アフィリエイトのキーワード選定のコツと手順:シンプルなまとめ版

アフィリエイトのキーワード選定に関するまとめ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

このサイトでは、アフィリエイトのキーワード選定に関する記事をたくさん書いてきました。

 

そこで、シンプルにキーワード選定のコツや手順をまとめたいと思います。

 

アフィリエイトの売上アップにはキーワード選定が欠かせないので、ぜひコツを覚えてください。

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツを詳しく知りたい人はこちら

 

 

アフィリエイトのキーワード選定の基本

アフィリエイトのキーワード選定

 

アフィリエイトで稼ぐためには、できるだけ多くのアクセスをアフィリエイトリンクに集める必要があります。

 

その代表的なやり方が「SEO」です。SEOとは自分のサイトを検索エンジンに評価してもらって検索結果の上位に表示させるための対策のことです。

 

このSEOの作業の中でとても大切なものが「キーワード選定」です。

 

なぜキーワード選定が必要か

 

自分のサイトにアクセスを集めたいのなら、そのアクセスがどこからやってくるのかを考えましょう。

 

サイトのアクセスは主に3つの場所から集まっています。1つ目は検索エンジンから。2つ目がSNSや動画サイトから。3つ目が広告からです。

 

このうち、サイトを作ったらぜひ進めたい対策は検索エンジンからアクセスを集める対策です。そのためには「どんな検索キーワードで検索したときに自分のサイトの記事を上位表示したいのか」を考えて一つずつの記事を作ることが大切です。

 

検索順位が大切な理由

 

インターネット集客に詳しくない人からすれば、検索順位などあまり気にしないかもしれませんが、検索順位によって獲得できるアクセス数が大きく違います。

 

いわゆる「検索結果の1ページめ」と言われる1位~10位に表示されている場合と、11位より下(つまり検索結果の2ページめ以上)ではアクセスに10倍以上の差がある場合が多いです。

 

ですから、記事を書いたらその記事が狙ったキーワードで1位~10位に表示されることをしっかり考えなくてはいけません。いきなり上位を取れるわけではありませんが、関連記事を増やしたり書いた記事をたまにメンテナスをすることで検索順位が上がっていきます。

 

情報に関するキーワード

 

キーワードの種類としてまず1つ目は、情報を調べるときに使うキーワードです。このように「どんな理由でそのキーワードで調べるのか」ということを常に意識して記事を作りましょう。そうすることで検索エンジンが上位に表示したい情報を記事として作れるからです。

 

たとえば「神奈川県 コンサルタント」というキーワードであれば、神奈川県のコンサルタントについての情報を調べたくて検索する意図が想像できますよね。

 

このように情報を調べたくて打ち込んでいるキーワードはたくさんあります。それらに対して「どんなことを知りたいのか」「なぜそれを知りたいと思ったのか」と検索の意図を具体的に考えると良い記事が作れます。

 

手順ややり方を知りたいキーワード

 

たとえば私は先日、友人の結婚式に出席するために革靴を新調しました。しかし、そのときに思ったのが「あれ、革靴の靴ひもってどうやって結べば良いんだろう」ということでした。そこで私は「靴ひも 結び方」などと検索エンジンで検索をしたのです。

 

この出来事からもわかるように、何かのやり方を調べたくて検索をする人もいます。

 

このサイトを見ている人の中にもアフィリエイトのキーワード選定の手順を知りたくてアクセスした人もいるはず。手順ややり方を調べる人がターゲットとなるキーワードに対しては、その答えをまとめた記事を用意しましょう。

 

商品名をキーワードにする

 

商品名をそのままキーワードとして狙うこともアフィリエイトの王道です。

 

商品名で検索している人はすでに商品に興味を持っている人なので成約も取りやすいでしょう。

 

一方で、商品名を知っているということはすでに購入した人という可能性もあることや商品名をキーワードにすることは販売者がまずやっていることなので1位を取りにくいというデメリットもあります。

 

ビッグキーワードとは何か

 

ビッグキーワードとは、月間検索数の多いキーワードのことを指す場合が多いです。月間検索数とは一カ月間でそのキーワードが検索エンジンで検索された回数のことです。

 

ビッグキーワード=単一キーワードと考えることも多いです。単一キーワードとは「アフィリエイト」のようにキーワードが一つの単語のみであるキーワードのことです。

 

ビッグキーワードで上位表示ができればアクセスがすごく集まりますが、いきなり上位表示をするのは難しいです。まずはスモールキーワードから狙いましょう。

 

スモールキーワードとは何か

 

スモールキーワードとは、月間検索数の少ないキーワードを指すことが多く、「アフィリエイト やり方 初心者」といったようにいくつかの単語で構成されたキーワード(これを複合キーワードという)であることが多いです。

 

検索数が少ない分だけライバルも少なく、そのライバルのSEO対策もビッグキーワードほど万全ではないことが多いので、ビッグキーワードよりもかんたんに上位表示ができることも多いです。

 

まずはこうしたスモールキーワードから確実に上位表示を狙います。そうしているうちに検索エンジンも少しずつあなたのドメイン(サイトのURL)を評価して、ビッグキーワードでも上位が取れるまでに育ちます。

 

お宝キーワードとは何か

 

お宝キーワードとは、理想的なキーワードのことだと思ってください。

 

つまり、ライバルが少なく、月間検索数が多く、ライバルのSEOが弱く、ライバルが広告などをサイトに貼っていないなど、あなたがしっかりとした記事を作ればかなりかんたんに上位表示ができて大量に商品の見込み客が集まるようなキーワードのことです。

 

ただし、当然これほど条件の良いお宝キーワードは少ないので、コツコツと記事を書いてサイトやドメイン評価を育てることが大切ということには変わりないです。

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツをもっと詳しく知りたい人はこちら

 

 

アフィリエイトのキーワード選定の手順

アフィリエイトのキーワード選定の手順

 

アフィリエイトのキーワード選定の手順は覚えてしまえば難しくありません。ぜひ書き出しましょう。

 

「メインキーワードの決定」→「関連キーワードの選定」

 

基本的にはこれだけです。ただし、関連キーワードの中からどんなキーワードを優先させるべきかはコツがあるので、次のとおりまとめます。

 

メインキーワードの決定

 

ここは難しく考えなくて良いです。

 

あなたがゴルフについてのサイトをやっていきたいならメインキーワードは「ゴルフ」です。サイトのジャンルと考えても良いです。

 

ジャンルについての考え方はこちら

 

このメインキーワードを軸にして、その関連キーワードをピックアップします。

 

関連キーワードの選定

 

メインキーワードを決めたら、そのメインキーワードを軸にしてその関連キーワードをピックアップします。

 

たとえば「ゴルフ」というメインキーワードがあるのなら、「ゴルフ 初心者」「ゴルフ 男性 スコア」など、関連するキーワードを集めるのです。

 

この方法は、検索エンジンの検索結果の下に表示される関連キーワードからピックアップする方法もありますが、ツールを使ったほうがはるかに多く、正確にデータが集まります。

 

おすすめのツールはこちらです

 

購買意欲の高いキーワードを選定する

 

関連キーワードをたくさん集めたら、その中でも優先して記事を書いたほうが良いキーワードを選定します。そのコツを教えます。

 

まず1つ目のコツは、「購買意欲の高いキーワード」です。あなたが集めなければいけないアクセスは、アフィリエイトをしている商品の見込み客となるアクセスです。

 

たとえば「ゴルフ 上達 方法」というキーワードと、「ゴルフ 初心者 無理」というキーワード、どちらがゴルフの関連商品が売れるでしょうか。こたえは「ゴルフ 上達 方法」ですよね。

 

このように購買につながるキーワードを優先させます。

 

三語、四語の複合キーワードを選定する

 

関連キーワードの中で、特に初めのうちは複合キーワードから記事を書きましょう。

 

「ゴルフ」という単一キーワードではあまりにライバルが強い上に多いので、なかなか上位表示ができません。しかし、「ゴルフ 初心者 男性 始め方」といったように複合キーワードならライバルも一気に減ります。

 

まずはこうしたスモールキーワードで確実に上位を取り、検索エンジンからの評価を少しずつ上げることがコツです。このように進めるうちにビッグキーワードでも上位が取れます。

 

ライバルが弱いキーワードを選定する

 

できればライバルが弱いキーワードを選定しましょう。ライバルが弱いとは「SEOの工夫が弱そう」ということです。

 

具体的には「実際にそこまでSEOをやっていないのに検索エンジンに評価されている」ことを調べたり「アフィリエイトやアドセンスの広告タグを入れているかどうか」を調べることで、ライバルの強さをおおよそ予想ができます。

 

これも自分の力だけで調べるのはかなり大変ですし、実際に無理と言って良いくらいですので、ツールを使うようにしましょう。

 

おすすめのツールはこちら

 

おすすめのツール

 

上でも触れましたが、ライバルのSEOの強さを判断したり、それを元にキーワード選定を行うために役に立つツールがあります。

 

弊社でも使用していますが、「コンテンツスカウターZ」というツールです。

 

キーワード選定において、ライバルサイトの調査は本当に大切で、ライバルの調査をせずに自分でキーワードを考えるのはキーワード選定とは言わないので必ずツールを使いましょう。

 

コンテンツスカウターZの詳細はこちら

 

 

キーワード選定をしたら

キーワード選定をしたら

 

キーワード選定だけをやっていればアフィリエイトで稼げるわけではありません。

 

アフィリエイトで本当に大切な作業は記事を書くことです。サイトの記事の場合は更新の頻度よりも記事の質を意識してください。良い記事をたくさん書くのです。

 

良い記事とは、検索ユーザーの知りたい情報をしっかりまとめた記事のことです。

 

記事を書く

 

キーワード選定ができたら記事を書きます。

 

記事は関連キーワード一つずつに対して書いていきます。たとえば「ゴルフ 初心者 スコア」というキーワードに対しての記事、「ゴルフ 初心者 レッスン」というキーワードに対しての記事という具合に、関連キーワードをそれぞれ狙った記事を増やすのです。

 

ちなみに、書いた記事のURLや狙っているキーワードなどはCSV形式で保存をしておくとあとで整理しやすくておすすめです。

 

検索意図とは何か

 

検索意図とは、ユーザーがなぜそのキーワードで検索をしているのかという理由のことです。

 

たとえば「アフィリエイト やり方」というキーワードの検索意図としては「アフィリエイトのやり方を知りたい」という検索意図が想像できます。

 

検索意図を考えることで、それに対してどのような記事を作ることが適切なのかを判断ができます。

 

更新頻度より質が大切

 

昔はどんな記事でも良いから、とにかく更新した方が検索エンジンに評価されるという時代がありました。ですが、今は違います。

 

もちろん更新頻度が高いのがベストですが、更新頻度を急ぎすぎて「どんな記事でも良い」という考え方になるのは間違っています。今の検索エンジンがもっとも大切に考えているのは「優良な記事であること」です。優良な記事とは検索意図の答えとなる記事のことで、その記事を読めばユーザーが検索を終えられる記事のことです。

 

ですから、記事を書くときには「キーワードを選定する」→「検索意図を書き出す」→「記事を書く」→「公開する」という手順で行います。弊社も実際にこの手順で記事を公開しています。

 

 

キーワードの検索順位を上げるために

キーワードの検索順位を上げるために

 

そのほかのポイントについても説明をします。

 

まず大切なのは、関連キーワードをたくさんピックアップして、その一つずつに対しての記事を増やすことです。

 

また、Search ConsoleというGoogleのツールに登録をして、すでに書いた記事も定期的にメンテナンスをしてください。

 

Search Consoleについてはこちらでも書いています

 

関連キーワードも選定する

 

キーワード選定のコツはここまでに書いたとおりです。

 

メインで狙っているキーワードだけを意識するのではなく、そのキーワードを軸とした関連キーワードをたくさん集めましょう。

 

関連キーワード一つずつに対して記事を増やせば、メインで狙っているビッグキーワードでも上位が取れます。

 

関連キーワードのピックアップもらくらく

 

関連キーワードについて記事を増やす

 

とにかく関連キーワードについて記事を増やしましょう。

 

サイトアフィリエイトですごい成果を出している人のほとんどが「50記事~100記事くらい書くと、ドメインが評価されてアクセスが来る」「100記事以上書くと、本当にアフィリエイト報酬が跳ね上がる」と言います。

 

狙っているキーワードが購買につながるものであればアクセスが少ないうちから報酬も出ますが、ぜひ150記事くらいまでは記事を増やすことをがんばってみてください。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちらで学べます

 

Search Consoleに登録をする

 

先程も少しご紹介しましたが、Search ConsoleというGoogleが公開している便利なツールがあります。

 

Search ConsoleはGoogleがサイトの運営者に無料で提供している解析ツールです。

 

Search Consoleを使うと、自分のサイトがどんなキーワードで何位くらいに掲載されていて、検索結果からどの程度クリックされているのかなどがわかります。

 

Search Consoleについてはこちらでも説明しています

 

11位から20位の記事をメンテナンスする

 

Search Consoleで11位から20位に順位を付けているキーワードがあれば、そのキーワードで実際に検索をしてみましょう。すると、どの記事がそのキーワードで評価をされているのかがわかります。

 

そのキーワードがもともと狙っていたキーワードということもありますし、ときには思っていなかったキーワードで評価されることもあります。

 

実際に評価を受けているキーワードで記事を補強したり記事タイトルを変えてみたり、あるいは情報の最適化や解説のわかりやすさなどをメンテナンスしましょう。

 

11位から20位まで順位が来ているということは、もう少し評価を上げれば検索結果で1ページめ(1位から10位)に上がります。検索結果で1ページめと2ページめではとても大きな違いがあるので、11位から20位に順位のある記事はメンテナンスをしましょう。

 

 

最後に

 

このサイトでは、アフィリエイトのキーワード選定について詳しい解説をした記事をいくつか用意してきました。

 

ですが、一度それらをまとめたシンプルな記事を作りたかったので、この記事にまとめました。

 

アフィリエイトで稼ぐ上でキーワード選定は大切です。めんどうな作業ではありますが、収益に直結する作業ですので意識して取り組んでください。

 

もっと詳しいキーワード選定のコツはこちら

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトのキーワードを意識したタイトルや本文の考え方を解説

アフィリエイトのキーワードを意識したタイトルの考え方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトという仕事では、記事を書くことがたくさんあります。

 

その中でもSEO(検索エンジン対策)を意識した記事を書くときには、どんなキーワードで検索したときに上位表示をさせたいのかを決めてから記事を書きます。いわゆるキーワード選定です。

 

そうして決まったキーワードを、記事のタイトルや本文に使うことで検索エンジンにアピールができます。

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードを意識したタイトルや本文の考え方を解説します。

 

 

アフィリエイト記事の考え方

アフィリエイト記事の考え方

 

アフィリエイトの作業のほとんどが、記事を書くという仕事です。

 

サイトの記事だけでなく、SNSやメルマガで情報発信をする人も増えました。SNSやメルマガの記事にもコツはありますが、サイトの場合は特に検索エンジンに評価されることが大切なので知識があると良いでしょう。

 

ここでは、特にサイトの記事を書くときの基本的な考え方をまとめます。

 

SEOとは

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で日本語では「検索エンジン最適化」と言います。つまり、検索エンジンに評価されるための対策や活動のことです。

 

検索エンジンに評価をされることで、検索順位が上がりアクセスが増えます。

 

アフィリエイトの収益を上げるためにはアクセスアップは欠かせないので、SEOの知識が必要なのです。

 

書く前にキーワードを決める

 

SEOを意識した記事を書きたいのなら、記事を書き始める前の準備が大切です。

 

まずは記事を書く前に「キーワード」を決めましょう。キーワードとは検索キーワードのことです。今から書く記事はどんなキーワードで検索したときに上位に表示させたいのかということを初めに決めておくのです。

 

こうして決まったキーワードは後ほど記事タイトルや本文の中で使っていきます。

 

なぜキーワードが大切なのか

 

検索エンジンからアクセスを集めたいのなら、方法は2つです。

 

一つは広告を出してアクセスを買うことですが、こちらは当然お金がかかる分だけリスクもあります。もう一つの方法は検索結果に広告ではなく検索エンジンに評価されることで上位表示してもらい、アクセスを集める方法です。こちらは検索エンジンに評価してもらうために作業が必要ですが、お金がかからずリスクはありません。

 

検索結果には「広告」と明記されている表示もありますが、検索エンジンが評価して自然に上位に表示されているページもあります。このように広告ではなく、検索エンジンに評価されて上位に上がっている検索結果の表示範囲を「自然検索」と言います。

 

つまりキーワードを意識して記事を書くことでこの自然検索に上位表示され、コストをかけずにアクセスを集められるのです。

 

一記事あたりの文字数

 

よくいただくご質問で、「サイトの記事はどのくらいの文字数を書いたら良いですか」というものがあります。

 

文字数があまりに短いと検索エンジンも評価のしようがないのであまり上位表示されませんが、長ければ良いという問題ではありません。

 

たとえば「明日の天気」という検索キーワードに対して1万文字も情報が必要かというと、そんなことはないですよね。大切なのは、キーワードを決めたらそのキーワードで検索するユーザーの意図を考え、その意図の答えとなる情報をしっかりまとめてあげることです。したがって検索意図によって正しい文字数も違うのです。

 

 

なぜ記事タイトルが大切なのか

記事タイトルが大切な理由

 

検索結果では、あなたのサイトのトップページが表示されるよりも一つずつの記事が上位表示されることが多いです。

 

したがって、一つずつの記事こそどんなキーワードを意識しているのかを検索エンジンにアピールするべきなのです。

 

多くの人はサイト全体のタイトルにものすごくこだわりますが、そちらはむしろあまりSEOを意識しなくても良い場所なのです。

 

SEOのため

 

記事タイトルに狙っているキーワードを入れることで、検索エンジンが「どんなキーワードで上位表示をしようか」という判断をするためのヒントとしてアピールできます。

 

また、実際にそのキーワードで検索するユーザーのために情報をまとめた記事なら、記事タイトルにキーワードが入っていないのはむしろ不自然です。

 

正しく言うのであれば、上位表示がされれば必ずアクセスが来るのではなく、上位表示がされて検索結果の中からあなたの記事タイトルを見た人がクリックしたときにはじめてアクセスとしてカウントされます。ですから記事タイトルはとても大切なのです。

 

読まれるかどうかはタイトルしだい

 

あなたが検索をするときを思い出してください。

 

検索からサイトにたどり着く流れは、「キーワードを入れて検索をする」→「検索結果からアクセスしたいサイトや情報を選ぶ」→「アクセスする」ですよね。ですから、上位表示していれば必ずアクセスが来るわけではありません。

 

上位表示するためにキーワードをタイトルに入れることは大切ですが、なおかつユーザーが気になるタイトルになるように工夫が必要なのです。

 

 

サイトタイトルやブログタイトル

サイトタイトルやブログタイトル

 

弊社のクライアントでも、とても気合いが入っている人ほどサイトやブログの全体のタイトルをこだわりすぎてしまう人が多いのです。

 

気合いが入っているのは悪いことではないし、仕事をしっかりやろうと思っていることもすばらしいです。ただし、最初の時点で考えるべきなのはサイトにアクセスを増やすことであり、そのためにはサイト自体のタイトルよりも一つずつの記事タイトルの方が大切なのです。

 

むしろ、サイトタイトルはあとから変えられるので、最初の時点ではあまり気にしなくて良いです。

 

 

キーワードを使うべき場所

キーワードを使うべき場所

 

キーワードが選べたら、実際に記事を作りますが、キーワードを入れるべき場所があります。

 

キーワード選定に役立つツールはこちら

 

大きく分けて「記事タイトル」「見出しタグ」「本文」「画像のaltタグ」などにキーワードを入れると効果的です。

 

ただし、文章や言葉が不自然な入れ方は逆効果です。それでも記事タイトルにはキーワードのすべてを入れるべきです。検索結果から選ばれるような言葉で自然な形でキーワードを入れたタイトルを作りましょう。

 

記事タイトル

 

記事タイトルのできるだけ「左側」にキーワードを入れるというのが昔から言われるポイントです。

 

つまり、たとえば「アフィリエイト」というキーワードを狙っているのなら【アフィリエイトの稼ぎ方を徹底解説】というタイトルなら左側にキーワードが来ていますが、【お金を稼ぐならアフィリエイト】というタイトルなら左側には「お金」とか「稼ぐ」というキーワードが入っているので、アフィリエイトというキーワードでは強いアピールができていないと考えられるわけです。

 

もちろん、キーワードによってはライバルも対策が弱くて、ここまでしっかり準備をしなくても上位表示ができてしまうキーワードもあります。ただ、あとからライバルが対策してくる可能性もあるので、できるだけ記事タイトルの左側にキーワードを入れてみましょう。

 

見出しタグ

 

見出しとはまさに上の「見出しタグ」と少し大きく書いてある部分が見出しです。本で言うと「章」のような役割です。

 

見出しタグは「hタグ」と呼ばれるタグで設定します。

 

アフィリエイトのワードプレスの始め方はこちら

 

見出しにも狙っているキーワードの一部や(全部でも良い)関連キーワードを使いましょう。ただし不自然な使い方は逆効果なので、自然に入れられるところに使うという考え方が大切です。

 

本文

 

当然、本文にも狙っているキーワードを入れて書きましょう。そのキーワードについて記事を書いているのに本文で一度もキーワードが出ていないというのは逆に不自然ですよね。

 

狙っているキーワードは、本文のできるだけ最初のほうに使うと良いと言われています。これも、そのキーワードについてしっかり情報をまとめようと思えば自然とそうなるからです。

 

記事のはじめに、まず結論をまとめて伝えてあげる構成を心がけると自然とキーワードも使いやすいです。

 

画像のaltタグ

 

altタグとは画像の説明文のことです。

 

altタグは見落としている人が多いですが、検索エンジンはこうした裏側の情報までチェックしているのでaltタグもしっかり設定をしましょう。画像とあまりに違うのはダメですが、画像の説明として狙っているキーワードや関連キーワードを使うと効果的です。

 

ワードプレスの場合は、記事に追加した画像をクリックして編集ボタンを押して出てくる画面で「代替テキスト」という欄に説明文を入れればaltタグの設定は完了です。

 

ワードプレスの始め方はこちら

 

 

アフィリエイト記事のタイトルの文字数

アフィリエイト記事のタイトルの文字数

 

アフィリエイト記事のタイトルにはそれぞれ目安とすると良い文字数があります。

 

主に、SEO用の記事タイトルとメルマガの件名については文字数を考えると良いです。SNSはタイトルという考え方がないので、一行目の書き出しがタイトルの役割があります。

 

SEOでは検索結果で表示される文字数(32文字)、メルマガは受信ボックスで表示される文字数(15文字~20文字程度)が目安です。

 

SEO用の記事の場合

 

SEO用の記事(サイトの記事)では、検索結果に表示される文字数の範囲内でまとめることが大切です。これは32文字程度と言われています。

 

