ダイエットのアフィリエイトでチェックをするべきキーワード25選

ダイエットのアフィリエイトでチェックをするべきキーワード25選

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

ダイエットに関するジャンルは、アフィリエイトでも稼げるジャンルとして昔から有名です。

 

ダイエットに関するジャンルを扱うときには、薬機法に注意をしましょう。

 

ダイエットと言っても、キーワードの候補はいくつも考えられますので、この記事で具体的にご紹介をします。

 

 

ダイエットのキーワードを扱う注意点

ダイエットのキーワードを扱う注意点

 

ダイエットに関するジャンルはアフィリエイトの中でも稼ぎやすいジャンルの一つです。

 

もし、ダイエットのジャンルに参入するときには、薬機法について勉強をしておきましょう。

 

記事の中で使って良い表現と、使ってはいけない表現が法律で決まっています。

 

 

ダイエットのキーワードの例

ダイエットのキーワードの例

 

それでは、ダイエットに関するキーワードの例をピックアップしましょう。

 

ダイエットと言っても、商品によって強みや狙いが違います。

 

ご自身がASPで選んだ商品が、次に挙げるどのようなキーワードに当てはまるのかチェックしてみてください。

 

食事

 

まず、食事に関するキーワードが挙げられます。

 

ダイエットと言っても、運動ではなく食事改善を中心にした方法を調べている人もいます。

 

ご自身で選んでいる商品が、食事改善に当てはまるのなら、選定するキーワードも食事に関するキーワードに合わせましょう。

 

レシピ

 

食事の中でも、レシピに関するキーワードにしぼるとさらにライバルが減るかもしれません。

 

ダイエットに効果のあるレシピを調べている人は多くいます。

 

できれば、「誰が」レシピを調べているのかということを明確にしておくと良いです。

 

朝ごはん

 

ダイエットに関して、朝食というのは昔から話題になりやすいです。

 

朝食をしっかり取って、昼や夜の食事を減らすという方法は有名です。

 

そのため、ダイエット中の朝ごはんについて調べている人も多くいます。

 

ご自身の経験をふまえて記事を書いても良いでしょう。

 

弁当

 

特に平日のお昼ごはんなどは、ダイエット中はお弁当を用意する人もいます。

 

どのようなお弁当がダイエットに効果があるのかを調べる人もいます。

 

ダイエットに効果のあるお弁当のレシピや作り方の工夫などをまとめると喜ばれます。

 

ドリンク

 

ドリンクについてはいくつかの考え方があります。

 

たとえば、ダイエットに効くサプリメントとしてドリンクタイプの商品を紹介する場合もありますし、もっとシンプルに「水分の考え方」や「ダイエット中の飲み物について」などをまとめる場合もあります。

 

ご自身が扱っている案件に合わせて考えましょう。

 

断食

 

断食も、ダイエットのジャンルではたびたび話題にのぼります。

 

テレビなどで扱われることもあるため、記事を書いておくとアクセスが増えることもあるでしょう。

 

できれば、ご自身も経験してみて体験談を書けると良いですね。

 

サプリ

 

扱っている案件がサプリの場合には、サプリに関するキーワードを多めに設定します。

 

ただし、サプリやドリンクのように口から入れるものに関しての記事は薬機法をしっかり学んで、使って良い表現を選びましょう。

 

サプリを使うメリットやデメリットなども書けると良いです。

 

運動

 

ダイエットに関して、食事と合わせてもっとも検索数の多いキーワードが「運動」に関するキーワードではないでしょうか。

 

運動の中にも、筋力トレーニングと有酸素運動があるので、それぞれの効果を書けると良いです。

 

おすすめのトレーニング方法などをまとめると喜ばれます。

 

エクササイズ

 

具体的なエクササイズの方法を調べる人もたくさんいます。

 

エクササイズについてですが、ジムなどに通って行うものと、自宅や近所などでお金をかけずにできるものがあると思います。

 

ご自身が扱っているアフィリエイトの案件に合わせて、工夫をしましょう。

 

外国のやり方

 

最近は外国のトレーニングの方法を調べる人も増えています。

 

トレーニングジムなどでも外国のやり方を取り入れていることが話題になったり、テレビなどでも話題になることがあります。

 

話題になったキーワードを選んで記事を書くということも大切です。

 

ヨガ

 

ヨガもとてもはやっているエクササイズの一つです。

 

女性だけではなく、男性にも人気が増えています。

 

「ヨガってどんなことをするのか」ということや、その効果などをまとめると良いかもしれません。

 

ヨガに関するアフィリエイトの案件をASPで調べてみても良いでしょう。

 

アプリ

 

最近はスマホでヘルスケアをする人も増えています。

 

エクササイズの内容を自動的に選んでくれるアプリもあります。

 

ダイエットをする人におすすめのアプリなどを紹介できると喜ばれますし、ASPの中にはアプリを紹介する案件があるものも存在しますので、アフィリエイトの案件としても良いかもしれません。

 

ビキニ

 

ダイエットは夏に向けてやる人が多いです。夏は海やプールで水着になるからですね。

 

そこで、ダイエットとは少しずれますが、「水着」や「ビキニ」に関してのキーワードにずらして狙ってみるのも良いでしょう。

 

アフィリエイトの案件もありますので、合わせて紹介もしておきたいところです。

 

ダイエット中の話

 

「食事」と「運動」と同じくらい検索数が見込めるのがダイエット中の体験談などです。

 

ダイエットは気持ちとの戦いが誰にだってあるものです。

 

そこでダイエットを乗り切った経験やコツなどを書けるとアクセスが増えて喜ばれます。

 

チャンネル

 

動画サービスなどでダイエットに関するチャンネルなどがあれば、その動画サービスをアフィリエイトできることもあります。

 

またYouTubeチャンネルでダイエットに関するチャンネルを紹介してあげても良いでしょう。

 

ダイエットについて調べている人は「どうやって進めようか」ということを考えていることが多いので、動画などを紹介してあげると喜ばれますよ。

 

映画

 

モチベーションアップのために、ダイエット中に映画を見る人も多いです。

 

スポーツに関する映画や、ボクシングなどの減量がある映画、あるいはスタイルの良い俳優が出ている映画などはダイエット中の人のモチベーションアップにつながります。

 

Huluなどの映画が見られる動画サービスのアフィリエイトはたくさんありますので、紹介しても良いでしょう。

 

エステ

 

エステの中にはダイエットをしている人に向けたサービスもあります。

 

エステの紹介をする案件はASPにも多いので、その中から探してみても良いでしょう。

 

サービス内容をしっかり見て、どんなターゲットに向けてのサービスなのかを明確にしておくと、より細かいキーワードも探せます

 

腹筋

 

ダイエットをしている人にとって引き締まった腹筋や割れた腹筋は憧れです。

 

そのため、腹筋の鍛え方を調べる人はとても多いです。

 

こちらも、お金をかけずにできるトレーニング方法と、腹筋マシンなどの紹介と、合わせてできると良いでしょう。

 

太もも

 

「ダイエットをするからには、足を細くしたい」「足を細くしたいからダイエットをする」という人も多いです。

 

腹筋と同じように、ピンポイントで太ももを引き締める方法を調べる人もいます。

 

そうした人に鍛え方を説明する記事を作れば、アクセスアップが期待できます。

 

合宿

 

ダイエットプログラムを紹介するのも王道です。

 

プログラムの中には合宿タイプもあります。

 

調べる人の意図としては、「合宿に参加したい」という人も「合宿ってどんなことをするのか不安」という人もいますので、それぞれ記事を書くと良いですね。

 

グッズ

 

ダイエットに関するグッズはたくさんあります。

 

トレーニングウエアや、シューズ、トレーニングマシン、ジム、タオル、かばんなど。

 

ダイエットをするにあたって「どんなダイエットに対して、どんなグッズが必要か」ということをまとめると喜ばれるでしょう。

 

方法

 

食事や運動と合わせて、「そもそもどんな方法でダイエットをやろうか」ということを調べる人もとても多いです。

 

たとえば、食事についてもカロリーを制限するのか糖質を制限するのかなど、いろいろな考え方があります。

 

運動にも、有酸素運動を中心にしたものもあれば、筋力トレーニングが中心の方法もあります。

 

どんな人に、どんなダイエットが向いているのかをまとめると良いでしょう。

 

1カ月

 

ダイエットをしている人にとっては、成果が気になるところです。

 

「一カ月でどのくらい痩せられるものなのか」という基準を知りたい人もいるでしょう。

 

また、一カ月ごとの目標の立て方などをまとめてあげるのも良いです。

 

一週間

 

さらに細かく、一週間のダイエットのスケジュールなどを例として作ってあげると喜ばれます。

 

これも「サラリーマンの人向け」とか「主婦向け」とか「学生向け」といったように、ターゲットに合わせて作ってあげると良いです。

 

ダイエットについて調べる人は、方法や取り組み方を調べる人が多いので、スケジュールの例を書いてあげるのは喜ばれます。

 

かんたん

 

「ダイエットって大変ですよ」ということばかり書いていると、訪問者のやる気を落としてしまいます。

 

もちろん大変なこともあると思いますが、目標を決めてそれを目指してがんばる楽しさや、目標を達成したときの喜びについても書きましょう。

 

また、ダイエットの基本は「運動と食事の改善」なので、考え方はかんたんであることも書いてあげましょう。

 

 

キーワードを選ぶのに役立つツール

キーワードを選ぶのに役立つツール

 

この記事では、ダイエットに関するキーワードの種類を25種類にわけて紹介しました。

 

それぞれのキーワードについて、さらに細かいニッチキーワードを選べると良いです。

 

キーワードを選ぶためには、ツールを使ってしまうのがおすすめです。

 

キーワード選定に役に立つツールはこちら

 

 

最後に

 

このような形でキーワードの候補を具体的に挙げてもらうと、考えやすいですよね。

 

なかなかそのような情報が少ないのかなと思って、この記事を書きました。

 

ダイエットに関してはご自身の経験をもとに案件やキーワードを選ぶのが取り組みやすいと思います。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワード選定におけるライバルの強さの考え方

 

アフィリエイトのキーワード選定におけるライバルの強さの考え方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐためにはキーワード選定がとても大切です。

 

キーワード選定について学ぶと、「ライバルの強さ」という言葉をよく見かけます。

 

ライバルサイトが弱いキーワードを選んで記事を書くと、上位表示がしやすいのです。

 

この記事では、アフィリエイトで稼ぐ人のためにキーワードとライバルサイトの考え方について解説をします。

 

 

アフィリエイトで稼ぐためのポイント

アフィリエイトで稼ぐためのポイント

 

アフィリエイトで稼ぐためにはまず、ASPから自分のメディアで広告を掲載する案件を見つけます。

 

そして、その商品を紹介するページを作り、広告タグを貼ります。

 

あとは、そのページにアクセスを集めれば一定の確率で商品が売れてアフィリエイト報酬が発生するのです。

 

まずは全体像を作ろう

 

まずはあなたのアフィリエイトの全体像を作ります。

 

標準的なものは、サイトを作ってそこにアクセスを集めるモデルです。

 

他にもSNSと連携をしたり、メルマガも合わせて行う方法があります。

 

もしあなたがこれからアフィリエイトを始めるのでしたら、まずはサイトを作りましょう

 

どこからアクセスを集めるか

 

実際に商品を紹介するページに対して、どこからアクセスを集めるかを考えます。

 

たとえば、サイトに商品を紹介しているページを作った場合、そこに対して検索エンジンからアクセスを集めたり、SNSからアクセスを集めたり、メルマガやLINEからアクセスを集める方法が考えられます。

 

検索エンジンからアクセスを集めるためには検索結果で上位に自分の記事を表示させる必要があります。

 

なぜSEOが大切なのか

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で日本語では「検索エンジン最適化」と言います。

 

検索エンジンからアクセスを集めるためには、自分のサイトを見込み客が検索するキーワードで検索したときに上位に表示をさせます。

 

そのための対策や活動のことをSEOと言います。

 

 

お宝キーワードの条件

お宝キーワードの条件

 

狙い目のキーワードのことを「お宝キーワード」と言います。

 

お宝キーワードの条件はいくつかあります。

 

たとえば、「購買につながるキーワード」であり「検索数がある程度ある」という条件に当てはまり、なおかつ「ライバルが弱いか少ない」という条件に当てはまるとお宝キーワードと言えます。

 

キーワードとは

 

そもそも「キーワード」とは何でしょうか。

 

キーワードとは検索キーワードのことです。

 

あなたも検索エンジンを使うときに、検索バーに言葉を入れて検索をしますよね。そのようにユーザーが検索バーに打ち込んで検索をかける言葉を「キーワード」と言います。

 

購買につながる

 

まず、第一の条件が購買につながるキーワードであることです。

 

アフィリエイトサイトにアクセスが来れば何でも良いわけではありません。

 

あなたが集めるべきアクセスとは、あなたがサイトで紹介している商品の見込み客のアクセスなのです。

 

検索数がある

 

次の条件が検索数があることです。

 

そもそも狙っているキーワードが検索エンジンで検索をされる回数が多いのなら、そのキーワードで上位表示ができたときに大きなアクセスアップが見込めます。

 

ただし、検索数が少ないからといって悲観する必要はありません。検索数が少ないとしても、そのキーワードが購買につながるキーワードであれば、少ないアクセスに対しての購入率は高いことが考えられるため報酬が発生します。

 

ライバルが弱いか少ない

 

とても大切なことなのですが、狙っているキーワードのライバルをしっかり調べてから記事を書くかどうかを判断しましょう。

 

ライバルがとても作り込まれたサイトだったり、大手企業のサイトだったりすれば、すぐに上位を取るのは難しいでしょう。

 

またそうした強いライバルが上位に多く存在するキーワードも避けたほうが良いです。

 

 

アフィリエイトのキーワードの考え方

アフィリエイトのキーワードの考え方

 

アフィリエイトのキーワードを選ぶコツとして、まずはサイトで紹介をする商品をASPからしっかり選ぶことです。

 

商品が決まっていれば、その商品のジャンルから考えてメインキーワードを一つに決めます。

 

そして、実際に一つずつの記事で狙うキーワードは、そのメインキーワードの関連キーワードから選びます。

 

商品からキーワードを逆算する

 

サイトで紹介するメインの商品が決まれば、その商品を欲しいと思う人はどんなキーワードで検索をするのかを考えます。

 

あなたがサイトに集めるべきアクセスとは、紹介している商品を欲しいと思ってくれるアクセスなので、先に商品を決めてからキーワードを考える方が効率的です。

 

たとえば、会計用のソフトをアフィリエイトするのであれば、「確定申告」「記帳」「帳簿」などのキーワードが良いかもしれません。

 

記事ごとにキーワードを選定する

 

