コンテンツスカウターZでキーワードや記事構成を決定しPV数向上

コンテンツSEO

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

コンテンツSEOやメールマガジン、

LINE@などのメディアを運営し、2011年からインターネットマーケティングで事業展開しています。

 

その他、アプリやFacebook広告など、多くのインターネット上のビジネスを手がけてきました。

 

最近、注目している手法に「コンテンツSEO」があります。

 

コンテンツSEOとは、簡単に言えば、検索ユーザーの役立つサイト記事を書くことで検索エンジンに評価されるサイトを作っていくサイト戦略です。

 

サイトアフィリエイトを行うにせよ、ホームページのアクセスをアップさせるにせよ、今後のインターネット集客の鍵となる手法が「コンテンツSEO」です。

 

ただ、このコンテンツSEOを行う上で、ライバルサイトの調査というのは1つ重要なポイントです。

 

このライバルサイトの調査というのが結構厄介で、時間と手間がすごく掛かるものです。

 

そこで今回は最新SEO=コンテンツSEOを行う上で

非常に役立つ「コンテンツスカウターZ」というツールをご紹介いたします。

 

実際に弊社でも、メディアを運営する際に

コンテンツスカウターZを愛用しておりますので

使用してみての実際の体験に基いてメリットや魅力をお伝えしたいと思います。

 

実はうちの会社では、一般リリースされる前からこのツールを使っているので、コンテンツスカウターZの良さを十分に理解しています。

 

この記事では、コンテンツスカウターZの魅力や、コンテンツSEOを行う上でどのように活用するのが良いのか、具体的に詳しく解説していきます。

 

弊社からの限定特典などもありますので

これからコンテンツSEOをやる方、

安定したアクセスを確保したい方は

ぜひ参考にしてください。

 

 

コンテンツスカウターZは、

Catch the Web Asiaが提供する、

コンテンツSEOを行って大量のアクセスを集めるために

非常に役立つSEOツールです。

 

コンテンツSEOを行う際は

ライバルサイトのコンテンツチェックという作業が

欠かせないのですが、

これをツールで自動的に行うことができる

コンテンツSEO必須ツールです。

 

すぐに詳細を確認したい方は、以下のボタンから詳細ページをお読みください。

 

 

 

目次

 

コンテンツスカウターZの魅力

ネットの仕事

 

まずはコンテンツスカウターZの

豊富な魅力を知っていただきたいと思います。

 

いろいろ解説しますので、難しくなる前にすごく簡単な言葉でも説明しておきます。

 

一言で言えば、コンテンツスカウターZとは、「コンテンツSEOを行う上で必要なさまざまなデータを自動的に集めてくれるツール」です。

 

コンテンツSEOを行う上で、重要なポイントとなるのが「ライバルサイトのチェック」です。

 

つまり、ライバルサイトよりも良い記事を書いていけば、その分だけ検索エンジンに評価されるわけなので、ライバルサイトがどんなキーワードを狙っていて、どんな対策をしているのかをチェックすることが、コンテンツSEO成功の1つの鍵です。

 

 

そもそも、なぜSEO対策をしないといけないのか。

 

それは、サイトを作ったらアクセスが必要だからです。

 

お店を作ってもお客様が来店しなければ意味がないように、サイトを作ったらアクセスを呼び込める状態にしないと作った意味がないのです。

 

 

そこで現在、検索エンジンから

大量のアクセスを集める最も有効な方法として

「コンテンツSEO」という方法があります。

 

簡単に言うと、

優良な記事を書くことで

検索エンジンに評価してもらい

上位表示させることで

検索エンジンからアクセスを集める考え方です。

 

この「コンテンツSEO」においては、

単純に良い記事を一生懸命書けば良い

ということではなく、

 

・どのようなキーワードを狙うのか

・ライバルサイトよりも、ユーザーに役立つ記事が書けているか

 

という部分が重要になってきます。

 

 

そのため、コンテンツSEOを行う際は、

記事を書き始める前に、

まず、狙うキーワードを決定し、

そのキーワードで既に上位表示できている

ライバルサイトのチェックを行っていきます。

 

この「キーワード選定」や「ライバルサイトのチェック」が

手動でやると結構大変なものなのです。

 

従来であれば、このリサーチ部分の作業は

手動でリサーチしたり、無料ツールの限られた機能の中で

調べるしかありませんでした。

 

そうなると、時間もかなり掛かって、

肝心の「記事を作ること」に時間を割けないという問題が出てきたり、

 

無料ツールでのリサーチには限界があり、

大したデータが得られずに

曖昧にキーワード選定をして、漠然と記事を書くしかありません。

 

そこで非常に役立つのが

「コンテンツスカウターZ」です。

 

例えば、コンテンツスカウターZを使えば、

ライバルサイトがあまり強くない、

比較的簡単に上位表示が見込める

「狙い目のキーワード」

いわゆる「お宝キーワード」の発見も容易にできます。

 

コンテンツSEOにおいては

なんと言っても、最初はライバルが弱い

狙い目のキーワードで記事を書いていくこともテクニックの1つです。

 

 

さらにコンテンツスカウターZの機能はそれだけではありません。

 

私自身も使用しているのですが、

最も役立っているのは

「ライバルの記事構成を丸裸にする見出し解析機能」です。

 

ライバルサイトよりも良い記事を書こうと思ったら、

既に上位表示できているライバルサイトは

どんな構成で記事を書いているかを調査する必要があります。

 

なぜなら、

上位表示できているサイトの見出し構成を知ってしまえば、

それを参考に、

もっと分かりやすい、ユーザーのためになる構成に直して

記事を作っていくことで

既に上位表示できているライバルよりも

良い記事を自然に作れてしまうからです。

 

この見出し構成を抜き出す調査は

手動ではかなり大変ですが、

コンテンツスカウターZを使えば

調べたいキーワードを打ち込むだけで

コンテンツスカウターZが勝手にライバルサイトの見出し構成を

抜き出してくれるのですごく便利です。

 

 

また、SEOを攻略する上で

「どのような単語が使われているか」

いわゆる「共起語」の調査も欠かせません。

 

上位表示できているライバルサイトの記事が

どのような単語を多く使用しているかを見ることができれば、

自分もそれらを参考に、

記事を書いていくことができます。

 

コンテンツスカウターZでは

この「共起語」の解析機能も付いています。

 

従って、見出し構成や共起語を参考にすれば、

どのような記事構成で

どんな言葉を使いながら記事を書くのが有効なのか

明確に見えてくるわけです。

 

 

さらにさらに、

ライバルサイトが「アフィリエイトをやっているかどうか」も

チェックできます。

 

アフィリエイトサイトが多いキーワードよりも

アフィリエイトサイトが少ないキーワードの方が

商品が売れる確率も高くなります。

 

特にコンテンツSEO開始時の

初期段階では、

ライバルが強くない狙い目のキーワードで

記事を作ることがポイントでもあります。

 

アフィリエイターのサイトは

当然SEO対策などもされているケースが多いので、

そうしたサイトが多いキーワードを避けて

記事を書いていくことで

「狙い目のキーワード」でアクセスを集めることができるのです。

 

 

弊社でも実際に

コンテンツスカウターZを使用しながら

メディア運営をしていますが、

 

コンテンツSEOを行おうと思っている方、

長期的なアクセスを集めようと思っている方、

アフィリエイトで報酬を増やしていきたい方、

にとっては、

コンテンツスカウターZは今後、必須ツールになるでしょう。

 

一度使った方が皆言うのは、

「こんなすごいツールは、

本当は一般公開してほしくない」

ということです。

 

 

コンテンツスカウターZは、

実際、月間100万PVを達成している

コンテンツSEOのプロが監修した最強のSEOツールです。

 

提供しているCatch the Webグループさんは

昔からSEOに詳しく、

ネット集客のプロとして有名で、

そのCatch the Webグループが提供する

最新のSEOツールとして注目を集めています。

 

 

使い方も非常に簡単で、

基本的に調べたいキーワードを打ち込んで解析をスタートさせれば

あとは何もせずにツールの方が勝手にデータを取ってきてくれます。

 

寝る前に起動させ、

寝ている間にコンテンツスカウターZを回しておけば

朝目覚める頃には、調べたキーワードについてのデータが抜き出せているでしょう。

 

多分、ライバルの調査を本気で手動でやるとなると、

それこそ夜も寝る暇もなく調べるしかないです。

 

ライバルの調査、キーワード調査って

手動でやるとそれくらい大変なものです。

 

なので、コンテンツスカウターZを使っている人と

使っていな人では、時間的にも労力的にもかなり差が出ます。

 

コンテンツSEOにおいて最も重要な作業は

「記事を作ること」ですから、

そこに集中できるのかどうかは

コンテンツSEOの成功に大きく関わる部分です。

 

 

コンテンツSEOを行う方の悩みの1つが、

このライバルサイトのリサーチです。

 

どんなキーワードが狙い目か、

どんな記事が上位表示されやすい記事か、

この辺りを手動では調べきれず苦戦している方も多いのです。

 

コンテンツスカウターZを使えば、

手動で調べるよりも早く、正確にデータを集めることができます。

 

そしてそのデータを基に

キーワードを選び記事を作っていくことで

アクセスを集めるサイト運営ができるのです。

 

 

 

コンテンツスカウターZを実際に利用してみてどうなのか

SEO対策

 

実際の利用者の声を見てみると、

多くの利用者が「本当は一般公開してほしくない」という事を言っています。

 

事実、うちの会社も

この「コンテンツスカウターZ」を使って

アクセスを集めていますが、

コンテンツスカウターZが一般公開されると聞いた時、

「マジかよ・・・。」と思ってしまいました。

 

利用者にとっては

「こんなにすごいツールは、

できれば独り占めさせてほしい。

これ以上広めないで欲しい。」

という本音が思わず頭をよぎる程の高機能です。

 

一方で、

客観的に見た際には、

このツールは、

今後、アフィリエイトやインターネット集客を行うビジネスマンにとっては、

絶対になくてはならないツールと言えます。

 

キーワードのリサーチ、記事の執筆といった、

コンテンツSEOを行う上であらゆる瞬間に役立つツールと言うことができます。

 

 

初心者さんにとっては

・どんなキーワードで記事を書いていくべきか

・どんな記事内容にしていくべきか

など、一番迷う部分を明確にできるツールですし、

 

既にサイトを運営していらっしゃる方にとっては、

ライバルサイトのリサーチや

関連ワードや共起語の調査など、

今まで手間がかかる上に精度が低かった調査項目を

ツールが一気にやってくれるので

大幅な労力カット、時間短縮につながります。

 

 

既にサイトを運営されている方なら、

「ちゃんとした記事を書かないと、

全然アクセスが集まらないな」

と感じたことがあると思います。

 

それは正解で、

今の検索エンジンは、

検索ユーザーの検索意図に対する答えがしっかり書いてある

「ユーザーのためになるサイト」を上位表示する仕組みになっています。

 

 

