アフィリエイトでキーワードや構成をマインドマップにすると便利

アフィリエイトでキーワードや構成をマインドマップにすると便利

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトでキーワードを生かした記事の構成などを考えるときにはマインドマップを作ってまとめるとわかりやすいです。

 

マインドマップとは、頭の中にある考えや発想を表したシートです。

 

アフィリエイトサイトの構成や、一つずつの記事の構成をマインドマップにすることで、全体像をはっきりさせて効果的にサイトや記事を作れます。

 

マインドマップを作るソフトはこちら

 

 

マインドマップとは

マインドマップとは

 

マインドマップとは、頭の中にあるアイディアや思考を形にしたシートのことです。

 

自分の考えを形にしていくときにとても役に立つツールであり、ビジネスでは多く使われます。

 

アフィリエイトのサイトを作るにあたっても、マインドマップを使うことでサイト全体の構成も、一つずつの記事の構成も明確にできます。

 

自分の頭の中のイメージを「見える化」

 

私たちの脳は、アイディアを生み出したり情報をインプットして記憶できます。

 

しかし、記憶は時間や感情の影響で、どうしても変わってしまうものです。

 

ですからすべてを頭の中で整理するのではなく、「見える化」することによって考えていることを形にして実現していくことができるのです。

 

キーワードや構成は頭で管理しない

 

たとえばアフィリエイトの記事を一つとってみても、なかなかうまく書けない人というのはアイディアや構成を頭で何となく思い浮かべているだけです。

 

記事がうまく書ける人は、事前に構成を書き出していたりします。

 

たとえば、その記事で狙うキーワードを中心に、そのキーワードで検索する人の意図にこたえるために、どのような解説をするべきかをマインドマップにまとめると自然と良い記事の構成が完成します。

 

やるべきことが明確になる

 

この記事では、アフィリエイトサイトを作るにあたってマインドマップをどう使うかを解説していきますが、マインドマップはアフィリエイトサイトを作るほかにも役に立ちます。

 

ビジネスの構想そのものもマインドマップにまとめていくとやるべきことがはっきりします。

 

一つのゴールに向かって、どんな要素が必要なのかをまとめられるのがマインドマップの良いところなので、自分の中で考えがまとまらないときはぜひマインドマップを作ってみてください。

 

ユーザーのためになる記事が作れる

 

記事を作るときに、書き始める前に構成をマインドマップでまとめてみてください。

 

記事の内容をマインドマップにまとめようとすると、必ず要点や構成を考えるわけです。

 

それをまとめてから記事を書くと、ユーザーが知りたい情報を正しく示した記事が作れます。

 

記事の構成が自然と完成する

 

マインドマップというのは、一つの項目から派生して枝葉のように関連項目がわかれていきます。

 

たとえば、今から書く記事で狙うキーワードを中心に、それを説明するためにどんな項目を解説するべきかを作っていき、その項目を解説するための細かい項目もそれぞれ派生させていきます。

 

このような作業は、記事の構成を考える作業そのものなのです。

 

キーワードや共起語を意識できる

 

記事を作るときにマインドマップを書くのなら、その中に記事で狙うキーワードを入れていきましょう。

 

キーワードだけでなく、共起語も意識すると良いでしょう。

 

共起語というのは、キーワードに関連して出現する別の言葉のことです。

 

これらを意識することでSEOにも効果のある記事の構成が完成します。

 

 

マインドマップのつくり方

マインドマップの作り方

 

マインドマップを作るときには必ず大きな項目から考えます。

 

まず当然、中心となる要素を決め、それより一つ下の段階の要素を書いていきます。

 

さらに、それらよりも一つ下の段階を作る・・・というように大きな項目から小さな項目へと派生させていくのです。

 

マインドマップを作るソフトはこちら

 

マインドマップを作るルール

 

マインドマップを作るときには、そのマインドマップを作る目的を明確にしましょう。

 

たとえば記事の構成やプレゼンテーションの流れを考えるためなのでしたら、「どのような説明をすれば、よりわかりやすいのか」という視点で掘り下げることが大切です。

 

あるいはビジネスやマーケティングの全体像をマインドマップにまとめるのなら、「それをやるためには、何が必要か」という考えのもとに項目を掘り下げていきます。

 