上のようにメインキーワードを決めたら、その関連キーワードをピックアップします。

 

関連キーワードの探し方については、2つの方法があります。1つは、自分でメインキーワードで検索し、検索結果の下部に表示される「関連キーワード」からピックアップする方法です。もう1つはツールを使って関連キーワードを自動的に集める方法です。

 

関連キーワードの中でも購買につながる見込みのあるキーワードを選んで記事を書きます。

 

「ライバルが強いキーワード」とは

 

ライバルが強いキーワードとは、そのキーワードで検索したときに上位に表示されるライバルサイトが検索エンジン対策(SEO)をガッツリやっているキーワードのことです。

 

特にサイトを作って間もないときには、いきなり強いライバルの検索順位を抜かすことは難しいでしょう。

 

具体的には、大手企業のサイトや記事の作り込みがしっかりとしたサイトがライバルに多い場合には、そのキーワードはとりあえず避けたほうが良いです。

 

ライバルが強い場合はキーワードずらし

 

ライバルが強い場合には「キーワードずらし」という考え方を使いましょう。

 

たとえば「副業」と検索したときにライバルが強くても、「副業 やり方 はじめて」というキーワードならライバルが一気に減るということがあります。

 

このように、同じようなキーワードでも少しだけずらしてみるとライバルのレベルが下がることがあります。

 

 

ライバルが弱いキーワードの条件

ライバルが弱いキーワードの条件

 

では逆に、ライバルが弱いキーワードの条件はどんなものがあるでしょうか。

 

考え方としてはSEO対策をあまりやっていないのに上位表示ができているライバルが多いなら、そのキーワードはライバルが弱いと判断できます。

 

たとえば、記事タイトルにキーワードが入っていないのに上位に来ていたり、あまり作り込んでいない記事が上位に来ているのなら、そのキーワードはライバルが弱いと判断できます。

 

allintitleとintitleについて

 

allintitleとは、キーワードのすべてが記事タイトルに入っている状態のことです。

 

intitleとは、キーワードの一部が記事タイトルに入っている状態のことです。

 

ツールなどで調べたときに、allintitleのライバル数とintitleのライバル数の差が大きいキーワードはライバルが弱い可能性があります。

 

明らかにサイトの作り込みが甘い

 

「このキーワードはどうかな」と思ったら、そのキーワードで実際に検索をして1位から10位のライバルサイトをチェックしてください。

 

ライバルサイトが弱いときには、パッと見て「あれ、こんなサイトでも上位を取れるのか」と思う場合があります。

 

記事数が少なかったり、記事そのものが簡素なのに上位を取れているライバルがいれば、そのキーワードはライバルが弱いと判断できます。

 

無料ブログが上位に来ている

 

基本的には無料ブログよりもwordpressのような自分のサーバーとドメインで管理しているサイトのほうが安定して上位を取れる傾向にあります。

 

したがって、検討しているキーワードで検索をしたときに無料ブログが上位に来ているのなら、そのキーワードはライバルが弱いと考えても良いです。

 

もちろん無料ブログでも上位表示できる場合もありますが、平均的に考えるとwordpressのような自分のサーバーとドメインで管理しているサイトのほうが上位表示をしやすいのです。

 

Q&Aサイトが上位に来ている

 

Q&Aサイトが上位に来ている場合も、ライバルが弱いと考えて良い場合が多いです。

 

これも100%ではありませんが、Q&Aサイトはしっかりとした記事を作れば比較的かんたんに順位を抜かせます。

 

もし狙っているキーワードで検索をしたときにQ&Aサイトが上位に来ていたら狙い目かもしれません。

 

 

避けたほうが良いライバルとは

避けたほうが良いライバルとは

 

大手企業のサイトが上位に並んでいたら、そのキーワードで上位を取るのは難しいです。

 

また、アフィリエイトやアドセンスをやっているサイトが上位に多い場合も、少し難しいことがあります。

 

大手企業のサイトや収益の仕組みがあるサイトは、SEOをしっかりとやっていることがほとんどなので、特にサイトを作りたての頃は、そうしたキーワードは避けたほうが良いでしょう。

 

 

ライバルチェックのやり方

ライバルチェックのやり方

 

ライバルチェックのやり方は2つありますが、2つともやるのが望ましいです。

 

1つは、ツールを使ってライバルサイトのデータを集めて判断をする方法です。

 

もう1つは、この記事で紹介したように実際に検索をして目視で判断をする方法です。

 

 

強いライバルから学ぶ記事の書き方

強いライバルから学ぶ記事の書き方

 

特に初めの頃は、どんなライバルも自分よりは強そうに見えると思います。

 

しかし、ライバルを見ると「どんな記事を書けばこのキーワードで上位が取れそうか」がわかります。

 

それはライバルの見出し構成を見ることです。上位に来ているライバルの記事の見出し構成は検索エンジンに評価をされているからこそ、上位に来ているわけです。

 

ですから、記事を書く前にはライバルの見出し構成を参考に、そのキーワードで調べる人の意図に、より答えられる記事を作るように心がけると上位表示を取りやすいです。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードにおけるライバルの考え方を解説しました。

 

どんなキーワードにもライバルはいます。

 

ただし、そのライバルの数やレベルはキーワードによって違うので、最初はライバルが弱いか少ないキーワードを選んで記事を書くと良いです。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードの見つけ方のコツとメンテナンスについて

アフィリエイトのキーワードの見つけ方のコツとメンテナンスについて

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐために、キーワードを見つけることがとても大切です。

 

稼げるキーワードとは、購買につながるキーワードでライバルが少なく検索ボリュームが多いキーワードです。

 

この記事ではキーワードに対しての基本的な考え方と見つけ方、そして記事を書いたり記事のメンテナンスをするときの注意点について解説をします。

 

 

アフィリエイトとキーワード

アフィリエイトの仕組み

 

アフィリエイトとは、インターネットを使って行う広告業です。

 

個人でもパソコンやスマホを使って取り組めるので、人気の副業です。

 

そのまま独立してプロとして食べていく人もいます。

 

正しいやり方を学んで、継続して取り組めば、アフィリエイトは結果を出せるビジネスです。

 

キーワードとは

 

アフィリエイトについて学ぶと、「キーワード」という言葉をよく見るでしょう。

 

キーワードとは検索キーワードのことです。

 

あなたがこれから書く記事が、どんなキーワードで検索をしたときに検索結果で上位表示させたいのかということを記事を書く前にしっかりと決めることがコツです。

 

ビッグキーワードとは

 

キーワードの中でも、検索数が多いキーワードをビッグキーワードと言います。

 

ビッグキーワードを狙うメリットは、もし上位表示ができればそれだけで多くのアクセスを見込めることです。

 

デメリットとしては、ライバルも強いことが多いため、かんたんには上位表示を獲れないことが挙げられます。

 

スモールキーワードとは

 

スモールキーワードとは、検索数の少ないキーワードのことです。

 

デメリットとしては、検索数が少ないので仮に上位表示ができても、それだけでは多くのアクセスを見込めないことです。

 

ただし、購買につながるキーワードであれば、少ないアクセスでもコンバージョン率は高いことがあります。

 

ビッグキーワードに比べるとライバルが少なかったり弱いことが多いのもメリットです。

 

どんな記事が上位表示をできるのか

 

検索エンジンは、検索ユーザーが知りたい情報を検索結果として返そうとしています。

 

すなわち、「そのキーワードで検索をする人は何が知りたくて検索をするのか」という視点に立ち、その答えとなる記事を作ることで上位表示が取れます。

 

サイトの記事数が少ないうちはなかなか上位表示をされませんが、優良な記事を増やしていくとそれまでに書いた記事も上位表示を取れるのです。

 

 

アフィリエイトのキーワードの見つけ方

アフィリエイトのキーワードの見つけ方

 

アフィリエイトで稼ぐためにキーワードの見つけ方をしっかりと覚えましょう。

 

まず、メインキーワードを決め、その関連キーワードをたくさんピックアップすることから始まります。

 

その中から購買につながるキーワードを見つけるのが原則です。

 

メインキーワードを見つける

 

メインキーワードはもっとも売りたい商品から判断をします。

 

たとえば、あなたのサイトでもっとも売りたい商品が「英会話の教材」なのでしたら、「英会話」や「英語学習」などがメインキーワードです。

 

メインキーワードはとりあえず一つに決めます。

 

集客用のキーワードとは

 

検索結果にはサイトのトップページではなく、一つずつの記事が表示されることが多いです。

 

したがって、メインキーワードの関連キーワードを見つけ、その関連キーワードに対して記事を増やします。

 

たとえば「英会話」というメインキーワードに対して「英会話 上達 方法」や「英会話 レッスン おすすめ」という関連キーワードがあるのなら、それぞれに対して記事を書くのです。

 

複合キーワードがおすすめ

 

最初は複合キーワードから狙いましょう。

 

複合キーワードとは2語や3語で構成されたキーワードです。ニッチキーワードと呼ぶ場合もあります。

 

複合キーワードの方がライバルが弱かったり少ない場合が多いので、最初は複合キーワードで着実に上位表示を取っていきます。

 

自分で探す

キーワードを自分で見つける

 

検索エンジンの検索結果の下には、関連キーワードが表示されています。

 

ここから自分でメインキーワードの関連キーワードを見つける方法もあります。

 

ただし、これはかなり時間と労力が必要なので、ツールを使ってキーワードを見つけるのがおすすめです。

 

ツールで探す

 

キーワードを見つけるツールを使ってしまえば、関連キーワードのピックアップもライバルサイトの情報も自動的に見つけてくれます。

 

毎月の予算が3,000円ほどあるのでしたら、ツールにキーワードの解析をさせたほうが良いでしょう。

 

ピックアップできる情報量も多いですし、ツールが動いている時間で別の作業もできます。

 

商品名

 

キーワードの見つけ方とは少し違いますが、アフィリエイトをする商品の商品名をそのままキーワードにするのも良いです。

 

ただし、メインキーワードにするのはおすすめではありません。

 

見込み客の中には商品名を知らないお客様の方が多いので、あくまで一つの記事のキーワードとして商品名をキーワードに設定すると考えてください。

 

ライバルが弱いキーワードの見つけ方

 

ライバルが弱いキーワードの見つけ方は、まさにライバルを見てしまうのが早いです。

 

たとえば、ライバルサイトがアフィリエイトをしているサイトが多かったり、大手の企業サイトが多かったら、ライバルは強いと判断ができます。

 

逆に、ライバルサイトが個人のブログやあまり作り込まれていないサイトが多ければライバルは弱いと判断ができます。

 

ツールならライバルの調査もデータにもとづいてできます。

 

商品を決めてキーワードを見つける

 

全体的な流れとしては、アフィリエイトをする商品を先に決めたほうがキーワードを見つけやすいです。

 

サイトでいくつかの商品をアフィリエイトするとしても、「もっとも売りたい商品はどれか」ということは決めておきましょう。

 

もっとも売りたい商品が決まっていれば、その属性からキーワードを見つける基準ができます。

 

キーワードのリストを作ろう

 

ピックアップした関連キーワードや、その記事のURLなどをスプレッドシートなどにまとめると管理が便利です。

 

たとえば、上位に表示されはじめたキーワードがあったときに、「どの記事だっけ」ということをすぐに調べられるようにしておくと管理が便利ですね。

 

私の場合は、「キーワード」「記事のURL」「記事で紹介した案件」をスプレッドシートで一覧にしています。

 

検索ボリュームの考え方

 

キーワードの見つけ方に対しての考えは人によって少し違うことがあります。

 

特に検索ボリュームについては意見のわかれるところです。

 

当然、検索ボリュームが多いほうが上位表示をしたときに多くのアクセスを見込めますが、検索ボリュームが少なくてもそのキーワードが購買につながるキーワードなのであればアクセスに対しての成約率は高いので報酬が発生します。

 

 

キーワードを見つけるためのツール

キーワードを見つけるためのツール

 

キーワードを見つけたり、そのキーワードのライバルのデータを集めるのに便利なツールがあります。

 

コンテンツスカウターZというツールです。

 

関連キーワードのピックアップやライバルサイトのSEOについてのデータを自動的に集めてくれます。

 

 

キーワードを見つけたらやること

キーワードを見つけたらやること

 

アフィリエイトの作業はキーワードを見つけることだけではありません。

 

キーワードを見つけたら記事を書きましょう。ここから記事の書き方についてもアドバイスをします。

 

記事を書く前に、そのキーワードの検索意図を考えて記事の構成を作ってしまうとらくです。

 

検索意図とは

 

ユーザーが検索をするときには、必ず意図があります。

 

たとえば「アフィリエイト 記事 書き方」と調べる人であれば「アフィリエイトの記事の書き方を知りたいな」という意図があるのです。

 

こうしたキーワードに対しての検索意図をしっかりと書き出しておくと、良い記事が書きやすいです。

 

ターゲットに対して記事を書く

 

検索意図をしっかり書き出すと、記事のターゲットが明確ですよね。

 

検索エンジンも「どんな悩みを解決できる情報なのか」ということをすごくチェックして順位を決めます。

 

ですから、検索意図を書き出し、記事のターゲットを明確にして、そのターゲットが知りたい情報をまとめましょう。

 

記事を書く

 

記事を書く前にもう1つ準備をしてほしいことがあります。

 

それが見出し構成です。

 

これから書く記事で狙うキーワードで実際に検索をして、ライバルの見出し構成を参考に、よりわかりやすい自分の記事の見出し構成を先に作りましょう。

 

構成が決まってしまえば、あとは文章を埋めるだけです。

 

次のキーワードもどんどん見つけよう

 

最初のうちは、1つ記事を書くとほっとすると思います。

 

しかし、アフィリエイトで大きな成果を上げるのであれば記事はどんどん書きましょう。

 

記事で狙うキーワードを見つける作業は、ある程度まとめてやっておくのがおすすめです。

 

記事はメンテナンスをしよう

 

一度書いた記事であっても、少し時間がたつと順位が変わることがあります。

 

サイトが育ってドメインの評価が上がったときや、Googleのアルゴリズムのアップデートがあったときには順位が変わりやすいです。

 

検索結果で11位~20位に来ている記事は、もう少しそのキーワードで補強をすると検索結果で10位以内に上がることがあります。

 

メンテナンスするときに役に立つツール

 

Search ConsoleというGoogleが提供している無料のアクセス解析ツールがあります。

 

Search Consoleを入れておくと、検索クエリや平均の検索順位がわかります。

 

どの記事をメンテナンスすれば良いのかを判断するときにとても役に立ちます。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードの見つけ方について基本的な考え方とポイントを解説しました。

 

また後半では、キーワードを見つけたあとの作業についてアドバイスをまとめました。

 

コツを覚えてしまえばアフィリエイトの作業はシンプルです。ぜひあなたも取り組んでみてください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードの探し方についてのシンプルなまとめ

