アフィリエイトのキーワード選定の優先順位やツールなどのランキング

アフィリエイトのキーワード選定の役に立つランキング

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトにおいてキーワード選定はとても大切な作業です。

 

キーワード選定について、正しく理解して準備をすることで見込み客のアクセスを集めて稼げます。

 

この記事では、アフィリエイトのキーワード選定の基本と、優先するべきキーワードのランキングやおすすめのツールなどを紹介します。

 

目次

 

アフィリエイトのキーワード選定

アフィリエイトのキーワードに関するランキング

 

アフィリエイトで稼ぎたい人は、キーワードについてしっかりと考えて準備をしましょう。

 

アフィリエイトの収益の8割はキーワード選定で決まると言われているほどです。

 

まずはアフィリエイトのキーワードの基本を覚えてください。

 

キーワードとは

 

キーワードとは「検索キーワード」のことで、検索エンジンで検索をするときに使う言葉のことです。

 

何かのキーワードで検索をしたときに、あなたの記事が検索結果で上位表示をされていればそこからアクセスが集まりアフィリエイトの収益が発生します。

 

ですからアフィリエイトのキーワードは、ご自身が紹介している(アフィリエイトをしている)商品の見込み客が検索しそうなキーワードを選ぶことがコツです。

 

なぜ必要なのか

 

検索エンジンは、検索キーワードに対してできる限り適切な情報を検索結果で返す役割を担っています。

 

ですから、サイトの運営者は記事を書くときに「この記事はどんなキーワードで検索した人に向けた記事なのか」を意識して書くことで、検索エンジンに評価され検索結果で上位表示ができるのです。

 

もし、キーワードを決めずに記事を書いてしまえば、検索エンジンからアクセスを集めることが難しくなるのです。

 

検索意図とは何か

 

検索エンジンはユーザーの検索意図に対して適切な情報を表示しようとしていると言われています。

 

検索意図とは「そのキーワードで検索をする理由」です。

 

たとえば、「Google アカウント 取り方」というキーワードであれば、「Googleのアカウントの取り方を知りたい」という検索意図があるわけです。

 

ビッグキーワードとは

 

ビッグキーワードとは、「Google」とか「検索エンジン」とか「アフィリエイト」などのように月間の検索数が多いキーワードのことです。

 

基本的に単語のキーワードを指すことが多いです。

 

ビッグキーワードは検索される回数も多いですが、その分だけライバルも強いので、ある程度サイトが育ってから狙うと良いでしょう。

 

スモールキーワードとは

 

スモールキーワードとは、月間の検索数がビッグキーワードほど多くなくその代りにライバルも少ないキーワードのことです。

 

基本的に「Google 検索エンジン 使い方 初心者」など、いくつかの単語で構成されたキーワード(複合キーワード)が該当することが多いです。

 

スモールキーワードは検索される回数は少ないですが、ターゲットが明確なキーワードであることも多くライバルも少ないため検索エンジンに評価されやすいです。ですから、サイトにアクセスが集まるまではスモールキーワードを中心に記事を書くことがコツです。

 

複合キーワードとは

 

たとえば、「メールの使い方」について検索をする時「Gメール」と検索することもありますが、「Gメール 使い方 初心者」などといくつかの単語を入れて検索することもあるでしょう。

 

このように複数の単語の組み合わせのキーワードのことを複合キーワードと言います。

 

複合キーワードはスモールキーワードにあたることが多いですが、ターゲットが明らかなので記事を書きやすく検索エンジンの評価を得られる可能性も高いです。

 

 

準備するキーワードのランキング

準備するキーワードのランキング

 

サイトを作ったら記事を書いていきますが、その優先順位について説明します。

 

まずは、アフィリエイトなどがサイトの目的の場合は商品が売れる仕組みがなければ意味がないので、商品を紹介する記事を書きます。

 

それから、その商品のジャンルに関する関連記事をたくさん作っていくのです。

 

サイトの作り方はこちら

 

商品名

 

まずは商品名をキーワードにして、記事を書きましょう。

 

記事を書くときには、ライバルサイトの構成などをチェックした上で、より検索意図の答えとなる記事の構成を考えてから文章を作ります。

 

構成を考えずに文章を書くよりも、構成を考えてから文章を書いたほうが書きやすいですよ。

 

関連キーワード

 

商品を紹介したり(アフィリエイトをしたり)、売るための記事ができたら、次にその商品のジャンルの関連キーワードをピックアップします。

そのときに便利なツールがこちら

 

そして、その関連キーワード一つずつに対して記事を作ります。

 