32文字のできるだけ先頭の方に狙っているキーワードを使いましょう。

 

また記事の説明文(ディスクリプション)にもキーワードを使うことを心がけましょう。

 

メルマガの場合

 

メルマガの件名(タイトル)の場合は受信ボックスで表示される文字数が目安です。最近はパソコンではなくスマホでメルマガを読んでいる人も多いので注意が必要です。スマホによって表示される件名の文字数は違うのですが、大体15文字~19文字程度なら表示されることが多いです。

 

また、最近のメールはあまり過激な表現やもうけ話のような言葉を使うと迷惑メールフォルダーに入りやすい傾向があります。

 

いわゆる「釣る」ということを狙いすぎず、健全に気になるタイトルを作れるように工夫しましょう。自分が好きなメルマガ発行者の件名の付け方などをヒントにしましょう。

 

 

アフィリエイト記事のタイトルの付け方

アフィリエイト記事のタイトルの付け方

 

アフィリエイト記事のタイトルを考えるとき、特にサイトの記事タイトルは付け方に工夫が必要です。

 

サイトの場合は検索エンジンからの集客をメインで考えます。検索エンジン対策のことをSEOと言います。

 

記事タイトルの付け方しだいでSEOの効果も変わることがありますので、ポイントを覚えましょう。

 

キーワードを意識したタイトル

 

前提となる考え方は、キーワードを意識した記事タイトルにすることです。

 

本や雑誌のようなおしゃれなタイトルにするのではなく、「記事タイトルを見ただけで何について書かれたものか理解できるもの」にすることがポイントです。

 

つまり、記事を書くときにはその記事で上位表示を狙うキーワードを決め、そのキーワードを記事タイトルにも入れるということです。

 

できるだけ左側に出す

 

記事タイトルの言葉の中でも、狙っているキーワードはできるだけ左側に出すことが望ましいとSEOの業界では昔から言われています。

 

左側に出すとはどういうことか、例を出します。たとえば「タイトル 付け方」というキーワードを狙っているとします。

 

「タイトルの付け方を変えるだけでブログのアクセス数を増やせる話」というタイトルなら、「タイトル 付け方」というキーワードができるだけ左側に入っています。

 

「ブログのアクセス数を増やしたいならタイトルの付け方を工夫しよう」というタイトルだと、「タイトル 付け方」というキーワードがかなり右側に出てしまいますよね。これだとSEO(検索エンジン対策)としては効果が低いと言われています。

 

クリックしたくなるタイトル

 

検索エンジンの検索結果で上位表示ができても、検索ユーザーにアクセスしてもらえるとは限りません。

 

なぜなら正しくは、検索結果の一覧に並んだ記事タイトルなどを見てユーザーが選んだコンテンツにアクセスが集まるからです。つまり、検索結果でライバル記事よりも魅力が伝わるタイトルであることが望ましいです。

 

魅力が伝わるというのは、「自分が調べたい情報が書いてありそうだ」ということが伝わるという意味です。

 

記事タイトルのメンテナンス

 

Search Consoleなどを入れていると、どんなキーワードで何位に自分の記事が上がっているのかがわかります。

 

Search Consoleについてはこちらでも解説しています

 

Search Consoleで11位~20位にいるようなキーワードがあれば、そのキーワードで検索してみて実際にどの記事が上がっているのかを調べましょう。

 

中には、メインで狙っているキーワードとは違うキーワードで上がっている場合もあります。そのような場合には、上がっているキーワードが記事タイトルに使われているかなどをチェックしてメンテナンスをしましょう。

 

記事ごとに狙っているキーワードや記事のURLなどをCSV形式などで保存しておくと良いです。

 

 

見出しも大切

wordpressの見出し

 

見出しというのは、この文章の上の「見出しも大切」とか、この文章の下の「見出し構成を作ると記事も書きやすい」といったものです。

 

記事の中の見出しは本でいうと「章」にあたる役割ですね。この見出しにもキーワードや関連する言葉を入れると良いです。

 

見出しはhタグというタグで挿入をします。検索エンジンは見出し構成もチェックしています。

 

見出し構成を作ると記事も書きやすい

 

よく、記事がなかなか書けないという人がいますが、これは見出し構成を先に考えることで解決できます。

 

記事の構成を考えずに「こんにちは」と書き出してしまうと、途中で「何の話をしているんだ」と方向性に迷うこともありますし、ネタが尽きることもあるでしょう。

 

しかし、「キーワードを決める」→「ライバルチェックをする」→「見出し構成を考える」→「記事を書く」という順番で作業をすることで、ユーザーが知りたい情報をしっかりまとめた記事が完成します。

 

ライバルチェックならこちら

 

 

本文でのキーワードの使い方

本文でのキーワードの使い方

 

記事の本文でも狙っているキーワードはしっかり使いましょう。実際、狙っているキーワードについてユーザーが知りたい情報をまとめているのに、そのキーワードが本文で一度も出てこないというのは不自然です。

 

最低でも本文で一度は狙っているキーワードを使いましょう。できるだけ書き出しはじめで出現させると良いです。

 

一度だけではなく、自然な形であれば本文で何度も使って構いません。ただし、検索エンジンにアピールしたいがために不自然に使うことは逆効果です。

 

 

キーワードやタイトルの注意点

キーワードやタイトルの注意点

 

ここまで、キーワードやタイトルの考え方についてのコツを説明してきました。

 

最後に、コツとは違って少し知っておくと良いことをまとめます。

 

検索エンジンはとても頭が良いので、狙っているキーワードをむりやりアピールせずに、自然な形で使うことがポイントです。自然な形でこれまでアドバイスした工夫を取り入れてみましょう。

 

自然なタイトルや見出しを考えよう

 

タイトルには狙っているキーワードのすべてを入れる。なおかつ、できるだけ左側に配置する。さらに、クリックしたくなるタイトルにする。など、たくさんアドバイスをしてきました。

 

ですが、それらを守っていればどんなタイトルでも良いわけではありません。

 

タイトルの言葉が自然な形であることが大前提です。コツを守っていればめちゃくちゃな言葉でも良いのではなく、自然で整った言葉にまとめることが大切な前提条件です。

 

検索結果に表示される言葉

 

検索結果に表示される言葉や、記事の説明文(ディスクリプション)は、ときどき記事に設定したものと違うことがあります。

 

最近の検索エンジンでは、記事の内容をしっかりチェックして検索結果にふさわしい部分を検索結果に表示します。ですから記事タイトルが検索結果にそのまま表示されない場合もあるようです。

 

ただし、この記事で説明してきたやり方は「コンテンツSEO」といって、ユーザーのためになる情報を更新するという意味で検索エンジンと同じ方向を目指す手法ですから、どんな形で検索結果に表示されようとコツはこの記事で説明してきたものと変わりません。

 

より詳しくキーワードについて学ぶなら

キーワードについて学ぶなら

 

より詳しくキーワードについて学ぶなら「キーワード革命」という教材をおすすめします。

 

キーワード革命はCatch the Webさんの商品です。Catch the Webさんと言えば、SEOにもとても詳しくて優良なノウハウを提供してくれることでも有名です。

 

キーワードはサイトの売上の8割を決めるとも言われますので、ぜひ学びましょう。

 

キーワード革命の詳細はこちら

 

 

キーワード選定に役に立つツール

キーワード選定に役に立つツール

 

キーワード選定にはライバルサイトについてのデータを集めることが大切です。

 

たとえば、ライバルサイトがどれくらいSEOに強い状態かということや、ライバルサイトがどれほど広告などのタグを埋め込んでいるかなど、ライバルサイトをチェックすることでそのキーワードの上位表示の難易度がわかるのです。

 

ですから、キーワード選定のデータはツールにやらせたほうが正確ですし、自分だけの力でやるのには限界があります。「コンテンツスカウターZ」というツールが本当におすすめなのでぜひ一度詳細を読んでください。

 

コンテンツスカウターZの詳細はこちら

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードとタイトルの考え方をまとめました。

 

キーワード選定もタイトルの付け方も、アフィリエイトで稼ぐために大切な作業です。

 

アフィリエイトはこうした細かい工夫の積み重ねで結果が大きく変わりますから、ぜひ一つずつ取り組んでみましょう。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトのキーワード選定の優先順位やツールなどのランキング

アフィリエイトのキーワード選定の役に立つランキング

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトにおいてキーワード選定はとても大切な作業です。

 

キーワード選定について、正しく理解して準備をすることで見込み客のアクセスを集めて稼げます。

 

この記事では、アフィリエイトのキーワード選定の基本と、優先するべきキーワードのランキングやおすすめのツールなどを紹介します。

 

 

アフィリエイトのキーワード選定

アフィリエイトのキーワードに関するランキング

 

アフィリエイトで稼ぎたい人は、キーワードについてしっかりと考えて準備をしましょう。

 

アフィリエイトの収益の8割はキーワード選定で決まると言われているほどです。

 

まずはアフィリエイトのキーワードの基本を覚えてください。

 

キーワードとは

 

キーワードとは「検索キーワード」のことで、検索エンジンで検索をするときに使う言葉のことです。

 

何かのキーワードで検索をしたときに、あなたの記事が検索結果で上位表示をされていればそこからアクセスが集まりアフィリエイトの収益が発生します。

 

ですからアフィリエイトのキーワードは、ご自身が紹介している(アフィリエイトをしている)商品の見込み客が検索しそうなキーワードを選ぶことがコツです。

 

なぜ必要なのか

 

検索エンジンは、検索キーワードに対してできる限り適切な情報を検索結果で返す役割を担っています。

 

ですから、サイトの運営者は記事を書くときに「この記事はどんなキーワードで検索した人に向けた記事なのか」を意識して書くことで、検索エンジンに評価され検索結果で上位表示ができるのです。

 

もし、キーワードを決めずに記事を書いてしまえば、検索エンジンからアクセスを集めることが難しくなるのです。

 

検索意図とは何か

 

検索エンジンはユーザーの検索意図に対して適切な情報を表示しようとしていると言われています。

 

検索意図とは「そのキーワードで検索をする理由」です。

 

たとえば、「Google アカウント 取り方」というキーワードであれば、「Googleのアカウントの取り方を知りたい」という検索意図があるわけです。

 

ビッグキーワードとは

 

ビッグキーワードとは、「Google」とか「検索エンジン」とか「アフィリエイト」などのように月間の検索数が多いキーワードのことです。

 

基本的に単語のキーワードを指すことが多いです。

 

ビッグキーワードは検索される回数も多いですが、その分だけライバルも強いので、ある程度サイトが育ってから狙うと良いでしょう。

 

スモールキーワードとは

 

スモールキーワードとは、月間の検索数がビッグキーワードほど多くなくその代りにライバルも少ないキーワードのことです。

 

基本的に「Google 検索エンジン 使い方 初心者」など、いくつかの単語で構成されたキーワード(複合キーワード)が該当することが多いです。

 

スモールキーワードは検索される回数は少ないですが、ターゲットが明確なキーワードであることも多くライバルも少ないため検索エンジンに評価されやすいです。ですから、サイトにアクセスが集まるまではスモールキーワードを中心に記事を書くことがコツです。

 

複合キーワードとは

 

たとえば、「メールの使い方」について検索をする時「Gメール」と検索することもありますが、「Gメール 使い方 初心者」などといくつかの単語を入れて検索することもあるでしょう。

 

このように複数の単語の組み合わせのキーワードのことを複合キーワードと言います。

 

複合キーワードはスモールキーワードにあたることが多いですが、ターゲットが明らかなので記事を書きやすく検索エンジンの評価を得られる可能性も高いです。

 

 

準備するキーワードのランキング

準備するキーワードのランキング

 

サイトを作ったら記事を書いていきますが、その優先順位について説明します。

 

まずは、アフィリエイトなどがサイトの目的の場合は商品が売れる仕組みがなければ意味がないので、商品を紹介する記事を書きます。

 

それから、その商品のジャンルに関する関連記事をたくさん作っていくのです。

 

サイトの作り方はこちら

 

商品名

 

まずは商品名をキーワードにして、記事を書きましょう。

 

記事を書くときには、ライバルサイトの構成などをチェックした上で、より検索意図の答えとなる記事の構成を考えてから文章を作ります。

 

構成を考えずに文章を書くよりも、構成を考えてから文章を書いたほうが書きやすいですよ。

 

関連キーワード

 

商品を紹介したり(アフィリエイトをしたり)、売るための記事ができたら、次にその商品のジャンルの関連キーワードをピックアップします。

そのときに便利なツールがこちら

 

そして、その関連キーワード一つずつに対して記事を作ります。

 

ちなみにたとえば、「アフィリエイト 関連キーワード 集め方」というキーワードと「アフィリエイト 関連キーワード 意味」というキーワードは別物です。途中まで同じ言葉であっても一部でも違えばSEOとしては違うキーワードと考えるので、関連キーワード一つずつに対してていねいに記事を作っていきます。

 

メインキーワードをずらす

 

関連キーワードのピックアップは、メインとなるキーワードを軸に考えます。たとえばあなたのサイトのジャンルがチョコレートについてのサイトなら「チョコレート」というメインキーワードを軸に関連キーワードを集めて記事を増やします。

 

たくさん記事を書いていくと、メインキーワードについてほとんど関連記事を作り終わったということもあるでしょう。

 

その場合にはメインキーワードを近いジャンルで少しずらしたり広げたりします。たとえば「チョコレート」から「お菓子」というようにずらして、また関連キーワードを集めて記事を書いていくのです。

 

 

最新のGoogleに好まれる基準ランキング

Googleに好まれる記事ランキング

 

Googleはサイトの構成や外部のサイトから送られているリンクの数なども評価の基準としていますが、何よりチェックしているのはコンテンツ(記事)の内容です。

 

良い記事をたくさん書けば、Googleに評価をされてサイト全体のアクセスが増えます。良い記事とは「検索意図の答えとなる記事」のことです。

 

いわゆるURLにあたる文字列のことをドメインと言います。このサイトならaffimark.netがドメインです。良い記事を増やすことで、あなたのドメインの評価が上がり各記事の検索順位が上がってアクセスが増えるのです。

 

1.コンテンツ(記事)の内容

 

とにかくチェックされているのはコンテンツの内容です。

 

ほかにどんな対策をしても、コンテンツの内容が悪ければ検索エンジンの評価が上がらず、アクセスが安定しません。

 

Googleは定期的に大幅な検索の基準のアップデートをしていますが、そのときに検索順位が大きく下がってしまう人はコンテンツの内容が悪いことが多いです。

 

2.ドメインの評価

 

良い記事をたくさん書いていると、あなたのドメインがGoogleに評価されていきます。

 

評価されているかは点数などを見ることはできませんが、アクセス数で判断ができます。

 

今までアクセスが来ていない記事ばかりでも、そのまま良い記事を作り続けているとある時から各記事のアクセスが増えます。このタイミングが検索エンジンがあなたのドメインを評価し始めたタイミングです。ここまで来ると、そのあとに書く記事についてもアクセスを集めやすくなるのです。

 

3.権威性

 

検索エンジンはとても頭が良いので、「誰が書いた記事なのか」ということもしっかりチェックをしています。

 

したがって、アフィリエイトの場合でもプロフィールはしっかりと書きましょう。プロフィールはあなたの自己紹介だけでなく、経歴や「なぜこのサイトをやっているのか」ということも書きます。

 

たとえば、ダイエットに関するサイトをやっているのなら「なぜ自分がダイエットのサイトを始めたのか」「自分はどんな経験があるのか」「サイトを見ている人にどうなってほしいのか」など、ビジネスの理念をしっかり書くことで権威性をアピールできます。

 

 

キーワード選定に使うツールランキング

キーワード選定に使うツールランキング

 

弊社でも年間に100記事以上の執筆やメンテナンスをやっています。

 

すでに書いた記事に関しても、定期的にメンテナンスを入れて最新の情報に更新をしています。そのたびにキーワードを見直すことも多いです。

 

そこで、キーワード選定に役に立つツールをご紹介いたします。

 

コンテンツスカウターZ

 

良い記事をたくさん書いて、Googleからアクセスを集めるやり方を「コンテンツSEO」と言いますが、良い記事を書くためにかなり便利なツールが「コンテンツスカウターZ」です。

 

Catch the Webという会社からリリースされているツールで、ライバルサイトの情報やキーワードに関する多くのデータを自動で集めてくれます。関連キーワードのピックアップも一気にやってくれるのでありがたいです。

 

キーワード選定は自分でやろうとするとなかなかデータが集まりませんが、ツールにまかせれば得られたデータをもとに狙い目のキーワードを見つけられるのです。

 

コンテンツスカウターZについてはこちら

 

Search Console

 

Search Console(サーチコンソール)はGoogleがサイトの運営者に向けて提供している無料のツールです。

 

Googleのアカウントがあれば使えます。

 

Search Consoleに登録をすると、あなたのサイトがどんなキーワードで何位くらいに表示されているのか、また検索結果からどのくらいクリックがされているのかをチェックできます。弊社では、Search Consoleで11位~20位をつけているキーワードで上がっている記事は、情報の更新や文章の補強などをしてメンテナンスを入れています。

 

Google Analytics

 

Google Analytics(グーグルアナリティクス)も、Googleが提供している無料の解析ツールです。

 

いわゆるアクセス解析というもので、自分のサイトのアクセスについてのデータを集められます。

 

アフィリエイトの場合だと、アクセス数がわかれば商品の成約率(CVR)も計算できるのでレビューページの改善などにも役立つでしょう。

 

検索エンジン

 

関連キーワードを集める作業はツールにまかせるのがおすすめです。

 

ですが、ご自身でやっていただくことも可能です。

 

検索エンジンの検索結果の下には、「関連キーワード」が表示されています。これらを集めていけばツールを使わなくても関連キーワードをピックアップできます。「関連キーワードの関連キーワード」といったようにどんどん掘り下げられるのでたくさん集められますね。

 

ただし、ツールでデータを集めることとの違いは、検索エンジンの検索結果から関連キーワードを集めることは「関連キーワードを集める」ということはできても、そのキーワードに対してのライバルサイトのデータなどは集まらないので、狙い目のキーワードなのかどうかという判断はどうしてもあいまいです。

 

 

キーワードの優先順位ランキング

キーワードの優先順位ランキング

 

キーワードには大きく分けて「単一キーワード(一つの単語のみのキーワード)」と「複合キーワード(2つ以上の単語がスペースで区切られているキーワード)」があります。

 

検索エンジンの評価を上げて、アクセスを増やすためにおすすめの優先順位があります。

 

検索エンジンは「どんなユーザーに向けて書いた記事なのか」を見ているので、それを意識した優先順位でキーワードを考えると良いです。ここではその優先順位を説明します。

 

1.三語・四語の複合キーワードから

 

まずは三語や四語の複合キーワードから記事を書くと良いでしょう。

 

たとえば「アフィリエイト キーワード 考え方 ランキング」は四語の複合キーワードです。

 

単語が多い分だけターゲットとその悩みが明確で、ユーザーが知りたい情報をよりまとめやすいでしょう。検索エンジンはそうした記事を評価するので、まずは三語や四語の複合キーワードから狙って記事を書くことがおすすめです。

 

2.二語の複合キーワード

 

メインキーワードを軸にして三語や四語のキーワードに対して記事を書けたら、次に二語のキーワードも狙っていきます。

 

当然、三語や四語のキーワードに比べるとビッグキーワードに近いです。ミドルキーワードと言って良いでしょう。

 

ですから、検索エンジンに何も評価されていないうちは二語のキーワードに対して記事を書いても上位表示は難しいですが、すでに三語や四語のキーワードで上位表示ができていればミドルキーワードも狙える段階なので二語の複合キーワードの記事も書いて良いです。

 

3.単一キーワード

 

単一キーワードとは「アフィリエイト」などのように一つの単語だけのキーワードのことです。いわゆるビッグキーワードです。

 

複合キーワードでそれぞれ上位表示が多くなっていれば、かなりあなたのドメインが検索エンジンに評価されている状態です。

 

その状態でビッグキーワードを狙えば、単語の検索でも上位が取れるかもしれません。

 

それぞれライバルが弱いキーワードから

 

ここまで優先順位のランキングとして「三語や四語のキーワード→二語のキーワード→単語のキーワード」という順番をおすすめしましたが、それぞれその条件なら何でも良いわけではありません。

 

たとえば複合キーワードであっても、その中でもライバルが強いキーワードもあれば弱いキーワードもあります。

 

ライバルの強さは、ライバルが検索エンジン対策(SEO)をどの程度考えているかということや、サイトの中に広告タグが入っているかどうかから判断ができます。これはツールでデータを取れるので、しっかりチェックすると良いです。

 

役に立つツールはこちら

 

そうしたライバルサイトのチェックに役に立つツールが、先程も紹介した「コンテンツスカウターZ」です。

 

ライバルに広告タグが入っているサイトが多ければ、そのキーワードはかなり対策をしているライバルが多いと考えられるので後回しで良いでしょう。

 

またライバルのSEOの強さは「allintitle」と「intitle」の数値の差から判断ができます。allintitleとはキーワードのすべてが記事タイトルに入っている状態のこと。intitleとはキーワードの一部が記事タイトルに入っている状態のことです。

 

コンテンツスカウターZを使うと、allintitleやintitleのライバルサイトの数値やライバルサイトの広告タグの有無もチェックできます。

 

 

キーワード選定の基準ランキング

キーワード選定の基準ランキング

 

では、もう少し細かくキーワード選定の基準をまとめましょう。

 

データだけでなく、そもそもアフィリエイトをしたい商品のジャンルと狙おうと思っているキーワードの検索意図が合っているかなども考える必要があります。

 

大切なのは「見込み客のアクセスを集めること」なので、これを忘れないようにしてください。

 

アフィリエイトのジャンルとの関係

 

本当に大切なことは、アフィリエイトをしている商品の見込み客を集めることです。

 

たとえばwordpressの作り方に関する教材をアフィリエイトしているとします。この場合、「wordpress 作り方」とか「ブログ 作る 自分で」などのキーワードは見込み客としてふさわしいでしょう。ですが、「ブログ 無理」とか「ブログ むずかしい 共感」などのキーワードはブログやwordpressをやろうと思っていない人が検索するキーワードだとも考えられるので見込み客とは離れていますね。

 

このように、自分が売りたい商品の見込み客が検索するキーワードを選ぶことがまず大切です。

 

購買につながるキーワードかどうか

 

同じように、商品の購入につながりそうなキーワードから優先させます。

 

たとえば「ラーメン 神奈川県 おすすめ」というキーワードと「ラーメン 神奈川 まずい」というキーワードなら、どっちがラーメン屋さんの購買につながるでしょうか。もちろん、「ラーメン 神奈川県 おすすめ」ですよね。

 

仮にツールなどで取得したデータとしては同じくらい検索上位が取れそうだと判断できても、購買につながらないキーワードについて記事を書くのは意味がありません。商品の見込み客が集まるキーワードを選びましょう。

 

複合キーワードから

 

