アフィリエイトやインターネット集客でキーワード選定が重要な理由

アフィリエイトやインターネット集客でキーワード選定が重要な理由

 

こんにちは、株式会社フレンドマークの五十嵐です。

 

アフィリエイトやインターネット集客において、キーワード選定はとても重要です。

 

キーワード選定しだいで、あなたのビジネスの成約率や売上が決まると言っても良いです。

 

キーワード選定とは「どんなお客様を集めるのか」に直結する作業ですから、ポイントをしっかり学びましょう。

 

 

キーワードの基本と重要性

キーワードの基本と重要性

 

キーワードとは、一般的には「手がかりとなる重要な言葉」という意味ですが、インターネットの中では「検索ワード」のことを言います。

 

ユーザーが検索エンジンに打ち込んで検索をかける言葉のことを「キーワード」というのです。

 

ご自身のサイトの記事をどんなキーワードで検索結果において上位表示させるかによって、アフィリエイトやインターネット集客の成果が変わります。

 

キーワードとは

 

キーワードとは検索キーワードのことです。

 

検索エンジンのユーザーは検索をするときに、検索バーにキーワードを入力します。

 

自分のサイトに来てほしい人が検索しそうなキーワードで、検索結果で上位表示できれば理想的なアクセスが集まります。

 

キーワード選定とは

 

このキーワードを選ぶ作業をキーワード選定と言います。

 

サイトにアクセスを集めるためには、キーワード選定がとても重要です。

 

なんとなく記事を書くのではなく、「どんなキーワードで上位表示させたい記事なのか」を意識して記事を書くことが重要です。

 

集客用の記事と成約を取る記事

 

サイトの場合は、サイトにアクセスを集める記事と売上を出す記事をわけて考えます。

 

キーワードを意識して書く記事はアクセスを集める記事です。

 

検索エンジンから集客用の記事にアクセスを集め、その記事から商品を紹介しているページへ誘導をします。

 

キーワードずらしとは

 

キーワードによっては、ライバルとなるサイトに大手企業のサイトが目立つことがあります。

 

その場合は「キーワードずらし」という考え方を使います。

 

たとえば、「英会話」という単語で検索をしても大手の英会話スクールのサイトばかり目立つのに対して「英会話 40代 サラリーマン」などと他の単語を入れてみるとライバルが減ることがあるのです。

 

売上の8割が決まるほど重要

 

インターネット集客やアフィリエイトの世界では、サイトの売上の8割はキーワード選定で決まると言われるくらいです。

 

それほど、キーワード選定は重要な作業です。

 

「どんな検索キーワードで調べた人がアクセスしてくるのか」しだいで、理想のターゲットが集まるかどうかが決まるからです。

 

狙うのは購買につながるキーワード

 

あなたが自分のサイトで上位表示を狙うべきキーワードは、あなたがアフィリエイトをしている商品や提案したい商品の見込み客が検索しそうなキーワードです。

 

たとえばダイエット用品をアフィリエイトしたい場合、「ダイエット 自宅 用具」というキーワードなら、購買につながりそうです。

 

一方で、「ダイエット 無理 言い訳」というキーワードで調べる人は、ダイエット用品を買わなそうですよね。

 

 

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

アフィリエイトのキーワード選定のコツ

 

それでは、キーワードの見つけ方についてポイントを挙げます。

 

流れとしては、まず軸となるメインキーワードを決め、その関連キーワードをピックアップします。

 

そして複合キーワードから優先してライバルチェックをしながら記事を書くのです。

 

まずは取り組むジャンルを決めよう

 

これからビジネスを始める人は、まず取り組むジャンルを決めましょう。

 

ジャンルはできるだけ自分がやりたいジャンルが良いでしょう。

 

今後の人生で取り組んでいけそうなやりがいを感じるジャンルを選びます。

 

今までの経験や知識、好きなこと、趣味などから連想しても良いです。

 

メインキーワードを決める

 

メインキーワードを決める段階では、まだライバルのことを気にしなくて良いです。

 

実際に上位表示を狙うのは、最初のうちはメインキーワードの関連キーワードなので、メインキーワード自体に強いライバルがいても構いません。

 