ちなみにたとえば、「アフィリエイト 関連キーワード 集め方」というキーワードと「アフィリエイト 関連キーワード 意味」というキーワードは別物です。途中まで同じ言葉であっても一部でも違えばSEOとしては違うキーワードと考えるので、関連キーワード一つずつに対してていねいに記事を作っていきます。

 

メインキーワードをずらす

 

関連キーワードのピックアップは、メインとなるキーワードを軸に考えます。たとえばあなたのサイトのジャンルがチョコレートについてのサイトなら「チョコレート」というメインキーワードを軸に関連キーワードを集めて記事を増やします。

 

たくさん記事を書いていくと、メインキーワードについてほとんど関連記事を作り終わったということもあるでしょう。

 

その場合にはメインキーワードを近いジャンルで少しずらしたり広げたりします。たとえば「チョコレート」から「お菓子」というようにずらして、また関連キーワードを集めて記事を書いていくのです。

 

 

最新のGoogleに好まれる基準ランキング

Googleに好まれる記事ランキング

 

Googleはサイトの構成や外部のサイトから送られているリンクの数なども評価の基準としていますが、何よりチェックしているのはコンテンツ(記事)の内容です。

 

良い記事をたくさん書けば、Googleに評価をされてサイト全体のアクセスが増えます。良い記事とは「検索意図の答えとなる記事」のことです。

 

いわゆるURLにあたる文字列のことをドメインと言います。このサイトならaffimark.netがドメインです。良い記事を増やすことで、あなたのドメインの評価が上がり各記事の検索順位が上がってアクセスが増えるのです。

 

1.コンテンツ(記事)の内容

 

とにかくチェックされているのはコンテンツの内容です。

 

ほかにどんな対策をしても、コンテンツの内容が悪ければ検索エンジンの評価が上がらず、アクセスが安定しません。

 

Googleは定期的に大幅な検索の基準のアップデートをしていますが、そのときに検索順位が大きく下がってしまう人はコンテンツの内容が悪いことが多いです。

 

2.ドメインの評価

 

良い記事をたくさん書いていると、あなたのドメインがGoogleに評価されていきます。

 

評価されているかは点数などを見ることはできませんが、アクセス数で判断ができます。

 

今までアクセスが来ていない記事ばかりでも、そのまま良い記事を作り続けているとある時から各記事のアクセスが増えます。このタイミングが検索エンジンがあなたのドメインを評価し始めたタイミングです。ここまで来ると、そのあとに書く記事についてもアクセスを集めやすくなるのです。

 

3.権威性

 

検索エンジンはとても頭が良いので、「誰が書いた記事なのか」ということもしっかりチェックをしています。

 

したがって、アフィリエイトの場合でもプロフィールはしっかりと書きましょう。プロフィールはあなたの自己紹介だけでなく、経歴や「なぜこのサイトをやっているのか」ということも書きます。

 

たとえば、ダイエットに関するサイトをやっているのなら「なぜ自分がダイエットのサイトを始めたのか」「自分はどんな経験があるのか」「サイトを見ている人にどうなってほしいのか」など、ビジネスの理念をしっかり書くことで権威性をアピールできます。

 

 

キーワード選定に使うツールランキング

キーワード選定に使うツールランキング

 

弊社でも年間に100記事以上の執筆やメンテナンスをやっています。

 

すでに書いた記事に関しても、定期的にメンテナンスを入れて最新の情報に更新をしています。そのたびにキーワードを見直すことも多いです。

 

そこで、キーワード選定に役に立つツールをご紹介いたします。

 

コンテンツスカウターZ

 

良い記事をたくさん書いて、Googleからアクセスを集めるやり方を「コンテンツSEO」と言いますが、良い記事を書くためにかなり便利なツールが「コンテンツスカウターZ」です。

 

Catch the Webという会社からリリースされているツールで、ライバルサイトの情報やキーワードに関する多くのデータを自動で集めてくれます。関連キーワードのピックアップも一気にやってくれるのでありがたいです。

 

キーワード選定は自分でやろうとするとなかなかデータが集まりませんが、ツールにまかせれば得られたデータをもとに狙い目のキーワードを見つけられるのです。

 

コンテンツスカウターZについてはこちら

 

Search Console

 

Search Console(サーチコンソール)はGoogleがサイトの運営者に向けて提供している無料のツールです。

 

Googleのアカウントがあれば使えます。

 

Search Consoleに登録をすると、あなたのサイトがどんなキーワードで何位くらいに表示されているのか、また検索結果からどのくらいクリックがされているのかをチェックできます。弊社では、Search Consoleで11位~20位をつけているキーワードで上がっている記事は、情報の更新や文章の補強などをしてメンテナンスを入れています。