アフィリエイトのキーワードの探し方についてのシンプルなまとめ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

このサイトでは、キーワード選定のコツをたくさん解説してきました。

 

キーワードの探し方は覚えてしまえばかんたんです。

 

ですが、アフィリエイトで稼ぐためにはキーワード選定はとても大切な作業です。

 

そこでこの記事では、キーワードの探し方をシンプルにまとめたいと思います。

 

 

そもそもキーワードとは

そもそもキーワードとは

 

キーワードとは「検索キーワード」のことです。

 

あなたも、検索エンジンを使うときには検索バーにキーワードを入れて調べますよね。

 

ですから、あなたが検索エンジン対策(SEO)をするときも、「どんなキーワードで上位表示を狙うのか」を考えて記事を書く必要があります。

 

 

アフィリエイトのキーワードの探し方

アフィリエイトのキーワードの探し方

 

アフィリエイトでキーワードを探すことはとても大切な作業です。

 

キーワードの探し方がしっかりできていると、少ないアクセスのうちから成果が出ることもあります。

 

キーワードの探し方には、「自分で探す方法」と「ツールを使って探す方法」があります。

 

まず、メインキーワードを決める

 

キーワードを探す前に、まずはメインキーワードを決めましょう。

 

実際に記事を書くときに設定するキーワードは、メインキーワードの関連キーワードです。

 

アフィリエイトの場合は、ASPに登録をしてサイトで紹介したい案件を先に見つけるとメインキーワードが考えやすいです。

 

検索エンジンを使った探し方

検索エンジンを使った探し方

 

検索エンジンを使って、キーワードの候補を見つける探し方があります。

 

それはとてもかんたんで、メインキーワードで実際に検索をしてみると、検索結果の下部に上の図のように関連キーワードが出るので、その中から探すというやり方です。

 

あなたがアフィリエイトをする商品の見込み客が検索しそうなキーワードを探してください。

 

ツールを使った探し方

 

先程の検索エンジンを使って自分でキーワードを見つける探し方のデメリットは、時間と手間がかかるということです。

 

これはツールを使ってしまえば、一気に効率化できます。

 

ツールを使えば、あなたは労力をかけずにキーワードの候補を手に入れ、その中から購買につながるキーワードを探すだけで良いです。

 

商品名

 

探し方とは少し違う視点ですが、商品名をそのままキーワードに設定しても良いです。

 

ただし、これでは商品名を知っている人しか集客できないので、やはりメインキーワードの関連キーワードをピックアップする方法も行いましょう。

 

商品のレビューをする記事については商品名をそのままキーワードに設定しても良いでしょう。

 

 

稼げるキーワードの探し方

稼げるキーワードの探し方

 

キーワードの探し方の基本はここまでにお伝えしたとおりですが、その中でも稼げるキーワードに的を絞りましょう。

 

アフィリエイトで大切なのは「商品を買ってくれる可能性が高いアクセスを集めること」です。

 

そうしたアクセスを集めれば、少ないアクセス数でも商品が売れる確率(コンバージョン率)を上げられます。

 

商品のターゲットから考える

 

まず、ASPからあなたがアフィリエイトをする商品を決めます。

 

そのときに、商品のLPを見てください。つまり販売サイトのことです。

 

LPを見ると、その商品がどんな人に向けたものかがわかりやすいので、それをもとにここまでお伝えした関連キーワードの中からターゲットに当てはまるキーワードを探すのです。

 

関連キーワードをていねいに集める

 

したがって、前提としてはメインキーワードの関連キーワードをていねいに集めておくことです。

 

その中から商品のターゲットに当てはまるキーワードを探します。

 

先程書いたように、関連キーワードのピックアップはツールにまかせた方が早いです。

 

キーワードのリストを作ろう

 

ターゲットに当てはまるキーワードが探せたら、そのキーワードをスプレッドシートなどにまとめましょう。

 

一列目には「キーワード」、二列目に「記事のURL」、三列目に「記事で紹介している案件」を書いておくとあとで便利です。

 

アフィリエイトの場合は案件を取り替えたり、記事の補強をすることがあるので、「どの記事だっけ」というのが探せるようにしましょう。

 

 

まずはスモールキーワードを探す

まずはスモールキーワードを探す

 

そのキーワードが検索エンジンでどのくらい検索されているのかを示す数を「検索数」と言います。

 

検索数の多いキーワードをビッグキーワード、少ないキーワードをスモールキーワードと言います。

 

もちろんビッグキーワードで上位を獲れば大きなアクセスを見込めますが、ビッグキーワードで上位を獲るためにもまずはスモールキーワードで上位を獲っていき検索エンジンからの小さな評価を積み上げましょう。

 

検索数が少なくても稼げる理由

 

検索数が少ないスモールキーワードでも、実は稼げます。むしろ、そのほうが稼ぎやすいこともあります。

 

これは少し考え方のコツがあり、検索数が少ないキーワードだとしてもそのキーワードが「購買につながるキーワード」でしたらコンバージョン率(商品が売れる確率)は高いわけです。

 

ですから、検索数だけで判断をするのではなく、「ターゲットが検索しそうなキーワードを選ぶこと」がキーワードの探し方のコツなのです。

 

 

キーワードを探すためのツール

キーワードを探すためのツール

 

キーワードの探し方としてはツールを使ったほうが良いという話はここまでにもしました。

 

関連キーワードのピックアップやライバルサイトのチェックをするなら「コンテンツスカウターZ」というツールがかなりおすすめです。

 

すでに書いた記事がどんなキーワードで評価を受けているのかを探すなら、Search Consoleというツールがおすすめです。

 

コンテンツスカウターZ

 

コンテンツスカウターZは、SEO(検索エンジン対策)をするためにとても役に立つツールです。

 

関連キーワードを一気に抜き出してくれたり、各キーワードのライバルサイトのチェックまでやってくれます。

 

キーワードを探すためにも使えるし、そのあとに記事を書くときにも「どんな構成でどんな言葉を使えば良いのか」などもコンテンツスカウターZが集めてくれるデータを見るとわかります。

 

Search Console

 

Search ConsoleはGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。

 

弊社も使いまくっています。Googleのアカウントがあれば無料で使えます。

 

Search Consoleを入れると、「インデックス(検索結果に出ること)されている記事が、どんなキーワードで何位くらいにいるのか」がわかります。特に11位から20位にいるキーワードで上がっている記事は、補強をすると順位がさらに上がりやすいです。

 

 

自分がやりたいジャンルで稼ごう

自分がやりたいジャンルで稼ぐ

 

弊社のコンサルティングでは、「自分らしい成功をする人を育てること」を大切にしています。

 

今はASPにも幅広いジャンルの案件があるので、あなたがやりたいジャンルで活動をすることが良いです。

 

興味のないジャンルに取り組むのはつらいですが、興味ややりがいを持てるジャンルなら楽しみながら成功に向かえます。

 

 

最後に

 

この記事は、アフィリエイトのキーワードの探し方についてシンプルにまとめた記事です。

 

記事の書き方などは、別の詳しい記事を用意しています。

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

稼げるキーワードを探して、記事を増やすことでアフィリエイトは成果が出るので、コツコツと進めていきましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードを設定する考え方と記事の中での使い方

アフィリエイトのキーワードを設定する考え方と記事の中での使い方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐためにはまず、あなたのメディアのジャンルを決めます。

 

そして、そのジャンルに関連するキーワードの中から上位表示を狙うキーワードを設定して、ひとつずつ記事を増やします。

 

設定したキーワードを記事タイトルや本文にしっかり使って良質な記事を増やせばアクセスが集まります。

 

今回は、アフィリエイトのキーワードの設定の方法と記事に使う考え方を解説します。

 

 

アフィリエイトのキーワードの設定

アフィリエイトのキーワードの設定

 

まずはキーワードの基本について解説をします。

 

あとで詳しいことも説明しますが、まずはキーワードの基本を覚えましょう。

 

アフィリエイトではキーワードの設定が収益を決めると言っても良いです。しっかりと基本を覚えて取り組みましょう。

 

まずはサイトの全体像を決める

 

キーワードの設定に入る前に、まずはあなたのサイトのジャンルを決めなくてはいけません。

 

あなたがやりたいビジネスのジャンルをいくつか書き出し、それぞれASPで条件が良さそうで紹介できそうな案件があるかチェックします。

 

案件が見つかれば、その商品を売るためのサイトを立ち上げます。

 

キーワードとは

 

そもそもキーワードとは、検索キーワードのことです。

 

検索エンジンで検索をするときには、検索バーにキーワードを打ち込みますよね。

 

あなたのサイトに訪れるユーザーも、何かのキーワードで検索をして検索結果からあなたのサイトを見つけてアクセスします。

 

つまり「どんなキーワードで検索結果で上位を目指すか」を決めることが、キーワード選定という作業なのです。

 

検索エンジンに評価される記事とは

 

検索結果で上位表示をするには、検索エンジンに評価をされる必要があります。

 

検索結果の順番は、検索エンジンに評価を受けている順番です。

 

では、どのような記事が検索エンジンに評価をされるかというと、「検索キーワードの検索意図の答えとなる記事」です。

 

したがって、「今から書く記事で狙うキーワードで検索する人は何が知りたくて検索をするのか」ということを記事を書く前によく考えておき、記事の内容をそのニーズに合ったものにするのです。

 

一つずつの記事のキーワードを設定

 

サイト全体で狙うメインキーワードを決めます。

 

しかし、一つずつの記事で狙うのは「メインキーワードの関連キーワード」です。

 

たとえば、「副業」というキーワードに対して「副業 おすすめ」「副業 やり方」「副業 始め方」という関連キーワードがあるなら、それぞれ記事を書きます。

 

 

キーワードの設定の考え方

キーワードの設定の考え方

 

もう少し細かく、キーワードの設定の考え方を覚えましょう。

 

メインキーワードの関連キーワードをピックアップして記事を増やすわけですが、中には記事で狙うキーワードに設定しなくても良いキーワードもあります。

 

すなわち、購買につながらないキーワードは除外して良いのです。

 

購買につながるキーワード

 

たとえば、あなたのサイトでアフィリエイトをしている商品が「英会話レッスンのサービス」だとしましょう。

 

その場合、「英会話 上達 方法」とか「英会話 初心者 レッスン」などのキーワードは、あきらかに商品の購買につながりそうです。

 

しかし、「英会話 必要ない」とか「英会話 できない 問題ない」などのキーワードは、関連キーワードだとしても購買にはつながらないですよね。

 

アフィリエイトの記事で設定するキーワードは、購買につながるキーワードだけで良いです。

 

ライバルの強さ

 

「このキーワードは購買につながりそうだ」というものが見つかったら、まずはそのキーワードで実際に検索をしてみましょう。

 

検索をすると、すでに上位表示ができているライバルサイトをチェックできます。

 

最低でも1位から10位まではチェックしてください。

 

「ライバルサイトもアフィリエイトをやっているのか」「ライバルサイトはどのくらい作り込まれているか」「SEO(検索エンジン対策)ができていそうか」などをチェックします。

 

当然、ライバルが弱かったり少なかったりするキーワードのほうが狙い目です。

 

このようなライバルチェックはツールから得られるデータをもとに考えると良いです。

 

複合キーワードを狙う

 

キーワードの種類の分け方があります。まずは「単一キーワード」と「複合キーワード」です。単一キーワードとは、キーワードが一つの単語だけというものです。複合キーワードとはいくつかの単語で構成されたキーワードです。具体的には「副業」は単一キーワード、「副業 やり方」は複合キーワードです。

 

次に、「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」「スモールキーワード」という考え方があります。これはキーワードが検索エンジンで検索される数から考える分け方で、検索数が多いキーワードをビッグキーワード、検索数が少ないキーワードをスモールキーワード、その中間をミドルキーワードと言います。

 

ビッグキーワードは単一キーワードであることが多く、もちろんビッグキーワードで上位を獲ってしまいたいですよね。ただし、いきなり上位を獲るのは難しいので、まずは複合キーワード(=スモールキーワードのことが多い)で確実に上位表示を増やしましょう。

 

検索ボリュームの考え方

 

当然、最終的にはビッグキーワードでも上位を狙います。

 

ただし、検索エンジンの仕組みとしては小さい評価を積み重ねてこそ大きな評価につながるので、まずは検索ボリュームの少ないスモールキーワードから狙うのがセオリーです。

 

ちなみに、スモールキーワード(複合キーワード)のほうがよりターゲットが明確なので、購買につながる複合キーワードであれば少ないアクセスでもコンバージョン率(商品が売れる確率)は高いことがあります。

 

 

設定しておきたいキーワード

設定しておきたいキーワード

 

購買につながるキーワードをもう少し具体的に考えましょう。

 

購買につながるということは、「そのジャンルに対して悩みがあったり、知りたいことがある」ということです。

 

そうした人が検索するキーワードを狙いましょう。

 

情報に関するキーワード

 

まずは情報に関するキーワードです。

 

たとえば「副業 おすすめ」「副業 種類」「副業 自宅 種類」など、そのジャンルについての情報を知りたい人が検索すると考えられるキーワードは狙い目です。

 

情報を知りたがっている人は、そのジャンルについてニーズを持っているからです。

 

やり方に関するキーワード

 

当然、やり方に関するキーワードも良いでしょう。やり方を知りたい人は、そのジャンルで成果を上げたいと思っているからです。

 

「お金持ち なる 方法」「高年収 仕事 就き方」「転職 やり方」など、そのジャンルのやり方を調べる人が検索するキーワードはおすすめです。

 

当然、やり方についてのキーワードを狙うなら、記事の内容としてはやり方を具体的にわかりやすく教えることを心がけます。

 

商品名

 

最後に、商品名をそのままキーワードに設定する考え方です。

 

商品名で検索するということは、その人はすでに商品を知っているわけです。

 

商品に興味があるけど、「もっと安いものはあるのかな」「本当にこれで良いのかな」「失敗したらどうしよう」など、まだ何か不安があって検索をしているかもしれません。

 

そうした不安を解決するような記事が書ければ、アフィリエイトのコンバージョンに結びつきます。

 

 

キーワードの設定などに使えるツール

キーワードの設定などに使えるツール

 

キーワードの選定は、自分の考えで進めてしまうよりもツールを使ってデータにもとづいて進めたほうが効果的です。

 

おすすめなのは、「キーワードの候補をピックアップしたり、ライバルサイトのチェックをやってくれるツール」と「すでに書いた記事がどのようなキーワードで検索結果に表示されているのかを調べるツール」です。

 

それぞれ、具体的に弊社が使っているものがあるので、ご紹介します。

 

コンテンツスカウターZ

 