だからこそ、

既に上位表示できているサイトをチェックし、

そのキーワードでどんな記事を作れば

上位表示ができそうかを調べる必要があるのですが、

 

この調査を

コンテンツスカウターZを使えば、

数クリックで完了できます。

 

 

まず、最も使う機能として

「キーワード解析機能」があります。

 

サイトアフィリエイトなら、商品名をキーワードに設定しても良いでしょうし、

メディアなら、特定のジャンルの言葉をキーワードに設定しても良いでしょう。

 

メインで狙うキーワードを

コンテンツスカウターZに入力してボタンを押すと、

そのキーワードに関連する他のキーワードをたくさん抽出してくれます。

 

インターネット上にも

関連ワードを提案してくれるサービスはありますが、

無料ツールはどうしても提案できる数にも限りがあります。

 

コンテンツスカウターZが提案してくれる関連ワードの数の多さに、

まずびっくりすると思います。

 

関連キーワードをたくさん抜き出せるので、

その中からマネタイズをしやすそうなキーワードや

自分のビジネスの見込み客が検索しそうなキーワードを選んで、

ライバルサイトの状況をチェックしていきます。

 

ライバルサイトの解析も、

キーワードを選んで、ボタンを押すだけなので、

操作はとても簡単です。

 

はっきり言って、寝ている間に勝手に解析してくれます。

 

 

今まで、労力と時間をかけて

ライバルサイトをチェックしてきた人にとっては、

おそらく涙が出るほどうれしい機能が詰まっています。

 

1カ月だけでも使用してみれば、

「このツールは今後、SEOを行う上で

なくてはならないツールだ」

と理解できるでしょう。

 

 

実際に使用してみれば分かりますが、

コンテンツスカウターZを使ってSEOを行っている人と

そうでない人では大変な差が生まれることでしょう。

 

コンテンツSEOにおいて

最も重要な作業は「記事を作ること」です。

 

リサーチに時間を取られすぎて

肝心の記事を作ることに時間を割けない方は

非常に多いのですが、

このコンテンツスカウターZを使えば、

もうそんな悩みからも解放されます。

 

 

実際に弊社も2017年から

このツールを使って、コンテンツSEOを行っています。

 

効果的且つ、継続的なアクセス集めのために

最新のSEOと言える「コンテンツSEOをやろう」と2017年に決めました。

 

 

コンテンツスカウターZに出会うまでは、

どんな記事を書いたら良いのか、

どんなキーワードを狙ったら良いのか、

思いつきというか、行き当たりばったりでやるしかない状況でした。

 

その結果、やはり

そのようないい加減なやり方では、

なかなかアクセスアップが見込めず、苦戦していました。

 

そんな時、

たまたまコンテンツスカウターZと出会って

試しに使ってみたら、

「こ、これは・・・!」

と衝撃が走りました。

 

 

今までのサイト運営の仕方を

ガラリと変えて、

ちゃんとユーザーのためになる記事を作っていくことができるようになりました。

 

どんなキーワードに対して

どんな記事を書けば良いのか、

ライバルサイトのデータを元に、

記事を作る前に方向性を決めることができるので、

効率的に記事も作れますし、

その内容は、このツールを使わずに頭の中の思いつき次第でやっていた内容とは

大きく異なります。

 

実際にコンテンツスカウターZを使い始めてから

アクセスも伸びました。

 

 

うちの会社では

長らくSEOも研究してきていますが、

これほど役立つ情報を一気に抜き出すことができるツールは

今まで見たことがありません。

 

今後もずっと使っていくことになるツールです。

 

 

また、初心者さんにとっても

コンテンツスカウターZを使うメリットは大きく、

 

いわゆる

・記事のネタが思い浮かばない

・どんな流れで記事を書いたら良いか分からない

という問題をこのツールで解消できます。

 

既に上位表示に成功しているサイトが

どんな見出し構成で、

どんな単語を使って、

どの程度の文字数で

記事を書いているのか全て抜き出せるので、

そうしたデータを見れば、

記事の内容なども自然に決まるからです。

 

 

実際、このサイトでも

かなり詳細な記事を毎回更新していますが、

そうした役立つ記事を作る上でも

コンテンツスカウターZは大変役立っています。

 

 

関連キーワードを一気に見つけることができるのも

かなりうれしい機能です。

 

コンテンツSEOでは、

1つのメインキーワードに対して、

3語、4語の複合キーワードなども狙っていくことが有効ですが、

そうした複合キーワード、関連キーワードは

なかなか手動では見つからないので、

こうした「キーワード選定」という上でも

コンテンツスカウターZは大変役立ちますね。

 

 

SEOはインターネットの歴史とともに

その手法や考え方が変わって来ています。

 

以前は、リンクSEOと言って、

記事内容よりも、外部サイトからリンクが送られているサイトが

評価される時代がありました。

 

ですが、現在は

こうしたリンクSEOは次第に通用しなくなり、

「しっかりしたコンテンツを書かないと、上位表示することが難しい時代」になっています。

 

リンクSEOからコンテンツSEOへと時代が変わっています。

 

そして厄介なのは、

「しっかりとしたコンテンツ」

「良い記事」

というのは、ひたすら一生懸命書いた記事ならOKというわけではないことです。

 

どんな流れで記事を書くべきなのか

注意深く分析しなくてはいけません。

 

 

また、サイトが検索エンジンにある程度評価され始めた後は、

ビッグキーワードを狙っても上位表示できることがありますが、

サイトを立ち上げたてだったり、

まだPV数があまり来ていない段階においては、

ビッグキーワードを狙うよりも、

例えば、「ゴルフ 30代 男性 上達」など、

複数のキーワードを組み合わせた複合キーワードをメインに、

よりターゲットを絞った記事を書く方が賢明です。

 

そうすることで

検索エンジンも、「このサイトはユーザーのためにしっかり記事を書いてくれている」

と認識しやすくなるからです。

 

 

したがって、

こうした時代背景を考えても、

・関連キーワードを抜き出す

・ライバルサイトの記事構成を抜き出す

・ライバルサイトの共起語を抜き出す

・ライバルサイトの記事の文字数を調べる

こういった事ができるコンテンツスカウターZは

今の時代のアクセスアップには欠かせないツールなのです。

 

コンテンツスカウターZを使って

コンテンツSEOを行っていけば

サイトは自然に育ち、

最初はアクセスが集まっていなかった記事なども

次第にアクセスを集められるようになっていきます。

 

 

コンテンツスカウターZは他にも、

・キーワードがどの程度記事タイトルに含まれているかのチェック

・関連キーワードの掘り下げ機能

・ヤフー知恵袋やQ&Aサイトからのキーワード解析

・連想ワードなどのキーワード拡張機能

など、とにかくコンテンツSEOをやる上で

欠かせない機能が充実しています。

 

「ユーザーに役立つ記事が

しっかり書かれているか」

をチェックされる現在の最新SEOを攻略してアクセスを集めていきたいのなら、

コンテンツスカウターZは

使わないと話にならない

と言っていい程役立つツールです。

 

 

特にキーワード発掘の際と

記事を作る際に大変役立ちます。

 

手動で何となく調べていると

本当に「狙い目のキーワード」かどうかの判断も曖昧ですし、

記事構成についても

結局、自分の主観で決めていくことになるので

どんな記事が上位表示を取れそうか

という所からは離れていってしまいます。

 

記事を書く際には、

まず「その記事で狙うキーワード」を決める必要があります。

 

キーワードを決めずに

何となく記事を書いていても

なかなかアクセスは集まりません。

 

現在の検索エンジンは

「検索ユーザーの検索意図の答えとなる記事を提示」しますので、

どんなキーワードで検索してくる人に対しての記事なのか

を事前に決める必要があるのです。

 

 

その際に、コンテンツスカウターZを使わずに

手動で何となくキーワードを想定してしまうと、

実はそのキーワードはライバルサイトが

皆アフィリエイトやアドセンスなどの

広告をやってるプロだらけの超競争の激しいキーワードだった・・・

みたいなケースが出てきてしまいます。

 

既にドメインが評価されているのなら

そうした競合の中でも勝てる可能性もありますが、

まだアクセス数が伸びていないサイトであれば

最初は競合がキツいキーワードは避け、

ライバルサイトがあまり強くないキーワードから

確実に狙っていった方が、

実際にあなたのドメインも評価されやすくなります。

 

 

また、これらのリサーチは当然、

書こうとしている記事でアフィリエイトなどを行う際にも、

ライバルがアフィリエイターだらけのキーワードに参入してしまうよりも、

ライバルサイトが全然アフィリエイトをしていないキーワードで

上位を取ったほうが、商品も売れる可能性が高いですから、

アフィリエイトをする際にもしっかり調べた方が良い部分です。

 

このような「事前情報」は

手動ではなかなか調べ尽くせないのが真実だと思いますが、

コンテンツスカウターZを使えば、

これらのデータを、自動的に抜き出すことができるのです。

 

 

ま、だからこそ

コンテンツスカウターZを使って

既に上位表示できている人達は、

このコンテンツスカウターZというツールを

一般公開しないで・・・と思っているのですけどね。

 

逆を言えば、

これから、コンテンツスカウターZを使っていないと、

使っている人に簡単に抜かれてしまうので、

今後のコンテンツSEOのマストアイテムと言えます。

 

うちが特に重宝しているのは、

・見出し解析機能

・キーワード解析機能

・文字数のリサーチ

などです。

 

どのキーワードを狙うか、

そのキーワードに対してどんな内容を書くか、

どの程度のボリュームを書こうか

 

などはコンテンツスカウターZから得られたデータを原料に

実際に判断しています。

 

 

 

 

 

なぜ、今コンテンツSEOなのか

SEOの最新情報

 

そもそも何故、コンテンツSEOが有効なのでしょうか。

 

コンテンツSEOが注目される以前、

アクセスアップに有効だと言われていたSEO手法は

「リンクSEO」「ブラックハットSEO」と呼ばれる手法でした。

 

記事内容よりも、

外部から送られたリンクを自作自演で如何に増やすか

に重きを置いた方法で、

どちらかと言うと、Googleのガイドラインの裏をいくような手法でした。

 

 

が、よく考えていただければ分かりますが、

このブラックハットSEO,リンクSEOには限界があります。

 

なぜなら、

そうしたサイトは「稼ぐためだけに作られたサイト」であり、

訪問者にとっても大した内容が得られるわけではないし、

Googleも当然、そんなサイトは初めから推奨していないので、

Googleの進化とともに、

こうしたブラックハットSEO、リンクSEOと呼ばれる手法は

淘汰されていきました。

 

 

Googleとしては、

検索ユーザーが、何かのキーワードで検索した際に、

そのユーザーが知りたい情報をきちんと提示してあげたいわけです。

 

そしてGoogleは

その精度を上げるために全力を尽くしてきました。

 

 

その結果、現在は

コンテンツの中身がより重視された評価基準に変わっており、

内容のないサイトというのは

アクセスを集めづらくなってきているのです。

 

これが、現在コンテンツSEOをやらなければいけない理由です。

 

 