 

Google Analytics

 

Google Analytics(グーグルアナリティクス)も、Googleが提供している無料の解析ツールです。

 

いわゆるアクセス解析というもので、自分のサイトのアクセスについてのデータを集められます。

 

アフィリエイトの場合だと、アクセス数がわかれば商品の成約率(CVR)も計算できるのでレビューページの改善などにも役立つでしょう。

 

検索エンジン

 

関連キーワードを集める作業はツールにまかせるのがおすすめです。

 

ですが、ご自身でやっていただくことも可能です。

 

検索エンジンの検索結果の下には、「関連キーワード」が表示されています。これらを集めていけばツールを使わなくても関連キーワードをピックアップできます。「関連キーワードの関連キーワード」といったようにどんどん掘り下げられるのでたくさん集められますね。

 

ただし、ツールでデータを集めることとの違いは、検索エンジンの検索結果から関連キーワードを集めることは「関連キーワードを集める」ということはできても、そのキーワードに対してのライバルサイトのデータなどは集まらないので、狙い目のキーワードなのかどうかという判断はどうしてもあいまいです。

 

 

キーワードの優先順位ランキング

キーワードの優先順位ランキング

 

キーワードには大きく分けて「単一キーワード(一つの単語のみのキーワード)」と「複合キーワード(2つ以上の単語がスペースで区切られているキーワード)」があります。

 

検索エンジンの評価を上げて、アクセスを増やすためにおすすめの優先順位があります。

 

検索エンジンは「どんなユーザーに向けて書いた記事なのか」を見ているので、それを意識した優先順位でキーワードを考えると良いです。ここではその優先順位を説明します。

 

1.三語・四語の複合キーワードから

 

まずは三語や四語の複合キーワードから記事を書くと良いでしょう。

 

たとえば「アフィリエイト キーワード 考え方 ランキング」は四語の複合キーワードです。

 

単語が多い分だけターゲットとその悩みが明確で、ユーザーが知りたい情報をよりまとめやすいでしょう。検索エンジンはそうした記事を評価するので、まずは三語や四語の複合キーワードから狙って記事を書くことがおすすめです。

 

2.二語の複合キーワード

 

メインキーワードを軸にして三語や四語のキーワードに対して記事を書けたら、次に二語のキーワードも狙っていきます。

 

当然、三語や四語のキーワードに比べるとビッグキーワードに近いです。ミドルキーワードと言って良いでしょう。

 

ですから、検索エンジンに何も評価されていないうちは二語のキーワードに対して記事を書いても上位表示は難しいですが、すでに三語や四語のキーワードで上位表示ができていればミドルキーワードも狙える段階なので二語の複合キーワードの記事も書いて良いです。

 

3.単一キーワード

 

単一キーワードとは「アフィリエイト」などのように一つの単語だけのキーワードのことです。いわゆるビッグキーワードです。

 

複合キーワードでそれぞれ上位表示が多くなっていれば、かなりあなたのドメインが検索エンジンに評価されている状態です。

 

その状態でビッグキーワードを狙えば、単語の検索でも上位が取れるかもしれません。

 

それぞれライバルが弱いキーワードから

 

ここまで優先順位のランキングとして「三語や四語のキーワード→二語のキーワード→単語のキーワード」という順番をおすすめしましたが、それぞれその条件なら何でも良いわけではありません。

 

たとえば複合キーワードであっても、その中でもライバルが強いキーワードもあれば弱いキーワードもあります。

 

ライバルの強さは、ライバルが検索エンジン対策(SEO)をどの程度考えているかということや、サイトの中に広告タグが入っているかどうかから判断ができます。これはツールでデータを取れるので、しっかりチェックすると良いです。

 

役に立つツールはこちら

 

そうしたライバルサイトのチェックに役に立つツールが、先程も紹介した「コンテンツスカウターZ」です。

 

ライバルに広告タグが入っているサイトが多ければ、そのキーワードはかなり対策をしているライバルが多いと考えられるので後回しで良いでしょう。

 

またライバルのSEOの強さは「allintitle」と「intitle」の数値の差から判断ができます。allintitleとはキーワードのすべてが記事タイトルに入っている状態のこと。intitleとはキーワードの一部が記事タイトルに入っている状態のことです。

 

コンテンツスカウターZを使うと、allintitleやintitleのライバルサイトの数値やライバルサイトの広告タグの有無もチェックできます。

 

 

キーワード選定の基準ランキング

キーワード選定の基準ランキング

 