コンテンツスカウターZは、関連キーワードを一気にピックアップしてくれたり、ライバルサイトのSEOの強さや構成などをデータで集めてくれるツールです。

 

うちの会社でも長年使っていて、これなしではSEOは進まないというくらいのツールです。

 

月額2,980円なので、予算がある方はぜひ使いましょう。

 

Search Console

 

Search ConsoleはGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。

 

どんなキーワードからアクセスが来ているのかということや、そのキーワードの平均の検索順位などがチェックできます。

 

またサイトに直したほうが良いエラーが出たときにはSearch Console経由で通知してくれます。

 

Google Analytics

 

もう一つ、Googleが提供しているアクセス解析ツールにGoogle Analyticsがあります。

 

Google Analyticsは、ユーザーの動向やPVなどがわかります。

 

Search Consoleと合わせて入れておくと良いです。

 

スプレッドシートにリストを作る

 

また、Googleの便利なアプリでスプレッドシートがあります。

 

スプレッドシートに記事のリストを作っておくと便利です。

 

「狙っているキーワード」「記事のURL」「記事で紹介している案件」などをまとめておくと、管理がらくです。

 

 

記事の書き方

記事の書き方

 

アフィリエイトはキーワード選定をするだけでなく、選定したキーワードをもとに記事を作ることでアクセスが増えて稼げる仕事です。

 

メインキーワードの関連キーワードの中から、購買につながりそうな複合キーワードを探し、そのキーワードに対して一つずつ記事を作ります。

 

記事で狙うキーワードを記事タイトルや本文の中にしっかり設定しましょう。

 

記事で狙うキーワードを設定

 

記事を書く前には、その記事がどんなキーワードで検索をしたときに上位表示をさせたいのかを考えます。

 

キーワードの選び方はさきほどお伝えしたとおりです。

 

記事ごとのキーワード選定は、とても大切な作業です。手を抜かずにしっかり考えましょう。

 

タイトルや本文にキーワードを設定

 

記事で狙うキーワードは、タイトルや本文にしっかりと設定します。

 

ポイントとしては、キーワードはそのまま使うということです。たとえば「稼ぐ」というキーワードと「稼げる」というキーワードは検索エンジンとしては違うキーワードです。設定したいキーワードはそのまま使いましょう。

 

記事タイトルは32文字以内にするのがベターです。

 

見出し構成から設定をする

 

狙うキーワードが決まったら、いきなり文章を書くのではなく記事の見出し構成を先に決めましょう。

 

「見出し」というのは、たとえば上にある「見出し構成から設定をする」のような記事の中の小さな項目です。

 

見出し構成はライバルサイトをチェックしながら、よりユーザーにわかりやすい構成を考えると良いです。

 

検索意図を考える

 

見出し構成を考える上でも、「検索意図」をまとめておくと良いでしょう。

 

検索意図というのは「どうしてそのキーワードで検索をするのか」という部分です。

 

ユーザーには何か理由があってそのキーワードで検索をするわけです。検索エンジンも検索意図の答えを検索結果で返そうとしているので、この作業はとても大切です。

 

 

記事はコツコツと増やそう

記事はコツコツと増やす

 

アフィリエイトの作業は、コツコツと進めるのが実は近道です。

 

これはアフィリエイトだけでなく、インターネットマーケティング全般に言えます。

 

最初はなかなか結果が出なくても、それを続けているとある時から一気に結果が伸びるというのがインターネットの成長曲線です。

 

まずは100記事が目標

 

サイトの場合はまずは100記事が目標です。ただし、収益はもっと少な記事数の段階で出ることもあります。

 

SEO(検索エンジン対策)でうまくいっている人のほとんどが「100記事くらい良い記事を作ると、そこから一気に安定する」ということを言っています。

 

ですから、収益が出ていても出ていなくても、まずは100記事を目指しましょう。

 

目指すのは月間100万PV

 

PVとはページやサイトが閲覧された数のことですが、良質な記事を増やして検索エンジンからアクセスを集める「コンテンツSEO」では、成功すると月間100万PVを達成できます。

 

でも、やるべきことはこの記事に書いたことだけです。実は方法はシンプルで、あとはコツコツ続けるかどうかです。

 

月間100万PVがあれば、売上を自動的に上げることも、メルマガやLINEの読者を増やすことも何でもできます。

 

おすすめのテンプレート

 

サイトはwordpressを使って作るのがおすすめです。

 

wordpressの立ち上げ方のマニュアルや、デザインや構成がすでに出来上がったテンプレートを弊社で開発しました。

 

これからサイトを作る方はぜひご利用ください。

 

弊社が開発したFMテンプレートはこちら

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトで稼ぐためのキーワードの設定の方法を解説しました。

 

後半でも書きましたが、特にサイトを使った戦略はやり方はとてもシンプルです。

 

根気よく続ければ成果が出ますので、目先の収益を気にせずしっかりと作業を続けてください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトでライバルが弱いキーワードを検索するコツとツール

アフィリエイトでライバルが弱いキーワードを検索するコツとツール

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐために、ライバルが弱いキーワードを選んで記事を書く必要があります。

 

このようなキーワードを選ぶ作業を「キーワード選定」と言います。

 

これから記事で狙うキーワードや、すでにある記事で補強を行うキーワードを検索するための考え方と便利なツールをご紹介します。

 

 

キーワードとは

キーワードとは

 

キーワードとは「検索キーワード」のことです。

 

ユーザーがあなたのサイトに訪問する前には、何かのキーワードで検索をかけているでしょう。

 

アフィリエイトでは「どのようなキーワードで上位表示をするのか」を事前に決めてから記事を書きます。

 

キーワード選定で売上が決まる

 

アフィリエイトをやっている人の中ではよく「キーワード選定で売上の8割が決まる」なんて言われます。

 

私の実感としても、これは正しいと思います。

 

どんなキーワードで上位を獲るかによって売上はかなり変わります。

 

キーワードの種類

 

ひと言で「キーワード」と言っても、もう少し細かい分け方もあります。

 

たとえば「副業」といったように単語だけのキーワードもあれば、「副業 アフィリエイト やり方」のようにいくつかの単語の組み合わせでできたキーワードもあります。

 

複数の単語の組み合わせでできたキーワードを「複合キーワード」や「ロングテール」と言います。

 

また、複合キーワードやロングテールのことをスモールキーワードやニッチキーワードとも言います。逆に、単語だけのキーワードは「ビッグキーワード」と呼ぶことが多いです。

 

スモールキーワード(ニッチキーワード)か、ビッグキーワードかは検索ボリュームで考えるのが正しいのですが、結果的には複合キーワードがスモールキーワードに当てはまることがほとんどです。

 

最初はスモールキーワード

 

キーワード選定の知識がないと、「検索ボリュームが多い方が稼げる」と考えるでしょう。

 

しかし、検索ボリュームの多いビッグキーワードは、その分だけライバルも多いです。ライバルが多いということはかんたんには上位表示を獲ることが難しいことでもあります。

 

ビッグキーワードで上位を獲るためにも、まずはスモールキーワードで確実に上位を獲っていきましょう。

 

キーワードを選ぶ基準

 

検索数を基準に考えるよりも「購買につながるキーワードかどうか」を考えましょう。

 

たとえば、あなたがクレジットカードのアフィリエイトをやっているとした場合、「クレジットカード ポイント おすすめ」というキーワードは明らかに購買につながりそうですよね。

 

たとえそれが検索数の小さいキーワードだったとしても、購買につながるキーワードなら少ないアクセスでもコンバージョン率(商品が売れる確率)は高いのです。

 

 

アフィリエイトのキーワードを選ぶコツ

アフィリエイトのキーワードを選ぶコツ

 

購買につながるキーワードにはいくつか種類があります。

 

この種類を覚えておけば、あなたが取り組むジャンルのキーワードに対しても「どんなキーワードを選べば良いのか」がわかるでしょう。

 

一つは「情報を調べるユーザーが検索するキーワード」、次に「やり方を調べるユーザーが検索するキーワード」、そして「商品名」です。

 

情報

 

たとえば、「副業 おすすめ」「仕事 年収 ランキング」「お金持ち 仕事 種類」など、そのジャンルの情報を調べるユーザーが検索しそうなキーワードは購買につながります。

 

情報を調べているということは、そのジャンルについてニーズを持っているということですからね。

 

ただ、「副業 失敗 理由」とか「仕事 やめる人 掲示板」とか「お金持ち 一般人 無理」とか、あきらかに商品のターゲットとは違うネガティブな情報を調べる意図のあるキーワードは購買にはつながりません。

 

やり方

 

「副業 始め方」「仕事 転職 手続き」「お金持ち 資産 つくり方」など、やり方を調べるユーザーが検索しそうなキーワードも購買につながります。

 

情報に関するキーワードと同じように、興味があるからやり方を調べていたり、自分に問題意識があるから調べていると考えられるからです。

 

商品というのはお客様の悩みを解決するためのものなので、あなたがアフィリエイトをしたい商品がどんな悩みを解決する商品なのかを書き出しておくと、キーワード選定もやりやすいですよ。

 

商品名

 

商品名をそのままキーワードにしても良いでしょう。

 

この場合は、商品名をキーワードに設定する記事はいわゆるレビュー記事です。商品を紹介するためのページですね。

 

商品名で検索する人はすでに商品を知っていて興味があるため、購買につながります。

 

 

商品からメインキーワードを考える

商品からメインキーワードを考える

 

実際にキーワード選定をするために、まずはサイトでアフィリエイトをする商品を決めましょう。

 

商品はASPから探します。

 

また、自分がアフィリエイトをしたい商品が見つかったら、その商品の販売ページを読んで、どんなターゲットに向けた商品なのかを書き出します。

 

そこから、メインキーワードを決めましょう。実際に一つずつの記事で狙うキーワードは、このメインキーワードの関連キーワードです。

 

 

キーワードを検索する方法

キーワードを検索する方法

 

選定するキーワードの候補を検索する方法は2つあります。

 

一つはツールにまかせてしまう方法です。これがおすすめです。

 

もう一つ、検索エンジンの検索結果の下などに出る関連キーワードを自分で抜き出す方法もあります。

 

ツールにまかせるのがおすすめ

 

ただ、キーワードの候補を自分の力で抜き出すのはかなり大変です。

 

メインキーワードの関連キーワードをたくさん抜き出すほど狙い目のキーワードが選べます。

 

また狙い目のキーワードを選ぶためにも、関連キーワードそれぞれのライバルのデータも集めるべきなので、これはツールにやらせるのが正解です。

 

おすすめのツールはこちら

 

allintitleとintitleの数値を見る

 

上でご紹介したツールでキーワードを検索して解析すると、ライバルサイトに関するデータが集まります。

 

その中に「allintitle」という数値と「intitle」という数値があります。「allintitle」とはキーワードのすべてが記事タイトルに入っていることで、「intitle」とはキーワードの一部が記事タイトルに入っていることです。

 

先程のツールにおいては、これらのライバルサイトの数を抜き出せます。この数値の差が大きいということは、「キーワードを全部入れていないのに検索エンジンにそのキーワードで認識されているサイトが多い」ということです。

 

つまり、それは狙い目のキーワードなので、そうしたキーワードが購買につながりそうなら記事を書きましょう。

 

ライバルの見出し構成をチェック

 

記事を書く前に絶対に準備するべきことが2つあります。

 

一つは、その記事で上位表示を狙うキーワード。もう一つは「見出し構成」です。

 

見出し構成は自分の頭で考えるのではなく、実際に上位表示(1位から10位まで)を獲っているライバルサイトの見出し構成をヒントにすると良いです。その見出し構成は検索エンジンに評価を受けやすい構成だからです。

 

コツコツと記事を増やそう

 

こうしたキーワード選定と記事の準備をしてから記事を書くという作業をくり返します。

 

たしかに根気のいる作業ですが、この方法で一度アクセスが集まると安定してアフィリエイト報酬が発生するので、最初ががんばりどころです。

 

はじめのうちはアフィリエイト報酬を気にするよりも、自分が良い記事を書けていることを楽しみに続けると良いでしょう。

 

キーワードリストを作る

 

私の場合は、スプレッドシートに「キーワード」「記事のURL」「記事で紹介したアフィリエイト案件」をまとめています。

 

このようなキーワードリストを作っておくと、あとでサイトのメンテナンスがやりやすいです。

 

たとえば「このキーワードは、もう記事があるかな」と調べたり、「このキーワードの記事のURLはどれだろう」ということを調べるときに、今ご紹介したようなキーワードリストがあればすぐに検索ができますよね。

 

検索エンジンからキーワードを見つける

検索エンジンからキーワードを見つける

 

どうしてもツールが使えない人は、検索エンジンから関連キーワードを見つける方法もあります。

 

たとえばあなたのサイトのメインキーワードが「副業」である場合、上の図のように検索エンジンで検索をしてみると、下部に関連キーワードが表示されます。

 

またその関連キーワードで検索をしなおすと、そのまた関連キーワードも表示されるので、このやり方でピックアップすることも可能です。

 

検索ボリュームの考え方

 

理想のお宝キーワードというのは「ライバルが少なく、なおかつ検索ボリュームが多いキーワード」です。

 

たくさん検索されるキーワードなのに、上位表示が獲りやすいキーワードがあれば、それはもちろん狙い目です。

 

ただし、そうしたキーワードは決して多くありません。

 

一方で、検索ボリュームが少なくても、この記事で解説してきたように「購買につながるキーワード」なら少ないアクセスでも商品のコンバージョン率(売れる確率)は高いので、検索ボリュームが少ないキーワードを除外するのは間違いです。

 

 

記事を書く前にキーワードを選ぼう

記事を書く前にキーワードを選ぶ

 

キーワード選定をするタイミングは、記事を書く前です。

 

メインキーワードの関連キーワードの中から購買につながるキーワードを選定して、その一つずつに対して記事を増やします。

 

そのためにもメインキーワードの関連キーワードははじめにツールなどで検索をしておいたほうが良いです。

 

なぜキーワード選定が大切なのか

 

なぜここまでキーワード選定にこだわるかというと、理由は2つあります。

 

1つは、キーワード選定をせずに記事を書いてもアクセスが増えないからです。

 

もう1つは、キーワード選定をすることで記事の趣旨が明確にできることです。検索エンジンも「どういうターゲットに向けた情報なのか」がはっきりとした記事を評価します。

 

キーワード選定をすると記事が書ける

 

しっかりとキーワード選定をして、ライバルサイトをヒントに見出し構成まで決めておくと自然と良い記事が書けます。

 

記事が書けない人の多くは、キーワード選定やライバルチェックをせずに、何となく記事の文章を書こうとします。

 

しかしそれは間違いで、SEO(検索エンジン対策)の記事の書き方とは、文章を書く前の準備にコツがあるのです。

 

検索意図を考えよう

 

