キーワードスカウターSTとコンテンツスカウターZはどちらが良いか

どちらが良いか

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アクセスアップをするために、上位表示をしやすいキーワードを見つけることは欠かせない作業です。

 

アフィリエイトで狙い目のキーワードを見つけるためのツールとして「コンテンツスカウターZ」というものと、「キーワードスカウターST」があります。

 

この2つのツールは、とても良く似ていますが、機能や価格などに違いがあります。

 

この記事では2つのツールを比較しながら、あなたのアクセスアップのために最適な提案をします。

 

 

キーワードを探す大切さ

キーワード

 

アフィリエイトで稼ぐために、キーワードを探すことはもっとも大切な仕事の一つです。

 

記事を書くときに、その記事がどんなキーワードで検索したときに上位に表示されることを目指すのか考えてから記事を書くと良いです。

 

そうしたキーワードを意識してから記事を書くことで、検索ユーザーのためになる内容の記事ができます。

 

そういう役立つ記事を検索エンジンは評価するのです。

 

 

キーワードスカウターSTの魅力

キーワードスカウターSTでアクセスアップ

 

キーワードスカウターSTというツールを使えば、1クリックでライバルが不在の狙い目のキーワードを見つけることができます。

 

アフィリエイトで稼ぎたいと思っている人、アクセスアップをしたいと思っている人にとっては魅力的なツールです。

 

特に「ライバルが不在のキーワードを見つけられる」というのは魅力的です。

 

ライバルが強くないキーワードが見つかれば、そのキーワードは検索結果で上位が取りやすいからです。

 

 

ライバルが不在のキーワードを探し出す

ライバル不在

 

ライバルが多いキーワードは、それだけ上位表示を狙うのが難しい傾向です。

 

逆に、ライバルがあまりSEO(検索結果で上位を狙う対策)をしていないキーワードなら、しっかりと記事を書けばすんなり上位を取れる可能性が高いです。

 

でも、このライバルの競合の調査って、手動ではなかなかできません。

 

ツールを使ってデータを取れば、速く正確にライバルの弱いキーワードを見つけられます。

 

稼げるキーワードの条件

 

稼げるキーワードの条件は、まず検索数がある程度あることです。

 

検索数がゼロでは、せっかく記事を書いても検索してもらえないのでアクセスを集められません。

 

次に、ライバルサイトの数を考える必要があります。

 

ライバルサイトが多いと、その分だけ検索結果で上位を取るのは難しいです。

 

逆にライバルサイトが少なければ、記事をしっかり書くことで簡単に検索結果で上位表示ができます。

 

つまり、検索数がそこそこあって、ライバルサイトが少ないキーワードこそ、狙い目のキーワードなのです。

 

コンテンツスカウターSTは、そうした狙い目のキーワードを探すための便利なツールです。

 

 

キーワードスカウターSTの使い方

初心者でも使いやすい

 

キーワードスカウターSTは、パソコンとスマホの検索数などから狙い目のキーワードを発掘できます。

 

さらに、関連キーワードを大量に発掘してくれるので、コンテンツSEOを行う上でも役に立ちます。

 

コンテンツSEOとは、良い記事をたくさん書いて検索エンジンに評価をしてもらうやり方ですが、コンテンツSEOでは関連キーワードについてそれぞれ記事を書くことが効果的です。

 

関連キーワードって自分で調べると限界があるので、ツールにまかせることができたら本当にらくです。

 

キーワードスカウターSTはこちら

 

キーワードスカウターSTの操作

 

操作はとても簡単です。

 

たとえば「ゴルフ」というキーワードをツールに入力して、「キーワード拡張ピックアップ」というボタンをクリックすると、自動的に関連キーワードが大量に抽出できます。

 

そうして抽出をしたキーワードを、それぞれ解析してライバルの状態を調べることができるのです。

 

それぞれのキーワードの上位にいる10個のサイトのSEOの強さが自動的に分かるので、その中からライバルが弱いキーワードを狙って記事を書いていけば良いのです。

 

大量の関連キーワードを取得

 

実際に、このようなサイトを運営していて、関連キーワードをピックアップするのはかなり骨の折れる作業です。

 

ですが、キーワードスカウターSTを使えば、自動的に関連キーワードを並べてくれるのですごく便利です。

 

アフィリエイトでもっとも大切な作業は、記事を書くことです。

 

関連キーワードの抽出に時間を取られて、記事を書く時間がなくなるケースはよくありますが、それでは本末転倒なのでツールにまかせられるところはまかせてしまいましょう。

 

キーワードスカウターSTはこちら

 

キーワードごとのライバルの調査をする

 

キーワードスカウターSTなら、ライバルが少ないキーワードを見つけられます。

 

具体的にはサイトタイトルにキーワードが部分的に入っている(部分一致)数と、すべて入っている(完全一致)数を調べることができるので、この数を用いてライバルが少ないキーワードを見つけることができるのです。

 

部分一致と完全一致の数の差が大きいキーワードはかなり狙い目です。

 