「ビッグキーワードでもし上位表示できたら、一気にアクセスが集まる」と思って、ビッグキーワードから記事を書いてしまう人もいますが、実際にはそれは難しいです。

 

もし実際に検索してみてビッグキーワードなのにライバルに大手のサイトや作り込んだサイトがいなければ本当にチャンスですが、それはかなりレアです。

 

ですから、まずは複合キーワードから確実に記事を増やし、ドメインの評価を上げてからビッグキーワードを狙いましょう。

 

allintitleとintitleの数値の差

 

先ほど説明した「allintitle(キーワードのすべてが記事タイトルに入っている状態)」と「intitle(キーワードの一部が記事タイトルに入っている状態)」に関して、ライバルサイトのこれらの差が大きいものはチャンスです。

 

なぜなら、この数値の差が大きいということは「キーワードの一部しか記事タイトルに入っていないのに検索エンジンにインデックスされている(検索結果にある)」ということなので、そのキーワードはSEO(検索エンジン対策)があまり強くなくても上位表示が取れる可能性があるということなのです。

 

逆に、あなたが記事を書くときには必ずキーワードのすべてを記事タイトルに入れてください。たとえば「アフィリエイト 稼げる 中高年」というキーワードを狙っているなら、「アフィリエイトは稼げるビジネス:中高年向けのアドバイス」などと、キーワードのすべてを記事タイトルに入れるのです。

 

ライバルサイトのallintitleとintitleの数値をチェックするなら

 

ライバルサイトの広告タグの有無

 

ライバルサイトにアフィリエイトやグーグルアドセンスの広告タグが入っていれば、ライバルもSEOをしっかりやっているということが考えられます。

 

ですから、ライバルサイトに広告タグが入っているかどうかもキーワード選定の基準と考えて良いです。

 

複合キーワードの中にはライバルが広告をあまり使っていないキーワードも存在することがあり、もしそうしたキーワードが見つかれば狙い目です。

 

ライバルサイトの広告チェックもこちらが便利

 

 

ロングテールキーワードが大切

ロングテールキーワードが大切

 

この記事では「複合キーワードから優先させよう」と説明をしてきました。

 

複合キーワードの方が検索エンジンに評価をしてもらいやすいというものありますが、そのほかにも理由があります。

 

複合キーワードのことをロングテールキーワードとも言います。ロングテールを狙うことで、メインで意識しているキーワードのほかのキーワードからもアクセスが増えるので最終的にとてもアクセスを集めやすいのです。

 

関連キーワードからアクセスが増える

 

ロングテール(複合キーワード)を意識して記事を書くと、関連キーワードからのアクセスが増えていきます。

 

たとえば、「アクセスアップ」というキーワードをメインに考えていても複合キーワードを意識して関連記事をたくさん書くことで「SEO」とか「サイト」とか「ネット集客」などの関連キーワードからもアクセスが増えるのです。

 

ですから、初心者だから複合キーワードが良いよという意味ではなく、上級者でも複合キーワード(ロングテール)をしっかり意識したほうが最終的なサイトからの収益も大きくなるのです。もちろんアフィリエイトの場合も同じです。

 

関連キーワードの記事を増やす

 

ですから、手順としてはまずメインで意識しているキーワードの関連キーワードをたくさんピックアップします。ピックアップしたものはCSV形式で保存をしておくと良いです。

 

そして、関連キーワードの中でも、先程紹介したような判断基準をもとに狙い目のキーワードを優先させつつ記事を増やしていきます。

 

こうしていくうちに、あなたの見込み客が集まるサイトが育つのです。

 

 

書いた記事のキーワードをメンテナンス

書いた記事のキーワードをメンテナンス

 

一度書いた記事についても定期的にチェックをしましょう。

 

検索エンジンは検索意図の答えとなる情報を常に表示しているので、キーワードによっては古い情報だとだんだん検索順位が落ちることがあります。

 

最低でも月に一度は、Search Consoleなどで順位をチェックし、11位~20位に順位をつけているキーワードやそのキーワードで上がっている記事についてはメンテナンスをするべきです。

 

Search Consoleを使う

 

Search Consoleについてはこの記事でも説明をしました。

 

Search Consoleで11位~20位に順位があるキーワードは、そのキーワードで実際に検索してみてどの記事がそのキーワードで上がっているのかを見ます。

 

11位から20位にいるということは、もう少しがんばれば検索結果で1ページめ(つまり1位~10位)に上がるということなので、情報が最新で正しいものかどうかということや、補足したほうがわかりやすいことはないか、見やすさはどうかなどをチェックしてメンテナンスをしましょう。

 

定期的なメンテナンスをしよう

 

弊社でも月に一度はメンテナンスを入れて記事の内容をチェックしています。

 

やはりメンテナンスを入れた記事は順位が回復することが多く、アクセスも伸びます。

 

またそのように定期的にメンテナンスが入っているサイトは検索エンジンからのドメイン評価も上がり、アクセスが高い水準で安定する傾向にあります。

 

情報は最新か

 

一度作った記事でも、たまにチェックをしないとリンクが切れていたり埋め込んだ動画が見られなかったり、情報が古かったりするでしょう。

 

何度も言うように、検索エンジンは最適な情報でなければ上位表示をしません。

 

アクセスが伸びたあともメンテナンスを続けることが長く成功するサイトのコツです。

 

 

キーワード選定はユーザーのためになる

キーワード選定

 

何よりもアフィリエイトという仕事を好きになってほしいと思っています。私たちはあなたらしい成功をつかんでほしくてコンサルティングなども提供しています。

 

アフィリエイトという仕事はサイトやSNSやメルマガで情報発信をして、ユーザー様に適切な情報を届ける仕事でもあります。

 

キーワード選定という作業は、「どんな人にどんな情報を届けるか」を決める大切な仕事なので、人の役に立つ作業だということを忘れないでください。

 

ターゲットをしっかり決めよう

 

ですから、キーワードを決めたあとにすぐに記事を書くのではなく、「ターゲットの属性」「ターゲットの悩み」などを書き出してから記事を作ります。

 

私も必ずそのような準備をやってから記事の執筆に入っています。この記事を書く前にもお客様の属性や悩みを書き出しています。

 

ターゲットをしっかり決めることで、検索エンジンがやろうとしている「ユーザーのためになる情報を提示する」という方向性と一致するので、上位表示がしやすくなるのです。また、そのターゲットがあなたがアフィリエイトをしている商品の見込み客と合っているかどうかも考えてくださいね。

 

幅広く狙わない

 

ついつい「たくさんの人が興味を持つ内容を」と考えてしまうかもしれませんが、検索エンジンは「どんな人に向けての情報なのか」を大切にしているので、どちらかと言えばSEO(検索エンジン対策)を考えるならターゲットはしぼったほうが良いです。

 

一つの記事のターゲットを幅広く考えるのではなく、Aというターゲットに対しての記事、Bというターゲットに対しての記事という感じでターゲットごとに記事をわけたほうが良いでしょう。

 

「どんな悩みを持っている人に、どんなメッセージを伝えるのか」を意識して記事を書くと良い記事が書けます。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワード選定のコツをさまざまな角度からランキングという形でお届けしました。

 

まずはアフィリエイトサイトのジャンルを決めて、メインで狙うキーワードを決め、そのメインキーワードの関連キーワードをピックアップしましょう。

 

ピックアップしたキーワードの中でも複合キーワードから優先して記事を書いていくことがおすすめです。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトのキーワードの検索数の考え方と大切なコツを解説

アフィリエイトのキーワードの検索数の考え方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぎたい人は、キーワードの検索数(検索ボリューム)を調べて記事を書くかどうか判断する場合があるでしょう。

 

しかし、検索数よりも競合のリサーチや購買意欲が高いキーワードかどうかといった調査のほうが大切です。

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードの検索数の考え方とそのほかのコツについてまとめます。

 

キーワードの考え方はこちらで学べます

 

 

Googleが評価する記事とは

Googleが評価する記事とは

 

Googleは、検索ユーザーが「どういうことを知りたくてそのキーワードで検索しているのか」を判断し、その答えにできるだけ近い情報を検索結果で表示します。

 

アフィリエイトで大切なのは、キーワードを決めてそのキーワードで検索する人が知りたい情報をしっかり記事にすることです。

 

 

検索数よりも先に調べること

検索数よりも先に調べること

 

キーワードの検索数が高いか低いかよりも先に、アフィリエイトをしっかりやっていくために準備するべきことがあります。

 

まずはサイトのジャンルをしっかり決め、そのジャンルの関連キーワードを一気にピックアップしておくと良いです。

 

自分がやりたいジャンルを決める

 

アフィリエイトはコツコツと記事を書く作業が多いです。

 

そのため、自分があまり興味を持てないジャンルでアフィリエイトをするのはつらいので、自分がやりたいジャンルでサイトを作るようにします。

 

自分が好きなジャンルややりがいを感じるジャンルについて、ASPをチェックしてアフィリエイトができる案件があるかどうかを調べましょう。

 

ニーズがあるジャンルかどうか

 

また、自分が思いつくジャンルについて、実際にインターネットで検索をしてみてください。

 

インターネットで検索をすれば、そのジャンルにニーズがあるかどうかがわかります。

 

インターネットでニーズがあるジャンルでしたら、ニッチなジャンルでも稼ぐことができます。

 

そのジャンルのキーワードを抜き出す

 

ジャンルが決まったら、検索数はとりあえず気にしなくて良いのでそのジャンルの関連キーワードを一気に抜き出します。

 

この抜き出したキーワードの中から、狙い目のキーワードを考えていきます。

 

一つずつ判断するよりも、まずは関連キーワードを抜き出して一覧にしてから判断した方がスムーズです。

 

関連キーワードを抜き出すのはツールのほうがらくです

 

 

アフィリエイトのキーワードの考え方

アフィリエイトのキーワードの考え方

 

キーワードとは検索ユーザーが検索をするときに使う言葉のことで、アフィリエイトの記事を書くときにはこのキーワードを決めてから記事を書きます。

 

つまり、今から書く記事はどんなキーワードで検索したときに上位表示したいのかを考えて記事を書くということです。

 

アフィリエイトのキーワードとは

 

あなたも検索エンジンで検索をするときには、何か言葉を入れて検索をかけますよね。

 

たとえば「神奈川県 ラーメン おすすめ」といったように、検索をするときに入れる言葉のことを「キーワード」と言います。

 

キーワード選定が大切な理由

 

Googleは、「どんな人に向けてどんな内容が書かれているのか」をチェックして検索順位を決めています。

 

キーワードをしっかり決めることで、このGoogleの狙いと合った記事ができるのでキーワード選定はアフィリエイトで大切な作業なのです。

 

月間検索数(検索ボリューム)とは

 

月間検索数(検索ボリューム)とは、一カ月の間にそのキーワードが検索エンジンで検索された回数を示す言葉です。

 

基本的な考え方としては、月間検索数が多ければニーズも高いわけですがその分だけライバルも多く、月間検索数が少ないとニーズが少ない分だけライバルも少ないと考えられます。

 

キーワードについての考え方はこちら

 

検索数よりも大切なこと

 

検索数が高いからといって必ずライバルが強いわけでもないですし、検索数が少ないからといって狙い目というわけでもありません。

 

検索数よりも大切な考え方は、購買意欲が高いキーワードを狙うことや、ターゲットが明確になる複合キーワードから記事を書くことです。

 

アフィリエイトのブログのキーワードについてはこちら

 

SEOはお客様のためになる

 

SEOとは、検索エンジンに評価されるサイトにするための対策のことですが、SEOは検索エンジン対策としてだけでなく、お客様に役に立つサイトにする役割もあります。

 

あなたのサイトにアクセスしてくるお客様からしても、できるだけ自分の知りたい情報がしっかり掲載されているサイトが望ましいので、SEOは検索エンジン対策をしてあなたが稼ぐためだけでなくお客様のための活動でもあるのです。

 

allintitleとintitleの差は計算する

 

「allintitle」とは、キーワードのすべてが記事タイトルの中に入っているページのことです。

 

「intitle」とは、キーワードの一部が記事タイトルに入っているページのことです。

 

ツールを使うと、それぞれの条件に当てはまる数が取得できるのですが、この数字の差が大きいということは「キーワードの全部がタイトルに入っていなくても検索エンジンに認識されているページが多い」ということになるため、SEOで狙い目のキーワードと判断できるわけです。

 

allintitleやintitleの計算をするツールはこちら

 

 

見込み客の数が多いキーワード

見込み客の数が多いキーワード

 

アフィリエイトで大切なことはアクセスを集めることですが、どんなアクセスでも良い訳ではありません。

 

集めるべきアクセスは、あなたがアフィリエイトをしている商品の見込み客となるアクセスなので、それを意識することが大切です。

 

購買意欲が高いキーワードは何か

 

たとえば、「ラーメン まずい」というキーワードと「ラーメン おいしい」というキーワードはどちらのほうがラーメンの購買意欲が高そうでしょうか。

 

「ラーメン おいしい」のほうがラーメンを買ってくれる可能性が高そうですよね。

 

このように検索数が高いか低いかよりも、購買につながるキーワードかどうかを判断することのほうが大切なのです。

 

何を知りたくて検索するのか

 

たとえばあなたがカップラーメンの通販をしているとしましょう。

 

それなら「ラーメン 神奈川県 お店」と「ラーメン 自宅 おすすめ」というキーワードでは、どちらのキーワードがカップラーメンの見込み客となるでしょうか。

 

答えは「ラーメン 自宅 おすすめ」で、このキーワードで検索する人はお店ではなく自宅でラーメンを食べたくておすすめの商品を探している可能性が高いので、見込み客と考えられます。

 

このように、検索の意図を考えて、その意図が自分が提案する商品の見込み客として合っているかどうかを考えてキーワードを選ぶと良いです。

 

 

キーワードの検索数の考え方

キーワードの検索数の考え方

 

キーワードの検索数よりも大切な考え方があるとわかってもらったところで、検索数についても基本を教えます。

 

よくある考え方としては、検索数が多いほど上位表示が難しく、検索数が少ないほど上位表示がしやすいというものです。

 

キーワードについて学ぶなら

 

検索数が少ないとかんたん

 

キーワードの月間検索数が少なければ、基本的にはライバルも少なくて上位表示がかんたんなことが多いです。

 

ただし、キーワードの月間検索数が少なくても、自分のビジネスの見込み客が検索するキーワードではなければ記事を書く必要はないです。

 

検索数が少なくても記事を書くべき場合

 

キーワードの月間検索数が少なくても、自分がアフィリエイトをしている商品の見込み客が検索するキーワードと言えるものでしたら記事を書くべきです。

 

月間検索数が少なければたくさんのアクセスは見込めませんが、スモールキーワード(検索数が少ないキーワード)で上位を取ることで検索エンジンからのドメインへの評価が上がるので効果的です。

 

アフィリエイトのブログのキーワードの考え方はこちら

 

検索数が多いキーワードは難しいのか

 

検索数が多いキーワードは、上位表示が難しいというのが一般的な考え方です。

 

ただし、検索数が多くても上位表示ができることもあります。

 

検索数は多いのに、ライバルサイトがあまりSEOの対策をしていない(アフィリエイトやアドセンスの広告がないなど)場合なら、ビッグキーワード(検索数が多いキーワード)でも上位表示ができることがあります。

 

こうした大きなチャンスとなる狙い目のキーワードを「お宝キーワード」と言ったり「ブルーオーシャン」と言ったりします。

 

狙い目のキーワードを探すならこちら

 

狙い目のキーワードとは

 

理想としては、「検索数が多くてライバルが弱いキーワード」が狙い目です。

 

ただし、このようなキーワードだけを狙うのではなく、スモールキーワード(検索数が少ないキーワード)でも見込み客が検索するキーワードと言えるものは記事を書いて上位を取りましょう。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

複合キーワードから記事を書く

 

複合キーワードとは、「ラーメン 神奈川県 おすすめ」といったように、いくつかの単語の組み合わせでできているキーワードのことです。

 

複合キーワードになるほど検索数が減るのが基本ですが、複合キーワードから記事を書くほうが検索エンジンの評価を上げやすいです。

 

単語のキーワードはドメインが育ったら

 

まずは、三語や四語の複合キーワードから記事を書いていき、検索数の少ないスモールキーワードで少しずつ上位が取れるようになったら、あなたのサイトが検索エンジンに評価されてきたと言えます。

 

その状態で単語のビッグキーワードについて記事を書くと、ビッグキーワードでも上位が取れます。

 

購買意欲が高く競合が弱いキーワード

 

複合キーワードの中でも購買意欲が高いか自分がアフィリエイトをしている商品の見込み客が検索するにふさわしいキーワードで、さらにライバルが弱いキーワードを見つければ狙い目です。

 

このようなキーワードは手動で探すのは難しいので、ツールでデータを取ってしまうほうが早いですし正確です。

 

おすすめのツールはこちらです

 

 

キーワードの検索数を気にする問題点

キーワードの検索数を気にする問題点

 

アフィリエイトのキーワードを決めるときに、検索数だけで判断するのは正しいやり方とは言えません。

 

検索数が多ければ難しいわけでも、検索数が少なければ狙い目なわけでもないからです。

 

この記事で説明したようなコツが大切だと理解してください。

 

アフィリエイトの詳しいやり方を学ぶならこちら

 

見込み客が集まるとは限らない

 

たとえば検索数が少ないから狙い目なのかというと、それだけでは判断できません。

 

検索数が少なくてライバルが弱くても、そのキーワードがあなたがアフィリエイトをしている商品の見込み客が検索するキーワードとは限らないからです。

 

トレンドで変わることもある

 

サイトは、あなたの人生でずっと残る稼ぎの土台です。

 

なので、長い目で考えれば今の検索数がこのあともずっと続くわけではありません。

 

トレンドで増えることもあり、減ることもあるため、今の検索数だけでキーワードを決めるのは間違ったやり方と言えます。

 

 

キーワードの検索数より大切なこと

キーワードの検索数より大切なこと

 

それではここから、キーワードの検索数より大切なアフィリエイトのコツを説明します。

 

検索数が多くても少なくても、次に挙げるようなことを意識してアフィリエイトをすることが大切です。

 

手順としては、まずライバルサイトの調査をして記事を書き、定期的なメンテナンスやSNSでの情報発信もすることがポイントです。

 

初心者に向けたアフィリエイトのやり方はこちら

 

ライバルサイトの作り込み度合い

 

キーワードを決めたら、ライバルサイトもチェックしましょう。

 

特に、1位から10位に表示されているサイトは必ずチェックします。

 

ざっと見てみて、あまりにも作り込んだサイトが多ければ後回しにしても良いでしょう。

 

ライバルサイトの広告をチェック

 

ライバルサイトにアフィリエイトやアドセンスの広告があるかどうかも見ましょう。

 

今の時代、何かしらの広告収入を目的に作っているサイトは多いですが、もしライバルサイトが広告をやっていないサイトが多ければ狙い目のキーワードと言えるでしょう。

 

ライバルサイトの広告についてもこのツールで調査できます

 

ライバルサイトの運営者をチェック

 

今の検索エンジンは「誰のサイトなのか」というポイントもチェックしていると言われています。

 

企業のサイトよりも個人のサイトのほうが、あなたがのサイトが高い順位に表示される可能性が高いので、狙うキーワードのライバルが誰のサイトなのかについてもチェックをしましょう。

 

ライバルサイトの構成もチェック

 

ライバルサイトの構成をチェックすることはとても大切です。

 

今の時点で、あなたが狙っているキーワードで1位から10位にいるライバルサイトは、その記事の構成が検索エンジンに評価されているから上位にいるわけなので、その構成をチェックしてよりわかりやすい構成で記事を書けばあなたの記事も上位表示される可能性が上がります。

 

記事を書くこと

 

ライバルの調査が終わったら、実際に記事を書きましょう。

 

アフィリエイトで大切なのは記事を書いて、公開することです。

 

初めは難しいと思うかもしれませんが、コツコツとがんばるうちに慣れてきます。

 

また、あなたが作った記事を増やすことで、はじめはアクセスが来なかった記事もだんだんアクセスが増えていきます。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

良い記事を書こう

 

「めんどうくさい」と思っても、必ず良い記事を書くように心がけてください。

 

検索エンジンは、良い記事を評価しますので、時間がかかっても良い記事を増やすようにしましょう。

 

良い記事とは、そのキーワードで検索するユーザーが知りたい情報をまとめた記事のことです。

 

ターゲットを決めて記事を書く

 

記事を書く前にターゲットについてまとめると良い記事が書けます。

 

たとえば、そのキーワードで検索する人は何が知りたくて検索をするのか、何に悩んでいて検索しているのかについてまとめておくと良い記事ができます。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

関連記事をどんどん増やす

 

似たキーワードであっても、関連キーワードについてどんどん記事を増やしましょう。

 

たとえば、「ラーメン 自宅 おすすめ」と「ラーメン 自宅 おいしい」は、途中まで同じキーワードですが、三語の複合キーワードとしては別のキーワードなので、それぞれについて記事を書くようにします。

 

このように関連記事を増やすことで、検索エンジンから評価が高まりアクセスが増えます。

 

複合キーワードを優先する

 

関連キーワードについて記事を増やすときに、複合キーワードから優先して記事を書いてください。

 

複合キーワードの方が検索数は少ないですが、その分だけ「どんな人に向けた記事なのか」がはっきりするので、よりユーザーに合った情報が書けて、検索エンジンからの評価が上がるのです。

 

ロングテールキーワードの強さ

 

ロングテールキーワードとは、ここまでに説明した「複合キーワード」のことですが、複合キーワードについてたくさん記事を書くことで、メインで狙っているキーワードのほかのキーワードからもアクセスが集まります。

 

たとえば「ラーメン」というキーワードをメインで狙っていても、ロングテールキーワードについてたくさん記事を書けば「インスタント食品」とか「自宅料理」とか「ひとり飯」などのキーワードからもアクセスが増えるのです。

 

記事のメンテナンス

 

サイトを作ったら、Search Consoleに登録をしましょう。

 

Search ConsoleはGoogleが提供しているサイトの運営者のための無料の解析ツールです。

 

Search Consoleに登録すれば、自分のサイトがどんなキーワードで平均で何位くらいにいるのかがわかります。

 

Search Consoleで11位から20位にいるキーワードの記事は少しテコ入れをすることで上位を取れる可能性があります。

 

Search Consoleについてはこちらでも説明しています

 

アフィリエイトのスケジュールを管理

 

アフィリエイトは同じ作業の繰り返しなので、挫折しやすいとも言えます。

 

それを防ぐために、どのキーワードについての記事を、いつまでに書くのかをカレンダーなどに記載して管理すると良いでしょう。

 

弊社のコンサルティングのクライアントも作業のスケジュールを書き出すことで、実際に売上がアップした人もたくさんいます。

 

SNSでも情報発信をしよう

 

アフィリエイトサイトは検索エンジンからのアクセスが基本ですが、最近ではSNSからのアクセスも効果的です。

 

