトルは付け方に工夫が必要です。

 

サイトの場合は検索エンジンからの集客をメインで考えます。検索エンジン対策のことをSEOと言います。

 

記事タイトルの付け方しだいでSEOの効果も変わることがありますので、ポイントを覚えましょう。

 

キーワードを意識したタイトル

 

前提となる考え方は、キーワードを意識した記事タイトルにすることです。

 

本や雑誌のようなおしゃれなタイトルにするのではなく、「記事タイトルを見ただけで何について書かれたものか理解できるもの」にすることがポイントです。

 

つまり、記事を書くときにはその記事で上位表示を狙うキーワードを決め、そのキーワードを記事タイトルにも入れるということです。

 

できるだけ左側に出す

 

記事タイトルの言葉の中でも、狙っているキーワードはできるだけ左側に出すことが望ましいとSEOの業界では昔から言われています。

 

左側に出すとはどういうことか、例を出します。たとえば「タイトル 付け方」というキーワードを狙っているとします。

 

「タイトルの付け方を変えるだけでブログのアクセス数を増やせる話」というタイトルなら、「タイトル 付け方」というキーワードができるだけ左側に入っています。

 

「ブログのアクセス数を増やしたいならタイトルの付け方を工夫しよう」というタイトルだと、「タイトル 付け方」というキーワードがかなり右側に出てしまいますよね。これだとSEO(検索エンジン対策)としては効果が低いと言われています。

 

クリックしたくなるタイトル

 

検索エンジンの検索結果で上位表示ができても、検索ユーザーにアクセスしてもらえるとは限りません。

 

なぜなら正しくは、検索結果の一覧に並んだ記事タイトルなどを見てユーザーが選んだコンテンツにアクセスが集まるからです。つまり、検索結果でライバル記事よりも魅力が伝わるタイトルであることが望ましいです。

 

魅力が伝わるというのは、「自分が調べたい情報が書いてありそうだ」ということが伝わるという意味です。

 

記事タイトルのメンテナンス

 

Search Consoleなどを入れていると、どんなキーワードで何位に自分の記事が上がっているのかがわかります。

 

Search Consoleについてはこちらでも解説しています

 

Search Consoleで11位~20位にいるようなキーワードがあれば、そのキーワードで検索してみて実際にどの記事が上がっているのかを調べましょう。

 

中には、メインで狙っているキーワードとは違うキーワードで上がっている場合もあります。そのような場合には、上がっているキーワードが記事タイトルに使われているかなどをチェックしてメンテナンスをしましょう。

 

記事ごとに狙っているキーワードや記事のURLなどをCSV形式などで保存しておくと良いです。

 

 

見出しも大切

wordpressの見出し

 

見出しというのは、この文章の上の「見出しも大切」とか、この文章の下の「見出し構成を作ると記事も書きやすい」といったものです。

 

記事の中の見出しは本でいうと「章」にあたる役割ですね。この見出しにもキーワードや関連する言葉を入れると良いです。

 

見出しはhタグというタグで挿入をします。検索エンジンは見出し構成もチェックしています。

 

見出し構成を作ると記事も書きやすい

 

よく、記事がなかなか書けないという人がいますが、これは見出し構成を先に考えることで解決できます。

 

記事の構成を考えずに「こんにちは」と書き出してしまうと、途中で「何の話をしているんだ」と方向性に迷うこともありますし、ネタが尽きることもあるでしょう。

 

しかし、「キーワードを決める」→「ライバルチェックをする」→「見出し構成を考える」→「記事を書く」という順番で作業をすることで、ユーザーが知りたい情報をしっかりまとめた記事が完成します。

 

ライバルチェックならこちら

 

 

本文でのキーワードの使い方

本文でのキーワードの使い方

 

記事の本文でも狙っているキーワードはしっかり使いましょう。実際、狙っているキーワードについてユーザーが知りたい情報をまとめているのに、そのキーワードが本文で一度も出てこないというのは不自然です。

 

最低でも本文で一度は狙っているキーワードを使いましょう。できるだけ書き出しはじめで出現させると良いです。

 

一度だけではなく、自然な形であれば本文で何度も使って構いません。ただし、検索エンジンにアピールしたいがために不自然に使うことは逆効果です。

 

 

キーワードやタイトルの注意点

キーワードやタイトルの注意点

 

ここまで、キーワードやタイトルの考え方についてのコツを説明してきました。

 

最後に、コツとは違って少し知っておくと良いことをまとめます。

 

検索エンジンはとても頭が良いので、狙っているキーワードをむりやりアピールせずに、自然な形で使うことがポイントです。自然な形でこれまでアドバイスした工夫を取り入れてみましょう。

 

自然なタイトルや見出しを考えよう

 

タイトルには狙っているキーワードのすべてを入れる。なおかつ、できるだけ左側に配置する。さらに、クリックしたくなるタイトルにする。など、たくさんアドバイスをしてきました。

 

ですが、それらを守っていればどんなタイトルでも良いわけではありません。

 

タイトルの言葉が自然な形であることが大前提です。コツを守っていればめちゃくちゃな言葉でも良いのではなく、自然で整った言葉にまとめることが大切な前提条件です。

 

検索結果に表示される言葉

 

検索結果に表示される言葉や、記事の説明文(ディスクリプション)は、ときどき記事に設定したものと違うことがあります。

 

最近の検索エンジンでは、記事の内容をしっかりチェックして検索結果にふさわしい部分を検索結果に表示します。ですから記事タイトルが検索結果にそのまま表示されない場合もあるようです。

 

ただし、この記事で説明してきたやり方は「コンテンツSEO」といって、ユーザーのためになる情報を更新するという意味で検索エンジンと同じ方向を目指す手法ですから、どんな形で検索結果に表示されようとコツはこの記事で説明してきたものと変わりません。

 

より詳しくキーワードについて学ぶなら

キーワードについて学ぶなら

 

より詳しくキーワードについて学ぶなら「キーワード革命」という教材をおすすめします。

 