次に、ライバルサイトの被リンクの平均や、上位10個のサイトにキーワードが入っている割合も調べられるので、こうした数値からライバルのSEOの強さも分かるのです。

 

URLの競合を測る

 

MOZのデータもキーワードスカウターSTで取れるので、ドメイン(URL)の競合の調査もできます。

 

MOZのデータはかなりマニアックなので、よく分からない場合はそこまで見る必要はありませんが、慣れてきたら見てみると良いでしょう。

 

簡単に言えば、手動では調べるのはかなり難しいデータも取れてしまうということです。

 

基本の解析機能だけでも、十分にライバルサイトのキーワードの割合や被リンクの状態を調べられるのですが、もっとマニアックな数字まで出せる機能としてMOZのデータが取れる機能があるのです。

 

狙い目のキーワードを探す

 

もっとも簡単な探し方は、まず関連キーワードを調べます。

 

次に、その中から複合キーワード(2語以上のキーワードで構成されたキーワード。たとえば「ゴルフ スコア」など)で、購買につながりそうなキーワードを選びます。

 

それらのキーワードをそれぞれ解析します。

 

解析結果で出てくる数字のうち、「intitle」と「allintitle」の数字の差を計算してください。

 

この数値の差が大きいキーワードはライバルが少なく、SEOがあまり強くないキーワードである可能性が高いので狙い目です。

 

複合キーワードを自動的に抽出

 

大量に抽出できる関連キーワードの中には、先程説明した複合キーワードも入っています。

 

特にサイトを作りたての頃は、複合キーワードは狙い目です。

 

複合キーワードは、キーワードがいくつか組み合わせてあるので、その分だけ特定のターゲットにしぼったキーワードなのです。

 

検索エンジンは、「検索ユーザーの検索の意図に答える記事を評価する」ので、複合キーワードから記事を書いていくと検索エンジンからの評価を受けやすいです。

 

allintitleとintitleとは

 

ここまでに説明したように、解析結果の中に「allintitle」と「intitle」というデータがあります。

 

allintitleとは、ライバルのサイトタイトルにキーワードが完全に入っている数のことです。

 

intitleとは、ライバルのサイトタイトルに、キーワードの一部が入っている数のことです。

 

この差が大きいと、サイトタイトルにキーワードの全部が入っていなくても検索結果でヒットする可能性が高いことを示しているので、そうしたキーワードは狙い目なのです。

 

 

トレンドキーワードの組み合わせ

パソコンでリサーチ

 

トレンドキーワードとは、一時的に検索数が急上昇するキーワードのことです。

 

たとえば、オリンピックのときには「オリンピック 結果」とか「オリンピック 水泳 選手」とか、そういったキーワードを調べる人が増えます。

 

ワールドカップのときには、「ワールドカップ 結果」とか「ワールドカップ 日本 選手」とか「ワールドカップ スタメン」とか、そういったキーワードの検索数が急上昇します。

 

このようなタイムリーなキーワードを狙うのがトレンドキーワードの考え方です。

 

トレンドキーワードを表示させる方法

 

トレンドキーワードについて書いた記事がヒットすると、1日で10万PV以上が来ることもあります。

 

キーワードスカウターSTなら、トレンドキーワードの狙い目も発掘できます。

 

これも実は、キーワードスカウターSTを立ち上げて、クリックの操作だけで調べることが可能です。

 

トレンドキーワードの関連キーワードまで調べられるので、トレンドキーワードを狙ったブログを作る「トレンドアフィリエイト」をする人にも役立ちます。

 

キーワードスカウターSTはこちら

 

 

コンテンツスカウターZとの比較

虫眼鏡で比較

 

キーワードスカウターSTとよく似たツールに、「コンテンツスカウターZ」があります。

 

弊社では、コンテンツスカウターZを使っています。

 

コンテンツスカウターZは月額制ですが、月額でたったの2,980円なので、それでSEOを行えば十分に元は取れます。

 

コンテンツスカウターZの方がリリースが最近というのもあって、精度が高いように感じます。

 

Macを使っている人や、精度の高いツールを使いたい人はコンテンツスカウターZがおすすめです。

 

コンテンツスカウターZについてはこちら

 

どちらが良いのか

 

同じCatch the Webグループから販売されている商品なので、どちらもとても良いツールです。

 

関連キーワードやライバルサイトのチェックができる点も非常に似ています。

 

キーワードスカウターSTの方が価格は安いですし、払いきりなのでコストはかかりません。

 

一方で、精度や機能はコンテンツスカウターZの方が高い印象で、Macでも使えます。

 

しっかりSEOをやるつもりなら、コンテンツスカウターZをおすすめします。

 

コンテンツスカウターZはこちら

 

 

キーワードスカウターSTを購入する前に

ネットで購入

 

キーワードスカウターSTは、この記事で紹介したようにとても良いツールです。

 

アフィリエイトをしている人にはとても役に立ちます。

 

関連キーワードを抜き出せることや、ライバルサイトのチェックができるのは、アフィリエイターにとっては必ず使うべき機能です。

 

ですが、事前に知っておいてほしいこともあります。

 

間違った考えを持ってツールを購入しても意味がありません。

 

