はてなブログのタグの付け方や見出しをカスタマイズして表示する方法

はてなブログのタグの付け方や見出しをカスタマイズして表示する方法

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

はてなブログは初心者でも使いやすいブログとして有名です。

 

はてなブログのタグの付け方を調べている人もいるようですが、はてなブログでは「カテゴリー」がタグの役割を果たします。

 

また「デザイン」→「カスタマイズ」→「デザインCSS」に自分が好きなソースコードを貼り付ければ、記事中の見出しのデザインをカスタマイズできます。

 

 

はてなブログのデザインの選び方

はてなブログのデザインの選び方

 

はてなブログのデザインはメニューからかんたんに変えられます。

 

上の画像のように、パソコン版の画面から右上のアカウント名をクリックし「デザイン」をクリックすると、ブログのテーマが選べるメニューが出ます。

 

その中から好きなデザインを選べば完了です。

 

 

はてなブログの背景の変え方

はてなブログの背景の変え方

 

上の画像のように、「デザイン」→「カスタマイズ」を選択すれば、ブログの背景や背景色を変えることができます。

 

かんたんな操作でデザインが変更できるので初心者にもありがたいですね。

 

背景画像も背景色もデフォルトでいろいろなバリエーションが用意されています。

 

 

はてなブログではタグはカテゴリー機能

はてなブログではタグはカテゴリー機能

 

はてなブログでのタグの付け方は「カテゴリーを追加」からできます。

 

いわゆるブログのタグは、はてなブログではカテゴリーが役割を果たしています。

 

上の画像のようにパソコン版の画面から右上のアカウント名をクリックし、「記事の管理」をクリックします。タグを付けたい記事を選択し、「チェックした記事にカテゴリーを追加」というボタンから追加できます。

 

 

HTML編集でタグを入れる

HTML編集でタグを入れる

 

ブログとしてユーザーに見えている姿は、あくまでブログの表面です。

 

本来の姿はHTMLというコンピューター言語で書かれた構文です。わからない人から見れば、英語や記号の羅列のように見えます。

 

言ってみれば、私たちが洋服を着たり、化粧をしたり、髪の毛をセットしたりして着飾っているのは本来の姿ではなく、本当は生身の人間でその中には骨や血液や筋肉という組織があるのと同じ感じです。

 

hタグとは

 

先程説明をしたHTMLというコンピューター言語の中でも、見出しを作るためのタグを「hタグ」と言います。

 

見出しとは、上の「hタグとは」と書かれた部分のように、記事中の小さなタイトルのような役割を果たすものです。

 

検索エンジンも見出しでしっかり構成されているブログが好きなので、hタグを使って見出しを付けることはアクセスアップのためにも効果があります。

 

hタグの付け方

hタグの付け方

 

はてなブログの見出しタグの付け方としては、上の図のように、見出しにしたい文字を範囲指定して左上の「見出し」というタブから選択をするだけで、かんたんに見出しを付けられます。

 

これはとてもかんたんな方法です。

 

しかし、見出しのデザインを自分の好みに変えたいという場合には、次のような方法があります。

 

まずは、サルワカさんのサイトから、自分の好みの見出しのコードをコピーしておきます。

好みの見出しデザインを選ぶ

 

次にパソコンの画面で以下の画像のように、「アカウント名」→「デザイン」→「カスタマイズ」→「デザインCSS」と進み、初めから書いてあるコードの続きに、先程コピーした見出しのコードを貼り付けて「変更を保存する」をクリックします。

はてなブックマークの見出しタグの付け方

 

上の図の例だと、hタグは「h1」となっていますが、はてなブログの場合は記事中の大見出しは「h3」、中見出しは「h4」、小見出しは「h5」です。

 

変えたいの見出しのデザインを上の作業でコードを貼り付けるときに「h1」の部分を「h3」「h4」「h5」に変えて記載をすれば変更できます。

 

大見出しとは別に中見出しや小見出しのデザインを変更したい場合には、先程の画面で「デザインCSS」の続きに希望のデザインのコードを貼り付けて「hタグ」の数字の部分だけ「h3(大見出し)」「h4(中見出し)」「h5(小見出し)」に変えれば、それぞれ変更ができます。

 

ちなみに、さらに細かい色の変更もできます。

 

サルワカさんのサイトのコードにはタグがどういう意味なのかが書かれています。

好みの見出しデザインを選択

 

上の図で赤く囲った部分を原色大辞典さんのサイトから好みの色のコードをコピーして書き換えれば見出しの色も変更できます。

原色大辞典

 

たとえば、先程の例で文字色を黒、線色をオレンジにしたいなと思えば、「#364e96」を文字色は「#000000」に、線色は「#ff4500」に変更して、はてなブログの「デザインCSS」に貼り付ければ希望の色に変更できます。

はてなブログの見出しタグの編集

 

 

プレビューで確認をしよう

はてなブログのプレビュー

 

はてなブログでは、記事の投稿画面の上部に「プレビュー」というボタンがあります。

 

多くの場合、「編集 見たまま」のタブで編集をすると思いますが、実際に公開された時の見た目は「プレビュー」を選択すると見られます。

 

見出しや画像が実際にどのように表示されるのかをプレビューでチェックをしてみてください。

 

 

はてなブックマークのタグについて

はてなブックマークのタグの付け方

 

はてなのサービスには「はてなブログ」のほかに「はてなブックマーク」があります。

 

はてなブックマークでは、気に入ったサイトにブックマークを付けるときに「コメント」を書けます。

 

このコメントに上の図のように[]で囲んだ文字列を入力することで、下の図のようにブックマークを分類できます。

はてなブックマークのタグの付け方

 

また、一度ブックマークしたものについても、上の図の右上で丸く囲った鉛筆のマークからコメントを編集できますので、タグを付けたい文字列を[]で囲って入力すると、上の図の左下で四角く囲ったようにタグを分類できます。

 

 

最後に

 

この記事では、はてなブログやはてなブックマークに関してのタグの使い方を説明しました。

 

「タグ」と言っても、カテゴリーを分ける意味でのタグと、コードを意味するタグがあります。

 

それぞれ使い方を覚えてしまえば利用できますので、この記事を活用してくださいね。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードを抽象化したり具体化する意味とコツ

アフィリエイトのキーワードを抽象化したり具体化する意味とコツ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトにおいてキーワード選定はとても大切です。

 

キーワードを考えるときに、一度選定をしたキーワードについて抽象度を上げて考えたり、あるいはより具体化して考えると良いです。

 

キーワードの抽象度や具体性を変えることで、関連する別のキーワードで上位表示を狙うことができるでしょう。

 

 

キーワードの抽象度を上げる意味

キーワードの抽象度を上げる意味

 

キーワードの抽象度を上げれば、軸になる別のキーワードを見つけられます。逆に、キーワードを具体化すると軸になるキーワードの関連キーワード(ロングテール)を見つけられます。

 

たとえば「副業」というキーワードで上位表示を狙っているとします。

 

副業を抽象化することで、「仕事」や「働き方」などのキーワードを見つけられます。逆に具体化することで「副業」を軸として「副業 やり方」などの関連キーワードが見つかるというわけです。

 

キーワードずらしとは

 

キーワードずらしとは、今狙っているキーワードに関連する範囲で少しだけ変えるという作業です。

 

たとえば選定をしたキーワードで調べてみると、ライバルに大手の企業サイトが多いとします。

 

そんな場合、先程の例のようにキーワードを抽象化したり具体化したりすることで、キーワードをずらすことができます。キーワードをずらすとライバルの強さや多さも変わるので、狙い目のキーワードが見つかる場合があるのです。

 

 

キーワードの抽象度を上げる

キーワードの抽象度を上げる

 

それではキーワードの抽象度を上げる考え方についてまとめましょう。

 

基本的にはキーワード選定のコツはユーザーの悩みを考えることがベースです。

 

「そのキーワードで調べる人は何が知りたいのかな」という着眼点で考えることがポイントです。

 

検索意図を考える

 

検索意図とは、「なぜそのキーワードでユーザーが検索をしているのか」という心理の部分です。

 

たとえば、「副業 やり方」というキーワードであれば「副業のやり方を知りたい」という検索意図が想像できるでしょう。

 

このような検索意図を考えることで、キーワードを抽象化できます。

 

他に何を悩んでいるのか

 

検索意図を考えるときに、キーワードを抽象化したいのであれば「その悩みを持つ人は、他にどんな悩みがあるんだろう」ということを考えます。

 

想像することも良いですが、実際にインターネットで検索をして調べてみるとより正確に抽象化できます。

 

たとえば「副業のやり方に悩んでいる人は、お金がなくて困っている」ということがわかれば「お金」とか「節約」というキーワードにずらすことができるでしょう。

 

商品名からずらしてみよう

 

アフィリエイトの初心者は、アフィリエイトをする商品名をそのままキーワードに選定することもあるでしょう。

 

商品名をキーワードにすることは正しいやり方の一つです。

 

しかし、商品名で検索をする人はすでにその商品を知っている人に限られるので、商品のターゲットや価値から抽象化して、商品名のほかのキーワードにずらすとより多くのアクセスが見込めます。

 

 

キーワードを具体化するときも同じ

キーワードを具体化するときも同じ

 

抽象化するときと同じように、検索意図やユーザーの心理を考えることでキーワードを具体化できます。

 

たとえば「副業 やり方」というキーワードを調べる人は「副業のやり方を探している」という検索意図が想定できるので、「副業 種類」「副業 難易度 比較」などのキーワードが連想できますよね。