キーワード革命はCatch the Webさんの商品です。Catch the Webさんと言えば、SEOにもとても詳しくて優良なノウハウを提供してくれることでも有名です。

 

キーワードはサイトの売上の8割を決めるとも言われますので、ぜひ学びましょう。

 

キーワード革命の詳細はこちら

 

 

キーワード選定に役に立つツール

キーワード選定に役に立つツール

 

キーワード選定にはライバルサイトについてのデータを集めることが大切です。

 

たとえば、ライバルサイトがどれくらいSEOに強い状態かということや、ライバルサイトがどれほど広告などのタグを埋め込んでいるかなど、ライバルサイトをチェックすることでそのキーワードの上位表示の難易度がわかるのです。

 

ですから、キーワード選定のデータはツールにやらせたほうが正確ですし、自分だけの力でやるのには限界があります。「コンテンツスカウターZ」というツールが本当におすすめなのでぜひ一度詳細を読んでください。

 

コンテンツスカウターZの詳細はこちら

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードとタイトルの考え方をまとめました。

 

キーワード選定もタイトルの付け方も、アフィリエイトで稼ぐために大切な作業です。

 

アフィリエイトはこうした細かい工夫の積み重ねで結果が大きく変わりますから、ぜひ一つずつ取り組んでみましょう。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトのキーワード選定の優先順位やツールなどのランキング

アフィリエイトのキーワード選定の役に立つランキング

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトにおいてキーワード選定はとても大切な作業です。

 

キーワード選定について、正しく理解して準備をすることで見込み客のアクセスを集めて稼げます。

 

この記事では、アフィリエイトのキーワード選定の基本と、優先するべきキーワードのランキングやおすすめのツールなどを紹介します。

 

 

アフィリエイトのキーワード選定

アフィリエイトのキーワードに関するランキング

 

アフィリエイトで稼ぎたい人は、キーワードについてしっかりと考えて準備をしましょう。

 

アフィリエイトの収益の8割はキーワード選定で決まると言われているほどです。

 

まずはアフィリエイトのキーワードの基本を覚えてください。

 

キーワードとは

 

キーワードとは「検索キーワード」のことで、検索エンジンで検索をするときに使う言葉のことです。

 

何かのキーワードで検索をしたときに、あなたの記事が検索結果で上位表示をされていればそこからアクセスが集まりアフィリエイトの収益が発生します。

 

ですからアフィリエイトのキーワードは、ご自身が紹介している(アフィリエイトをしている)商品の見込み客が検索しそうなキーワードを選ぶことがコツです。

 

なぜ必要なのか

 

検索エンジンは、検索キーワードに対してできる限り適切な情報を検索結果で返す役割を担っています。

 

ですから、サイトの運営者は記事を書くときに「この記事はどんなキーワードで検索した人に向けた記事なのか」を意識して書くことで、検索エンジンに評価され検索結果で上位表示ができるのです。

 

もし、キーワードを決めずに記事を書いてしまえば、検索エンジンからアクセスを集めることが難しくなるのです。

 

検索意図とは何か

 

検索エンジンはユーザーの検索意図に対して適切な情報を表示しようとしていると言われています。

 

検索意図とは「そのキーワードで検索をする理由」です。

 

たとえば、「Google アカウント 取り方」というキーワードであれば、「Googleのアカウントの取り方を知りたい」という検索意図があるわけです。

 

ビッグキーワードとは

 

ビッグキーワードとは、「Google」とか「検索エンジン」とか「アフィリエイト」などのように月間の検索数が多いキーワードのことです。

 

基本的に単語のキーワードを指すことが多いです。

 

ビッグキーワードは検索される回数も多いですが、その分だけライバルも強いので、ある程度サイトが育ってから狙うと良いでしょう。

 

スモールキーワードとは

 

スモールキーワードとは、月間の検索数がビッグキーワードほど多くなくその代りにライバルも少ないキーワードのことです。

 

基本的に「Google 検索エンジン 使い方 初心者」など、いくつかの単語で構成されたキーワード(複合キーワード)が該当することが多いです。

 

スモールキーワードは検索される回数は少ないですが、ターゲットが明確なキーワードであることも多くライバルも少ないため検索エンジンに評価されやすいです。ですから、サイトにアクセスが集まるまではスモールキーワードを中心に記事を書くことがコツです。

 

複合キーワードとは

 

たとえば、「メールの使い方」について検索をする時「Gメール」と検索することもありますが、「Gメール 使い方 初心者」などといくつかの単語を入れて検索することもあるでしょう。

 

このように複数の単語の組み合わせのキーワードのことを複合キーワードと言います。

 

複合キーワードはスモールキーワードにあたることが多いですが、ターゲットが明らかなので記事を書きやすく検索エンジンの評価を得られる可能性も高いです。

 

 

準備するキーワードのランキング

準備するキーワードのランキング

 

サイトを作ったら記事を書いていきますが、その優先順位について説明します。

 

まずは、アフィリエイトなどがサイトの目的の場合は商品が売れる仕組みがなければ意味がないので、商品を紹介する記事を書きます。

 

それから、その商品のジャンルに関する関連記事をたくさん作っていくのです。

 

サイトの作り方はこちら

 

商品名

 

まずは商品名をキーワードにして、記事を書きましょう。

 

記事を書くときには、ライバルサイトの構成などをチェックした上で、より検索意図の答えとなる記事の構成を考えてから文章を作ります。

 

構成を考えずに文章を書くよりも、構成を考えてから文章を書いたほうが書きやすいですよ。

 

関連キーワード

 

商品を紹介したり(アフィリエイトをしたり)、売るための記事ができたら、次にその商品のジャンルの関連キーワードをピックアップします。

そのときに便利なツールがこちら

 

そして、その関連キーワード一つずつに対して記事を作ります。

 