あなたのサイトのジャンルについての情報発信をSNSでもやり、SNSのプロフィールなどからサイトにアクセスを集めましょう。

 

SNSの情報発信はこちら

 

 

狙い目のキーワードを探すツール

狙い目のキーワードを探すツール

 

アフィリエイトのキーワード選定は自分でやるよりもツールにやらせたほうが正確だし早いです。

 

キーワードに関するデータを集めることは労力をかける部分ではなく、記事を作ることに労力をかけるべきなので、キーワードに関するデータを集める作業はツールを使いましょう。

 

コンテンツスカウターZ

 

弊社でも記事を書くときに使っているツールが「コンテンツスカウターZ」です。

 

関連キーワードのピックアップや、allintitleやintitleの数値、ライバルサイトの広告の情報や構成など、SEOを行うために必要な情報を自動的に抜き出してくれるツールです。

 

Search Console

 

Search Consoleは、Googleが提供しているサイトの運営者のための解析ツールです。

 

Googleのアカウントがあれば無料で使えます。

 

Search Consoleに登録しておくと、サイトの検索クエリや検索順位がわかったり、検索結果からクリックされた数も見られます。

 

Search Consoleについてはこちらでも解説しました

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワードを決めるときに考えるべき検索数やそのほかの考え方について説明しました。

 

検索数だけをキーワード選定の基準にしている人がいるようなのですが、この記事で説明したことがポイントですので、あなたがアフィリエイトをしている商品の見込み客が集まるキーワードをしっかりと選びましょう。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトブログで大切なキーワードの基本と選び方を徹底解説

アフィリエイトブログのキーワードの考え方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトでブログにアクセスを集めたいのなら、キーワードについて理解を深めましょう。

 

どんなキーワードからアクセスを集めるのかをしっかり考えることで、ブログからアフィリエイト報酬が出やすくなるのです。

 

この記事では、アフィリエイトブログのキーワードの考え方の基本や選定の方法を説明します。

 

 

アフィリエイトでブログを書く仕事とは

アフィリエイトでブログを書く仕事とは

 

アフィリエイトの基本はブログやサイトを書くことです。

 

ブログにアクセスが集まれば、ブログに掲載しているアフィリエイト広告から報酬が発生します。

 

ブログにアクセスを集めるためにも「どんなキーワードで検索上位を狙うのか」を考えて記事を書くことです。

 

アフィリエイトの全体像

 

アフィリエイトとは、成果報酬型の広告と言って、自分のブログなどに掲載した広告から商品やサービスを購入する人がいた場合などに報酬が発生する広告業です。

 

弊社のように会社でやっている場合もありますが、個人でもブログを作ってかんたんに始められるので人気の仕事です。

 

ブログの訪問者はどこから来るのか

 

ブログの訪問者の多くは検索エンジンからやってきます。

 

検索エンジンで何かのキーワードで検索したときに、あなたのブログが検索結果で上位に表示されていれば検索ユーザーを集められるのです。

 

そのほか、最近ではSNSからアクセスを集める考え方もあります。

 

ブログのキーワードとは

 

あなたも検索エンジンで何かを検索するときには、言葉を決めて検索をかけるでしょう。

 

たとえば、神奈川県でラーメンを食べたいとき、「神奈川県 ラーメン おすすめ」などと調べるわけです。

 

このような検索に使う言葉を「検索キーワード(キーワード)」と言います。

 

なぜブログでキーワードが大切なのか

 

ブログの記事を書くときには、必ず「今から書く記事はどんなキーワードで検索した人に見てほしいのか」を意識して書きます。

 

そうすることで、実際にそのキーワードの検索ユーザーに役に立つ記事が作れますし、検索エンジンもそのようなブログを評価して上位に表示をします。

 

SEOとは

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で日本語では検索エンジン最適化と言います。

 

つまり、検索エンジンに評価されるブログにするための対策や活動のことなのですが、SEOの中でもキーワードを考えることは特に大切なのです。

 

ブログのドメインの評価を高める仕事

 

アフィリエイトブログはwordpress(ワードプレス)で作ることがおすすめです。

 

wordpressは自分で契約したサーバーとドメインで管理をしますが、良いブログを運営していると、あなたのドメインが検索エンジンに評価されて上位表示がやりやすくなるのです。

 

ワードプレスの始め方はこちら

 

 

アフィリエイトブログを作る準備

アフィリエイトブログを作る準備

 

まずはワードプレスを立ち上げましょう。

 

ワードプレスの始め方はこちら

 

ブログを立ち上げたら、そのブログからアフィリエイト報酬が発生する準備をします。

 

ブログのジャンルを決めて、キーワードをピックアップしておくとあとでスムーズです。

 

ブログのジャンルを決める

 

「ブログのジャンル=あなたがアフィリエイトをする商品のジャンル」です。

 

アフィリエイトブログの目的は、アフィリエイトをしている商品の見込み客を集めることですので、アフィリエイトをしている商品のジャンルとブログのジャンルは合わせるのがベストです。

 

アフィリエイトのおすすめのジャンルはこちら

 

関連キーワードをピックアップする

 

アフィリエイトブログの記事を書き始める前に、そのブログのジャンルの関連キーワードを前もってピックアップしておくと、あとでスムーズです。

 

これをやっておけば、ピックアップしたキーワード一つずつに対して記事を書けば良いので、「ネタがない」という問題が起こりません。

 

キーワードのピックアップに役に立つツールがこちら

 

狙い目のキーワードをピックアップする

 

たとえば、あなたのブログが「ゴルフ」についてのブログなら、ゴルフの関連キーワードをまずはたくさんピックアップします。

 

そこまで終わったら、その中でも特に狙い目のキーワードをさらに選んで、それらのキーワードから優先して記事を書くようにします。

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツはこちら

 

 

アフィリエイトブログのキーワード

アフィリエイトブログのキーワードを考える

 

アフィリエイトブログで狙うキーワードにはいくつかの種類があります。

 

狙い目のキーワードとしては、検索のニーズがありそうなキーワードの種類や購買意欲が高そうなキーワードがおすすめです。

 

自分で何となくキーワードを考えてしまうのではなく、しっかり狙いを持ってキーワードを決めることがコツです。

 

狙い目のキーワードを探すならこちら

 

おすすめの情報を教えるキーワード

 

たとえば、「ゴルフ 用品 おすすめ」とか「料理 レシピ おすすめ」など、おすすめの情報を教えるキーワードはアクセスが集まりやすいです。

 

またおすすめの情報を調べる人は、そのジャンルに興味があり商品の購入につながりやすいのでアフィリエイトのキーワードとして適切です。

 

手順を教えるキーワード

 

「ゴルフ スイング やり方」とか「靴ひも 結び方」など、何かのやり方や手順を教えるキーワードも良いでしょう。

 

こうしたキーワードは検索する人も多いですし、やはり商品の購入にもつながることが考えられるので、アフィリエイトのキーワードとして適切です。

 

商品名に関するキーワード

 

商標や商品名をそのままブログやブログ記事のキーワードにすることもあります。

 

商品名で検索している人は、すでにその商品に興味を持っている人なのでアフィリエイト報酬も発生しやすいでしょう。

 

商品名だけでなく、「商品名+内容」や「商品名+おすすめ」や「商品名+評価」などのキーワードは昔からアフィリエイトの基本となる考え方です。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

商品名に関するキーワードのデメリット

 

商品名や商標に関するキーワードのデメリットとしては、ライバルが多いということです。

 

商品名について記事を書いているアフィリエイターは他にもたくさんいるため、その記事だけでアフィリエイト報酬を稼ぐことは難しい場合があります。

 

商品名のキーワードでブログを書くコツ

 

商品名で検索をする人は、すでにその商品のことを知っているので、記事としては商品の魅力や価値や内容や価格をしっかりまとめてあげる記事にしましょう。

 

そして、商品名を含んでいないほかのキーワードについて書いた記事から、商品名について書いた記事へとリンクを送っておけば、おすすめ情報や手順について検索して記事を読んだユーザーが、商品に関しての記事を読んで購入するという流れができます。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

トレンドキーワードとトレンドブログ

 

トレンドキーワードとは、オリンピックやワールドカップや芸能ニュースなど、時期やタイミングから考えて瞬間的にアクセスが増えるキーワードのことを言います。

 

そして、そうしたトレンドキーワードを狙って作ったブログをトレンドブログと言います。

 

自分でキーワードを考えるデメリット

 

キーワード選定はかなりめんどうな作業の一つです。

 

ですから、初心者の中にはキーワードをあまり考えない人や、調べずに自分の思いつきで判断する人がいますが、これはアフィリエイトのやり方としては間違っています。

 

狙い目のキーワードを判断して、しっかりと見込み客を集める記事を増やすことがアフィリエイトの仕事です。

 

狙い目のキーワードを見つけるなら

 

 

狙い目のキーワードでブログを作る

狙い目のキーワードでブログを作りSEOをやる

 

アフィリエイトブログを運営するには、狙い目のキーワードをしっかり選んで記事を書くことが大切です。

 

これを意識している人としていない人ではまったく違う結果にわかれますので注意してください。

 

購買意欲が高そうでライバルが弱いキーワードを選び、その中でも「ゴルフ 初心者 練習」など、複数の単語が組み合わさった複合キーワードから記事を書くことがコツです。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

コンテンツスカウターZを使う

 

キーワードを考えたり、ライバルサイトのチェックをするときに弊社でも使っているツールが「コンテンツスカウターZ」です。

 

関連キーワードのピックアップも自動的にやってくれますし、ライバルサイトの情報や構成などもデータとして抜き出してくれます。

 

Search Consoleを使う

 

Search ConsoleはGoogleが提供しているサイトやブログの運営者に向けた解析ツールです。

 

ブログが、どんなキーワードで検索結果に表示されていて、どのくらいそこからユーザーが来ているのかを判断できます。

 

Search Consoleについてはこちらでも説明しています

 

関連キーワードでブログ記事を増やす

 

ブログ記事は、自分の日記などではなく、ブログのジャンルの関連キーワードについて一つずつ記事を書きましょう。

 

関連キーワード一つずつに対して記事を書いていくと、そのジャンルについてのかなり詳しいブログができます。

 

複合キーワードからブログ記事を増やす

 

複合キーワードとは、「ゴルフ 初心者 練習」といったように2つの単語以上の組み合わせでできているキーワードのことです。

 

複合キーワードのほうがライバルが弱いことが多く、またターゲットも内容も細かくなりやすいので検索エンジンからの評価も受けやすいです。

 

アフィリエイトの競合がないキーワード

 

ツールで調べるか自分で検索して上位のブログをチェックすると良いですが、狙っているキーワードですでに上位表示できているライバルがアフィリエイトブログなのかどうかもチェックしましょう。

 

ライバルがアフィリエイトブログばかりのキーワードは、すぐに上位を取るのは難しいので、ライバルにアフィリエイトブログが少ないキーワードを優先させると良いです。

 

ライバルサイトのチェックもこちらが便利です

 

 

ブログに関するキーワードのほかのコツ

ブログに関するキーワードのほかのコツ

 

アフィリエイトは、ブログのキーワードを考えるだけでなく、そのほかにもコツがあります。

 

特に、記事の書き方についてはコツを覚えていないとアクセスが集まらないのでしっかり学びましょう。

 

また、文章を書くのが苦手な人はコピーライティングを学ぶと良いです。

 

アフィリエイトで稼げるブログにする

 

たまに、ブログを作ってちゃんと記事を書いているけど、何もアフィリエイトをしていないという人がいます。

 

当たり前ですが、ASPからアフィリエイト広告を取り出しブログに掲載しないと報酬は出ません。

 

アクセスを集めるための記事を書く

 

逆に、商品をアフィリエイトするための記事をたくさん書いていて、アクセスを集めるための記事を書いていない人もいます。

 

商品の内容や魅力について書く記事と、アクセスを集めるための記事をバランスよく作りましょう。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

検索する意図を考える

 

アフィリエイトブログの記事を書くときに大切なのは、その記事で狙うキーワードについて「そのキーワードで検索する人の意図」を考えることです。

 

つまり、「何が知りたくて、どんな悩みがあって、そのキーワードで検索するのか」を考えることで、ユーザーのためになる記事ができあがるのです。

 

ターゲットをしっかり決める

 

検索する意図を考えれば、自然と記事のターゲットも決まります。

 

私は記事を書く前に、その記事がどんなターゲットに向けたものなのかを書き出してから記事を作っています。

 

ターゲットが必要とする情報をきちんと掲載しているブログを検索エンジンは評価します。

 

コピーライティングを学ぼう

 

アフィリエイトで稼ぎたいのなら、コピーライティングは必ず学ぶべきです。

 

コピーライティングとは魅力や価値を伝え商品を買ってもらうための文章の技術のことですが、コピーライティングを学ぶことで読みやすい記事が作れるだけでなく、商品をアフィリエイトしている記事の成約率も高くなるのです。

 

コピーライティングを学ぶならこちら

 

ロングテールキーワードとは

 

ロングテールキーワードとは、さきほど説明した「複合キーワード」のことを指します。

 

複合キーワードについてしっかり記事を書いていくと、メインで狙っているキーワードのほかのキーワードからもアクセスが増えるのです。

 

 

注意が必要なキーワード

注意が必要なキーワード

 

アフィリエイトで狙うキーワードやジャンルの中には、注意が必要なものもあります。

 

健康や美容やダイエットに関するキーワードやジャンルは稼ぎやすいと言われていますが、薬機法(薬事法)について学ぶ必要があります。

 

薬機法(薬事法)について学ぶならこちら

 

健康に関するキーワード

 

健康に関して検索エンジンで検索をする人も多いので、アフィリエイトのジャンルとしてはおすすめのジャンルです。

 

しかし、取り扱う商品やブログの内容によっては、薬機法(薬事法)の知識を学ぶべき場合があります。

 

美容に関するキーワード

 

女性を中心に、美容に関するキーワードはアクセスを集めやすく、ASPにも案件がたくさんあります。

 

最近は女性だけでなく、男性でも美容のニーズは増えています。

 

ただし、美容に関するジャンルは薬機法(薬事法)を必ず学ぶようにしてください。

 

ダイエットに関するキーワード

 

ダイエットもなくならないジャンルであり、ニーズも常にあるのでアフィリエイトのジャンルとしてはおすすめです。

 

ただし、こちらも商品や内容によっては薬機法(薬事法)を学ぶべき場合があります。

 

知らないと法律違反を犯してしまう場合があり、検索エンジンも薬機法(薬事法)が守られていないサイトは評価しないので注意してください。

 

 

稼ぎやすいキーワード

稼ぎやすいキーワード

 

今は、ASPにもたくさんのジャンルの商品が掲載されているので、基本的にどのようなジャンルでも稼ぐことはできます。

 

しかし、昔からインターネットで稼げると言われているジャンルがあるので、こちらで紹介をします。

 

お金に関するキーワード

 

稼ぐ、ビジネス、投資、マネー、ローン、融資、キャッシング、株、FX、仮想通貨など、お金に関するジャンルやキーワードは昔から稼げる種類として有名です。

 

こちらもASPにたくさん商品があり、高単価なものが多くておすすめです。

 

モテる、恋愛、アダルトなど

 

モテる、恋愛、アダルトなど、この種類のジャンルやキーワードもインターネットではニーズが大きいです。

 

インターネットという一人で調べられる世界だからこそ、こうしたニーズがなくならないと考えられます。

 

悩みに関するキーワード

 

これは少し広い意味ですが、悩みに関するキーワードはアフィリエイトで稼ぎやすいです。

 

悩みを持っている人でそれを調べている人は、解決したいという意欲があるので商品を買ってくれる可能性が高いのです。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

 

アフィリエイトのキーワードを学ぶなら

アフィリエイトのキーワードを学ぶなら

 

アフィリエイトのキーワードについて学びたいなら、キーワード革命という教材がおすすめです。

 

アフィリエイトの売上はキーワードの選び方によって8割が決まるとも言われますので、しっかり学びましょう。

 

 

アフィリエイトで稼ぎたいなら

アフィリエイトで稼ぎたいなら

 

キーワードだけでなく、アフィリエイトの稼ぎ方やアクセスの集まるブログの作り方を学びたいなら「コンテンツSEO(オウンドメディア)」のやり方を学ぶことをおすすめします。

 

ユーザーに喜ばれるしっかりとした記事を書き、検索エンジンに評価を受けて月間100万PV(アクセス)を集めて稼ぐ方法です。

 

コンテンツSEO(オウンドメディア)について学ぶなら

 

 

キーワード選定に役に立つツール

キーワード選定に役に立つツール

 

キーワード選定は、自分でやるよりもツールにまかせたほうが早いですし労力もかからずにすみます。

 

またツールのほうが多くの情報を正確に取得できるのでツールを使うことをおすすめします。

 

キーワード選定に役に立つツールはこちら

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトブログを作って稼ぐためのキーワードについての基本的な考え方と選び方について解説をしました。

 

キーワードをしっかり決めることは、アフィリエイトで稼ぐために本当に大切な作業なので、手を抜かずにしっかり行いましょう。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトのCVR(コンバージョン率・成約率)の平均や考え方

アフィリエイトのCVRの平均

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトでもっと報酬を稼ぎたいと思っているのなら、CVR(成約率=コンバージョン率)を改善することを心がけると良いです。

 

CVR(成約率)を改善すれば、同じアクセス数でも多くの商品が売れます。

 

この記事では、アフィリエイトのCVR(成約率)を改善するポイントや平均について解説をします。

 

 

CVRとは

CVRとは

 

CVRとは、商品が売れる確率である「成約率」を指す言葉です。

 

コンバージョンレートの略で、アフィリエイトの場合はアクセス数に対して商品がどのくらい売れたかということから計算ができます。

 

成約率が大切な理由

 

アフィリエイトの報酬をもっと稼ぎたいのなら、アクセスを増やすよりもCVR(成約率)を上げる工夫をした方がかんたんなことがあります。

 

CVR(成約率)の平均が上がれば、同じアクセス数だとしても今までよりも高い確率で商品が売れるわけなので、より多くの報酬を手にできます。

 

アクセスを増やすよりかんたん

 

アクセスを増やすためには記事をたくさん書いたりしないといけませんが、CVR(成約率)はリンクの工夫やコピーライティングのちょっとした改善で上がることがあります。

 

もしすでにサイトを運営しているのなら、アクセスを増やすよりもCVR(成約率)を上げるほうがかんたんなことがあります。

 

アドセンスとアフィリエイト

 

アドセンスの場合は広告をクリックしてもらうことで報酬が発生しますし、広告の内容は自動的に最適化されるのでCVRはあまり考える必要がありません。

 

アフィリエイトの場合は、実際に商品が売れて報酬が発生するわけなのでCVR(成約率)が大切なのです。

 

アフィリエイトではCVRが大切

 

アドセンスに比べるとアフィリエイトの方が報酬の単価が高いことが多いです。

 

その代りに、報酬が発生する条件は商品やサービスに成約することなので、CVR(成約率)を高めることがアフィリエイトでより大きな報酬を稼ぐポイントなのです。

 

CVRとCTR

 

CVRとはコンバージョンレートの略で、商品が売れる確率である「成約率」を指す言葉です。

 

CTRとは、クリックスルーレートの略で、アクセスに対してどのくらいクリックしてもらえたかを指す「クリック率」のことを言います。

 

 

CVR(成約率)が下がる理由

CVRが下がる理由を考える

 

まずは、CVRが下がる理由について考えてみましょう。

 

もし、次の問題点に該当する心当たりがあるのなら、すぐに改善をしてみると良いでしょう。

 

CVR(成約率)は、本当に少しの工夫で上がることもありますので、改善する価値があります。

 

季節の問題

 

もし、あなたのサイトが特定の季節に合わせた内容なら、季節によってはCVR(成約率)が著しく下がります。

 

たとえば、水着のアフィリエイトをしているのなら、夏はCVRが高く冬はCVRが低いことが考えられます。

 

ターゲットが定まっていない

 

サイトのターゲットや、アフィリエイトをしている商品のターゲットがしっかり定まっていないとCVRの平均が思うように上がりません。

 

たとえば水着のアフィリエイトをしているとしても、男性用なのか女性用なのか、あるいは年代はどうかなど、ターゲットをしっかり考えて集客したほうがCVRの平均が上がります。

 

他社のサイトの方が魅力的

 

たとえば他社のサイトの方が、商品について魅力をしっかり伝えていたり、他の商品との比較がわかりやすかったりすれば、あなたのサイトのCVRは下がり、他社のサイトのCVRが上がります。

 

あなたのサイトで狙っているキーワードについてライバルサイトもしっかりチェックをしましょう。

 

ライバルサイトのチェクならこちら

 

ライバルにアフィリエイトサイトが多い

 

あなたが狙っているキーワードで実際に検索をしたとき、検索結果で上位に表示されているライバルサイトの多くがアフィリエイトサイトなら、ライバルサイトもCVRを上げるための工夫をたくさんしているでしょう。

 

一方で、狙っているキーワードで検索をしても、ライバルサイトがアフィリエイトサイトではないものに関しては、ライバルサイトは商品を提案していないものが多いわけですし、そうしたキーワードではCVRが自然と高くなると考えられます。

 

ライバルサイトのチェクならこちら

 

「売ろう」としすぎ

 

セールスが強すぎる記事はCVRが下がります。

 

人は価値を感じれば自然と商品を購入しますので、「売り込もう」と考えるのではなく、しっかりと情報と価値を提供して顧客が商品を利用したほうが良い理由を書いてあげましょう。

 

どんなキーワードから集めているか

 

アクセスを集めるキーワードによっては、CVRが上がったり下がったりします。

 

たとえば「水着 おすすめ メンズ」というキーワードと「水着 男子 ダサい」というキーワードなら、「水着 おすすめ メンズ」というキーワードの方が、そもそも商品の購入につながりそうなキーワードなのでCVRが高まります。

 

キーワードについての考え方を学ぶならこちら

 

売れる商品かどうか

 

アフィリエイトで本当に大切なことなのですが、そもそも売れる商品を扱っているかどうかという問題もあります。

 

アフィリエイトでは販売ページや商品そのものは販売者が管理しているので、あなたが扱っている案件の販売ページ(LP)や商品そのものがCVRの高いものであるかどうかは、よく考えたほうが良いポイントです。

 

 

CVR(成約率)とCTR(クリック率)を高める

CVRとCTRを高める工夫

 

CVR(成約率)やCTR(クリック率)を高める工夫を学ぶことは、より多くのアフィリエイト報酬を稼ぐことにつながります。

 

どんな工夫をすればCVRやCTRが高くなるのかを書きますので、ぜひ取り組んでみましょう。

 

サイトのジャンルを決めること

 

今の検索エンジンは、「何について書かれているサイトなのか」ということをしっかり見ています。

 

ジャンルが決まっていないサイトよりも、しっかりジャンルを決めて記事を書いているサイトの方がアクセスが集まりますし、サイトのジャンルとアフィリエイトのジャンルを同じものにすることでCVRも高くなるのです。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