コンテンツSEOを成功させる秘訣は、ライバルサイトよりも良い記事をたくさん書くことです。

 

以前のSEOでは、記事の内容よりも、サイトの外側のリンク対策などの技術がメインの考え方でしたが、現在は記事そのものの良し悪しが一番検索エンジンの評価に影響することが分かっています。

 

これは、ある意味では大きなチャンスです。

 

つまり、資金力などに任せて対策できてしまう以前のSEOとは違い、誰であろうと「ちゃんとしたサイト運営をすること」が求められているので、しっかりとした記事を書いていけばアクセスを集めることができるのです。

 

 

また、昔のSEOと違うのは、ジャンルに関しても「ごちゃまぜサイト」ではなく、「特定のテーマに沿ったサイト」の方が評価されやすいという点です。

 

例えば、「お金持ち」というテーマなら、「お金持ち」というテーマについての記事をたくさん書くことで、検索エンジンも「お金持ち」について書かれているサイトなんだな、と認識してくれます。

 

今、インターネットの中でさまざまな部分で「よりユーザーになるための動き」を感じます。

 

PPC広告も、怪しげな広告やバリバリアフィリエイト目的の広告が出せなくなっています。

 

SEOも同じで、収益が第一優先になってしまって、内容が薄いサイトというのはアクセスが集まりづらくなっています。

 

言われてみれば、至極当然の流れですが、今までのリンクSEO(ブラックハットSEO)しか知らない人にとっては今後のSEOは厳しい時代になるでしょう。

 

 

そこで、新しい考え方が「健全で良い記事をちゃんと作っていこう」という原点回帰とも言えるコンテンツSEOの考え方です。

 

今までは検索エンジンというと、SEO行う人にとっては、どちらかと言えば「敵」のような存在でした。

 

なんとか、検索エンジンの裏をかいてやろう、というのが今までのSEOだったからです。

 

 

コンテンツSEOはそうした考えの真逆で、「検索エンジンと共存する」ような観点からの手法です。

 

Googleが元々推奨してきた「ちゃんとした記事掲載をしているサイト」を作っていく手法なので、アクセスが長期的に安定します。

 

そして、今後はこうしたコンテンツSEOを行っている人が生き残り、内容の薄いサイトを運営している人は淘汰されていきます。

 

検索エンジンにサイトを掲載するわけですから、検索ユーザーのためになるサイトが一番評価されるのは当然です。

 

今まではその裏を付くことができましたが、検索エンジンの進化に伴い、テクニックで裏を付く手法が通用しなくなっているので、真面目に記事を作っていくしかないのです。

 

ただ、先程書いたように、これは「ちゃんと記事を書いていればアクセスを集められる」ということなので、どなたにもチャンスがあると言えます。

 

既にSEOをやっているのであれば、今後は記事内容をより重要視してください。

 

これからSEOを行う方は、この記事を参考に、コンテンツSEOを行っていけば、1年後には安定したアクセスを集められるでしょう。

 

コツコツやる手法というのは、以前のSEOも今のSEOも変わりありませんが、力の入れどころが違うのです。

 

インターネットのスキルとしては、「記事を作ること」に特化したコンテンツSEOの方が簡単とも言えます。

 

 

コンテンツSEOを行えば

長期的に大量のアクセスを集めることができます。

 

ビジネスをする上で「集客」というのは

何よりも大事です。

 

今の時代、

インターネットからの集客を考えている人も非常に多いわけですが、

昔のように「ブログを何となく書いていればアクセスが集まる」という時代でもなくなってきました。

 

 

検索エンジンは

「より検索ユーザーの知りたいことを教えてくれる情報」を提示しようとしているので、

そうした検索エンジンの意向に応えるサイト運営をしていく必要があります。

 

 

今までのブラックハットSEO(リンクSEO)は

どちらかと言うと、

 

・Googleの裏をいく手法

・Googleガイドラインで推奨されていない方法

 

でした。

 

実際にそれで上位表示できた時代もあります。

 

 

現在も短期的には

効果はなくはないのですが、

当然、Googleもどんどん進化していて、

内容の薄いサイトは

やっぱり長くはアクセスを維持できなくなっています。

 

 

だからこそ、

 

・ユーザーにとって役立つ記事

・ライバルサイトよりも良質な情報が載った記事

・その記事を読めば検索を終えられるような記事

 

が求められています。

 

 

そのために何をするべきか

というと、

 

・記事を作る前にしっかりキーワードを想定すること

・そのキーワードで記事を書くにあたり構成を考えること

・構成を考えたら、どんな内容にするか構想すること

 

が大事で、

あとはテクニック的な所で

キーワードを選ぶ際に

 

・ライバルサイトがあまり強くないキーワードを選ぶ

・アフィリエイトやアドセンスが行われていないキーワードを選ぶ

・文字数やallinTitleが少ないキーワードを狙う

 

など、「狙い目のキーワード」を見つけることが重要になってきます。

 

 

これがコンテンツSEOの基本的な考え方です。

 

やるべきことは

「良い記事を書く」

ということなのですが、

この“良い記事”という概念が厄介で、

これは自分の主観ではなかなか勝負になりません。

 

既に上位表示できているサイトというのは

当然ながら今の時点で検索エンジンに評価されているから

上位表示できているわけです。

 

ということは

そうしたライバルサイトのデータを参考に

サイトを構築していくことが、

アクセスアップへの最短ルートです。

 

コンテンツSEOを進めていけば、

・継続的な集客効果

・継続的な売上

・継続的な広告収入

・継続的なアフィリエイト報酬

などが期待できます。

 

 

そのためにライバルサイトのリサーチは欠かせないのですが、

これを手動でやったらどうなるか。

 

ライバルサイトのタイトル内に

キーワードが入っているかどうか、

ライバルサイトの文字数はどうか

ライバルサイトはアフィリエイトをやっているか

ライバルサイトは広告タグを設置しているか

ライバルサイトのページランクは?

ライバルサイトの構成は?

ライバルサイトが使っている共起語は?

 

こんなものを手動で調べていると、

肝心の記事を作ることに時間を割けなくなります。

 

 

これは結構最悪で、

コンテンツSEOにおいて

最も重要な作業は「記事を作ること」なのですが、

実際に手動でリサーチをしているがために

この記事を作ることに時間が割けずに

全然サイトが構築できていない人は結構いらっしゃるのです。

 

 

関連キーワードの選定などが特にそうなのですが、

手動でやると時間がかかる上に、

どうしても限界があります。

 

コンテンツスカウターZはものすごい数の

関連キーワードを提案してくれますが、

これを手動で調べきるのは、ほぼ間違いなく無理と言えます。

 

キーワードによっては

何百、何千という関連キーワードを提案してくれますが、

これを手動で調べていたら、

その調べる時間で

コンテンツスカウターZを使っている人は

記事をどんどん作り、100万PVを集めてしまいます。

 

ただコンテンツスカウターZを使うだけで、

寝ている間にでも勝手にリサーチをしてくれるので

非常に効率的です。

 

・記事を作ることに時間を使えなかった人

・効果的なアクセスアップの方法を知りたかった人

・どんなキーワードを狙えば良いか分からなかった人

にとっては

コンテンツスカウターZはマストアイテムです。

 

 

コンテンツスカウターZは健全にビジネスをしたい人に最適

 

一昔前と違い、

現在のインターネットは「健全にビジネスをしている人」でないと

なかなか生き残れないようにもなっています。

 

広告も、怪しげな広告や誇張広告は審査を通過できませんし、

検索エンジンも、内容の薄っぺらいサイトを評価しない傾向にあります。

 

まさに時代に求められた「コンテンツSEO」という手法。

 

そしてそれを行う上で、

健全でより良いサイト作りに必要なツールが

コンテンツスカウターZです。

 

コンテンツスカウターZで

ライバルサイトの情報を下調べしてから記事を書くからこそ、

既存のインターネット上の情報よりも

良い情報を書くことができ

その結果、あなたのサイトから利益が出るのです。

 

今後はしっかり丁寧にコンテンツSEOを行ってきた人と、

そうでない人の

インターネットからの集客の差が

ますます激しくなるでしょう。

 

今こそ、コンテンツスカウターZで

プロ並みのコンテンツSEOを行っていくべきです。

 

 

コンテンツSEOを行えばアクセスを集められるのか

検索エンジン

 

現在のGoogleは、

各記事がどんなテーマで書かれていて、

どんなユーザーの悩みを解決できる記事なのかを

しっかり見ています。

 

逆を言えば、

検索キーワードの検索意図を理解し、

その検索意図に対する答えをしっかり記事に書いてあげれば、

自然とGoogleに評価され、アクセスを集めることができます。

 

実際に、「良い記事を書く」ということだけで

月間100万PVのメディアを作ることも可能です。

 

しかし、ここでネックになってくるのは、

「良い記事って何だ?」という部分です。

 

一言で「良い記事」って言ったって、

ある程度の定義はあります。

 

つまり、自分的に良い記事であるかどうかは関係なく、

検索ユーザーにとって最適な情報であること、

これが「良い記事」の条件です。

 

 

では、検索ユーザーにとって最適な情報とは何か、

どんな情報がそのキーワードで検索ユーザーのためになり得るのか、

それを考える際に、

ほぼ答えに近いものが分かる方法があります。

 

それが「現時点で、実際に上位表示できているサイトの中身を見てしまうこと」です。

 

当然、Googleは気分次第で

検索順位を決めているわけではなく、

理論的な判断基準(アルゴリズム)に基いて検索順位を決めています。

 

最近のSEOにおいて重要なのは、

「そのキーワードで検索する人の検索意図は何か」

ということと、

「その検索意図の答えになる記事であるかどうか」

です。

 

この2つをしっかり整えて考えていくと

検索エンジンに評価されやすい記事を作ることができます。

 

ですが、これを『カン』で考えるのは

かなりギャンブルに近いものがあります。

 

例えば、コンテンツスカウターZの機能の1つでもある

・見出し解析機能

・共起語解析機能

これらを使うことで、

 

どんな構成で

どんな言葉を使って

記事を書いているサイトが現時点で上位表示できているのかを

事前に知ることができるので

自ずと記事の内容や流れが決まってきます。

 

さらに言えば、

「ライバル記事では説明が不十分なところ」

も事前に分かるわけなので

それを補うような記事を作ることで

より検索エンジンに評価される記事を作ることができるでしょう。

 

 

大切なのは、

コンテンツSEOにおいては

こうした「記事を作ること」という部分が最も重要な作業であり、

“リサーチ”というのは、できれば手短に、だけど十分にやらなければならない作業だということです。

 

ですが、実際には

リサーチにほとんどの時間と労力を費やし、

肝心の記事を作ることに時間を割けないプレイヤーは

かなり多いです。

 

 

今現在、アクセス数が取れていない方も、

コンテンツスカウターZを使って

今からコンテンツSEOを行えば

1年後には大量のアクセスを獲得できるサイトに育てる事が可能です。

 