良い記事の書き方を知ってもらうために、もう一つ記事を書く前に準備してほしいことがあります。

 

それが「検索意図は何か」を書き出すことです。

 

検索意図とは「ユーザーはなぜ、そのキーワードで検索をするのか」という考え方で、検索エンジンはこの検索意図の答えとなる情報を検索結果で表示します。つまり、検索意図を明確にしてその答えとなる記事を作れば、検索エンジンに評価をされるのです。

 

 

補強するキーワードを検索する

 

補強するキーワードを検索する

 

一度書いた記事でも、少し時間がたったときに補強をするとさらに上位に表示されるチャンスがあります。

 

そのようなメンテナンスの対象となるキーワードを検索するためにおすすめのツールがあります。

 

Googleがサイトの運営者に向けて公式に出している「Search Console」というツールです。

 

Search Console

 

Search Consoleは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールの一つです。

 

どのようなキーワードからアクセスが来ているのか、またその平均の検索順位などを調べられます。

 

Search Consoleで11位から20位を獲っているキーワードは、その記事を補強するとさらに上位に上がる可能性が高いです。

 

Google Analytics

 

もう一つ、Google Analyticsというアクセス解析ツールも入れておくと良いでしょう。

 

Google Analyticsは、ユーザーの動向やPV数が測定できるツールです。

 

こちらもGoogleのアカウントがあれば無料で使えます。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトで稼ぐために、これから記事を書く場合のキーワードの候補や、補強する記事のキーワードの候補を検索する方法を解説しました。

 

Search Consoleなどの無料ツールはリスクがないため、ぜひお使いください。

 

新規の記事で狙うキーワードの候補を調べるときにもツールに検索させるのがおすすめです。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトで稼げるキーワード選定のコツとジャンルを紹介

アフィリエイトで稼げるキーワード選定のコツとジャンルを紹介

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼げるようになるには、まずは自分が興味のあるジャンルで商品を見つけ、サイトを作ります。

 

そして、キーワード選定をしながら記事を増やすことがコツです。

 

稼げるジャンルや稼げるキーワードの見つけ方を知っておくことが近道です。

 

この記事では、ジャンルやキーワード選定の例を紹介します。

 

おすすめのジャンルはこちらでも紹介しています

 

 

アフィリエイトで稼げるキーワード

アフィリエイトで稼げるキーワード

 

まずはキーワードについて学びましょう。

 

サイトを作ってアフィリエイトをする場合には、記事を書く前にその記事で検索結果の上位を狙うキーワードを決めます。

 

「どんなキーワードで検索したときに上位表示したいのか」を明確にしてから記事を書くのです。

 

キーワード選定についてはこちらにもまとめました

 

キーワードとは

 

アフィリエイトを学ぶとよく目にする「キーワード」という言葉。

 

ここで言う「キーワード」とは「検索キーワード」のことです。検索エンジンで検索をするときに打ち込むキーワードのことです。

 

このキーワードをあらかじめ決めてから記事を書かないと、なかなか上位が獲れません。

 

キーワード選定とは

 

このキーワードを決める作業のことを「キーワード選定」と言います。

 

特にSEO(検索エンジン対策)でアクセスを集める場合には、キーワード選定はとても大切です。

 

記事を書く作業も大切ですが、それと同じくらいキーワード選定にも集中をしましょう。

 

稼げるキーワードの条件

 

キーワードを決めて、それに対してしっかりと記事を書くとアクセスが集まります。

 

ただし、アクセスが集まったからといって稼げる場合とそうでない場合があります。

 

稼げるキーワードとは、あなたがサイトで紹介したいアフィリエイトの案件の見込み客が検索するキーワードなのです。

 

商品名

 

そこでまず注目したいのが、「商品名をキーワードにする」という考え方です。

 

商品名で検索する人は、すでに商品を知っていて興味を持っているから検索をするわけです。

 

商品名で上位表示できれば少ないアクセス数でもコンバージョン(商品が売れること)が取れます。

 

やり方に関するキーワード

 

次に「やり方」に関するキーワードです。何かのやり方を調べている人は、そのジャンルに興味を持っていますよね。

 

すでにニーズを持っている顧客層だということが想定できるので、こちらも稼げる可能性が高いです。

 

たとえば「副業 始め方」「転職 方法」「結婚式 準備」など、あなたが紹介したい商品のジャンルについて「やり方」にあたるキーワードは稼げるキーワードと言えます。

 

おすすめの情報に関するキーワード

 

おすすめの情報を調べている人も、すでにそのジャンルで商品やサービスを利用したいと思っている可能性が高いです。

 

「副業 おすすめ」「転職 おすすめ」「結婚式 プラン おすすめ」など、そのジャンルのおすすめ情報にあたるキーワードは稼げるキーワードと判断ができます。

 

ここまでの説明でもおわかりいただいたとおり、「ニーズを持っている顧客が調べるキーワード」が稼げるキーワードなのです。

 

悩みがはっきりしているキーワード

 

前向きなキーワードだけでなく、悩みに関するキーワードも稼げるキーワードと言えます。

 

悩みについて調べる人は、それを解決したいからこそ調べているわけですから。

 

「副業 始めたい」「転職 不安」「結婚式 費用 相場」など、悩みから生まれるキーワードも購買につながるキーワードです。

 

「欲」がはっきりしているキーワード

 

もちろん「欲」はわかりやすいキーワードも狙い目です。人間には欲があり、極端にいえば「欲」が人間の行動を決めています。

 

「副業 高年収 おすすめ」「転職 働きやすい 職業」「結婚式 おしゃれ プラン」など、人間の欲から生まれるキーワードも稼げるキーワードでしょう。

 

こうしたキーワードで調べている人も、明らかに商品を買いそうな感じですよね。

 

実はニッチキーワードのほうが稼げる

 

ここまでにも例を出していますが、いくつかの単語で構成されたキーワードのほうが稼げるものです。

 

いくつかの単語で構成されたキーワードを複合キーワードとかロングテールと言います。

 

ロングテールは検索数こそ少ないですが、逆にここまでに紹介したような「そもそも購買意欲がありそうなキーワード」ならアクセスが少なくてもそこからのコンバージョン率(商品が売れる確率)は高いので稼げるのです。

 

ニッチキーワードについてはこちら

 

 

アフィリエイトで稼げるジャンルの例

アフィリエイトで稼げるジャンルの例

 

ここまでのキーワードの説明で、作業ができそうな人はさっそくスタートしましょう。

 

ただし、キーワード選定と同じくらい「ジャンルの選定」も大切です。

 

弊社のコンサルティングでは、できるだけあなたらしいジャンルを見つけてもらったほうが稼げると判断しています。

 

おすすめのジャンルの一覧はこちら

 

稼ぐ

 

昔から「稼ぐこと」に関わるジャンルは稼ぎやすいと言われています。

 

もちろん、生活していくために私たちはお金を稼ぐ必要があります。

 

ですから、ビジネスについての教材、セミナー、サービスなどは稼ぎやすいジャンルのひとつなのです。

 

お金

 

もう少し広い意味では「お金」についてのジャンルがあります。

 

これはいろいろな意味にとれるでしょう。

 

うちのクライアントでも「節約」「資産」「投資」「ビジネス」「税金」「経営」など、お金に関する日常のジャンルから専門的なジャンルまで、それぞれ取り組んでいる人がいます。

 

学習

 

「英語」などの外国語や、資格や進学のための勉強、あるいは趣味としての勉強のジャンルもニーズがあります。

 

ASPを見ていただくと、こうした学習のジャンルはアフィリエイト報酬も高いものが多いです。

 

これは、自分がそのジャンルの先生ほど詳しくない場合でも、興味さえあれば「それを学ぶ楽しさ」「なぜ学んだほうが良いのか」などを発信できますよね。

 

転職

 

私もクライアントと打ち合わせをしながら、実際にASPで案件を探してみると、転職の案件は昔よりも報酬が高いことに気づきます。

 

これも、転職そのものや転職先の職種に詳しくなくても、「なぜ転職をすると良いのか」などを訴求できれば稼げるわけです。

 

アフィリエイトの場合は、商品の販売ページはすでにあるわけなので、そのきっかけを作ればコンバージョン(商品が売れること)が取れるのです。

 

生活

 

もちろん、生活に関してのジャンルも稼げます。

 

生活というと幅広いのでASPで検索をしてみて、もう少し具体的にジャンルをしぼったほうが良いですが、生活について悩みがある人は多いのでアクセスは集めやすいです。

 

ここまでに紹介したようなジャンルと生活を組み合わせても良いと思います。

 

旅行

 

人は旅行に行きます。大型連休の時期などを中心に、旅行について検索する人も多いです。

 

特にインターネットの時代になってから、旅行の情報を前もって調べる人は多く、申込みもインターネットから行う人が多いので、アフィリエイトのジャンルとしても稼ぎやすくなりました。

 

もしあなたが旅行に興味があるのなら、サイトを作るのも楽しいでしょう。

 

育児

 

私も子供がいるのでわかりますが、育児について調べる人はとても多いです。

 

お子様がいらっしゃる方なら一度はインターネットで育児について調べたことがあるのではないでしょうか。

 

ASPでも教育関連のサービスが紹介できることも増えています。

 

パソコン・スマホ・アプリ

 

私も、私の妻も、パソコンやスマホを買うときにはまずインターネットで調べます。

 

今は一人につき一台持っているのは当たり前の時代なので、パソコンやスマホなどの機器を紹介するジャンルも良いです。

 

これはある程度の知識は必要なので、あなたがお詳しければやってみると良いでしょう。

 

車・バイク

 

買い取りや見積もりの案件は昔から稼げるジャンルとして有名です。

 

これも知識が必要なジャンルだとは思いますが、インターネットで調べる人も増えているので、車やバイクが好きならサイトを作ってみてください。

 

ASPにも紹介できる案件は多いです。

 

動画サービス

 

Huluなどの動画サービスもとても充実しています。

 

動画サービスは、その内容や価格を調べる人が多い傾向です。

 

サイトのジャンルとしては映画の紹介などをしながら、進めても良いと思います。映画が好きな人なら楽しみながらできますね。

 

 

アフィリエイトで稼げるようになるには

アフィリエイトで稼げるようになるには

 

アフィリエイトで稼ぐためのポイントを説明します。

 

これから始める人は、この順番で準備をしましょう。すでにやっている人は、自分が見落としているポイントはないかチェックしてください。

 

アフィリエイトで稼ぐコツはすでにあるので、正しく取り組めば成果が出ます。

 

自分が興味のあるジャンルに取り組む

 

ここまでにお伝えしたように、弊社のコンサルティングではできるだけその人らしいジャンルでビジネスをやってもらいます。

 

なぜなら、もともと興味があったり得意なことをビジネスにしたほうが絶対にパフォーマンスが良いからです。

 

特にアフィリエイトで稼げない人は、自分からやめてしまう人が多く、その理由は「モチベーションが下がったから」というものです。モチベーションを維持するためにも「楽しい」「やりがいがある」と思えるジャンルで始めることがポイントです。

 

おすすめのジャンルはこちらにもまとめました

 

商品とターゲットを決める

 

ジャンルが何となく決まったら、まずはASPを見てみましょう。

 

ASPとはアフィリエイトができる案件をたくさん掲載してくれているサービスです。アフィリエイトをするにはASPからあなたの広告タグを取り出して自分のメディアに掲載します。

 

ASPで紹介したい案件を見つけたら、その商品の販売ページなどを見てみて、商品のターゲットはどんな人なのかについて具体的に書き出しておきましょう。

 

ASPの一覧はこちら

 

メインキーワードを決める

 

商品のターゲットを明確にしていれば、次にメインキーワードを決めます。

 

実際に上位表示を狙うのは最初のうちは「メインキーワードの関連キーワード」なので、メインキーワードだけでライバルチェックをしなくても良いです。

 

商品のターゲットに当てはまるメインキーワードを選びましょう。

 

キーワード選定についてはこちら

 

関連キーワードを選ぶ

 

メインキーワードの関連キーワードをたくさんピックアップします。

 

ツールで一気に抜き出すことがおすすめですが、検索結果の下などに表示される関連キーワードから手動でも集められます。

 

集めた関連キーワードの中でも、この記事で紹介したように「購買につながるキーワード」に注目して記事を増やしましょう。

 

複合キーワード(ロングテール)が優先

 

最初からビッグキーワードで上位表示ができるケースはほとんどないので、まずはニッチキーワードで上位を確実に獲っていきます。

 

具体的には、複合キーワード(ロングテール)から優先して記事を増やします。

 

ロングテールのほうが、単語だけのビッグキーワードよりもターゲットが明確なため、よりユーザーのためになる具体的な記事を書けます。

 

見出し構成を先に決める

 

いきなり記事の文章を書こうとすると、ほとんどの場合で良い記事は書けません。

 

実際に上級者でも、構成から先に決めます。

 

この記事もそうなっていますが、見出しの構成を、狙っているキーワードに対してのユーザーの検索の意図に合わせて作ることは検索エンジンからの評価を受けやすいです。

 

記事の書き方はこちら

 

とにかく記事を書くこと

 

おそらく、最初のうちは記事を書いてもアクセスが全然増えないと感じるでしょう。

 

しかしそれはSEO(検索エンジン対策)では普通です。最初はなかなかアクセスが増えず、上位も獲れないのですが、それでも良い記事をていねいに増やすと、あるタイミングから全体的な評価が始まります。

 

そのあとは、今までアクセスが来ていなかった記事からもアクセスが来るのです。

 

記事を書かなくなる理由

 

アフィリエイトは9割の人が稼げないと言われますが、稼げない人のほとんどは自分でやめた人です。

 

やめる理由として特に多いのが、「記事を書いているのにアクセスが増えないからモチベーションが下がった」といった理由です。

 

しかし、先程説明したように最初のうちはアクセスが増えず、それでも記事を増やすと一気にアクセスが伸びるというのが成長曲線なので、ここを理解しておくとがんばれますよね。

 

キーワードリストを作る

 

おすすめのやり方があります。

 

私の場合はスプレッドシートに、「狙っているキーワード」「記事のURL」「その記事で紹介している案件」をまとめています。

 

これをやっておくと、あとで説明する記事のメンテナンスがやりやすいです。

 

ライバルチェックも欠かさない

 

一つずつの記事に対して、メインキーワードの関連キーワードを一つずつ設定します。

 

そのときに、ライバルチェックもしましょう。

 

ライバルチェックで注目するべきなのは「どんな見出し構成を作っているか」「どんな言葉を使っているか」です。これらを調査してヒントにすると上位表示をしやすいです。

 

 

おすすめのツール

おすすめのツール

 

SEO(検索エンジン対策)では、ツールは欠かせません。

 

必要なツールとしては、「キーワードやライバルチェックをするためのツール」と「メンテナンスのヒントにするツール」です。

 