ちなみにたとえば、「アフィリエイト 関連キーワード 集め方」というキーワードと「アフィリエイト 関連キーワード 意味」というキーワードは別物です。途中まで同じ言葉であっても一部でも違えばSEOとしては違うキーワードと考えるので、関連キーワード一つずつに対してていねいに記事を作っていきます。

 

メインキーワードをずらす

 

関連キーワードのピックアップは、メインとなるキーワードを軸に考えます。たとえばあなたのサイトのジャンルがチョコレートについてのサイトなら「チョコレート」というメインキーワードを軸に関連キーワードを集めて記事を増やします。

 

たくさん記事を書いていくと、メインキーワードについてほとんど関連記事を作り終わったということもあるでしょう。

 

その場合にはメインキーワードを近いジャンルで少しずらしたり広げたりします。たとえば「チョコレート」から「お菓子」というようにずらして、また関連キーワードを集めて記事を書いていくのです。

 

 

最新のGoogleに好まれる基準ランキング

Googleに好まれる記事ランキング

 

Googleはサイトの構成や外部のサイトから送られているリンクの数なども評価の基準としていますが、何よりチェックしているのはコンテンツ(記事)の内容です。

 

良い記事をたくさん書けば、Googleに評価をされてサイト全体のアクセスが増えます。良い記事とは「検索意図の答えとなる記事」のことです。

 

いわゆるURLにあたる文字列のことをドメインと言います。このサイトならaffimark.netがドメインです。良い記事を増やすことで、あなたのドメインの評価が上がり各記事の検索順位が上がってアクセスが増えるのです。

 

1.コンテンツ(記事)の内容

 

とにかくチェックされているのはコンテンツの内容です。

 

ほかにどんな対策をしても、コンテンツの内容が悪ければ検索エンジンの評価が上がらず、アクセスが安定しません。

 

Googleは定期的に大幅な検索の基準のアップデートをしていますが、そのときに検索順位が大きく下がってしまう人はコンテンツの内容が悪いことが多いです。

 

2.ドメインの評価

 

良い記事をたくさん書いていると、あなたのドメインがGoogleに評価されていきます。

 

評価されているかは点数などを見ることはできませんが、アクセス数で判断ができます。

 

今までアクセスが来ていない記事ばかりでも、そのまま良い記事を作り続けているとある時から各記事のアクセスが増えます。このタイミングが検索エンジンがあなたのドメインを評価し始めたタイミングです。ここまで来ると、そのあとに書く記事についてもアクセスを集めやすくなるのです。

 

3.権威性

 

検索エンジンはとても頭が良いので、「誰が書いた記事なのか」ということもしっかりチェックをしています。

 

したがって、アフィリエイトの場合でもプロフィールはしっかりと書きましょう。プロフィールはあなたの自己紹介だけでなく、経歴や「なぜこのサイトをやっているのか」ということも書きます。

 

たとえば、ダイエットに関するサイトをやっているのなら「なぜ自分がダイエットのサイトを始めたのか」「自分はどんな経験があるのか」「サイトを見ている人にどうなってほしいのか」など、ビジネスの理念をしっかり書くことで権威性をアピールできます。

 

 

キーワード選定に使うツールランキング

キーワード選定に使うツールランキング

 

弊社でも年間に100記事以上の執筆やメンテナンスをやっています。

 

すでに書いた記事に関しても、定期的にメンテナンスを入れて最新の情報に更新をしています。そのたびにキーワードを見直すことも多いです。

 

そこで、キーワード選定に役に立つツールをご紹介いたします。

 

コンテンツスカウターZ

 

良い記事をたくさん書いて、Googleからアクセスを集めるやり方を「コンテンツSEO」と言いますが、良い記事を書くためにかなり便利なツールが「コンテンツスカウターZ」です。

 

Catch the Webという会社からリリースされているツールで、ライバルサイトの情報やキーワードに関する多くのデータを自動で集めてくれます。関連キーワードのピックアップも一気にやってくれるのでありがたいです。

 

キーワード選定は自分でやろうとするとなかなかデータが集まりませんが、ツールにまかせれば得られたデータをもとに狙い目のキーワードを見つけられるのです。

 

コンテンツスカウターZについてはこちら

 

Search Console

 

Search Console(サーチコンソール)はGoogleがサイトの運営者に向けて提供している無料のツールです。

 

Googleのアカウントがあれば使えます。

 

Search Consoleに登録をすると、あなたのサイトがどんなキーワードで何位くらいに表示されているのか、また検索結果からどのくらいクリックがされているのかをチェックできます。弊社では、Search Consoleで11位~20位をつけているキーワードで上がっている記事は、情報の更新や文章の補強などをしてメンテナンスを入れています。

 

Google Analytics

 

Google Analytics(グーグルアナリティクス)も、Googleが提供している無料の解析ツールです。

 

いわゆるアクセス解析というもので、自分のサイトのアクセスについてのデータを集められます。

 

アフィリエイトの場合だと、アクセス数がわかれば商品の成約率(CVR)も計算できるのでレビューページの改善などにも役立つでしょう。

 

検索エンジン

 

関連キーワードを集める作業はツールにまかせるのがおすすめです。

 

ですが、ご自身でやっていただくことも可能です。

 

検索エンジンの検索結果の下には、「関連キーワード」が表示されています。これらを集めていけばツールを使わなくても関連キーワードをピックアップできます。「関連キーワードの関連キーワード」といったようにどんどん掘り下げられるのでたくさん集められますね。

 

ただし、ツールでデータを集めることとの違いは、検索エンジンの検索結果から関連キーワードを集めることは「関連キーワードを集める」ということはできても、そのキーワードに対してのライバルサイトのデータなどは集まらないので、狙い目のキーワードなのかどうかという判断はどうしてもあいまいです。

 

 

キーワードの優先順位ランキング

キーワードの優先順位ランキング

 

キーワードには大きく分けて「単一キーワード(一つの単語のみのキーワード)」と「複合キーワード(2つ以上の単語がスペースで区切られているキーワード)」があります。

 