どれも当たり前のことですが、ぜひ一度は読んでからご購入ください。

 

持っているだけではアクセスアップしない

 

ツールを買っただけで満足してはいけません。

 

キーワードスカウターSTを持っているだけでアクセスアップができるのではなく、キーワードを抜き出したら、それについてしっかりと記事を書きましょう。

 

関連キーワードを抜き出したり、ライバルサイトをチェックするのは、手動ではかなり難しいですし、不正確だし、時間もかなりかかります。

 

その手間や精度の低さを解決するツールが、キーワードスカウターSTです。

 

全部の機能を使うわけではない

 

上の緑のボタンを押すと、キーワードスカウターSTの詳細が見られますが、機能が多すぎて自分に使えるか不安という人もいるでしょう。

 

でも、全部の機能を使うわけではありません。

 

特にMOZの情報などは、知識がない人はあまり見なくても平気です。

 

最初のうちは、「トレンドキーワードの発掘」「関連キーワードの発掘」「allintitle」「intitle」のあたりを見るだけでも、十分です。

 

これらの機能に絞っても、手動で調べるよりもはるかに速く、正確なので、このツールを使う意味は十分にあります。

 

目的を考える

 

キーワードスカウターSTは、その名のとおり「キーワードの発掘」がメインのツールです。

 

もし、ライバルサイトの見出し構成など、内部の情報までデータが欲しい場合は、コンテンツスカウターZのほうが合っています。

 

キーワードだけで十分というのなら、キーワードスカウターSTで良いでしょう。

 

どのツールも目的や機能が違うので、ご自身がどこまで利用したい目的があるのかによって判断すると良いです。

 

動作は少し遅め

 

「動作が少し遅い」という評価がたまに見られます。

 

解析ツールとしては、かなりスムーズに動く印象ですが、そのような評価もあります。

 

データも問題なく取れますし、キーワードを発掘するという目的に関しては問題なく動いてくれます。

 

ちなみに、コンテンツスカウターZのほうが動作も軽い感じです。

 

動作が遅いとイライラしてしかたない人は、コンテンツスカウターZを使いましょう。

 

MacならコンテンツスカウターZ

 

キーワードスカウターSTはWindowsに対応したツールです。

 

Macでは動作しないようなので、Macの人はコンテンツスカウターZを使いましょう。

 

コンテンツスカウターZは、Macでも使えます。

 

ちなみに、キーワードスカウターSTの推奨のOSは「Windows10」「Windows8」です。

 

Windows7やWindowsXPでも動作するようです。

 

Windowsを使っている人なら、問題なく使えますが、購入前に以下のページを必ず読んでください。

詳細はこちらをお読みください。

 

 

キーワードスカウターSTの特典

スマホで特典を利用

 

キーワードスカウターSTには魅力的な特典も付いています。

 

まずは「月10万を稼ぐ具体的なジャンル」です。

 

3本立ての動画で解説を見ることができます。

 

次に「キーワードスカウターSTで狙い目のキーワードを見つけ出す方法」を解説した動画です。

 

この動画を見ると、キーワードスカウターSTを使って狙い目のキーワードを見つける具体的な方法が分かります。

 

さらに「稼ぐアフィリエイターが使っているブラウザー&厳選ツール&サイト集」です。

 

これはPDFのコンテンツです。

 

そして、「アフィリエイトマスター講座無料体験」という特典がついています。

 

これは本当に良い特典なので、ぜひ無料体験もしてください。

 

アフィリエイトの稼ぎ方を知りたい人はこちら

 

 

価格が安いキーワードスカウターST

価格が安いメリット

 

何より、キーワードスカウターSTは価格がとても安いです。

 

稼げる狙い目のキーワードが大量に発掘できるツールなのに、たったの4,980円で手に入ります。

 

安すぎ・・・という感じです。

 

これは手に入れない理由はないでしょう。

 

本当は19,800円で販売する予定だったらしいですが、それだとしても安いのに、さらに安くしてくれています。

 

Catch the Webグループは、いつも良い商品を、手にしやすい価格で提供してくれる企業なので、信頼もとても高いです。

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

キーワードスカウターSTは、アフィリエイターが狙い目のキーワードを見つけるための、とても便利なツールです。

 

より本格的にキーワードやライバルサイトの情報を集めるのなら、コンテンツスカウターZをおすすめします。

 

ただ、キーワードを集めるだけで十分!という方でWindowsを使っているのなら、キーワードスカウターSTもとても役に立ちます。

 

いずれにしても、キーワードのピックアップはツールにやらせたほうが効率も良いし、正確です。

 

アフィリエイターにとって、キーワードの発掘は本当に大切なので、ぜひキーワードスカウターSTか、コンテンツスカウターZをお使いください。

 

アフィリエイトの稼ぎ方を知りたい人はこちら

 

 

【PR】インターネットビジネスが分かる無料プレゼント

弊社は、インターネットビジネスでやるべきことが分からない初心者に、600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

600ページ以上のアフィリエイトマニュアルをご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

 

メールマガジンの登録



*メールアドレス