 

ですから、キーワードを抽象化するときも具体化するときも、ユーザーの視点で検索意図を考えることがコツなのです。

 

 

キーワード選定に役立つツール

キーワード選定に役立つツール

 

キーワード選定は自分で連想しても良いですが、ツールにまかせてしまったほうがずっとらくです。

 

キーワード選定やライバルサイトのチェックをするときに役立つツールがあります。

 

コンテンツスカウターZというツールなのですが、弊社でも実際に使用していておすすめのツールです。

 

 

意図しないキーワードで表示された場合

意図しないキーワードで表示された場合

 

Googleが提供しているアクセス解析ツールであるSearch Consoleなどを使っていると、自分が上位表示を狙っていないキーワードで上位を取れていることがあります。

 

その場合の考え方は2つです。

 

1つはもともと狙っていたキーワードでも上位を取れているのなら、狙っていないキーワードについては別の新規記事を用意することです。もう1つは、もともと狙っていたキーワードでは上位を取れていないのなら、その記事を上位を取れているキーワードを使って強化することです。

 

 

最後に

 

この記事では、キーワード選定の選択肢を広げるための「抽象化と具体化」についての考え方を解説しました。

 

キーワード選定をするときも、記事を書くときも、アフィリエイトやインターネットマーケティングでは「ユーザーの視点で考える」ということがとても大切です。

 

特に検索意図の考え方はとても大切ですので日々意識をしてくださいね。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトにおけるキーワードや提携などの基本的な知識の解説

アフィリエイトにおけるキーワードや提携などの基本的な知識の解説

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトの初心者には、始めたてでわからない言葉がたくさんあると思います。

 

たとえば、「キーワード」「ASP」「提携」などの言葉はアフィリエイトをする中でたくさん出てきます。

 

こうした言葉の意味をしっかり学習しましょう。

 

 

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは

 

アフィリエイトとは、インターネットでできる広告代理業です。

 

ブログやホームページやメールマガジンなどのインターネットの媒体で広告を掲載し、その広告をクリックした人が商品を購入した際などに報酬が発生する仕組みです。

 

成果報酬型の広告と言われます。

 

アフィリエイトサイトとは

 

アフィリエイト広告が掲載されているサイトのことを、アフィリエイトサイトと言います。

 

アフィリエイトサイトを立ち上げてアクセスを集めることで、報酬が発生します。

 

アクセスは、検索エンジンから集めたり、SNSなどの他媒体から集めたりする方法があります。

 

キーワードとは

 

アフィリエイトやインターネットマーケティングでいう「キーワード」とは「検索キーワード」のことを指すことが多いです。

 

たとえば特定の検索キーワードで検索をしたときに、あなたのアフィリエイトサイトが検索結果の上位に表示されれば、多くのアクセスが見込めます。

 

アクセスが多くなると、その分だけアフィリエイト広告をクリックして商品を購入する人も増えますので、報酬も稼げます。

 

ASPとは

 

ASPは、「アフィリエイト・サービス・プロバイダー」の略で、かんたんに言うとアフィリエイト広告を取り出したり報酬の管理をするためのサービスです。

 

ASPには企業から広告の案件が掲載されています。

 

その中から自分の媒体で宣伝をしたい広告を取り出し、掲載をします。

 

 

提携とは

提携とは

 

ASPから案件を選ぶときに「提携の申請」が必要なASPがあります。

 

大きく分けると、提携には「即時」と「審査あり」の2種類があります。

 

申請をしてすぐに承認されるのが「即時」で、申請後に広告主が審査をするのが「審査あり」です。

 

概要欄を見ておこう

 

提携の申請をする前に、案件の概要欄をしっかりチェックしましょう。

 

その広告についての注意点や、成果が発生する条件などが書いてある場合もあります。

 

また、合わせて実際の広告をクリックして見られる販売ページ(LPやホームページ)も見ておきましょう。

 

成果が発生する条件

 

ASPの案件の概要欄には、成果が発生する条件や報酬金額についての取り決めが書いてあります。

 

条件については「購入されたら」とか「購入後に1カ月継続されたら」など、案件ごとに違います。

 

金額についても定額で書いてあることも、料率で書いてあることもあります。

 

禁止事項

 

「ネガティブなキーワードで記事を書かないでね」「商標名で広告を使わないでね」などといった趣旨が、概要欄に書いてある場合があります。

 

そのような禁止事項は特にチェックをしておきましょう。

 

もし禁止事項を破って報酬を発生させても、後に取り消しになるからです。

 

 

最後に

 

この記事はアフィリエイトの初心者さん向けに、アフィリエイトを学ぶ上でよく見るであろう言葉について解説をしました。

 

アフィリエイトは正しい知識を学んで、しっかり取り組めば結果が出ます。

 

またマーケティングの知識も身につきますので、お金だけでなくスキルアップという意味でも楽しい仕事です。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードが決まったらアソシエイトをやってみよう

アフィリエイトのキーワードが決まったらアソシエイトをやってみよう

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトでメインキーワードを選定したら、サイトを作っていきます。

 

初心者にとって「早く成果を上げたいな」という感情はつきものです。

 

アフィリエイトの初心者でも取り組みやすいのがAmazonアソシエイトです。

 

 

Amazonアソシエイトの基本

Amazonアソシエイトの基本

 

Amazonのアソシエイトとは、Amazonの商品をアフィリエイトできる仕組みです。

 

もちろん無料で始めることができて、アフィリエイトの初心者が成果を上げるにはおすすめの方法の一つです。

 

Amazonには豊富な商品があるので、記事の内容に合わせて広告を貼ると良いでしょう。

 

アソシエイトとは

 

大手のECサイトとして世界的に有名なAmazonの商品をアフィリエイトできるサービスです。

 

Amazonのアカウントを作ればすぐに始められます。

 

仕組みとしては、あなたの広告から商品が売れた場合に【紹介利率】×【売上金額】の報酬が発生します。

 

アソシエイトの紹介利率

 

アソシエイトの紹介利率とは、商品の価格に対しての報酬の割合です。

 

カテゴリーごとに決められていて最大10%の紹介利率が付いています。

 

Amazonビデオ(レンタル・購入)などは紹介利率が高いので、おすすめのカテゴリーです。

 

アソシエイトのプログラム紹介料率表

 

アソシエイトの審査について

 

アソシエイトを行う手順としては、まずご自身がアフィリエイトをする媒体が必要です。

 

サイトを用意するのが一般的です。Twitterでも申請できます。

 

アソシエイトにはたくさんのカテゴリーがあり商品のラインアップは豊富ですが、検索エンジンからのアクセスアップを考えるとサイトのテーマやメインキーワードは特定のカテゴリーを考えておくと良いです。

 

アソシエイトの申込みの作業は数分で終わるくらいかんたんです。申請後に審査をしてもらい、結果が数日でメールで返ってきます。

 

審査に通るために、サイトの記事を最低でも10記事程度は用意しておきましょう。

サイトはwordpressで作ったほうが審査にとおりやすいです。これは無料ブログだと、無料ブログ側でアフィリエイトが禁止されていることがあるためです。

 

また普段から買い物をしているAmazonのアカウントがあれば、そのアカウントでアソシエイトの申請をしたほうが審査にとおりやすい例があるようです。

 

サイトのジャンルが過激なジャンルだと規約違反ですので、Amazonの商品を広告できるようなジャンルやキーワードを設定しましょう。

 

また、他のASPのサービスがサイトに貼られていると、審査に通らないことがあるようですので審査を受ける前にチェックをしてください。

 

紹介の報酬を受け取るには

 

アソシエイトで発生した報酬は、銀行振込でもらうか、Amazonギフト券でもらうかを選べます。

 

Amazonギフト券の場合は500円以上の紹介料がたまると取り換えてもらえます。

 

銀行振込の場合は5,000円以上の紹介料がたまると振り込んでもらえます。

 

支払い方法の変更は、アソシエイトのログイン後「アカウントの管理」→「お支払い/米国税務情報を変更」から行えます。

 

初心者におすすめ

 

Amazonには豊富な商品があるため、基本的に記事に合った商品を記事の中で紹介すれば売上が出るチャンスがあります。

 

商品が豊富な分、プログラムを探しやすいというのは初心者にとって取り組みやすいでしょう。

 

しかし、より成約率を高めるためにもサイトのテーマや上位表示を狙うキーワードはしっかり選定をしたほうが良いです。

 

 

アソシエイトのやり方

アソシエイトのやり方

 

アソシエイトの申請がとおれば、そこからはかんたんです。

 

アソシエイト側でやるべきことは、アソシエイトにログインしてキーワードなどで商品を検索し、広告を取り出してメディアに貼るだけです。

 

あとは運営しているサイトについてはキーワード選定をしながら記事を増やしていけばOKです。

 

キーワードからプログラムを検索する

 

アソシエイトにログインすると検索バーがあるので、そこにキーワードなどを入力することでプログラム(商品)を検索できます。

 

たとえば「マーケティング」に関する書籍を探したければ、アソシエイトの検索バーに「マーケティング」というキーワードを入れて検索をすると該当する商品が出てきます。

 

書籍だけでなく、たとえば「冷蔵庫」と検索をすればAmazonにある冷蔵庫が見つかります。

 

商品リンク

 

アソシエイトでキーワードを入れて検索をすると商品が見つかります。

 

商品の横に「リンク作成」というボタンがありますので、そこをクリックするとあなたのサイトなどに貼り付けるリンクが取り出せます。

 