購買意欲が高そうなキーワードは何か

 

記事を書くときには「どんなキーワードで上位を狙うのか」というキーワード選定をしっかりやります。

 

この選定するキーワードが、できれば購買意欲が高そうなキーワードであることが望ましいです。

 

キーワード選定に役に立つツールがこちら

 

タイトルの工夫

 

記事のタイトルもかなり大切です。

 

ポイントとしては、「価値を感じる」「結果がわかる」「どんな内容かわかる」タイトルだと検索結果からのCTR(クリック率)が高くなるでしょう。

 

ジャンルによるCVRの違い

 

商品のジャンルや価格によって、CVRは違います。

 

たとえば日用品や価格の安い商品や消耗品は、基本的にCVRは高いです。

 

逆に、車や旅行、不動産などはそもそも何度も購入するものではないのでCVRは低いですが、その分だけ報酬は高いです。

 

商品名をキーワードにしてCVRを上げる

 

商品名をキーワードにして記事を書けば、CVRが高くなることが多いです。

 

商品名で検索する人はすでに商品を知っていて興味を持っているので、買ってくれる確率は高いのです。

 

コピーライティングを学ぶ

 

CVRの平均を上げる、もっとも具体的な対策はコピーライティングを学ぶことです。

 

コピーライティングを学ぶと、商品の魅力をしっかり顧客に伝えられるのでCVRが上がるわけです。

 

コピーライティングを学ぶなら

 

インターネットの向こう側にいるお客様

 

アフィリエイトでどんな教材や書籍でも説明されることですが、インターネットの向こう側にはあなたの紹介から商品を買うお客様がいます。

 

アフィリエイトの作業はパソコンとにらめっこをすることが多いですが、お客様のことを意識して魅力を伝える記事を書くことで高い平均のCVRを維持できます。

 

結論を出だしで述べる

 

大切なポイントの一つが、記事の出だしで結論をしっかり書くことです。

 

その記事が何について書かれた記事で、何が言いたいのかを先に書くことで、最後まで読んでもらえるわけです。

 

購入する理由はなにか

 

お客様は商品そのものを買っているのではなく、商品の価値に投資をしていると言えます。

 

車という鉄やアルミでできた装置がほしいのではなく、その車を購入してどんな楽しみや生活があるのかということに価値を感じるから買うわけです。

 

このように、商品の内容や機能だけではなく、その商品を手に入れる価値をしっかり伝えることでCVRが上がります。

 

読者に有益な情報を書く

 

アフィリエイトで何よりも大切なのは、読者にとって役に立つ記事を書くことです。

 

どれほど商品について書いていても、その記事がそもそも読者に役に立たないのならCVRの平均は低いままです。

 

狙っているキーワードで検索するユーザーにとって役に立つ情報をしっかりと書きましょう。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

必要ない情報は書かない

 

たくさん情報を書けば良い記事と言えるわけではありません。

 

狙っているキーワードで検索するユーザーが知りたいであろう情報を書き、そのほかの情報は別の記事でまとめるなどの工夫もアフィリエイトで成功するためのポイントです。

 

キーワードについての考え方はこちら

 

売り込む記事にしない

 

アフィリエイトは広告をとおして商品を売ることがほとんどなので、もちろん「売るための行為」はするわけですが、あまりに強いセールスは逆効果です。

 

「買ってください」ということを伝えるのではなく、商品がどんなものでどんな人に役に立ち、何が他の商品と違うのかをしっかりとまとめることがCVRの平均を高めるコツです。

 

クリックしやすいリンクを用意

 

アフィリエイトサイトにはアフィリエイトリンクを貼るわけですが、そのリンクがクリックしやすいように工夫をしましょう。

 

基本的にはテキストにリンクを入れる場合は色は青で、アンダーラインなどがあると目立ってCTR(クリック率)が上がります。

 

バナーとテキストはどちらが良いか

 

ASPで用意されているバナーによっては高いCVRが期待できるバナーもあります。

 

一方でサイトに不自然なバナーやクリックしたい魅力が伝わってこないバナーは使わずに、テキストリンクも合わせて使いましょう。

 

月に一度、CVRの平均を測定

 

最低でも月に一度は、CVRの平均を測定しましょう。

 

サイトのアクセス数に対してのCVRと、レビューページからのCVRが測定できると便利です。

 

Google Analyticsなどが便利です。

 

アフィリエイトに便利なツールはこちらにまとめました

 

アドセンスでCTRが高い広告の場所

 

アフィリエイトではなく、アドセンスの場合は広告をクリックしてもらうことが大切です。

 

アドセンスのCTRが高まる広告の位置としては、記事の出だしから最初の見出しの間(この記事でいうと目次の前後)、または記事の間にユーザーのさまたげにならない程度に入れることや、記事の文末や次のページへのリンクの上などが挙げられます。

 

 

ライバルサイトの調査ならこのツール

ライバルサイトの調査をしてCVRを上げる

 

アフィリエイトでCVRの平均を上げるなら、狙い目のキーワードを発見することと、ライバルサイトの調査がポイントです。

 

ライバルサイトがアフィリエイトをしていないサイトが多く、SEOも弱そうなキーワードならかなり狙い目です。

 

ライバルサイトの調査をするならこのツールがおすすめ

 

 

ジャンルや商品によってCVRの平均は違う

アフィリエイトのCVRの平均の違い

 

アフィリエイトのCVRはなかなか「コレ」という答えはありません。

 

というのも、商品の価格やジャンルによってはまるで違うからです。

 

より多くの報酬を稼ぎたいのなら、高額商品を扱ってアクセスを集めつつCVRを高める工夫をしていくことがおすすめです。

 

アフィリエイトで稼ぎたいのならこちら

 

 

ASPの情報もチェックしよう

ASPの情報もチェックしよう

 

ASPによっては、売れ筋の商品をランキングで出してくれていたり、それぞれの広告のデータを出しているところもあります。

 

より売れやすい広告(案件そのものがCVRが高い)を扱うことも、アフィリエイトで稼ぐためのポイントです。

 

ASPについてはこちらでまとめています

 

A8.net

 

A8.netは日本で最大級のASPです。

 

かなり有名なASPなので、アフィリエイトをしているのならまずは登録しておきましょう。

 

案件もかなり豊富でとても使いやすいです。

 

A8.netはこちら

 

afb

 

afb(アフィビー)は、昔はアフィリエイトBという名前のASPでした。

 

ユーザーの満足度がとても高いASPとして有名です。

 

登録はかんたんにできますので、もしアカウントを持っていなければ登録しましょう。

 

afbはこちら

 

アクセストレード

 

アクセストレードも、多くのアフィリエイターが利用しているASPです。

 

昔からあるASPで信頼できるサービスなので、ぜひ利用しましょう。

 

案件も多く、アフィリエイター向けのセミナーを開催してくれるのもポイントです。

 

アクセストレードはこちら

 

バリューコマース

 

バリューコマースも、豊富な広告を扱っているASPです。

 

機能も充実していて使いやすいですし、報酬の振り込みの手数料もかからないのはうれしい点です。

 

バリューコマースでも初心者に向けたセミナーなども開催されています。

 

バリューコマースはこちら

 

 

CVR(成約率)の平均

CVRの平均

 

アフィリエイトをする商品やジャンルによってCVRはずいぶん変わります。

 

高額商品ならCVRはどうしても下がりますが、その分だけ1回の報酬が大きいです。

 

なかなか「コレ」という数字を出しづらいのですが、目安としてのCVRの平均をまとめます。

 

キーワードによっては10%

 

購買意欲の高いキーワードを狙えば、CVRの平均が10%近くなることがあります。

 

10%ということは10アクセスにつき1件の報酬が発生するわけですが、これはかなり良い数字なので購買意欲の高いキーワードを狙ってアクセスを集めましょう。

 

狙い目のキーワードを見つけるなら

 

サイトのPVからのCVRは1%から2%

 

あくまで目安ですが、サイト全体のPVから考えるとCVRの平均は2%くらい取れるのがまずは目標です。

 

商品をしっかりと紹介する記事(レビューページ)をしっかり作ることと、その記事にアクセスを集める記事からリンクを送ることがポイントです。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

LPは20%を目指そう

 

もし、メルマガを書いている人でメルマガに誘導するLPを作っている人は、LPの成約率は20%を目指しましょう。

 

何か無料登録に対しての特典を付けてあげるとメルマガ登録用のLPのCVRの平均が上がります。

 

レビューからの成約率はまずは2%が目標

 

価格の安い商品や消耗品などであれば、もっと高い平均でCVRが出ることがありますが、ある程度の高額な商品であればレビューページからの成約率もまずは2%を目指しましょう。

 

高額商品のアフィリエイトをする場合には、レビューページの文章も大切なのでコピーライティングについても学びましょう。

 

 

注意が必要なジャンル

注意が必要なジャンル

 

アフィリエイトをする商品のジャンルや内容によっては、法律の勉強をしておくべき場合があります。

 

主に、美容、健康、ダイエットなどの商品を扱うアフィリエイターは注意をしましょう。

 

美容、健康、ダイエットなど

 

美容、健康、ダイエットといったジャンルでは、薬機法(薬事法)に注意して記事を書きましょう。

 

使って良い表現と、使うことが禁止されている表現が法律でも定められていて、検索エンジンもこの点をチェックしています。

 

薬機法(薬事法)についてはこちら

 

 

アフィリエイトの稼ぎ方を学ぶなら

アフィリエイトの稼ぎ方を学ぶなら

 

アフィリエイトで稼ぎたいのなら、おすすめの方法は「コンテンツSEO(オウンドメディア)」のやり方を学ぶことです。

 

アクセスの集まるサイトを作る方法なのですが、アフィリエイトで大切なことはアクセスを集めることなのでまずはコンテンツSEOから始めることがおすすめです。

 

100万PVを集めて稼ぐ方法

 

コンテンツSEO(オウンドメディア)のやり方を覚えれば、月間100万PV(アクセス)も達成できます。

 

CVRを高めることも大切ですが、アクセスが来なければ意味がありませんので、アクセスを集める方法もしっかり学びましょう。

 

コンテンツSEO(オウンドメディア)を学ぶならこちら

 

 

アフィリエイトはコツコツとやる

アフィリエイトはコツコツとやる

 

アフィリエイトは初めかららくしてかんたんに稼げるビジネスではありませんし、そのようなビジネスは世の中にはありません。

 

仕組みを作れば自動化もできますが、まずはコツコツとやることが大切です。

 

 

CVRの平均を高めるためにも記事を書こう

CVRの平均を高めるための記事

 

CVRの平均を考えるためには、ある程度のアクセス数も必要です。

 

たとえば、10アクセスしか来ていないのにたまたま1件、アフィリエイトの成約が発生したとしても、それはあまり正確な数字ではありません。

 

それなりにアクセスが来ていないと、CVRの平均を正確に考えることができないので、特に初めは記事を書いてアクセスを集めることも大切な作業です。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

 

まずは100記事を書こう

アフィリエイトで稼ぐ記事

 

アフィリエイトの初心者の目標はまずは100記事を書くことです。

 

「100記事なんて、大変」と思うかもしれませんが、その途中で報酬が出始めることも多いです。

 

最初はアクセスが来なくても、良い記事を増やすとだんだんとアクセスが来ますので、その変化も楽しみながらサイトを育てましょう。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのCVRの考え方や平均や目安について説明しました。

 

アフィリエイトで稼ぐコツは、「アクセスを増やすこと」と「CVRを高めること」です。

 

ぜひあなたのビジネスに生かしてください。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトで月収30万円を達成するためのポイントとコツを公開

 

アフィリエイトで月収30万円を稼ぐコツ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトを始めたら、最初の目標として月収30万円を目指すと良いでしょう。

 

アフィリエイトというビジネスは、月収100万円、月収1000万円だって狙えますが、まずは月収30万円を達成するととてもうれしいので、ぜひアフィリエイトで月収30万円を稼ぐことを目指してください。

 

この記事では、アフィリエイトで月収30万円を稼ぐためのコツをまとめます。

 

 

アフィリエイトの基礎知識

アフィリエイトの仕組み

 

アフィリエイトとは、パソコンやスマホでできる人気のビジネスの一つです。

 

かんたんに言うと、ブログやサイトなどでおすすめの商品を紹介(広告)して、あなたのアフィリエイトリンク(広告のURLやタグ)から商品が売れた場合などに報酬がもらえるビジネスです。

 

まだまだ伸びている市場

 

アフィリエイトの市場規模はまだまだ伸びています。

 

特にスマホの発達によって、インターネットから商品やサービスを購入する人が増えているため、それに応じてアフィリエイトの市場規模も拡大していると言えます。

 

参考:矢野経済研究所

 

アフィリエイトの仕組み

 

アフィリエイトをするためにはASPというサービスに登録します。

 

ASPから自分が紹介したい商品の広告を取り出し、そのリンクやタグを自分のサイトに貼り付けることで、サイトのアクセスアップに比例して広告から報酬が発生する仕組みです。

 

アフィリで月収30万を稼ぐメリット

 

アフィリエイトで稼ぐ目標として、まずは月収30万円くらいを目指すのは現実的で良いと思います。

 

月収30万円というと、サラリーマンでも稼げますが、アフィリエイトは場所や時間を選ばない仕事なので自由度はとても高いです。

 

どんな準備が必要か

 

アフィリエイトを始めるために必要なものは、「パソコン」と「スマホ」と「ネット環境」です。

 

この3つがあれば、アフィリエイトの仕事を始められます。

 

ASPの登録

 

アフィリエイトを始めるには、まずはASPに登録をしましょう。

 

ASPとは「アフィリエイト・サービス・プロバイダー」の略で、さまざまな広告の案件が掲載されています。

 

ASPについてはこちらで紹介をしています

 

アフィリエイトという仕事

 

「アフィリエイト=怪しいビジネス」ではありません。

 

アフィリエイトとは、お客様が知りたい情報を発信し、役に立ちながら広告収入を得る仕事です。

 

正しいノウハウを学ぼう

 

アフィリエイトは正しいノウハウを学べば、しっかり成果が出る仕事です。

 

まずはサイトを作って、アクセスを増やす方法を学ぶと良いでしょう。

 

詳しくはこちら

 

 

アフィリエイトで月収30万円を稼ぐまで

アフィリエイトで月収30万円を稼ぐ

 

「アフィリエイトで月収30万円を稼ぐぞ」と意気込むことは悪くありませんが、特にはじめのうちは収入を意識するよりもアフィリエイトという仕事そのものを楽しんだほうが良いです。

 

最初は月収を気にしないほうが良い

 

アフィリエイトは手軽に始められる分、収入が発生するまではそれなりに準備の期間が必要です。

 

月収ばかりを気にしているとモチベーションが下がりやすいので、はじめのうちはアフィリエイトという仕事そのものを楽しむようにしましょう。

 

月収30万円を達成するととてもうれしい

 

アフィリエイトの仕事を始めて、コツコツと作業をやっていると、そのうちにアクセスが増えて収入が発生します。

 

はじめて月収30万円くらいに到達したときはとてもうれしいです。

 

ぜひ目標にしてがんばってくださいね。

 

月収100万円くらいから気にならない

 

月収100万円という目標を持っている人もいると思いますが、月収100万円を突破する頃にはあまり収入の喜びは変わりません。

 

私も気づいたら月収100万円を突破していたという感じでした。

 

月収に関係なくやることをやる

 

月収30万円だから作業のペースを落として良い、月収10万円だからもっとがんばるべきというものではありません。

 

アフィリエイトで大切なサイトの記事の更新やメンテナンスなどの仕事はしっかり続けましょう。

 

アフィリエイトという仕事を楽しむ

 

アフィリエイトという仕事の本質は、サイトの記事やメルマガの記事などの情報発信をとおして、ユーザーの役に立つということです。

 

月収ばかり気にしていると、収入にモチベーションが左右されますが、アフィリエイトという仕事そのものを楽しんでいれば、いつでも仕事にやりがいを持てます。

 

正しいノウハウを学ぶことが大切

 

アフィリエイトで成功して月収30万円を達成する方法も、それ以上に稼ぐ方法も、アクセスアップの方法もすでにあります。

 

正しいノウハウを学び、取り組むことが何よりも大切です。

 

アフィリエイトの稼ぎ方はこちら

 

 

アフィリエイトで月収30万に必要な日数

アフィリエイトで月収30万

 

「アフィリエイトで月収30万円を達成するために、どのくらいの日数が必要ですか」というご質問をいただきます。

 

こまかく「何日」と断言できるものではないので、日数を気にするのではなく「どうすれば達成できるのか」を考え、学び、そして取り組みましょう。

 

アフィリエイトの収益はこう伸びる

 

サラリーマンではないので、一カ月目から月収30万円、次の月も月収30万円というような伸び方はしません。

 

アフィリエイトの収益の伸び方は、ある時から一気に伸びることが多く、スタートしてしばらくは収益が出ないけど、半年くらいからじわじわ収入が発生し、一年たつころに一気に月収100万円というようなことが多いです。

 

ですから、月収30万円はいきなり突き抜けてしまう人もいるでしょう。

 

月収30万円の安定を確信して良いとき

 

アフィリエイトはビジネスなので、毎月ぴったりと同じ収益が発生することはありません。

 

したがって、最高到達点として月収30万円に届いても、まだ次の月はわからないのです。

 

しかし、おおよその目安として目標の3倍以上、つまり月収30万円が目標なら月収100万円が繰り返し達成できたころには「少なくとも月収30万円くらいは安定して稼げそうだ」と考えて良いでしょう。

 

目先の収益よりも作業を優先しよう

 

特に始めたてのころは、報酬が気になってASPを何度も見てしまうこともあるでしょう。

 

しかし、目先の収益よりもまずは作業を優先してください。

 

やるべきことをしっかりやれば、収益はあとから付いてきます。

 

アフィリエイトで月収30万円を狙うなら

 

アフィリエイトで月収30万円を狙うのなら、まずは「オウンドメディア(コンテンツSEO)」について勉強すると良いです。

 

サイトを作り、安定して大量のアクセスを集める戦略です。

 

オウンドメディアやコンテンツSEOを学ぶならこちら

 

まずは一年間はがんばろう

 

アフィリエイトで月収30万円を達成しても、しなくても、始めてから一年間はがんばった方が良いです。

 

アフィリエイトで成功している人の多くは、一年間がんばったくらいから本当の収入の爆発があったということを言います。

 

コンテンツSEOをマスターしよう

 

コンテンツSEOとは、優良な記事を書くことでGoogleに評価されて検索エンジンからアクセスを集めるやり方です。

 

コンテンツSEOがもっとも安定してアクセスを集められると言って良い方法なので、ぜひコンテンツSEOを学んでください。

 

コンテンツSEOについて学ぶならこちら

 

月収30万円はアフィリエイトの通過点

 

アフィリエイトは月収1000万円くらいまで狙えるビジネスです。

 

月収30万円はあなたの通過点でしかありません。

 

顧客に喜ばれるサイトを作り、ぜひ大きな目標も達成してください。

 

おすすめのwordpressテンプレート

 

アフィリエイトサイトを作るなら、wordpressというブログシステムで作ることがおすすめです。

 

wordpressでサイトを作る場合、テンプレートというひな形があると便利です。

 

おすすめのwordpressテーマについてこちらで詳しく説明しました

 

 

アフィリエイトで月収30万円を稼ぐコツ

アフィリエイトで月収30万円を稼ぐコツ

 

アフィリエイトで月収30万円を稼ぐために、どんなことを知っておくべきで、どんなスキルを学ぶと良いかについてまとめます。

 

大切な作業は何か

 

アフィリエイトで大切な作業は「記事を書くこと」です。

 

書いた記事の一つ一つが土台となり、サイトが育ってアクセスが集まります。

 

アフィリエイトは初心者でも稼げるのか

 

アフィリエイトは初心者でも稼げます。

 

というか、誰だってはじめは初心者であり、取り組んでいく中で成長するものなので、「初心者には無理」ということは言えません。

 

また必要なスキルはありますが、高度なウェブのスキルはいらないので、初心者でも正しいノウハウに取り組めば稼げます。

 

「らくして稼ぐ」は考えない

 

アフィリエイトというと「らくして稼ぐ」ことを期待する人も多いです。

 

ですが、らくして稼げるというのは結果論で、はじめはやるべきことをやらないと稼ぐことは難しいので、「らくして稼ぐ」という考え方を持つのは間違いと言って良いです。

 

「かんたんに稼ぐ」は考えない

 

同じように、「かんたんに稼ぐ」というイメージも持つのはやめましょう。

 

しっかり仕事をして、将来的に自動化して稼ぐことができるのです。

 

継続は力なり

 

アフィリエイトはかなり「継続力」が試されます。

 

アフィリエイトで成功した人の生活は華やかかもしれませんが、その裏には地道な作業の継続があります。

 

魔法のようなものはないので、コツコツとした作業をしっかり継続しましょう。

 

どんな勉強が必要か

 

アフィリエイトで稼ぐためには、「法律について(一部のジャンルで必要)」「キーワードについて」「SEOについて」「マインドセットについて」「マーケティングについて」「商品選定の方法」「売れるサイトの条件」「LINE@を使った戦略」「コピーライティングについて」「情報発信について」「プロダクトローンチについて」「ステップメールについて」「Instagramを使った戦略」「Facebook広告について」などを学ぶと良いです。

 

もちろん、すべてを学ぶ必要はありませんが、必要なスキルを自分のビジネスに合わせて学ぶことは大切です。

 

薬機法(薬事法)の勉強

 

美容やダイエット、健康などのジャンルでアフィリエイトをする人は、薬機法(薬事法)について学ぶべきです。

 

薬機法(薬事法)で許されている表現があり、これを守らないと処罰されますし、検索エンジンも薬機法(薬事法)を守っていないサイトは評価しないので、勉強が必要です。

 

薬機法(薬事法)について学ぶならこちら

 

キーワード選定やライバルの調査

 

あなたが書いた記事を検索結果で上位に表示したいのなら、キーワード選定やライバルサイトの調査をすることがポイントです。

 

これは手動でやるよりも、ツールにまかせてしまったほうが正確な上に圧倒的に早いです。

 

キーワード選定やライバルサイトの調査に役に立つツールがこちら

 

SEOを学びたいなら

 

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、サイトにアクセスを集めるために検索エンジンに評価されるための活動や対策のことを言います。

 

SEOを学ぶことはアフィリエイトで月収30万円を達成するために欠かせないので、必ず勉強しましょう。

 

SEOを学ぶならこちら

 

マーケティングを学びたいなら

 

アフィリエイトとマーケティングはかなり関係があります。

 

マーケティングがわかると、見込み客を効果的に集めしっかり価値を伝えて喜んで購入してもらえます。

 

マーケティングを学びたいならこちら

 

マインドセットを学びたいなら

 

アフィリエイトも含めて、成功するために必要な要素は「マインドセット8割、ノウハウ2割」と言われます。

 

