アフィリエイトのキーワード選定や記事を作るときに役立つシステム

アフィリエイトのキーワード選定や記事を作るときに役立つシステム

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトにおいてキーワード選定はとても大切ですが、あなたはキーワード選定に時間がかかりすぎて悩んでいませんか?

 

あるいは、狙い目のキーワードをどうやって見つければ良いのか、悩んでいませんか?

 

狙い目のキーワードを見つける作業を自動的にやってくれるシステムがあります。

 

この記事では、アフィリエイトのキーワード選定や記事の構成を考えるときに役に立つシステムをご紹介しながら、そのポイントもまとめます。

 

 

アフィリエイトで成功するために

アフィリエイトで成功するために

 

アフィリエイトで成功するために、やるべきことは大きくわけて3つです。

 

1つは、アフィリエイトをする商品を決めることです。

 

2つ目が、メディアを立ち上げてユーザーに検索してほしいメインキーワードを決めることです。

 

3つ目が、各記事で上位表示を狙うキーワードを一つの記事ごとに決めて、記事を作ることです。

 

キーワードとは

 

そもそも、キーワードとはどういう意味でしょうか。

 

アフィリエイトやインターネット集客におけるキーワードとは、あなたのメディアを見つけてもらうときにユーザーが検索をする「検索キーワード」のことです。

 

特定のキーワードで検索をしたときに、検索結果で上位表示ができていればそこからアクセスが来ます。

 

アフィリエイトをする商品を決めよう

 

まずは、あなたのメディアでアフィリエイトをする商品を決めましょう。

 

ASPに登録をして、そこから自分が紹介をしたい案件を探します。

 

長くメディアを運営できるように、できれば自分が興味を持てるジャンルを選ぶと良いでしょう。

 

メインキーワードを決める

 

アフィリエイトをする商品が決まれば、そのジャンルや商品の強みに合わせて、メインのキーワードを考えます。

 

実際に集客をするキーワードは、メインキーワードの関連キーワードなので、メインキーワードのライバルの強さなどは気にしなくても良いです。

 

自分のメディアに集客するキーワードの軸となるメインキーワードを一つに決めます。

 

集客するキーワードを選定する

 

メインキーワードが決まったら、まずはその関連キーワードをたくさんピックアップしていきます。

 

関連キーワードの探し方は2つあります。

 

1つは自分の力でコツコツと探す方法で、もう1つはシステムにまかせて自動的に集める方法です。

 

まずは複合キーワードから

 

たとえば「アフィリエイト キーワード 探し方」といったように、いくつかの単語で構成されたキーワードを複合キーワードと言います。

 

ニッチキーワードといったり、ロングテールということもあります。

 

単語だけのキーワードだとライバルが多すぎるので、まずは複合キーワードを狙って記事を書きます。

 

ユーザーの悩みに関するキーワード

 

メインキーワードの関連キーワードの中で、複合キーワードを中心に記事を書くわけですが、その中でもアフィリエイトをしたい商品が役に立つユーザーが悩んでいることに関するキーワードを選びます。

 

商品が売れるときというのは、ユーザーがその商品を利用して自分の悩みを解決できると感じたときや理想が手に入ると思ったときです。

 

したがって、ユーザーの悩みやニーズにマッチするキーワードを選ぶと成約率が高まるのです。

 

キーワードリストを作ろう

 

記事をたくさん書いていくと、過去に書いた記事を管理しているかどうかでやりやすさに違いが出ます。

 

エクセルやスプレッドシートなどに、「記事で狙ったキーワード」「記事のURL」「記事で紹介をした案件」などを記録していくと便利です。

 

スプレッドシートは、Googleのアプリでも無料で使えるものがありますので、コストはかかりません。

 

見出し構成を考えてから記事を書く

 

「では、さっそく記事を書こう」と気合いを入れる前に、準備をしてほしいことがあります。

 

まずはじめに、記事の見出し構成を先に決めておくのです。

 

見出し構成を先に決めておくことで、趣旨にブレがない良い記事を作れます。

 