商品リンクの種類も「テキストと画像」「テキストのみ」「画像のみ」「ウィジェットに追加」と豊富に用意されています。

 

アソシエイト・ツールバー

 

アソシエイト・ツールバーは、Amazonのページから直接アソシエイトリンクをつくれるツールです。

 

Amazonのページを見ながら、素早くFacebookやTwitterにシェアできますので、初心者さんにとっても便利です。

 

アソシエイト・ツールバーは、アソシエイトにログインして「ツール」→「アソシエイト・ツールバー」→「アソシエイト・ツールバーの設定」のページから設定できます。

 

 

最後に

 

この記事では、初心者さんにもおすすめなアフィリエイトの仕組みとしてアソシエイトをご紹介しました。

 

しっかり報酬を出すために、何となくサイトやSNSに広告を貼るだけでなく、「どんなキーワードを調べたユーザーのアクセスを集めるのか」などを意識しながらメディアを育てましょう。

 

ターゲットは絞り込んで情報発信をしたほうが成約率が高いので、意識してみてくださいね。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのキーワードや記事内容で表現してはいけないルール

アフィリエイトのキーワードや記事内容で表現してはいけないルール

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで稼ぐために、商品が欲しくなるキーワードや記事内容をどんどん狙っていこうとがんばっている人もいるでしょう。

 

しかし、表現によっては使ってはいけないルールになっていることがあります。

 

こうしたルールを守らないと、アクセスが来なかったり、報酬を取り消されたり、法律違反と判断されることがあります。

 

 

アフィリエイトにおけるキーワードとは

アフィリエイトにおけるキーワードとは

 

アフィリエイトにおけるキーワードとは、「ユーザーがあなたのメディアにたどりつく前に検索バーに入力した検索キーワードのこと」です。

 

どういうキーワードからアクセスを集めるかでアフィリエイトの売上も変わります。

 

また、リスティング広告(PPC)を中心に、ASPのプログラムの詳細欄にて「このキーワードは使わないでね」というルールが決まっているものもありますので注意してください。

 

ロングテールキーワードとは

 

いくつかの単語を組み合わせたキーワードのことを「ロングテールキーワード」と言います。

 

たとえば「アフィリエイト」という単語だけでなく、「アフィリエイト キーワード 選び方」といったように、いくつかの単語の組み合わせてできたキーワードがロングテールキーワードです。

 

ニッチキーワードや複合キーワードとも言います。

 

商品名をキーワードにしても良いのか

 

アフィリエイトで稼げるキーワードの代表例として「商品名をキーワードにする」という考え方があります。

 

商品名で検索をする人はすでに商品に興味があるので、成約率が高いことが考えられます。

 

しかし、リスティング広告(PPC)などを中心にプログラムによっては広告主から「商品名や商標をキーワードにするのはNG」とルールが定められていることがあります。

 

そのためプログラムを選ぶときにしっかりASPの詳細欄をチェックする必要があります。

 

集客用のキーワード

 

アフィリエイトの場合、紹介したい商品についてしっかり説明をして訴求したページを作って、そのページにアクセスを集めて売上を出します。

 

そのページにアクセスを集めるためにも「集客用のキーワード」を選定します。

 

集客用のキーワードは、「その商品を購入するユーザーはどんなキーワードで検索をしていそうか」ということから考えます。

 

集客用のキーワードから売上を作る方法

 

集客用のキーワードについて書いた記事は、あくまでそのキーワードで調べるユーザーに役に立つ内容であって商品の説明は少ないはずです。

 

しかし、そうしたユーザーの役に立つ記事の中に「もっと詳しい解決策はこちら」「おすすめの商品はこちら」という感じで商品について訴求したページに対してのリンクがあればアクセスを流せます。

 

ですから構造としては「集客用の記事」→「売るための記事」という仕組みを作ると良いです。

 

 

キーワードを決めたら記事を書こう

キーワードを決めたら記事を書こう

 

アフィリエイトの記事の書き方の基本は構成から決めることです。

 

その記事で上位表示を狙っているキーワードで、記事を書く前に実際に検索をしてみます。

 

少なくとも1位から10位までのライバル記事については見出し構成をチェックします。

 

そして、そのキーワードで調べるユーザーにより役に立つ内容にするには、ライバルの構成のどこを直せば良さそうかを考えながら自分の記事の構成を決めて、記事を書きます。

 

 

アフィリエイトでやってはいけない表現

アフィリエイトでやってはいけない表現

 

もちろんあなたも、アフィリエイトで収益を上げたいと思っているでしょう。

 

しかし、収益のためならどんなことでも書いて良いわけではありません。

 

広告主によってルールが決まっていたり、法律で定められていることもあるので注意しましょう。

 

ASPに書いてあるルールを読もう

 

ASPによってはプログラムごとに成果が発生する条件や、非承認となる条件、表現してはいけないキーワードについてのルールが書かれています。

 

特に、「やってはいけないこと」「表現してはいけないキーワード」についてはしっかり目を通しましょう。

 

あなたが意識していなくてもあとで大きな問題に発展することも考えられます。

 

誇張・誇大表現

 

アフィリエイト報酬を得たいから、ついつい大げさなことを書いてしまいたい気持ちがあるかもしれません。

 

大げさな表現をしたほうが買ってもらえそうだと考える人もいるかもしれません。

 

しかし、商品についての誇張表現や誇大表現は景品表示法という法律で禁止されています。

 

「基本的な表現は自由ですが、実際よりもかけ離れてよく見えるような誤解のある表現はダメだよ」と決まっているのです。

 

不正確な表現

 

こちらも景品表示法に当てはまるかもしれませんが、不正確な表現も気をつけたほうが良いです。

 

法律だけでなく、検索エンジンなども根拠の乏しい表現が多いコンテンツは評価をしません。

 

基本的に「うそを書いたらダメ」という当たり前のことを守れば問題はないのです。

 

広告主のブランドを下げる表現

 

インターネットには昔から「ネットハイエナ」と言って、販売者に対してネガティブなキーワードで上位表示をして、その販売者の商品ではなく、自分が推薦する商品を買わせようとする人がいます。これはとても残念です。

 

もちろん悪質に販売者や広告主のブランドを下げれば訴訟などに発展します。

 

事実ではないデタラメや言いがかりを表現して「販売者名+詐欺」「商品名+被害」というキーワードで記事を作り、「この人は最低な人ですが、私の推薦する商品はおすすめです」という流れで記事を書く手法を「ネットハイエナ」と言いますが、これは大問題に発展するので注意が必要です。

 

著作権は守ろう

 

基本的にインターネット上のコンテンツには著作権があります。

 

文章、画像などはすべて著作権があると考えてください。

 

著作権フリーのサイトなどでなければ、他人のコンテンツを勝手に使うことは許されません。

 

こちらも後に訴訟などに発展するケースがあるので決して行わないでください。

 

フェイク広告

 

たとえば芸能人の写真と商品の写真を合成して、いかにもその人が愛用しているように見せかけた広告などをフェイク広告と言います。

 

これもはっきり言って、話にならないです。

 

当然、大きな問題として発展しますので絶対に行わないでください。

 

薬機法(薬事法)を守ろう

 

健康、ダイエット、美容などのジャンルでサイトを運営している人は、表現についてのルールが法律で決まっています。

 

この法律を薬機法(昔は薬事法)と言います。

 

健康、ダイエット、美容などはアフィリエイトで稼ぎやすいジャンルですが、取り組むときには薬機法(薬事法)の勉強をしっかりとしましょう。

 

 

最後に

 

この記事ではアフィリエイトで使うキーワードや記事内容について、表現するときの注意点を説明しました。

 

少し怖くなった人もいるかもしれませんが、基本はルールをしっかり守れば何も怖くありません。

 

ルールや法律を破ったり、あきらかに悪質なことをせず、健全にビジネスをしている人には怖い内容ではないのです。

 

正しく活動して、明るく成功してほしいなと思っています。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトのテーマやキーワードは日常生活の中から考えられる

アフィリエイトのテーマやキーワードは日常生活の中から考えられる

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

自分らしく成功するためには、自分が得意なことをビジネスのテーマに設定したほうが良いでしょう。

 

アフィリエイトをする場合にも、自分らしいテーマに合わせたサイトを作って、上位表示を狙ったキーワードからアクセスを集めて成功してほしいと思っています。

 

日常生活の中からアフィリエイトのテーマや、上位表示を狙うキーワードを考えるコツを教えます。

 

 

アフィリエイトはまだ稼げるのか

アフィリエイトはまだ稼げるのか

 

矢野経済研究所の記事でも、アフィリエイトの市場規模はまだ伸びていることがわかります。

 

体感としてもアフィリエイトで稼いでいる人を数多く知っているのでまだまだアフィリエイトで稼げるといえるでしょう。

 

ただし、Googleの検索アルゴリズムのアップデートなどに代表されるように、時代に合わせた戦略を取り入れることが大切です。

 

アフィリエイトとアドセンス

 

アフィリエイトとよく比較をされるのがアドセンスです。

 

アフィリエイトが成果報酬型の広告であるのに対し、アドセンスはクリック報酬型の広告です。

 

考え方としてはまずASPに登録をして、自分が紹介したいプログラムを探してみます。もしもASPから紹介したいプログラムがどうしても見つからない場合にはアドセンスからの収益を考えると良いでしょう。

 

 

アフィリエイトで月100万を稼ぐ日常

アフィリエイトで月100万稼ぐ日常

 

アフィリエイトで月100万円を稼いでいる人は、あなたが思っているよりも多いと思います。

 

あなたはアフィリエイトで月100万円を稼いでいる人の日常ってどんなものだと思いますか?