では、もう少し細かくキーワード選定の基準をまとめましょう。

 

データだけでなく、そもそもアフィリエイトをしたい商品のジャンルと狙おうと思っているキーワードの検索意図が合っているかなども考える必要があります。

 

大切なのは「見込み客のアクセスを集めること」なので、これを忘れないようにしてください。

 

アフィリエイトのジャンルとの関係

 

本当に大切なことは、アフィリエイトをしている商品の見込み客を集めることです。

 

たとえばwordpressの作り方に関する教材をアフィリエイトしているとします。この場合、「wordpress 作り方」とか「ブログ 作る 自分で」などのキーワードは見込み客としてふさわしいでしょう。ですが、「ブログ 無理」とか「ブログ むずかしい 共感」などのキーワードはブログやwordpressをやろうと思っていない人が検索するキーワードだとも考えられるので見込み客とは離れていますね。

 

このように、自分が売りたい商品の見込み客が検索するキーワードを選ぶことがまず大切です。

 

購買につながるキーワードかどうか

 

同じように、商品の購入につながりそうなキーワードから優先させます。

 

たとえば「ラーメン 神奈川県 おすすめ」というキーワードと「ラーメン 神奈川 まずい」というキーワードなら、どっちがラーメン屋さんの購買につながるでしょうか。もちろん、「ラーメン 神奈川県 おすすめ」ですよね。

 

仮にツールなどで取得したデータとしては同じくらい検索上位が取れそうだと判断できても、購買につながらないキーワードについて記事を書くのは意味がありません。商品の見込み客が集まるキーワードを選びましょう。

 

複合キーワードから

 

「ビッグキーワードでもし上位表示できたら、一気にアクセスが集まる」と思って、ビッグキーワードから記事を書いてしまう人もいますが、実際にはそれは難しいです。

 

もし実際に検索してみてビッグキーワードなのにライバルに大手のサイトや作り込んだサイトがいなければ本当にチャンスですが、それはかなりレアです。

 

ですから、まずは複合キーワードから確実に記事を増やし、ドメインの評価を上げてからビッグキーワードを狙いましょう。

 

allintitleとintitleの数値の差

 

先ほど説明した「allintitle(キーワードのすべてが記事タイトルに入っている状態)」と「intitle(キーワードの一部が記事タイトルに入っている状態)」に関して、ライバルサイトのこれらの差が大きいものはチャンスです。

 

なぜなら、この数値の差が大きいということは「キーワードの一部しか記事タイトルに入っていないのに検索エンジンにインデックスされている(検索結果にある)」ということなので、そのキーワードはSEO(検索エンジン対策)があまり強くなくても上位表示が取れる可能性があるということなのです。

 

逆に、あなたが記事を書くときには必ずキーワードのすべてを記事タイトルに入れてください。たとえば「アフィリエイト 稼げる 中高年」というキーワードを狙っているなら、「アフィリエイトは稼げるビジネス:中高年向けのアドバイス」などと、キーワードのすべてを記事タイトルに入れるのです。

 

ライバルサイトのallintitleとintitleの数値をチェックするなら

 

ライバルサイトの広告タグの有無

 

ライバルサイトにアフィリエイトやグーグルアドセンスの広告タグが入っていれば、ライバルもSEOをしっかりやっているということが考えられます。

 

ですから、ライバルサイトに広告タグが入っているかどうかもキーワード選定の基準と考えて良いです。

 

複合キーワードの中にはライバルが広告をあまり使っていないキーワードも存在することがあり、もしそうしたキーワードが見つかれば狙い目です。

 

ライバルサイトの広告チェックもこちらが便利

 

 

ロングテールキーワードが大切

ロングテールキーワードが大切

 

この記事では「複合キーワードから優先させよう」と説明をしてきました。

 

複合キーワードの方が検索エンジンに評価をしてもらいやすいというものありますが、そのほかにも理由があります。

 

複合キーワードのことをロングテールキーワードとも言います。ロングテールを狙うことで、メインで意識しているキーワードのほかのキーワードからもアクセスが増えるので最終的にとてもアクセスを集めやすいのです。

 

関連キーワードからアクセスが増える

 

ロングテール(複合キーワード)を意識して記事を書くと、関連キーワードからのアクセスが増えていきます。

 

たとえば、「アクセスアップ」というキーワードをメインに考えていても複合キーワードを意識して関連記事をたくさん書くことで「SEO」とか「サイト」とか「ネット集客」などの関連キーワードからもアクセスが増えるのです。

 