そのためには、

ライバルよりも優れた記事を書いていく必要があるので、

ライバルサイトのリサーチを自動で行ってくれる

コンテンツスカウターZが必要なのです。

 

 

さらに言えば、記事の内容だけでなく、

キーワード選定の時点から、

コンテンツSEOは効果を発揮します。

 

コンテンツSEOは

良質な記事を作ることで、

長期的に安定したアクセスを集める最新のSEOの考え方です。

 

重要なポイントは、

 

・良質な記事を書くこと

と合わせて、

・ライバルの弱いキーワードから攻めていくこと

です。

 

以前のSEOでは、

ビッグキーワードを狙うことも手法の1つとしてはあったのですが、

コンテンツSEOでは、

スモールキーワード、つまりライバルがあまり強くない

競合の弱いキーワードから記事を書いていくのも特徴です。

 

例えば、

「ゴルフ」というキーワードではなく、

 

「ゴルフ 40代 男性 コース」

など、複合キーワードから攻めていったり、

コンテンツスカウターZで得られたデータを基に、

その中でも実際にライバルがあまり文字数を書いていないキーワードや

アフィリエイトをしていないキーワードなどを選んで

記事を書いていきます。

 

 

最近のSEOの面白いところは、

こうしたライバルの弱いキーワードを、

まずはしっかり押さえていくことで、

検索エンジン側もそれをしっかり認識してくれて、

いずれ、大きなキーワードでも上位を取りやすくなる

という点です。

 

いずれ、ビッグキーワードで上位を取るためにも

まずはスモールキーワードやライバルの弱いキーワードから狙ってきましょう。

 

そのためにも

コンテンツSEOにおいてはライバルサイトのリサーチというのは欠かせません。

 

 

また、ライバルリサーチをしていると、

上位表示されているページが「ポータルサイト」ということもあります。

 

コンテンツSEOの経験値が上がってくれば

「このポータルサイトだったら抜かせるな」ということも分かってきます。

 

あるいは、無料ブログサービスなどを利用したサイトが

上位を取っていることもあります。

 

一般的に、無料ブログは早くインデックスされることがありますが、

上位表示が長期間安定しづらい傾向にあります。

 

もし、上位表示されているサイトが

無料ブログサービスを利用しているものが多ければ

そのキーワードは狙い目かもしれません。

 

こうしたポータルサイトやブログサービスの数も

コンテンツスカウターZで調べることができますので

お宝キーワード発掘のためにご活用ください。

 

 

あとは、コンテンツスカウターZの役立つ機能として

ライバルサイトの文字数をチェックできる機能があります。

 

上位表示されているページが

どのくらいの文字数書かれているのかを知ることができるのです。

 

文字数さえ書いていれば

コンテンツSEOを行って上位表示できる

というわけではありませんが、

文字数の多少も一つの判断基準です。

 

例えば、1位から10位のサイトが

ほとんど4万文字以上書かれているページという場合と、

すべて8000文字以下という場合だったら、

少ない文字数でも上位表示できるキーワードの方から取り組む方がチャンスかもしれません。

 

この文字数のリサーチも

かなり役立つ機能なので

コンテンツスカウターZを使う際にぜひ利用してみて下さい。

 

 

コンテンツSEOは確かに手がかかる手法ではあります。

 

ドメインが評価されるまでにある程度の時間もかかります。

 

しかし、一度アクセスが来るサイトを

コンテンツSEOにもとづいて作ることができれば

その後は、継続的なアクセスを確保できます。

 

広告のように多額の費用が掛かるわけではなく、

サーバー代くらいのコストで毎日大量のアクセスを獲得できます。

 

コンテンツSEOが上手くいけば、

継続的な売上も手に入ります。

 

メルマガの読者登録や

店舗への来店など、

継続的な集客効果もあります。

 

アフィリエイトをされている方なら、

サイトにアクセスが増えるので

アフィリエイト報酬も比例して伸びていきます。

 

毎日報酬が積み上がっていくでしょう。

 

現在のサイト集客に最も有効なのが

コンテンツSEOです。

 

長期的なアクセスの安定が見込めるコンテンツSEOは

本当に効果があります。

 

コツコツ取り組む必要がありますが、

ぜひ今のうちから取り組んでみて下さい。

 

最新のSEOといえる

コンテンツSEOを

コンテンツスカウターZとともに、取り組んでみてください。

 

プロ並みのコンテンツSEOを行うために、

コンテンツスカウターZがかなり役立ちます。

 

 

なぜライバルサイトの分析が必要なのか

 

特定のキーワードで上位表示したいと思ったなら、

既に上位表示されているサイトよりも

「良い記事」を書く必要があります。

 

現在の検索エンジンは、

「ユーザーに役立つ情報を載せたページ」を評価します。

 

この「良い記事」というのを書くために、

既に上位表示されている記事は

どんな流れで、どんな内容について書いているのかを知る必要があります。

 

それを調べることで、

「もっと分かりやすい記事にするにはどうしたら良いかな?」

という部分が見えてきて、

 

既に上位表示できている構成や単語の使い方+α

の記事が書けるので

必然的に評価されやすい記事が貯まっていくわけです。

 

ライバルサイトのチェックをしないと

どうしても「カン」で書くことになるので、

コンテンツスカウターZを使って

ちゃんと分析したデータに基いて書くのとは雲泥の差なのです。

 

 

もちろん、その手前段階でも

「キーワード選定」がとても重要です。

 

特にサイトを立ち上げたての頃は、

ライバルがめちゃくちゃ強いキーワードで勝負しても

あまり効果が得られません。

 

では、どういったキーワードがライバルに勝てる見込みがあるのか。

 

それを調べることができるのが

コンテンツスカウターZなのです。

 

注目するべきコンテンツスカウターZの機能とは

 

コンテンツスカウターZを

実際に半年以上利用してみて、

特にコンテンツSEOを行う上で役立つ

コンテンツスカウターZならではの機能があります。

 

まずは「キーワード解析」の機能です。

 

例えば、「ゴルフ」なら

「ゴルフ」というキーワードを打ち込むと、

それに関連するキーワードを

一気にコンテンツスカウターZが集めてくれます。

 

そして、キーワードだけでなく、

各キーワードごとのライバルサイトのデータを出してくれるので

それを見ながら、

「どのキーワードなら上位を取りやすいか」

を見極めることが可能です。

 

 

次に、実際に記事を作る際に役立つのが

「ライバルサイトの見出し構成を抜き出せる解析機能」です。

 

これはすごすぎます。

 

上位表示できているサイトの

hタグなどの見出し構成を抜き取ってくれるので、

どんな構成で記事を作ると

そのキーワードで上位が取れるのか

事前に知った上で記事を作る作業に入ることができるのです。

 

 

 

さらに、記事を作る際に

同時に見てほしいのが、

「共起語解析」です。

 

共起語とは、コンテンツ内で使われている単語のことですが、

上位表示できているサイトの共起語をコンテンツスカウターZが調べてくれるので、

「どんな言葉を使って記事を書くと効果的か」というところまで知ることができるのです。

 

見出し構成と合わせて事前にチェックしておけば

自然と上位表示される記事にすることが可能です。

 

 

そして、キーワード調査の際に

意外と役立つのが「タグ解析」という機能です。

 

この機能のおかげで

ライバルサイトがアフィリエイトやアドセンスをやっているかどうか

を見ることができます。

 

そうした情報を事前に知っておけば、

そのキーワードで記事を書くのが適切かどうか

事前に判断できるのです。

 

 

 

キーワード解析機能

稼げるキーワード

 

コンテンツスカウターZのキーワード解析機能は

非常に精度が高いです。

 

実に8つの方法でライバルサイトのSEO情報を解析してくれるので、

必然的に収益や集客につながる

「狙い目のお宝キーワード」が見つかるというわけです。

 

昔はそれほど厳密にライバルサイトの強さを調べなくても良かった

キーワード選定も、

今のコンテンツSEOの考え方ですと、

ライバルサイトがどの程度の文字数を書いているかだとか、

タイトルの中にキーワードが全て入っているのか、一部なのかだとか、

検索数、単語数、SNSの拡散などについても

リサーチした上で、

戦うキーワードを選ぶことが効果的です。

 

コンテンツスカウターZでは、

こうした今のSEOを行う上で必要な情報を

次々と抜き出してくれるので、

ちゃんとした数値面から「お宝キーワード」を導き出すことが可能です。

 

カンではなく、ちゃんとデータに基いて

理論的にキーワードを攻めていけるのは

アクセスアップを目指す方には重要なことです。

 

コンテンツスカウターZが抜き出してくれるデータはかなります。

 

・そのキーワードが月間でどのくらい検索されているか

・推定広告クリック単価

・そのキーワードの競合度合い

・inTitle数

※キーワードの一部がタイトルに入っているページの数

・allinTitle数

※キーワード全部がタイトルに入っているページの数

・広告のプラミアムポジションの数

・総被リンク数

※内部リンクと外部からの被リンクの合計数

・外部からの被リンクの数

・MOZ独自のページランク

・MOZによるページ評価

・MOZによるドメイン評価

・inTitle率

※上位表示されているページのタイトルにキーワードが入っているかどうか

・Index数

・ポータルサイトの数

・ブログサービスで作られたサイトかどうかのデータ

・Facebookの「いいね!」の数

・はてなブックマークに登録された数

・ライバルサイトのページの文字数

・ライバルサイトのページに使われた単語数

・重複を除いた場合の単語数

・文章内にキーワードがどの程度含まれているかの割合

・ページの読み込み速度

・SSL対応しているかどうか

・ページの更新日

 

といった感じで

コンテンツSEOをやる上で

ライバルサイトのデータをこれでもかってくらい

抜き出してくれるので

狙い目のキーワードを見分けることができるわけです。

 

 

サイトアフィリエイトにおいて、

キーワード選定は売上の8割を決める

とすら言われています。

 

このキーワード選定を、先程のような数値データに基いて

理論的に行えるというのは

サイトアフィリエイトだけでなく、

ホームページやブログから自社サービスの販売促進や店舗集客を考えていらっしゃる方にとっては、

ビジネス効果を上げる強い要因です。

 

 

オススメとしては、

最初は、3語、4語の複合キーワードというものから狙っていくと良いです。

 

複合キーワードとは、例えば3語の複合キーワードなら「サイトアフィリエイト ブログアフィリエイト 違い」など、

いくつかの単語を検索キーワードとして想定したものです。

 

 

あるいは、コンテンツスカウターZで取得できる

「allin Title」「in Title」の件数も、狙い目のお宝キーワードの発見に役立ちます。

 

allin Titleとは、キーワードの全てが記事タイトルに含まれている件数です。

 

つまり、先程の「サイトアフィリエイト ブログアフィリエイト 違い」という3語キーワードなら、

この3つのキーワードの全てが記事タイトルに入っている件数を示しています。

 

 

これに対して、in Titleとは、

キーワードの一部が記事タイトルに含まれている件数です。

 

このin Titleと、allin Titleの数値の差が激しいキーワードは狙い目です。

 