 

短期間ではなく、長く収益を得られる人はアフィリエイトという仕事にやりがいを感じて継続して情報発信を続ける人が多いです。

 

最初は収入がうれしい

 

私も最初はアフィリエイト報酬が稼げることが楽しかったです。

 

最初の報酬は700円でしたが、その日のことを今でも覚えています。

 

そこから、月10万円、20万円、50万円、70万円と報酬が伸びていくのは最初は楽しいものです。

 

お金のモチベーションは続かない

 

「ハーズバーグの動機づけ・衛生理論」でも提唱されていることですが、人間はお金の満足度だけでは決して高い次元の喜びは得られません。

 

人間が仕事において高い次元の喜びを感じるのは「充実感」「達成感」などの精神的な満足感であって、お金のモチベーションは実は長くは続かないのです。

 

実際に私自身もそうでしたが、多くの成功者が収入が増えること自体の喜びはある時からなくなるということを言っています。

 

長く稼げる人の日常

 

やはり長く稼げる人の共通点は、仕事にやりがいを感じているということです。

 

生きるためではなく、楽しいから続けられるという感じです。

 

アフィリエイトという仕事においても、情報発信をして人の役に立てることにやりがいを感じていれば、稼いだ報酬に関係なく高いモチベーションを持ち続けられるので作業を継続できて、結果的に長い期間稼ぐことができるのです。

 

自分を成長させることが日常

 

また、長く稼げる人は自分を成長させることにやりがいを感じている人が多いです。

 

インターネットマーケティングは時代に合わせてやり方がどんどん変わりますし、一時期の実績に関係なく勉強を続けることが必要です。

 

ですから、常に自分を成長させていこうというモチベーションを持てたほうが長く成功できるのです。

 

喜ばせることが大切

 

アフィリエイトという仕事はパソコンと向き合って黙々とやるという感じなので、あまり「お客様」という存在を意識しない人が多いです。

 

しかし、アフィリエイトの本質はインターネットで情報発信をして、読者さんや視聴者さんに価値を提供した結果、アクセスが集まり報酬になるわけです。

 

ですから、日常的に「お客様を喜ばせるための仕事」という意識を持つことが大切です。

 

 

アフィリエイトで月100万を目指すなら

アフィリエイトで月100万を目指すなら

 

コンサルティングをしていても、「月100万円を稼げるようになりたいです」ということをよく言われます。

 

もちろん、月100万円という収入の目標は良い目標だと思います。

 

月100万円を目指すなら、健全な理解と気持ちを持って、ひたむきに情報発信を続けることが大切です。

 

「らくして」を間違えないこと

 

アフィリエイトやインターネットビジネスの業界では「らくして稼げますよ」という言葉をよく目にすると思います。

 

しかし、それはあくまで結果論です。

 

仕組みを作れば働いていない瞬間も売上が出るのはインターネットマーケティングの事実ではありますが、その仕組みを作ったり維持するための作業は必要なのです。

 

成功事例は常に調べる

 

インターネットマーケティングは「時代に関係なく共通する原理原則」と「時代に合わせて変えるべきやり方」の2つで成り立っています。

 

たとえば一年間で考えても、多くのやり方を変更することは日常的です。

 

そのため、常に最新の成功事例を調べたり学んだりするひたむきさは必要だといえます。

 

アフィリエイトだけがビジネスではない

 

月100万円を安定して稼ぎたいのであれば、アフィリエイトだけに焦点をしぼらなくても良いでしょう。

 

最初はアフィリエイトでも良いかもしれませんが、ご自分のサービスを作って販売できるようになれば収益のチャンスはさらに拡大します。

 

無理にアフィリエイトに固執するのではなく、さまざまな可能性を考えて活動をしましょう。

 

日常的にビジネスを楽しもう

 

当たり前ですが、アフィリエイトも仕事なので今後の人生で継続して取り組んだほうが成果が伸びます。

 

そのためにもアフィリエイトというビジネスを好きになっていただく必要があります。

 

ここまでに書いたように、ご自分の活動に対して「やりがい」「達成感」を感じられるようにテーマを選んだり、日常的に記録をつけたりするようにしましょう。

 

情報発信を楽しもう

 

インターネットの情報発信は、やればやるほどおもしろいです。

 

というのも、SEO(検索エンジン対策)もSNSもYouTubeも、最初はなかなかアクセスやフォロワー数や視聴数が増えないのですが、継続して情報発信をやっていると少しずつアクセスが増えていきます。

 

アクセスが伸び始めてからは、急速にメディアが育つことも多いので、初期のアクセスが少ない時期に挫折せずに継続して情報発信をすることが大切です。

 

疲れたら

 

もしもアフィリエイトというビジネスや情報発信の作業に疲れてしまったら、自分の理念を確認しましょう。

 

そのためにも「自分は、どんな人のどんな悩みを解決するためにビジネスをするのか」という理念を作っておきましょう。

 

モチベーションの根本がお金の目標だけだとどうしても挫折してしまうので、理念を作っておくことはとても大切なのです。

 

まずGoogleで検索をしてみよう

 

わからないことがあれば、まずはGoogleで調べてみましょう。

 

「成功例」や「やり方」などのキーワードで検索をする習慣を日常的につけていきましょう。

 

あなたに合った1対1のアドバイスは検索では得られませんが、だいたいの成功事例やツールの使い方などは検索エンジンでかなり調べることができます。

 

 

情報発信の基本

情報発信の基本

 

アフィリエイトで稼ぐために情報発信は欠かせません。

 

というより、アフィリエイトの本質は情報発信をしてアクセスを集めることです。

 

最初は慣れないと思いますが、やりながら成長すればOKです。ユーザーの役に立つ情報をコツコツと発信しましょう。

 

ユーザーが知りたいことを発信する

 

メディアのジャンルを決めたら、そのジャンルにおいてユーザーが知りたいことを発信することがポイントです。

 

情報発信の初心者はついつい自分の視点で記事を書いてしまいますが、本当に書くべき内容はユーザーが知りたいことです。

 

ライバルをチェックしたり、読者さんの反応をチェックしたり、アンケートを取ったりしながら、ユーザーに役立つ情報を発信しましょう。

 

サイトはwordpressで作ろう

 

アフィリエイトサイトはwordpressで作ることをおすすめします。

 

wordpressは世界中で使われているブログシステムです。

 

自分で契約をしたレンタルサーバーと独自ドメインで運営するので、広告が勝手に挿入される心配やアカウントが消される心配がありません。

 

メルマガやLINE公式アカウントも使おう

 

情報発信において、サイトやSNSのように「ユーザーがアクセスしてくるのを待つ媒体」のことを「プル型の媒体」と言います。

 

これに対してメルマガやLINE公式アカウントのように、こちらから読者さんに発信ができる媒体のことを「プッシュ型の媒体」と言います。

 

情報発信をより強化するためにもメルマガやLINE公式アカウント(旧LINE@)も取り入れていくと良いです。

 

情報発信しながら文章を書く練習を積む

 

はじめは文章を書くことに苦労する場合もあります。

 

そうしたとき、文章の訓練を積んでから情報発信を始めようと思うと時間がかかりすぎるので、情報発信をしながら文章を書く練習を積むことを意識してください。

 

はじめのうちは文章が下手でも構わないので、とにかく継続して発信をすることが大切だと覚えておきましょう。

 

 

サイトのテーマの決め方

サイトのテーマの決め方

 

アフィリエイトにおいてサイトは中心的な存在です。

 

アフィリエイトリンクのあるサイトにアクセスを増やすことでアフィリエイト報酬を稼げます。

 

まずはサイトのテーマをしっかり決めて、そのテーマの中でユーザーの役に立つ情報発信を日常的に行いましょう。

 

特定のテーマに特化した方が良い理由

 

サイトのアクセスは多くの場合、検索エンジンから集まります。

 

つまり検索エンジンで特定のキーワードで検索をしたときに、あなたのサイトが検索結果で上位表示されていればその分だけアクセスが集まりやすいです。

 

検索エンジンは「何のサイトなのか」というのが明確な方が評価をする傾向ですので、サイトのテーマをしっかり決めることが大切です。

 

自分の日常から決める

 

ここまでに説明したように、長く稼ぎたいのであれば情報発信を継続する必要があります。

 

そのためにも自分の日常から考えて、好きなことや得意なこと、説明できること、調べていてつらくないことなどをテーマに選ぶと良いです。

 

日常生活の中で、自分がどんなことに興味を持っているか、一度確認してみると良いでしょう。

 

得意なことは何か

 

今までのお仕事の経験や、人から「ありがとう」と言われた経験から考えて、自分が得意なことを探してみるのも良いです。

 

得意なことは続けやすいです。

 

また得意なことは仕事にすると成果が出る確率も高いので、得意なことからサイトのテーマを決めても良いでしょう。

 

ASPに登録をしよう

 

サイトのテーマが決まったら、ASPに登録をしてみましょう。

 

ASPとは「アフィリエイト・サービス・プロバイダー」の略で、かんたんに言うとアフィリエイトのプログラム(広告)を探したり取り出せるサービスのことです。

 

無料で登録ができて、報酬もASPから支払われます。

 

メインキーワードを考える

 

ASPから自分が紹介をしたいプログラムが決まったら、そのプログラムがどんな人の役に立つ商品なのかを考えてみてください。

 