検索エンジンの評価を上げて、アクセスを増やすためにおすすめの優先順位があります。

 

検索エンジンは「どんなユーザーに向けて書いた記事なのか」を見ているので、それを意識した優先順位でキーワードを考えると良いです。ここではその優先順位を説明します。

 

1.三語・四語の複合キーワードから

 

まずは三語や四語の複合キーワードから記事を書くと良いでしょう。

 

たとえば「アフィリエイト キーワード 考え方 ランキング」は四語の複合キーワードです。

 

単語が多い分だけターゲットとその悩みが明確で、ユーザーが知りたい情報をよりまとめやすいでしょう。検索エンジンはそうした記事を評価するので、まずは三語や四語の複合キーワードから狙って記事を書くことがおすすめです。

 

2.二語の複合キーワード

 

メインキーワードを軸にして三語や四語のキーワードに対して記事を書けたら、次に二語のキーワードも狙っていきます。

 

当然、三語や四語のキーワードに比べるとビッグキーワードに近いです。ミドルキーワードと言って良いでしょう。

 

ですから、検索エンジンに何も評価されていないうちは二語のキーワードに対して記事を書いても上位表示は難しいですが、すでに三語や四語のキーワードで上位表示ができていればミドルキーワードも狙える段階なので二語の複合キーワードの記事も書いて良いです。

 

3.単一キーワード

 

単一キーワードとは「アフィリエイト」などのように一つの単語だけのキーワードのことです。いわゆるビッグキーワードです。

 

複合キーワードでそれぞれ上位表示が多くなっていれば、かなりあなたのドメインが検索エンジンに評価されている状態です。

 

その状態でビッグキーワードを狙えば、単語の検索でも上位が取れるかもしれません。

 

それぞれライバルが弱いキーワードから

 

ここまで優先順位のランキングとして「三語や四語のキーワード→二語のキーワード→単語のキーワード」という順番をおすすめしましたが、それぞれその条件なら何でも良いわけではありません。

 

たとえば複合キーワードであっても、その中でもライバルが強いキーワードもあれば弱いキーワードもあります。

 

ライバルの強さは、ライバルが検索エンジン対策(SEO)をどの程度考えているかということや、サイトの中に広告タグが入っているかどうかから判断ができます。これはツールでデータを取れるので、しっかりチェックすると良いです。

 

役に立つツールはこちら

 

そうしたライバルサイトのチェックに役に立つツールが、先程も紹介した「コンテンツスカウターZ」です。

 

ライバルに広告タグが入っているサイトが多ければ、そのキーワードはかなり対策をしているライバルが多いと考えられるので後回しで良いでしょう。

 

またライバルのSEOの強さは「allintitle」と「intitle」の数値の差から判断ができます。allintitleとはキーワードのすべてが記事タイトルに入っている状態のこと。intitleとはキーワードの一部が記事タイトルに入っている状態のことです。

 

コンテンツスカウターZを使うと、allintitleやintitleのライバルサイトの数値やライバルサイトの広告タグの有無もチェックできます。

 

 

キーワード選定の基準ランキング

キーワード選定の基準ランキング

 

では、もう少し細かくキーワード選定の基準をまとめましょう。

 

データだけでなく、そもそもアフィリエイトをしたい商品のジャンルと狙おうと思っているキーワードの検索意図が合っているかなども考える必要があります。

 

大切なのは「見込み客のアクセスを集めること」なので、これを忘れないようにしてください。

 

アフィリエイトのジャンルとの関係

 

本当に大切なことは、アフィリエイトをしている商品の見込み客を集めることです。

 

たとえばwordpressの作り方に関する教材をアフィリエイトしているとします。この場合、「wordpress 作り方」とか「ブログ 作る 自分で」などのキーワードは見込み客としてふさわしいでしょう。ですが、「ブログ 無理」とか「ブログ むずかしい 共感」などのキーワードはブログやwordpressをやろうと思っていない人が検索するキーワードだとも考えられるので見込み客とは離れていますね。

 

このように、自分が売りたい商品の見込み客が検索するキーワードを選ぶことがまず大切です。

 

購買につながるキーワードかどうか

 

同じように、商品の購入につながりそうなキーワードから優先させます。

 

たとえば「ラーメン 神奈川県 おすすめ」というキーワードと「ラーメン 神奈川 まずい」というキーワードなら、どっちがラーメン屋さんの購買につながるでしょうか。もちろん、「ラーメン 神奈川県 おすすめ」ですよね。

 

仮にツールなどで取得したデータとしては同じくらい検索上位が取れそうだと判断できても、購買につながらないキーワードについて記事を書くのは意味がありません。商品の見込み客が集まるキーワードを選びましょう。

 

複合キーワードから

 

「ビッグキーワードでもし上位表示できたら、一気にアクセスが集まる」と思って、ビッグキーワードから記事を書いてしまう人もいますが、実際にはそれは難しいです。

 

もし実際に検索してみてビッグキーワードなのにライバルに大手のサイトや作り込んだサイトがいなければ本当にチャンスですが、それはかなりレアです。

 

ですから、まずは複合キーワードから確実に記事を増やし、ドメインの評価を上げてからビッグキーワードを狙いましょう。

 

allintitleとintitleの数値の差

 

先ほど説明した「allintitle(キーワードのすべてが記事タイトルに入っている状態)」と「intitle(キーワードの一部が記事タイトルに入っている状態)」に関して、ライバルサイトのこれらの差が大きいものはチャンスです。

 

なぜなら、この数値の差が大きいということは「キーワードの一部しか記事タイトルに入っていないのに検索エンジンにインデックスされている(検索結果にある)」ということなので、そのキーワードはSEO(検索エンジン対策)があまり強くなくても上位表示が取れる可能性があるということなのです。

 

逆に、あなたが記事を書くときには必ずキーワードのすべてを記事タイトルに入れてください。たとえば「アフィリエイト 稼げる 中高年」というキーワードを狙っているなら、「アフィリエイトは稼げるビジネス:中高年向けのアドバイス」などと、キーワードのすべてを記事タイトルに入れるのです。