なぜなら、「キーワードをまるごと全部入れていないライバルが多い」ということになるので、

そのキーワードにおいて、記事タイトルや本文中で、

あたがしっかりキーワードを意識してあげることで、

上位表示がしやすい可能性があるからです。

 

 

当然、記事タイトルや記事中に、

狙っているキーワードをしっかり入れた方が、そのキーワードで上位表示しやすいです。

 

最近の検索エンジンは

本当に賢いので、「どんな内容だから、このキーワードで上位表示しても良いな」と判断して、

キーワードのすべてをタイトルや文中に入れていなくても

上位表示させることがあります。

 

ですが、特定のキーワードについて解説している記事なのに

そのキーワードが出てこないというのも不自然なので、

狙っているキーワードはちゃんとタイトルや記事中に入れることが望ましいです。

 

 

見出し解析機能

ブログ

 

コンテンツスカウターZの見出し解析機能は

実際に記事を書く際にかなり使えます。

 

いわゆる「hタグ」と言われる見出し構成を

抜き出してくれるので、

ライバルがどんな見出し構成で

記事を作っているかを見ることができます。

 

現在のSEOでは、

この「見出し構成」をしっかり考えることは

とても有効であると言われています。

 

ライバルの見出し構成を抜き出せるということはつまり、

どんな流れで記事を書くと、

そのキーワードで上位が取れそうか

が分かる、最強のカンニングです。

 

記事構成がまとまらない

と悩んでいる方にとっても、

強引にQ&Aサイトからテーマを引っ張ってくるのではなく、

実際に上位表示できている

ライバルサイトの記事構成を見て

それを参考に書けるので大変貴重なデータとなっています。

 

もちろん、1つずつのサイトを手動でチェックすることもできますが

手動でチェックしていると非常に時間が掛かり、

肝心の記事を作る時間を潰してしまいます。

 

 

上位表示するために、

ライバルサイトの見出し構成を真似するだけでなく、

それを見て、

 

「もっと分かりやすく解説するには、

どうしたら良いかな?」

 

というのを考えてあげると

ライバルよりも【良い記事】が書けます。

 

ライバルよりも良い記事が書ければ

やがて検索エンジンも評価をしてくれますので

この見出し解析機能は非常に役立つわけです。

 

 

サイトを運営する際に

「どんな記事を書いたら良いか分からない」

と悩む方も非常に多いです。

 

お宝キーワードは見つかっても、

記事を書くのが苦手・・・

という方もいらっしゃると思います。

 

そんな方でも

コンテンツスカウターZの「見出し解析機能」を使えば、

どのような構成で記事を書くべきか

事前に調べることができます。

 

まずはライバルサイトの構成を見て、

より分かりやすい記事にするための構成を考えてみてください。

 

 

あるいは、外注さんに記事を書いてもらう際にも

テーマやキーワードだけ丸投げしてしまうと、

コンテンツSEOに有効な「しっかりとした記事」を書いてもらうのが

どうしても難しいので、

コンテンツスカウターZを使って

見出し構成を考え、

 

「この構成で文章を書いて下さい」と依頼したほうが

良い記事が仕上がってきます。

 

 

外注さんに依頼する場合でも

自分で記事を執筆する場合でも、

コンテンツスカウターZを使っている多くのユーザーが

この「見出し解析機能」はすごく役立つと証言しています。

 

実際に弊社も記事を書く際に

コンテンツスカウターZの見出し解析機能を使っていて、

この機能はかなり便利だな・・・と思っています。

 

 

「ライバルよりも良い記事を書く」

というのは、コンテンツSEOを成功させる上で

かなり効果的な方法です。

 

そのために、

コンテンツスカウターZの見出し解析機能があります。

 

 

共起語解析機能

ブログで稼ぐ

 

狙うキーワードだけでなく、

そのキーワードで上位表示できているサイトが

他に使っている単語、それが共起語です。

 

サイトアフィリエイトなどを少し勉強したことがある方なら、

メインで狙うキーワード以外にも

この共起語というものがとても重要だということをご存知だと思います。

 

多くのSEOの教材などでも必ず解説されるようなポイントです。

 

共起語を調べることで、

「どんな言葉を含めながら記事を書けば

上位表示できそうか」

を理解できます。

 

例えば、「ゴルフ」というキーワードについて書こうと思っても、

当然ながら、その記事中には

「ゴルフ」という単語だけが存在しているわけではありません。

 

ゴルフ

トレーニング

服装

方法

上達

用具

用品

クラブ

高い

スコア

コース

男性

女性

年齢

腰痛

スイング

グリップ

グリーン

 

など、さまざまな「共起語」があります。

 

つまり、メインキーワードについて書く上で、

必ず関連する言葉を使いますよね?

 

それが共起語というものです。

 

共起語を考える際に、

ネット上の無料ツールなどで提案してくれるものもあるのですが、

「上位表示されているサイトの共起語や、

Q&Aサイトの共起語も拾える」という点で

コンテンツスカウターZの共起語解析機能は優秀なのです。

 

やはり無料ツールには限界がありますので、

コンテンツスカウターZの共起語解析機能に基いて記事を作れば、

ライバルよりも「良い記事」を作っていく事が可能です。

 

 

実際に既に上位表示できているサイトは

どんな言葉を入れながら、記事を書いているのか

それを調べることで

より具体的に記事の内容も決まってきます。

 

先程の見出し解析機能と合わせて使うと、

記事を書く前に

どんな内容の記事を書くと効果が出そうか

ということを事前に把握できます。

 

 

実際に、SEOを考える上でも、

共起語も検索エンジンの判断材料の1つと言われています。

 

「このキーワードについての説明なら、

この言葉も出てくるよね?」

という所を検索エンジンも見ているわけです。

 

 

例えば、この記事は

「コンテンツスカウターZ」について書いていますが、

コンテンツスカウターZについての専門的な記事を書こうとすれば

例えば、

 

コンテンツSEO

SEO

サイト

構築

記事

見出し構成

hタグ

 

などの共起語は絶対に出てくるのが自然なわけです。

 

専門記事であればあるほど

それが求められます。

 

 

コンテンツスカウターZの

共起語解析機能を使えば、

ライバルサイトが使用している共起語を

出現数順に表示できるので、

どんな言葉を入れるべきかをチェックし、

記事の内容や流れもさらに具体的に決まります。

 

そうした共起語を意識しながら

ライバルサイトよりも分かりやすく詳しい記事を

意識していけば、

自然とアクセスが集まる記事を作ることができます。

 

 

結構良いな

と思うのは、

コンテンツスカウターZでは、

ライバルサイトの共起語だけでなく、

Q&Aサイトでの同キーワードで検索した際の共起語も調べられるので、

より検索意図に対する答えを記事で書く際の

具体的なヒントにできます。

 

単純にライバルサイトよりも良い記事を書く

というわけではなく、

実際にはその「良い記事」の基準というのは

「検索ユーザーにとってより意味のある記事」ということなので、

Q&Aサイトからの共起語もかなり役立ちます。

 

 

全体的な記事の流れは

見出し解析機能で拾った

ライバルサイトの記事構成を基に、

より分かりやすい構成を考え、

 

さらに具体的な部分を

共起語解析機能で想定していく。

 

 

そうすることで

自然と良質な記事の内容が決まっていきます。

 

 

今のSEOは

「ユーザーのためになるサイトを評価する」

ということが、ものすごい精度で行われています。

 

では「どんな記事を書けばユーザーのためになるの?」

という具体的な内容部分を

見出し解析機能や共起語解析機能で見つけていくことができます。

 

 

タグ解析機能

インターネットを調査

 

少し専門的な話ですが、

タグ解析機能とは、

ライバルサイトのHTMLをチェックして

その中にどんなタグが入っているかをチェックしてくれる機能です。

 

簡単に言えば、

ライバルサイトに何が仕掛けてあるかをチェックしてくれる機能

と言っても良いでしょう。

 

サイトの内側を調査してくれる機能です。

 

 

これで何が分かるかと言うと、

 

・ライバルサイトはアフィリエイトをやっているか

・ライバルサイトやアドセンスをやっているか

・ライバルサイトは、Google Analyticsを使っているか

・ライバルサイトは、Yahoo!アクセス解析を使っているか

・ライバルサイトは、Googleリマーケティング広告タグを設置しているか

・ライバルサイトは、Yahoo!リターゲティング広告タグを設置しているか

・Facebook広告のタグを入れているか

・発リンクはどうか

 

などが分かります。

 

 

例えば、あなたがサイトアフィリエイトをやるにしても、

ライバルサイトがアフィリエイターだらけのキーワードよりも

ライバルが広告を設置していないキーワードを狙ったほうが

最初は効果的です。

 

アフィリエイトをガンガンやっているサイトは

当然、SEOの知識がある人が対策している可能性があります。

 

アドセンスについても同じことが言えます。

 

Google Analyticsというのは

Googleがサイト運営者のために無償提供してくれている解析ツールですが、

こうしたツールを設置しているサイトも

当然ながら、トラフィック対策をされている可能性があるので最初のうちは避けた方が良いかも知れません。

 

Yahoo!のアクセス解析も同様です。

 

 

あるいは、GoogleやYahoo!の広告タグを設置されているサイトも

思いっきりマーケティングされているサイトなので

ライバルとして強いということが言えると思います。

 

まだサイトが育っていない段階で

こんな風に思いっきりマーケティング対策がされているサイトを

わざわざ相手にする必要はありません。

 

まず、ライバルが強くなさそうなキーワードで勝負する。

 

次第にサイトが評価されてアクセスが増えていく。

 

そうなってから、ライバルが強いキーワードにも勝負していく。

 

そうすると、ライバルに勝てることも増えていきます。

 

 

 

また、そのキーワードで上位を取っているサイトが

何でマネタイズ(収益化)しているか、

どんな広告を使おうとしているかが分かるので、

そのキーワードでの戦い方も見えてきます。

 

この辺は手動で見つけていくのは

相当手間がかかる且つ困難なことなので、

この機能も大変ありがたい機能です。

 

 

当然ですが、マーケティングがガッツリやってある形跡のあるサイトは、

SEO対策もバリバリ意識されていることが想定できます。

 

したがって、そのキーワードで勝負するということは

そうしたガッツリやってあるライバルのSEOに勝負していくことにもなります。

 

既にあなたのサイトやドメインが検索エンジンに評価され、

アクセスが伸びてきているのなら

こうしたライバルが強いキーワードに勝てる可能性もありますが、

初期段階では、わざわざライバルがSEOをガッツリやっている可能性があるキーワードではなく、

ライバルがあまり強くはSEOを意識していなさそうなキーワードを狙う方が賢明です。

 

キーワードをまるごと変えるというよりは、

そのキーワードの関連キーワードで、

アフィリエイトやアドセンスなどのタグが少ないキーワードはないか

探してみて下さい。

 

ライバルが弱いキーワードで確実に上位を取っていくことで

ドメインの評価も上がり、

その後にビッグキーワードやライバルが強いキーワードでも

上位を取りやすくなります。

 