アフィリエイトはマインドセットが整っていないと諦めてしまう人も多いので、マインドセットの勉強は必要だと言えます。

 

マインドセットを学ぶならこちら

 

商品選定を便利に行うツール

 

アフィリエイトを行う上で商品選びはとても大切です。

 

有名な大手のASPであるA8.netさんにある、狙い目の商品をザクザク見つけてくれるツールがあります。

 

詳細はこちら

 

売れるサイトにしたいのなら

 

アクセスを集めるだけでなく、成約率(=CVR=商品が売れる確率)を上げるサイトの構成についても学ぶと良いでしょう。

 

自分の商品の販売でもアフィリエイトでも、成約率を上げるためのサイトの構成の考え方は同じなので、ぜひ学びましょう。

 

売れるサイトの作り方を学ぶならこちら

 

LINE@をうまく使いたい人は

 

LINE@とは、メルマガのLINE版というような感じで、登録してくれた読者に対してLINEで一斉にメッセージを送信できたり通常のLINEのように一人一人とやり取りできるシステムです。

 

アフィリエイトの場合でも、サイトの更新情報などをLINE@で通知してあげるとアクセスを呼び込めるので効果的です。

 

LINE@を使った方法を学ぶならこちら

 

コピーライティングを学ぶなら

 

コピーライティングとは、顧客に価値を伝えたり商品を購入してもらうための文章の技術のことです。

 

アフィリエイトをやる上でも、コピーライティングはとても大切です。

 

コピーライティングを学ぶならこちら

 

SNSやメルマガの情報発信を学ぶなら

 

SNSはサイトにアクセスを集める方法としても効果的です。

 

またメルマガに読者を集めてメルマガでアフィリエイトをする方法を「メルマガアフィリエイト」と言います。

 

SNSやメルマガはとても効果があるので、おすすめの方法です。

 

メルマガやSNSを使った情報発信の方法を学ぶならこちら

 

プロダクトローンチを学ぶなら

 

プロダクトローンチとは、商品の販売前に見込み客に価値を提供し、購買意欲を高めることで販売のときのセールスの効果を上げる方法です。

 

弊社でも、自社商品を販売する場合にもアフィリエイトを行う場合にもプロダクトローンチを使っています。

 

プロダクトローンチを覚えれば、月収30万円はかなり現実的に見えてきます。

 

プロダクトローンチを学ぶならこちら

 

ステップメールを学ぶなら

 

ステップメールとは、メルマガの種類の一つで読者がメルマガに登録した日から起算して配信のタイミングと配信内容をあらかじめ設定して自動的に配信を行う仕組みです。

 

たとえば「登録した次の日にはこのメールを配信する」「2日後にはこのメールを配信する」といったように、誰がいつメルマガに登録しようと必ず同じ順番で自動的にメールを配信できます。

 

ステップメールを作れば、一定の確率で商品が売れるので月収もとても安定します。

 

ステップメールについて学びたいならこちら

 

Instagramからの集客を学ぶなら

 

思いのほか、幅広いジャンルの集客ができるのがInstagramです。

 

弊社でもInstagramを使って効果的な集客を行っています。

 

アフィリエイトサイトにアクセスを集めることもできます。

 

Instagramを使った集客の方法を学ぶならこちら

 

Facebook広告について学ぶなら

 

Facebook広告は、ターゲティングの精度が高く、おすすめの広告です。

 

アフィリエイトの場合は、サイトのファンを増やすためにFacebook広告を回すケースがあります。

 

高額商品のアフィリエイトを行っているか、あるいは資金に余裕がありサイトのファンを増やしたい人は考えてみても良いでしょう。

 

Facebook広告を学ぶならこちら

 

アフィリエイトで月収30万は確定申告

 

アフィリエイトで月収30万円を安定して稼げているのなら、確定申告をしなくてはいけません。

 

月収30万円までいっていなくても、ある程度安定して稼げるようになってきたら確定申告についてしっかり準備をしましょう。

 

ギリギリのタイミングではなく、前もって準備をしておかなくてはいけません。

 

アフィリエイトの確定申告ならこちら

 

コンセプトを作って成約率を高める

 

コンセプトを打ち出すと、理想的な顧客を集められて商品が自然と売れます。

 

アフィリエイトの場合は、サイトやメルマガなどのメディアとしてのコンセプトを考えることや、紹介する商品のコンセプトを打ち出すことが効果的です。

 

コンセプトを作る方法を学ぶならこちら

 

すでに月収30万円を稼げているのなら

 

もしあなたがすでに月収30万円を稼げているのなら、ビジネスがどんどん成長する仕組みについて考える時期に来ています。

 

経営者がいなくても、自動的に会社や事業が成長する仕組みについて学べば、本当に自由なライフスタイルが手に入ります。

 

仕組み経営について学びたい人はこちら

 

時間がない人でも稼げるのか

 

アフィリエイトで月収30万円を稼ぐには作業時間が必要です。

 

しかし、時間がない場合でもしっかりとした計画を立てればやり遂げられます。

 

たとえば休日に作業をするということや、朝はやく起きて作業をするなど、時間を作り出す努力はしましょう。

 

主婦でも稼げるのか

 

アフィリエイトで成功することができない人というのはいないと思います。

 

弊社がコンサルティングをしている人の中でアフィリエイトで月収30万円以上を稼いでいる人には主婦もいますし、忙しいサラリーマンもいます。

 

月収30万円は本当か嘘か

 

まだ稼いだことがない人から見れば、「パソコン一台で月収30万円なんて信じられない」と思うでしょう。

 

しかし、アフィリエイトは月収30万円どころか、月収1000万円を稼ぐ人だっているビジネスなのです。

 

月収100万円を稼ぐための仕組み

 

アフィリエイトは仕組みを作ることで、月収30万円どころか月収100万円も稼ぐことができます。

 

月収100万円を安定して稼ぐのでしたら、アクセスが集まるサイトを育てることと、ステップメールを作ることがおすすめです。

 

ステップメールについて学びたい人はこちら

 

SEOに疲れたら

 

サイトにアクセスを集める基本的な方法はSEO(=検索エンジン対策)をやることです。

 

しかし、SEOはコツコツとした作業もあるので、ときには疲れてしまうこともあるでしょう。

 

SEOに疲れたら、SNSを使った情報発信をしてSNSのプロフィールなどからサイトにアクセスを集める方法も考えると良いです。

 

SNSを使って情報発信をする方法はこちら

 

外注さんに依頼する注意点

 

記事を外注のライターさんに書いてもらうこともできます。

 

その場合ですが、普通は文字数に対しての金額という契約になるのですが、あなたのビジネスの理念やサイトを運営する思いをしっかり伝えて、それに共感してくれるライターさんと長く付き合うことをおすすめします。

 

検索エンジンも、なんとなく存在している記事よりも、「誰が、どんな思いで運営しているサイトか」という部分までチェックしているので、外注さんと契約する場合にはご自身のビジネスの理念などに共感してくれる人と契約すると良いでしょう。

 

無料ブログでも良いのか

 

無料ブログでもアフィリエイトができるサービスはありますが、無料ブログはどうしてもブログサービス側の広告が勝手に表示されてしまったり、規約が変わればアカウントが凍結されてしまうリスクもあるため、アフィリエイトサイトを作るならwordpressなどのご自身のサーバーで管理できるシステムで作るのがおすすめです。

 

また、長い目で見れば検索エンジンも自分で契約したサーバーとドメインで管理しているサイトを評価していくので、やはりwordpressがおすすめです。

 

無料ブログサービスの一覧はこちらにまとめてあります

 

まとめブログはアクセスが集まるか

 

「まとめブログ」や「まとめサイト」はアクセスが集まりやすそうですが、個人がこれを作り上げるのはかなり大変です。

 

また、検索エンジンの傾向としても他のサイトからの引用が多いサイトよりも、テーマを決めてしっかりオリジナルで情報を書いているサイトを評価しているので、テーマを決めてオリジナルで記事を書くサイトを作ることをおすすめします。

 

脱毛に関するジャンルはおすすめか

 

アフィリエイトで稼ぎやすいジャンルとして、「脱毛」は有名です。

 

脱毛に関しては、薬機法(薬事法)について知っておくべきことが多いので、忘れずに勉強をしましょう。

 

薬機法(薬事法)についてはこちら

 

求人や転職のジャンルはおすすめか

 

求人や転職の案件はアフィリエイトの案件の中でも報酬の単価が高く、おすすめできるジャンルです。

 

あなたが転職の経験があったりリクルートの知識があるのなら、サイトを運営できるでしょう。

 

アフィリエイトでおすすめのジャンルに関してはこちら

 

金融、マネーのジャンルはおすすめか

 

金融やマネーに関して検索をする人は多いので、おすすめのジャンルです。

 

またASPにも案件は多いので、知識や興味があれば金融やマネーに関するサイトを作って取り組むと良いでしょう。

 

アフィリエイトでおすすめのジャンルに関してはこちら

 

旅行などの趣味のジャンルでも良いか

 

たとえばあなたの趣味が旅行なら、旅行に関するサイトを作ってアフィリエイトで稼ぐこともできます。

 

旅行、車、バイク、買い取り、ゲーム、動画サービス、ギフトなど、趣味に関するジャンルの案件もASPには豊富にあります。

 

アフィリエイトでおすすめのジャンルに関してはこちら

 

競馬やギャンブル系のアフィリエイトは

 

昔から、ギャンブルに関するジャンルもインターネットで稼ぎやすいと言われています。

 

ただし、ギャンブルでお金がもうかる約束というのはないと思うのでそのような表現を避けて健全にサイトを運営すれば稼ぐことができます。

 

アフィリエイトでおすすめのジャンルに関してはこちら

 

投資やFXに関するアフィリエイトは

 

投資やFXはインターネットで人気の高いジャンルなので、あなたに経験や知識や興味があれば取り組むと良いでしょう。

 

案件としてはツールやノウハウが中心になるでしょう。

 

または、投資用の口座開設で報酬がもらえる案件などもあります。

 

アフィリエイトでおすすめのジャンルに関してはこちら

 

美容に関するジャンルのアフィリエイト

 

美容に関してインターネットで検索する人も多いです。

 

女性だけでなく、男性も美容を意識している人が増えているので、ターゲットをしっかり決めてサイトを運営しましょう。

 

美容に関しては、薬機法(薬事法)を学んでおくべきジャンルです。

 

薬機法(薬事法)について学ぶならこちら

 

保険のジャンルのアフィリエイトは

 

あなたが保険の知識があったり、何かの体験があったり、あるいは興味があるのなら、保険のジャンルもアフィリエイトができます。

 

どんな人に、どんな商品がおすすめなのかなど、選び方をアドバイスしてあげるサイトなどが喜ばれると思います。

 

アフィリエイトでおすすめのジャンルに関してはこちら

 

好きなジャンルのアフィリエイトで稼ぐ

 

大切なことは、あなたの好きなジャンルでサイトを作ることです。

 

いくらアフィリエイトで月収30万円を稼ぎたいとは言え、自分が興味のわかないジャンルで記事をずっと書き続けることはつらいものです。

 

ASPにはいろいろなジャンルの案件があるので、あなたが興味を持てたり好きなジャンルでアフィリエイトをしましょう。

 

アフィリエイトでおすすめのジャンルに関してはこちら

 

手順などは検索するとわかる

 

今は本当に便利な時代で、たとえば「wordpressの投稿のやり方」とか「Facebookの使い方」など、誰が教えても答えが確実に決まっているものに関してはGoogleやYouTubeなどで調べると情報が出てきます。

 

ただし、ビジネスのやり方や戦略などについては無料の情報では限界があるので、しっかり投資をして学ぶようにしましょう。

 

アフィリエイトのやり方を知りたい人はこちら

 

 

情報商材アフィリエイトってどうなの

情報商材アフィリエイト

 

情報商材とは、ノウハウをまとめたマニュアルやセミナー動画など、情報を商品としたカテゴリーを言います。

 

情報商材アフィリエイトは、報酬の単価も高くおすすめのジャンルではありますが、その分野について知識がないと紹介することが難しいことも多いため注意が必要です。

 

物販アフィリエイトとの違い

 

通常の商品がたしかに存在する物販のアフィリエイトであれば、セルフバックや自己アフィリエイトなどを利用して商品を試してから紹介することもできます。

 

それに対して情報商材アフィリエイトは、買うまで中身が分かりづらく、一度自分で購入するにしても価格も高いことが多いので、なかなかおすすめできる商品が決まらないという人もいます。

 

あなたがもともとビジネスがすごく好きなのでしたら情報商材アフィリエイトをやっても稼げると思いますが、そうでなければ他のジャンルでアフィリエイトをした方が良いでしょう。

 

アフィリエイトでおすすめのジャンルに関してはこちら

 

 

アフィリエイトに関する本

アフィリエイトに関する本

 

書店でも今はアフィリエイトの専用のコーナーが設けられているお店も多く見られます。

 

より具体的なテクニックは教材で学ぶべきですが、基本的なことやサイトの作り方などは書籍で学んでも良いです。

 

アフィリエイトに関するおすすめの本はこちら

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトで月収30万円を稼ぎたい人のために、知っておいて欲しいことやちょっとしたコツや考え方をご紹介しました。

 

アフィリエイトは正しいノウハウに取り組めば、月収30万円以上稼いでいる人もとても多いビジネスです。

 

ぜひあなたらしいビジネスで、アフィリエイトでまずは月収30万円を目指してください。

 

アフィリエイトのやり方はこちらで学べます

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトで稼ぐためのキーワード選定のコツとポイントを公開

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐためのコツはアクセスを集めることです。

 

ではアクセスを集めるサイトの記事を作るにはどうすれば良いかと言うと、記事を書く前にキーワード選定をするのです。

 

キーワード選定をして、そのキーワードで検索する人のためになる記事を書くことがアクセスを集めてアフィリエイトで稼ぐためのコツです。

 

この記事では、キーワード選定のコツとポイントを解説します。

 

 

アフィリエイトのメリット

アフィリエイトとSEO

 

アフィリエイトはパソコン一台でできる人気のお仕事です。

 

コツコツとした作業が中心ですが、アクセスを集めるサイトを作れば十分な収入を得ることができます。

 

ネット環境とパソコンがあれば仕事ができるため、場所を問わずに作業ができますし、仕組みをしっかり作れば何もしなくても収入が発生します。

 

サイト一つで人生が変わる

 

アフィリエイトの基本はサイトを作ることです。

 

サイトを作る作業は、wordpressのテーマを使えば専門的な知識はそこまで必要ありません。

 

メインの仕事は記事を書くことですが、サイト一つで人生が変わるのですからやりがいがあります。

 

 

アフィリエイトで収益を出すコツ

アフィリエイトで収益を出すコツ

 

アフィリエイトには収益を出すコツがあります。

 

すでにうまくいく方法や手順があるので、しっかり学んで取り組みましょう。

 

初めのうちは大変だと思うかもしれませんが、やればやるほど少ない労力でも稼げます。

 

アフィリエイトのやり方を学ぶならこちら

 

アクセスを集める

 

アフィリエイトで稼ぐコツはアクセスを集めることです。

 

あなたのサイトにアクセスを集めれば、そのサイトに貼ってある広告(アフィリエイトリンク)がクリックされる確率が高くなり、商品が売れて報酬が発生します。

 

ユーザーに役に立つサイトを作る

 

アクセスが集まるサイトにするためのコツは、ユーザーに役に立つサイトにすることです。

 

そのためにもキーワード選定を行い、そのキーワードで調べる人は何が知りたくて検索するのかを書き出してから記事を書きましょう。

 

まずはサイトのジャンルを決めよう

 

サイトは、ジャンルを決めていないサイトよりも何かのジャンルにしぼった情報サイトのほうが検索エンジンに評価されます。

 

まずはあなたのサイトのジャンルを決めましょう。

 

好きなこと、趣味、知識があること、興味があることで構いませんので、ASPに案件があるかも確認をしながらサイトのジャンルを決めてください。

 

アフィリエイトでおすすめのジャンルはこちら

 

アフィリエイトはコツコツとした作業

 

アフィリエイトというと、「らくに稼げる仕事」というイメージを持つ人がいますが、それは結果的に可能なものであって初めからそうではありません。

 

最初はコツコツとした作業が続きます。

 

ただし作った記事がアクセスを集める土台になり、やがて何もしていなくても収入が発生するのです。

 

コンテンツSEOをやろう

 

アフィリエイトで稼ぐためにとても効果的な方法が「コンテンツSEO」という方法です。

 

コンテンツSEOとは、良質な記事を書くことがコツの手法で、正当な方法で検索エンジンに評価を受けてアクセスを集めます。

 

コンテンツSEOを学ぶならこちら

 

ドメインを育てる

 

ドメインとは、いわゆる「URL」に該当する文字列です。

 

検索エンジンは、このドメインに対して品質スコアのような採点をしています。

 

ユーザーのためになるサイトを作ることでドメインが育ち評価されていくのです。

 

アクセスが安定すれば収入も安定する

 

アフィリエイトサイトのアクセスが高い数値で安定すれば、収入も安定します。

 

コンテンツSEOは長い間アクセスが安定するので、おすすめの方法です。

 

初めはコツコツとした作業が続きますが、ぜひ安定した収入が得られるまでがんばってください。

 

 

アフィリエイトのキーワード選定の基本

アフィリエイトのキーワード選定の基本

 

では、具体的なキーワード選定のコツに入る前に、キーワード選定についての基本を説明します。

 

いくつか覚えてほしい言葉があるのと、長い目で見たキーワード選定と短期的にアクセスを集めるキーワード選定の方法を知ってください。

 

単一キーワードとは

 

単一キーワードとは、いわゆる単語のキーワードです。

 

「ゴルフ」とか「アフィリエイト」などのように一つの単語をそのままキーワードに選定した場合、それを単一キーワードと言います。

 

複合キーワードとは

 

複合キーワードとは、いくつかの単語を組み合わせたキーワードのことです。

 

あなたも検索エンジンで検索する時に、「アフィリエイト キーワード選定 コツ」とか「神奈川県 レストラン おすすめ」など、いくつかの単語を入れて検索することがあるでしょう。

 

これが複合キーワードです。

 

ロングテールとは

 

複合キーワードと関係があるのですが、メインで狙っているキーワードのほかに関連するキーワードについても記事を書くことでアクセスを増やす考え方がロングテールです。

 

ロングテールを狙うと、長い目で見たときにアクセスが増えるのと、キーワード選定によってはライバルが弱くて上位表示をしやすい複合キーワードが見つかることもポイントです。

 

トレンドキーワードとは

 

トレンドキーワードとは、そのタイミングでアクセスが急に増えるキーワードのことです。

 

たとえばオリンピック、ワールドカップ、話題のニュースなど、アクセスが増えそうなキーワードを狙うとPVが急に上がることがあります。

 

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

 

それではここから、アフィリエイトのキーワード選定のコツを説明します。

 

キーワード選定のコツを知る上で、SEOについても知ったほうが良いので、合わせて解説をします。

 

実際のキーワード選定の作業はツールにまかせたほうがかんたんですよ。

 

キーワード選定を効率的にやるためのツールがこちら

 

なぜキーワード選定が必要なのか

 

今の検索エンジンは、サイトのトップページが検索結果に表示されるよりも一つずつの記事が検索結果に出ることが多いです。

 

したがって、一つの記事ごとにそれぞれキーワード選定をすることがコツです。

 

SEOとは

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で日本語では「検索エンジン最適化」と言います。

 

SEOとは検索エンジンに評価されて上位表示がされるサイトにすることなのですが、キーワード選定はこのSEOをやる上でとても大切な作業です。

 

SEOを学ぶならこちら

 

これからのSEOは

 

昔はGoogleのガイドラインに対抗するSEO(ブラックハット)が目立ちましたが、今はGoogleと共存するSEO(ホワイトハット・コンテンツSEO)が効果的です。

 

長い間、アクセスを集めていきたいのであればコンテンツSEOに取り組みましょう。

 

記事にアクセスを集めるコツ

 

記事にアクセスを集めるためには、一つの記事に対して一つ、しっかりとキーワード選定をしてそのキーワードについて記事を書くことがコツです。

 

また、そのキーワードで検索する人はどのようなことが知りたくて検索をしているのかを書き出してから記事を書くと良いでしょう。

 

キーワード選定のコツ

 

まずはサイトのジャンルを決めて、そのジャンルについての関連キーワードを集めます。

 

関連キーワードはツールで集めると効率的ですが、検索結果の下に表示されるキーワードから集めることもできます。

 

こんなキーワード選定が良い

 

関連キーワードの中でも、初めは三語か四語の複合キーワードなどを中心にキーワード選定をすると良いです。

 

またさらにその中でも、できれば購買につながりそうなキーワードを選ぶことがコツです。

 

キーワード選定に役に立つツールがこちら

 

初心者でも上級者でも関係ない

 

「キーワード選定はどんなレベルの人がやる作業ですか」と疑問を持っている人もいるかもしれませんが、キーワードは初心者だろうと上級者だろうと関係なく必要な作業です。

 

キーワード選定をせずに記事を書いても、あまりアクセスを集めるための作業にはなっていません。

 

コンテンツスカウターZが役に立つ

 

キーワード選定は手動でやるととても時間がかかる上に、かなり不正確です。

 

私はコンテンツスカウターZというツールを使うことで、キーワード選定の作業の一部はツールで自動化して正確にやっています。

 

 

具体的なキーワード選定の例とコツ

具体的なキーワード選定の例とコツ

 

キーワード選定の第一歩は、サイトのジャンルを決めて、それについての関連キーワードをピックアップするところから始まります。

 

そうして得られたキーワードの中でも、特に優先すると良いキーワード選定のコツがあります。

 

購買意欲が高いキーワード

 

たとえば、「アフィリエイト 稼げない」と「アフィリエイト 稼げる」はどちらが購買意欲が高そうでしょうか。

 

「ダイエット 挫折 理由」と「ダイエット 2カ月 5キロ」はどちらが購買意欲が高そうでしょうか。

 

「アフィリエイト 稼げる」や「ダイエット 2カ月 5キロ」のほうが、それにチャレンジしようと思っている人が検索するキーワードであり購買につながりそうですよね。

 

このようなキーワードを優先して選定すると良いです。

 

商品名をキーワードにする

 

商品名で検索する人は、すでにその商品について興味を持っています。

 

したがって、商品名をキーワードに選定して記事を書くこともアクセスからアフィリエイト報酬を生むコツの一つです。

 

見込み客が悩んでいるキーワード

 

たとえば、投資についての商品をアフィリエイトしているサイトなら「投資 初心者 何から」とか「投資 メリット デメリット」など、その商品の見込み客が悩んでいて検索しそうなキーワードを狙うと、購買につながります。

 

ダイエットのエクササイズに関するDVDをサイトでアフィリエイトしているなら、「ダイエット 食べ物 カロリー」よりも「ダイエット 運動 効果」など、その商品の見込み客の悩みや興味に関連するキーワードのほうが成約につながります。