 

ライバルサイトのallintitleとintitleの数値をチェックするなら

 

ライバルサイトの広告タグの有無

 

ライバルサイトにアフィリエイトやグーグルアドセンスの広告タグが入っていれば、ライバルもSEOをしっかりやっているということが考えられます。

 

ですから、ライバルサイトに広告タグが入っているかどうかもキーワード選定の基準と考えて良いです。

 

複合キーワードの中にはライバルが広告をあまり使っていないキーワードも存在することがあり、もしそうしたキーワードが見つかれば狙い目です。

 

ライバルサイトの広告チェックもこちらが便利

 

 

ロングテールキーワードが大切

ロングテールキーワードが大切

 

この記事では「複合キーワードから優先させよう」と説明をしてきました。

 

複合キーワードの方が検索エンジンに評価をしてもらいやすいというものありますが、そのほかにも理由があります。

 

複合キーワードのことをロングテールキーワードとも言います。ロングテールを狙うことで、メインで意識しているキーワードのほかのキーワードからもアクセスが増えるので最終的にとてもアクセスを集めやすいのです。

 

関連キーワードからアクセスが増える

 

ロングテール(複合キーワード)を意識して記事を書くと、関連キーワードからのアクセスが増えていきます。

 

たとえば、「アクセスアップ」というキーワードをメインに考えていても複合キーワードを意識して関連記事をたくさん書くことで「SEO」とか「サイト」とか「ネット集客」などの関連キーワードからもアクセスが増えるのです。

 

ですから、初心者だから複合キーワードが良いよという意味ではなく、上級者でも複合キーワード(ロングテール)をしっかり意識したほうが最終的なサイトからの収益も大きくなるのです。もちろんアフィリエイトの場合も同じです。

 

関連キーワードの記事を増やす

 

ですから、手順としてはまずメインで意識しているキーワードの関連キーワードをたくさんピックアップします。ピックアップしたものはCSV形式で保存をしておくと良いです。

 

そして、関連キーワードの中でも、先程紹介したような判断基準をもとに狙い目のキーワードを優先させつつ記事を増やしていきます。

 

こうしていくうちに、あなたの見込み客が集まるサイトが育つのです。

 

 

書いた記事のキーワードをメンテナンス

書いた記事のキーワードをメンテナンス

 

一度書いた記事についても定期的にチェックをしましょう。

 

検索エンジンは検索意図の答えとなる情報を常に表示しているので、キーワードによっては古い情報だとだんだん検索順位が落ちることがあります。

 

最低でも月に一度は、Search Consoleなどで順位をチェックし、11位~20位に順位をつけているキーワードやそのキーワードで上がっている記事についてはメンテナンスをするべきです。

 

Search Consoleを使う

 

Search Consoleについてはこの記事でも説明をしました。

 

Search Consoleで11位~20位に順位があるキーワードは、そのキーワードで実際に検索してみてどの記事がそのキーワードで上がっているのかを見ます。

 

11位から20位にいるということは、もう少しがんばれば検索結果で1ページめ(つまり1位~10位)に上がるということなので、情報が最新で正しいものかどうかということや、補足したほうがわかりやすいことはないか、見やすさはどうかなどをチェックしてメンテナンスをしましょう。

 

定期的なメンテナンスをしよう

 

弊社でも月に一度はメンテナンスを入れて記事の内容をチェックしています。

 

やはりメンテナンスを入れた記事は順位が回復することが多く、アクセスも伸びます。

 

またそのように定期的にメンテナンスが入っているサイトは検索エンジンからのドメイン評価も上がり、アクセスが高い水準で安定する傾向にあります。

 

情報は最新か

 

一度作った記事でも、たまにチェックをしないとリンクが切れていたり埋め込んだ動画が見られなかったり、情報が古かったりするでしょう。

 

何度も言うように、検索エンジンは最適な情報でなければ上位表示をしません。

 

アクセスが伸びたあともメンテナンスを続けることが長く成功するサイトのコツです。

 

 

キーワード選定はユーザーのためになる

キーワード選定

 

何よりもアフィリエイトという仕事を好きになってほしいと思っています。私たちはあなたらしい成功をつかんでほしくてコンサルティングなども提供しています。

 

アフィリエイトという仕事はサイトやSNSやメルマガで情報発信をして、ユーザー様に適切な情報を届ける仕事でもあります。

 

キーワード選定という作業は、「どんな人にどんな情報を届けるか」を決める大切な仕事なので、人の役に立つ作業だということを忘れないでください。

 

ターゲットをしっかり決めよう

 

ですから、キーワードを決めたあとにすぐに記事を書くのではなく、「ターゲットの属性」「ターゲットの悩み」などを書き出してから記事を作ります。

 

私も必ずそのような準備をやってから記事の執筆に入っています。この記事を書く前にもお客様の属性や悩みを書き出しています。

 

ターゲットをしっかり決めることで、検索エンジンがやろうとしている「ユーザーのためになる情報を提示する」という方向性と一致するので、上位表示がしやすくなるのです。また、そのターゲットがあなたがアフィリエイトをしている商品の見込み客と合っているかどうかも考えてくださいね。

 

幅広く狙わない

 

ついつい「たくさんの人が興味を持つ内容を」と考えてしまうかもしれませんが、検索エンジンは「どんな人に向けての情報なのか」を大切にしているので、どちらかと言えばSEO(検索エンジン対策)を考えるならターゲットはしぼったほうが良いです。

 

一つの記事のターゲットを幅広く考えるのではなく、Aというターゲットに対しての記事、Bというターゲットに対しての記事という感じでターゲットごとに記事をわけたほうが良いでしょう。

 

「どんな悩みを持っている人に、どんなメッセージを伝えるのか」を意識して記事を書くと良い記事が書けます。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワード選定のコツをさまざまな角度からランキングという形でお届けしました。

 