 

また、タグ解析機能はそれ以外にも、

「そのキーワードがチャンスかどうか」も判明します。

 

ライバルがアフィリエイトを仕掛けているものが多かったり、

解析タグを仕込んでいることが多ければ、

それは「稼げるからやっている」可能性が高いわけです。

 

つまり、そのキーワードやそのキーワードの関連キーワードは

売上の見込みが立つキーワードと考えることもできます。

 

 

「お宝キーワード」を見つける上でも

ライバルがあまりマーケティングをがっつりやっていないキーワードで

勝負をしていきたいところです。

 

アフィリエイトもアドセンスも

解析タグなども設置していないとなれば、

ライバルサイトは、あまりマーケティング的な仕掛けがないサイトになるので

しっかり記事を書いてあげれば

上位表示も可能だし、収益化もしやすいかもしれません。

 

このタグ解析機能も、

キーワード発掘の時点でしっかり見ておきたいデータです。

 

手動ではなかなかここまでチェックしきれませんが、

コンテンツスカウターZを使えば

こんなことまで分かってしまいます。

 

 

 

順位チェック機能

順位チェック

 

追加された機能として「順位チェック機能」があります。

 

順位チェックは

SEOを行う上で多くの方が行う調査項目です。

 

自分のサイトが

狙っているキーワードで、検索エンジンで一体何位なのか

を知ること、

そしてそれがどう変化していくかを知ることは

SEOを攻略する上で大きなヒントです。

 

コンテンツスカウターZに、

この順位チェック機能が追加されました。

 

当初はなかった機能ですが、

コンテンツSEOを行う上で必要な機能であろうということで

後から追加が決まった機能です。

 

 

この機能を使うことで

・狙ったキーワードで何位なのか

・検索順位が、どのように変動しているか

を知ることができ、

こうしたデータを見ていくことで

 

今、コンテンツSEOは

 全体的にどうのように変化しているか

を知ることができます。

 

自分のサイトの検索順位も

なかなか手動で調べるのは大変な部分があったりするので

ありがたい機能が追加されたという感じです。

 

コンテンツスカウターZを起動することで

自動的にデータが蓄積されるので

検索順位とその変動が分かるようになっています。

 

SEOのコツを押さえる上でも

こうした順位の変動は見ていった方が良いでしょう。

 

 

検索エンジンも進化しているので

時代ごとに「どのようなサイトが評価されるか」は

少しずつ違っています。

 

したがって、順位の変動を注意深く見ることで

「こんな記事を作ると、最近は順位が上がるな」

という独自のノウハウを発見することにもつながります。

 

 

あなたのサイトが何ページでも

コンテンツスカウターZが順位チェックをしてくれますので

手動で調べるよりも効率的且つ正確にデータが拾えます。

 

狙っているキーワードについて

ぜひこの機能を活用していってください。

 

 

ライバルサイトのデータだけでなく、

自分のサイトの順位までチェックできるのはうれしいです。

 

コンテンツスカウターZ1つで、

まさにSEOに役立つほとんどの情報を網羅できます。

 

 

コンテンツスカウターZを使うべき理由とは

 

キーワードの発掘

データに基づく調査

 

先程の機能紹介の所でも挙げたように、

コンテンツスカウターZを使うことで

ライバルサイトのあらゆるデータを一気に調べることができます。

 

関連キーワードの発掘の精度も高く、

各キーワードについて上位表示されているサイトのデータを出してくれるので

それらを見ながら、

どのキーワードから狙っていくと、上位を取れそうか

を見極めることができます。

 

SEOの分野においては

「キーワード選定は売上の8割を決める」

とも言われてきました。

 

従来は、このキーワード選定の決定打がなかなかなく、

データに基づく決定が難しかったのですが、

コンテンツスカウターZを使うことにより

事実と理論に基づく「お宝キーワード」を見つけることができます。

 

 

上位表示できる記事の内容が分かる

上位表示して収入アップ

 

キーワードだけでなく、

実際に上位表示できているサイト記事の

「見出し構成」を自動的にコンテンツスカウターZが調べて表示してくれます。

 

最近のSEOは

見出し構成も非常に重要視されていて

「どんな構成で記事が書かれているか」をチェックされていると言えます。

 

見出し解析機能を使って得られた

上位表示されている記事の構成を見て、

それを参考に自分の記事の構成も組み立てましょう。

 

さらに、共起語解析機能もあるので、

上位表示されているサイトが使っている他の単語(共起語)を知り、

構成だけでなく、

具体的にどんな言葉を入れなら書けば良いのか知った上で

記事を作る作業に当たることができます。

 

つまり、コンテンツスカウターZを使うことで、

どんな記事を書けば上位が取れるのか

を知った上で記事を書くことができるわけです。

 

 

SEOにおける最も重要な作業は「記事を作ること」である

パソコンで記事作成

 

コンテンツSEOを行う上で

最も重要な作業は「記事を作ること」です。

 

コンテンツSEOの「コンテンツ」とはすなわち記事のことです。

 

良質な記事を書いていくことで

検索エンジンから正当に評価してもらい

アクセスを増やそうというのがコンテンツSEOの基本的な考え方です。

 

ですが、実際には

ライバルサイトの調査に時間を割かれすぎて、

肝心の記事を作ることに時間を割けない方がかなりいらっしゃいます。

 

それでは本末転倒なのです。

 

手動でやっていたら

何日かかかるよな調査も、

コンテンツスカウターZにやらせてしまえば

寝ている間に勝手にやってくれます。

 

しかも、手動ではほぼ集めるのは無理というデータも

サクサク集めてくれるので

使わない手はないです。

 

 

 

コンテンツスカウターZを使う意味

アクセスアップ

 

コンテンツスカウターZは

月間100万PVのコンテンツSEOのプロが監修した

業者レベルのデータを集められるツールです。

 

コンテンツスカウターZを利用して

狙い目のキーワードから

しっかり見出し構成や共起語を意識して記事を書いていけば、

あなたのサイトに膨大なアクセスが集まっていきます。

 

大量のアクセスが集まるということは

それだけあなたのビジネスの見込み客が増えるということなので、

自然と売上げアップにもつながるでしょう。

 

 

コンテンツSEOのスキルが上がってくれば、

ライバルリサーチをした時に、

仮にライバルがポータルサイトだらけだった場合などでも、

「あ、この感じだったら抜かせるわ!」と判断する能力もついてきます。

 

この辺は経験が必要ですが、

コンテンツスカウターZを使えば

初心者のうちから、プロ並みのコンテンツSEOを行っていくことが可能です。

 

 

コンテンツSEOをこれから行うなら必須アイテム

パソコンでの作業

 

サイトからの集客というのは

インターネット集客の基本です。

 

広告に比べ、

SEOはほとんどコストが掛かりません。

 

つまり、ほとんどコストを掛けずに

継続的な見込み客の獲得ができる、

それがSEOなわけです。

 

 

そして、現在

最も有効なSEOの手法が「コンテンツSEO」です。

 

このコンテンツSEOにおける

プロ中のプロが監修したツールなので、

このコンテンツスカウターZを使ってコンテンツSEOをやっている人と

自力でコンテンツSEOをやっている人では、

記事の質も、狙うキーワードの優先順位の精度も、

時間効率も、差が出てしまいます。

 

実際に弊社は使用していますが、

コンテンツスカウターZを使わずに

コンテンツSEOを攻略しようとするのは、

どうしても使っている人に勝てないので、かなり厳しいと言わざるを得ないです。

 

 

コンテンツスカウターZを使わないとダメなのか

パソコンでのリサーチ

 

コンテンツSEOは

コンテンツスカウターZがなくても取り組むことはできます。

 

ですが、このコンテンツスカウターZが

こうして一般公開されている以上、

このツールを使っていない人と

使っている人の差は歴然です。

 

コンテンツスカウターZを使っている人は

次々と良い記事、検索エンジンに評価される記事を作っていくので、

これを使っていない人が上回るのは不可能に近いのでは?と思います。

 

実際に弊社でもコンテンツスカウターZを使っていますが、

サイト運営には欠かせないツールで

一度使い始めれば、ほぼ毎日このツールを使用してメディア運営をすることになるでしょう。

 

インターネットビジネスをするには

パソコンが必要

というのと同じくらい、

 

コンテンツSEOをやるなら

コンテンツスカウターZは当然必要

と言って良いレベルだと思います。

 

 

実際に、先程のような性能を見ていただければ分かるように、

自動的に膨大なデータを取ってくれるので、

これを手動で超えていくのは不可能に近いです。

 

実際に月間100万PVを超える

コンテンツSEOのプロが監修した

コンテンツSEOをやるために必要なデータを

全て揃えてくれる最強のツールです。

 

コンテンツSEOをやること自体は

コンテンツスカウターZがなくてもできますが、

使っている人に、使っていない人が勝つのは無理がある

と言わざるを得ません。

 

 

コンテンツスカウターZの価格はいくらですか?

データを解析するツール

 

コンテンツSEOにより

あなたのサイトにアクセスが安定して集まるようになれば、

毎月の売上は大幅にアップします。

 

実際にコンテンツSEOを行って成功している人の話しを聞くと、

自社サービスで億単位の売上を上げていたり、

アフィリエイトで毎月500万円以上の報酬を得ていたり

すさまじい結果を出しています。

 

そして今回のコンテンツスカウターZは

実際に月間100万PVのコンテンツSEOのプロが監修したツールです。

 

 

SEO業者でさえ

喉から手が出る程欲しいデータを自動的に集めてくれるツールなので、

かなり高額な料金設定でも

ご購入される方も多いと思います。

 

というか、むしろ

既に使っている私達からすると、

高額な料金設定にしてもらって、

あまり簡単に手にできるようにはしてほしくない・・・

というのが本音です。

 

 

今回、コンテンツスカウターZを提供しているのが

Catch the Webグループなのですが、

Catch the Webグループと言えば、

良い商品やツールを提供してくれることで有名で、

ビジネスをされている方やアフィリエイターさんを

多くフォローしてきた実績があります。

 

今回のコンテンツスカウターZを開発した経緯としては

「業界の底上げがしたい」という強い動機があるようです。

 

 

その結果、

本来10万円以上の価格でも安いくらいなのですが、

月額たったの2,980円というあり得ない価格で提供されています。

 

 

アクセスアップできずに

毎月書籍を買うのと同じくらいの価格、

 

あるいはSEO業者に相談すると

100万円以上の見積もりを出されることもあるので、

 

「なんでこんな良心的な価格なんだろう・・・」というほど良心的な価格です。

 

 

ほとんどリスクはないので、

まずは1カ月だけでも使用してみることをオススメします。

 

 

コンテンツスカウターZはこんな人に向いている

 

コンテンツスカウターZの利用が向いている人としては、

以下のような方が挙げられます。

 

これからコンテンツSEOに取り組んでアクセスを集めたい方には

絶対に利用して欲しいツールなのですが、

具体的にどんな方に向いているのか、まとめたいと思います。

 