 

 

理想的なキーワード選定のコツ

理想的なキーワード選定のコツ

 

さらに細かいコツも教えましょう。

 

ここまで、関連キーワードのピックアップやその中でもどのようなキーワードを選定するべきかというコツをまとめましたが、さらに理想的なキーワード選定をするためのコツもまとめます。

 

お宝キーワードとは

 

キーワード選定の分野では「お宝キーワード」という言葉があります。

 

お宝キーワードとは、ライバルが弱いまたは少なくて、購買につながりそうなキーワードのことです。

 

このお宝キーワードを発見して記事を書けば、アフィリエイト報酬が発生する確率はとても高いです。

 

all in title と in title

 

all in title(オールインタイトル)とは、キーワードのすべてがタイトルに含まれている状態のこと。

 

たとえば「アフィリエイト キーワード選定 コツ」というキーワードに対してタイトルが「アフィリエイトのキーワード選定のコツを教えます」というものなら、それはall in titleです。

 

これに対してin title(インタイトル)とは、キーワードの一部がタイトルに含まれている状態のことです。

 

たとえば「アフィリエイト キーワード選定 コツ」というキーワードに対してのタイトルが「アフィリエイトのコツを教えます」ならin titleです。

 

all in title と in title の差を計算

 

あるキーワードに対してall in titleとin titleの数値の差を計算し、その差が大きいということは、「キーワードを全部入れていなくても検索結果に表示されているサイトが多い」ということです。

 

すなわち、SEOがあまり強くなくても上位表示ができる狙い目のキーワードだということです。

 

コンテンツスカウターZならall in titleとin titleの数値が計測できます

 

まずは三語か四語の複合キーワード

 

優先するべきキーワードは、購買につながりそうなキーワードで、なおかつ三語か四語の複合キーワードで、さらにall in titleとin titleの数値の差ができるだけ大きいものが良いです。

 

ここまで準備すると、かなりお宝キーワードに近づきます。

 

そのためのツールはこちら

 

共起語も調べよう

 

共起語とは、キーワードの他に記事の中で使われている単語のことです。

 

すでに上位表示されている記事の共起語も調べれば、そのキーワードのほかにどんな言葉を使いながら記事を書くと検索エンジンに評価されるのかもわかるわけです。

 

そのためのツールはこちら

 

 

キーワード選定をしたら記事を書こう

キーワード選定をしたらアフィリエイトの記事を書く

 

キーワード選定をしたらアフィリエイトの作業は終わりではありません。

 

アフィリエイトで大切なのは記事を書くコツを覚えることでもあります。

 

では、キーワード選定が終わったあとに記事を書くコツを説明しましょう。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちらで詳しく説明しました

 

そのキーワードの検索の意図を考える

 

記事をいきなり書くのではなく、そのキーワードで検索する人は何が知りたくて検索しているのかを考えて書き出すことがコツです。

 

記事を書いていると、その途中で方向性を見失うことがありますが、検索の意図を書き出しておけば内容が脱線せずに済みます。

 

ターゲットについて書き出す

 

検索の意図を書き出せば、ターゲットについても書けます。

 

私は記事を書く前に「ターゲットの年齢層」「悩み」「属性」などを書き出しています。

 

これも書き出してから記事を書くということがコツで、前もって書き出しておくことで記事の内容にまとまりが出ます。

 

キーワードと記事の内容を合わせよう

 

キーワード選定をしたら、そのキーワードと記事の内容は合わせましょう。

 

検索の意図やターゲットについて書き出しておけば内容は自然とキーワードにマッチするので問題ありません。

 

また記事の中でキーワードは必ず一度は使うようにしましょう。

 

記事を書いてからのメンテナンス

 

記事を書き終わって公開したあとも、定期的なメンテナンスをすると良いです。

 

リンク先は今でも有効なものか、記事の内容は最新の情報かなど、定期的にチェックをします。

 

検索エンジンはこうした細かい部分までチェックしていると考えられるので、メンテナンスもアフィリエイトでは大切なコツなのです。

 

サーチコンソールを使おう

 

サーチコンソールは、Googleが無料で提供しているサイトの解析ができるツールです。

 

サーチコンソールを使えば、どんなキーワードで平均で何位くらいに表示されているのかなどのデータが見られます。

 

サーチコンソールの使い方はこちらの記事にも書いてあります

 

サーチコンソールでできること

 

サーチコンソールを使うと、検索クエリがチェックでき「どんなキーワードで平均で何位くらいに表示されているか」「検索結果からどの程度のクリックをされているか」などが確認できます。

 

また、サイトで直したほうが良いポイントが発生した場合にはサーチコンソールをとおしてGoogleから通知が出るので便利です。

 

 

記事のボリュームについて

記事のボリューム

 

記事のボリュームについてですが、だいたい4000文字以上を目指しましょう。

 

4000文字というと大変なイメージがあるかもしれませんが、今この記事はここまでに6000文字以上ありますので、事前に構成をしっかり考えてから記事を書けば達成できるボリュームです。

 

アフィリエイトの記事の書き方はこちらで詳しく解説しました

 

 

キーワード選定に役に立つツール

キーワード選定に役に立つツール

 

キーワード選定という作業は、手動でやろうとするとかなり大変だし時間もかかります。

 

その上、ツールに比べると得られるデータも少ないので、キーワード選定はツールを使ってやることがおすすめです。

 

コンテンツスカウターZ

 

コンテンツスカウターZは、コンテンツSEOをやる上で必要なデータを自動的に集めてくれるツールです。

 

キーワードやライバルサイトのデータを取れるのでとてもおすすめです。

 

弊社でも長く使っているツールです。

 

コンテンツスカウターZについてはこちら

 

Search Console(無料)

 

Search Console(サーチコンソール)はGoogleがサイト運営をする人に無料で提供しているツールです。

 

検索クエリがわかるので、公開したあとの記事について、どの記事をメンテナンスするかという判断材料としても使えます。

 

Search Consoleの使い方などはこちらの記事にも書いています

 

 

キーワードについて学ぶなら

キーワード革命

 

キーワード選定など、キーワードについての考え方を学ぶ教材としておすすめなのがキーワード革命です。

 

615名が月収30万円以上を稼げるようになった実績もあります。

 

アフィリエイトで稼ぐコツを知りたい方はぜひ見てください。

 

キーワード革命はこちら

 

 

コンテンツSEOについて学ぶなら

コンテンツSEOについて学ぶなら

 

もっと広い範囲でアフィリエイトの稼ぎ方やコンテンツSEOについて学ぶ人におすすめの講座があります。

 

コンテンツSEOやオウンドメディアのやり方を学ぶと、自分が好きなジャンルでアフィリエイトの仕事ができます。

 

コンテンツSEOやアフィリエイトのやり方を知りたい人はこちら

 

 

最後に

 

この記事では、キーワード選定の意味やコツを解説しました。

 

アフィリエイトで稼ぐコツは、アクセスを集めることであり、そのためにキーワード選定は大切な作業です。

 

つい「めんどうくさい」と思ってしまう作業ですが、ていねいに取り組むことでアクセスが集まるアフィリエイトサイトに育ちます。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

アフィリエイトの記事の書き方や具体的な手順と対策をまとめて公開

アフィリエイトの記事の書き方

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐためには記事を書くことが大切です。

 

ただし、ただ記事を書けば良いのではなく、アクセスが集まる記事にしたりユーザーにとって読みやすい記事にすることがポイントです。

 

このページでは、アフィリエイトの記事の書き方のポイントをまとめて公開いたします。

 

 

アフィリエイトで記事を書く目的

アフィリエイトで記事を書く目的

 

アフィリエイトで成果を上げるにはアクセスを集めることが大切です。

 

記事を書くことは、アフィリエイトサイトにアクセスを集めて成約を生むことにつながります。

 

 

アフィリエイトサイトで大切なこと

アフィリエイトサイトで大切なこと

 

もちろん、アクセスを集めるだけでは収入にはなりません。

 

アクセスを集めて広告をクリックしてもらうためのサイトにする必要があります。

 

記事の書き方とは少し違いますが、サイトが売れる構成であることも大切です。

 

 

アフィリエイトの記事が書けない人へ

アフィリエイトの記事が書けない人へ

 

弊社では、アフィリエイトで稼ぎたい人に対してコンサルティングを提供していますが、初めはアフィリエイトの記事がなかなか書けずに立ち止まってしまう人も多いです。

 

そこで、まず最初に知っておいてほしいことをいくつかピックアップしておきます。

 

具体的なアフィリエイトの記事の書き方はこちらで学べます

 

誰にでもわかる言葉で記事を書く

 

「人に見られる文章」ということを意識すると、とてもむずかしい言葉で文章を書こうとする人がいます。

 

ですが、実際には専門用語などを減らして、わかりやすい言葉で書かれた記事の方がユーザーにも好かれますし検索エンジンにも評価されます。

 

下手でも大丈夫

 

アフィリエイトのメリットの一つには、「記事などはいつでも直せる」ことがあります。

 

したがって、初めは記事の文章が下手でも問題ありません。

 

それはあとから直すことができるからです。

 

アフィリエイトの記事の役割

 

あなたの収入のほかの役割について考えてみましょう。

 

世の中には自分が知りたいことや悩んでいることについてインターネットで検索して解決したい人がたくさんいます。

 

あなたはそのようなユーザーのために記事を書くわけです。

 

あなたの記事が人の役に立つ

 

アフィリエイトの初心者にとっては実感がないかもしれませんが、あなたが作った記事は人の役に立ちます。

 

検索してくるユーザーがどんな人かを考えて記事を作ることで、あなたの記事が実際に人の役に立つのです。

 

投稿しないと意味がない

 

アフィリエイトでやってはダメなことが「記事を投稿しない」ということです。

 

「こんな記事の書き方では人に見せられない」「恥ずかしくて公開できない」なんて思わずに、まずは投稿することが大切です。

 

 

アフィリエイトの記事の種類

アフィリエイトの記事の種類

 

アフィリエイトサイトの記事には大きく分けて3つの種類があります。

 

「情報をまとめる記事」「商品を紹介する記事」「自分の価値を伝える記事」です。

 

それぞれの記事の書き方のポイントをまとめます。

 

もっと具体的なアフィリエイトの記事の書き方はこちら

 

情報をまとめる記事の書き方

 

情報をまとめる記事の目的は「アクセスを集めること」です。

 

まず、どんなキーワードで上位表示を狙うのかを決めて、そのキーワードで検索する人は何が知りたくて検索しているのかを書き出してから記事を書くことが、ユーザーのためになる情報をまとめた記事の書き方です。

 

商品を紹介する記事の書き方

 

ジャパネットたかたの創業者である高田氏が以前にテレビで「商品は人の生活を変えるためのもので、売るときにはそこを意識する」ということをおっしゃっていました。

 

アフィリエイトで商品を紹介する記事の書き方も同じで、商品の内容や機能ばかり書くのではなく、その商品やサービスがお客様の生活や人生をどう変えるものなのかを書くと購買意欲が高まるのです。

 

自分の価値を伝える記事の書き方

 

アフィリエイトサイトにおいて、情報をまとめた記事と商品の紹介をしている記事が割合としては多いですが、プロフィールページのように自分の価値を伝える記事も必要です。

 

自分の価値を伝える記事の書き方は、「自分がどうしてビジネスをしているのか」「お客様にどのようになってほしいのか」という価値観や理念を書くと良いです。

 

関連記事へリンクを送ろう

 

アフィリエイトサイトの記事をたくさん書いていくと、ある記事の中で書いたことが別の記事と関連していることが出てきます。

 

その場合には関連する記事へリンクを送りましょう。

 

このように同じサイトの中で一つの記事から別の記事へリンクされていることを「内部リンク」と言います。

 

 

アフィリエイトの記事の具体的な書き方

アフィリエイトの記事の具体的な書き方

 

それではここから、アフィリエイトで大切な具体的な記事の書き方を説明します。

 

いきなり完璧を求めずにまずはやってみることが大切ですが、一つずつの記事はていねいに書くようにしましょう。

 

もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

 

SEOに強い記事の書き方とは

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」と言います。

 

つまり、検索エンジンに評価されるための対策のことですが、このSEOに強い記事の書き方を一言で説明するなら「ユーザーが知りたい情報がきちんと書いてある記事を作ること」です。

 

ユーザーが知りたい情報をしっかり書く

 

そのためには、記事を書き始める前に「どんなキーワードで検索した人に向けての記事なのか」「そのキーワードで検索する人は何が知りたくて検索をしているのか」ということを書き出すと良いです。

 

検索エンジンも、このようにターゲットをしっかり決めてある記事やユーザーが知りたい内容がまとまっている記事を評価します。

 

それ以上検索しなくて良い記事

 

ベストなのは、あなたの記事を読めばユーザーがもう検索をしなおさなくても良い記事にすることです。

 

あなたの記事にユーザーが知りたい情報がしっかり書かれていれば、ユーザーはあなたの記事で検索を終えるでしょう。

 

最後まで読まれる記事

 

ここもGoogleはチェックしていると言われています。

 

Google Chromeなどを提供することで、ユーザーが記事のどこまでスクロールしたかをチェックできているはずなので、記事の精読率(最後まで読まれた確率)はチェックされています。

 

キーワードを決める

 

記事を書き始める前に、まずはキーワードを決めましょう。

 

「今から書く記事は、どんなキーワードで検索した人に見て欲しい記事なのか」を考えます。

 

ここで決めたキーワードで実際に上位表示を目指します。

 

キーワードを決めるときに役に立つツールがこちら

 

タイトルや記事にキーワードを入れる

 

記事のタイトルや記事の本文には、狙っているキーワードを書くようにしましょう。

 

ちなみに、たとえば「書く」と「書ける」は違うキーワードですし、「書く」と「かく」も違うキーワードなので、狙っているキーワードのとおりに記事タイトルや記事の本文に入れることが望ましいです。

 

狙い目のキーワードを選ぶならこのツールです

 

タイトルは32文字以内にすること

 

検索エンジンの検索結果に表記されるタイトルは32文字までなので、記事のタイトルも32文字以内で考えると良いです。

 

でもあまりにも短いタイトルも魅力が伝わらないので30文字~32文字で整えるようにするとベストです。

 

ターゲットを考える

 

次に大切なのは「そのキーワードで検索する人はどんな人か」を書き出すことです。

 

この作業は記事の書き方そのものよりも大切と言っても良いでしょう。

 

ターゲットが知りたい記事の書き方

 

記事を書いてアクセスを集めたいのなら、ターゲットが知りたい内容がしっかり書かれた記事にすることがコツです。

 

そのためにも、「なぜそのキーワードで検索しているのか」という意図を考えて書き出すことが大切です。

 

アフィリエイトをする商品を決める

 

また、今から書く記事の中でどんな商品を紹介(アフィリエイト)できるかを考えましょう。

 

今から書こうとしている記事が、何かの商品を紹介することを目的にした記事なら商品名などをキーワードにしても良いでしょうし、逆にアクセスを集めるための情報をまとめた記事を書くのなら、その中で自然と紹介できそうな案件がないかASPで確認をします。

 

ライバルの構成をチェックしよう

 

検索エンジンに評価されるためのすごく良いお手本となる記事は、検索エンジンから見つけられます。

 

あなたが狙っているキーワードで実際に検索して今の段階で上位表示される記事は、検索エンジンに評価されているから上位表示されているわけなので、そのような記事の構成をチェックすることで「どんな構成で記事を書くと、そのキーワードで上位表示がされるのか」がわかるのです。

 

この作業をツールで調べることもできます

 

記事の構成を考える

 

ライバルサイトの記事の構成をチェックしたら、それよりもわかりやすい記事の構成を考えましょう。

 

先程の「このキーワードで検索する人はどんな人か」という準備がここに生きるのです。

 

記事を書く

 

ここまで準備したら実際に記事を書きましょう。

 

これくらいていねいに準備をすれば、あとは作った構成を埋めるように記事を書くだけです。

 

これが良い記事を作る書き方です。

 

日本語のチェックもしよう

 

記事を書き終えたら、日本語のチェックもしましょう。

 

日本語校正サポートなどのサイトがとても便利です。

 

チェックしてみると思いのほか改善するべきポイントが見つかります。

 

結論がわかる書き方をしよう

 

大切なことなのですが、記事の最初の方に結論を書いてしまったほうが良いです。

 

たとえばこの記事のはじめにも、「アフィリエイトで稼ぐには記事を書くことが大切です」ということと「この記事ではアフィリエイトの記事の書き方を説明します」ということが書いてあるように、記事を見たユーザーがこれからどんなことがわかるのかをはじめにまとめておくことも大切なことなのです。

 

1記事あたり4000文字を目指そう

 

この記事で言うなら、ここまでの文字数がちょうど4000文字くらいです。

 

最初は「え、そんなに多く書かないとダメ?」と思うかもしれませんが、しっかり構成を考えてから記事を書けば思いのほか4000文字は到達できます。

 

パーマリンクは記事に関連させる

 

パーマリンクとは、サイトの記事のURLです。

 

パーマリンクは、記事の内容にあった文字列を設定しましょう。

 

この記事なら「affiliate-writing」というパーマリンクにしてあります。

 

タグの考え方

 

記事のタグを設定すると、内部リンクが増えるのでSEOの面でも意味があります。

 

タグも、その記事で狙っているキーワードや、それに関連する言葉を入れましょう。

 

アイキャッチも設定しよう

 

アイキャッチとは、記事の一覧や記事の先頭などに表示される画像のことですが、これも設定しておくと良いです。

 

アイキャッチ画像も記事の内容にあわせた画像であるほうが良いです。

 

まずは良質な記事を150記事作ろう

 

150記事はサイトを作り始めた人にとっては遠い目標かもしれません。

 

ですが、近道はないのでコツコツとやりましょう。

 

また、実際のアフィリエイトの報酬は150記事に到達する前から得られることもあります。

 

 

記事の書き方とライティングが大切

記事の書き方とライティング

 

アクセスが集まるアフィリエイトサイトにするには、記事の書き方とライティングを意識しましょう。

 

ライティング(コピーライティング)とは、人に魅力を伝える文章のテクニックのことです。

 

記事を書く前の構成がポイント

 

文章力だけあっても良い記事が書けるわけではありません。

 

良い記事にするためには、何より事前に構成をちゃんと考えることがポイントです。

 

アフィリエイトの記事の書き方のポイントは、記事を書く前の構成をきちんとすることと言って良いでしょう。

 

問題提起と答え

 

文章の構成としては、問題提起をして答えを書くとスムーズです。

 

ただし、記事のはじめには結論を書き、読者にとって知りたい情報があることを伝えておきます。

 

最初と最後でまとめよう

 

記事の最初と最後で、しっかり記事の要点を伝えましょう。

 

一つの記事の中にはたくさん情報があると思いますが、もっとも大切なポイントを記事の最初と最後に書くことで読者さんが記事を読んだときに理解しやすいのです。

 

コピーライティングを学ぶなら

 

このような基本的な構成を理解した上で、さらに魅力のある記事にするためにコピーライティングを学ぶと良いです。

 

コピーライティングを学ぶことで記事の魅力が上がるだけでなく、商品の成約率もアップします。

 

コピーライティングを学ぶならこちら

 

画像や文字装飾も使おう

 

ユーザーにとって「見やすい記事」であることも大切です。

 

そのために文字だけをびっしり並べてしまうのではなく、適度に画像なども使うと良いです。

 

ユーザーが見やすい記事の書き方

 

良い記事の内容であるだけでなく、記事の見やすさも大切です。

 

文章と文章の間の行間なども工夫して、見やすい記事にしましょう。

 

サイトの記事の場合はあまり文章の途中で改行をしないほうが良いですが、文章と文章の間は行間が適度にあった方が見やすいです。

 

 

弊社が取り組んでいる記事の書き方

弊社が取り組んでいる記事の書き方

 

では、おさらいとして弊社が取り組んでいる記事の書き方をまとめます。

 

このページに書いた方法を実際に弊社でも取り入れています。

 

大切なのは文章の書き方よりも、書く前の準備です。

 

キーワードを一気にピックアップする

 

弊社の場合は、まずキーワードを一気にピックアップしています。

 

サイトのテーマに関するキーワードを一気に集めてしまい、そこから記事を書くたびに狙うキーワードを選ぶということをしています。

 

そのために使っているツールがこちらです

 

キーワードを決める

 

事前にピックアップしたキーワードの中から、記事を書く前に「どのキーワードで上位表示を狙うのか」を決めます。

 

ピックアップしたキーワードの中でも、「三語、四語の複合キーワード」から優先させ、その中でも購買意欲の高そうなキーワードを中心に選んでいます。

 

ターゲットを考える

 

弊社でも、キーワードを決めたらそのキーワードで検索する人はどんな人であるかということを考え、書き出してから記事を作っています。

 

この記事を作る前にも、そのような準備をしました。

 

構成を決めてから記事を書く

 

キーワードとターゲットを明らかにしたら、そのキーワードで現在10位以内にいるライバルサイトの構成をチェックします。

 

そして、ライバルサイトよりもわかりやすい構成を作ってから、記事の文章を書いています。

 

そのためのツールがこちらです

 

 

記事の書き方についての疑問と答え

記事の書き方についての疑問と答え

 

それではここで、よくいただく記事の書き方についてのご質問とその答えをまとめておきます。

 

すべてに共通するポイントは「ユーザーのためになる記事をていねいに作る」ということと「コツコツとやる」ということです。

 

もっと具体的な方法はこちら

 

投稿の時間帯におすすめはあるか

 

記事の投稿の時間はあまり関係ないと思います。

 

というのは、サイトの記事は基本的に検索エンジンからのアクセスなので「ユーザーが検索する時間はバラバラだから」という理由があります。

 

記事のタイトルを変更しても良いか

 

これは場合によります。

 

もし変更したい記事が検索結果で1位~10位にいるのでしたら記事のタイトルを変えたことで順位に大きな影響がある場合も考えられます。

 

逆に、タイトルに含まれていないキーワードから多くのアクセスが集まっている場合なら、アクセスが集まっているキーワードを含んだ記事タイトルに変更するとさらにアクセスが増えることもあります。

 

記事のタイトルを決めるタイミング

 

「記事のタイトルを決めるタイミングは、記事を書く前か後か、どちらでしょうか」というご質問もたまにいただきます。

 

弊社では記事タイトルを記事を書く前に「仮」で決めておき、記事を書いている途中はすべて下書き保存にします。

 

そして完成したら、タイトルを見直し、問題なければ公開するという手順にしています。

 

めんどうくさいです

 

お気持ち、よくわかります。

 

私も初めはめんどうくさかったです。

 

でも、あなたが書いた記事がやがて人の役にたちます。

 

検索ユーザーのためになる記事を書き続けていれば、アクセスも増え喜ばれながら収入も増えるのです。

 

そのための具体的な方法はこちらで学べます

 

キーワードを入れないとダメですか

 

記事タイトルや記事の本文にはキーワードをしっかり入れましょう。

 