メンテナンスのヒントにするためのツールはGoogleから公式で出ている無料ツールがあるのでご紹介します。

 

便利なツールはこちらにもまとめました

 

コンテンツスカウターZ

 

その前にまず紹介するのが「コンテンツスカウターZ」です。実際に弊社も使っています。

 

コンテンツスカウターZを使うと、関連キーワードをたくさんピックアップできますし、ライバルチェックに必要なデータも自動的に集まります。

 

SEOをやるために必須のツールと言えるので、ぜひご検討ください。

 

Search Console

 

Search ConsoleはGoogleが公式に出している無料ツールです。

 

どんなキーワードでアクセスが来ているのかや、平均の検索順位がわかります。

 

Search Consoleを見て、11位から20位にいる記事はそのキーワードについて、よりわかりやすく補足するなどのメンテナンスをやるとさらに上位が獲りやすいです。

 

Google Analytics

 

Google AnalyticsもGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。

 

ユーザーの動向などがわかるので、サイトを立ち上げたら入れておきましょう。

 

wordpressの場合はプラグインなどを使えばかんたんに設定できます。

 

 

稼げる人に共通すること

稼げる人に共通すること

 

アフィリエイトで稼げる人に共通することがあります。

 

弊社では、アフィリエイトについてもたくさんクライアントがいますので、稼げる人はどんな共通点があるのかよくわかっています。

 

どれも言葉にするとシンプルなのですが、本当に大切なことなので抜けていることがあれば一度考えてみてください。

 

正しいやり方を学ぶ

 

アフィリエイトで稼げる方法はすでにあります。

 

正しいやり方にしっかり継続して取り組めば、成果が出ます。

 

ただし、時代によって細かいやり方が変わることも多いので、それが学べる「環境」に投資することが稼げる人の共通点です。

 

マインドセットはかなり大切

 

アフィリエイトだけでなく、目標を達成するためにはマインドセットが本当に大切です。

 

稼げる人の多くが、「テクニックよりもマインドセットが大切」と言います。

 

マインドセットとは考え方のことで、特にアフィリエイトの場合は「自分のやりがい」「目標」「行動習慣」を整えることがポイントです。

 

SEOはキーワードが重要

 

昔はブログを何となく更新していてもアクセスがかんたんに集まりました。

 

しかし今は、サイトのジャンルをしっかり決めて情報サイトとして育てないとアクセスが伸びづらいです。

 

アクセスがしっかり集まるサイトにするためにも、この記事で書いたような稼げるキーワードを選ぶ知識が必要です。

 

ビジネスの理念を決めよう

 

うちのコンサルティングでは、テクニックだけでなく「理念を決めてビジネスをする」ということも教えています。

 

今は、あなたが提案する商品と同じものや似たものを紹介している人はインターネット上にたくさんいます。

 

その中で、あなたの提案が選ばれるためには「どんな目的でビジネスをやっているのか」という理念を打ち出すことが大切なのです。

 

その理念がお客様に共感されるものなら、あなたの提案から商品が売れます。

 

セールスライティングはベネフィット

 

「ベネフィット」という言葉をうまく表す日本語がないのですが、ひと言でいうなら「メリット」が近いでしょう。

 

商品の内容や性能だけをライティングするのではなく、「それがあるとどうなるのか」というお客様が得られる未来をしっかり書きましょう。

 

お客様が買い物をするのは、商品の内容が気に入ったからではなく、そこから得られる未来に価値を感じたからです。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトで稼げるようになるためのキーワード選定やジャンルの選び方についてご紹介しました。

 

私は、あなたにはあなたらしいビジネスで成功してほしいと思っています。

 

ASPにはかなり有名な企業の商品も掲載されています。昔よりも商品が豊富で取り組みやすいので、あなたらしいジャンルを決めて、キーワードをしっかり選びながら進めてみましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトでSEOに強い記事を書く手順やキーワード選定のコツ

アフィリエイトでSEOに強い記事を書く手順やキーワード選定のコツ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトというビジネスでは、記事を書くことが何よりも大切です。

 

記事を書いてアクセスを集めることで、サイトで紹介している商品が売れてアフィリエイト報酬が発生します。

 

記事を書くときには、キーワード選定をして記事のターゲットを明確にしてから記事を書きます。

 

今回は、検索エンジンに評価をされて上位表示できる記事の書き方とキーワード選定のポイントを解説します。

 

 

アフィリエイトの全体像

アフィリエイトとは

 

アフィリエイトは個人でもできるインターネットビジネス、あるいは副業としてとても有名です。

 

インターネット環境とパソコンやスマホがあれば取り組めますし、固定費がほとんどかからないので人気のお仕事です。

 

アフィリエイトとはひと言でいえば、インターネットを使って行う成果報酬型の広告業です。

 

アフィリエイトとは

 

アフィリエイトとは、サイトやブログやメールマガジンで広告を掲載し、そこから商品が売れた場合に報酬がもらえるビジネスです。

 

アフィリエイトを始めるにはASPというサービスに登録をして、ASPから自分のメディアで紹介したい商品の広告タグを取り出します。

 

あとは、自分のメディアにアクセスを集めつつ、自分の広告タグから商品が売れるようにすると報酬が発生するという仕組みです。

 

ブログやASPについてはこちら

 

検索エンジンからの集客が良い理由

 

アクセスを集める方法はいくつかあります。SNSからの集客、広告を使った集客などもありますが、検索エンジンからの集客は特に大切です。

 

SNSや広告というのは「何となく見て興味を持った人」が多いです。これを認知層と言います。

 

これに対して検索エンジンで検索をしてサイトに訪問してくれる人は、何か悩みや調べたいことがあってそれを自覚しているから検索しているわけです。このような層を顕在層と言います。

 

したがって、検索エンジンからの集客はすでに問題意識がありそれを解決したい人のアクセスであるため、商品が売れる確率(コンバージョン率)もとても高いのです。

 

キーワードとは

 

アフィリエイトを勉強していると、よく「キーワード」という言葉が出てきます。この記事にもたくさん使います。

 

そもそもキーワードとは検索キーワードのことで、検索エンジンで検索をするときに検索バーに打ち込む言葉のことです。

 

アフィリエイトで記事を書くときには「どんなキーワードで検索をする人のための記事なのか」ということを明確にすることがポイントです。

 

キーワード選定とは

 

このようなキーワードを選ぶ作業を「キーワード選定」と言います。

 

サイトにアクセスを集める効果的な方法として、検索エンジンからの集客が見逃せないと説明しました。

 

そのためにも「どんなキーワードで検索をしたときに自分の記事を上位表示させたいのか」をしっかり選ぶ必要があります。

 

SEOとは

 

アフィリエイトを学ぶ中で「SEO」という言葉もよく見ると思います。

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、日本語では「検索エンジン最適化」と言います。

 

かんたんに言うなら、検索エンジンに評価されて狙ったキーワードで上位表示されるサイトにするための対策や活動のことをSEOと言います。

 

まずは商品を決めてターゲットを明確に

 

何はともあれ、記事を書いたりキーワードを決める前に、あなたのアフィリエイトサイトで紹介をする商品をASPから選びましょう。

 

商品が決まっていないと、「どんなターゲットに向けてサイトを作るのか」があやふやなままです。

 

アフィリエイトやマーケティングで大切なことはターゲットを明確にすることです。ターゲットが明確なら、どんなメッセージを出せば良いかも決めやすいからです。

 

 

キーワードリサーチの前にやるべきこと

キーワードリサーチの前にやるべきこと

 

キーワード選定(キーワードリサーチ)の前にやるべきことが2つあります。

 

1つはここまでに説明したように、ASPから商品を選ぶことです。自分のメディアで紹介したい商品を決めましょう。

 

2つ目は、その商品の強みやジャンルから判断して、サイトのジャンルを決めることです。

 

この2つの作業は順番が逆の場合もあります。自分がやりたいジャンルを先に決めて、そのジャンルの商品をASPから探しても良いです。

 

ジャンルの考え方はこちら

 

 

アフィリエイトのキーワード選定

アフィリエイトのキーワード選定

 

アフィリエイトのキーワード選定のポイントを説明します。

 

まずは、メインキーワードを決めておくと良いです。ライバルの強さなどはこの時点では考えずにメインキーワードを決めておくと次の作業がやりやすいです。

 

主なキーワードの候補としては「商品名」「メインキーワードの関連キーワード」があります。その中でも「購買につながるキーワードを選ぶ」ということや「キーワードずらし」という考え方を知っておくと良いでしょう。

 

キーワード選定についてはこちらにまとめました

 

商品名

 

まず、商品を売る記事(いわゆるアフィリエイト記事やレビュー記事)を作りましょう。

 

アフィリエイトを仕掛ける記事の場合、狙うキーワードは商品名とすることが多いです。

 

商品名で検索する人はすでに商品に興味を持っているため、コンバージョン率(アクセスに対して商品が売れる確率)が高く、少ないアクセス数のうちから商品が売れることがあります。

 

コンバージョン率の高い記事を書くコツはこちら

 

関連キーワード

 

メインキーワードを決めて、その関連キーワードをたくさんピックアップしましょう。

 

メインキーワードとしてあなたが考えたものは、おそらくビッグキーワードと言ってライバルがとても強いキーワードだと思います。

 

ですが、関連キーワードならライバルが弱くなることがあるので、まずは関連キーワードを選んで記事を書きます。

 

ニッチキーワードについてはこちら

 

購買につながるキーワード

 

関連キーワードの中でも、あなたがサイトで紹介している商品が売れやすいキーワードと、そうではないキーワードがあります。

 

たとえば「パーソナルトレーニングジム」をアフィリエイトしている場合、「ダイエット 成功 やり方」というキーワードならコンバージョン(商品が売れること)につながりそうですよね。しかし「ダイエット 無理」というキーワードならどうでしょう。「ダイエット 無理」と検索している人は、ダイエットの意欲がなさそうですね。

 

このように関連キーワードの中には、商品の購入につながりそうもないキーワードがあるので、それらは除外して良いです。

 

キーワードずらし

 

アフィリエイトをしている人の中では「キーワードずらし」という言葉があります。

 

先ほど説明したように、キーワードによってはライバルがとても強力なものがあります。

 

ただし諦める必要はなく、同じジャンルのキーワードでも「キーワードずらし」をするとライバルが一気に減るケースがあるのです。

 

キーワードずらしの解説はこちら

 

 

アフィリエイトの記事とキーワード

アフィリエイトの記事とキーワード

 

ここまでキーワードについて解説をしてきました。

 

それでは、アフィリエイトの記事とキーワードにはどのような関係があるのでしょうか。

 

先に結論を言うと、メインキーワードから関連キーワードをピックアップして、その中から購買につながるキーワードを選びます。そうして選んだキーワード一つずつに対して記事を書いていくのです。

 

記事にアクセスが集まる仕組み

 

検索結果にはあなたが書いたサイトの記事がそれぞれ特定のキーワードで表示されます。

 

検索エンジンとしては「キーワードで検索をする人の意図に対するできるだけ正確な答えを表示したい」わけです。

 

ですから特定のキーワードに対して、「そのキーワードで検索する人は何が知りたいのか」を考えて記事を書くと、その記事が検索結果の上位に表示されアクセスが集まるのです。

 

記事を書く前にキーワードを選定する

 

したがって、記事を書く前には必ず「今から書く記事は、どんなキーワードで上位表示を狙うのか」をしっかり決めましょう。

 

キーワードを決めずに記事を書くことには2つの問題点があります。

 

1つは、キーワードを決めていないと趣旨がブレることです。そしてもう1つは、そのような記事は検索エンジンにも評価をされずアクセスが集まらないということです。

 

1記事に対して1つのキーワードを設定

 

サイト全体で狙っているメインのキーワードがあると思いますが、その関連キーワード1つずつに対して記事を書きましょう。

 

たとえばサイト全体で「副業」というキーワードを狙っているとして、その関連キーワードに「副業 おすすめ」とか「副業 始め方」などがあるなら、それぞれ記事を書くのです。

 

また、「副業 おすすめ」と「副業 選び方」は、どちらも趣旨が同じようなキーワードに見えますが、検索エンジンから見れば別のキーワードなのでそれぞれ記事を書いたほうが良いです。

 

検索ボリュームで判断しなくて良い理由

 

「そもそも検索ボリュームが大きいキーワードじゃないと、上位表示ができてもアクセスが来ないのでは」と考える人もいるでしょう。

 

それは一部正解なのですが、大切なポイントが抜けています。

 

検索ボリュームが大きいキーワードはビッグキーワードと言います。ビッグキーワードで上位表示ができるためには、検索ボリュームの比較的少ないスモールキーワードで上位表示ができている記事を増やすことから始める必要があるのです。

 

キーワードの検索数の考え方はこちら

 

 

キーワードを探すならこのツール

キーワードを探すならこのツール

 

弊社でも実際に使っているキーワード選定やSEOに役に立つツールがあります。

 

キーワードの候補をピックアップしたり、各キーワードのライバルのデータを集めるのは自分でやろうとすると大変です。

 

ツールを使ったほうが早い上に正確でたくさんのデータが取れますので、できるだけツールを使いましょう。

 

おすすめのツールはこちらです

 

自分でキーワードを予測しない

 

「キーワードずらし」などの考え方からある程度はキーワードの候補を広げられます。

 

ただしそれには限界があるので、ツールで一気に候補を集めて、その中から判断することが近道です。

 

アフィリエイトの仕事はデータ分析が大切なのですが、そもそもデータが集まらないと分析できないため、ツールを使うことがおすすめです。

 

まずはメインキーワードを決める

 

先ほどご紹介した「コンテンツスカウターZ」を使うとしても、メインキーワードを決めておく必要はあります。

 

メインキーワードは、商品やジャンルから判断して良いです。

 

特に最初のうちは、実際に上位表示を狙うキーワードは関連キーワードなので、メインキーワードにライバルが多いかどうかは判断しなくても良いです。

 

キーワードリストを作ろう

 

コンテンツスカウターZを使うと、関連キーワードなどもCSV形式で保存できます。

 

私の場合は、その中から自分のサイトで実際に狙うキーワードの候補をスプレッドシートにまとめています。

 

「キーワード」「記事のURL」「記事で紹介している案件」などをスプレッドシートにまとめておくと、あとで記事をメンテナンスするときなどに便利です。

 

購買につながるキーワードだけで良い

 

この記事でも解説しましたが、関連キーワードすべてに対して記事を書く必要はありません。

 

関連キーワードの中には、商品の見込み客が検索するとは思えないキーワードもあります。

 

そうしたキーワードは除外して問題ありません。

 

1語・2語・3語どれが良いのか

 

特に関連キーワードとなると、「副業 おすすめ ランキング」などのように、いくつかの単語が組み合わさったものが多いです。

 