大項目から決めていく

 

ものごとは大きなことから決めていくべきです。

 

大きな流れができていなければ、小さな項目が乱雑に並ぶだけだからです。記事の構成、プレゼンテーションの流れ、マーケティングフローなど、何でも同じです。

 

マインドマップは大きな流れから小さな項目を生むための最適なツールです。

 

一つずつの項目を掘り下げる

 

マインドマップは枝葉のように項目がわかれていきますので、その項目に対してより細かい要素を付け加えていきます。

 

記事を書くときには「この話を解説するために、何を説明するべきかな」という視点で項目を掘り下げます。

 

特にSEOでは、ユーザーがそれ以上検索をする必要がない記事が評価されますので、マインドマップで構成を作ることはとても効果があるのです。

 

全体を見直して整える

 

マインドマップが完成したら、一度全体を見直してみましょう。

 

すると「これは必要ないな」ということがあったり、逆に付け加えるべきことがあったり、場所を入れ替えるべき項目が見つかることもあります。

 

サイトの記事の構成をマインドマップにまとめている場合にはキーワードがうまく入れられないかなども注意して見直すと良いでしょう。

 

 

アフィリエイトサイトのマインドマップ

アフィリエイトサイトのマインドマップ

 

アフィリエイトサイトの構成をマインドマップにまとめると、やるべきことが明確で非常に便利です。

 

大きく分けて「サイトの全体の構成」と「記事ごとの構成」の2つ、種類があると考えましょう。

 

サイトの全体の構成とは「そのジャンルについて、どんな記事が必要か」という着眼点でまとめたもので、記事ごとの構成とは一つずつの記事の文章の構成をまとめたものです。

 

マインドマップを書くと全体像が明確

 

「アフィリエイトの記事がうまく書けない」とか「キーワードをうまく使えない」という人は、記事の全体像がはっきりしていないことが原因です。

 

記事を作れない人ほど、いきなり文章を書こうとしてしまっています。

 

そうではなく、まず構成などの全体像を先に決めるのです。マインドマップは全体像を作り上げるためにとても役に立ちます。

 

サイト全体の構成を書く

 

「ジャンルは決まったのですが、どんな記事を書けば良いのかという考えがまとまりません」という人もマインドマップを作ってみましょう。

 

サイトのジャンルを中心に、それをお客様に説明するときにはどんな事柄について解説をするべきかをまとめましょう。

 

これは自分のアイディアでも構わないし、調べてみても良いでしょう。

 

サイトのジャンルの決め方はこちら

 

記事ごとのマインドマップを書く

 

記事ごとのマインドマップを書くときには、まずはその記事で狙うキーワードを決めます。

 

そのキーワードを中心にマインドマップを書くわけですが、ポイントは「そのキーワードで検索をする人は何が知りたくて検索をしているのか」という意図を考えて、その要素を作っていくことです。

 

記事とは、自分のために書くのではなく、記事に訪問するユーザーのために書くわけですから、キーワードに対しての検索の意図を考えた上で、必要な項目をマインドマップに足していくのです。

 

キーワードの考え方はこちら

 

 

まずはアフィリエイトサイトを作ろう

アフィリエイトサイトを作ろう

 

マインドマップを書いただけでは意味がありません。

 

当然、アフィリエイトをするためのサイトが必要です。

 

アフィリエイトサイトはwordpressで作ることがおすすめです。

 

サイトの立ち上げまでやってしまい、それから「サイトの全体の構成をまとめたマインドマップ」と「記事ごとのマインドマップ」を作っていきましょう。

 

wordpress(ワードプレス)の始め方はこちら

 

 

記事ごとのマインドマップの書き方

記事ごとのマインドマップの書き方

 

記事ごとのマインドマップを書くことは、記事の構成を考える作業そのものです。

 

そしてSEO(検索エンジン対策)では、記事の構成はとても大切です。

 

そこで、もう少し詳しく一つずつの記事の構成を考えるときのマインドマップのつくり方についてアドバイスをします。

 

記事で狙うキーワードを決める

 

記事ごとのマインドマップを作るときにはマインドマップの中心に来るのは、その記事で狙うキーワードにするべきです。

 