まずは100記事書こう

 

SEO(検索エンジンで上位表示をするための対策)で効果を上げるために、最初の目標は優良な記事を100記事にすることです。

 

今から始める人にとっては途方もない数字に見えるかもしれませんが、仮に1日1記事を書けば3カ月ちょっとで到達できる数字です。

 

SEOで成功してアフィリエイトや集客の効果を上げている人の多くが、「100記事を書いたあたりからアクセスが一気に増えた」と証言することが多いです。

 

 

キーワードと構成に役立つシステム

キーワードと構成に役立つシステム

 

キーワードを選んだり、記事の構成のヒントを得るには、システムを使ったほうが早いです。

 

おすすめのシステムはコンテンツスカウターZです。

 

弊社でも実際にこのシステムを使ってSEOの作業を行っています。費用も安いのでぜひ使ってみてください。

 

コンテンツスカウターZとは

 

コンテンツスカウターZは、Catch the Web Asiaが提供しているSEOツールです。

 

月間100万PVを集めるプロが監修したシステムだけあって、SEOを行う上でとても役立つデータが集まります。

 

関連キーワードのピックアップやライバルサイトのチェックは、自分でやろうとすると時間も労力もかかりすぎるわけですが、コンテンツスカウターZを使えば、自動的にそうしたデータを集めてくれます。

 

関連キーワードのピックアップ

 

実際に使ってみて、特に気に入っている機能の一つが関連キーワードのピックアップをしてくれる機能です。

 

自分で探していては、集めることが難しい量の関連キーワードをこのシステムは自動的に抜き出してくれます。

 

その中から、購買につながるキーワードやライバルが弱いキーワードを選ぶだけで良いのです。

 

ライバルのSEOの強さを判断できる

 

コンテンツスカウターZというシステムを使えば、各キーワードのライバルの強さをデータをもとに判断できます。

 

allintitle(キーワードのすべてが記事タイトルに入っている状態)とintitle(キーワードの一部が記事タイトルに入っている状態)のライバルの数を自動的に集めてくれたり、ライバルの広告タグについてのデータなども集めてくれます。

 

また、コンテンツスカウターZを購入した人には、SEO(検索エンジン対策)の講座も特典で付いてくるので、システムと合わせて使えばSEOで成果を上げられます。

 

ライバルの見出し構成を抜き出せる

 

このシステムの機能で、私がもう一つ気に入っている機能があります。

 

それは、コンテンツスカウターZを使えば、ライバルの見出し構成も抜き出せるという機能です。

 

実際に上位表示ができているライバルの見出し構成を自動的に抜き出してくれるので、それを参考に自分の記事の見出し構成を考えれば上位表示ができる可能性がグンと上がります。

 

低価格

 

コンテンツスカウターZは月額2,980円で利用できます。

 

月額制なので、必要に応じてアップデート版をダウンロードして使うことができます。

 

検索エンジンの仕様変更があっても、対応してくれるので安心です。

 

また、使用に関する回数制限などはないので使いまくって良いです。

 

外注に依頼をするときにも使える

 

このシステムを使えば、見出し構成をライバルのデータをもとに考えられるのでとても効率的です。

 

記事を作る作業を外注に依頼するときでも、見出し構成だけ決めて依頼をすれば良い記事に仕上がります。

 

またライバルの共起語なども、このシステムで抜き出せるので、「こういう単語を使って記事を書いてください」という依頼もできます。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトの作業を行うときに時間を取られがちなキーワード選定などを効率化するためのシステムとして、コンテンツスカウターZをご紹介しました。

 

このシステムは弊社でも実際に長い期間利用をしているので本当におすすめです。

 

アフィリエイターにとって大切なのはキーワード選定と記事を書く作業ですが、キーワード選定と記事の構成のヒントを得る作業はシステムにまかせた方が正確な上に早いです。

 

ぜひあなたも、このシステムを使って効率化をしてみてください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

メールマガジンの登録



*メールアドレス