したがって、メインキーワードはご自身が取り組むジャンルやアフィリエイトをしたい商品からシンプルに連想して構いません。

 

関連キーワードをピックアップ

 

メインキーワードが決まったら、その関連キーワードをピックアップします。

 

検索エンジンの検索結果の下にある「関連キーワード」やサジェストキーワードから集めても良いですが、ツールを使ったほうがかんたんです。

 

関連キーワードの中でも購買につながりそうなキーワードを選びます。

 

検索意図は何か

 

集めたキーワードに対して記事を書くときには、いきなり文章を書くのではなく、まずは「ユーザーの検索意図」を考えることが重要です。

 

検索意図とは「どうしてそのキーワードで検索をするのか」というユーザーの心理のことです。

 

検索エンジンはこうした検索意図の答えにふさわしいコンテンツを上位表示しますので、記事を書く前にキーワードの検索意図を考えることはとても重要なのです。

 

キーワードリストを作る

 

自分が記事で狙ったキーワード、その記事のURL、その記事で紹介した案件などはスプレッドシートなどに記録しましょう。

 

このようなキーワードリストを作っておくと、あとでメンテナンスをするときに役立ちます。

 

アクセス解析などをしてメンテナンスをしたほうが良い記事が見つかったとき、その記事で狙ったキーワードなどがわからないと補強できないからです。

 

自分でキーワードを選ぶ方法

自分でキーワードを選ぶ方法

 

検索エンジンの機能を利用して、自分でキーワードを見つける探し方もあります。

 

上の図のように、検索エンジンでメインキーワードを検索すると、検索結果の下部には関連キーワードが出現します。

 

関連キーワードで検索をし直すと、その関連キーワードも出てくるので、掘り下げることが可能です。

 

ツールでキーワードを選ぶ方法

 

自分でキーワードを選ぶのはかなり骨が折れる作業です。

 

そこで、キーワードの候補を見つける作業はツールにまかせることをおすすめします。

 

コンテンツスカウターZというツールなら、関連キーワードやライバルサイトの情報を自動的に集めてくれます。

 

複合キーワードから記事を書こう

 

集めたキーワードの中でも、最初に優先するべきなのは複合キーワードです。

 

複合キーワードとは「サイト 記事 書き方」といったようにいくつかの単語で構成されたキーワードのことです。

 

複合キーワードのほうがライバルが弱いことが多く、ターゲットもしぼれていてユーザーに役立つ記事が書きやすいです。

 

記事を書くコツ

 

記事を書く前には、必ずキーワードの検索意図を書き出しましょう。

 

また、狙っているキーワードで検索をしてライバルの見出し構成をチェックし、より検索意図に合った構成を考え、それから記事を書きます。

 

1記事は平均して4000文字くらいが良いと言われています。

 

キーワードを使うメリットとデメリット

 

狙っているキーワードは、記事タイトルと、記事の文中に最低1回ずつ使います。

 

キーワードを使って記事を書くメリットは、そのキーワードで上位表示できる可能性が上がることです。

 

デメリットはあまりありませんが、キーワードを意識しすぎて不自然な文章にならないように注意しましょう。

 

 

最後に

 

この記事は、アフィリエイトやインターネット集客を始める人にキーワード選定の重要性を理解してもらうために書きました。

 

まずは、キーワード選定はサボってはいけない作業だということを理解してください。

 

その上で、この記事にまとめたポイントを生かしてキーワード選定を行い、記事を書いてみましょう。

 

 

【PR】チェックシート無料プレゼント

弊社は、アフィリエイトやビジネスで人生を変えたい人に、「マーケティング完全シート」や「動画講座」をプレゼントして、自分らしいビジネスで年収1000万円以上稼げるようになっていただき、自由なライフスタイルを手にしてもらうためのウェブビジネスコンサルティングを提供しています。

 

「マーケティング完全シート」をご請求いただいたお客様へは、弊社から最新のネットマーケティングの解説をメールマガジンやLINEにてお送りいたします。

 

最新事例などを、マニュアル+メールマガジンでお伝えしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

メールマガジンの登録



*メールアドレス