そこから「そういうユーザーはどんな検索キーワードで検索をするか」ということを考えて書き出してみましょう。

 

サイトにアクセスを集めるには、何かのキーワードで上位表示をする必要がありますので、そのキーワードを考えるのです。

 

記事で狙うのは関連キーワード

 

メインキーワードが決まったら、その関連キーワードをピックアップしましょう。

 

1つずつの記事で上位表示を狙うのは、関連キーワードです。

 

たとえば「英会話」というメインキーワードに対して、「英会話 初心者」「英会話 上達」という関連キーワードがあるなら、それぞれの関連キーワードに対して1記事ずつ記事を書くのです。

 

関連キーワードを見つけるツール

 

関連キーワードを見つけたり、その関連キーワードに対してどういう記事を書くべきなのかを調べられるキーワード調査のシステムがあります。

 

SEOツールや、サジェストキーワードはうまく使いこなしましょう。

 

関連キーワードのピックアップは、自分の力でやるよりもシステムにまかせたほうが早い上に正確です。

 

 

日常から判断できるトレンドキーワード

日常から判断できるトレンドキーワード

 

トレンドキーワードとは、一時的にアクセスの増加が見込めるタイムリーなキーワードのことです。

 

たとえばニュースなどで話題になっているキーワードは検索数が急上昇します。

 

こうしたトレンドキーワードを見つけるために、日常的にキーワードを意識しながらテレビやニュースを見ると良いかもしれません。

 

多くの人が興味を持っていること

 

たとえばオリンピックやワールドカップなど、多くの人が興味を持っていることに関するキーワードはアクセスが急上昇する可能性もあります。

 

あるいは、クリスマスや夏休み、新生活、ハロウィンなど、毎年あるイベントも、定期的にアクセスが増える見込みがあります。

 

こうした多くの人が興味を持っていることや、それに関する検索キーワードを日常的にメモをしておくと良いです。

 

ニュースで話題になっているキーワード

 

芸能ニュースなどで話題になっているキーワードも検索数が上がります。

 

芸能ニュースだけでなく、災害などのキーワードも考えられるし、表彰された人や映画などに関するキーワードも考えられます。

 

日常生活の中で、「今、何が話題かな」ということは注目をすると良いです。

 

知名度があるキーワード

 

すでに知名度があるキーワードは、日常的に検索需要があるし、話題になればさらに急上昇します。

 

もし扱うプログラムの商品名がもともと知名度があるのなら、商品名をキーワードにして記事を書くと良いでしょう。

 

商品名をすでに知っている人は商品に興味を持っているので成約率が高い傾向です。

 

長期的に検索の需要はあるか

 

トレンドキーワードはアクセスが急上昇する可能性があるものの、ブームが過ぎてしまえばアクセスが減ることもあるというのがデメリットです。

 

ですから、トレンドキーワードの中でも長期的に検索の需要があったり、定期的に検索の需要が高まる見込みのあるものを狙うと良いです。

 

たとえば毎年あるイベントだったり、定期的に発生する話題であれば、次回以降に話題のときもアクセスを集めやすいでしょう。

 

ライバルの強さもチェックしよう

 

トレンドキーワードはメリットもありますが、大手のサイトもそうしたキーワードを狙っています。

 

ご自分が「このキーワードで記事を書こうかな」と思ったときには、必ずそのキーワードで一度検索をしてみてください。

 

検索結果に大手企業のサイトなどが多ければ、キーワードをずらして考えます。

 

たとえば「サッカー ワールドカップ」というキーワードでは大手のサイトが多いとしても、「サッカー ワールドカップ ルール 基本」というキーワードなら個人のブログでも上位が取れているということがあります。

 

これが「キーワードずらし」です。

 

トレンドキーワードはスピード勝負

 

トレンドキーワードを狙う場合はスピード勝負です。

 

話題のうちに記事を書いて検索エンジンに評価を受けないと、話題が過ぎてしまうからです。

 

ですからトレンドキーワードを狙う場合には日常的に話題のキーワードに注目をしてすぐに記事を書く意識を持つことが大切です。

 

まとめサイトはおすすめできない

 

他の人が書いたコンテンツ(記事や投稿など)をまとめて自分のサイトに掲載したものをまとめサイトと言います。

 

大型のサイトですでに有名なものはまだしも、これからそうしたまとめサイトを個人で作ってアクセスを集める戦略はきびしいと言えます。

 

検索エンジンはオリジナルコンテンツを優先的に上位表示しますので、しっかり自分で書いた記事を公開しましょう。

 

 

収益を大きくするために

収益を大きくするために

 

より収益を大きくするために、いくつかのコツを覚えましょう。

 

まず大前提なのがここまでに説明したように、継続して取り組むことです。

 

仕組み化していくことがある程度は手を放していても稼げますが、定期的にメンテナンスをしたり情報発信をすることは大切です。

 

Googleの動向

 

より大きな収益を狙うのなら知っておきたいのがGoogleの動きです。

 

Googleは定期的に検索エンジンの仕組みをアップデートします。

 

全体的な動きとしては「検索キーワードの検索意図を理解した上で、その答えにふさわしいオリジナルのコンテンツを上位表示する」というものなので、このポイントを意識して記事を書くことが上位表示への近道です。

 

Search Consoleを使おう

 

Search ConsoleはGoogleが提供している無料のアクセス解析ツールです。

 

Search Consoleを使えば、どんな検索クエリ(キーワード)で順位がついているのかをチェックできます。

 

またサイトの構造に直すべきポイントが発生した場合にはSearch ConsoleをとおしてGoogleが知らせてくれます。

 

11位から20位はメンテナンスをする

 

Search Consoleでチェックをしたときに、11位から20位に位置しているキーワードに関しては、そのキーワードで書いた記事をメンテナンスしましょう。

 

11位から20位まで検索順位が上がっていれば、そのキーワードをもっと記事の中で使ったり、あるいは検索意図に対してより詳しい解説をすることで10位以内に入る可能性があります。

 

このようなメンテナンスをするためにも、記事で狙ったキーワードとその記事のURLをスプレッドシートなどにまとめておくと便利です。

 

意図していないキーワードを見つけたら

 

Search Consoleをチェックしていると「え、こんなキーワードで順位がついている」と思うことがあります。

 

そうした意図していないキーワードで順位がついていたら、そのキーワードで新規に記事を書くと良いです。

 

ようは、そのキーワードでもあなたのサイトは評価を受けているということなので、そのキーワードでしっかり記事を書けば上位表示が取れる可能性があります。

 

内部リンクを増やそう

 

内部リンクとは、サイトの中のあるページから同じサイトの中の別のページへ送ったリンクのことです。

 

キーワードを探すためのツールならこちら

 

上のようなものが内部リンクと言います。

 

内部リンクが多いほうが検索エンジンが評価してくれる傾向が強いので、自分のサイトの記事において関連する記事へは内部リンクを貼りましょう。

 

記事は網羅性も大切

 

記事の内容はユーザーが知りたいことをしっかり書くようにしましょう。

 

記事で狙っているキーワードについて、「ユーザーはなぜそのキーワードで検索をしているのか」を考え、その答えとなる記事を書くことでアクセスが集まります。

 

なぜなら、検索エンジンもユーザーの検索意図の答えとなるコンテンツを検索結果で返すからです。

 

検索意図をしっかり考えよう

 

したがって、記事を書く前にユーザーの検索意図をしっかり書き出すようにします。

 

どんな悩みを持ったユーザーがターゲットなのか、何が知りたいと思っているのかを書き出しておくのです。

 

そして、その答えとなる記事になるように構成から考えて、最後に文章を書くのです。

 

情報は最新にしよう

 

検索エンジンは情報が最新かどうかも検索結果の判断基準としています。

 

一度書いた記事についても、情報を最新にするべきものは変更をしましょう。

 

これも、先程説明したようなスプレッドシートに記事のURLや狙ったキーワードをまとめたものを保存しておくと便利です。

 

記事タイトルの考え方

 

サイトの場合はキーワードが入った記事タイトルを作りましょう。

 

その記事で上位表示を狙っているキーワードを記事タイトルにも使います。

 

文字数は全角なら32文字以内が検索結果に表示される文字数なので、32文字以内に整えます。

 

 

知っておくべき知識

知っておくべき知識

 

アフィリエイトをする上で知っておくべき知識がいくつかあります。

 

特にGoogleのアップデートについては基本を知っておきましょう。

 

Googleは検索エンジンの仕組みを繰り返しアップデートしていますので、そのたびに検索順位が多少変動します。

 

Googleのアップデートとは

 

Googleにはアルゴリズムという検索順位を決める基準となる仕組みがあります。

 

大きく分けて「パンダアップデート」という記事の質やサイトの構造などをチェックするサイトの内側に対してのアルゴリズムのアップデートと、「ペンギンアップデート」という外部サイトからの被リンクの質などをチェックするサイトの外側に対してのアルゴリズムのアップデートがあります。

 

どちらも、ずるいことをせずにしっかりと検索ユーザーのためになる記事を日常的に書いていれば怖くありません。

 

薬機法(薬事法)

 

薬機法とは、美容や健康に関わる商品に関して使って良い表現を定めた法律です。

 

昔は「薬事法」という名前でした。

 

法律なので守らないと罰則がありますし、検索エンジンもこの法律はかなりチェックしているので美容や健康といったジャンルのサイトを運営している人はチェックをしましょう。

 

薬機法(薬事法)を学ぶなら

 

YMYLとは

 