逆に、そのキーワードについての記事なのに、そのキーワードが一度も出てこないのは不自然ですし、そのような場合は構成やライバルチェックがきちんとできていないことが考えられます。

 

更新頻度はどれくらいですか

 

弊社では月に10記事の更新または公開を心がけています。

 

昔のように「どんな記事でも良いからとにかく更新をする」という時代ではないので、しっかりとした良い記事ができたら更新をするということを心がけましょう。

 

 

アフィリエイトの記事の書き方を学ぶ

アフィリエイトの記事の書き方を学ぶ

 

この記事ではアフィリエイトの記事の書き方のコツを説明してきましたが、もちろんもっと細かいテクニックもたくさんあります。

 

そこで最後に、アフィリエイトの記事の書き方を学ぶコツを説明します。

 

この講座はとても役に立ちますよ

 

実際に上位表示できている記事

 

何より良いお手本は、実際に上位表示できている記事です。

 

あなたが狙っているキーワードで検索したとき、1位~10位に表示される記事は、検索エンジンに評価されているから上位にいるわけなので、記事を書く前のライバルサイトのチェックはしっかりとやりましょう。

 

正しいSEOの知識を学ぼう

 

記事の書き方を含めて、アフィリエイトで稼ぐために「SEO」は学ぶべき分野です。

 

検索エンジンにどうすれば評価されるのかを知ることで、自分の好きなジャンルでやりがいのある仕事ができます。

 

そのための講座がこちら

 

コツコツやる必要はあるが価値もある

 

やり始めたときは誰だってめんどうくさいです。

 

でも、コツコツとやっているうちにアクセスが増えてきてアフィリエイトの報酬も出ます。

 

あなたが作った記事がやがてあなたに収入をもたらす土台になるわけです。

 

アクセスが集まる記事の書き方を学ぶ

 

アクセスが集まる記事の書き方を学びたいのなら「コンテンツSEO」について学びましょう。

 

コンテンツSEOとは、良質な記事を書くことで検索エンジンに評価される正当なやり方です。

 

その方法はこちらで学べます

 

 

アフィリエイトサイトのトップページ

アフィリエイトサイトのトップページ

 

アフィリエイトサイトやホームページのトップページはかなり大切な役割があります。

 

アクセスを集めるのはそれぞれの記事ですが、記事を見た人がトップページを見る確率は高いのでトップページが成約率を生む仕掛けになっていると収益が発生しやすいです。

 

詳しくはこちら

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトの記事の書き方のコツをまとめました。

 

こうやってまとめるとやることが多そうですが、ポイントは「キーワードを決める」「ターゲットを考える」「ライバルサイトのチェック」「構成を考える」「記事を書く」の5つです。

 

ぜひ良い記事を書いて、人に喜ばれるお仕事をしてくださいね。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

ベンチャーサポート税理士法人のおかげで会社設立や税金の悩みを解決

ベンチャーサポート税理士法人

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼いだお金も課税対象なので、確定申告をしなくてはいけません。

 

私も個人のときはしばらく自分で帳簿をつけて、自分で確定申告をしていたのですが、ある年からベンチャーサポート税理士法人さんにお願いするようになりました。

 

税金や納税、経費についてのアドバイスをいただけただけでなく、個人事業主としてやる場合のアドバイスと会社設立をする場合のアドバイスをいただけたことがきっかけとなり、会社設立に関してもサポートしていただきました。

 

この記事では、会社設立や会計処理をプロに依頼したほうが良い理由を解説し、アフィリエイトにも強い税理士法人としてベンチャーサポート税理士法人さんをご紹介いたします。

 

すぐに相談したい方はこちらのフォームからご相談いただくと、直通でベンチャーサポート税理士法人の担当者にお問い合わせできます。

 

 

会社を設立するメリット

会社設立のメリット

 

日常の業務としては、個人でやっていても法人(会社)でやっていても変化はありません。

 

ただし、取引をするときなどに、個人なのか会社としてやっているのかでかなり相手の印象が変わるなと感じたことは多々あります。

 

節税効果もある

 

個人に比べて法人(会社)のほうが認められる経費の範囲も広いですし、また個人事業主として確定申告をして所得税を納めるより、法人にして法人税を納めて役員報酬を受けたほうが支払う税額も低くて済む場合もあります。

 

これも、「自分はどうなんだろう」と思ったら、一度相談してみたほうが良いです。

 

こちらのフォームからお問い合わせいただくと、ベンチャーサポート税理士法人の担当者に直接お問い合わせいただけます。

 

 

会社設立はプロの力を借りるべき

会社設立はプロの力を借りるべき

 

まずは経験から言わせていただくと、会社設立は専門的な知識がない人がやるには複雑な手続きや準備する書類が多すぎて難しすぎます。

 

これは絶対にプロにサポートしてもらったほうが良いです。

 

こちらのフォームからお問い合わせいただくと、直接ベンチャーサポート税理士法人の担当者にお問い合わせできます。

 

設立するときは多くの不安がある

 

手続きがあまりにも難しいという問題もありますが、会社設立をするときは誰だって不安でいっぱいです。

 

会社設立をしたあとにはどんなことが待っているのかなど、一人でやっていたら解決しきれない不安もベンチャーサポート税理士法人さんに相談したら、実際にいろいろと教えてもらえましたよ。

 

手続きもかなりめんどうくさい

 

先程も書いたように、会社設立の手続きはかなりめんどうくさいです。

 

また、めんどうくさいだけならがんばれそうですが、実際には専門的な知識がないと用意できない書類もあるので、やはりプロのサポートを受けるのがベストです。

 

 

会社設立の準備

会社設立の準備

 

それではここで会社設立をするときにどんな準備が必要か、一部をご紹介します。

 

実際にはここに書いてあることを覚える必要はなく、プロに相談をすればすべて解決ができます。

 

こちらのフォームからすぐにご相談ができます。

 

定款を作る

 

定款とは、法人の活動や組織や目的について定めた規約や規則です。

 

いきなり難しそうですが、これもプロにまかせれば作ってもらえます。

 

もちろん、内容の最終確認はきちんとできるので安心してください。

 

登記申請書類を作る

 

さて、本当に大変なのはここからで、会社設立をするには「登記申請書類」というものを準備しなくてはいけません。

 

一人でやっていると、その都度調べることになるし、調べてもわからないし、本当に大変です。

 

発起人の決定書(株式会社のみ)

 

登記申請書類のひとつが「発起人の決定書」です。

 

これは、作る場合と必要でない場合があります。

 

また発起人の決定書に記載する事項も、ケースによって違うことがあります。

 

発起人全員の同意書(株式会社のみ)

 

発起人の同意書は発起人の決定書と同じです。

 

調べてみると別の書類のようにも思えるのですが同じものです。

 

定款で定めた内容によっては、発起人の決定書(または発起人の同意書)は必要ないです。

 

就任承諾書(合同会社は代表社員のみ)

 

就任承諾書は、合同会社の場合は代表社員のみですが、株式会社の場合は代表取締役、取締役、監査役など、設立時の役員についてそれぞれ作るものです。

 

ちなみに取締役が1名の場合は、その人が代表取締役なので就任承諾書はなくても良いそうです。

 

株式会社設立登記申請書

 

これがいわゆる登記申請書なわけですが、登記申請書を作るのは結構かんたんです。

 

ただ、ここまでに書いたように「定款」「発起人の決定書」「就任承諾書」などを添付する必要があるので、その準備が結構たいへんです。

 

合同会社設立登記申請書

 

合同会社の場合も、設立登記申請書が必要です。

 

添付するべき書類と一緒に提出するわけですが、何が必要で何を書くべきかを調べているうちに日常の業務が全然できなくなってしまいます。

 

印鑑届出書

 

会社というのも個人のように、法的には人格を認められた存在です。

 

したがって、会社の印鑑を作って、実印の登録をして、そのことを証明をするための印鑑届出書というものを作ります。

 

印鑑カード交付申請書

 

法人の印鑑証明書をもらう手続きをするために、印鑑カードが必要です。

 

印鑑カードの申請は無料でできますが、管轄の登記所の窓口で「印鑑カード交付申請書」を提出する必要があります。

 

法人用の印鑑を作ることについても、ベンチャーサポート税理士法人はいろいろと提案をしてくれました。

 

 

ベンチャーサポート税理士法人とは

ベンチャーサポート税理士法人

 

ここまで読んで、ちょっと嫌気がさした人もいるでしょう。

 

税金についてや会社設立について、ひとりだけで考えたり準備するのは本当に大変です。

 

私もそのような税金や会計に関する仕事に悩んでいたとき、たまたまベンチャーサポート税理士法人のことを知り、実際に相談してみたら驚くほど親切に対応してもらえてとても助かりました。

 

すぐに相談したい方はこちらからお問い合わせいただくと、直接担当者にお問い合わせができます。

 

経営に関してさまざまなサポートが可能

 

実際に今も、弊社はベンチャーサポート税理士法人さんにお世話になっています。

 

単純な税金や会計処理の業務委託だけでなく、経営やビジネスをする上での悩みや相談も聞いてもらえ、彼らの専門分野の角度からアドバイスをいただけます。

 

誠実な対応

 

他の経営者との関わりの中で、他社の税理士の対応なども知っているのですが、中には高圧的な態度の税理士さんも世の中にはいるみたいです。

 

でも、ベンチャーサポート税理士法人の税理士さんやスタッフさんはどなたも誠実で話をよく聞いてくれるので初めからとても印象が良かったです。

 

全国展開している大きな会社

 

税理士法人というと個人事務所が多いですが、ベンチャーサポート税理士法人は全国に事務所がある大きな会社なので、管理の仕組みがしっかりしていてとても安心できます。

 

オフィスの印象はとてもきれいで、明るいイメージです。

 

渋谷オフィス

 

渋谷駅から徒歩3分のところに、ベンチャーサポート税理士法人の渋谷オフィスがあります。

 

ビル自体がかなりきれいな建物です。

 

応接室もとてもきれいです。

 

ちなみにビルには駐車場もあります。

 

新宿オフィス

 

新宿の「新宿野村ビル」に、ベンチャーサポートの新宿オフィスがあります。

 

駅から地下道をとおっていけるので、雨の日もぬれずに行けます。

 

ベンチャーサポートの新宿オフィスは、新宿野村ビルの10階にあります。

 

日本橋オフィス

 

ベンチャーサポートの日本橋オフィスは、「日本橋駅」「東京駅」「茅場町駅」「八丁堀駅」から徒歩圏内にあります。

 

日本橋ということもあり、かなりシュッとした見た目のビルです。

 

池袋オフィス

 

池袋駅から徒歩4分の場所に、ベンチャーサポートの池袋オフィスがあります。

 

住友不動産池袋西口ビルという大きなビルがありますが、この9階がベンチャーサポートの池袋オフィスです。

 

銀座オーミオフィス

 

銀座オーミオフィスには、ベンチャーサポート税理士法人、ベンチャーサポート司法書士法人、ベンチャーサポート行政書士法人が入っています。

 

「銀座駅」「有楽町駅」「銀座一丁目駅」「東銀座駅」「京橋駅」「宝町駅」より徒歩圏内です。

 

銀座ファーストオフィス

 

銀座にもう一つ、ベンチャーサポートのオフィスがあります。

 

「銀座一丁目駅」「銀座駅」「京橋駅」「宝町駅」「有楽町駅」「東銀座駅」から徒歩圏内です。

 

銀座らしい歴史と迫力を感じる「銀座ファーストビル」の4階にベンチャーサポートの銀座ファーストオフィスがあります。

 

横浜スカイビルオフィス

 

弊社はここでお世話になっています。

 

横浜駅から歩いて3分~5分くらいです。

 

高層ビルの26階なので、窓際の応接室で晴れた日だとかなり景色が良いです。

 

スカイビルはとてもきれいなビルでおいしいレストランなどもたくさんあります。

 

横浜イーストスクエアオフィス

 

横浜にももう一つ、ベンチャーサポートのオフィスがあります。

 

港町の横浜ならではですが、ベンチャーサポートの横浜スカイビルオフィスと海を挟んで対岸にあるオフィスです。

 

梅田オフィス

 

大阪にも、ベンチャーサポート税理士法人のオフィスがあります。

 

「梅田駅」「東梅田駅」「西梅田駅」「北新地駅」「大阪駅」より徒歩圏内です。

 

大阪駅前第3ビルの高層用のエレベーターで25階に上がったところにあります。

 

本町オフィス

 

ベンチャーサポートの本町オフィスは大阪の中央区南本町にあるオフィスです。

 

「本町駅」より徒歩圏内です。

 

ホンマチ山本ビルの2階がベンチャーサポートの本町オフィスです。

 

なんばオフィス

 

大阪の難波にも、ベンチャーサポートのオフィスがあります。

 

「なんば駅」「大阪難波駅」からすぐのビルの4階にあります。

 

ベンチャーサポートは東京や神奈川だけでなく、大阪にもオフィスが多いですが、大阪はアフィリエイトでビジネスをしている人の数も多い印象があります。

 

ベンチャーサポートはアフィリエイトをしているクライアントも多いそうなので、安心です。

 

福岡オフィス

 

福岡県にもベンチャーサポートのオフィスがあります。

 

福岡市中央区にある「天神ビル」の11階です。

 

「天神駅」や「福岡駅」からすぐです。

 

天神ビルはかなり大きなビルなのですぐにわかります。

 

名古屋オフィス

 

名古屋にもベンチャーサポートのオフィスがあります。

 

名古屋駅より徒歩5分です。

 

大きなビルでエントランスもきれいです。

 

ちなみに、この近くの地下街はお店が多くておもしろいですよ。

 

仙台オフィス

 

東北の仙台にもベンチャーサポートのオフィスがあります。

 

「あおば通駅」「仙台駅」「広瀬通駅」などから徒歩圏内です。

 

仙台のアーケードはさまざまなお店があり、たのしいところです。

 

 

ベンチャーサポート税理士法人の感想

ベンチャーサポート税理士法人の感想

 

弊社では、会社設立をする前からベンチャーサポート税理士法人さんにお世話になっています。

 

実際にサポートをしていただいている感想をまとめますが、とても誠実でスピーディーな仕事に大満足しています。

 

ベンチャーサポート税理士法人にご相談がある方はこちらからお問い合わせください

 

弊社は実際にサポートを受けています

 

税理士さんの事務所って、なんだかかたいイメージもあって、実際に依頼している人の印象を見てみたいこともありますよね。

 

弊社では長年にわたり、ベンチャーサポート税理士法人さんに依頼をしているので正直な感想を書きたいと思います。

 

会社設立のときにとても助かりました

 

私も、アフィリエイトである程度の売上が得られるようになってから「いつ会社にするべきなのか」「どういう手続きが必要なのか」ということをすごく考えていました。

 

一人で調べているときにはとても不安なことが多かったのですが、ベンチャーサポート税理士法人さんに相談してみると具体的な手順もわかり、またサポートの内容についても明瞭で安心してまかせることができました。

 

経営上の悩みを相談できます

 

ベンチャーサポート税理士法人の税理士さんや、ベンチャーサポートグループの人たちはどの人もとても親身に相談に乗ってくれます。

 

もちろん、アフィリエイトのノウハウなどは自分で勉強しなくてはいけませんが、経営上の悩みは幅広く聞いてくれて場合によってはベンチャーサポートグループの社労士さんや起業・設立の専門の人を紹介していただき、とても助かっています。

 

税理士からのアドバイスは役に立つ

 

一人で帳簿をつけているだけだと単なる会計処理に終わってしまいますが、税理士の立場からのアドバイスをいただけるのは思わぬ収穫があります。

 

一人でやっているだけでは気づかなかったピンチをかなり前もって確認ができたり、逆に日々の業務の中では「この取り組みはうまくいっていないような気がする」という感触を持っていても数字をもとにデータにしてもらうと思いのほか業績が伸びていることもあります。

 

アフィリエイトの会計に慣れている

 

特にこのサイトを見ている人に大切なことなのですが、税理士さんだからといってすべての人がアフィリエイトの会計に慣れているわけではありません。

 

中には「アフィリエイトってなんですか?」と言われた場合もあります。

 

ベンチャーサポート税理士法人さんは、アフィリエイトをしているクライアントも数多く抱えているということなので、その点はとくに安心できたポイントです。

 

誠実な対応にとても満足しています

 

私も、税理士さんってどこか上から目線な印象があったのですが、ベンチャーサポートの人はどの人もとても誠実で親切です。

 

初めは私に付いてくれた税理士さんだけが特別なのかと思いましたが、ベンチャーサポートさんとお付き合いする中で他の人と話すこともあり、どの人もとても誠実でグループ全体で誠実な対応をしてもらえるサービスなのだと確信しました。

 

スピードのある仕事に感謝しています

 

私の個人的なポイントとして、スピードのある対応にとても感謝しています。

 

特にインターネットを使って仕事をしている人にとっては、日頃からわからないことはすぐに調べてその場で解決する習慣がついているので、あまり対応が遅いととても不安を感じます。

 

ですが、ベンチャーサポート税理士法人さんの対応は非常にスピード感もあり大満足です。

(弊社を担当してくれている税理士さんも社労士さんもいつも仕事が早くて助かっています。どちらもベンチャーサポートグループの方です。)

 

すぐに相談したい人はこちらからお問い合わせいただくと、ベンチャーサポート税理士法人の担当者に連絡ができます。

 

レポートを作ってもらえるメリット

 

ベンチャーサポート税理士法人に毎月の仕事を依頼をすると、月次実績レポートというものを作ってもらえます。

 

これが、事業の状態を客観的に考察できるのでとても助かります。

 

経費の相談ができる安心感

 

一人でやっていると、「これは経費になるの?」「減価償却ってどうやるんだっけ?」「この金額の買い物をしても良いかな?」など、経費についてわからないことがかなりあります。

 

そしてほとんどの場合、調べてもしっかり理解できずに、あいまいなまま流れてしまいます。

 

ですが、やはりプロと契約をしていると、こうした問題点も常に相談ができるのでとても心強いです。

 

決算に向けて事前に準備ができる

 

結局ひとりだけで会計や決算や確定申告をしていると、その直前になってようやくあせり始めるということがほとんどでしょう。

 

でもプロに依頼をしておけば前もって準備をしてもらえますし、こちらが用意するべきことや決算や確定申告までの流れも教えてもらえるので、まったく違う余裕があります。

 

納税のスケジュールなどが事前にわかる

 

これもありがたいです。

 

ひとりで税金に関しての業務をこなしていると、納税がどのタイミングでどの程度の金額を要するのか、あまり計算できずにその時になって初めて判明するという人も多いです。

 

もちろん、ベンチャーサポート税理士法人ではこのあたりもていねいで、かなり前もっていくらほど税金に準備しておくべきか、そのスケジュールをまとめてくれます。

 

各分野のエキスパートがそろっている

 

ベンチャーサポートさんは、税理士法人だけでなく、起業・設立専門の人がいたり、司法書士や社労士など各分野のエキスパートがしっかり連携している仕組みがあるので、とても安心できます。

 

実際に弊社でも、必要なタイミングで必要なプロの人を紹介してもらっています。

 

まずは相談した方が良いです

 

税理士さんとの契約を検討している人は大きく分けて3つだと思います。

 

「今の状態は、個人でやるべきか法人にするべきか」という悩みを持っている人、「会社を設立するにあたりプロに相談をするべきかどうか」と思ってる人、「他の税理士に楽しんでいるが、どうも合わない」と感じている人です。

 

いずれにしても、一度相談をしてみると良いでしょう。

 

ベンチャーサポート税理士法人なら、私が相談したときも、私のコンサルティングのクライアントが相談したときも、強引なセールスなどはなく本当に親切に対応してもらえたので、もし会社設立や税理士の変更などについて少しでも悩んでいるのであれば、一度お問い合わせをすると良いでしょう。

 

こちらからベンチャーサポート税理士法人に直接お問い合わせができます。

 

親切な対応をしてもらえます

 

税金や会社設立については難しい話が続きましたが、ベンチャーサポート税理士法人について私が一言で感想を言うなら「とにかく親切に対応をしてもらえる」ということです。

 

単純な業務委託だけでなく、誠実で親切かつスピードある仕事をしてくれるので、実際に依頼している内容を上回る満足感があります。

 

 

初めて税理士に依頼する人へ

初めて税理士に依頼する人はチェック

 

初めて税理士に依頼する人は、「相談すること」自体に不安があるでしょう。

 

そこで初めて税理士に相談する人のために、相談する前の印象と実際のベンチャーサポート税理士法人の違いをまとめたいと思います。

 

まずはこちらから相談してみてください。

 

なんとなく不安

 

「なんとなく不安」という気持ち、とてもよくわかります。

 

「税理士のえらい先生に、こんなこと相談して良いのかな」など、漠然とした不安もあると思いますが、ベンチャーサポート税理士法人の税理士さんはとても優秀なのにすごく話しやすい人たちなので、安心して相談してみてください。

 

かたい「先生」の印象

 

私も初めて相談をするためにベンチャーサポート税理士法人の横浜スカイビルオフィスに行った時、税理士さんに会うまでは「どれだけ怖い先生が出てくるんだろう」と思っていました。

 

でも実際にはびっくりするくらい親切な人たちが相談に乗ってくれて、とても心強かったことを覚えています。

 

緊張する

 

これもよくわかります。

 

税理士さんに初めて相談をするときは少し緊張しますよね。

 

私は事前に相談したいことをメモしていき、もし緊張しても質問したいことをすべて聞けるようにして行きました。

 

どんなオフィスなのか

 

映画やテレビなどで「法律事務所」とか「税務署」とかを見ると、本がたくさん並んでいたり難しい顔をした先生たちがバリバリと仕事をしている、あまり居心地が良くなさそうな印象がありますよね。

 

でも、ベンチャーサポート税理士法人のオフィスはとてもきれいで印象がよく、ついつい長居をしてしまうくらい居心地が良いです。

 

料金について

 

ベンチャーサポート税理士法人に顧問として依頼するとき、料金のプランがいくつか提案してもらえます。

 

当然、プランによってサポートの内容が違いますが、かなり幅広く料金のプランが用意されているので、ご予算にあったプランが見つかるでしょう。

 

 

最後に

 

私も個人でやっているときは「税理士なんて必要ない」とか「自分でもできる」と思っていましたが、実際に依頼をしてみると、もし自分ですべてやっていたら本来の仕事に集中する時間がなかったり、またあらゆる手続きにミスが発生していたことがかんたんに想像できます。

 

また税理士さんは世の中にたくさんいますが、その中でもアフィリエイトなどのインターネットのビジネスにも豊富な経験があり、そして何より誠実さと親切さをもって対応してくれる相談しやすい会社となると、私は心からベンチャーサポート税理士法人さんにお願いしてよかったと思っています。

 

もし少しでも会社設立の手続きやタイミングについて悩みがあるのなら、まずは気軽に相談してみると良いです。

 

ご相談はこちらのフォームからできます。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

メールマガジンの登録



*メールアドレス