ですから、初心者だから複合キーワードが良いよという意味ではなく、上級者でも複合キーワード(ロングテール)をしっかり意識したほうが最終的なサイトからの収益も大きくなるのです。もちろんアフィリエイトの場合も同じです。

 

関連キーワードの記事を増やす

 

ですから、手順としてはまずメインで意識しているキーワードの関連キーワードをたくさんピックアップします。ピックアップしたものはCSV形式で保存をしておくと良いです。

 

そして、関連キーワードの中でも、先程紹介したような判断基準をもとに狙い目のキーワードを優先させつつ記事を増やしていきます。

 

こうしていくうちに、あなたの見込み客が集まるサイトが育つのです。

 

 

書いた記事のキーワードをメンテナンス

書いた記事のキーワードをメンテナンス

 

一度書いた記事についても定期的にチェックをしましょう。

 

検索エンジンは検索意図の答えとなる情報を常に表示しているので、キーワードによっては古い情報だとだんだん検索順位が落ちることがあります。

 

最低でも月に一度は、Search Consoleなどで順位をチェックし、11位~20位に順位をつけているキーワードやそのキーワードで上がっている記事についてはメンテナンスをするべきです。

 

Search Consoleを使う

 

Search Consoleについてはこの記事でも説明をしました。

 

Search Consoleで11位~20位に順位があるキーワードは、そのキーワードで実際に検索してみてどの記事がそのキーワードで上がっているのかを見ます。

 

11位から20位にいるということは、もう少しがんばれば検索結果で1ページめ(つまり1位~10位)に上がるということなので、情報が最新で正しいものかどうかということや、補足したほうがわかりやすいことはないか、見やすさはどうかなどをチェックしてメンテナンスをしましょう。

 

定期的なメンテナンスをしよう

 

弊社でも月に一度はメンテナンスを入れて記事の内容をチェックしています。

 

やはりメンテナンスを入れた記事は順位が回復することが多く、アクセスも伸びます。

 

またそのように定期的にメンテナンスが入っているサイトは検索エンジンからのドメイン評価も上がり、アクセスが高い水準で安定する傾向にあります。

 

情報は最新か

 

一度作った記事でも、たまにチェックをしないとリンクが切れていたり埋め込んだ動画が見られなかったり、情報が古かったりするでしょう。

 

何度も言うように、検索エンジンは最適な情報でなければ上位表示をしません。

 

アクセスが伸びたあともメンテナンスを続けることが長く成功するサイトのコツです。

 

 

キーワード選定はユーザーのためになる

キーワード選定

 

何よりもアフィリエイトという仕事を好きになってほしいと思っています。私たちはあなたらしい成功をつかんでほしくてコンサルティングなども提供しています。

 

アフィリエイトという仕事はサイトやSNSやメルマガで情報発信をして、ユーザー様に適切な情報を届ける仕事でもあります。

 

キーワード選定という作業は、「どんな人にどんな情報を届けるか」を決める大切な仕事なので、人の役に立つ作業だということを忘れないでください。

 

ターゲットをしっかり決めよう

 

ですから、キーワードを決めたあとにすぐに記事を書くのではなく、「ターゲットの属性」「ターゲットの悩み」などを書き出してから記事を作ります。

 

私も必ずそのような準備をやってから記事の執筆に入っています。この記事を書く前にもお客様の属性や悩みを書き出しています。

 

ターゲットをしっかり決めることで、検索エンジンがやろうとしている「ユーザーのためになる情報を提示する」という方向性と一致するので、上位表示がしやすくなるのです。また、そのターゲットがあなたがアフィリエイトをしている商品の見込み客と合っているかどうかも考えてくださいね。

 

幅広く狙わない

 

ついつい「たくさんの人が興味を持つ内容を」と考えてしまうかもしれませんが、検索エンジンは「どんな人に向けての情報なのか」を大切にしているので、どちらかと言えばSEO(検索エンジン対策)を考えるならターゲットはしぼったほうが良いです。

 

一つの記事のターゲットを幅広く考えるのではなく、Aというターゲットに対しての記事、Bというターゲットに対しての記事という感じでターゲットごとに記事をわけたほうが良いでしょう。

 

「どんな悩みを持っている人に、どんなメッセージを伝えるのか」を意識して記事を書くと良い記事が書けます。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトのキーワード選定のコツをさまざまな角度からランキングという形でお届けしました。

 

まずはアフィリエイトサイトのジャンルを決めて、メインで狙うキーワードを決め、そのメインキーワードの関連キーワードをピックアップしましょう。

 

ピックアップしたキーワードの中でも複合キーワードから優先して記事を書いていくことがおすすめです。

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

メールマガジンの登録



*メールアドレス