YMYLとは「Your Money Your Life」の略で、かんたんに言うとお金や健康や法律など、人生に影響が大きい内容のページを指す言葉です。

 

このYMYLに当てはまるジャンルについては、その他のジャンルよりも高い質の記事や内容の根拠や信頼性が問われます。

 

「金融」「医療」「法律」「公式情報」などが当てはまります。お金や健康や法律についてはYMYLに当てはまります。

 

 

最後に

 

この記事ではアフィリエイトで狙うキーワードについてのヒントや日常的に情報発信や作業をするポイントを説明しました。

 

普段の生活から、アフィリエイトという仕事を意識して過ごしてみましょう。

 

あなたが長く続けていて楽しいジャンルで成功してくれることを願っています。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトの商品選定はキーワードなどでプログラムを検索する

アフィリエイトの商品選定はキーワードなどでプログラムを検索する

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトで成果を上げるには、まずプログラムを探す必要があります。

 

プログラムとは、アフィリエイトをする商品のことです。

 

プログラムを見つけるにはASPに登録をして、ASPの検索機能を使ってキーワードなどを入力して調べたりします。

 

 

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは

 

アフィリエイトとは、自分のサイトなどに広告を掲載し、その広告から商品が売れるなどの成果が出たときに報酬をもらえるビジネスです。

 

パソコン一台あれば取り組めるので、人気のビジネスの一つです。

 

アフィリエイトをするにはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)に登録をします。

 

報酬を受け取るには

 

ASPに登録をすることで、発生したアフィリエイト報酬もASPから振り込まれます。

 

ですから、ASPのアカウントを作ったら銀行口座も忘れずにASPに登録をしましょう。

 

また、ASPによっては「5,000円以上の報酬がたまったら振り込みますよ」などと、振り込みの最低金額が決まっているサービスもありますので規約をしっかり読んで確認をしましょう。

 

 

プログラムとは

プログラムとは

 

アフィリエイトで言う「プログラム」とは、商品のことです。

 

ご自身がASPから取り出して自分のメディアで取り扱う案件(商品やサービスなど)のことを「プログラム」と言います。

 

アフィリエイトは成果報酬型の広告業なので、プログラムを選ばなければ報酬が発生しません。

 

 

成果につながるプログラムとは

成果につながるプログラムとは

 

アフィリエイトをするなら当然、報酬をしっかり稼ぎたいと思います。

 

そのためにも成果の出るプログラムを選んで紹介をしましょう。

 

ASPに書いてある成果が発生する条件や、LP(販売ページ)もチェックして成果につながるプログラムを選びます。

 

悩みを解決するプログラム

 

人の悩みが深いジャンルは、その分だけ購買意欲が高いです。

 

プログラムを選ぶときに、その商品やサービスがどんな悩みを解決するものなのかを考えてみましょう。

 

その悩みが深いほど、価格が高いことも多いですし、その分だけ報酬の単価も高いことがあります。

 

成約のハードルが低いプログラム

 

ASPには成果が発生する条件が書いてあることも多いです。

 

たとえば「購入されたら販売価格の30%が報酬となる」だとか「申込みがされてから1カ月サービスを利用されたら1,000円」といった感じです。

 

こうした成果の発生する条件を見て、ハードルが引くプログラムを選ぶことも最初は良いかもしれません。

 

インターネットで売れる商品とは

 

そもそもインターネットで売れる商品とはどういうものでしょうか。

 

現在は多くのジャンルの商品がインターネットで販売されていますが、その辺のスーパーで買えるような商品はどうしても個人のメディアで訴求をすることが難しいです。

 

特定のターゲットに絞り込まれた、インターネットでしか買えない商品は、個人のメディアで訴求をしやすいです。

 

LP(販売ページ)もチェックする

 

アフィリエイトでとても大切なことなのですが、ASPの情報だけではなく、実際に販売ページもチェックをしてみましょう。

 

販売ページやLPを見てみて、本当にその商品やサービスを購入したくなるか、登録したくなるものなのかなどをチェックしましょう。

 

お客様目線で見たときに、購買意欲がかきたてられないLP(販売ページ)のプログラムは成約率が低いことが多いでしょう。

 

 

ASPからプログラムを検索する方法

ASPからプログラムを検索する方法

 

ASPからプログラムを検索する方法はかんたんです。

 

まず、ASPのアカウントを作ったら実際にログインをしてみましょう。

 

キーワード検索やカテゴリー検索などASPの検索機能を使って自分が紹介したいプログラムを見つけましょう。

 

プログラムを選ぶ切り口

 

多くの人はプログラムを検索するときに、ジャンルで考えると思います。

 

たとえば「美容」とか「金融」などといった感じです。

 

ただし、ジャンルではなくニーズやターゲットから考えたキーワードで検索する視点も大切です。

 

キーワード検索

 

ASPの検索機能の代表的なものとして「キーワード検索」があります。

 

これは検索エンジンと同じで、検索バーにキーワードを入れて調べる方法です。

 

カテゴリー、ニーズ、ターゲットなどから検索をするキーワードを考えて調べてみましょう。

 

カテゴリー検索

 

大手のASPには数多くのプログラムが掲載されています。

 

そうした大型のASPであればカテゴリーのメニューが用意されていることも多いです。

 

自分が紹介をしたいプログラムのカテゴリーが決まっていれば、カテゴリーのメニューから調べてみても良いでしょう。

 

新着プログラム

 

ASPのトップページなどに新着プログラムが掲載されていることがあります。

 

新着プログラムはまだライバルが少ないこともあります。

 

新着プログラムにも注目をして、紹介できそうなプログラムがあれば扱ってみましょう。

 

人気ランキングからプログラムを探す

 

ASPには人気ランキングが掲載されているものもあります。

 

アフィリエイトで稼ぐために「売れる商品を扱う」という視点はとても大切です。

 

ランキングが高い商品はやはり売れやすいので、人気のプログラムを扱いつつ、そのプログラムに集客できそうなライバルの少ないキーワードを狙ってサイトの記事を書いてみましょう

 

特集からプログラムを探す

 

ASPによっては特集が掲載されていることもあります。

 

特集はトレンドや季節などから組まれていることが多いです。

 

トレンドのキーワードなどを狙いつつ、ASPで特集されているプログラムを扱えば一気に報酬を獲得できることもあります。

 

キャンペーン中のプログラムを探す

 

特集と似ていますが、ASPでキャンペーンを組んでいるプログラムもあります。

 

一時的に報酬が高くなっていたり、成果の発生する条件が易しくなっていたり、普段よりも良い条件でアフィリエイトをできる場合があります。

 

キャンペーンが組まれているプログラムは、広告主やASPも売り出そうと力を入れている可能性が高いので、早めに扱ってみると良いかもしれません。

 

セルフバックはレビュー用に使う

 

セルフバックとは、自分のアフィリエイトリンクから商品やサービスに申し込んでも報酬が発生するプログラムの仕組みです。

 

いわゆる「自己アフィリエイト」とも言います。

 

これは報酬を稼ぐというよりも、商品のレビューをするためにセルフバックを使って損をすることなく商品を実際に体験できるという認識で使うことが正しい理解といえます。

 

 

プログラムとの提携について

プログラムとの提携について

 

自分のメディアで紹介をしたいプログラムが見つかればASPで提携の申請をします。

 

ASPによってはこの申請の作業が必要ないものもあります。

 

提携の申請が必要なASPに関しては申請後に実際に提携ができればアフィリエイトをできます。

 

「即時」と「審査あり」の違い

 

提携について、プログラムごとに「即時」と書いてあったり「審査あり」と書いてある場合があります。

 

「即時」とは提携の申請をしてからすぐに承認をしてもらえますよという意味です。

 

「審査あり」の場合は提携の申請をすると広告主が審査をするため、承認されるまでに少しタイムラグがありますよという意味です。

 

提携の状況はASPで確認ができる

 

提携の申請をして、承認されたのか審査中なのかという確認もASPからできます。

 

「プログラム管理」などのメニューから確認できることが多いです。

 

「審査あり」のプログラムについては審査期間はプログラムによって違いますので、2週間ほど結果が出ないプログラムもあります。

 

 

ユーザーのニーズを考える

ユーザーのニーズを考える

 

プログラムが決まったら、サイトを作っていきます。

 

プログラムの名称(商品名)をキーワードにしても良いですが、そのほかにその商品の見込み客が検索をしそうなキーワードを考えると良いです。

 

そのためにまずは、その商品がどういうニーズを満足させる商品なのかを考えてみましょう。

 

 

アフィリエイトサイトを作る

アフィリエイトサイトを作る

 

プログラムが決まって、その商品のニーズから検索結果で上位表示を狙うキーワードも決まってきたらアフィリエイトサイトを作ります。

 

アフィリエイトサイトはワードプレスというシステムで作ることをおすすめします。

 

また最初は細かいデザインは気にせずに、とにかくキーワード選定をしながら記事を増やすことが大切です。

 

アフィリエイトサイトを作る

 

アフィリエイトサイトはワードプレスで始めると良いでしょう。

 

ワードプレスは使っているユーザーがとても多く定評のあるブログシステムです。

 

必要なものは、「レンタルサーバー」「独自ドメイン」「wordpressテーマ」の3つです。

 

キーワード選定

 

キーワード選定は記事ごとに行います。

 

そのためにまず軸となるキーワードを決めましょう。

 

扱うプログラムから逆算をして、その商品を購入する人はどんなキーワードで検索をしていそうかという視点でキーワードを探すと良いです。

 