まずはアフィリエイトサイトのジャンルを決めて、メインで狙うキーワードを決め、そのメインキーワードの関連キーワードをピックアップしましょう。

 

ピックアップしたキーワードの中でも複合キーワードから優先して記事を書いていくことがおすすめです。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトのキーワードの検索数の考え方と大切なコツを解説

アフィリエイトのキーワードの検索数の考え方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぎたい人は、キーワードの検索数(検索ボリューム)を調べて記事を書くかどうか判断する場合があるでしょう。

 

しかし、検索数よりも競合のリサーチや購買意欲が高いキーワードかどうかといった調査のほうが大切です。

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードの検索数の考え方とそのほかのコツについてまとめます。

 

キーワードの考え方はこちらで学べます

 

 

Googleが評価する記事とは

Googleが評価する記事とは

 

Googleは、検索ユーザーが「どういうことを知りたくてそのキーワードで検索しているのか」を判断し、その答えにできるだけ近い情報を検索結果で表示します。

 

アフィリエイトで大切なのは、キーワードを決めてそのキーワードで検索する人が知りたい情報をしっかり記事にすることです。

 

 

検索数よりも先に調べること

検索数よりも先に調べること

 

キーワードの検索数が高いか低いかよりも先に、アフィリエイトをしっかりやっていくために準備するべきことがあります。

 

まずはサイトのジャンルをしっかり決め、そのジャンルの関連キーワードを一気にピックアップしておくと良いです。

 

自分がやりたいジャンルを決める

 

アフィリエイトはコツコツと記事を書く作業が多いです。

 

そのため、自分があまり興味を持てないジャンルでアフィリエイトをするのはつらいので、自分がやりたいジャンルでサイトを作るようにします。

 

自分が好きなジャンルややりがいを感じるジャンルについて、ASPをチェックしてアフィリエイトができる案件があるかどうかを調べましょう。

 

ニーズがあるジャンルかどうか

 

また、自分が思いつくジャンルについて、実際にインターネットで検索をしてみてください。

 

インターネットで検索をすれば、そのジャンルにニーズがあるかどうかがわかります。

 

インターネットでニーズがあるジャンルでしたら、ニッチなジャンルでも稼ぐことができます。

 

そのジャンルのキーワードを抜き出す

 

ジャンルが決まったら、検索数はとりあえず気にしなくて良いのでそのジャンルの関連キーワードを一気に抜き出します。

 

この抜き出したキーワードの中から、狙い目のキーワードを考えていきます。

 

一つずつ判断するよりも、まずは関連キーワードを抜き出して一覧にしてから判断した方がスムーズです。

 

関連キーワードを抜き出すのはツールのほうがらくです

 

 

アフィリエイトのキーワードの考え方

アフィリエイトのキーワードの考え方

 

キーワードとは検索ユーザーが検索をするときに使う言葉のことで、アフィリエイトの記事を書くときにはこのキーワードを決めてから記事を書きます。

 

つまり、今から書く記事はどんなキーワードで検索したときに上位表示したいのかを考えて記事を書くということです。

 

アフィリエイトのキーワードとは

 

あなたも検索エンジンで検索をするときには、何か言葉を入れて検索をかけますよね。

 

たとえば「神奈川県 ラーメン おすすめ」といったように、検索をするときに入れる言葉のことを「キーワード」と言います。

 

キーワード選定が大切な理由

 

Googleは、「どんな人に向けてどんな内容が書かれているのか」をチェックして検索順位を決めています。

 

キーワードをしっかり決めることで、このGoogleの狙いと合った記事ができるのでキーワード選定はアフィリエイトで大切な作業なのです。

 

月間検索数(検索ボリューム)とは

 

月間検索数(検索ボリューム)とは、一カ月の間にそのキーワードが検索エンジンで検索された回数を示す言葉です。

 

基本的な考え方としては、月間検索数が多ければニーズも高いわけですがその分だけライバルも多く、月間検索数が少ないとニーズが少ない分だけライバルも少ないと考えられます。

 

キーワードについての考え方はこちら

 

検索数よりも大切なこと

 

検索数が高いからといって必ずライバルが強いわけでもないですし、検索数が少ないからといって狙い目というわけでもありません。

 

検索数よりも大切な考え方は、購買意欲が高いキーワードを狙うことや、ターゲットが明確になる複合キーワードから記事を書くことです。

 

アフィリエイトのブログのキーワードについてはこちら

 

SEOはお客様のためになる

 

SEOとは、検索エンジンに評価されるサイトにするための対策のことですが、SEOは検索エンジン対策としてだけでなく、お客様に役に立つサイトにする役割もあります。

 

あなたのサイトにアクセスしてくるお客様からしても、できるだけ自分の知りたい情報がしっかり掲載されているサイトが望ましいので、SEOは検索エンジン対策をしてあなたが稼ぐためだけでなくお客様のための活動でもあるのです。

 

allintitleとintitleの差は計算する

 

「allintitle」とは、キーワードのすべてが記事タイトルの中に入っているページのことです。

 

「intitle」とは、キーワードの一部が記事タイトルに入っているページのことです。

 

ツールを使うと、それぞれの条件に当てはまる数が取得できるのですが、この数字の差が大きいということは「キーワードの全部がタイトルに入っていなくても検索エンジンに認識されているページが多い」ということになるため、SEOで狙い目のキーワードと判断できるわけです。

 

allintitleやintitleの計算をするツールはこちら

 

 

見込み客の数が多いキーワード

見込み客の数が多いキーワード

 

アフィリエイトで大切なことはアクセスを集めることですが、どんなアクセスでも良い訳ではありません。

 

集めるべきアクセスは、あなたがアフィリエイトをしている商品の見込み客となるアクセスなので、それを意識することが大切です。

 

購買意欲が高いキーワードは何か

 

たとえば、「ラーメン まずい」というキーワードと「ラーメン おいしい」というキーワードはどちらのほうがラーメンの購買意欲が高そうでしょうか。

 