最初は3語の複合キーワードを中心に記事を書くと良いです。

 

単語の数が多いほど、よりターゲットが明確なキーワードですよね。もちろん、ターゲットをしぼりこむほど検索数そのものは減りますが、その分だけライバルも少ないですし、検索エンジンもターゲットが明確な記事を評価するので、最初は小さな評価を集めるためにも3語→2語→1語の順番に狙いましょう。

 

ニッチキーワードの考え方はこちら

 

ロングテール(複合キーワード)の強み

 

複合キーワードは一つずつは検索数が少ないため、上位表示をしても大きなアクセスは期待できません。

 

ただし、複合キーワードで上位表示を増やしていくと、検索エンジンからのサイトの評価(ドメイン評価)が上がり、それまでアクセスが来ていなかった記事からもアクセスが増え始めます。

 

SEO(検索エンジン対策)でうまくいっている人は複合キーワード(ロングテール)をしっかり狙って上位表示をしています。

 

 

アフィリエイトの記事を書く手順

アフィリエイトの記事を書く手順

 

それではここから、アフィリエイトの記事を書く手順を説明します。

 

選んだキーワードに対して、実際にどのように記事を書けば良いのかを知ってください。

 

記事を書くときに、いきなり文章を書き始めてしまうのではなく、その前に「どんな記事にするのか」という全体像を作り上げるとらくです。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちらで詳しく解説しています

 

記事で狙うキーワードを決める

 

まずはここまでに説明したように、記事で狙うキーワードを決めましょう。

 

サイトのメインキーワードを決め、そのメインキーワードの関連キーワードを抜き出します。その中から購買につながる複合キーワード(ロングテール)を選んでキーワードにします。

 

一つの記事に対して、狙うキーワードは一つです。

 

検索の意図を考える

 

次に、狙うキーワードの「検索の意図」を考えましょう。ユーザーが検索するときには、必ず「意図」があります。

 

つまり、「なぜ、そのキーワードで検索をするのか」「何が知りたいのか」を考えるということです。

 

たとえば、「副業 おすすめ」と調べる人は「副業を始めたいな。何がおすすめだろう。」ということが知りたいはずだと想定できますよね。

 

「なぜ」という質問をしよう

 

より具体的に検索の意図を考えたり、記事の構成やターゲットを決めるために、「なぜだろう」という質問を繰り返しましょう。

 

「そのキーワードで調べる人は、なぜ調べるんだろう」→「なぜ、その悩みがあるんだろう」→「なぜ、その状況になったのだろう」とくり返すと、より具体的にターゲットやターゲットの悩みが見えてきます。

 

こうした作業は頭で考えるのではなく、必ず書き出すことが大切です。

 

ターゲットを明確にする

 

ここまでの作業をしっかりやれば、かなり具体的にターゲットが見えているはずです。

 

そうしたら、そのターゲットがどんな人なのかを整理して書いておきます。

 

ターゲットについてできるだけ具体的に書き出すというのは「ペルソナを設定する」という作業で、コピーライティングでとても大切な仕事の一つです。

 

SEOに強い記事とは

 

SEOとは検索エンジン対策のことですが、そのためにも検索エンジンがどんな記事を評価するかを知ってください。

 

検索エンジンがやろうとしていることは「検索ユーザーの検索の意図に対して、できるだけ検索を終えられる答えを検索結果で返す」ということです。

 

つまり、ここまでに説明したように検索ユーザーの意図を考え、ターゲットを明確にして、その悩みに対する答えをしっかり網羅した記事を作れば検索エンジンに評価される記事ができます。

 

上級者でも見出し構成から決める

 

「じゃあ、さっそく記事を書こう」という意気込みは良いのですが、まだ早いです。

 

上級者でもいきなり文章を書かずに、まずは見出し構成から決めます。

 

最初に構成を整えたほうが、まとまりがあり趣旨が伝わりやすい記事が完成します。

 

ニッチキーワードに対しても記事を書く

 

記事の書き方としてはここまでに説明したとおりですが、記事をたくさん書いていると「複合キーワード(ニッチキーワード)を狙ってもあまりアクセスが増えないな」と感じると思います。

 

しかしニッチキーワードで上位表示を増やしていくと、ドメイン評価が高まってそれまでアクセスが来ていなかった記事にもアクセスが増え始めます。

 

そしてやがてビッグキーワードでも上位が獲れます。

 

記事の書き方はこちらでも詳しく解説しています

 

アフィリエイトはコツコツと記事を書く

 

アフィリエイトの報酬や、サイトのアクセス数はおもしろい伸び方をします。

 

というのも、「1カ月がんばったんだから、これくらい増えるだろう」というものではなく、最初はほとんどアクセスが増えず、それでも続けていくとある時から一気にアクセスが来るようになる。そんな成長曲線を描きます。

 

目安としては、良質な記事を100記事から150記事にすると、アクセスがとても増えるという人が多いです。今は「大変だな」と思うかもしれませんが、そこまでの間にも少ないアクセス数でも商品は売れることがあるので、コツコツとがんばりましょう。

 

 

SEOに強い記事の仕上げ方

SEOに強い記事の仕上げ方

 

記事の本文が完成したら、仕上げをします。

 

私の場合は、キーワードや構成やターゲットを決めて、本文をとりあえず書いてしまったあと、細かい編集をします。

 

仕上げ作業でチェックするのは「タイトル」「見出し」「文章のわかりやすさ」「画像」です。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちらにまとめました

 

タイトルや見出しにキーワードを入れる

 

記事タイトルや本文の中の見出しには、狙っているキーワードを入れましょう。

 

タイトルと本文には最低でも1回はキーワードを使います。

 

見出しのすべてにキーワードを入れる必要はありませんが、自然な形で使うようにしてください。

 

小学生から中学生でもわかる言葉で書く

 

「良い文章」というと、難しい言葉で書こうとする人がいますが、それは間違いです。

 

検索エンジンとしても、ユーザーが見やすい記事を評価しますので、実は言葉はかんたんなものが良いです。

 

具体的には10歳から15歳の人でも理解できるくらいの言葉が良いと言われています。

 

記事に画像も入れよう

 

文字だけが並んでいる記事は見づらいですよね。

 

検索エンジンは「ユーザーが見やすい記事」を評価する傾向があります。

 

画像や文字装飾を適切に使いましょう。ただし、画像を入れすぎてページの表示速度が遅くなることは避けてください。

 

 

SEOに強い記事を増やすための無料ツール

SEOに強い記事を増やすための無料ツール

 

SEOでアクセスを集めるための記事は、一度書いたらそれで終わりということではなく、むしろ「育てる」という感覚を持ってください。

 

一度書いた記事についても定期的にメンテナンスをすると、より高い順位で表示されます。

 

そこで、どの記事にメンテナンスを入れるのかを判断するために、Googleが公開している2つの無料ツールをご紹介します。

 

アフィリエイトに使える便利なツールの一覧はこちら

 

Google Analytics

 

Google AnalyticsはPV(ページが閲覧された数)やユーザーの動向がわかるアクセス解析ツールです。

 

Googleのアカウントがあれば無料で使えます。

 

Analyticsを見て、メンテナンスを入れる記事を判断しても良いでしょう。

 

Search Console

 

Google Analyticsと合わせて、特に使えるのがSearch Consoleです。

 

こちらもGoogleが提供している無料のツールです。

 

Search Consoleでは検索クエリや平均の順位がわかります。特に11位から20位にいる記事は、そのキーワードに対してよりユーザーに役に立つ記事になるようメンテナンスをすると順位が上がりやすいです。

 

アクセス解析の考え方はこちら

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトやインターネット集客に使える記事の書き方やキーワード選定のポイントを説明しました。

 

キーワードを選んだり、記事を書いたり、単調でコツコツとした作業が多いです。

 

ただし、積み上げれば何もしていなくても売上が勝手に発生します。自分との戦いですが、コツコツと継続しましょう。

 

より詳しい記事の書き方はこちら

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードを俯瞰して考えるやり方と成約率との関係

アフィリエイトでキーワードを俯瞰して考える

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトでキーワード選定をしたり、良い記事を書く時には「俯瞰(ふかん)して考える」ことがポイントです。

 

俯瞰して考えるというのは、例えるならばより上空からながめて考えるということで、つまり抽象度を上げて広い視点に立って見つめるということです。

 

自分で設定したキーワードにかえって束縛されている人は、この記事でお伝えする俯瞰した考え方を取り入れてみてください。

 

 

売れるキーワードとは

売れるキーワードとは

 

そもそもアフィリエイトにおいて売れるキーワードとはどういったものでしょうか。

 

アフィリエイトの場合は、紹介したい商品の見込み客にアクセスしてほしいわけです。

 

ですから、見込み客が検索するキーワードが「売れるキーワード」ということです。

 

アフィリエイトで報酬を出すコツ

 

アフィリエイトで報酬を出すコツはアクセスを集めることです。

 

ただし、どんなアクセスでも良いわけではありません。

 

あなたがサイトで紹介している商品やサービスを購入する見込みのあるアクセスを集めなければいけません。

 

つまり「見込み客はどんなキーワードで検索をするか」を考えて、それらのキーワードについてしっかり検索結果で上位表示をすることがアフィリエイトで報酬を出すコツです。

 

キーワード選定のポイント

 

「見込み客はどんなキーワードで検索をするか」を考えることがキーワード選定のポイントです。

 

まずはアフィリエイトをする商品を決定し、そのジャンルからメインキーワードを決めます。

 

そのメインキーワードの関連キーワードをピックアップすることがキーワード選定の基本です。

 

商品選定をするときにASPの使い方がわからない人はこちら

 

ライバルサイトにヒントが転がっている

 

「どのような記事を書けば良いのか」「どんな言葉を使えば上位表示ができそうか」というのは実はライバルサイトにたくさんヒントがあります。

 

キーワード選定をしたら、そのキーワードで実際に検索をしてみましょう。

 

すでに上位にいるライバルサイトは検索エンジンに評価を受けているからこそ上位に表示されています。

 

ライバルサイトを見ることで、どのような記事を作れば上位表示ができそうか見えてくるのです。

 

キーワード選定のコツはこちら

 

 

キーワードの「俯瞰」とは

キーワードの俯瞰とは

 

キーワードといっても、一つの単語だけで成り立つキーワードもあれば、「アフィリエイト キーワード 考え方」のようにいくつかの言葉で成り立つキーワードもあります。

 

2つ以上の単語で成り立つキーワードを複合キーワードと言います。

 

複合キーワードのほうが、一つの単語だけのキーワードに比べて、よりターゲットがしぼりこまれていますよね。

 

最終的に売りたい商品を考えたときに「この商品が役に立つ人はどんなことについて悩んでいるのか」などと考えると、キーワードを俯瞰して考えることにつながります。

 

「俯瞰」の考え方

 

俯瞰するとは、本来は「見下ろす」という意味です。つまり、より広い視点で考えるということです。

 

商品から俯瞰して考えるなら、ターゲットの悩みや属性を考えます。すると、キーワードの候補の中からターゲットが検索しそうなものをしぼりこめます。

 

キーワードから俯瞰して考える場合は、「そのキーワードで検索する人は、具体的には何が知りたいのか」を考えます。すると、複合キーワードがいくつも連想できるわけです。

 

コンバージョン率の高い記事が書ける

 

アクセスに対して商品が売れる確率のことをコンバージョン率(CVRや成約率ともいう)と言います。

 

キーワードや商品のポイントを俯瞰して考えるということは、ターゲットについてより細かい選択肢をいくつも連想するということです。

 

これは記事を書く時やLPを作るときにも効果があります。ターゲットについて、具体的な属性をたくさん考えることでメッセージも具体的になりコンバージョン率の高い記事が書けるのです。

 

 

キーワードを俯瞰して考える例

キーワードを俯瞰して考える例

 

それでは、どのように考えることがキーワードを俯瞰して考えるということなのかを説明します。

 

キーワードを俯瞰して考えるということは、「キーワード」という言葉から少し離れて、「ターゲットについて考える」という視点に立つとわかりやすいです。

 

ターゲットがどんな人なのかを考えることで、その人たちが調べるキーワードが思い浮かぶわけです。

 

ターゲットの悩みは何か

 

まず、すごく大切な考え方は「ターゲットの悩み」を考えることです。

 

たとえば「アフィリエイト」と調べる人の悩みとして想定できるのは、「やり方がわからない」「稼げるのかどうかわからない」「始め方を知りたい」などでしょう。

 

これだけでも「アフィリエイト 始め方」「アフィリエイト やり方 初心者」「アフィリエイト 稼げる」などのキーワードが連想できます。

 

ターゲットの興味は何か

 

次に、「ターゲットの興味は何か」について考えることです。先程の「悩み」に比べるともう少しポジティブな連想です。

 

たとえば「アフィリエイト」と調べる人の興味は何かを考えると、「いくら稼げるのか」「どんな生活ができるのか」などが連想できます。

 

これだけでも「アフィリエイト 年収」「アフィリエイト 稼げる人 生活」「アフィリエイト お金 儲かる」などのキーワードが浮かびます。

 

ターゲットが他に興味のあることは何か

 

さらに「ターゲットが他に興味のあることは何か」を考えるのも良いでしょう。

 

たとえば「アフィリエイト」で検索する人が他に興味のありそうなこととしては「副業をしたい」「お金持ちになりたい」「会社をやめたい」などがあると連想します。

 

すると、「アフィリエイト 副業 できる」とか「アフィリエイト お金持ち」とか「アフィリエイト 脱サラ」などのキーワードが連想できますよね。

 

商品から考える

 

ここまではキーワードをベースに俯瞰して考える例を出しましたが、他にも商品から俯瞰して考えることも可能です。

 

たとえば弊社ではアフィリエイトを教えるコンサルティングを提供しています。

 

その場合も同じで「アフィリエイトで稼ぎたい人って、そもそも何で稼ぎたいんだろう」というように抽象度を上げて考えます。

 

すると、「自分の力で稼いでみたい」「自宅にいながら稼いでみたい」「時間や場所の自由がある仕事がしたい」など、たとえばこうした連想ができて、「アフィリエイト 稼ぐ」「アフィリエイト 自宅 できる」「アフィリエイト 作業 場所」などのキーワードが思い浮かぶわけです。

 

 

「俯瞰」と「キーワードずらし」

俯瞰とキーワードずらし

 

俯瞰して考えることは、そのまま「キーワードずらし」にも使えます。

 

キーワードずらしとは、同じジャンルのキーワードでもよりライバルの少ないキーワードや、関連するキーワードに変えるという考え方です。

 

キーワードずらしの基本は複合キーワードを考えることです。複合キーワードを連想するときには、ここまでで説明したような俯瞰した視点に立つことが役立ちます。

 