記事の書き方

 

良い記事の書き方のコツは、記事を書くときにはいきなり文章を書くのではなく、構成から考えることです。

 

まず、その記事で上位表示を狙うキーワードで実際に上位表示ができているライバルサイトの見出し構成をチェックします。

 

さらに、そのキーワードで調べる人は「何が知りたくて検索をするのか」という意図を考え、その意図に答えるためにライバルよりも適切な記事にするための構成を考えていきます。

 

 

最後に

 

この記事ではアフィリエイトでご自身が扱うプログラムの探し方をご紹介しました。

 

またプログラムが決まったあとに、どういう視点でキーワード選定をすれば良いのかについてもかんたんにまとめました。

 

手順としては、まず紹介するプログラムを見つけて、それを基準に上位表示を狙うキーワードを考えるのがおすすめです。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトやインターネット集客でキーワード選定が重要な理由

アフィリエイトやインターネット集客でキーワード選定が重要な理由

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトやインターネット集客において、キーワード選定はとても重要です。

 

キーワード選定しだいで、あなたのビジネスの成約率や売上が決まると言っても良いです。

 

キーワード選定とは「どんなお客様を集めるのか」に直結する作業ですから、ポイントをしっかり学びましょう。

 

 

キーワードの基本と重要性

キーワードの基本と重要性

 

キーワードとは、一般的には「手がかりとなる重要な言葉」という意味ですが、インターネットの中では「検索ワード」のことを言います。

 

ユーザーが検索エンジンに打ち込んで検索をかける言葉のことを「キーワード」というのです。

 

ご自身のサイトの記事をどんなキーワードで検索結果において上位表示させるかによって、アフィリエイトやインターネット集客の成果が変わります。

 

キーワードとは

 

キーワードとは検索キーワードのことです。

 

検索エンジンのユーザーは検索をするときに、検索バーにキーワードを入力します。

 

自分のサイトに来てほしい人が検索しそうなキーワードで、検索結果で上位表示できれば理想的なアクセスが集まります。

 

キーワード選定とは

 

このキーワードを選ぶ作業をキーワード選定と言います。

 

サイトにアクセスを集めるためには、キーワード選定がとても重要です。

 

なんとなく記事を書くのではなく、「どんなキーワードで上位表示させたい記事なのか」を意識して記事を書くことが重要です。

 

集客用の記事と成約を取る記事

 

サイトの場合は、サイトにアクセスを集める記事と売上を出す記事をわけて考えます。

 

キーワードを意識して書く記事はアクセスを集める記事です。

 

検索エンジンから集客用の記事にアクセスを集め、その記事から商品を紹介しているページへ誘導をします。

 

キーワードずらしとは

 

キーワードによっては、ライバルとなるサイトに大手企業のサイトが目立つことがあります。

 

その場合は「キーワードずらし」という考え方を使います。

 

たとえば、「英会話」という単語で検索をしても大手の英会話スクールのサイトばかり目立つのに対して「英会話 40代 サラリーマン」などと他の単語を入れてみるとライバルが減ることがあるのです。

 

売上の8割が決まるほど重要

 

インターネット集客やアフィリエイトの世界では、サイトの売上の8割はキーワード選定で決まると言われるくらいです。

 

それほど、キーワード選定は重要な作業です。

 

「どんな検索キーワードで調べた人がアクセスしてくるのか」しだいで、理想のターゲットが集まるかどうかが決まるからです。

 

狙うのは購買につながるキーワード

 

あなたが自分のサイトで上位表示を狙うべきキーワードは、あなたがアフィリエイトをしている商品や提案したい商品の見込み客が検索しそうなキーワードです。

 

たとえばダイエット用品をアフィリエイトしたい場合、「ダイエット 自宅 用具」というキーワードなら、購買につながりそうです。

 

一方で、「ダイエット 無理 言い訳」というキーワードで調べる人は、ダイエット用品を買わなそうですよね。

 

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

 

それでは、キーワードの見つけ方についてポイントを挙げます。

 

流れとしては、まず軸となるメインキーワードを決め、その関連キーワードをピックアップします。

 

そして複合キーワードから優先してライバルチェックをしながら記事を書くのです。

 

まずは取り組むジャンルを決めよう

 

これからビジネスを始める人は、まず取り組むジャンルを決めましょう。

 

ジャンルはできるだけ自分がやりたいジャンルが良いでしょう。

 

今後の人生で取り組んでいけそうなやりがいを感じるジャンルを選びます。

 

今までの経験や知識、好きなこと、趣味などから連想しても良いです。

 

メインキーワードを決める

 

メインキーワードを決める段階では、まだライバルのことを気にしなくて良いです。

 

実際に上位表示を狙うのは、最初のうちはメインキーワードの関連キーワードなので、メインキーワード自体に強いライバルがいても構いません。

 

したがって、メインキーワードはご自身が取り組むジャンルやアフィリエイトをしたい商品からシンプルに連想して構いません。

 

関連キーワードをピックアップ

 

メインキーワードが決まったら、その関連キーワードをピックアップします。

 

検索エンジンの検索結果の下にある「関連キーワード」やサジェストキーワードから集めても良いですが、ツールを使ったほうがかんたんです。

 

関連キーワードの中でも購買につながりそうなキーワードを選びます。

 

検索意図は何か

 

集めたキーワードに対して記事を書くときには、いきなり文章を書くのではなく、まずは「ユーザーの検索意図」を考えることが重要です。

 

検索意図とは「どうしてそのキーワードで検索をするのか」というユーザーの心理のことです。

 

検索エンジンはこうした検索意図の答えにふさわしいコンテンツを上位表示しますので、記事を書く前にキーワードの検索意図を考えることはとても重要なのです。

 

キーワードリストを作る

 

自分が記事で狙ったキーワード、その記事のURL、その記事で紹介した案件などはスプレッドシートなどに記録しましょう。

 

このようなキーワードリストを作っておくと、あとでメンテナンスをするときに役立ちます。

 

アクセス解析などをしてメンテナンスをしたほうが良い記事が見つかったとき、その記事で狙ったキーワードなどがわからないと補強できないからです。

 

自分でキーワードを選ぶ方法

自分でキーワードを選ぶ方法

 

検索エンジンの機能を利用して、自分でキーワードを見つける探し方もあります。

 

上の図のように、検索エンジンでメインキーワードを検索すると、検索結果の下部には関連キーワードが出現します。

 

関連キーワードで検索をし直すと、その関連キーワードも出てくるので、掘り下げることが可能です。

 

ツールでキーワードを選ぶ方法

 

自分でキーワードを選ぶのはかなり骨が折れる作業です。

 

そこで、キーワードの候補を見つける作業はツールにまかせることをおすすめします。

 

コンテンツスカウターZというツールなら、関連キーワードやライバルサイトの情報を自動的に集めてくれます。

 

複合キーワードから記事を書こう

 

集めたキーワードの中でも、最初に優先するべきなのは複合キーワードです。

 

複合キーワードとは「サイト 記事 書き方」といったようにいくつかの単語で構成されたキーワードのことです。

 

複合キーワードのほうがライバルが弱いことが多く、ターゲットもしぼれていてユーザーに役立つ記事が書きやすいです。

 

記事を書くコツ

 

記事を書く前には、必ずキーワードの検索意図を書き出しましょう。

 

また、狙っているキーワードで検索をしてライバルの見出し構成をチェックし、より検索意図に合った構成を考え、それから記事を書きます。

 

1記事は平均して4000文字くらいが良いと言われています。

 

キーワードを使うメリットとデメリット

 

狙っているキーワードは、記事タイトルと、記事の文中に最低1回ずつ使います。

 

キーワードを使って記事を書くメリットは、そのキーワードで上位表示できる可能性が上がることです。

 

デメリットはあまりありませんが、キーワードを意識しすぎて不自然な文章にならないように注意しましょう。

 

 

最後に

 

この記事は、アフィリエイトやインターネット集客を始める人にキーワード選定の重要性を理解してもらうために書きました。

 

まずは、キーワード選定はサボってはいけない作業だということを理解してください。

 

その上で、この記事にまとめたポイントを生かしてキーワード選定を行い、記事を書いてみましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトの記事に使うキーワードを工夫してクリック率を高める

アフィリエイトの記事に使うキーワードを工夫してクリック率を高める

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトやインターネット集客をやっていて、「検索上位を取れているのにアクセスが来ないな」とか「アクセスがあるのに成約(CV=コンバージョン)が取れないな」と思ったことはありませんか?