既にコンテンツSEOに興味を持っている方

 

・コンテンツSEOに取り組んで効果的にアクセスを増やしていきたい

・良質な記事をたくさん書いて、集客とブランディングの効果を高めようとしている人

・サイトに継続的なアクセスが欲しい

・毎日1万回以上見られるメガ媒体が欲しい

・検索順位を上位で安定させたい

・コソコソやる裏ワザ手法ではなく、まっとうで健全な手法で成果を上げたい

・毎日確実にアフィリエイト報酬を得たい

・広告の依頼が来るサイトを運営したい

・サイト売却ができるほどのサイトに育てたい

 

 

これからコンテンツSEOをやろうと思っている方

 

現時点でコンテンツSEOをやっていなくても、

これからやる、という方にも

コンテンツスカウターZは是非ご利用いただきたいです。

 

むしろ、これからスタートするのであれば

最初から「ライバルに勝てる記事」「ライバルに勝てるキーワード」で

勝負していけるので

コンテンツスカウターZを使った方が良いです。

 

最初の段階から

検索エンジンに評価される記事を更新していけば

その分だけサイトの評価も高くなります。

 

現時点で大したコンテンツSEOの知識がなくても

コンテンツスカウターZを使えば

自然とプロ並みのコンテンツSEOが行えるので大変オススメです。

 

 

従来のブラックハットSEOで

失敗してきた方や

アクセスを大きく落としてしまった方も、

今からコンテンツSEOを始めればまだ間に合います。

 

新しくサイトを立ち上げたい方も、

必ずコンテンツSEOを行いましょう。

 

これからの時代は

良質なコンテンツを載せたサイトでないと

アクセスが集まりません。

 

この兆候はすでに表れています。

 

これからコンテンツSEOをやろうかなと思っている方にとっても

コンテンツスカウターZはマストアイテムです。

 

 

アフィリエイトで稼ぎたい方も注目!

 

お店や会社のホームページ、

自社商品をお持ちの方はもちろんなのですが、

 

アフィリエイターの方も

コンテンツSEOをやると

すごく報酬が安定します。

 

毎月何百万円という報酬を稼いでいる

コンテンツSEOのプロもいます。

 

・サイトアフィリエイト

・メルマガの読者集め

・LINE@の読者集め

 

などをしたい

アフィリエイターの方も

コンテンツSEOに取り組む必要があります。

 

毎日継続したアクセスが集まるサイトがあれば

メルマガやLINE@に毎日新しい読者さんが登録してくれますし、

サイトからのアフィリエイトの売上も継続的に発生します。

 

サイトアフィリエイトにおいては特に、

以前は「リンクSEO」と言って、

記事の内容よりも

「如何に外部からリンクを受けるサイト構成にするか」

がモノを言う時代がありました。

 

ですが、このリンクSEO、

いわゆるブラックハットSEOは

現在はかなり厳しくなってきています。

 

実際に現在、

月商500万円を超えるような

サイトアフィリエイターがやっているのは

やはりコンテンツSEOです。

 

毎日大量のアクセスを集めているので

継続的な売上が発生します。

 

月商500万円ということは

1日15万円~20万円の売上ということですが、

サラリーマンの月収をたった2日ほどで稼いでしまうので

アフィリエイターにとってもコンテンツSEOは

取り組むべき分野です。

 

 

 

ライバルリサーチに時間が掛かりすぎている方

 

コンテンツSEOにおいて一番大事な作業は「記事を作ること」です。

 

しかし、一般的に最も時間がかかる作業が「ライバルリサーチ」なのです。

 

リサーチに時間が掛かりすぎて、

本当に大事な作業に少ししか時間が割けないというのは本末転倒ですよね?

 

 

「もっと記事を書きたいんだけど、

調べている時間でいつも終わってしまう」

と悩んでいる方には、

このコンテンツスカウターZはオススメです。

 

例えば、寝る前に解析を回しておけば

起きた頃にはリサーチが完了しているので、

今までのようにリサーチに時間や労力を消費することがありません。

 

記事を作ることにしっかりと時間を確保できずに悩んでいた方にとっては

非常にありがたいツールとなっています。

 

 

データに基いて正確なSEOがやりたい人

 

ここまでに説明したように

コンテンツスカウターZでは、キーワードやライバルサイトについて

かなりたくさんのデータが取得できます。

 

したがって、狙うキーワードも

記事の作り方も、こうしたデータを基に

勝てる見込みがあった上で取り組むことができます。

 

当然、ビジネスは、

カンでやるよりも、しっかり数字を取って取り組んだ方が成功できる確率が高くなります。

 

 

データを見たりするのが苦痛で仕方ない方には

キツいかもしれませんが、

行き当たりばったりではなく、ちゃんと勝算を持ってビジネスをしたい方には

このツールは役に立ちます。

 

コンテンツSEOにおいて大事なのは、ライバルよりも良い記事を書くことです。

 

この「良い記事」を書く上で

実際にライバルがどんな記事を書いているのかなどを

見出し解析機能でチェックできるのはコンテンツスカウターZのメリットです。

 

文字数なども分かるので、

記事ボリュームの参考にもなります。

 

 

無料ツールに限界を感じている人

 

SEOに役立つツールは

インターネット上にかなりの数あります。

 

無料で使用できるツールも多いです。

 

ですが、本格的にSEOをやっている人はすぐに

「無料ツールの限界」を感じるでしょう。

 

例えば、関連キーワードの提案1つとっても、

無料ツールでは、せいぜい10個~50個くらいのことが多いです。

 

ですが、コンテンツスカウターZであれば、

100個、200個、500個くらいの関連キーワードを抜き出すこともできます。

 

たくさんのキーワードを抽出する際は

多少時間が掛かることもありますが、

それでも「たくさんのキーワードを抽出していない」今の状態よりは遥かに良い訳です。

 

 

最新版を使える安心感を得たい方

 

コンテンツスカウターZは

月額2,980円です。

 

月額制だからこそ、常にバージョンアップが受けられます。

 

特に、検索エンジンというのは

私達の想像よりも遥かに速いスピードで進化しているので、

仕様変更は頻繁に起きるものです。

 

もし、買い切り版のツールだったり

無料ツールだと、

検索エンジンの仕様変更があっても「使えなくなりました」で終わってしまうところですが、

月額制だからこそ、常に最新版の対応がされたバージョンを使うことができます。

 

弊社が使い始めてからも、定期的にアップグレードしてくれているのが確認できています。

 

サイトアフィリエイトやサイト集客を今後もずっと行っていきたい方には

安心材料です。

 

良いビジネスをしたければ、良い道具を使おう。

 

私が起業した時に、一番始めに先輩から習ったことです。

 

コンテンツスカウターZは常に最新版を使える安心感があるので、長期的にコンテンツSEOに取り組んでいくことができます。

 

 

バージョンアップは随時受け取れます

インターネットで受信

この手のツールで結構気になるのが、

「検索エンジンの仕様が変わったら、

使えなくなるのでは?」という問題です。

 

ここに、コンテンツスカウターZが

月額制(たったの2,980円)である理由があります。

 

月額制なので、

仮に検索エンジンの仕様変更に伴い

現在取得できているデータが正常に取得できなくなった

なんてことになった場合でも、

最新バージョンにアップデートして提供してくれるので安心です。

 

月額たったの2,980円で

SEOの秘書がずっと付いてくれるようなものなので、

費用対効果は抜群と言えます。

 

買い切りのツールだと、

「買った時点で動いていたなら

あとは知らないよ~」

みたいなことが起こってしまいますが、

 

月額制だからこそ

最新バージョンにアップデートして提供してもらえる

という安心感があります。

 

実際、弊社でも2017年から使い始めて、

何度も最新バージョンへのアップデートがあり、

常に最新のバージョンでコンテンツスカウターZを使っています。

 

もちろん、通常の月額料金(2,980円)以上の費用は掛かりません。

 

 

充実した特典があります

インターネットを使って世界へ

 

コンテンツスカウターZを購入することで

非常に有意義な特典も付いてきます。

 

まず1つ目の特典は、

「コンテンツSEO講座」です。

 

この講座を受講すれば

現時点でコンテンツSEOのことを知らなくても

どんな事に気をつけながら記事を作っていけば良いのか、

キーワードを見つけていけば良いのか

すべて分かります。

 

かなり詳しい講座を受けることができます。

 

月額2,980円の特典とは思えないほど

本格的な知識を学べますので

うれしい特典となっております。

 

つまり、ツールだけでなく

ノウハウも同時に手にできるということです。

 

この講座を受講して

コンテンツスカウターZをご利用いただくことで、

あなたも実際にコンテンツSEOを進めていくことができます。

 

コンテンツスカウターZをご購入された方向けに

毎週1講座のペースで全部で12講座配信される特典となっております。

 

 

次に、

コンテンツスカウターZを120%フル活用していただくための、

キーワード拡張リサーチに関する「使い方動画講座」を視聴できる特典があります。

 

使い方動画

と言っても、コンテンツスカウターZの操作は非常に簡単です。

 

1.キーワードを打ち込む

2.クリックして選択していく

 

ただこれだけの操作なので、

誰でも使うことはできますが、

「どんなデータを取ったら良いの?」という部分だったりが

分かりづらい方もいると思うので用意された特典です。

 

パソコンが苦手な方でも

この使い方動画を見ていただければ、

安心してコンテンツスカウターZをご利用になれます。

 

 

実際の画面を収録した動画なので

非常に分かりやすいです。

 

「私には難しくて使えないかも」という不安は

この特典で解消できます。

 

キーワード拡張については

実際にデータを取り始める第1ステップとして

必ず使う機能なので

この「キーワード拡張の使い方動画」の特典も是非活用してくださいね。

 

 

そして、こうした「使い方動画」の特典は他にもございます。

 

3つ目の特典は、

「キーワード解析」に関する使い方動画です。

 

ここまでに説明したように

サイトを作ってアクセスを集め、

アフィリエイトや自社商品の販売を行うためには、

特に最初のうちはライバルが弱いキーワードで勝負していくことが有効です。

 

コンテンツスカウターZで得られたデータの

どこを見れば、お宝キーワードを見つけられるのか

その分析の仕方を動画解説で学ぶことができます。

 

コンテンツスカウターZを使えば

ライバルサイトに関するあらゆるデータを取得できるので

そうしたデータをどう見比べれば、

お宝キーワードを見つけることができるのか

学んだ上で取り組みましょう。

 

お宝キーワードでどんどん記事を書いていくことで

アクセスが集まりやすくなります。

 

 

4つ目の特典は、

「見出し解析」に関する使い方動画です。

 

弊社も特に活用している

コンテンツスカウターZの「見出し解析機能」。

 

これに関する有効な使い方を動画解説で学ぶことができます。

 

最新のSEOを行って効果を得るには、

お宝キーワードを見つけるだけでなく、

そのキーワードで上位を取れる「優良な記事」を書かなくてはいけません。

 

記事を作る作業は、サイト運営者にとって

しばしば悩みのタネです。

 