そのキーワードで検索する意図は何かを考えながらマインドマップを作りましょう。

 

SEOでは、一つずつの記事が検索結果に表示されるため、記事ごとにキーワードをしっかり選定することが大きなポイントです。

 

キーワードの考え方はこちら

 

ライバルサイトの見出し構成をチェック

 

記事ごとのマインドマップを作るときに、ライバルサイトの見出し構成をチェックしながら考えると良いです。

 

実際に、その記事で狙うキーワードで検索をしてみて、上位10位の見出し構成は特にチェックしましょう。

 

なぜなら、今10位以内にいる記事は、キーワードに対して適切な情報を出しているからこそ上位にいるわけなので、その構成をもとにしてさらにわかりやすい構成を考えればあなたの記事も上位に表示される可能性が高いのです。

 

便利なツール

 

ライバルサイトの見出し構成や、共起語などの調査は、自分の力でやろうとするとかなり骨の折れる作業です。

 

こうしたデータ集めの作業はツールにまかせた方が早いですし、得られるデータも多いです。

 

そこでおすすめなのが「コンテンツスカウターZ」というツールです。

 

コンテンツスカウターZはこちら

 

検索意図はなにか

 

「検索意図」とは、ユーザーがなぜそのキーワードで検索をしているのかという部分です。

 

検索エンジンとしては、この検索をするときの意図に最も適切な情報を検索結果で返したいわけです。

 

ですから、ライバルサイトの見出し構成をチェックしながらユーザーの意図によりわかりやすくこたえる要素をマインドマップにまとめましょう。

 

検索意図にこたえるための情報量

 

昔はサイトの記事はボリュームがあるほど良いという考えもありました。

 

ですが、今はインターネットでよりシンプルにわかりやすく情報を取り出せるので、サイトの記事もボリュームが多ければ良いとは限りません。

 

ユーザーの検索の意図に対して、正しくこたえるための適切な情報量が求められています。

 

完成したら全体をチェック

 

マインドマップをひととおり書き終えたら、一度全体をチェックしてみてください。

 

検索意図と照らし合わせながら、必要ない項目があればカットし、もう少し足したほうが良い項目があれば足すようにしましょう。

 

あるいは、項目の場所を入れ替えたほうがわかりやすいものはないかもチェックするべきです。

 

 

サイト全体のマインドマップも作る

サイト全体のマインドマップも作る

 

一つずつの記事だけでなく、サイトの全体に対してのマインドマップも作ると良いでしょう。

 

これは「どんな記事を用意するべきか」ということを考えたり、各記事ごとの内部リンクの構成を考えることに役に立ちます。

 

サイトの全体の構成がしっかりしていると検索エンジンからの評価も得られます。

 

各記事の結びつきや構成を明確にする

 

サイトの全体のマインドマップを作るときには、中心に考えるのは「サイトのジャンル」「サイトで伝えたいメッセージ」「サイトでアフィリエイトをしている案件」などです。

 

それらに対して、どんな情報をお客様に見せるべきかをマインドマップにまとめていきます。

 

すると、カテゴリーが決まったり、どんな記事を書くべきかということを明確にできます。

 

内部リンクやカテゴリーを正しくできる

 

マインドマップを使って、サイトの全体の構成を考えることで、記事のカテゴリーを正しくまとめることができます。

 

あるいは、記事から記事へ送る内部リンクも適切な構成ができるでしょう。

 

記事を作る順番なども、マインドマップを書いておけばわかりやすいかもしれません。

 

 

最後に

 

この記事では、アフィリエイトをする上でキーワードや構成を考えるときに役に立つマインドマップの使い方について解説をしました。

 

その本質はアフィリエイトのやり方や記事の書き方そのものです。

 

ただし、頭で認識するだけでなく、マインドマップなどを使って「見える化」することはビジネスをしっかり作り上げるために重要なポイントです。

 

マインドマップを作れば、サイトや記事の構成がはっきりしてアクセスが集まって喜ばれながら売上を出せるサイトができるので、ぜひこの記事でご紹介した内容にも取り組んでみてください。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

 

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで月100万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINE@にてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

メールマガジンの登録



*メールアドレス