 

こうした問題をかかえているのなら、記事や記事タイトルに使うキーワードを工夫してクリック率(CTR)を高めましょう。

 

コツは思っているよりもかんたんです。

 

 

クリック率(CTR)が低いなと思ったときは

クリック率(CTR)が低いなと思ったときは

 

検索上位を取れているのに思ったほどアクセスが伸びないときは検索結果からあなたの記事が選ばれるクリック率(CTR)が低いかもしれません。

 

あるいは、記事にアクセスが来ているのに成約(CV=コンバージョン)が取れない場合には、記事の書き方やキーワード選定に改善のポイントがあります。

 

キーワード選定や言葉の使い方を見直せば、同じアクセス数でもクリック率が伸びて売上が上がることがあります。

 

クリック率が低いのには理由がある

 

クリック率が低いのには理由があります。

 

たとえばサイトの記事であれば、狙っているキーワードに対してユーザーの検索意図に答えられているかどうかでクリック率が上下します。

 

記事タイトルであれば、具体的な数字や続きが気になるキーワードを使うことでクリック率が上がります。

 

検索意図に答えているか

 

検索意図とは、検索キーワードについて「ユーザーはなぜそのキーワードで検索をするのか」という部分です。

 

検索エンジンは、この検索意図の答えとなるコンテンツを検索結果で表示しますから、記事を書く前にはこの検索意図を十分に考える必要があります。

 

また、仮に上位表示できていても検索意図に合わない記事内容では、ユーザーのニーズを満たせないので記事中のリンクのクリック率は低いままなのです。

 

キーワード選定とツール

 

検索意図により正確に答えていくためには、きちんとキーワード選定をしましょう。

 

キーワード選定に便利なツールやインターネットの機能を使えば、たくさんのキーワードの候補が集まります。

 

集まったキーワードについて1つずつていねいに記事を作ります。

 

情報は最新か

 

サイトの記事の情報が最新かどうかはとても大切です。

 

まず、情報が古いコンテンツは検索エンジンからの評価も下がります。

 

あるいはユーザーから見ても、情報が古ければそのコンテンツを見るのをやめてライバルの記事に行ってしまうのです。

 

ロングテールをしっかり狙おう

 

ロングテールとは2つ以上の単語で構成された複合キーワードのことです。

 

たとえば「インターネット 集客 SEO」という感じです。

 

実はロングテールを狙ったほうがユーザーの検索意図を満たす記事が作りやすいので、クリック率も上がる傾向です。

 

記事タイトルは工夫しているか

 

サイトの記事の場合は30文字前後でまとめる記事タイトル。

 

この短い言葉に工夫があるかどうかで、検索結果からのクリック率が決まります。

 

ユーザーは特定のキーワードで検索をして、検索結果から読みたい記事をクリックするので、検索結果に表示される記事タイトルはとても大切です。

 

 

ロングテールキーワードを狙う

ロングテールキーワードを狙う

 

先ほど書いたように、ロングテールキーワードを狙ったほうがクリック率は上がります。

 

クリック率だけでなく、記事を読んだあとのCVR(成約率)の平均値も上がるでしょう。

 

ロングテールキーワードは、よりユーザーをしぼりこんだキーワードなので検索意図に答えやすいのです。

 

ロングテールとは

 

たとえば、「英語 学習 方法」など、いくつかの単語で構成された検索キーワードのことをロングテールと言います。

 

ニッチキーワードとか、複合キーワードとも言います。

 

ロングテールのほうが、一つだけの単語のキーワードよりもライバルが少なかったり弱いことがあります。

 

ユーザーの悩みがわかれる

 

ロングテールキーワードを選定するポイントは、メインキーワードを決めてその関連キーワードをピックアップすることです。

 

たとえば「英語」というメインキーワードに対しても、「英語 学習 中学生」というキーワードと「英語 社会人 TOEIC」というキーワードでは、ターゲットも検索意図やユーザーの悩みも違いますよね。

 

ロングテールキーワードを設定すれば、よりユーザーごとの悩みにアプローチできます。

 

より具体的な記事が書ける

 

ロングテールキーワードを設定したほうが、よりターゲットや検索意図が具体的です。

 

つまり、記事の内容もそれに合わせてユーザーに合ったものが書けます。

 

ユーザーのニーズに合った記事は記事中のリンクのクリック率も高いのです。

 

ユーザーに合った記事が完成する

 

ロングテールキーワードを設定して、そのキーワードの検索意図を考え記事を書くと、ユーザーに合った記事が完成します。

 

記事のクリック率を高めるために必要なことは「精読率を上げること」です。

 

当然、ユーザーから見たときに「自分が知りたい情報だ」と思える記事は精読率が高く、そしてクリック率も高いのです。

 

ロングテールのほうがCVRが高い

 

CVRとはコンバージョン率・成約率のことです。

 

ここまでに説明したようにロングテールキーワードは、よりターゲットをしぼったキーワードです。

 

つまりそのターゲットが商品の見込み客として合っているのなら、アクセスに対しての成約率(CVR)も上がるのです。

 

 

記事タイトルに入れるキーワードを工夫

記事タイトルに入れるキーワードを工夫

 

次に記事の本文だけでなく、タイトルについても見直してみましょう。

 

記事タイトルで大切なのは、検索結果の中からあなたの記事を選んでクリックしてもらえるようなキーワードを使うことです。

 

記事タイトルは全角で32文字以内に調整します。

 

数字を入れる

 

たとえば、「アフィリエイトで稼ぐ方法」と「アフィリエイトで月100万円を稼ぐ方法」なら、どちらのほうがクリックをしたくなりますか?

 

多くの場合、数字が入っていたほうが注目されます。

 

もちろん金額的な数字だけでなく、「1カ月で達成できる方法」「10キロやせた方法」「1日10分の努力で」など、入れられる数字はたくさんあります。

 

続きが気になるキーワード

 

記事タイトルの場合は、「タイトルで問いを投げて、本文で答えを出す。」という役割だと思ってください。

 

ですから「~とは」とか「~のポイント」とか、その内容が気になるキーワードを使うとクリック率が上がります。

 

たとえば「アフィリエイトで月収100万円を稼いだ3つのポイントとは」という感じです。

 

わかりやすい言葉

 

これは例を見比べるとわかりやすいと思います。

 

たとえば「PV数を上げずCVRを上げて売上前年比率を120%にした施策」というタイトルと「同じアクセスでも売上が1.2倍になったヒミツ」というタイトル、どっちのほうが読んでみようと思いますか?

 

この2つはほとんど同じことを書いていますが、伝わりやすい方がクリックしたくなりますよね。

 

読者の知らない価値観

 

ユーザーにとって「あたりまえ」のことを書いても、それをクリックして読んでみようと思われません。

 

ですから、予想とは少し違う言い回しやキーワードを使うと効果的です。

 

たとえば「食べて良いダイエット」とか「アクセスを増やさず売上アップ」とか「顧客数を減らして売上アップ」とか。

 

自然な流れに整える

 

記事タイトルでとても大切なのは、ここまでに紹介したようなテクニックを使いながらも、自然な流れに整えるということです。

 

「売上2倍。ヒミツ。何もせずに。」みたいに、あまりにぎこちないタイトルを付けるのは逆効果でクリック率が下がります。

 

あくまで自然な流れで全角32文字以内に整えてください。数字や記号は半角を使いましょう。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトやインターネット集客をするためにクリック率を上げる工夫として、記事やキーワードやタイトルのポイントを解説しました。

 

インターネット集客の場合は、アクセスを伸ばすよりもクリック率(CTR)や成約率(CVR)を伸ばすほうがかんたんです。

 

これらはかんたんな工夫で2倍、3倍と上がりますので、この記事に書いたポイントを取り入れてみてください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

アフィリエイトの記事中のキーワードにリンクを設定する方法のまとめ

アフィリエイトの記事中のキーワードにリンクを設定する方法のまとめ

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトやインターネット集客を始めたての人は、他の人のサイトなどを見ていて「自分も記事の中のキーワードにリンクを入れたいな」と思うことがあるでしょう。

 

まだブログやwordpressの使い方に慣れていないと、やり方がわかりませんよね。

 

wordpressの場合は大きくわけて2つやり方があるのでご紹介します。

 

 

記事中のキーワードにリンクを設定する

記事中のキーワードにリンクを設定する

 

記事中のキーワードにリンクを設定するというのは下のような状態です。

 

wordpressについてはこちら

 

ブログを運営していると、上のように文字にリンクを設定したい場合があるでしょう。

 

やり方は覚えてしまえばとてもかんたんです。

 

wordpressの場合

 

wordpressだけでなく、多くのブログサービスではリンクボタンがあります。

 

手順としては、リンクを設定したいキーワードを範囲指定して、リンクボタンをクリックしてリンク先のURLを打ち込むだけです。

 

下の画像を見るとわかりやすいでしょう。

記事中のキーワードにリンクを設定する

 

自動リンクを設定できるプラグイン

 

wordpressの場合はプラグインというwordpress上のアプリのようなものを使って自分のサイトに機能を追加できます。

 

実は、「Internal Link Building」というプラグインを使えば、指定したキーワードに自動的にリンクを設定できます。

 

wordpressの左側のメニューから「プラグイン」→「新規追加」から「Internal Link Building」と検索すれば、このプラグインが出てきます。

 

手順は次のとおりです。

記事中のキーワードにリンクを設定するプラグイン

 

上のとおり、まずは「プラグイン」→「新規追加」と進みます。

 

そして、

記事中のキーワードにリンクを設定するプラグイン

 

プラグインの検索バーに「Internal Link Building」と入力すると、プラグインが出てくるので「今すぐインストール」をクリックしてインストールします。

 

このプラグインを使うと、特定のキーワードにあらかじめ設定したリンクを自動的に設定できます。

 

1記事あたりのリンクの数も「times」という欄から設定ができるのですが、どの位置のキーワードを対象にするかまでは設定ができないため、特定の位置のキーワードにリンクを設定したいのなら手動で管理した方がらくだと思います。

 

 

最後に

 

「記事中のキーワードにリンクをつけるにはどうしたら良いのですか」というご質問はたびたびいただきます。

 

インターネットの初心者さんには一つずつの作業のやり方がわからないでしょう。

 

しかし、この記事で説明したようにほとんどの作業はやり方を覚えてしまえばとてもかんたんです。

 

これからもこのサイトでは、多くのヒントを出していきますので学んでくださいね。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

メールマガジンの登録



*メールアドレス