「キーワードずらし」が必要な理由

 

たとえば、「仕事」というキーワードで検索すると、求人や転職のサイトなど、たくさんの手ごわいライバルサイトが上位に出てきます。

 

でも、「バイト探し おすすめ 大学生」などのキーワードでは、大手のサイトだけではなく個人のブログなども上位に出てきます。

 

このように同じジャンルのキーワードでも「ずらす」ということをするとライバルが一気に減るので上位を獲りやすいのです。

 

「キーワードずらし」の基本

 

今の例からもわかるように、キーワードずらしの基本は複合キーワードを考えることです。

 

複合キーワードのほうが、そもそもの検索数は少ないのですが、その分だけライバルも減るので検索エンジンから小さな評価を受けやすいです。こうした小さな評価を受けた記事を増やすと、サイト全体の評価(ドメイン評価)が上がります。

 

複合キーワードは、よりターゲットが明確なキーワードです。俯瞰して連想することで、こうした「ずらしキーワード」が見つかります。

 

アフィリエイトのキーワードの検索数の考え方はこちら

 

ニッチキーワードがおすすめな理由

 

複合キーワードのことを「ニッチキーワード」と言ったりします。

 

ニッチキーワードは月間の検索数が少ないので、上位表示をしてもそこまで爆発的なアクセス数は期待できません。

 

ただし、そうしたニッチキーワードでいくつも上位表示をすることでサイト全体としては大きなアクセスアップが実現できます。

 

ニッチキーワードとビッグキーワードの考え方はこちら

 

ニッチの方がコンバージョン率が高い

 

「ニッチキーワードだと上位表示をしてもアクセスがそこまで伸びないから商品が売れないのでは」と考える人もいるでしょう。

 

ただし、よく思い出してください。ニッチキーワードというのは、メインキーワードだけでなくいくつかの単語を組み合わせた複合キーワードですよね。単語を組み合わせるほどターゲットが明確です。ターゲットが明確なほど、商品は売れやすいです。

 

ニッチキーワードのほうが少ないアクセスだとしても、コンバージョン率(商品が売れる確率)は高いことがあるのです。

 

たとえば、コピーライティングに関する教材を売りたい場合、「コピーライティング」というビッグキーワードよりも「コピーライティング 教材 おすすめ」というニッチキーワードのほうが、より購買につながるキーワードですよね。

 

ですから、ニッチキーワードだから稼げないというのは間違いです。

 

ニッチキーワードとビッグキーワード

 

そうは言っても、ビッグキーワードでも上位を獲りたいものですよね。

 

そこで検索エンジンから評価を受ける流れを知ってほしいのですが、検索エンジンからいきなりビッグキーワードで評価を受けるというのは個人や中小企業の場合はほとんどあり得ないです。

 

まず、小さなキーワードで評価され始めて、そうした評価を受けて上位表示できている記事をたくさん増やしていくと、やがてビッグキーワードでも上位表示を獲ることができるのです。

 

トレンドアフィリエイトにも使える

 

さて、ここまでに説明した「俯瞰して考える」「ニッチキーワードを連想する」「キーワードずらし」というやり方は、トレンドアフィリエイトなどにも使えます。

 

トレンドアフィリエイトでは、時事ネタなどの注目されるキーワードを狙って記事を書くわけですが、その場合にも「そのキーワードで検索する人は何を知りたい人かな」という俯瞰した考え方からキーワードを連想してずらすと、穴場のお宝キーワードが見つかりやすいです。

 

トレンドアフィリエイトでも、ビッグキーワードを狙うと大手のメディアに負けてしまうので、この記事で教えた俯瞰した考え方からキーワードをずらしてみてください。

 

 

キーワードが決まったら記事を書く

キーワードが決まったら記事を書く

 

今回は「キーワード選定」のための俯瞰した考え方を説明しましたが、アフィリエイトはキーワード選定だけやれば稼げるわけではありません。

 

アフィリエイトで大切な作業は記事を書くことです。

 

選定したキーワードに対して、そのキーワードで調べるユーザーさんが知りたい情報をしっかりと記事にします。

 

記事を書くときにも「俯瞰」がポイント

 

記事を書くときにも「俯瞰して考える」ということをしましょう。

 

「そのキーワードで検索する人は何が知りたくて検索しているのかな」

「そのキーワードで検索する人はどんな悩みがあるから検索するのかな」

ということを、記事を書く前に書き出しておくのです。

 

検索エンジンは「検索ユーザーの検索の意図の答えとなる情報を検索結果で表示する」ということをやっているので、ここでも選定したキーワードから俯瞰してユーザーの属性を考えることがポイントなのです。

 

コピーライティングを学ぼう

 

記事を書いたり、特に「売れる文章」を書きたい場合にはコピーライティングを学ぶと良いです。

 

また、コピーライティングの本質は「ターゲットを考えること」なので、この記事でお伝えした俯瞰してターゲットを具体的にするやり方と似た部分があります。

 

俯瞰して考えること、コピーライティング、マーケティングの本質はすべて「ターゲットを明確にすること」なのです。

 

おすすめの本

 

アフィリエイトで成功するために、すごく早いのはコンサルティングなどを受けることです。

 

弊社でもコンサルティングをやっているので、よかったらご検討ください。

 

あるいは、基本的な知識や概要なら書籍でも学べます。

 

アフィリエイトに役に立つ本はこちらにまとめました

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードを考えるときに役に立つ「俯瞰して連想する」というやり方を説明しました。

 

読んでいただいてわかったとおり、本質はターゲットを明確にすることです。

 

これはマーケティングの本質でもあるのでとても大切な考え方です。ぜひ覚えていただき、あなたのビジネスにお役立てください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトの「キーワードずらし」の考え方とポイントを解説

アフィリエイトのキーワードずらしのコツ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトのキーワード選定において「キーワードずらし」という言葉があります。

 

アフィリエイトでアクセスを集めるためには、記事ごとにキーワードを選定して、それに対して記事を書くことをしますが、ビッグキーワードにはライバルが多くいます。

 

ニッチキーワードとビッグキーワードについてはこちら

 

そこで、ライバルが少ないキーワードに少しだけずらすという考え方が大切です。

 

この記事では「キーワードずらし」の考え方とポイントを解説します。

 

 

アフィリエイトで稼げない人のパターン

アフィリエイトで稼げない人のパターン

 

キーワード選定について詳しくない人は、アフィリエイトで苦戦している人が多いでしょう。

 

アフィリエイトで稼げない人には大きく分けて2つのタイプがあります。

 

1つは記事をしっかり書けていない人で、もう1つは記事は書いているけれども記事ごとに狙うキーワードを考えていない人です。

 

アフィリエイトのキーワード選定についてはこちら

 

記事をしっかり書いていない

 

アフィリエイトという仕事でとても大切な作業の一つが「記事を書く」ということです。

 

サイトアフィリエイトならサイトの記事、メルマガアフィリエイトであればメルマガの記事、SNSからの集客ならSNSに投稿するコンテンツという感じで、記事やコンテンツの更新はアフィリエイトに欠かせない作業です。

 

はじめのうちは「気が引けて更新できない」と思う人もいますが、記事やコンテンツを公開しないことにはアクセスが集まらないので、しっかり更新するようにしましょう。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

キーワード選定をしていない

 

記事を書く前には、その記事が「どんなキーワードで上位表示をしたいのか」について考えなくてはいけません。

 

記事を更新するのは、検索ユーザーを集めるためだからです。

 

つまり、どんなキーワードで検索したユーザーに向けての記事なのかということを、記事を書く前に明らかにすることで検索ユーザーのためになる記事が作れて、それが検索エンジンに評価されて上位表示につながるという流れです。

 

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツとしては3ステップで考えます。

 

第一段階は、メインとするキーワードを決めることです。

 

第二段階は、メインとするキーワードの関連キーワードをピックアップすることです。

 

第三段階は、ピックアップした関連キーワードの中から、自分が売りたい商品の購買につながるキーワードを選定することです。

 

キーワード選定についてはこちら

 

そもそも「キーワード」とは

 

そもそも「キーワード」とは、検索キーワードのことです。

 

ふだん、検索エンジンを使うときには、検索バーに言葉を入れて検索をかけますよね。

 

その言葉のことを「キーワード」と言います。

 

ですから、自分がこれから書く記事が「どんなキーワードで検索した人に向けての記事なのか」を意識して書くことが、そのキーワードで上位表示を獲るポイントなのです。

 

サイトで狙うキーワードとは

 

では、どんなキーワードを狙うべきかということですが、これはサイトの目的をよく考えればわかります。

 

あなたがサイトを作って記事を書く目的は何でしょうか。

 

この記事を読んでいる人の多くは、アフィリエイトで稼ぐために記事を書くのだと思います。

 

それなら、最終的に紹介したい商品の見込み客が検索するキーワードを狙うことがポイントなわけです。

 

売る記事とアクセスを集める記事

 

サイトの戦略として、「商品を紹介する記事」と「アクセスを集める記事」は別に考えると良いです。

 

商品を紹介する記事の場合、商品名(商標)をキーワードにするため、商品をすでに知っている見込み客が直接集まるメリットもあります。

 

しかし、商品の見込み客というのは商品の名前をすでに知っている人だけでなく、むしろまだ知らない人のほうが多いわけです。

 

ですから、商品に関して紹介する記事のほかに、その商品の見込み客が検索するキーワードについて解説した記事も用意して、そうしたアクセスを集める記事から商品を紹介する記事へとアクセスを誘導することで、アフィリエイトの収益が発生する確率を上げられます。

 

「ずらし」とは

 

キーワードといっても、ライバルが多いキーワードもあればライバルが少ないキーワードもあります。

 

そこで大切な考え方が「キーワードずらし」です。

 

たとえば、「副業」というキーワードはライバルが多いかもしれませんが、「副業 アフィリエイト 初心者」というキーワードにすればライバルは一気に減ります。

 

あるいは、「副業」というキーワードよりも「メルマガアフィリエイト」などのキーワードのほうがライバルが減ります。

 

このように、よりアクセスを集められる可能性があるキーワードに、ジャンルを変えずに変更する考え方を「キーワードずらし」と言います。

 

検索エンジンに評価されるためには

 

そもそも、アクセスを集めるためには狙ったキーワードで検索エンジンの検索結果で上位表示を獲らなければいけません。

 

上位表示を獲るためには、検索エンジンに評価される必要があります。

 

検索エンジンは、「検索ユーザーの検索の意図に対する答えとして、より適切な情報を検索結果として返す」ことをやっています。

 

つまり、キーワードを選定して記事を書くときには、「検索ユーザーの検索の意図」をしっかり想定して、その答えとなる記事を書けば良いわけです。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

複合キーワードを狙おう

 

キーワードずらしの第一の方法は「複合キーワード(ロングテール)」を狙うということです。

 

複合キーワードとは「副業 アフィリエイト 稼ぎ方」といったように、いくつかの単語で構成されたキーワードのことです。

 

単語一つのキーワードよりも、複合キーワードのほうがターゲットがしぼられていますよね。その分だけライバルも少なく、また記事の内容もターゲットに対して具体的に書けるので検索エンジンに評価されやすいです。

 

キーワード選定のコツはこちら

 

メインキーワードのずらし

 

複合キーワードを考えるときには、まずメインキーワードを決めてその関連キーワードから複合キーワードを決定します。

 

メインキーワードの関連キーワードの中から商品の購買につながりそうなキーワードについてひととおり記事を書けたら、メインキーワードをずらします。

 

これは、複合キーワードの第二キーワードなどから選ぶと良いです。たとえば「副業」というキーワードに対して「副業 アフィリエイト おすすめ」という関連キーワードがあるなら、メインキーワードをずらすときは「副業」から「アフィリエイト」に変えると良いわけです。

 

キーワードずらしの例

 

ここに並べるのはあくまで例ですが、だいたいこんな感じだよということで見てください。

 

まず、ビッグキーワードから複合キーワードにずらす例としては次のような感じです。

「副業」→「副業 アフィリエイト おすすめ」

「アフィリエイト」→「アフィリエイト キーワード選定 コツ」

「SEO」→「SEO とは」

「マーケティング」→「マーケティング 初心者 何から」

「メルマガ」→「メルマガ アフィリエイト やり方」

 

次に、メインキーワードをずらす例としてはこんな感じです。

「副業」→「FX」

「FX」→「投資」

「投資」→「資産」

「資産」→「お金持ち」

「お金持ち」→「ビジネス」

 

メインキーワードをずらすときにも、複合キーワードにずらすときにも、自分が最終的に売りたい商品のジャンルと合うようにしましょう。

 

 

キーワード選定に役に立つツール

キーワード選定に役に立つツール

 

このサイトの別の記事でもたくさん紹介していますが、キーワード選定をするときには関連キーワードをたくさんピックアップしたり、各キーワードのライバルサイトの調査をすることがポイントです。

 

そのためのデータ集めは、手動でもできますがかなり大変です。

 

そこでこうした作業はツールにまかせてしまったほうがらくです。

 

おすすめのツールはこちら

 

キーワード選定でツールを使う理由

 

たとえば、手動で関連キーワードをピックアップする方法として、メインキーワードを決めて実際に検索をして、検索結果の下に表示される関連するキーワードからピックアップするというやり方もできますが、これを手動で調べて記録して、、、とくり返すのはかなり大変です。

 

ツールならこれを自動的にやってくれます。

 

またそうして集めた関連キーワード一つずつに対してのライバルサイトの調査もするとなると、手動でやるのは相当大変なわけです。

 

 

アフィリエイトで稼ぐためのテクニック

アフィリエイトで稼ぐためのテクニック

 

この記事では、アフィリエイトで稼ぐためのテクニックの一つとして「キーワードずらし」について解説をしました。

 

アフィリエイトは一度稼ぐ仕組みを作れば、かんたんな作業だけでほとんど勝手に収益を発生させることもできます。

 

ただし、そこに至るまでにある程度のテクニックを覚える必要はあります。

 

コピーライティングを学ぶこと

 

特に学ぶと良いスキルとしては「コピーライティング」です。

 

コピーライティングとは、文章の力で読み手に行動を起こしてもらう技術のことです。

 

キーワード選定も大切なのですが、キーワードを選んだあとは記事を書く作業なので、そのときにコピーライティングがわかっていると効果のある文章が書けます。

 

アフィリエイトでおすすめの本などはこちら

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワード選定に役に立つ「キーワードずらし」の考え方やポイントを解説しました。

 

いきなりライバルが強いキーワードを選んで戦うのは難しいので、最初はニッチキーワードを選ぶと良いでしょう。

 

小さな評価を受けていくと、やがてビッグキーワードでも上位表示ができます。

 

ぜひコツコツとがんばりましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

メールマガジンの登録



*メールアドレス