「ラーメン おいしい」のほうがラーメンを買ってくれる可能性が高そうですよね。

 

このように検索数が高いか低いかよりも、購買につながるキーワードかどうかを判断することのほうが大切なのです。

 

何を知りたくて検索するのか

 

たとえばあなたがカップラーメンの通販をしているとしましょう。

 

それなら「ラーメン 神奈川県 お店」と「ラーメン 自宅 おすすめ」というキーワードでは、どちらのキーワードがカップラーメンの見込み客となるでしょうか。

 

答えは「ラーメン 自宅 おすすめ」で、このキーワードで検索する人はお店ではなく自宅でラーメンを食べたくておすすめの商品を探している可能性が高いので、見込み客と考えられます。

 

このように、検索の意図を考えて、その意図が自分が提案する商品の見込み客として合っているかどうかを考えてキーワードを選ぶと良いです。

 

 

キーワードの検索数の考え方

キーワードの検索数の考え方

 

キーワードの検索数よりも大切な考え方があるとわかってもらったところで、検索数についても基本を教えます。

 

よくある考え方としては、検索数が多いほど上位表示が難しく、検索数が少ないほど上位表示がしやすいというものです。

 

キーワードについて学ぶなら

 

検索数が少ないとかんたん

 

キーワードの月間検索数が少なければ、基本的にはライバルも少なくて上位表示がかんたんなことが多いです。

 

ただし、キーワードの月間検索数が少なくても、自分のビジネスの見込み客が検索するキーワードではなければ記事を書く必要はないです。

 

検索数が少なくても記事を書くべき場合

 

キーワードの月間検索数が少なくても、自分がアフィリエイトをしている商品の見込み客が検索するキーワードと言えるものでしたら記事を書くべきです。

 

月間検索数が少なければたくさんのアクセスは見込めませんが、スモールキーワード(検索数が少ないキーワード)で上位を取ることで検索エンジンからのドメインへの評価が上がるので効果的です。

 

アフィリエイトのブログのキーワードの考え方はこちら

 

検索数が多いキーワードは難しいのか

 

検索数が多いキーワードは、上位表示が難しいというのが一般的な考え方です。

 

ただし、検索数が多くても上位表示ができることもあります。

 

検索数は多いのに、ライバルサイトがあまりSEOの対策をしていない(アフィリエイトやアドセンスの広告がないなど)場合なら、ビッグキーワード(検索数が多いキーワード)でも上位表示ができることがあります。

 

こうした大きなチャンスとなる狙い目のキーワードを「お宝キーワード」と言ったり「ブルーオーシャン」と言ったりします。

 

狙い目のキーワードを探すならこちら

 

狙い目のキーワードとは

 

理想としては、「検索数が多くてライバルが弱いキーワード」が狙い目です。

 

ただし、このようなキーワードだけを狙うのではなく、スモールキーワード(検索数が少ないキーワード)でも見込み客が検索するキーワードと言えるものは記事を書いて上位を取りましょう。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

複合キーワードから記事を書く

 

複合キーワードとは、「ラーメン 神奈川県 おすすめ」といったように、いくつかの単語の組み合わせでできているキーワードのことです。

 

複合キーワードになるほど検索数が減るのが基本ですが、複合キーワードから記事を書くほうが検索エンジンの評価を上げやすいです。

 

単語のキーワードはドメインが育ったら

 

まずは、三語や四語の複合キーワードから記事を書いていき、検索数の少ないスモールキーワードで少しずつ上位が取れるようになったら、あなたのサイトが検索エンジンに評価されてきたと言えます。

 

その状態で単語のビッグキーワードについて記事を書くと、ビッグキーワードでも上位が取れます。

 

購買意欲が高く競合が弱いキーワード

 

複合キーワードの中でも購買意欲が高いか自分がアフィリエイトをしている商品の見込み客が検索するにふさわしいキーワードで、さらにライバルが弱いキーワードを見つければ狙い目です。

 

このようなキーワードは手動で探すのは難しいので、ツールでデータを取ってしまうほうが早いですし正確です。

 

おすすめのツールはこちらです

 

 

キーワードの検索数を気にする問題点

キーワードの検索数を気にする問題点

 

アフィリエイトのキーワードを決めるときに、検索数だけで判断するのは正しいやり方とは言えません。

 

検索数が多ければ難しいわけでも、検索数が少なければ狙い目なわけでもないからです。

 

この記事で説明したようなコツが大切だと理解してください。

 

アフィリエイトの詳しいやり方を学ぶならこちら

 

見込み客が集まるとは限らない

 

たとえば検索数が少ないから狙い目なのかというと、それだけでは判断できません。

 

検索数が少なくてライバルが弱くても、そのキーワードがあなたがアフィリエイトをしている商品の見込み客が検索するキーワードとは限らないからです。

 

トレンドで変わることもある

 

サイトは、あなたの人生でずっと残る稼ぎの土台です。

 

なので、長い目で考えれば今の検索数がこのあともずっと続くわけではありません。

 

トレンドで増えることもあり、減ることもあるため、今の検索数だけでキーワードを決めるのは間違ったやり方と言えます。

 

 

キーワードの検索数より大切なこと

キーワードの検索数より大切なこと

 

それではここから、キーワードの検索数より大切なアフィリエイトのコツを説明します。

 

検索数が多くても少なくても、次に挙げるようなことを意識してアフィリエイトをすることが大切です。

 

手順としては、まずライバルサイトの調査をして記事を書き、定期的なメンテナンスやSNSでの情報発信もすることがポイントです。

 

初心者に向けたアフィリエイトのやり方はこちら

 

ライバルサイトの作り込み度合い

 

キーワードを決めたら、ライバルサイトもチェックしましょう。

 

特に、1位から10位に表示されているサイトは必ずチェックします。

 

ざっと見てみて、あまりにも作り込んだサイトが多ければ後回しにしても良いでしょう。

 

ライバルサイトの広告をチェック

 