「どんな記事を書けば上位表示されるのか」

「このキーワードにおいて、どのような記事が検索エンジンに評価してもらえるのか」

ということを知った上で記事を書かなくては、

なかなかアクセスが集まる記事を作っていくことができません。

 

この点について、

解説してくれる動画があるので、

この使い方動画を見ることで、検索エンジンに評価される記事を

どのように作っていけば良いのかが分かります。

 

 

使い方動画の特典はまだまだあります。

 

5つ目は、「共起語」に関する使い方動画です。

 

狙っているキーワード以外にも

上位表示できているライバルサイトが使っている他の単語「共起語」を

意識して記事に使うことで、

より上位表示がしやすくなります。

 

コンテンツスカウターZでは、

上位表示できているライバルサイトの「共起語」も抜き出せるので、

この共起語の考え方について、特典の動画で学び、記事を実際に作っていきましょう。

 

 

6つ目の特典は

「タグ解析機能」に関する使い方動画です。

 

コンテンツスカウターZでは、

ライバルサイトがHTMLの中に

どのようなタグを使っているかを調べることができます。

 

これにより、何が分かるかと言うと、

上位表示できているサイトが

アフィリエイトをやっているのか、アドセンスをやっているのか、

こうしたマーケティングの戦略を見抜くことができます。

 

それだけでなく、

広告やアクセス解析に関する情報も見ることができるので、

これらの情報をどのように考えれば良いのかを

特典の使い方動画で学びましょう。

 

この「タグ解析」に関する使い方も知っておくことで、

参入するべきキーワードをより見つけやすくなります。

 

 

7つ目の特典は、

コンテンツスカウターZで調べられる

月間検索数や競合度、広告のクリック単価に関する考え方を学べる動画です。

 

より詳細なデータを見たい人に役立つ内容です。

 

より本格的なマーケティングを考える際に使える知識です。

 

本来、広告を使っている人しか見られない

細かいデータをコンテンツスカウターZで見る方法があるので、

コンテンツSEOやインターネットマーケティングに慣れてきたら

この動画を見て、活用してみてください。

 

 

8つ目の特典は、

「SEOチェックシート」です。

 

これはかなり使えます!

 

このシートを活用することで、

最新のコンテンツSEOを行う上でやるべきことが分かり、

自分の意識しているポイントが足りているのかどうか

チェックできます。

 

コンテンツSEOのポイントは

「優良な記事をたくさん書いていくこと」なのですが、

実際には意識するべきポイントが幾つもあります。

 

有効なSEOを行う上で

ぜひこのチェックシートを活用してみてください。

 

 

9つ目の特典は、

月収100万円以上稼ぐ方へのインタビュー動画です。

 

実際にコンテンツSEOに取り組んで成功している方への

インタビュー動画を見ることができます。

 

初心者から始め、月収100万円以上稼げるようになった方の

貴重な事例を動画で学ぶことができます。

 

・SEOに取り組んだきっかけ

・どんなことをやって成果が出たのか

・SEOを攻略することで得られる未来

などを学ぶことができます。

 

SEOは地道な作業が多いので、

既に結果を出されている人の見解を知ることは、

モチベーションアップにもつながります。

 

これからコンテンツSEOを行う人には

とても魅力的な動画です。

 

こちらの動画もぜひお楽しみに!

 

また、このサイトからご購入いただいた方へは、

弊社からも特典をご用意しております。

 

・購入者様しか読めない裏メルマガへの招待

・すぐに10万円稼げる方法を解説したマニュアル

・限定アフィリエイト講座受講権利

 

をお付けしておりますので

ぜひご購入後にインフォトップのマイページよりダウンロードしてください。

 

 

ありがちな質問にお答えします

 

Q.すぐに使ったほうが良いですか?

 

A.既にSEOをやっている、

あるいは、今後コンテンツSEOをやっていこうと考えている方は、

すぐに使ったほうが良いと思います。

 

この記事で紹介してきたように、

手動ではなかなか調べられないデータを使って、

効果的なコンテンツSEOができます。

 

コンテンツSEOを攻略すれば、

安定的な売上、安定的な集客を行うことができますので、

サイトアフィリエイトや

サイトからの集客などに力を入れていきたい方は

すぐに使い始めてください。

 

 

Q.ツール操作の難易度は?

A.実際に使ってみた感想ですが、

操作の難易度はいたって簡単です。

 

使い方マニュアル(PDF81ページ)も用意してあるので

パソコン初心者でも使いやすいでしょう。

 

提供してくれるCatch the Webグループは

サポートも非常に丁寧で定評があるので、

安心して使うことができます。

 

 

Q.サポート環境について教えてください。

 

A.サポートが付いています。

コンテンツスカウターZに関する質問でしたら

お答えしてもらえるということなので、

安心して使用してください。

 

 

Q.サポートの方法は?

 

A.問い合わせフォームがあるので

分からないことがある場合はフォームからお問い合わせし、

メールにて返答してもらう形式です。

 

 

Q.コンテンツスカウターZで得られる情報は古いものにはならないのですか?

 

A.コンテンツスカウターZで取得できるデータは、

今現在の最新のデータを取れるので

古い情報が上がってくるということはないです。

 

 

Q.コンテンツSEOについてあまり知らないのですが、、、

 

A.コンテンツSEO初心者でも、

インターネットから継続的な売上や集客効果が欲しい方は

これを機に、取り組み始めたほうが良いです。

 

・サイトアフィリエイトで収益を得たい方

・アクセスを安定させたい方

・メルマガ読者をサイトから集めたい方

・ファンを獲得したい方

・サイトで自社商品を売りたい方

・ホームページのアクセスを増やしたい方

・長期的なアクセスを確保したい方

・コストを掛けずにインターネット集客をしたい方

 

などは、ぜひコンテンツSEOに取り組みましょう。

 

 

Q.MACとWindows、どっちで使えますか?

 

A.どちらでも使えます!

弊社でもMACでもWindowsでも使っています。

 

 

Q.1つのラインセンスで何台のパソコンまで使えますか?

 

A.1ライセンスで1つのPCが基本です。

ただ、別のPCで再認証すれば使うことはできます。

3台で同時利用するには、3つのライセンスが必要です。

 

 

Q.得られた情報を吐き出すことができますか?

 

A.CSV形式でダウンロードできます。

PCに保存しておけば、好きな時に取り出すことができます。

キーワードリストなどは、ぜひ保存しておいてください。

 

 

Q.得られたデータの並べ替えなどはできますか?

 

A.できます。

項目ごとに並べ替えができるので

チェックしたい項目ごとに並べ替えてチェックできます。

 

 

Q.利用回数やキーワード取得数の上限などはありますか?

 

A.ありません。

何回でも自由に使えます。

 

 

Q.検索エンジンの仕様変更で使えなくなる可能性があるのでは?

 

A.そのような場合はアップデートしてもらえます。

月額制だからこそ、常に最新版を使えるので

安心です。

 

 

Q.コンテンツスカウターZの支払い方法は?

 

A.クレジットカード払いです。

 

 

Q.課金のタイミングが知りたいです。

 

A.最初の課金はお申し込み時です。

その後、1カ月毎に自動課金されます。

お申し込みのタイミングによる損得はありません。

 

 

Q.解約はいつでもできますか?

 

A.いつでもできます。

なので、1カ月使ってみて、嫌だと思えば

自由に解約できます。

 

 

Q.月額課金の理由は?

 

A.検索エンジンはかなりのスピードで変化していきます。

そのため、検索エンジンからデータを得る

コンテンツスカウターZも、アップデートが必要です。

月額制だからこそ、常に最新版のアップデートがされたものを

使い続けることができます。

 

 

SEOコンサルタントにお願いすれば、

こうしたデータを得るのに

数十万円、数百万円かかるところですが、

 

月額たったの2,980円で

コンテンツSEOに必要な膨大なデータを取得し、

記事を作っていけるので、

サイトから集客したり

サイトアフィリエイトをしたい人にとっては、

見逃せないツールと言って良いです。

 

 

費用対効果はどうか

 

コンテンツスカウターZの料金は

月額2,980円です。

 

本格的にプロ並のSEOに必要なデータが

いくらでも取れるようになるので、

SEOのコンサルタントを付けているようなものです。

 

それでいて、月額3000円を切る値段というのは

これは使わない手はないでしょう。

 

この記事で説明したように

弊社を含め

このコンテンツスカウターZを使って

実際にコンテンツSEOを行っている人たちは

本当はこんなに安い価格で出してほしくなかった・・・というのが本音です。

 

ですが、この記事を見つけたあなたは

本当にラッキーだと思います。

 

コンテンツSEOを行えば

1年後の未来が変わります。

 

継続的な収入、

継続的な集客効果

が得られます。

 

今まで日本で流行っていた

ブラックハットSEO(リンクSEO)とは違い、

コンテンツSEOはGoogleと共存するような手法です。

 

まっとうな方法だからこそ

アクセスが長きに渡り安定します。

 

そんな稼ぎの基盤を手に入れる価格は

たったの月2,980円です。

 

今後、コンテンツSEOをやるなら、

このツールはなければ話にならないと思います。

 

使っていて思うのは、

インターネットで仕事をするなら

パソコンが必要というのと同じくらいの感覚で

コンテンツSEOをやるなら

コンテンツスカウターZ(コンスカ)だろうなと思っています。

 

 

使っていないライバルがかわいそうになるほど高い性能を持ったツールなので

ぜひあなたも、まずは1カ月だけでも使ってみてください。

 

 

最後に

 

弊社で実際に使用しているコンテンツスカウターZというツールをご紹介させていただきました。

 

実際に使っているからこそ、今後コンテンツSEOを行う人にとってはなくてはならないマストアイテムだと確信しています。

 

弊社だけでなく、コンテンツSEOによって結果を出している方の多くが推薦していて実際に使用されています。

 

これからのSEOは、小手先のテクニックでごまかせるものではなく、ちゃんとした記事が必要になってきます。

 

その際に、ライバルの強さが分かった上で勝負ができること、そしてライバルサイトの記事構成や共起語を調べた上で上位表示しやすい記事を書くことは、非常に有効なやり方です。

 

まずは1カ月使ってみて下さい。

 

最低利用期間とかも無く、必要ないと思えば自由に解約できますので、まずは使ってみると分かりやすいと思います。

 

詳細は以下のボタンからどうぞ!

 

 

 

【PR】最新のネットマーケティングが分かる無料プレゼント

 

株式会社フレンドマークから、
600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントいたします。

 

また、ご請求いただいたお客様へは、
弊社から最新のネットマーケティングの解説を
メールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

2011年から今日まで続く
弊社のネットマーケティングのカラクリを伝授いたします。

 

弊社は
「ITスキルで成長し、
自由なライフスタイルを身近な情報として提供する」
という理念のもと、
コンサルティング業務などを通して
常にお客様のサポートをして参りました。

 

その最新事例などを
マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので
どうぞ、お気軽に無料登録してみてください。

 

 

 

メールマガジンの登録



*メールアドレス