ライバルサイトにアフィリエイトやアドセンスの広告があるかどうかも見ましょう。

 

今の時代、何かしらの広告収入を目的に作っているサイトは多いですが、もしライバルサイトが広告をやっていないサイトが多ければ狙い目のキーワードと言えるでしょう。

 

ライバルサイトの広告についてもこのツールで調査できます

 

ライバルサイトの運営者をチェック

 

今の検索エンジンは「誰のサイトなのか」というポイントもチェックしていると言われています。

 

企業のサイトよりも個人のサイトのほうが、あなたがのサイトが高い順位に表示される可能性が高いので、狙うキーワードのライバルが誰のサイトなのかについてもチェックをしましょう。

 

ライバルサイトの構成もチェック

 

ライバルサイトの構成をチェックすることはとても大切です。

 

今の時点で、あなたが狙っているキーワードで1位から10位にいるライバルサイトは、その記事の構成が検索エンジンに評価されているから上位にいるわけなので、その構成をチェックしてよりわかりやすい構成で記事を書けばあなたの記事も上位表示される可能性が上がります。

 

記事を書くこと

 

ライバルの調査が終わったら、実際に記事を書きましょう。

 

アフィリエイトで大切なのは記事を書いて、公開することです。

 

初めは難しいと思うかもしれませんが、コツコツとがんばるうちに慣れてきます。

 

また、あなたが作った記事を増やすことで、はじめはアクセスが来なかった記事もだんだんアクセスが増えていきます。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

良い記事を書こう

 

「めんどうくさい」と思っても、必ず良い記事を書くように心がけてください。

 

検索エンジンは、良い記事を評価しますので、時間がかかっても良い記事を増やすようにしましょう。

 

良い記事とは、そのキーワードで検索するユーザーが知りたい情報をまとめた記事のことです。

 

ターゲットを決めて記事を書く

 

記事を書く前にターゲットについてまとめると良い記事が書けます。

 

たとえば、そのキーワードで検索する人は何が知りたくて検索をするのか、何に悩んでいて検索しているのかについてまとめておくと良い記事ができます。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

関連記事をどんどん増やす

 

似たキーワードであっても、関連キーワードについてどんどん記事を増やしましょう。

 

たとえば、「ラーメン 自宅 おすすめ」と「ラーメン 自宅 おいしい」は、途中まで同じキーワードですが、三語の複合キーワードとしては別のキーワードなので、それぞれについて記事を書くようにします。

 

このように関連記事を増やすことで、検索エンジンから評価が高まりアクセスが増えます。

 

複合キーワードを優先する

 

関連キーワードについて記事を増やすときに、複合キーワードから優先して記事を書いてください。

 

複合キーワードの方が検索数は少ないですが、その分だけ「どんな人に向けた記事なのか」がはっきりするので、よりユーザーに合った情報が書けて、検索エンジンからの評価が上がるのです。

 

ロングテールキーワードの強さ

 

ロングテールキーワードとは、ここまでに説明した「複合キーワード」のことですが、複合キーワードについてたくさん記事を書くことで、メインで狙っているキーワードのほかのキーワードからもアクセスが集まります。

 

たとえば「ラーメン」というキーワードをメインで狙っていても、ロングテールキーワードについてたくさん記事を書けば「インスタント食品」とか「自宅料理」とか「ひとり飯」などのキーワードからもアクセスが増えるのです。

 

記事のメンテナンス

 

サイトを作ったら、Search Consoleに登録をしましょう。

 

Search ConsoleはGoogleが提供しているサイトの運営者のための無料の解析ツールです。

 

Search Consoleに登録すれば、自分のサイトがどんなキーワードで平均で何位くらいにいるのかがわかります。

 

Search Consoleで11位から20位にいるキーワードの記事は少しテコ入れをすることで上位を取れる可能性があります。

 

Search Consoleについてはこちらでも説明しています

 

アフィリエイトのスケジュールを管理

 

アフィリエイトは同じ作業の繰り返しなので、挫折しやすいとも言えます。

 

それを防ぐために、どのキーワードについての記事を、いつまでに書くのかをカレンダーなどに記載して管理すると良いでしょう。

 

弊社のコンサルティングのクライアントも作業のスケジュールを書き出すことで、実際に売上がアップした人もたくさんいます。

 

SNSでも情報発信をしよう

 

アフィリエイトサイトは検索エンジンからのアクセスが基本ですが、最近ではSNSからのアクセスも効果的です。

 

あなたのサイトのジャンルについての情報発信をSNSでもやり、SNSのプロフィールなどからサイトにアクセスを集めましょう。

 

SNSの情報発信はこちら

 

 

狙い目のキーワードを探すツール

狙い目のキーワードを探すツール

 

アフィリエイトのキーワード選定は自分でやるよりもツールにやらせたほうが正確だし早いです。

 

キーワードに関するデータを集めることは労力をかける部分ではなく、記事を作ることに労力をかけるべきなので、キーワードに関するデータを集める作業はツールを使いましょう。

 

コンテンツスカウターZ

 

弊社でも記事を書くときに使っているツールが「コンテンツスカウターZ」です。

 

関連キーワードのピックアップや、allintitleやintitleの数値、ライバルサイトの広告の情報や構成など、SEOを行うために必要な情報を自動的に抜き出してくれるツールです。

 

Search Console

 

Search Consoleは、Googleが提供しているサイトの運営者のための解析ツールです。

 

Googleのアカウントがあれば無料で使えます。

 

Search Consoleに登録しておくと、サイトの検索クエリや検索順位がわかったり、検索結果からクリックされた数も見られます。

 

Search Consoleについてはこちらでも解説しました

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードを決めるときに考えるべき検索数やそのほかの考え方について説明しました。

 

検索数だけをキーワード選定の基準にしている人がいるようなのですが、この記事で説明したことがポイントですので、あなたがアフィリエイトをしている商品の見込み客が集まるキーワードをしっかりと選びましょう。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

メールマガジンの登録



*メールアドレス